裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

よっすん

更新日:2020年07月15日

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。
そんなお悩みはありませんか?

そんなときに便利なのが「裾上げ」。
でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。

だから、自分で裾上げできるようになっちゃいましょう!
やり方さえわかれば、意外と簡単です。ミシンかお裁縫セットがあればできるのです。

ズボンって、丈の感じでだいぶ印象が変わります。自分にあった丈のズボンで、もっとおしゃれを楽しみませんか?

今回は、丈の決め方から裾上げの方法までを徹底解説します!

ズボンの裾上げの基礎を知る!

早く裾上げをしていきたい!と思われているかもしれませんが、裾上げで失敗しないために、確認しておいてほしいことがいくつかあります。
キレイに裾上げしてもらうために大切なことなので、きちんと確認してくださいね♪

まずは正しいウエスト位置から!

裾上げをしよう!と思ったときに、まず最初に履いてみて、裾上げの丈の長さを調べますよね。
でも丈の長さを決める前に、あなたはズボンを履くときのウエストの位置、ちゃんと気にしていますか?

男性腰骨の位置
女性おへそのあたり

に合わせるのが正解です♪

股上の短いズボンや、浅めに履く「腰履き」という履き方もありますが、基本のウエスト位置は上に書いた通りです。
ウエスト位置が正しい状態で測らないと、丈の長さが短くなりすぎてしまったり、逆に長くなってしまって引きずったりするので、気をつけてくださいね。

また、丈の長さを測る際は実際に着るときの状態になるべく近づけるのが大切です!
普段ベルトをして履くならベルトをして、ヒールを履くならヒールを履いた状態で、測ってくださいね♪

丈の長さを決めるポイント

次に、ズボンの裾丈を決めるポイントを、いくつかご紹介しますね。
次の2つのポイントを意識して、丈を決めてみてください♪

ズボンの太さ

一番基本的なポイントは、ズボンの太さです!
ズボンの太さによって、スタイルよく見える長さが異なってくるんです。

細めのズボンは短め
短めにするとスッキリして、脚長効果があります。
逆に長くしてしまうと、靴に引っかかって足元がもたついた印象になってしまいがちです。

太めのズボンは長め
最近流行りの太めのズボンは、長い方が脚長効果があります。
短くしてしまうと、裾がパカパカしてしまい安定感もなくなるのであまりおすすめではありません。

イメージ

次に、なりたいイメージで決めていきましょう♪

カジュアルなら短め
ズボンの丈を短めにするとカジュアルな印象になります。
特に最近は細めのズボンでロールアップをしているものや、アンクル丈のものをよく見かけますが、カジュアルで夏向きですね。

フォーマルなら長め
長めの丈であれば、フォーマルな印象です。

いかがでしたか?
ズボンの丈の長さは、いままで気分で決めていた!という人も、こちらのポイントを押さえて決めてみると、もっとお気に入りのズボンになるはずです♪

種類別に注意すること

生地によっては注意したほうがいい点があります。
デニムとスーツの注意点を確認していきましょう!

デニムの裾上げをするとき

デニムパンツの裾上げをする!というあなた。ちょっとだけ待ってください。

デニムパンツは縮む、というのは知っていると思います。
デニムは生もののようなもので、どの程度縮むのかは洗ってみないと分かりません。

そのため、一度洗って、縮みを出してから裾上げすることをおすすめします。

裾をもし裁断してしまうともとの状態には戻せないので、洗っている時間がない場合は、余裕をもって長めにとっておいてくださいね♪

スーツの裾上げをするとき

さて、スーツの裾上げをしようと思っているあなた。
あなたのお好みは、シングルですか?それともダブル?
まずはシングルとダブル、どう違うのかちょっと解説しますね。

シングル
裾に折り返しのない、ストンとした最もオーソドックスなタイプ。
フォーマル、ディレクターズスーツなどの礼服と呼ばれるスーツの裾は、シングルにしてくださいね。

ダブル
裾に折り返しのある、ダブル仕上げのズボン。
ダブルにすると、着こなしが程よくカジュアルになり、とてもお洒落です。

どちらの仕上がりにしたいですか?
シングルの場合は、一般的な裾上げ方法と同じですが、ダブルの場合は裾上げ方法が変わってきます。
また、ダブルではズボンの丈に加えて、裾の折り返し幅も決めておいてください。
折り返し幅は、3.5~4cmに収めれば、まず失敗はないでしょう。
身長が高い方は、4.5cmにしてもいいかもしれませんね。

裾上げのやり方を徹底解説!

さて、自分にぴったりなズボンの丈は決められましたか?
それでは、裾上げ方法を解説していきますね♪

ストレートタイプのズボンの、最も一般的な裾上げ方法
ダブル仕上げにするスーツの裾上げ方法
ズボンの裾が細いとき太いときにどうしたらいいか
をご紹介します。

ストレートタイプのズボンのとき

これからご紹介するのは、裾幅がまっすぐなタイプのズボンです。
裾の先が狭いズボンや、逆にワイドパンツのように太くなっているものは、手順が違ってきます。
また、スーツのズボンでダブル仕上げにしたい場合も、こちらの通りではないので注意してください。

用意するもの

・アイロン
・裁ちばさみ
・針
・ズボンにあった色の糸
・チャコペン

おすすめの商品はこちら↓↓

おすすめ 商品

商品画像
Clover 水性チャコペンツイン 紫 24-433

手芸が大好きな人たちから大人気の、クロバーのチャコペンです。マーカータイプだから、色がなかなかつかない、なんてこともありません。使いやすいツインタイプです。しかも時間が経ったら自然に色が消えてくれる、画期的なチャコペンです♪

手順
1
裾上げする長さを決める

まずは、この記事の最初の「裾上げをはじめる前に」を参考に、裾上げの長さを決めましょう!
決まったら、出来上がり線を生地の裏面にチャコペンで印します。出来上がり線から4cmの縫い代(ぬいしろ)をとり、残りは切ってしまいましょう。

Point
縫い代の長さはお好みで大丈夫です。もとの縫い代の長さと揃えてもいいですね!キレイに仕上げるために、3cm以上はとっておくことをおすすめします。
2
三つ折りにする

縫い代の半分のところで内側に折り、アイロンでしっかりと折り目をつけます。そして、出来上がり線のところでもう一度内側に折り、三つ折りになった状態でもう一度アイロンで折り目をつけます。

3
しつけ縫いをする

まち針で三つ折りのところを留めて、ズボンの裾をぐるっと一周しつけ縫いをします。

4
縫う

流しまつり縫いで縫います。ステッチが表に出てもいい、カジュアルなズボンなどの場合には、ミシンで直線縫いをしても大丈夫です!

流しまつり縫いとは?
一般的なまつり縫いです。三つ折りにした縫い代の裏から表に針を出し、5mmほど先の表布の織り糸を1~2本すくって、縫い代の裏から針を出します。この作業を繰り返してください。

裾をダブルにするとき

次に、スーツの裾上げで、ダブル仕上げにする場合の方法を解説します!

用意するもの

・アイロン
・ミシン
・裁ちばさみ
・針
・ズボンにあった色の糸
・チャコペン

手順
1
裾上げする長さを決める

まず、この記事の最初の「裾上げをはじめる前に」を参考に裾上げの長さを決めましょう!
決まったら、出来上がり線を生地の裏面にチャコペンで印します。ダブルにするので、折り返し幅の2倍の長さを残して、裁断してください。
(例)折り返し幅4cmのとき、出来上がり線から8cm残して裁断

2
ほつれ止めをかける

裾がほつれてこないように、ロックミシンがあればそれを、なければ捨てミシンをかけます。
布端から0.5cmのところと、0.3cmのところなどで、2か所かけられれば絶対にほつれてこなくて安心です♪

3
アイロンをかける

布端から折り返し幅の長さで外側に向けて折り返し、アイロンできっちり折り目をつけます。

4
裾を縫う

ほつれ止めをかけた裾部分から1cm下を、ミシンの直線縫いでぐるっと一周縫います。

5
アイロンをかける

出来上がり線で折り返してもう一度アイロンをかけ、キレイに折り目をつけて整えてください。このアイロンをかける作業をきちんとすれば、仕上がりが違いますよ!

6
ダブルを縫いとめる

折り返しが浮かないように、ズボンの脇の縫い目部分2か所に、糸で縫いつけます。

裾が細いズボンのとき

根強い人気のスキニーパンツや、絶妙なシルエットのテーパードパンツ。
裾が細いから、裾上げなんて自分でできないんじゃ?と思っている方も多いはず。
ちょっと工夫をすれば大丈夫ですよ♪

それは、一度目の折り返しの前に、布端から一度目の折り返し部分までの糸をほどき、その脇部分を解けないように縫いとめることです。
それだけ意識すれば、あとはストレートタイプの手順と同様なので、ぜひ試してみてくださいね♪

裾が太いタイプのズボンのとき

最近流行りのガウチョパンツや、ワイドパンツなど、裾が太いズボンもとてもお洒落ですよね。
でも、裾が太いズボンは長めに作られていることも多く、引きずってしまうから裾上げしたい・・・という方も多いはず。

裾が太いズボンでは、一度目の折り返しの後に、脇部分に余りの生地を集めて脇を縫い直すことで解決できます。
こちらもあとはストレートタイプの手順と同様なので、ぜひ試してみてくださいね♪

裾上げテープを使う方法

さて、ここまで裾上げの方法をご紹介してきましたが、最後に簡単な裾上げ方法をご紹介します!
それは、裾上げテープを使った裾上げ方法です。

裾上げテープは、100円ショップにも売っていますが、中には、洗うと剥がれてきてしまうものもあるようです。
強力に粘着できるものを探して購入すると、安心ですね。

裾上げテープを使う前に、裾上げテープを使うときに気をつけたいことと、テープの種類を確認しておきましょう!

裾上げテープを使うときに気をつけたいこと

とっても簡単に裾上げができてしまう、裾上げテープ。
でもこちらの商品、実は全てのお洋服の裾上げにおすすめできるわけではないんです。

使用を避けてほしいのは、
低温表示のある生地
ナイロン、シルク
です。

また、とても生地が薄いスーツなどの裾上げに使うと、表から見た際にはっきり跡が分かってしまうこともあるので、注意してくださいね。

裾上げテープの種類って?

実は裾上げテープには、片面接着型両面接着型の2種類があるんです。

片面接着型
片面のみに接着剤がついており、テープを水に浸して、折り返した裾の端部分に覆いかぶせたら、アイロンを使って接着します。布端がほつれにくいというメリットがあります♪

両面接着型
両面に接着剤がついており、布の間に挟んで接着します。片面接着型と異なり、テープを水でぬらす手間がありません。

片面接着型か両面接着型か、については商品のパッケージに書いてある使い方を見れば分かります。
どちらの使い方も解説しているので、お好きな方を使って接着してみてくださいね♪

裾上げテープの簡単な使い方

それでは使い方を説明していきます!

用意するもの

・裾上げテープ
・アイロン
・裁ちばさみ
・チャコペン

手順
1
裾上げする長さを決める

この記事の最初の「裾上げをはじめる前に」を参考に裾上げの長さを決めましょう!
決まったら、出来上がり線を生地の裏面にチャコペンで印します。出来上がり線から3cmの折り返し分の布をとり、残りは切ってしまいましょう。

2
折り目をつける

裾上げの位置を決めたら、しっかりとアイロンで折り目をつけます。

3
テープを切る

裾上げテープをズボンの折り返した端部分に合わせて、2~3cm長めの長さで切ってください。

注意
長く切りすぎる分には大丈夫ですが、短くすると十分にくっつかないので注意してくださいね。
4
接着する

種類ごとに少し方法が違うので、それぞれ説明します!

片面接着型
テープを水に浸してきゅっと絞り、折り曲げた「裾」の端部分に合わせ、その上からアイロンを押し当てます。アイロンは、3秒くらい押し当てればテープを接着できます。
両面接着型
折り返した生地の間にテープをはさんで、アイロンを3秒程度ずつ押し当てます。

注意
失敗しないように、少しずつ接着してくださいね。

自分でやる裾上げの方法についてプロに聞いてみました!

ここまで、自分でズボンの裾をあげる方法について、ご紹介しました。
最後に「あなたのマイスター」では、洋服修理のプロに「自分でやる裾上げの方法はどのようなものですか?」と聞いてみました。
たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。

UPTIDEさん(大阪府)

ミシンか手縫いで裾上げしてください。市販の裾上げテープや裾上げノリを使うと素材にシミができたり傷む原因になります。裾上げテープで自分でされた方がはがれてきてしまい結局当方に修理出すというパターンがたくさんあるのでプロに頼むのが一番です。

大事な洋服を裾上げする場合は、裾上げテープを使って自分でやるよりも、プロにお任せした方がいいのかもしれませんね♪

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分で裾上げするときも、プロお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

着物の肩上げと腰上げのやり方

さて、洋服のお直しが自分でできてしまったら、和装もそう難しくありません。着物の中でもよくお直しが必要になるのが、子どもの七五三の着物です。

着物の「肩上げ」「腰上げ」は、子どもの成長に合わせて、着物の大きさを調整するもの。腰などは大人は腰紐で調整できますが、子どもは活発に動くので、着崩れしないように縫ってしまうのが一般的なんですね。

ミシンを使わずに手縫いでできるので、これにもぜひ挑戦してみましょう。

用意するもの
・縫い糸(着物の色に合わせる)
・針
・マチ針
・物差し(メジャー)
肩上げの手順
1
寸法を測る

A.着物の背中の中心部分から袖までの長さを測ります。
B.次に、子どもの首の骨の中心を基準に、そこから手首までの長さを測ってください。
A-B=肩上げする長さ、になります。

2
着物にマチ針を打つ

まずは着物の背中側を確認してください。肩上げ山は、着物の肩幅の半分の位置、真ん中になります。

そこにマチ針を打っておきましょう。次に、袖付け止まり(袖下側・身頃の接着点)から2cmの高さまで、まっすぐに測ってマチ針を打ちます。

着物のお腹側も同じようにマチ針を打つのですが、今回は袖側へ1cm斜めに位置を取って、マチ針を打ちましょう。

続いて、どこまで縫うかという場所を決めます。

肩上げ山から左右均等に、先ほど出した肩上げ寸法の半分を摘まんで、マチ針で固定しましょう。

後ろ側は、先ほど出した肩上げの長さの半分よりも、さらに1cm短い場所で固定してください。

3
縫い上げする

肩上げ山を袖側へと倒し、二目落としで縫っていきましょう。

4
同じ作業を反対側の袖でも行う

左右の袖を縫い上げれば、肩上げは完成です。次に腰上げの手順を紹介します。

腰上げの手順
1
寸法を測る

A.着物の襟の後ろの中心(首の根元)から裾までの長さを測ります。
B.次に、子どもの首の骨の中心を基準に、足首のくるぶし部分までの長さを測ってください。
A-B=腰上げする長さ、になります。

2
着物にマチ針を打つ

まずは着物の背中側を確認してください。腰上げする長さの「半分」の部分が、基本的な位置になりますが、実際は腰上げ山が、「帯の下」に出るようにした方が、バランスよく見えます。

腰上げ山から上下均等に、腰上げする長さの半分を摘まみ上げて、マチ針を打って固定しましょう。身頃右側にあたる衿の端は1cm分長く摘まんで、マチ針を打ってください。

3
縫い上げする

上げ山を下側に向かって倒し、二目落としで縫っていきましょう。

まとめ

ズボンの裾上げ方法がわかっていただけましたか?

まず大事なのは、自分にあった丈を決めること。ズボンのタイプに合わせて調節するのも大切です。
せっかく裾上げするなら、やっぱりぴったりの丈にしたいですよね。

基本はストレートパンツの裾上げです。ズボンの種類に合わせてちょこっと応用すれば、裾上げはマスターできるのです。
裾上げテープという便利アイテムもあるので、今すぐ簡単に裾上げしたいときには、ぜひ使ってみてくださいね!

でも、大切なズボンなら、洋服お直しのプロに裾上げしてもらうのがおすすめです。だいたい2,000円ぐらいで、裾上げしてもらえますよ。

なんだか丈が長くて歩きにくかったり、恰好が悪いなと思って履けなかったりしたズボンも、裾上げをしてどんどん履いてくださいね!

日々を大切に生きる人のために。「ユアマイスタイル」の公式Instagramはこちら!

動画でもっと、楽しく・分かりやすく。「ユアマイスタイル」の公式TikTokはこちら!

関連記事

スーツの裾上げを自分でやる方法を解説!パンツ・スカート両方対応!

「このスラックス、裾がもうちょっと短ければな〜、太さはぴったりなのに!」 こんな風に思った経験、ありませんか? パンツって、なかなか自分にぴったりのサイズを見つけにくいですよね。 残念なことに、太さはいい感じでも、丈が長 […]

ザ・ノース・フェイスのリペアイベントを取材!サステイナブルな社会を目指す「想いに寄り添う修理相談」

人気のアウトドアブランド、ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)。 アウトドアブランドの中で圧倒的なクオリティとスタイリッシュなデザインを兼ね備えたザ・ノース・フェイスのアイテムは、 アウトドアをする人だけ […]

レザーコートの染め直しをプロに依頼!ラムレザー修理の職人技が光る

レザージャケットやレザーコート。 長年愛されるアメカジスタイルの定番で、熱心なファンがたくさんいますよね。 高いお金を払ってでも、憧れの本革の革ジャンを手に入れるために熱心に働いた、そんな青春がきらめく時代もありました。 […]

ジーンズの穴補修はミシンとアイロン!接着芯を使って自分で簡単修理

みなさんのジーンズには、どんな思い出が詰まっていますか? お気に入りのジーンズほど、ヘビーローテーションして履き込んでしまうもの。 ダメージがお気に入りで買ったジーンズも、履き込んでいくうちに弱ってしまうのが現実ですよね […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す