ワインの染み抜き効果No.1は「弱アルカリ性洗剤」!実験してみた

■ワインの染み抜きはスピード命!まずは弱アルカリ性洗剤と歯ブラシで
■時間が経ってしまったワインの色素には、酸素系漂白剤を使いましょう
■応急処置には、染み抜き用のペン「ステインペン」を使うのがおすすめ

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2020年12月04日

仕事でクタクタに疲れて帰宅。
こんな日は、デパ地下で少しお高めのお惣菜を買って、ワイングラスにワインを注いで、ひといき…。

ワインをワイングラスに注ごうとしたそのとき。
ピシャッ。
仕事用のワイシャツに、じんわり赤い染み…。

やってしまいました。赤ワインの染み
困りましたね。
リラックスしようとしていた矢先…と落胆している場合ではありません。
染みはどんどん浸透してしまいます。1秒でも早く対処しましょう。
ここで紹介するのは、ワインの染みを抜く最強メソッド

ワインの染みができたときに、ベストな洗剤や洗い方をくわしく解説します。

ワインの染みって、どんな染み?

はじめに、ワインの染みってどんな成分なのか?
どのように落とすのがベストなのか、解析してみます。

ワインの染みは「色素」に注意

ワインの染みは、成分としては水溶性
水溶性の染みは、文字通り水に溶けるという意味
油にしか溶けない油性の染みや、何にも溶けない不溶性の染みとは違って、水溶性の染みは、それほど手ごわくないものの…。

ワインの染みの手ごわいポイントは、色素

ワインの成分自体は落ちにくいものではないのです。

しかし、ワインの赤い色素自体が洋服に浸透してしまうと、繊維が赤く染まってしまいます。そのため、この色素を落とすことが難しくなってしまうのです。

ちなみに、染みが落ちにくくなるのは、赤ワイン。白ワインは、染みができでも、あまり目立ちません。

赤ワインと白ワインって何がちがうのでしょうか?

赤ワインと白ワインの違いは、原材料が黒ブドウと白ブドウ、という違い…ではないのです!
実は、赤ワインはブドウの皮や種子と果汁を一緒に発酵させて、それを絞ったもの。白ワインは、ブドウから果汁のみを絞って発酵させたもの、という違いがあります。
ワインを飲んでも、「苦くて酸っぱい」としか思わない私ですが、なんだか赤ワインの方が深みがあるように思えますね。

皮と種子を一緒に発酵させている分、赤ワインには赤い色素がつく、というわけなのです。

さて、少し脱線してしまいましたが、話を戻しますね。
赤ワインの色素はいちど浸透してしまうと、ただ洗うだけでなく、漂白が必要になってしまいます。

ワインの染み抜きはとにかくスピード

なのです。

ワインを飲むときは、これを肝に銘じておきましょう♪

ワインの染みを最も落とせる洗剤はどれだ

はじめに、ワインの染みを最もキレイに落とすことができる洗剤ってどれなのでしょうか?

ここでは、それを見極めるために、

用意するもの
・台所用中性洗剤
・洗濯用弱アルカリ性洗剤
・酸素系漂白剤
・無水エタノール
・クレンジングオイル
・除光液

という漂白剤を含む、染み抜きによく使われる6種類の洗剤のうち、どれがワインの染み抜きにベストなのかという、ある実験をしてみました。

では、実験方法について少し説明しますね。

実験手順

手順
1
細かく切ったYシャツに、ワインを垂らす

はじめにYシャツを12枚に四角く切ります。

そして、ワインの染みをつくるため、1枚ずつそれぞれにワインを垂らしていきます。

2
30分待つもの、1日待つものに分ける

染み抜きを始める前に、染みをつけた布のうち、半分の6枚は30分間そのままでおいておきます。
もう半分の、6枚は1日間そのまま放置。

3
6種類の洗剤を染みに垂らす

30分間おいたもの、1日おいたもののそれぞれの染みに、台所用中性洗剤、洗濯用弱アルカリ性洗剤、酸素系漂白剤、無水エタノール、クレンジングオイル、除光液という、6種類の洗剤を垂らしていきます。

4
5分間おいておく

洗剤を染みに浸透させるために、6種類の洗剤を垂らしたあと、5分間そのままおいておきます。

5
水でもみほぐすように洗う

5分経ったら、染みの部分を水で30~40回もみほぐすように洗います。

この手順で実験して、6種類の洗剤のうち一体どれが最も効果があるのか、見極めてみました!

実験結果

さて、それでは実験結果を発表します。初めに、ワインの染みがこちら。

赤い色素をどれだけ落とせるか、が勝負所ですね!

さて、30分間置いた染みの、染み抜き後がこちら。

こちらは、赤い染みが見やすいように、下に白い布を敷いた状態で撮影してみました。

30分間おいたワインの染みを最もキレイに抜くことができたのは、洗濯用の弱アルカリ性洗剤
他の洗剤で落としてみたものは、赤い染みが残っている一方で、洗濯用弱アルカリ性洗剤を使ったものは、なんということでしょう。
キレイさっぱりなくなりました!

そして、1日置いた染みの、染み抜き後がこちら。

こちらは染みの抜けた部分が分かりやすくなるように、下に黒い画用紙を敷いてみました。
そのため、染みの抜けた部分は、写真では少し黒くなっている部分です。

1日間おいたワインの染みを最もキレイに抜くことができたのは、ここでも弱アルカリ性洗剤
弱アルカリ性洗剤を使ったものは、洗剤を垂らした真ん中の染みが完全になくなっています。
また、酸素系漂白剤もまた、赤い染みを撃退しました。

染みができてから30分おいたものも、1日おいたものも弱アルカリ性洗剤ならキレイに浸透した色素を撃退してくれます。

また、全体的に30分後の染みのほうが1日後の染みよりもキレイに落とすことができているため、やはりワインの染み抜きはスピードなんですね。

では、弱アルカリ性洗剤による染み抜き、そして時間が経った染みの酸素系漂白剤による漂白の方法をご紹介していきます♪

ワインの染みを洗剤で洗う

漂白より先に、まずは実験でかなりの効果を発揮した洗濯用洗剤で洗ってみましょう♪

用意するもの
・タオル2~3枚
・歯ブラシ
・洗濯用洗剤
手順
1
ポンポンふきとる

ワインをこぼしたばかりなら、まずはタオルでふきとりましょう。

ここでのポイントは、ゴシゴシこすらないこと。
こすると、かえって染みが広がってしまいます。ポンポン叩くようにふきとりましょう。

2
洗剤をのせて歯ブラシで叩く

洗剤を、染みよりも少し小さいくらいの範囲にのせます。

少し浸透したら、下にタオルを敷いて染みの部分がタオルに接するように、裏返して載せます。
そのまま、裏から歯ブラシでトントン叩きます。

3
水またはお湯で洗い流す

染みが薄くなってきたら、水またはお湯で洗い流しましょう。

お湯、つまり水温が高い方が、洗浄力が高いため、汚れを落としやすいのは水よりもお湯です。
しかし、お湯で流すのは、水で流すよりも洋服へのダメージが大きくなってしまいます。色落ちや型崩れなどに注意しましょう

ここで、染みがなくなったら、手順5へ移りましょう。
まだ完全に落ちていない場合は、2~3の手順を何度か繰り返して4へ移りましょう。

4
洗濯機で洗う

洗濯機でふつうに洗います。

このときは、普通の洗濯洗剤を使いましょう。
洗濯表示に従って、洗濯機なら洗濯機。手洗いなら、手洗い。いつも洗濯するときと同じやり方でOK。

ちなみに、洗濯表示を見ても、洗っていいのかが分からない。
そもそもいつも確認してない、というあなたには、「新しい洗濯表示を覚えられないあなたのためにイラスト付きで徹底解説」の記事をおすすめします!

5
乾かす

洗濯機で脱水まで終わったら、乾かしましょう。
洗濯表示に従って、陰干しor日なた干ししましょう。

これで、洗剤を使う染み抜きは、完了です。

ちなみに、実際にやってみた結果がこちら。

若干紫っぽい色が残ってしまいました…。

それでも無理なら、漂白剤の出番です

ついてからしばらく時間が経ってしまった染み、洗うだけでは落ちなかった染みには、漂白剤の出番です。
漂白という方法で、染みに立ち向かいましょう。

酸素系漂白剤を使ってほしいのです

漂白剤には、2つの種類があります。
酸素系漂白剤と、塩素系漂白剤

この2種類の違いをカンタンに説明しますね。
この2つの漂白剤は、成分が異なり、塩素系漂白剤のほうが酸素系よりも漂白力が高いのです。
じゃあ、染み抜きには塩素系漂白剤?

ではないんです。
染み抜きには、酸素系漂白剤を使いましょう。

というのも、塩素系漂白剤は漂白力の強さから、色や柄のある洋服を色落ちさせてしまう危険性があります。
また、色や柄のない服でも、お洋服の風合いや、かたちを変えてしまう可能性があるのです。
染み抜きには、刺激の弱い酸素系漂白剤を使いましょう。

この2種類の漂白剤についてもっと知りたいという方は、「漂白剤の使い方を知らずに洗濯の選択に失敗した人が書いた基礎知識」をご覧あれ!

酸素系漂白剤でワインの染み抜き

酸素系の漂白剤を使うこと、分かっていただけたでしょうか?
それでは漂白について説明させていただきますね。

用意するもの
・酸素系漂白剤
・漂白剤を入れられる容器
・お湯(粉末を使う容器)
・綿棒または小さめのタオル
手順
1
漂白剤を薄める

はじめに、酸素系漂白剤を容器に入れて薄めましょう。

粉末タイプの漂白剤であれば、水2リットルに対して大さじ1杯(15g)の量で薄めるのが目安です。
ただ、この割合は種類によって異なるためパッケージに記載されている量を守って正しく薄めましょう。液体タイプの漂白剤も、種類によっては薄めるものもあるため、パッケージをきちんと読んで従いましょう。

2
綿棒またはタオルに漂白剤を少しつける

薄めた漂白剤を、綿棒またはタオルに少しつけます。
染みの大きさが小さければ綿棒、大きければタオルで構いません。

3
ポンポンたたいて染みを抜く

漂白剤を含ませたタオルや綿棒で染みの部分をポンポン叩きます。
染みが落ちるまで、ここまでの工程を何度か繰り返しましょう。

4
すすぐ

漂白剤で叩いた部分を、水ですすぎます。

5
乾かす

すすぎが終わったら、洗濯表示に従って天日干し又は陰干ししてください。

基本的な方法は洗剤の時と同じですが、漂白剤は薄めて使うのがポイントです!

外出先なら炭酸水が役に立つ

とはいえ、外出先でワインをこぼしてしまった場合、漂白剤なんてありませんよね。

小さい容器に入れて持ち歩く方法もありますが、そこまでする人はいないでしょう。

そこで、代用品として役に立つのが炭酸水なんです!

コンビニやスーパーなど、どこでも入手しやすい炭酸水。

100円以下なのでコストパフォーマンスも最強ですよ!

では、そんな炭酸水がなぜ染み抜きに役立つのか。

簡単にご説明しましょう。

秘密は炭酸!

炭酸水に含まれるシュワシュワの正体は、二酸化炭素

お掃除アイテムとして知られる重曹の泡も、同じ二酸化炭素なんですよ♪

そんな泡には、色素などの汚れを浮かび上がらせてくれる働きがあります。

この働きを利用して、ワインの色素を抜いてしまおうという訳です。

また、先ほどワインの染みはスピードが命とお話しましたね。

服の繊維が赤く染められてしまう前であれば、炭酸の力で落とすことができます。

最近のドリンクバーは炭酸水も置いているので、お店でこぼした場合は要チェックですね。

炭酸水をつかった染み抜き

それでは具体的に、染み抜きの手順についてご説明します。

外出先を想定してお話しますが、家でも同様の手順でOKです♪

用意するもの
・水
・炭酸水
・汚れた衣類
・布(おしぼり等)
手順
1
ザックリと染み抜き

まず始めは、普通の水を使って染み抜きをしましょう。

やり方は単純で、染みに水をのせたら布を当てて上から叩くだけ。 先ほど説明した内容とほとんど同じですね。

ここで大まかな染みを抜いておくと、あとの工程がラクになります。

時短テクニックとして、炭酸水を取りに行く間もう一人がこの作業をしていると◎! 効率的かつスピーディに対応できますね♪

2
炭酸水で染み抜き

水の時と同じように、炭酸水をのせて染み抜きをします。

この時、①で汚れた布はキレイな面を使うよう注意しましょう。 逆に落とした汚れが戻ってしまう危険性もあります!

3
洗濯

あとは普通に洗濯すれば、元通りキレイな状態になるでしょう。

出先では洗濯できないので、目立たなくなるまで②の手順を繰り返してくださいね。

使う炭酸水に注意!

炭酸水の種類にも注意が必要です。

染み抜きで使う炭酸水は、必ず無糖を選びましょう!

せっかくキレイにした服も、糖分が含まれているとベトベトに。

早く抜かなければ、と見落とさないようにしましょう。

また、果汁が含まれている炭酸水もあります。 この場合も同じく衣類が汚れてしまうので気を付けましょう。

応急処置は「ステインペン」

さてさて、ここでもう1つみなさんに染み抜き方法をご紹介します。
みなさん、「ステインペン」ってご存知ですか?

おすすめ商品はこちら↓↓
[raw]

おすすめ 商品

商品画像
ドクターベックマン シミとり コーヒー・赤ワイン用 ステインデビルズ2 50g

実はこれ、ワインやコーヒー、口紅、ファンデーションなど、染みがすぐに落とせる修正ペンのようなもの。ペンくらいの大きさなので出先でもすぐに出して簡単に使えます。500円くらいで購入できるので、応急処置用に1本カバンに入れておくと良いかもしれません。

使い方を紹介します。

手順
1
拭く

ティッシュで拭きます

染みがついた直後で、まだ濡れているような時は、ワインの染みを布でポンポンとふきとりましょう。
このとき、広がってはいけないので、擦らずに上からたたくようにします。

2
ペン先を押し付ける

ペン先を押し付ける

ステインペンのペン先をワインの染みに押し付けることで、ペンの中から染み取り剤が出ます。これを、染みに浸透させていきます。

3
やさしくこする

染み取り剤が染みに浸透したら、ペン先で染み部分をやさしく擦ります。

4
たたく

湿った布でたたく

湿った布で染み部分をたたき、残った染み取り剤を完全に取り除いて、染み抜き終了です♪

注意
ステインペンの使用は、色落ちしない白い服、そして水洗いできる服にのみ。水洗いできるかどうかは、洗濯表示をチェックしましょう。

落とせない染みはプロのクリーニング

今付いた瞬間のワインの染みならば、水や薄めた洗剤で叩き洗いして落とすことができます。

ですが、先ほども言いましたが、ワイン染みの元は「長年熟成されて寝かされた」色素です。

3日程度過ぎて気が付いた場合は、自分で落とそうとすると、輪ジミになったり、服が色落ちしてしまったりもします…。

ワインを少しこぼしただけなのに、お気に入りのお洋服が二度と着られなくなるのは嫌ですよね。

その染み、プロにお任せしませんか?

自分で落とせないシミはプロに頼もう

自分で落とせないワインなどの色素系の染みは、実はプロのクリーニング師の最も得意とするところです。

その素材に合わせた洗剤や対応の仕方で、丁寧な仕事をしてくれます。

クリーニングの予算・時間

状態にもよりますが、普通の染みなら1,000円程度で染み抜きをすることができます。

期間はだいたい1週間程度を見ておくと良いでしょう!

ただし、落ちにくい染みには特殊な処置が必要になるため、別途料金がかかる可能性もあります。

近所にクリーニング店があるなら、まずは相談してみるのがオススメですよ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実は、クリーニング師の資格は、国家資格なんです。

その試験を乗り越えてきた方にお願いするのですから、仕上がりに心配はいらないはず。

親身に相談にのってくれるはずなので、自分ではどうしようもない場合には、一度問い合わせてみるといいかもしれません!

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?ワインの染み抜きメソッド。

ワインの染み抜きは
1.弱アルカリ性洗剤で洗う
2.酸素系漂白剤で漂白
応急処置にはステインペン

これを鉄則にしてみてください!染み抜きの基本である、なるべく早めの処置、も是非心がけましょう!

また、色落ちや、型崩れさせたくない服は必ずクリーニング屋さんに持っていきましょう。
せっかく染みが抜けても、服が台無しになってしまっては意味がありませんから、お洗濯のプロに任せるのが安心です♪

関連記事

部屋干しは臭い?洗濯物を菌から防ぐ8つのポイントと便利グッズ紹介

雨が続く梅雨の時期など、太陽の下で洗濯物を干せないときってありますよね。 そんなときは部屋干しをする方が多いと思います。 でも部屋干しだと洗濯物は乾きにくいし、ちゃんと乾かしたはずなのに生乾きの臭いがするということもあり […]

ボールペンの染み抜きはどうする?インク別に方法を変えるのが正解!

学校やオフィスでの必需品、ボールペン。 そんなボールペンで何か書こうとして、シャッ!って…着ているシャツなどの袖口についてしまうということ、ありませんか? また、インクで何か書いたあと、乾く前に上に腕を置いてしまってイン […]

ジェルボールはコスパの良い人気の洗剤!使い方や柔軟剤入りも紹介!

最近よく耳にする「ジェルボール」。 お使いになったこと、実物を見たことはありますか? これですこれです! 3色の液体が入っていて、なんだかおしゃれですね。 実はこのジェルボール、可愛らしい見た目とは違ってとんでもない洗浄 […]

スーツの正しいアイロンのかけ方は?アイロンなしで伸ばす方法もアリ

みなさんのスーツ、今どんな状態ですか? シワもなくてピシッとした状態?それとも、しわくちゃでヨレヨレの状態? やっぱりピシッとしたスーツの方が好印象ですし、憧れますよね。 とはいえ、スーツだって着たらシワがついてしまいま […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

首掛け扇風機でマスク蒸れ対策!ダブルファンの特徴を徹底リポート!

お家の中にいても、外にいても、少し動くだけで汗ばむ季節。今年はマスクもつける必要があり、さらに暑さを感じてしまいますよね。 そんな中でも快適に過ごしたい..という方に首掛け扇風機! 首掛け扇風機とは?名前の通り、首から掛 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

手洗いの洗濯方法7つを解説!干し方やニオイ対策法もマスターしよう

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

宅配クリーニングのプロのサービスを探す

おすすめ特集

プロを探す