スーツクリーニングの頻度・日数・料金は?お得で簡単な宅配タイプも

■スーツクリーニングの平均日数は2.5日
■店舗、洗いかた、オプションによっては日数がのびることもある
■即日仕上げや宅配クリーニングサービスも便利♪

よっすん

更新日:2019年05月06日

スーツクリーニングするときは、いつも近所のクリーニング屋さんですか?

それ、もしかしたらもったいないかもしれません。

そして、すぐにスーツがダメになってしまう人。

もしかしたら普段のお手入れが間違っているせいか、クリーニングのしすぎかもしれませんよ。

今回はそんな皆さんのために、正しいスーツクリーニングの頻度日数料金などなど、スーツクリーニングの全てをご紹介します!

スーツクリーニングの頻度

スーツを清潔に保つことは大切です。でも、クリーニングに出しすぎるのもNG。洗いすぎはスーツの寿命が縮めてしまいます。

ですから、スーツの使い方に合わせて、クリーニングに出す頻度を調整することが大事なのです。

次を目安にして、クリーニングに出してあげてください。

夏:2週間に1回
冬:1シーズンに1回

冬の1シーズンというのは、だいたい3ヶ月のことです。

これぐらいの頻度でスーツをクリーニングに出すといいのは、こんな人。

例えば、スーツの使い方が

・スーツを着る機会は多いけど、複数のスーツを着まわしている

・仕事内容も、オフィスワークなどが中心であまり汗をかかず、スーツを汚すこともほとんどない

このような方は、目安通りの頻度でクリーニングに出せばOKです。

普段スーツを着ない方は、夏も月1ぐらい、冬の場合は衣替えの前にクリーニングに出すぐらいで十分かもしれません。

一方で、汗っかきの方や、外回り中心の方は、もっと頻繁にクリーニングに出した方がいいでしょう。汗やホコリなどの汚れはこまめに落とし、スーツを清潔に保ちましょう。

もちろん、スーツが雨で濡れてしまった場合や、食べ物をスーツにこぼしてしまったときは、すぐにクリーニングに出してあげてくださいね!

スーツのクリーニングにかかる「日数」と「料金」

みなさん、スーツのクリーニングといえば、ドライクリーニングですよね。

え?ドライクリーニングってなに?という人のために、ドライクリーニングについてちょっとだけお話します。

ドライクリーニングとは…?
水を使わず、有機溶剤で洗う。型崩れがしにくく、油性の汚れをよく落とす。

有機溶剤、つまり油で洗うので、油性の汚れがよく落ちます。たとえば、ミートソースとか、口紅とか。お家でのお洗濯ではよく落ちない汚れがちゃんと落ちるのがポイントです。

ドライのクリーニングは、自宅ではできないお洗濯。クリーニング屋さんにお任せしちゃうのがです。洗濯機のドライコースとは全然違うんだってことが分かりますね!

さて、次は日数の話。
スーツをクリーニングにだした時、かかる日数は2〜3日ぐらいが多いです。平均としては2.5日ぐらい。

出典クリーニングに関する消費者意識と経営実態調査(2015年)/a>」

もちろんクリーニング屋さんにもよるので、もっと正確に知りたい場合には、クリーニング屋さんに電話して確かめてみましょう。それが確実です。

ドライクリーニングにかかる料金もちょこっとだけ紹介させてください。スーツの上下でだいたい1,000〜2,000円ぐらいです。

これはあくまで目安だと考えておいて下さい。質の高いクリーニングを行う業者さんだと、基本料金でさえ、2倍以上かかることもあるのです。

日数が伸びるのはこんなとき

プロがスーツをお洗濯するのにかかる日数は、さきほど紹介した通り。

しかし、日数が伸びてしまうこともあります。どんな場合に、時間がかかってしまうのでしょうか?

主に2つのパターンが考えられます。

ウェットクリーニングをする
オプションをつける

 

ウェットクリーニングをする

まずは、ウェットクリーニングが何か、からチェック。

ウェットクリーニングとは…?
洗濯トラブル(色落ちや型崩れなど)を起こさないように、水に溶ける汚れを水洗いで落とすクリーニング方法のこと。

つまり、ウェットクリーニングっていうのは、クリーニング屋さんの水洗いのこと。自宅でやるのとはクオリティが違います。

ウェットクリーニングをお願いした場合、クリーニングが終わるまでにかかる日数は大体1週間。ドライと比べると、だいぶ長くかかってしまうのですね。

実は、料金に関しても、ドライクリーニングより高め。2,000〜4,000円ほどかかってしまいます。ドライのだいたい2倍ぐらいです。

 

ウェットクリーニングがドライクリーニングよりも時間がかかり、料金も高くなってしまうことには理由があるのです。それは、ウェットクリーニングの難しさにあります。

ウェットクリーニングには技術が必要なのです。水洗いが難しい衣類を、水で洗うわけですから、クリーニング屋さんにとってもハードルが高いお洗濯になります。

クリーニング屋さんによって、技術力に差があるので、せっかくウェットクリーニングを頼んでも、満足のいく仕上がりにならいこともあります。ウェットクリーニングを頼むときは、しっかり下調べをして信頼できるところを選びましょう。

オプションをつける

オプションには、例えば

・染み抜き
・撥水加工
・防虫加工

などがあります。

クリーニングを頼む時に、追加でお願いするメニューのことです。追加料金もかかります。

普通のクリーニングに付け加える形で行うため、さらに時間がかかることになるのです。日数が伸びてしまうので、急ぎの時は利用しないようにしましょう。

オプションをつけると、さらにスーツが綺麗になって状態もよくなるので、余裕があれば積極的に利用するのをおすすめしたいと思います!

休みが今日しかないときは、即日仕上げ

ろうそくが燃え尽きる前に。

スーツを綺麗にしたい緊急事態。今日しか休みがないなど、3日も待てないときだってあるかもしれません。

そんなときは、即日仕上げを利用しましょう♪

即日仕上げサービスとは…?
午前中のうち、だいたい10:00〜11:00ごろまでにクリーニング屋さんへ衣類を持っていくと、当日の夕方に綺麗になった衣類を受け取れるサービス

即日仕上げサービスは、実施していない店舗もあるので、利用したい時には下調べがだいじです。ネットで検索するもよし、電話するもよしです。

また、スーツ以外の一部の衣類などは即日仕上げができない場合もあります。

即日仕上げができるのは、基本的にドライのクリーニングのみの場合。オプションなどをつけると、短時間では仕上がらないのです。

このように、即日仕上げを使う時には、いくつか注意点があります。

そもそも即日仕上げの場合には、クリーニング屋さんも急いでお洗濯することになります。なので、しっかり汚れを落としたい場合はあまりおすすめできません。

緊急事態以外は、普通のクリーニングにするのが良いと思います♪

詳しくは、「7割の人が知らない!スーツクリーニングの最短は即日仕上げサービス」にあるので、読んでみてくださいね♪

即日仕上げの頼み方まで詳しくご紹介しています!

おすすめは宅配クリーニング!

宅配クリーニングって知っていますか?

知らない、なんてもったいない。とっても便利なサービスなのです♪

宅配クリーニングとは…?
クリーニング屋さんが、自宅まで集荷・配達してくれるサービス

業者さんによって様々ですが、1週間ぐらいが目安になっています。

日数で考えると、店舗に持っていくクリーニングに劣るようですが、宅配クリーニングならではの嬉しいポイントがたくさんあります。

・自分で衣類を運ぶ手間がない
・染み抜きなど、オプションの一部が無料(*)
・長期間の保管サービスがある(*)

*業者さんによります

自分で衣類を運ばなくて良いというのが、最大の特徴です。

車を持っていない時や、大量の衣類を一気にクリーニングに出したい場合なんかにはとても嬉しいサービスですね。

そのほかのポイントは、業者さんにもよるので、しっかり比較検討してほしいところ。

どのオプションが無料になるのか、という点にも結構違いがあるので、比べててみると面白いと思います!

ただネットでたくさんの業者さん検索して比較するのは面倒くさいですよね。

そこでおすすめの宅配クリーニングをご紹介します。それが「せんたく便」

せんたく便では、

・ボタンの取り付け・染み抜き・毛玉取りが無料
・クリーニングの相場が高いスーツやコート、ダウンなにを頼んでも、668円!(最安値の場合)
・最長11ヶ月の長期保管が可能

などたくさんサービスがあります。少しでも気になった方は、ぜひお得にラクな「せんたく便」でクリーニングを頼んでみてください!

宅配クリーニングをもっと詳しく!

クリーニング前に確認しよう

クリーニングにさっそくクリーニングに出そう!とその前に、いくつか確認してほしいことがあるのです。

洗濯表示をみる

洗濯表示を見て、水洗いか、ドライ・ウェットクリーニングができることを確認しましょう!

すべての洗い方に×がついている衣類は、クリーニング屋さんでもお洗濯することができません。クリーニング屋さんに持っていく前に、どんな洗い方で洗えそうかを確認しておきましょう。

ポケットの中を空っぽにする

ポケットにものがあると、クリーニング屋さんも困ってしまいます。

洗濯トラブルや、ポケットの中のモノの紛失にもつながるので、クリーニング前に確認しましょう。

普段使わないようなポケットも、念のため確認するといいですよ。

スーツの汚れを説明できるようにしておく

スーツをよく見ると、気になるシミや汚れが見つかることがあります。

クリーニングに出すときに、説明できるようにしておく必要があります。事前にしっかり汚れを確認しておきましょう。

シミ、汚れに加えて、ほつれや破れも確認しておきましょう。クリーニングと同時に、修繕をしてもらえることもあります。

 

このポイントが分かれば、クリーニングに出すのはばっちりです。

 

クリーニングに出しに行くときは、スーツカバーに入れてくださいね!

こちらのスーツカバーは、透明窓付きで中身が見え、取り出す時も便利です。
また、通気性の良い素材で、炭には消臭、防湿などの効果があります。


洋服カバー スーツカバー 3枚セット スーツ・喪服・ドレス 収納カバー 防塵 防湿 防カビ 防虫 衣類カバー シューズカバー付き

スーツのお手入れ方法

スーツをかっこよく、そして長く着付けるためには、普段からのお手入れが大事です。
スーツのお手入れをするときのポイントを紹介します♪

ブラッシング

ブラッシングをすると、スーツに溜まったホコリや汚れを落とすことができます。しっかりホコリを落とすことで、スーツが長持ちするようになるのです。

スーツを休ませる

スーツは、連続で着用しないのが基本。1回着たら、2〜3日ほど休ませるようにします。休ませている間は、風通しが良い場所に置いて、しっかり湿気を飛ばします。

シワを伸ばす

シワや臭いが気になるときはスチームアイロンをかけましょう。やり方も簡単。ハンガーにかけ、スチームをあてるようにすればOK。ハンガーにかけたままシワ伸ばしができるので便利です。

詳しいやり方は、「スーツはアイロンで毎日スチーム!部分ごとの丁寧なかけ方も徹底解説」でチェックしてくださいね♪

 

またシワといえば、スーツにシワをつけたくないけど、どうしてスーツをたたまなければならないこともありますよね。

そんな時にぜひ参考にしてほしいのが「スーツのたたみ方を写真で解説~2分で簡単シワなしコンパクトの巻~」です。なるべくシワをつけないようにたたみたいですね。

プラスアルファで知っておきたいこと

ここからはちょっと豆知識

スーツが濡れちゃった時のお話と、スーツを自分でお洗濯する方法をご紹介します。

スーツが濡れちゃったときは

スーツが濡れてしまうときって、結構ありますよね。最近では、ゲリラ豪雨なんかも多いです。そんなとき、そのまま放っておくなんて、絶対だめなんです。

濡れた場合などは、まずタオルでスーツを拭きます。そしてハンガーにタオルを巻きつけ、その上からスーツを掛けて、風通しの良い日陰に干してください。

ハンガーにつけるタオルはカラカラに乾いたものを使いましょう!吸水性が高いタオルがおすすめです。

スーツは自分でお洗濯できるの?

今回は、スーツをクリーニングに出すことを前提にお話ししてきました。でも実は、スーツを自宅でお洗濯できる場合もあるのです。

詳しいお洗濯方法は、「スーツを自宅で洗濯する?洗濯機で洗う方法と普段のお手入れも解説!」をチェックしてみてくださいね。

でも、、自宅でお洗濯しているからといってクリーニングに出さないのは、おすすめできません。染み抜きや、アイロンがけは、素人よりクリーニングのプロのほうが得意です。

少なくとも衣替えのタイミングでクリーニングに出すようにすると良いですね!

まとめ

スーツクリーニングの頻度・日数・料金から、スーツのお手入れ方法まで、スーツクリーニングの全てをご紹介しました!

緊急のときは、即日洗いでも仕方がないですが、それ以外のときはがお得でラクな宅配クリーニングはおすすめです。

また、クリーニングに出すときは、洗濯表示を確認し、スーツの汚れの状態なども把握しましょう!

日々のお手入れも忘れずに!

 

日々を大切に生きる人のために。「RELIVERS」の公式Instagramはこちら!

動画でもっと、楽しく・分かりやすく。「RELIVERS」の公式TikTokはこちら!

関連記事

NEWワキガ臭を洗濯で退治!服についたニオイも黄ばみも除去できる小技!

  ヒトや自分の体臭が気になってくる季節が近づいてきましたね。 特にワキガの方は悩みの多い時期ではないでしょうか? クサッ!洗濯したのにニオイや黄ばみが落ちてない!! こんな経験ありませんか?制汗対策をしても服 […]

NEW制服の洗濯は1ヶ月に一度!優しく押し洗いでピカピカの状態を保とう

  みなさん、お子さんの制服を洗濯したことはありますか? 子供たちはお昼休みに遊んだり、帰りに寄り道をしたり毎日制服を着て動き回っています。 そのため、制服には皮脂・泥・鉛筆・食べ物のシミなど色々な汚れが染みつ […]

Tシャツのたたみ方は早ワザ5秒!これであなたも収納上手な達人に!

  みなさん、洋服好きですよね。 私は、大好きです! そんな洋服を洗った後にすることといえば、洗濯物をたたむこと。 意外とたたむだけなのに、おっくうになることありませんか? 毎日たたむからこそ、手間を少なくして […]

かさばるパーカーのたたみ方は2通り!コンパクト収納で見た目キレイ

  肌寒いときにサッと羽織れるパーカー。 きっと誰もが1着は持っている洋服だと思います。 パーカーをたたんでみたら、意外と収納する時にかさばりますよね。 フードが付いているので、折り目がついたりたたみ方に苦労す […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集