ボタンの付け方を解説!2穴・4穴や、足つき・スナップの手順つき!

つっきー

更新日:2021年01月26日

ぽとん。と何か落ちた音がしたと思ったら、足元にボタンが。

ゆるくなっていたシャツのボタンや、無理して履いていたズボンのボタン。
洋服のボタンがとれてしまうことって、たまにありますよね。

小学校や中学校の時に家庭科の授業で習ったはずのボタン付け。

習ったのに、いつの間にかボタンの付け方を忘れてしまった…という人も多いかもしれません。

そもそも裁縫セットすら持っていない!なんて方もいるのでは?

そんな、ボタンが取れて困っている方に向けて、今回は裁縫の基本から、ボタンの種類ごとの付け方まで詳しくお伝えしていきます。

裁縫の基本

いや、もう裁縫セットももってないし、結び方とか忘れたし…という方は、まずは裁縫の基本を見直しておきましょう。

「裁縫の基本」と言っても、今回はボタンを取り付ける時に必要なことしかお伝えしないので、安心してくださいね♪

針と糸を用意しよう

まず、確実に用意してもらいたいのがです。

ボタンを取り付ける生地が厚い場合は太めの、薄い場合は細めの針を使うのが基本です。
無理に細い針で厚い生地を縫おうとしてしまうと、針が曲がってしまう可能性があるので、注意しましょう。

糸に関しては、他のボタンで使われている糸と同じ色のものを使うようにすると、自然に取り付けることができます。

なかには、あえて1つだけ糸の色を変えておしゃれを楽しみたい、という方もいると思います。
しかし、ボタンの取り付けをきれいにできる自信がないのであれば、とりあえずは他のボタンとそろえるか、ボタンとなじむ色の糸を使うことをおすすめします。

おすすめ 商品

商品画像
Clover ソーイングセット SS-201 ブルー 38-121

ボタン付け以外で裁縫セットを使う機会がない、という方におすすめしたいのがこちらの商品。針3本と黒・白・紺・グレー4色の糸に加え、糸切りバサミや安全ピンまでついた裁縫セットです。コンパクトなサイズで、お手頃価格なので、ちょっとした時にあると役立つと思いますよ♪

1本取りと2本取り

針や糸の準備ができたら、縫い始める前の準備に入っていきます。

1本取りは、1本の糸で縫う。2本取りは、2本の糸で縫う。ということです。

そして当たり前ですが、2本取りのほうが強く固定することができます。

1本取りでも、何重にも糸を通せば強く固定することができますが、それならば最初から2本取りでやったほうが、縫う回数も減るため、簡単です。

基本的にボタンの穴が大きければ、2本取りで縫ってしまって大丈夫です。
ただ、もともと糸が太かったり、穴が小さい場合は1本取りで縫うようにしましょう。

1本取りの場合は、針に糸を通し、片方の糸を長めに取ります。
長めに取った糸の先端に、玉結びをします。

2本取りの場合は、針に糸を通し、2本の糸を同じ長さに揃えます。
そのまま2本の糸をまとめて玉結びをします。

使う糸の長さは、基本的に、腕1本分
指で糸を持ち、肩のあたりまで伸ばして切り取ります。

ボタンを縫う時は、1本取りでも、2本取りでも使う糸の量はあまり変わりません。
ただし、玉止めや玉結びが心配だから糸に余裕が欲しい!という方は、2本取りの時だけ気持ち長めにとっておくといいかもしれません。

玉結びと玉止め

針に糸を通してチクチク縫えば完璧。ってわけではありません。

玉結びと玉止めをしないと、せっかく縫った糸もすぐにほつれてしまいます。

玉結びの仕方

玉結びには、縫い始めに糸を固定する役割があります。

POINT
2本取りの場合は、先に針に糸を通し、2本の糸をまとめて結ぶようにしてくださいね!
手順
1
人差し指に糸を巻き付ける

切った糸の先端に近い部分を、人差し指に1周させます。

2
親指で糸をおさえる

人差し指と親指の腹をくっつけるようにして、1周させた糸を親指でおさえます。

3
指をすり合わせる

人差し指と親指をすり合わせ、くるくると糸をより合わせます。

4
中指で糸をおさえる

人差し指を下に抜きながら、より合わせた部分を、中指でしっかりとおさえます。

5
反対の手で糸を引く

長く取ったほうの糸を、糸を巻き付けていない方の手でゆっくりと引きます。
この時、親指と中指でしっかりとより合わせた部分を押さえておくようにしましょう。

こんな風になります。

適当に糸を引いてしまうと、玉が大きくなってしまい、縫ったときに玉結びが目立ってしまうので、最後まで丁寧に行うようにしてくださいね♪

玉止めの仕方

玉止めは、縫い終わりに糸を固定するために行います。

手順
1
針を糸のそばにあてる

縫い終わりの糸の根元に、針をあてます。
この時、糸は針から抜かずに、そのまま糸が通った状態にするように注意してください。

2
針の根元をおさえる

針を縫い終わり部分にあて、そこに針を固定させます。
針の根元部分(糸を通す部分)を利き手ではないほうの親指で上からおさえましょう。

3
針に糸を2、3回巻く

利き手を使って、固定した針先に糸を数回巻いていきます。
縫い終わりの糸をくるくると巻きましょう。

4
針に巻いた糸をおさえる

糸を巻いたら、先ほどまで針の根元をおさえていた親指で糸をおさえます。
巻いた糸全てをしっかりとおさえましょう。

この時、縫い終わり部分と巻き付けた糸の間にたるみができないように注意してください。
たるみができると、玉止めが縫い終わり部分から離れたところにできてしまい、糸をしっかりと固定することができません。

5
利き手で針を抜き取る

巻きつけた糸をおさえながら、利き手で針を抜き取りましょう。
糸がピンと張るまで抜ききることで、きれいな結び目ができます。

2穴・4穴ボタンの付け方

最も一般的なボタンの種類です。
シャツやジャケットなど、男女問わず、洋服に使われることの多いボタンです。

丸、三角、四角など、形自体は様々。
しかし、穴は基本的に2個か4個で、縫い付け方は同じです。

用意するもの
・取り付けるボタン
・針
・糸
・ハサミ
・チャコペン(なければ鉛筆などでもOK)
手順
1
布に印をつける

ボタンを取り付けたい部分に、印をつけます。
取り付けたときに、ボタンの中心がきてほしい部分に印をつけましょう。

2
表から針を通す

糸を針に通し、玉結びをしましょう。

印をつけた部分に、表側から針を通します。
玉結びが印の部分にくるようにするのが、きれいに仕上げるのがポイントです。

3
裏から針を通す

縫い始めからほんの少しずらし、裏から表に針を通します。
あける間隔はボタンの大きさや穴同士の間隔によって変わってきます。

ボタンの中心から穴までの長さより、縫い始めと2針目までの長さが、少し短くなるように意識するといいでしょう。

4
糸をボタンの穴に通す

表に出たら、そのままボタンの裏から1つの穴に糸を通します。

上に出たら、今度はボタンの表側からもう1つの穴に糸を通します。

5
針を生地に通す

ボタンの向きを調節し、表から針を生地に通します。
この時、3で通した糸との間隔が、ボタンの穴同士の間隔より狭くなるように意識しましょう。

6
糸足をつくる

糸はきつく引っ張るのではなく、ボタンと生地の間に少し空間ができるようにします。

これを糸足といいます。
糸足は、実際にボタンをひっかけたときに、片側の生地がすんなりボタンと生地の間におさまるようにするためのもの。
ここで間隔をあけないと、ボタンを閉めようとしても、すぐにはずれてしまうので、注意しましょう。

あける長さとしては2、3㎜程度
生地の厚さ分あれば問題ありませんが、後々短くなる恐れもあるので、気持ち長めに取っておきましょう。

7
3~6を繰り返す

4穴ボタンの場合は、1回目に2つの穴に糸を通したら、次は糸が通っていない残りの2つに通すようにしましょう。
3~6を繰り返し、各穴3、4重で糸が通っていれば問題ありません。

8
糸足に糸を巻き付ける

何重か糸でボタンを縫い付けたら、ボタンと生地の間に糸を出します。
そのまま糸足に、ボタン側から生地のほうに向かって、上から下へ、くるくると糸を巻きつけていきます。
この時に、玉結びの部分もすっぽり隠れるようにすると、仕上がりがきれいになります。

9
裏にでる

糸足が隠れるくらい糸を巻き付けたら、糸足の根元から、裏に針を出します。
裏にできた縫い目に針を通し、糸がほどけにくいようにしましょう。

10
玉止めをする

裏で玉止めをします。
裏の縫い目が気になるという場合は、少し難しいですが、再び表に出て、糸足の根元で玉止めをすることもできます。

玉止めをした後は、余分な糸を切って完了です。

足つきボタンの付け方

糸を通す穴が1つしかないボタンです。

コロンとした形で、女性の洋服の飾りとして使われることが多いです。

可愛いデザインが多いのですが、穴が1つしかなく、ボタンが動きやすいので、取れやすいというのがちょっと残念なポイント。

用意するもの
・取り付けるボタン
・針
・糸
・ハサミ
手順
1
布に印をつける

足つきボタンの場合は、取り付けたときに足(穴がある部分)がきてほしい部分に印をつけましょう。

2
裏から針を通す

針に糸を通し、玉結びをします。
印のすぐそばに糸がでるように、裏から針を通します。

3
ボタンの穴に糸を通す

ボタンの向きを調節したら、穴に糸を通します。

4
針を裏に出す

穴に糸を通したら、足のすぐそばから裏側に出ます。
たるみが出ないようにしっかりと縫い付けましょう。

5
2~4を繰り返す

ボタンの穴がふさがるくらいを目安に、3、4回糸を通していきます。

6
玉止めをする

裏にできた縫い目に1度針を通し、そのまま裏側で玉止めをします。
針から糸は抜かず、そのまま表の足の根元に出て、糸を切ります。
こうすることで、玉止めがほつれにくくすることができます。

これにて完了!

スナップボタンの付け方

子供服や、鞄などによく使われる、パチンとくっつけられる簡単なボタン。

毎回引っ張るようにして開け閉めするので、ボタン自体がしっかり取り付けられていないと、すぐに外れてしまいます。

凸型と凹型がありますが、取り付け方はどちらも同じです。

用意するもの
・取り付けるボタン
・針
・糸
・ハサミ
手順
1
布に印をつける

ボタンを取り付けたい部分に印をつけます。
取り付けたときに、スナップボタンの凸部分、または凹部分がきてほしい場所に印をつけましょう。

2
表から糸を通す

針に糸を通し、玉結びをします。
印をつけた部分に玉結びが来るように、表から裏へと針を通します。
ボタンを取り付けたときに、玉結びした部分がボタンの下に隠れるようにするためです。

3
穴に糸を通す

玉結びの上に、取り付けるボタンを乗せます。
位置が定まったら、裏から1つの穴に糸を通します。

できるだけ穴のフチの近くにでるようにすると、ズレが出にくいですよ。

4
1つの穴を固定する

穴のフチを埋めるように、1つの穴につき3、4回ずつ糸で縫い付けていきます。
1つの穴を固定出来たら、他の穴も同様に縫い付けていきます。

4つの穴が固定できたら、こんな感じになります。

5
玉止めをする

ボタンと生地の隙間から針を出します。
ボタンのフチに、目立たないように玉止めをしましょう。
針から糸は抜き取らず、生地とボタンの間に針を通し、裏に出してから糸を切ります。

マグネットボタンの付け方

マグネットボタンは、名前の通り「磁石」のボタンです。

衣類にはあまり使われないので、馴染みがないかもしれませんが、簡単にボタンが留められるとても便利なボタン。
今回は差し込み(割り足)タイプの付け方をご紹介しますね。

用意するもの
・マグネットボタン(差し込み型)
・ハサミ
・チャコペン(なければ鉛筆などでもOK)
・接着芯となる布(必要なら)
手順
1
ボタンを付ける場所を決める

マグネットボタンは、この4つでセットになっています。
・凸のボタン
・凸のボタンを留める金具
・凹のボタン
・凹のボタンを留める金具

まずは、凸のボタンの位置を決めます。
凸と凹のボタンは、上に凸、下に凹を付けることが多いようですが、実際はどちらでも構いません。お好みで決めてくださいね。

2
穴を開ける位置を決める

マグネットボタンは、爪部分を折って使うもの。
まずは、凸ボタンを水平に置きます。それから、ボタンの爪の上に布を乗せて、爪部分を通す予定の箇所にチャコペンで印を付けてください。

印を付けた部分に穴を開ける

爪部分を通すための穴を開けます。ハサミで切り取ってください。
特に生地が薄い場合、ボタンを付けるときに布裏に接着芯を付けると、安定してくっつくのでおすすめです。

布を挟んで金具を付ける

爪部分に布を通したら、その上から金具を差し込みます。
それから爪部分を折ります。外側にでも内側にでも大丈夫です。
これで凸ボタンの取り付けは完了です。

凹ボタンも同じように取り付ける。

1~4と同じ手順で、凹ボタンも取り付けます。
凸ボタンと凹ボタンが両方取り付けられたら、磁石が問題なくくっつくか確認しましょう。
ポーチなどを閉じたとき、マグネットボタンの位置にずれがなければ、これで完成です。

マグネットボタンは、今回の差し込み型だけでなく糸で縫い付けるタイプ、叩いて止めるカシメタイプなど、色々あります。そのため、取り付け方をチェックしてから買うのが安心ですよ。

また、マグネットボタンには強い磁力があるので、磁気カードなどとは一緒に置かないよう注意しましょう!

まとめ

ボタンの取り付け方を紹介してきました。

少し手順は多いように思うかもしれませんが、どれも簡単なものばかり。
慣れたら数分でできてしまいます。

しかし、大切な洋服や鞄、厚手のスーツなどにボタンを取り付けたいときは、心配なら職人さんにお願いする、というのも1つの手段です。

変なところにボタンを取り付けてしまうと、型崩れの原因にもなってしまいますからね!

シャツやズボンなど、今すぐ直したいボタンは自分で。
スーツやコートなど、型崩れしたくないボタンの取り付けは職人さんにお願いする、など使い分けてもいいかもしれませんね♪

ゆるいボタン、とれてしまったボタン、新しくとりつけたいボタン。
全部きれいに取り付けて、おしゃれに過ごしましょう!

関連記事

ジャケットの肩幅を直したい!自分でやる方法とプロに頼んだ相場は?

  お店でジャケットの試着して、他のサイズ感は合っているけど肩幅が大きいという場合、購入に悩みますよね。 スーツなどのジャケットの印象や着心地は「肩」で決まると言われています。 せっかく素敵なジャケットでも肩幅が合ってい […]

スーツのウエストのお直しで調節できるのは◯cmまで!?相場は…?

  久しぶりにスーツのパンツを履こうとしたらキツイ…なんてことありませんか? または、ダイエットでパンツのウエストにゆとりができてしまうこともありますよね。 お気に入りのスーツやまだ新しいスーツはできれば長く使 […]

コートの裾上げはちょっと難しい!チェックすべき「ベント」って何?

  「ネットショップでコートを買ってみたら、思ったより丈が長かった…。」   「長年着てきたお気に入りのロングコートだけど、少しデザインが古いかも…。」 そんなお悩みはありませんか? 思い切ってコートの丈を詰めてみてはど […]

スカートの裾上げ自分でできる?3つの方法から自分にあったものを!

  気に入って購入したスカート、でももうちょっと丈が短かったらおしゃれになるのに…ということありませんか? そんな時は思い切って裾上げをしてみましょう! 裁縫は苦手という人でも簡単に裾上げができる方法がありますよ。 目次 […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す