シルクの洗濯は自宅で簡単にできる!おしゃれ着用洗剤で手洗いしよう

nissy

更新日:2020年04月09日

シルクの洋服。スカーフや寝具など。

意外と身近にあって、普段から使うものにシルクが使われていることってありますよね。

ちょっとお高いイメージのあるシルクはとても繊細な素材。

洗濯の仕方には十分に気を使わなければなりません。
使ったからすぐ洗濯機にポイッなんてしたら、悲惨なことになるのでやめてくださいね。

シルクを長持ちさせたいのであれば、面倒くさがらず、お手入れから丁寧に扱うのがポイント。
今回はそんなデリケートな素材、シルクの洗濯方法をお伝えしていきます。

シルクってどんな繊維?

シルクを作る絹の糸

シルクを洗濯するのに注意が必要な理由は、その特徴にあります。

シルクの優れた特徴として、

・独特な光沢がある
・人間の肌と同じタンパク質から構成されているため、軽くて肌触りが滑らか
吸湿性・通気性に優れており、常にサラっとした着心地で、気持ち良く着用できる

という点があります。
これだけ見ると、多機能な繊維であるといえますが、一方で

摩擦に弱いため、カバンで擦り続けてしまったり、体が痒い時に服の上から掻いてしまうと、生地が大きなダメージを受けてしまう
紫外線を吸収することにより、長時間日光に当て続けると、黄色く変色してしまう
・色落ちのしにくさを表す染色堅牢度が低く、色落ちしやすい
・繊維と繊維の隙間に水が入りやすく、そのせいで形状が崩れてしまう

という特徴もあります。

こういったことから、シルクは「超デリケート素材」といわれるわけです。

洗う前に2つのチェック

洗う前に確認したい洗濯絵表示

超デリケートなシルクですが、洗うことは可能です。

ただし、シルクを洗う前に2つのチェックを通過しなければなりません。

それは、

洗濯表示のマーク
色落ちしないか

のチェックです。
どちらか1つでも引っかかった場合は、自宅で洗濯することが出来ませんので、クリーニングに出しましょう。

ではひとつひとつ説明していきます。

まずは洗濯表示をチェック!

お洋服の裏に付いている洗濯表示のタグを見ましょう。

ここで注意していただきたいのは、実は2016年に洗濯表示のマークが改正されており、それ以降に製造された衣類には新しいマークがついているということです。

改正前のマーク

改正前に製造されたシルクの衣服には、このようなマークがついているかと思います。

このように書いてある場合、左から

  • 液温30℃ 弱い手洗いが良い
  • 塩素系漂白剤による漂白が出来ない
  • 120℃が限界、低い温度(80℃~120℃)でアイロンを掛ける
  • 溶剤はパークロエチレン又は石油系が使用できる

という意味になります。注意すべきは、一番左のマークです。

このマークに「×」がついている場合は、水洗いができないという意味ですので、自宅で洗うことが出来ません。

改正後のマーク

上のマークは、改正後に新たに加えられたマークで、「上限温度40℃で手洗い」を意味します。
この場合は、シルクを自宅で洗うことができますね。

しかし、改正前と同じく、マークに「×」がついている場合は、クリーニング屋さん行きとなります。

今回は、衣服が水洗いできるかどうかのマークのみ紹介しましたが、他にも色々ありますので、チェックしておくといいかもしれませんね♪詳しい洗濯表示に関してはこちらの記事を読んでみてくださいね!

シルクの洗濯に使える洗剤は?

洗濯マークを確認して、洗えるとわかっても、いつもの洗剤で洗って大丈夫?と思いますよね。
デリケートなシルクには、専用の中性洗剤があるのです。

というのも、動物性タンパク質で出来たシルクは、アルカリ性に触れるとタンパク質が溶けやすくなるという弱点も持っています。
つまり、弱アルカリ性の洗剤を使ってしまうと、タンパク質が溶けるなどしてシルクがだんだん黄ばんでいってしまうのです。

そのため、シルク専用の中性洗剤を使うことがおすすめです。シルク専用でなくても、おしゃれ着洗剤というものがあり、こちらを使用してもかまいません。
こういった洗剤は、繰り返し洗濯しても色あせやヨレ、縮みなどのダメージが少ないのが特徴で、デリケートなシルクにも使用することができます。

シルクならではの光沢や、なめらかな肌触りを保ちながら洗える、シルク専用の洗剤です。シルク製品の老舗店が作った洗剤なので、その洗浄力も抜群。シルクのスカーフなどをたくさんお持ちの方は、1つ持っておくといいかもしれません!

次に色落ちチェック!

シルクは色落ちしやすいという特徴があるため、洗濯する前にテストをする必要があります。

用意するもの

・洗剤
・白いタオル

手順

1. 衣服の目立たないところに、使用する洗浄液を含ませる

お洋服の裏などがよいでしょう。

2. 白タオルで、軽くトントンとたたいてみる

5分ほど置くことがポイントです!

もし色がついたら、その衣類は、洗濯した時に色落ちするということ。
うっすらと色がついた場合は、作業を手早く行う必要があります。
はっきりと移ってしまうのであれば、自分で洗わずにクリーニングに出しましょう。

洗濯NGのシルクは・・・

チェックに引っかかってしまった特にデリケートなシルクのお洋服は、残念ながら自分で洗うことが出来ないので、クリーニング屋さんにお任せしましょう。

費用はかかってしまいますが、クリーニングに出すことによるメリットもあります。

それは

・こだわりの洗剤を使っていることがある
・プロによる丁寧な作業

これらによって仕上がりがキレイだという点です。

自分で洗うのが不安という方も、業者の方にお任せすれば確実でしょう。

シルクを洗おう!

洗濯表示チェック、色落ちチェックを通過したら、いよいよ洗濯です!

手洗いの場合

まずは手洗いの方法を紹介します。

 用意するもの 

・シルク専用の中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)
・20~30℃のぬるま湯
・たっぷりの水が入る桶など

手順

1. 洗剤を溶かす

用意したぬるま湯に洗剤を溶かします。容器に書いてある分量を守って使いましょう。洗剤を多く使ったとしても、汚れが落ちやすくなるわけではありません。むしろ溶けきらなかった洗剤カスが付着して汚れや悪臭の原因になってしまうのです。

また、繊維が片寄り、縫い目が乱れるので、柔軟剤と漂白剤を使ってはいけません
ただでさえ水に弱いシルクですので、あまり刺激を与えないように!!!

おしゃれ着用洗剤のおすすめがこちら。

おしゃれ着用洗剤、とはセーターやニットなどのデリケートな素材のお洋服や、型崩れや色落ちをさせたくない大事なお洋服用の洗剤。超デリケート素材である、シルクにはこれを使いましょう♪香りもいいのでおすすめですよ。

2. 押し洗いする

洗いたい洋服を洗剤液に浸して、優しく押し洗いします。

3. すすぐ

優しくゆすりながらすすぎます。
水道水かぬるま湯(30℃以下)を2~3回換えながら行います。

4脱水する

すすいだ後は、すぐに手で水を絞り、形を整えます。
軽く引きのばすように形を整えましょう。
ポイントは、いかにシワをつくらないかということですので、絞る時も力を加えずに!

また、タオルで挟んで押さえるという方法もあります。

洗濯機で洗う場合

シルク製品を洗濯機で洗う場合も、いくつか注意点を踏まえて行う必要があります。

 準備するもの 

・洗濯ネット
・おしゃれ着洗剤

手順

1. シルク製の洋服を畳んでネットに入れる

洗濯機を使う場合には、洗濯ネットが絶対必要です。
汚れが気になる部分がになるように服を畳んで、ネットに入れます。

2. ドライコースで洗う

シルクの洋服は、ドライコースで洗いましょう。
このとき、おしゃれ着洗剤を使うのも忘れずに!

洗濯機で洗うときにも、柔軟剤と漂白剤を使ってはいけません

洗濯機を使うと、どうしても繊維に負荷がかかってしまうため、基本的には手洗いすることをおすすめします。

どのくらいの頻度で洗濯する?

洗濯表示に洗えると書かれているシルク製品は、家庭でも洗濯できることが分かりました。
だからといって、毎日のようにじゃぶじゃぶ洗ってしまって良いのでしょうか?
次に、シルク製品に適切な、洗濯頻度を知っておきましょう。

「自宅で洗えるから……」
と頻繁に洗いすぎてしまった場合、生地を傷めてしまう原因になります。
シルク素材にあった、適切な頻度をたしかめておきましょう。

適切な頻度とは?

シルク製品の洗濯頻度を知るべく、シルクを専門に取り扱う業者さんに聞いてみたところ、シルク素材は綿素材のように、毎日洗ってはいけないことが分かりました。

ハンカチや肌着、靴下などは、衛生面から毎日洗った方が良いのですが、お風呂あがりに着るパジャマや、日中のみ身に着けるブラウス、シャツなどは3~4日に1回の頻度の洗濯で構わないそうです。

シルク製のマフラーやネックウォーマー、ストール、ネクタイなど小物の場合は、1ヶ月に1度を目安に洗濯しましょう。

「汗がついていそうで気になる……」
という場合は、使用後風通しの良い場所に干しておくのが正解!

ブランケットや毛布なども、使わない間干しておくことで、こまめに洗濯しなくても清潔な状態を保てます。直射日光を避け、風通しの良い日陰で干すようにしましょう。

シルクを洗いすぎてしまうとどうなる?

「シルクは洗いすぎない方が良い」
と言われていますが、その理由はいったいなぜなのでしょうか?

シルクは洗濯ネットに入れたり、専用洗剤を使って洗ったりしていても、知らない間に細かい毛玉ができてしまいます。

毛玉ができてしまうと、シルク本来のなめらかさや風合いが失われていまいます。シルク特有の光沢もなくなってしまうため、正しい頻度を守る必要があるのです。

季節によって頻度を変える?

シルクの洗濯は季節によって頻度を変えましょう。
汗をかきにくい冬場は、洗濯回数を控えてあげることで、シルク製品を良い状態で保てます。

夏場は3~4日に1回洗っていたパジャマやブラウス、シャツも、寒い季節は週に1度程度の洗濯で構いません。

シルク製の布団カバーやシーツを使っている場合は、夏場は1~2週間に一度程度洗いますが、冬場は2~4週間に一度を目安にしましょう。

汚れが気になる枕カバーも、夏場は週に1度程度、冬場は2週間に1度程度の洗濯で大丈夫です。ただし、目に見えて汚れが目立っていたり、臭いが気になったりする場合は、都度洗濯するようにしましょう。

洗ったあとの注意点

洗った後には「干す」「アイロンをかける」という作業が待っています。最後まで、シルクは細心の注意を払う必要があります。

シルクの洋服を干す時は

干すときの注意点は3つあります。

脱水した衣服を、軽く振りさばく
「振りさばく」とは、洗濯物を両手に持って上下に振り、大きなシワを伸ばすこと。シルクの洋服も、シワを伸ばすためにこの作業が必要です。軽く、優しくやるのがポイントですよ!

シワを伸ばしながら陰干しする
陰干しするのは、シルクの特徴である「直射日光に当たると黄ばむ」ことを防ぐためです。この時、ハンガーは使わず、物干し竿にふわっとかけるようにして干しましょう!ハンガーを使うと、その形がくっきり残ってしまいます。

当て布をし、アイロンをかける
シルクは高温と摩擦に弱いため、当て布を必ずはさんでアイロンがけをしてください。

シルクのスカーフにぴったりの洗剤を紹介している記事がこちら。
詳しい洗い方や乾かし方まで手順写真付きで紹介しているので、読んでみてくださいね♪

シルクの洋服を収納する時は

そして、シルクの衣類をしまうときにも注意することがあるんです!

引き出しの上段に収納する
床に近い方が、湿気や虫にやられやすいためです。シルク以外にも、カシミヤ、アルパカなどの毛織物などのデリケートな繊維のものは上段にしまうように!

必ず防虫剤を!
衣類を食べる害虫(ヒメカツオブシムシやイガ)は、動物繊維に含まれるたんぱく質を餌とするため、ウールやシルクを好みます。
防虫剤の薬剤は空気より重く下に充満しやすいので、防虫剤は引き出しの上の段に入れましょう。

防虫剤選びに悩んでいるなら、こちらの商品がおすすめです。衣服に臭いを残すことなくしっかり防虫してくれます。カビの成長を抑える効果もあります。また、使いやすくかさばらないスリムタイプなので、収納で困ることもありません。

まとめ

このように、自分でシルクを洗濯する際は気を付けなければいけないことがたくさんあります。

手間をかけて丁寧に扱うことで繊細なシルクをいつまでも美しく保つことができます!

間違っても他のお洋服と一緒に洗濯しないようにしましょう!!

関連記事

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 でも、ご安心ください!黄ばみをキレイに落 […]

ジェルボールって?使い方は?ポンと入れるだけで洗濯できる最強洗剤

最近よく耳にする「ジェルボール」。 お使いになったこと、実物を見たことはありますか? これですこれです! 3色の液体が入っていて、なんだかおしゃれですね。 実はこのジェルボール、可愛らしい見た目とは違ってとんでもない洗浄 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? いえいえ、違い […]

【簡単シワなし】スーツの畳み方を写真で解説!2分でコンパクトの術

出張するときや、冠婚葬祭のとき。スーツを持ち運ぶ機会って結構ありますよね。そんな時に知らないと困るのが、スーツのたたみ方です。 だって、ちょっとでも適当に畳んだら、スーツがシワだらけになっちゃいます。いざ着ようとしたとき […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す