毛玉取りは「切り取る」が正解!ニット・セーターを傷めない方法5つ

■毛玉はむしりとるのではなく、切り取るのが正しい取り方
■毛玉取りブラシや毛玉取り機といった毛玉取り用の道具もある
■着た後のブラッシングと洗濯ネットの使用で、毛玉の予防ができる

むらかみ

2018年02月20日

 

 

冬のおしゃれの必需品、ニットやセーター。しかし、この「ふわふわ、もこもこ系」の服の難点と言えば…そう、毛玉です!

着て、洗濯して、を繰り返しているうちに、いつの間にか毛玉が大量発生。表面に毛玉がついているだけで、見た目も肌触りも悪くなってしまいますよね。

でも、毛玉は正しい方法で取らなければ服をひどく傷めてしまう可能性もあるんです。
そこで、今回は服を傷つけない正しい毛玉の取り方毛玉を予防する方法をご紹介します!

毛玉ができる原因は、ズバリ2つ!

毛玉の取り方を説明する前に、まずはその原因についてお話します。

毛玉の原因はズバリ2つあります。

まずは、「摩擦」です。お洋服の繊維が擦れて毛が飛び出すと毛玉ができてしまうので、とくにポリエステルやアクリルは注意が必要です。反対に、ウールやカシミアなど天然の毛繊維は毛玉ができても勝手に剥がれ落ちます。化学繊維は繊維自体が強いので、毛玉として表面に残ってしまうんですね。

2つ目の要因は「静電気」です。摩擦によって出てしまった毛は、丸まって毛玉になりますが、その丸まってしまう原因というのが静電気です。

静電気が発生しやすいのは、空気が乾燥している冬。
偶然にも、ニットやセーターを頻繁に着る時期なのです。こんなタイミングを狙ってくるなんて、静電気はKYですね。

家にある道具2つで毛玉を「切り取る」方法

毛玉の取り方は、実はいろいろあるのです。
とはいえ、どれも基本は同じ。
毛玉を切り取る」ということが大切。

お洗濯のように洗剤や薬品を使うということはないので、素材によって方法が異なるということはありません。

まずは、お家にあるものを使ってできる2つの方法を紹介します!

カミソリ

まずはカミソリを使って、毛玉を取る方法です。

用意するもの

・カミソリ

  手 順  

1. 毛玉のついた服を水平な場所に置く

自転車を漕ぎまくってゴリゴリに毛玉が付いた腰の部分

今回は、私が高校の時に毎日着ていたカーディガンの毛玉を取っていきたいと思います。

まずは床やテーブルなど平らなところに、毛玉のついてしまったお洋服を広げます。

2. 毛玉のついた部分にカミソリを滑らせる

表面の毛玉のついた部分に、カミソリをやさしく滑らせていきます。
ハサミを使う時と同じように、お洋服自体を切ってしまわないように注意が必要です。
顔をそるように、力は入れずに優しくすべらせること。

ゆっくり滑らせると、取れた毛玉がどんどん溜まっていきます。

縫い目やボタン部分の近くは、特に注意してください!
カミソリの刃をひっかけて、縫い目を切ってしまわないように気をつけましょう。

 

<ビフォーアフター>

なんということでしょう。あんなにゴロゴロ毛玉が付いていたカーディガンが、一気にキレイになりました!

たかがカミソリ、されどカミソリ。素晴らしい活躍ぶりです。

取れた毛玉

ちなみに、今回背中の部分をキレイにしたらこんなに毛玉が取れました!

カミソリで毛玉を取る方法、本当に簡単なのでおすすめです。

あまりにもスイスイ取れたので感動のあまり家中のセーターの毛玉をキレイに取ってしまい、母にめちゃくちゃ感謝されました。親孝行ですね。

こんなにも簡単なら、もっと早くこの情報に出会いたかったです。

安いカミソリでも1本で十分に取れますので、ぜひお試しください!

小さいハサミ

次に小さいハサミでひたすら1つ1つ毛玉を取っていく方法です。
なんだか、少しめんどくさそうな気もしますが、毛玉の量が少ない場合にはいちばん安全で簡単は方法なのです!

表面についている毛玉のみを切り取るようにすれば、お洋服を傷つけることもありません。お洋服にも優しいですね。

用意するもの

・小さいはさみ(化粧用眉はさみなど)

  手 順  

1. 毛玉のついた服を水平な場所に置く
まずは毛玉のついてしまったお洋服を、平らな場所に置きます。

2. はさみで毛玉を1つ1つ取り除く

小さいはさみを使って、毛玉を1つ1つ切って取り除いていきます。
くれぐれも手を怪我しないように気を付けてください。目立つ毛玉がなくなったら完了です。

またいちばん大切なことは、お洋服自体を切ってしまわないようにすることです。せっかく毛玉を取ったのに洋服まで切ってしまったら悲劇ですね。気をつけましょう。

専用の道具3つを使った毛玉の取り方

ここまで、はさみとカミソリなど身近にあるものを使った方法をご紹介しました。
ここからは、毛玉をとるための専用の道具を使った毛玉の取り方をご紹介します!

毛玉取りブラシ

こちらはその名の通り、毛玉を取るためのブラシです。

優しく撫でるだけで、簡単に毛玉が取れてしまうんですよ!

用意するもの

・毛玉取りブラシ

  手 順  

1. 毛玉のついた服を水平な場所に置く
まずは、お洋服をテーブルの上など平らなところに広げて置きます。

 

2. 毛玉取りブラシでブラッシングする

服をブラッシングしていきます。
繊維の流れに沿って、ブラッシングしていきましょう。
この毛玉取りブラシを使えば、カミソリなどのように服を切ってしまう心配がないので、安心ですね。

ただブラッシングもガシガシ力を入れてしまうと、生地を傷めてしまう可能性があります。
なるべく、優しくかけることを意識しましょう。

毛玉取りブラシには色々ありますが、こちらがおすすめです。

天然のいのししの毛が使われているため、化学繊維のものよりも衣服を傷めにくく力を入れずにブラッシングするることができます。中央に穴があることで毛玉の取れ具合を見ることができ、ブラシクリーナーがついているため取った毛玉が散乱しないのも嬉しいポイントです。

毛玉取り機

毛玉取り機とは、電動で毛玉を吸い取ってくれる機械。なんてすばらしいのでしょう。
値段は色々ですが、なんとセリアやダイソーなど100円ショップでも購入することができます。

用意するもの

毛玉取り機

  手 順  

1. 毛玉のついた服を水平な場所に置く
この場合も、まずはお洋服をテーブルの上など平らなところに広げておきます。

 

2. 毛玉取り機を動かしながら、毛玉を取る

毛玉取り機で表面を滑らせていきます。

使い方も簡単ですね。
力を入れる必要もないので、簡単に毛玉を取ることができます。

とれた毛玉は、こんな感じです。
小さい羊さんみたい。

ただ、ここで1つ注意があります。
毛玉取り機の場合、服の素材やつくりに少し注意が必要です。
中には毛足の長い素材やふわふわの服には、使えない機械もあります。

購入する時には、自分が毛玉を取りたい服に使えるのかを確かめましょう。

下の記事ではそんな多くの毛玉取りの中から、本当におすすめの商品を11個厳選しました。ぜひ気になる方は参考にしてみて下さい。

セーターストーン

出典:https://www.rakuten.co.jp

セーターストーンは、その名の通りセーターの毛玉を取るためのストーンです。

衣服の上から軽く撫でるだけで、簡単に毛玉を落とすことができます!ニットだけでなく、スエードやフリースなどの表面もキレイにすることができる万能商品です。

出典:https://www.rakuten.co.jp

このセーターストーンは、より細かい毛玉を取る時に役立ちます。スエードやフリースの毛玉にも大活躍ですよ!

実際に使ってみるとこんな感じ。

出典:https://www.rakuten.co.jp

はさみでは取りづらい細かい毛玉が驚くほどキレイに取れていますね!これで大きな毛玉の発生も事前に抑えられそうです。

アメリカではどの家庭にもあるポピュラーなセーターストーン、一度試してみてはいかがですか?

実はNG!やってはいけない毛玉取り方法

毛玉の取り方の中には、ついやってしまいそうだけど、実はNGな方法があります。
ここでは2つご紹介しますね。

手でむしりとる

これって、みなさんが最もやってしまいがちなのではないでしょうか?
毛玉を無理やりぎゅっとちぎり取ってしまう方法。

毛玉とは服の繊維が飛び出してできてしまうものです。
これをむしり取ってしまうと、飛び出していない状態の繊維までちぎってしまいます。

つまり飛び出していない正常な部分の繊維も薄くしてしまう、ということ。

スポンジを使う

スポンジを使った毛玉取りも、手でむしり取るのと同じように生地を傷めてしまうためNGです。

確かに、スポンジで表面をこすることで毛玉がごっそり取れる、とよく言われます。
しかし、スポンジはお洋服の繊維をかなり強く引っ張ることになってしまい、繊維が伸びてしまう可能性があります。

特にニットやセーターは伸びやすい繊維なので、お洋服の型を保つためにもスポンジの使用はひかえましょう。

毛玉ができにくくするには?

「毛玉のとり方はわかったけど、毛玉ができにくくするにはどうすればいいの?」

そんなお悩みを抱えている方も多いはず!ここからは毛玉をできにくくする方法を2つご紹介します。

着た後には、ブラッシング

毛玉は、毛が飛び出して絡まることでできます。
そのため、毛玉ができる前に毛の流れを整えることで、予防できるのです。

ブラッシングをすることで、毛の流れを整えることができます。

ここで使うブラシとは、洋服の毛並みを整える洋服ブラシ
着ていた服を脱いだ後に、ハンガーなどにかけて、洋服ブラシで毛並みを整えましょう。

また、毛玉ができやすいカーディガンなどは、続けて着るのは避け、1回着た後は2~3日休ませてあげましょう。

洗濯するときは、裏返して洗濯ネットに入れる

洗濯も大きな摩擦です。
そのため、毛玉の原因になります。

洗濯する時には、洗濯ネットに入れることはもちろん、裏返してから洗濯ネットに入れると、さらに安心です。

洗濯の際には、柔軟剤を使うこともポイントです。
柔軟剤は繊維をなめらかにしてくれるので、毛玉がつきにくくなります。

もし、なんとしても毛玉をつけたくない場合には、クリーニングに出しましょう。

ちなみに、この記事ではニットやセーターの洗い方をさらに詳しく説明しているので、ぜひ確認してみてくださいね!

まとめ

ここまで、毛玉を取る方法を解説しました!
毛玉がついていると、せっかくのかわいいふわふわしたお洋服の見た目を、大きく損なってしまいますよね。
残念です…。

また、間違った方法で毛玉を取るとお洋服を傷めてしまいます。
くれぐれも、NG方法は避けて正しく毛玉のお手入れをしましょう。
せっかくの冬服、きちんと毛玉を取って長持ちさせましょう♪

関連記事

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

正しい水着の洗い方を伝授!汚れを落として、夏の思い出だけ残そう!

  夏といえば海!プール! 海水浴やプールって本当に楽しいですよね♪ 幼稚園や小学校の頃は、毎日のようにプールに通っていたなんて人も多いと思います! そんな暑い季節のレジャーに欠かせないのが、水着。 お子さんの […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂掃除大特集!洗剤選びで効率的に水垢とカビを完全除去する方法

お風呂はいろいろな汚れが溜まりやすい場所。お風呂が汚れていたら、せっかく癒しのバスタイムも台無しですよね。しっかりお掃除をして、綺麗に保ちたいところです。 お掃除というと、どうしても大変なイメージがありますが、汚れに合わ […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂掃除大特集!洗剤選びで効率的に水垢とカビを完全除去する方法

お風呂はいろいろな汚れが溜まりやすい場所。お風呂が汚れていたら、せっかく癒しのバスタイムも台無しですよね。しっかりお掃除をして、綺麗に保ちたいところです。 お掃除というと、どうしても大変なイメージがありますが、汚れに合わ […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

革靴のかかとゴム修理を取材!どんな靴も自然に直す匠の神ワザを発見

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

おすすめ特集