裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

■ズボンの太さ・長さによって、印象が変わる
■基本的なストレートパンツの裾上げはたった4STEP
■大事な洋服の裾上げはプロに頼むのがおすすめ

まっつん

2017年05月06日

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。
そんなお悩みはありませんか?

そんなときに便利なのが「裾上げ」。
でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。

だから、自分で裾上げできるようになっちゃいましょう!
やり方さえわかれば、意外と簡単です。ミシンかお裁縫セットがあればできるのです。

ズボンって、丈の感じでだいぶ印象が変わります。自分にあった丈のズボンで、もっとおしゃれを楽しみませんか?

今回は、丈の決め方から裾上げの方法までを徹底解説します!

ズボンの裾上げの基礎を知る!

早く裾上げをしていきたい!と思われているかもしれませんが、裾上げで失敗しないために、確認しておいてほしいことがいくつかあります。
キレイに裾上げしてもらうために大切なことなので、きちんと確認してくださいね♪

まずは正しいウエスト位置から!

裾上げをしよう!と思ったときに、まず最初に履いてみて、裾上げの丈の長さを調べますよね。
でも丈の長さを決める前に、あなたはズボンを履くときのウエストの位置、ちゃんと気にしていますか?

男性腰骨の位置
女性おへそのあたり

に合わせるのが正解です♪

股上の短いズボンや、浅めに履く「腰履き」という履き方もありますが、基本のウエスト位置は上に書いた通りです。
ウエスト位置が正しい状態で測らないと、丈の長さが短くなりすぎてしまったり、逆に長くなってしまって引きずったりするので、気をつけてくださいね。

また、丈の長さを測る際は実際に着るときの状態になるべく近づけるのが大切です!
普段ベルトをして履くならベルトをして、ヒールを履くならヒールを履いた状態で、測ってくださいね♪

 

丈の長さを決めるポイント

次に、ズボンの裾丈を決めるポイントを、いくつかご紹介しますね。
次の2つのポイントを意識して、丈を決めてみてください♪

ズボンの太さ

一番基本的なポイントは、ズボンの太さです!
ズボンの太さによって、スタイルよく見える長さが異なってくるんです。

細めのズボンは短め
短めにするとスッキリして、脚長効果があります。
逆に長くしてしまうと、靴に引っかかって足元がもたついた印象になってしまいがちです。

太めのズボンは長め
最近流行りの太めのズボンは、長い方が脚長効果があります。
短くしてしまうと、裾がパカパカしてしまい安定感もなくなるのであまりおすすめではありません。

 

イメージ

次に、なりたいイメージで決めていきましょう♪

カジュアルなら短め
ズボンの丈を短めにするとカジュアルな印象になります。
特に最近は細めのズボンでロールアップをしているものや、アンクル丈のものをよく見かけますが、カジュアルで夏向きですね。

フォーマルなら長め
長めの丈であれば、フォーマルな印象です。

いかがでしたか?
ズボンの丈の長さは、いままで気分で決めていた!という人も、こちらのポイントを押さえて決めてみると、もっとお気に入りのズボンになるはずです♪

 

種類別に注意すること

生地によっては注意したほうがいい点があります。
デニムとスーツの注意点を確認していきましょう!

デニムの裾上げをするとき

デニムパンツの裾上げをする!というあなた。ちょっとだけ待ってください。

デニムパンツは縮む、というのは知っていると思います。
デニムは生もののようなもので、どの程度縮むのかは洗ってみないと分かりません。

そのため、一度洗って、縮みを出してから裾上げすることをおすすめします。

裾をもし裁断してしまうともとの状態には戻せないので、洗っている時間がない場合は、余裕をもって長めにとっておいてくださいね♪

 

スーツの裾上げをするとき

さて、スーツの裾上げをしようと思っているあなた。
あなたのお好みは、シングルですか?それともダブル?
まずはシングルとダブル、どう違うのかちょっと解説しますね。

シングル
裾に折り返しのない、ストンとした最もオーソドックスなタイプ。
フォーマル、ディレクターズスーツなどの礼服と呼ばれるスーツの裾は、シングルにしてくださいね。

 

ダブル
裾に折り返しのある、ダブル仕上げのズボン。
ダブルにすると、着こなしが程よくカジュアルになり、とてもお洒落です。

 

どちらの仕上がりにしたいですか?
シングルの場合は、一般的な裾上げ方法と同じですが、ダブルの場合は裾上げ方法が変わってきます。
また、ダブルではズボンの丈に加えて、裾の折り返し幅も決めておいてください。
折り返し幅は、3.5~4cmに収めれば、まず失敗はないでしょう。
身長が高い方は、4.5cmにしてもいいかもしれませんね。

 

裾上げのやり方を徹底解説!

さて、自分にぴったりなズボンの丈は決められましたか?
それでは、裾上げ方法を解説していきますね♪

ストレートタイプのズボンの、最も一般的な裾上げ方法
ダブル仕上げにするスーツの裾上げ方法
ズボンの裾が細いとき太いときにどうしたらいいか
をご紹介します。

ストレートタイプのズボンのとき

これからご紹介するのは、裾幅がまっすぐなタイプのズボンです。
裾の先が狭いズボンや、逆にワイドパンツのように太くなっているものは、手順が違ってきます。
また、スーツのズボンでダブル仕上げにしたい場合も、こちらの通りではないので注意してください。

用意するもの

・アイロン
・裁ちばさみ
・針
・ズボンにあった色の糸

・チャコペン
おすすめの商品はこちら↓↓


手芸が大好きな人たちから大人気の、クロバーのチャコペンです。マーカータイプだから、色がなかなかつかない、なんてこともありません。使いやすいツインタイプです。しかも時間が経ったら自然に色が消えてくれる、画期的なチャコペンです♪

   手 順  

1. 裾上げする長さを決める

まずは、この記事の最初の「裾上げをはじめる前に」を参考に、裾上げの長さを決めましょう!
決まったら、出来上がり線を生地の裏面にチャコペンで印します。出来上がり線から4cmの縫い代(ぬいしろ)をとり、残りは切ってしまいましょう。

Point
縫い代の長さはお好みで大丈夫です。もとの縫い代の長さと揃えてもいいですね!キレイに仕上げるために、3cm以上はとっておくことをおすすめします。

 

2. 三つ折りにする

縫い代の半分のところで内側に折り、アイロンでしっかりと折り目をつけます。そして、出来上がり線のところでもう一度内側に折り、三つ折りになった状態でもう一度アイロンで折り目をつけます。

 

3. しつけ縫いをする
まち針で三つ折りのところを留めて、ズボンの裾をぐるっと一周しつけ縫いをします。

 

4. 縫う

流しまつり縫いで縫います。ステッチが表に出てもいい、カジュアルなズボンなどの場合には、ミシンで直線縫いをしても大丈夫です!

 

流しまつり縫いとは?
一般的なまつり縫いです。三つ折りにした縫い代の裏から表に針を出し、5mmほど先の表布の織り糸を1~2本すくって、縫い代の裏から針を出します。この作業を繰り返してください。

 

裾をダブルにするとき

次に、スーツの裾上げで、ダブル仕上げにする場合の方法を解説します!

用意するもの

・アイロン
・ミシン
・裁ちばさみ
・針
・ズボンにあった色の糸
・チャコペン

   手 順  

1. 裾上げする長さを決める
まず、この記事の最初の「裾上げをはじめる前に」を参考に裾上げの長さを決めましょう!
決まったら、出来上がり線を生地の裏面にチャコペンで印します。ダブルにするので、折り返し幅の2倍の長さを残して、裁断してください。
(例)折り返し幅4cmのとき、出来上がり線から8cm残して裁断

 

2. ほつれ止めをかける
裾がほつれてこないように、ロックミシンがあればそれを、なければ捨てミシンをかけます。
布端から0.5cmのところと、0.3cmのところなどで、2か所かけられれば絶対にほつれてこなくて安心です♪

 

3. アイロンをかける
布端から折り返し幅の長さで外側に向けて折り返し、アイロンできっちり折り目をつけます。

 

4. 裾を縫う
ほつれ止めをかけた裾部分から1cm下を、ミシンの直線縫いでぐるっと一周縫います。

 

5. アイロンをかける
出来上がり線で折り返してもう一度アイロンをかけ、キレイに折り目をつけて整えてください。このアイロンをかける作業をきちんとすれば、仕上がりが違いますよ!

 

6. ダブルを縫いとめる
折り返しが浮かないように、ズボンの脇の縫い目部分2か所に、糸で縫いつけます。

 

裾が細いズボンのとき

根強い人気のスキニーパンツや、絶妙なシルエットのテーパードパンツ。
裾が細いから、裾上げなんて自分でできないんじゃ?と思っている方も多いはず。
ちょっと工夫をすれば大丈夫ですよ♪

それは、一度目の折り返しの前に、布端から一度目の折り返し部分までの糸をほどき、その脇部分を解けないように縫いとめることです。
それだけ意識すれば、あとはストレートタイプの手順と同様なので、ぜひ試してみてくださいね♪

 

裾が太いタイプのズボンのとき

最近流行りのガウチョパンツや、ワイドパンツなど、裾が太いズボンもとてもお洒落ですよね。
でも、裾が太いズボンは長めに作られていることも多く、引きずってしまうから裾上げしたい・・・という方も多いはず。

裾が太いズボンでは、一度目の折り返しの後に、脇部分に余りの生地を集めて脇を縫い直すことで解決できます。
こちらもあとはストレートタイプの手順と同様なので、ぜひ試してみてくださいね♪

 

裾上げテープを使う方法

さて、ここまで裾上げの方法をご紹介してきましたが、最後に簡単な裾上げ方法をご紹介します!
それは、裾上げテープを使った裾上げ方法です。

裾上げテープは、100円ショップにも売っていますが、中には、洗うと剥がれてきてしまうものもあるようです。
強力に粘着できるものを探して購入すると、安心ですね。

裾上げテープを使う前に、裾上げテープを使うときに気をつけたいことと、テープの種類を確認しておきましょう!

 

裾上げテープを使うときに気をつけたいこと

とっても簡単に裾上げができてしまう、裾上げテープ。
でもこちらの商品、実は全てのお洋服の裾上げにおすすめできるわけではないんです。

使用を避けてほしいのは、
低温表示のある生地
ナイロン、シルク
です。

また、とても生地が薄いスーツなどの裾上げに使うと、表から見た際にはっきり跡が分かってしまうこともあるので、注意してくださいね。

 

裾上げテープの種類って?

実は裾上げテープには、片面接着型両面接着型の2種類があるんです。

片面接着型
片面のみに接着剤がついており、テープを水に浸して、折り返した裾の端部分に覆いかぶせたら、アイロンを使って接着します。布端がほつれにくいというメリットがあります♪

 

両面接着型
両面に接着剤がついており、布の間に挟んで接着します。片面接着型と異なり、テープを水でぬらす手間がありません。

 

片面接着型か両面接着型か、については商品のパッケージに書いてある使い方を見れば分かります。
どちらの使い方も解説しているので、お好きな方を使って接着してみてくださいね♪

 

裾上げテープの簡単な使い方

それでは使い方を説明していきます!

用意するもの

・裾上げテープ
・アイロン
・裁ちばさみ
・チャコペン

 

   手 順  

1. 裾上げする長さを決める
この記事の最初の「裾上げをはじめる前に」を参考に裾上げの長さを決めましょう!
決まったら、出来上がり線を生地の裏面にチャコペンで印します。出来上がり線から3cmの折り返し分の布をとり、残りは切ってしまいましょう。

 

2. 折り目をつける
裾上げの位置を決めたら、しっかりとアイロンで折り目をつけます。

 

3. テープを切る
裾上げテープをズボンの折り返した端部分に合わせて、2~3cm長めの長さで切ってください。

注意
長く切りすぎる分には大丈夫ですが、短くすると十分にくっつかないので注意してくださいね。

 

4. 接着する
種類ごとに少し方法が違うので、それぞれ説明します!

片面接着型
テープを水に浸してきゅっと絞り、折り曲げた「裾」の端部分に合わせ、その上からアイロンを押し当てます。アイロンは、3秒くらい押し当てればテープを接着できます。
両面接着型
折り返した生地の間にテープをはさんで、アイロンを3秒程度ずつ押し当てます。

注意
失敗しないように、少しずつ接着してくださいね。

 

自分でやる裾上げの方法についてプロに聞いてみました!

ここまで、自分でズボンの裾をあげる方法について、ご紹介しました。
最後に「あなたのマイスター」では、洋服修理のプロに「自分でやる裾上げの方法はどのようなものですか?」と聞いてみました。
たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。

UPTIDEさん(大阪府)

ミシンか手縫いで裾上げしてください。市販の裾上げテープや裾上げノリを使うと素材にシミができたり傷む原因になります。裾上げテープで自分でされた方がはがれてきてしまい結局当方に修理出すというパターンがたくさんあるのでプロに頼むのが一番です。

大事な洋服を裾上げする場合は、裾上げテープを使って自分でやるよりも、プロにお任せした方がいいのかもしれませんね♪

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分で裾上げするときも、プロお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

 

 

まとめ

 

ズボンの裾上げ方法がわかっていただけましたか?

まず大事なのは、自分にあった丈を決めること。ズボンのタイプに合わせて調節するのも大切です。
せっかく裾上げするなら、やっぱりぴったりの丈にしたいですよね。

基本はストレートパンツの裾上げです。ズボンの種類に合わせてちょこっと応用すれば、裾上げはマスターできるのです。
裾上げテープという便利アイテムもあるので、今すぐ簡単に裾上げしたいときには、ぜひ使ってみてくださいね!

でも、大切なズボンなら、洋服お直しのプロに裾上げしてもらうのがおすすめです。だいたい2,000円ぐらいで、裾上げしてもらえますよ。

なんだか丈が長くて歩きにくかったり、恰好が悪いなと思って履けなかったりしたズボンも、裾上げをしてどんどん履いてくださいね!

関連記事

スーツの裾上げを自分でやる方法を解説!パンツ・スカート両方対応!

  「このスラックス、裾がもうちょっと短ければな〜、太さはぴったりなのに!」 こんな風に思った経験、ありませんか? パンツって、なかなか自分にぴったりのサイズを見つけにくいですよね。 残念なことに、太さはいい感 […]

ボタンの付け方を解説!2穴・4穴や、足つき・スナップの手順つき!

  ぽとん。と何か落ちた音がしたと思ったら、足元にボタンが。 ゆるくなっていたシャツのボタンや、無理して履いていたズボンのボタン。 洋服のボタンがとれてしまうことって、たまにありますよね。 小学校や中学校の時に […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄のクリーニング・色補修を取材!カビ・シミ・角の傷が消え去った日

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

靴底のかかとのゴムを、靴修理の職人さんが自然に馴染ませて直した話

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]