着物のお手入れ!シミや汚れを残さず除湿・防虫する方法を徹底解説!

■着物を着た後は、まず汚れのチェック!ホコリを落とす簡単なお手入れを
■着物は、しまう前にクリーニングに出そう!汗抜きと丸洗いで清潔に
■しまう時は、たとう紙に包んで防虫剤をタンスにIN!虫干しも必須!

nissy

更新日:2020年03月14日

少し特別な衣装、着物。
着る機会はあまり多くはないかもしれませんが、その分、着たときには背筋が伸びるような、そんな憧れの衣装ですよね。
着物はひとつひとつ色合いや模様にこだわりがあり、そのままの見た目を保っておきたいもの。

でも、どんな風にお手入れしたらいいの…?なんて、あんまり着るものではないのでわからない方も多いかもしれません。

そんなあなたに、今回は着物のお手入れのしかたを解説します。
ちょっとした気配りで、そのままのきれいな姿を保てるかも。
大切なお着物のために、少し学んでみましょう♪

今回は、着物を着たあとすぐ・たんすにしまう前・しまい方・しまったあとの4つに分けて、お手入れ法を紹介していきます。

着たあとにまずはすること

着物を着たあと、まずはすることを手順にしてみました!
この手順に従って、とりあえずひと通りのお手入れを終えてしまいましょう。
細かいお手入れのお話はそれから、ですよ♪

用意するもの

・着物用の敷き紙またはきれいな風呂敷
・着物用ハンガー
・やわらかいタオル

   手 順  

1. 着物を脱ぐ
着物用の敷き紙かきれいな風呂敷のうえで、着物を脱ぎましょう。

 

2. シミ・汚れをチェックする
シミや汚れなどがないか、全体的にチェックします。
ほんとうに小さなシミでも、あとで浮き上がってきて目立ってくることも…めざとくチェックしていきましょう。
チェックポイントを手順のあとに解説するので、参考にしてくださいね。

シミ・汚れが見つかったら…?
チェックしていてもしシミ・汚れが見つかったら、自分で無理に落とそうとせずにプロにお願いしましょう!
シミ・汚れを落とすためには、一刻も早く持っていくのがポイントです。
ちょっとシミ・汚れ落としをお願いするときのポイントを後ろに書いているので、確認してくださいね。

 

3. ハンガーにかけて1日干す
着物用のハンガーにかけて、1日干して湿気を取りましょう。
長襦袢・帯も同じようにハンガーにかけて、干しておきましょう。

 

4. やわらかいタオルでほこりを落とす

干して湿気をとったら、乾いたやわらかいタオルでやさしく全体を払います。
長襦袢や帯、小物にもしてあげてくださいね♪

 

 

着物のシミ・汚れはどうチェックする?

着物のシミ・汚れをチェックする、といっても、見逃してしまいそうですよね。
そこで、簡単に、特にチェックしたいポイントを紹介します。

衿(えり)

一番、といってもいいくらい汚れがつきやすいところです。
顔に塗ったファンデーションや、明らかに汗のシミがついていないか確認しましょう。

袖(そで)

袖には、皮脂や汗のシミがつきやすいのです。
色が変わっているところがないか、確認しましょう。

裾(すそ)

裾は、砂ぼこりや泥はねなどが気になります。
色がくすんでいないか、泥がはねていないか見てみましょう。

裏地

見落としがちなのが、着物の裏地。
裏地は汗ジミが出やすいので、変色がないかチェックしてくださいね。

 

 

シミ・汚れ落としをプロにお願いするときは

汚れのチェックをしていたら、シミ・汚れを見つけてしまった…!というあなた。
大丈夫、いったん落ち着きましょう。

わたしもあるんです、この経験。
従妹に借りた振袖を着たまま車の中で寝て、起きたら胸元に口紅がついてたんですよ。泣きそうになりましたもん。

でも、そんなときでも、焦っちゃだめです。特に、焦って自分で落とそうとすると、失敗しちゃうことが多いみたい。
落ち着いて、お着物のプロにお願いしに行きましょう。

プロにシミ・汚れ落としをお願いするときは、

何の汚れか
いつついた汚れか
汚れたときに何らかの処置をしたか

をメモして持っていくといいですよ。だって、わたしも聞かれましたもん。
より汚れをきれいに落としてもらうために、大切のようです♪

 

 

着物をしまう前のお手入れは?

さて、とりあえず着物を着たあとにすることはできましたか?
それならひと安心。

次は、着物をしまう前にしておきたいお手入れについて、お話しますね。

着物を清潔でないまましまいこんでしまうと、のちのち大きなシミになって取れなくなることも。
しまいこんでしまったら、変色しても気づけませんもんね。
長い間しまう前には、清潔な状態でしまえるようにするのが大切なのです♪

と、ここでやっておきたいのは2つのこと。

 

STEP1:もう一度汚れチェック

「着たあとにまずはすること」で紹介したシミ・汚れチェックを、もう一度やりましょう。
同じチェックポイントを参考にしながら、目を皿のようにして探してくださいね。

ここで汚れが見つかったら、着物のお手入れをしてくれるお店に持っていきましょう。

何の汚れか
いつついた汚れか
汚れたときに何らかの処置をしたか

もきちんと伝えると、落ちる可能性が上がるんでしたね。

 

STEP2:着物クリーニングに出す

え、結局、着物のクリーニングに出すの?って、そう思いますよね。

はい、そうなんです。結局クリーニングに出すんです。
といっても、染み抜き、とか汚れ落としではありません。

お願いしたいのは、「汗抜き」と「丸洗い」というメニューなんです。
それぞれ説明しますね。

汗抜き

読んで字のごとく、ではありますが。汗を抜くんです。

きちんと説明すると、着物を着たときって汗をどうしてもかいちゃいますよね。
で、乾かすとその湿気は取れるんですが、汗の成分の塩分やアンモニアが残っていて、それをそのままにして着物をしまいこむと、変色とか生地の変質につながるんです。

そこであるのが、「汗抜き」。
水性の汗を落とすために、高圧蒸気をかけて繊維に染みこんでしまった汗を吹き飛ばしちゃう、ということなんです。

長い間しまいこむようなときの前には、「汗抜き」をしておくのが、安心ですね。

丸洗い

さて、お次は丸洗い。
なんか丸洗いって名前だけ聞くと、汚れを全部まるっと落としてくれそうな感じしますよね。実はそうじゃないんですけど。

丸洗いは、ドライクリーニングのことです。もちろん着物用の洗剤を使いますけどね。
こちらは、油性の汚れ、例えば油汚れや皮脂汚れ、ファンデーションなどの汚れを落とすのに向いているんです。

つまり、汗抜きとは、まったくの別物。
着物をしまう前には丸洗いをしておけば、汗も落ちる!と間違う人も多いのですが、気をつけてくださいね。

結局…?

なにが言いたいかといいますと。ゴホン。

汗抜きでは、水性の汗の汚れ
丸洗いでは、油性の油汚れや皮脂汚れ

が落とせます。

そして、とても大切なお着物なら、しまう前には「汗抜き」「丸洗い」のどちらのクリーニングもして、水性・油性どちらの汚れも落とした方がいいですよ、ということなんです。

ちょっとお値段は張っちゃいますよね。うんうん。
でも、大切なお着物。ずっときれいに着ていくには、日頃のお手入れもきちんとする必要がある、ということですね♪

 

着物をしまいましょう

さて、ここまでちょっと長かったかもしれませんね。
ようやく、着物をしまえます!
ここはそんなに長くないので、安心してくださいね。

たとう紙に包んで、桐たんすにしまいましょう

着物は、まぁまずたとう紙に包まれていますよね。
もしたとう紙に包まれていないなんてことがあったら、早急に包んでください。


美濃和紙で作った、たとう紙です。上質な和紙なので、湿気をよく吸収して、変色を防ぐ効果も。また、透明な窓があって中が見えるようになっているので、たとう紙の外からでもどの着物が入っているのか一目で分かります。意外と便利なんですよね、これ。

 

そして、しまうものとしては、桐たんすが最も適しています。
上の段ほど湿気がたまりにくいので、良い着物は上の方の引きだしにしまうといいですよ♪

桐たんすがなくてどうしても衣装ケースにしまうしかない…なんてときは、ぜひともちょっとした工夫を。
それは、すのこを敷くこと。
衣装ケースの中にすのこを敷いて、そこに着物をしまいましょう。
あ、除湿剤もすのこの下にぜひ。くれぐれも、衣装ケースは通気性が悪いってことを忘れないようにしてください。

 

防虫剤・除湿剤のこと

着物をしまうときは、防虫剤や除湿剤も一緒に入れておきたいもの。
湿気と虫は大敵ですからね。

防虫剤を入れるとき

きもの用防虫剤を、直接きものに触れないようにして入れます。
着物を包んでいるたとう紙の上から、そのたとう紙の四隅にちょんって置いておけばいいです。

1つ気をつけたいのは、2種類以上の防虫剤を一緒に使わないこと!
化学反応を起こしてシミや変色の原因になることも…気をつけたいものです。

除湿剤は?

除湿剤は、湿気の対策として必須のアイテム。
こちらも、着物専用のものが安心です。


大切な着物を湿気、シミ、カビ、虫、色あせから守り、湿気による生地の縮みを防ぎます。天日干しするだけで簡単に復活してくれるので、繰り返し使えるという驚きの商品です。吸湿してもべたつかないのが、シリカゲルの乾燥剤のいいところですよ。

収納するときに気をつけること

着物のしまい方をご紹介しましたが、まだいくつか注意点があります。
せっかくきちんとクリーニングをして、たとう紙に包んで収納していても、着物と帯が一緒にしまっていたり、無理やり詰め込んでいたりではNG

これらの収納がNGな理由をチェックしてみましょう。

着物と帯は別々で!

「この着物にはこの帯」
など、決まったセットがある場合、つい着物と帯を一緒に収納してしまいがちです。

ですが、着物と帯は別々に収納するのが基本
帯以外の小物も、分けてしまうようにしましょう。
一緒に収納してしまった場合、重なっている部分が型崩れしたり、跡がついたりしてしまいます。

「どうしても一緒にしかしまえない」
という場合は、着物を下に、帯を上にして収納してくださいね。

帯板や紐など、ゴムが含まれている小物は、着物や帯にダメージを与える恐れがあるため、必ず場所を離すようにしましょう。

帯も、着物とおなじくたとう紙、もしくは木綿の布に包んでからしまいます。
箔や金、銀の意図が使われている部分には、薄紙を当てておきましょう。

カビの大好物である、革製品を一緒にしまってしまうのもNG
無視が好む絹素材の衣類と、ウールの衣類は収納場所を変える、といった気配りも大切です。

最後に、収納後の虫干しについて説明していますが、帯も忘れずに虫干しを行ってくださいね。持っている着物の量が多い場合は、今日は一段目、次は二段目と、順番に干してあげましょう。

「定期的に干すのは面倒……」
それなら、着物を着る機会を増やして、外の空気と触れ合うきっかけを作ってあげるのも良い方法です。

無理に詰め込まない

着物をしまう時は、必ずきれいにたたんで収納しますよね。
それなのに、タンスへ無理に着物を詰め込んでしまっては、保管中のシワや型崩れの原因になります。

目安としては、重ねる場合も最大5枚まで
それ以上になる場合は、スペースが余っていても、別の段に収納しましょう。

タンスの上の段から、収納することも大切です。
タンスの下段は、どうしても湿気がこもりやすくなるため、大切な着物ほど上の段へ、と覚えておきましょう。

また、収納のため、たとう紙に包んでしまうと、どんな柄の着物が入っているのか、分からなってしまいます。

着たい着物をもとめて、ガサゴソ漁ってしまう行為も、着物のダメージの大きな原因!
複数着物を持っている場合は、着物の写真をつけておく、もしくは色や柄をメモした紙を添えておきましょう。

しまったあとは、虫干し

よし、着物をきちんとしまえたぞ!というところですが、お手入れはしまったあとも続きます。
といっても、年に2~3回なので、あまり気を張る必要はないんですけどね。

着物も、外に出ずにしまわれっぱなしでは、かわいそう。
というか、湿気でカビや害虫にやられてしまいます。

そのためにあるのが、虫干し。
簡単にいえば、陰干しをしましょう、ということですね。

年に3回やりたい虫干し

湿気をためないために、虫干しはだいたい年に3回くらいやるのが理想的。

湿気のこともあるので、時期としては

・7月末~8月
・10月
・2月

の湿度が低い日がおすすめです。
前日が雨の日は、湿気が多いので避けた方がいいですね。

時間は、昼間がいい!

ちょっと細かいですが、大事なことなので。

時間は、10時~15時くらいまでがベスト。
朝と夕方は、ちょっと湿度が高くなっちゃいます。

 

虫干しのやりかた

さて、虫干しの日にちは決まりましたか?
それでは手順をご説明しましょうか。

用意するもの

・着物用ハンガー
・やわらかいタオル

   手 順  

1. 着物を干す
着物用ハンガーにかけて、直射日光の当たらない日陰に干しましょう。

 

2. ほこりを払う
やわらかいタオルで、着物を全体的に払っていきましょう。

 

3. 2~3時間干す
そのまま、2~3時間干しておきましょう。

 

これで、完了です!
そんなに難しくはないので、ちゃちゃっと天気のいい日にやってしまいましょう♪

 

 

まとめ

着物のお手入れ、きちんとできましたか?

特別な衣装で、何か節目の大切な日に着ることが多いからこそ、思い出もつまっていくのが着物です。
きれいな着物を、そのままの美しさで着続けたいですよね。

そのために必要なお手入れのしかたを、
・着物を着たあとすぐやること
・たんすにしまう前にやること
・しまい方のこと
・しまったあとのお手入れのこと
の4つに分けて紹介しました。

ちょっと手間はかかるのですが、その分、愛情も増していくはず。
ぜひぜひ、着物を大切にしてくださいね。

関連記事

着物はクリーニングに毎回出すべき?着物の種類によって違うとは…!

  現在、ほとんどの方が普段あまり着る機会のない着物。 冠婚葬祭の時だけ着るという方がほとんどなのではないでしょうか。 だからこそ、着物ってどんなタイミングでクリーニングに出せば良いのか、どれくらいの料金がかか […]

振袖のお手入れ方法をプロが伝授!今年の成人式の後にすべきこと&来年に向けて今やっておきたいこととは?

  新しい年も明け、もうすぐ成人式ですね。 成人式と言えば女性が着る振袖。 新しいものを購入したりレンタルする方もいれば、お母さんの振袖をクリーニングしてお子さんがお母さんの振袖を着られる方もいらっしゃると思います。 お […]

浴衣を家庭で洗濯する方法とは?花火や夏祭りの前に絶対洗いたーい!

夏祭りや花火大会など、浴衣を着るだけで気分も高まりますよね。 みなさん一度は浴衣を着た夏の思い出があるのではないでしょうか。 最近では、価格の安いものもたくさん販売されていて、ぐっと身近になった浴衣ですが、かなりの頻度で […]

長襦袢のたたみ方を写真でわかりやすく解説!半衿のお洗濯もご一緒に

わたしたちにとってちょっと特別な衣装、着物。 大切な節目である成人式や結婚式も、普段の生活も、華やかに彩ってくれる存在ですよね。 そんな着物を着るときに欠かせない存在、なんだかわかりますか? それは、長襦袢(ながじゅばん […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す