HOME
更新日 :2024年01月18日

きれいに毛玉取りをする方法は?ニットやセーターを傷めない5つのコツ!

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

冬のおしゃれの必需品、ニットやセーター。しかし、毛玉ができやすいのが難点!ついつい気になって取りたくなってしまう毛玉ですが、実は毛玉を取ることは洋服にはあまり良くないのです。そこで、今回はなるべく服を傷つけない毛玉の取り方や毛玉を予防する方法をご紹介します!

本記事内ではアフィリエイト広告を利用しています

毛玉はどうしてできてしまうの?

ニット

毛玉の取り方を説明する前に、まずはその原因についてついてみていきましょう。毛玉の原因は2つあります。

摩擦

まず1つ目は、「摩擦」です。洋服の繊維が擦れて毛が飛び出すと毛玉ができてしまうので、とくにポリエステルやアクリルは注意が必要です。反対に、ウールやカシミアなど天然の毛繊維は毛玉ができても勝手に剥がれ落ちます。化学繊維は繊維自体が強いので、毛玉として表面に残ってしまいます。

静電気

2つ目の要因は「静電気」です。摩擦によって出てしまった毛は、丸まって毛玉になりますが、その丸まってしまう原因というのが静電気です。静電気が発生しやすいのは、空気が乾燥している冬。毛玉ができやすいニットやセーターをよく着る時期なので、冬は特に注意が必要です!

ニットやセーターの毛玉取り方法は?

毛玉取りブラシと毛玉取り器

毛玉を取るには専用の道具を使う方法があります。道具にはいくつか種類がありますが、ここではその中から主な2つの道具についてご紹介していきます。

毛玉取りの種類

毛玉取り器

毛玉取りブラシ

仕上がり

⚪︎

機能性

動作音

メリット

短時間で多くの毛玉を除去できる。

生地にやさしく、風合いを守りながら毛玉を除去できる。

デメリット

生地を痛める可能性がある。

天然素材には有効だが、化学繊維には効果が薄い。

以上が毛玉取り器、毛玉ブラシのメリット・デメリットです!ご自身の洋服にあった道具を選んで毛玉取りをしてみてください。次にそれぞれの道具の使い方を紹介していきます。

こちらの記事では、おすすめの毛玉取り器や毛玉取りブラシを紹介しています。どの毛玉取りを使えば良いか迷っている方は、参考にしてみてください!

短時間で簡単・確実に!毛玉取り器の使い方

毛玉取り器とは、電動で毛玉を吸い取ってくれる機械。他の道具よりもパワーが強いので、なかなか取れない毛玉も楽に処理することが出来ちゃいます!「短時間で確実に毛玉を取りたい!」という方はぜひ1度試してみてくださいね♪値段は様々ですが、セリアやダイソーなど100円ショップでも購入することができます。

手順
 
1
毛玉のついた服を水平な場所に置く

この場合も、まずはお洋服をテーブルの上など平らなところに広げておきます。

2
毛玉取り器を動かしながら、毛玉を取る
毛玉取り器を服に当てる

毛玉取り器で表面を滑らせていきます。使い方も簡単ですね。力を入れる必要もないので、簡単に毛玉を取ることができます。

毛玉取り器で取れた毛玉

取れた毛玉は、こんな感じです。小さい羊さんみたい。

毛玉取り器を選ぶ際のポイントとおすすめ商品!

毛玉取り器

毛玉取り器といっても用途や性能など種類もさまざま。ここでは、自分にぴったりと合うものを選ぶためにおさえておきたい5つのポイントについてみていきましょう。

給電方法で選ぶ

毛玉取りには、3つの給電方法があります。

交流式

毛玉取り器をコンセントに挿して使う「交流式」は、途中で充電が足りなくなることがないため、コートの毛玉取りなどの長く時間がかかりそうな時でも安心して使えます。

また、パワーが強いのがこの交流式。繊維が絡まってなかなか取れない毛玉でも使うことができます。コンセントがないと使えないので、持ち運びには不向きですが、「毛玉をしっかりと取りたい!」という方にはおすすめ!

おすすめ
[PR]

商品画像
ADVANCE 毛玉取り 電動 パワーの落ちない コンセント式 PR-01

充電式

簡単に持ち運び可能なのが、この充電式。車のシートについた毛玉なども楽々取ることができます。ただ、パワーは交流式よりもやや弱く、充電が切れた際はコンセントが周囲にないとすぐに使用できません。

おすすめ
[PR]

商品画像
uslion 毛玉取り機 電動 強力六枚刃 コードレス式+USB充電式兼用

乾電池式

もうひとつ持ち運びに便利なのが「乾電池式」です。出先で充電が切れてしまっても、電池を買い足せばOK。わざわざ充電が完了するのを待つ必要はありません。

逆に言えば、乾電池を買い足す分のコストがかかってくるため、継続的に毛玉取り器を使いたいという方には向かないでしょう。また、パワー面では交流式に劣ります。充電式より弱いか、同じくらいかだと認識しておくと良いでしょう。

おすすめ
[PR]

商品画像
ティファール 毛玉取り器 乾電池式 3枚刃 風合いガード デリケートモード搭載 電動

カッターの大きさで選ぶ

毛玉取り器に搭載されているカッターの大きさは、製品によって異なります。サイズが大きければより早く毛玉を取ることができますが、大きすぎると逆に扱いづらくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

作業スピードを重視する場合は、カッター径が40mm以上のものが良いでしょう。短時間で手早く毛玉を取り除くことができ、洋服の毛玉取りにはちょうどいいサイズです。カーペットなどの洋服よりも面積の大きい布製のインテリアに使用したい場合は、65㎜のやや大きめのサイズがおすすめです。

おすすめ
[PR]

商品画像
HOMEASY 毛玉取り 電動 LCD液晶ディスプレイ 65mm超大型刃

持ちやすさで選ぶ

毛玉取り器を選ぶ際は持ちやすさにも注目してください。持ち手の形状や、重さなどを見て検討してみると良いでしょう。おすすめは手になじみやすい大きさのもの!持ち手のサイズ感を意識して探してみてくださいね。商品の口コミなどを見て判断するのもいいですね。

おすすめ
[PR]

商品画像
Qurra ぽけとるん 毛玉取り 電動 充電式 強力 大型刃52mm

音の静かさで選ぶ

毛玉取り器は、使ってみると意外に音が大きい!ということがあります。夜間に使用する場合や、旅行先のホテルなどで使いたい場合は、静音性のあるものを選ぶと良いでしょう。購入する前にネットの口コミで音の大きさを調べておくと安心ですね。

おすすめ
[PR]

商品画像
ヒーローグリーン 充電式 電動 毛玉取り器 USB おしゃれ ラバー

手入れのしやすさで選ぶ

毛玉取り器は、ダストボックスにたまった毛玉のゴミを定期的に捨てる必要があります。そのため、ダストボックスの取り外しやすいものや、内部にたまったゴミを分解して取りだせるものがおすすめです。

おすすめ
[PR]

商品画像
泉精器製作所 マクセルイズミ(IZUMI) 毛玉取り器 乾電池式 毛玉とるとる

下の記事ではそんな多くの毛玉取りの中から、おすすめの商品を11個厳選して紹介しています。ぜひ気になる方は参考にしてみて下さい。

お手軽簡単!毛玉取りブラシの使い方

毛玉取りブラシ

次にお手軽簡単にできる毛玉取りブラシの使い方について解説していきます!衣服にかかる負担が少ないのが、この毛玉取りブラシを使うやり方。優しく撫でるだけで簡単に毛玉が取れてしまうんですよ!

手順
 
1
毛玉のついた服を水平な場所に置く

まずは、お洋服をテーブルの上など平らなところに広げて置きます。

2
毛玉取りブラシでブラッシングする
毛玉取りブラシでブラッシング

服をブラッシングしていきます。繊維の流れに沿って、ブラッシングしていきましょう。この毛玉取りブラシを使えば、カミソリなどのように服を切ってしまう心配がないので、安心ですね。

毛玉取りブラシで取れた毛玉

ただブラッシングもガシガシ力を入れてしまうと、生地を傷めてしまう可能性があります。なるべく、優しくかけることを意識しましょう。

おすすめ
[PR]

商品画像
コジット クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

毛玉ブラシといってもさまざまな種類がありますが、おすすめはこちら。天然のイノシシの毛が使われていて、衣服を傷めにくく、力を入れずにブラッシングするることができます。中央に穴で毛玉の取れ具合を見ることができ、ブラシクリーナーがついているため取った毛玉が散乱しないのも嬉しいポイントです。

お家にあるもので毛玉を取る方法も!

ハサミとカミソリ

最後に番外編として、お家にあるものを使ってできる3つの方法を紹介していきます!すぐに試すことができるので、 とにかく急いで毛玉を取らなけらば!という時のために知っておきたいですね。

カミソリ

カミソリ

まずはカミソリを使って、毛玉を取る方法です。

手順
 
1
毛玉のついた服を水平な場所に置く
自転車を漕ぎまくってゴリゴリに毛玉が付いた腰の部分

今回は、私が高校の時に毎日着ていたカーディガンの毛玉を取っていきたいと思います。まずは床やテーブルなど平らなところに、毛玉のついてしまったお洋服を広げます。

2
毛玉のついた部分にカミソリを滑らせる
衣服にカミソリを当てる

表面の毛玉のついた部分に、カミソリをやさしく滑らせていきます。お洋服自体を切ってしまわないように注意が必要です。顔をそるように、力は入れずに優しくすべらせるようにして使いましょう。

衣服にカミソリを当てる

ゆっくり滑らせると、取れた毛玉がどんどん溜まっていきます。縫い目やボタン部分の近くは、特に注意してください!カミソリの刃をひっかけて、縫い目を切ってしまわないように気をつけましょう。

<ビフォーアフター>

カミソリを使ったbefore after

なんということでしょう。あんなにゴロゴロ毛玉が付いていたカーディガンが、一気にキレイになりました!たかがカミソリ、されどカミソリ。素晴らしい活躍ぶりです。

取れた毛玉

ちなみに、今回背中の部分をキレイにしたらこんなに毛玉が取れました!カミソリで毛玉を取る方法、本当に簡単なのでおすすめです。安いカミソリ1本でも十分に取れますので、ぜひお試しください!

おすすめ
[PR]

商品画像
ジレット カスタムプラスEX 使い捨て カミソリ 10本 首振式2枚刃

小さいハサミ

ハサミ

次に小さいハサミでひたすら1つ1つ毛玉を取っていく方法です。なんだか、少し面倒くさそうな気もしますが、毛玉の量が少ない場合に向いている方法なのです!表面についている毛玉のみを切り取るようにすれば、お洋服を傷つけにくいですよ。

手順
 
1
毛玉のついた服を水平な場所に置く

まずは毛玉のついてしまったお洋服を、平らな場所に置きます。

2
はさみで毛玉を1つ1つ取り除く
ハサミで毛玉を取る

小さいはさみを使って、毛玉を1つ1つ切って取り除いていきます。くれぐれも手を怪我しないように気をつけてください。目立つ毛玉がなくなったら完了です。大切なのは、洋服自体を切ってしまわないようにすることです。せっかく毛玉を取ったのに洋服まで切ってしまったら悲劇ですね。気をつけましょう。

おすすめ
[PR]

商品画像
長谷川刃物 はさみ 極細 デザイン用 ボンドフリー

スポンジ

スポンジ

実は、どこの家にでもあるスポンジを使って毛玉を取る方法もあります。よく台所で使うような食器洗い用スポンジで簡単に毛玉が取れちゃうんですよ。

手順
 
1
スポンジの裏でこする

毛玉取りとして使うのは、ナイロン不織布と呼ばれる鍋の焦げ付きなどを落とすときに使う少し硬い方の部分です。この部分をとりたい毛玉の部分に当てて、そっとなでるようにこすってみてください。

注意
このとき、力を入れてこすると生地をいためてしまいます!
表面を傷つけないように優しくなでるようにとりましょう

毛玉を取った後の遊び毛などが目立つ場合は、 スチームアイロンを浮かせた状態で蒸気を当てれば、網目や形が整い、きれいになりますよ。

おすすめ
[PR]

商品画像
3M スポンジ キッチン キズつけない 抗菌 泡立ちゆたか

毛玉を防止するためのお手入れ方法とは?

ブラシとタオル

毛玉取りって服にとっては負担なんです。なぜなら、毛玉自体が服の繊維でできているから。言ってしまえば、服を切り取っているようなものなんですね。そこだけ生地が薄くなってしまいます。

できてしまったものはしょうがないですが、今後毛玉ができないようにしっかり予防してあげましょう!そこで、毛玉ができるのを防ぐポイント6つをご紹介します。 ポイントを押さえて、お気に入りの1着を長持ちさせましょう!

洗濯ネット

おすすめ
[PR]

商品画像
SAPASLIFE 洗濯ネット 角型 8枚セット 衣類損傷防止 セーター

まず1つ目は、洗濯ネットを使って洗うこと!意外かもしれませんが、着ているとき以外にも摩擦は発生しています。その内の1つが洗濯中。あれだけの衣類がこすれ合うのですから、当然といえば当然ですね。そんな洗濯中の摩擦から守ってくれるのが洗濯ネットです。

他の洗濯物と絡み合うこともなく、サイズをピッタリにすれば無駄に擦れません!いつも大き目のネットを使っている方も、サイズを合わせて洗濯してみましょう。この時、洋服を裏返してからネットに入れると、さらに安心です。もし、なんとしてでも毛玉をつけたくない場合は、クリーニングに出してプロに任せましょう。

中性洗剤

おすすめ
[PR]

商品画像
エマール 伸びヨレ戻して元通り! リフレッシュグリーンの香り 本体460ml

洗濯つながりでもう1つ。使う洗剤は、中性洗剤(おしゃれ着洗剤)を選ぶようにしましょう。普段使っている洗濯用洗剤は、アルカリ性のものが多いです。これは、皮脂などの酸性汚れを落としやすくするためですね。洗浄力が強いということは、服に与えるダメージも大きいということ。

一方、中性洗剤は名前からも分かるように中性。洗浄力は少し落ちますが、服に与えるダメージが少なくて済みます。デリケートなニットやセーターにはピッタリの洗剤ですね♪ちなみに、この記事ではニットやセーターの洗い方をさらに詳しく説明しているので、ぜひ確認してみてくださいね!

静電気防止スプレー

おすすめ
[PR]

商品画像
アイメディア 静電気&花粉ガードスプレー 300ml 日本製 静電気防止スプレー 無香料

静電気防止スプレーを吹きかけるのも毛玉を防止する方法の1つです。洋服にスプレーするだけで、繊維をコーティングして静電気の発生を抑えてくれるため、毛玉をできにくくしてくれます。衣服によってはシミになったり、色落ちいたりする可能性があるので、目立たないところにスプレーをするなど、様子を見ながら使うようにしてください。

着た後に、ブラッシング

毛玉は、毛が飛び出して絡まることでできます。そのため、毛玉ができる前に毛の流れを整えることでも予防できます。お洋服を着た後にブラッシングをすることで、毛の流れを整えることができます。ここで使うブラシとは、洋服の毛並みを整える洋服ブラシ

着ていた服を脱いだ後に、ハンガーなどにかけて、洋服ブラシで毛並みを整えましょう。また、毛玉ができやすいカーディガンなどは、続けて着るのは避け、1回着た後は2~3日休ませてあげましょう。

おすすめ
[PR]

商品画像
Snana 毛玉取りブラシ 静電除去 ブラッシング 天然馬毛100% 毛玉予防

何日も着回さない

お気に入りの一着は、着る頻度も高くなりがち。ですがその分、生地にかかる負担も大きくなってしまいます。特に静電気は溜まるものですから、ある程度休ませてあげることが大切です。洗濯をしない場合でも、数日はハンガーに掛けておきましょう。

毛玉ができにくい素材を選ぶ

毛玉取りを使ったり、毛玉を防止するのがめんどくさい!という方は、あらかじめ毛玉ができにくい素材を選んで購入することも1つの手です!そこで、毛玉ができにくい素材・できやすい素材を簡単に表にまとめました。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

毛玉ができやすい服の表

アウターのサイズやバックにも注意!

ニットやセーターの上に着るアウターは、ジャストサイズのものを選ぶと摩擦が発生しやすくなり、毛玉ができやすくなります。アウターはゆったりめのサイズで、裏地付きのものや毛玉ができにくい素材のものを選ぶことをおすすめします!

また意外と見落としがちですが、バッグと衣服の摩擦によっても毛玉が発生することがあります。特にリュックやショルダーバックを使っている場合は、バックが当たる腕や肩、背中などに摩擦が起こりやすいようです。毛玉ができやすいニットやセーターを着る時は、摩擦の少ないレザー素材のバックや擦れにくいコンパクトなものを選ぶのがおすすめ

大切なお洋服はクリーニングでプロにお任せ

クリーニングの衣服

毛玉取り器や洗濯で生地が痛むのが心配な方仕上がりを重視する方プロに頼むのがおすすめです!特にコートなどの自分で洗濯するのが難しい洋服はプロに頼んできれいに仕上げてもらいましょう。

クリーニング屋さんに持って行くのが面倒という方には、ユアマイスターの宅配クリーニングがおすすめ!写真を撮って、プロに相談し、洋服を送るだけで簡単にクリーニングしてくれます!詳しい内容は下のページから見てみてください!

まとめ

今回は、毛玉を取る方法、毛玉ができるのを防ぐ方法を解説しました!毛玉がついていると、せっかくのお気に入りの洋服も、ついつい気になってしまいますよね。また、毛玉取りはお洋服を傷めてしまうので、できるだけ毛玉ができないように予防すると良いでしょう。せっかくのお洋服、きちんとケアをして長持ちさせましょう♪

※本記事の内容は、本記事作成時の編集部の調査結果に基づくものです。
※本記事に掲載する一部の画像はイメージです。
※本記事の内容の真実性・確実性・実現可能性等については、ご自身で判断してください。本記事に起因して生じた損失や損害について、編集部は一切責任を負いません。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がYOURMYSTAR STYLEに還元されることがあります。
※本記事のコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。