ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

■ワイシャツの黄ばみは皮脂汚れが原因
■漂白剤でつけおきが基本、最終手段は鍋で煮る
■黄ばみはベビーパウダー・布テープ・洗濯のりで予防できる

らこ

2016年12月13日

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。
実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。

黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くなってしまいます。真っ白で清潔感のあるワイシャツを着こなしたいものですよね。

今回は、ワイシャツの黄ばみをスッキリ落とす方法を紹介します!

\この記事を読んで分かること/
・ワイシャツの黄ばみを落とす3つの方法
・黄ばみ落としの前にワイシャツの黒ずみを落とす方法
・ワイシャツの黄ばみを予防するおすすめの方法3つ

黄ばみの原因は汗と皮脂

ワイシャツの襟や脇や袖口をよーくみると、いつのまにか発生している「黄ばみ」。
その原因は一体何なのでしょうか?

その答えは「皮脂」です。
ワイシャツについた皮脂汚れが酸化することで、黄ばんでしまうのです。

毎日お洗濯しているはずなのに、「皮脂」が原因で黄ばんでしまうのはどうしてなのでしょうか?
洗剤のプロ、茂木和哉さんに聞いてみました。

茂木和哉さん

普通の洗濯洗剤だけでは、皮脂汚れが落ちきれない場合があります。(特に、)冬場は、水道が冷たくて皮脂汚れの落ちが悪くなったり、粉末洗剤の溶け残りが原因で皮脂汚れの落ちが悪くなったりすることがあるので、注意が必要です!

 

なんと!普段のお洗濯だけでは、皮脂汚れは残ってしまい、それが黄ばみの原因になっているということだったんですね!

その黄ばみを放置すると、上から埃などの汚れが溜まって「黒ずみ」に進化してしまいます。そうなる前に、しっかりお洗濯するようにしましょう。

漂白剤でつけおきする方法

ワイシャツの黄ばみが気になったら、まずは漂白剤でつけおきをしてみましょう。
茂木さんのおすすめは…?

茂木和哉さん

どうやったら皮脂汚れを残さず落とせるのか?汚れがひどい時は、普通の洗濯洗剤を使って洗うのではなく、サムライを使ってつけおき洗いをするのがおすすめです。

 

サムライは、柔道着や空手着など、道着専用の洗濯洗剤。道着ほど頑固な黄ばみや汗の臭いが気になる洗濯物はありませんよね。ただ汚れを落とすだけでなく、除菌や消臭までしてくれる優れもの。ワイシャツの黄ばみもスッキリ落としてくれること間違いなしです。

さっそく、つけおき方法を紹介します。

POINT
★衣類に酸素系漂白剤をふりかけてからお湯を入れる
★つけおきする際にラップをかける

こうすることで、酸素系漂白剤の効果がぐーんと高まるのです!

 

ここでは、白シャツについたカレーのシミを落としている写真を使って、手順を紹介します。ワイシャツの黄ばみのお洗濯とは少し違いますが、手順は一緒です。

用意するもの

・酸素系漂白剤(サムライがおすすめ!)
・洗面器
・サランラップ

  手 順  

1. 洗面器の中にワイシャツを入れ、上からパラパラとサムライをふりかける

衣類に直接ふりかけます。襟や脇など、特に黄ばみが気になるところは重点的にやりましょう。

酸素系漂白剤を使うときは、まずお湯に溶かしてからつけおきするのが一般的です。でも実は、そうすると衣類をつけおく前に酸素が発生してしまうため、ちょっともったいないんです。今回のように、酸素系漂白剤を溶かす前に衣類を入れておくと、漂白剤が十分に力を発揮できるというわけなんですね。

注意
効果抜群すぎて、色落ちの危険があります。色柄物の衣類には使えません!

白ワイシャツであれば、この方法でばっちり黄ばみを落とすことができますが、色や柄のあるシャツには試すことができないので注意してください。

2. 50度のお湯を注ぐ

ここでお湯を注ぎます。シャツがしっかり浸かるぐらいの量を入れてください。

3. ラップをして2時間放置する

洗面器にラップをします。これは、お湯の温度が下がってしまうのを防ぐため。酸素系漂白剤は、50度ぐらいの温度で使ってこそ抜群の効果を発揮するのです。
2時間ほど、そのまま放置します。

4. 普段通りお洗濯をする
つけおきが終わったら、洗面器からワイシャツを取り出して、普段通りのお洗濯をします。

サムライでお洗濯すると、カレーのシミもこんなに綺麗になります!↓

黄ばみを煮洗いで落とす方法

沸騰しているお湯

続いて紹介するのは、黄ばんだワイシャツを鍋で煮て綺麗にする方法です。
単純につけおきしても落ちないような頑固な黄ばみは加熱して落とすのです。

注意
シルクのシャツや、カラーYシャツなどには使えない

煮洗いというのは、かなり強力な洗い方です。生地の傷みや色落ちの原因となってしまうので、デリケートな素材や色柄ものには使えません。

用意するもの

・酸素系漂白剤(粉末タイプ)
・洗濯用洗剤
・水
・大きな鍋
・ザル

  手 順  

1. 鍋に漂白剤と洗剤を溶かす

鍋に、水1Lにつき粉末の酸素系漂白剤を小さじ1、洗濯用洗剤小さじ2を入れて弱火にかけます。
鍋はできるだけ大きいものを使い、ワイシャツがしっかりと浸る程度の漂白剤液を作ります。

2. ワイシャツを煮る

煮ます

漂白剤類を溶かした後、ワイシャツを鍋に入れ、30分以上弱火で煮ていきます。
最初の方はかなり泡が立ちますが、何度かかき混ぜてください。吹きこぼれないように注意しましょう。
その後、火を止めて1日以上放置します。

3. 洗濯する

ざるにあける

ワイシャツをザルにあげ、洗濯機で普段どおりの洗濯をします。

ワイシャツを煮てザルにあけるって…。なんだかお洗濯の常識を覆されたような感じですが、黄ばみを落とすにはとても効果的なので、ぜひやってみてくださいね。

重曹と酸素系漂白剤で襟の黄ばみを落とす方法

ワイシャツの黄ばみ落としに使う重曹

ワイシャツの黄ばみが特に気になるのは、やっぱり襟ですよね!
襟の黄ばみには、重曹と酸素系漂白剤のW使いがおすすめです。お洗濯方法を紹介します。

用意するもの

・酸素系漂白剤(粉末タイプ)
・重曹
・洗面器
・スチームアイロン

  手 順  

1. 漂白剤と重曹を混ぜる

混ぜたものを塗ります

漂白剤と重曹、それぞれ大さじ1杯ぐらいを、100mlのお湯(40℃程度)に混ぜてペースト状にします。

2. 漂白剤と重曹を塗る
作ったペーストは、黄ばみ全体にたっぷりとぬりましょう。

3. スチームアイロンをあてる

アイロンのスチームを当てます

ペーストを塗ったら、すぐにスチームアイロンをあてます。
アイロン部分を直接当てるのではなく、スチームのみを黄ばみにあてましょう。
スチームで黄ばみが落ち、どんどん白くなっていきます。

4. 洗濯する
黄ばみが落とせた後は洗濯機で普段通りに洗いましょう。
他の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫です。

襟汚れにお悩みの方に、ぜひとも読んでほしいおすすめの記事があります!
実は、襟汚れは重曹とクエン酸を合わせて使ったり、セスキ炭酸ソーダを使ったりしても落とすことができるのです。詳しいやり方は、こちらの記事でチェックしてみてくださいね♪

黄ばみの前に黒ずみを落とす方法

黄ばみ汚れに埃が溜まってしまって、すでに黒ずみになっていた場合、黄ばみを落とす前に黒ずみを落とす必要があります!
ここでは、もっとも簡単に黒ずみを落とす方法を紹介します。

用意するもの

・食器用洗剤
・歯ブラシ

  手 順  

1. 黒ずみが気になるところを軽く濡らす
襟など、黒ずんでいる部分を水で濡らします。

2. 食器用洗剤を使ってやさしくもみ洗いをする

襟に台所用洗剤を塗る

濡らした箇所に食器用洗剤をつけ、やさしくもみ洗いをしていきましょう。
もみ洗いしても落ちない場合には、歯ブラシなどを使って軽く擦ってみてください。

3. 黄ばみ落としの方法を試す
黒ずみが落ちたら、これまで紹介してきた黄ばみ落としの方法を試してみてくださいね。

洗濯機でお洗濯するときのコツ

黄ばみが落ちたら、あとは普段通りのお洗濯をするだけ。
これはおまけですが、洗濯機でワイシャツをお洗濯するときのコツも紹介します!

POINT
★裏返しにして、畳んで洗濯ネットに入れる
★脱水は短めにする

こうすることで、ワイシャツが傷んだり、シワだらけになったりするのを予防することができます。

畳むときは、袖を内側に織り込んで、四角形を作るようなイメージで。洗濯ネットは、畳んだワイシャツがぴったり収まるようなサイズのものがおすすめです。
脱水時間の目安はだいたい30秒。水分を少し多めに含んだ状態で干した方が、シワが伸びやすくなります!

ワイシャツの黄ばみを予防する方法

ワイシャツの黄ばみ落としの方法はきっとここまで読んでくれたあなたならバッチリです。
でも、ワイシャツが黄ばむ前に、黄ばみを予防できたら楽ですよね。

ワイシャツの黄ばみを予防する3つの方法を紹介します!

ベビーパウダーをつける

お洗濯が終わったあと、着る前のワイシャツにベビーパウダーをつけておきましょう。
ベビーパウダーは皮脂や汗を吸収してくれるので、ワイシャツに直接、皮脂や汗がつくのを予防することができます。

嬉しいことに、ベビーパウダーは普通のお洗濯で簡単に落ちます。そのため、汚れ残りを心配する必要もありません。
特に夏場には積極的に活用してほしい裏技です♪

テープを貼る

黄ばみが気になる部分には、あらかじめ布テープを貼っておいて、直接汚れがつかないようにするのもオススメです。
貼っておいたテープの黄ばみや黒ずみが気になったら、ベリっと剥がして捨てるだけ!わざわざ漂白する必要がないので、ワイシャツのお手入れがかなり楽になります。


無地のテープなので、白ワイシャツに貼っておいても目立ちません。綿100%で作られているので、肌触りも優しく、安心して使うことができます。必要な長さだけ切り取って使うタイプなので、無駄も少なく経済的。汚れ防止だけでなく、耐久性を高めてくれる効果もあります。

スプレー式糊をつける

お洗濯後、のりを使ってコーティングすることによって、黄ばみや黒ずみを予防することもできます。
パリッとした仕上がりになるので、きちんとした印象を与えられるのも嬉しいですよね!

使い方を簡単に紹介します。

用意するもの

・スプレー式の洗濯のり
・アイロン
・ハンガー

  手 順  

1.衣類をハンガーにかけ、襟や袖などのパリッとさせたいところに、20cmほど離したところから洗濯のりをスプレーする
2.スプレーした箇所に、低温でアイロンをかける

もっとく詳しいやり方や、スプレー式以外の洗濯のりについて知りたい方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

ワイシャツを気持ちよく使うために

RELIVERSでは、ワイシャツをもっと気持ちよく使うために役立つ記事を、たくさん用意しています。
中でも選りすぐりの4本を紹介したいと思います♪

黄ばみや黒ずみのない、綺麗なワイシャツであっても、しわくちゃだったら台無しです。ワイシャツ1枚にも丁寧にアイロンをかけることが大事です。
ワイシャツにアイロンをかけるコツは、襟や袖など順番通りに1つ1つ丁寧にシワを伸ばしていくことです。詳しい手順は、こちらの記事で解説しています。

 

アイロンがけしたワイシャツも、テキトーにぶん投げておいたら、またまたシワだらけになってしまいます。ワイシャツは綺麗に畳んで保管することが重要です。
洋服屋さんのようにきっちり畳まれたワイシャツは、見ていて気持ちがいいですよね。畳み方を写真つきで丁寧に解説したので、ぜひ見ながら綺麗に畳んでみてくださいね。

 

「あ!しまった!!ワイシャツにシミが…!」ってこと、よくありますよね。そんなときは、焦らずシミ抜きをしましょう。
クレンジングオイルと中性洗剤を混ぜたもので、ひたすら汚れを叩くと、食べこぼしやインクのシミをすっきり落とすことができます。
詳しい方法は、槇原敬◯風のこちらの記事で解説しています。(ふざけてません!)

 

ワイシャツの黄ばみ、黒ずみ、シミを自分で落とそうとしてみたけど、だめだったら…?そんなときはもう、クリーニングに出すしかありません。
クリーニングの出し方は、こちらの記事でチェックしてくださいね。

まとめ

ワイシャツの黄ばみは、漂白剤でつけおきしたり、漂白剤と重曹を使ったりして落とせることがわかりました!

黒ずみがあるときは、食器用洗剤で予洗いするのがポイントでしたね。

ワイシャツの黄ばみを予防するためには、ベビーパウダーや布テープ、洗濯のりが効果的でした。どれも簡単にできるものなので、黄ばみに悩んでいる方はぜひ試してみてください。

黄ばみや黒ずみのない綺麗なワイシャツを着こなしましょう♪

関連記事

NEWワイシャツにアイロンをかける方法を順番通りに事細かに解説しました

ワイシャツって洗濯したての状態だと、しわくちゃですよね。 そのまま干したら、乾いてもしわくちゃ。しわくちゃのシャツなんて、そのまま着たらちょっとカッコ悪いですよね。 かといって、自宅で洗濯するのは諦めて、毎回クリーニング […]

NEW血液の洗濯は応急処置が効く!確実に染み抜きをする簡単な3つの方法

衣服についてしまった血液って、なんだか落ちにくくて洗濯するのが難しいイメージがありますよね。 お子様が転んで怪我をしてしまったとき、鼻血がでたとき、靴擦れをして靴下に血がついてしまった…なんてことも。 血液の […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

重曹でお掃除!3つの使い方で家中どこでもキレイ【写真付き完全版】

最近、すっかり身近になった重曹。 普段からいろいろなお掃除に使っている、という方も増えていますね! しかし、重曹も使い方には注意が必要です。 変色や傷に悩むことになったり、お掃除しても臭いが消えなかったり……。 やみくも […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ガスコンロのお掃除の方法を徹底解説!4つのパーツを丸ごと綺麗に!

あなたは、キッチンの中でどの部分の油汚れが最も気になりますか?。 編集部で20代~60代の女性100人に質問したところ、なんと45%もの方が「ガスコンロ」が気になるそう。 簡単なお掃除はしていても、狭いところや隙間に汚れ […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

重曹でお掃除!3つの使い方で家中どこでもキレイ【写真付き完全版】

最近、すっかり身近になった重曹。 普段からいろいろなお掃除に使っている、という方も増えていますね! しかし、重曹も使い方には注意が必要です。 変色や傷に悩むことになったり、お掃除しても臭いが消えなかったり……。 やみくも […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

ガスコンロのお掃除の方法を徹底解説!4つのパーツを丸ごと綺麗に!

あなたは、キッチンの中でどの部分の油汚れが最も気になりますか?。 編集部で20代~60代の女性100人に質問したところ、なんと45%もの方が「ガスコンロ」が気になるそう。 簡単なお掃除はしていても、狭いところや隙間に汚れ […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?

スーツをクリーニングにだすと、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか? 1度でもクリーニングにだしたことがある人なら、だいたいの予想はつきますね。 でも、最初の1回目とか、初めていくクリーニング屋さんとか、ちょっと不安 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

指輪修理の職人技|サイズ直し・傷の補修|実例を写真付きで徹底解説

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

おすすめ特集