スーツの裾上げを自分でやる方法を解説!パンツ・スカート両方対応!

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2020年12月08日

「このスラックス、裾がもうちょっと短ければな〜、太さはぴったりなのに!」

こんな風に思った経験、ありませんか?

パンツって、なかなか自分にぴったりのサイズを見つけにくいですよね。
残念なことに、太さはいい感じでも、丈が長いと、きちんと着こなせません。

女性の皆さんは、スーツのスカートの丈で悩んでいるかもしれません。
ちょっと長いと、どうしてもバランスが悪くなって、スタイルも少し悪く見えてしまいます…

そんなときのために、「裾上げ」というものが存在します。
一般的に、「裾上げ」はお直しのお店などで頼んで、やってもらうことが多いですよね。
これは確実なやり方ではありますが、どうしてもお金はかかってしまいます。

でも実は、お金をあまりかけずに、「裾上げ」をする方法があるって知ってますか?

それは「自分でやる」方法です。
なんと「裾上げ」は、思っているよりも簡単に、自分でできてしまうのです。

誰でもできる方法を2パターン紹介するので、スーツのパンツ、スカート丈で悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね!

スーツの裾上げには「シングル」と「ダブル」の二種類がある!

具体的な方法の前に、まずはその種類について知っておきましょう。

実は一口に『裾上げ』と言っても、いくつか種類があるのです。

その種類とは、ずばり「シングル」か「ダブル」か。

お店に頼む場合でも使える知識なので、ここで覚えてしまいましょう♪

とはいえ、どちらが何に適しているかは中々難しい問題です。 自分にとって理想的な形はどちらなのか、選びながら読み進めてくださいね。

「シングル」とは

裾に折り返しがないよう仕上げたものを「シングル」と呼びます。

ちなみに、欧米では「plain」と呼ばれているそうです。

昔のスーツ生地は分厚く、折り返す発想自体がなかったと言います。

その為、昔から主流とされていたのはこちらの方法だったようです。

シングルの特徴

一見シャープに見えるシングルには、「正装」のイメージが根強いです。

その為、燕尾服やタキシードなどの正装は、このシングルで仕上げられています。

これはビジネスにおいても同じことが言えますね。

面接や取引先への訪問の際など、印象付ける要因の一つとなりえます。
そういった場の雰囲気が読みにくい場合は、こちらを選ぶのが無難と言えるでしょう 。

とはいえ、ビジネススーツは「略礼装」と呼ばれるもの。

正装と勘違いしている人も多いですが、必ずしもシングルを選ぶ必要はありません。 カジュアルな雰囲気を出したい場合は、後述する「ダブル」がおすすめですよ。

「ダブル」とは

シングルとは逆に、裾に折り返しがついた仕上げのことを「ダブル」と呼びます。

こちらも欧米では呼び方が異なり「turn up」と呼ばれているそうです。

時代と共にスーツ生地が薄く、軽くなったことにより生まれた発想。

起源には諸説ありますが、実用性や流行によるものが多いですね。
興味のある方は、ぜひ調べてみてください。 実におもしろい内容が多いので、存外楽しめるかと思いますよ♪

ダブルの特徴

私服で裾を折り返している人も多いのではないでしょうか。

スーツにおいても与える印象は同じく、先述した通り「カジュアル」なものとなります。

その為、シングルを主流としている正装には用いられないスタイルなんですね。
結婚式や大切な商談の場面など、正装を求められる場面には気を付けましょう。

逆に、パーティなどカジュアルな雰囲気が好まれるような場合はダブルがオススメ。
職場に着ていく場合でも、先輩や上司が取り入れているようなら問題ないでしょう。

自分の印象を柔らかくしたい場合などにも使えるので、用途によって選ぶと良いですね♪

まずは長さの目安を知る!

裾上げするには、最適な長さを知ることが大切。
同じパンツでも、男性と女性で、ぴったりな長さは違うので、それぞれの長さの目安を紹介していきます。
もちろんスカートの長さもお伝えします。

ちゃんと知っておかないと、変な長さになってしまうかもしれないので、要チェック!

パンツスーツの場合

パンツスーツの丈でお悩みの方に向けて、注意です。
男女ともに、パンツの長さを決めるときに気をつけたい点があります。
それは、ウエストの位置

男女で違うパンツのウエストの位置の目安

男性の皆さんは、腰骨のところにパンツのウエスト部分が来るようにしましょう。
女性の皆さんは、おへその位置です。

この位置が違うと、長さも当然変わってきますよね。

パンツを裾上げするときには、まず、必ずウエストの位置を決めてから、長さを決めるようにしてください。

男性

まずは男性のスーツの場合。

ポイントは、パンツの太さと長さとのバランス
少しダボっとしている太めのスラックスの場合には長め、少しぴっちりしている細めのスラックスの場合には短めにすると、バランスが良くなって、スタイルアップにもつながります。

また、丈の長さで与える印象も変わってきます
短めの場合はカジュアル、長めの場合はフォーマルな印象を与えることができるので、TPOによって使い分けることができると、スーツの着こなし上級者になれるでしょう!

一般的な長さは、くるぶしが隠れる程度で、少しだけ裾にたるみがあるような丈が多いです。
人に誠実な印象を与えることができるそうですよ。

女性

女性のパンツスーツの丈のポイントは、ヒールとのバランス
女性がスーツを着る場合、必ずと言っていいほど、ヒールのある靴を履きますよね。

丈を決めるときには、必ずいつものヒール靴を履くようにしましょう。
履かずに決めてしまうと、思ったよりも短くなってしまった、なんてことになってしまうかもしれません。

実は、女性のパンツスーツの丈は、男性に比べて自由度が高くなっています
長さによるカジュアル・フォーマルの違いなどは、あまりありません。

ですが、スタイルを良く見せるためには、やっぱり男性と同じく、細身なパンツであれば、短めに。
そして、フレアパンツの場合は、ヒールの真ん中くらいにすると、バランスがうまく取れます。

スカート

女性の皆さんはスカートを選ぶ方も多いですよね。
スカートの場合も、適した丈があります。

一般的に、膝の真ん中あたりの丈がいちばん無難な長さです。
短すぎても、長すぎても、バランスがおかしくなってしまいます。

少し短めがいい方は、せめて膝のちょうど上のあたり、少し長めがいい方は、ちょうど膝が隠れるくらいにしておきましょう。

裾上げテープを使う方法(パンツのみ)

自分にぴったりの長さがわかったら、いよいよ裾上げ。

まずは裾上げテープを使う方法を紹介します。
とっても手軽にできる方法なのでオススメです♪

裾上げテープは、スーツを買った時についてくる場合もあります。
なければ、100均でも買うことができますし、ネットでも買えますよ!

ただ、スカートを裾上げテープで裾上げするのは難しいので、スカートのスーツの丈でお悩みの方は、次に紹介する方法を試してみましょう。

用意するもの
・待ち針
・メジャー
・裁ちばさみ
・アイロン
・裾上げテープ
・水
・当て布
・裾上げテープ


こちらの裾上げテープであれば、長いテープが1本入っているので、2着分の裾上げができちゃいます。裾上げに失敗してしまった場合でも、まだあまりがあるので、やり直しが可能です!わざわざ予備に2つ買わなくて良いのは、嬉しいですよね。

手順
1
股下の長さを測る

まずは、長さを決めます。
上で紹介した目安を参考にしてみてくださいね!

この時、必ずパンツを履いて測るようにしましょう。

決めたら折り曲げて、待ち針でいったんとめます。
そのあと脱いだら、パンツの股下の長さをメジャーで測りましょう。

左右バラバラにならないように、正確に。

測ったら、待ち針は外してしまって大丈夫です。
ただし、測った長さを忘れないようにしてくださいね!
忘れてしまったら、もう一度やり直しになってしまいます…

2
縫い代を残し、いらない部分を切る

長くていらない部分を裁ちばさみで切ります。
必ず、縫い代となる部分は残しておきます。

注意
「残す部分」は、「手順1で測った長さ+7cm

1で測った長さだけでなく、それに加えて7cm残してください!
この7cmが縫い代になるので、残っていないと、切りっ放しになってしまいます。

切る時には、できるだけ切り口がまっすぐになるようにしましょう。

折り目をつける

まずパンツを裏返して、手順2で残した7cmのところで谷折りにして折り曲げます。
そうしたら、アイロンを使って、その折り目をしっかりつけます。

アイロンの温度は、素材によって適した度数が違います。
・ナイロン、アクリル素材は、110〜130℃
・ウール素材は、140〜160℃
・綿、麻素材は、180〜200℃

ここで注意していただきたいのは、必ず当て布を使うこと。
スーツをアイロンがけする時には、必ず使いましょう。使わないと、生地が傷んでしまうかもしれません。

裾上げテープを切る

裾上げテープを使う前の準備です。

まずは、ちょうどいい長さに切ります。
だいたい「パンツの裾の幅の長さ×2+4cm」くらいの長さが目安です。
加えてある4cmは、テープをつけた時に、一周したテープ同士が少し重なり合うようにするための長さです。

テープを水に浸す

テープを水に浸けます。浸けたら、ぎゅっと絞ってください。
容器に水を入れると、やりやすいかも。

テープをつけたいところに置く

テープを使ってくっつけたいのは、折った部分の生地と、表に見える生地。
そのため、折ってある裾の先の部分と、表の生地の境目のところにテープを置きます。

この時、テープの裏表を間違わないように、気をつけて下さいね!
テープにはのりがついている面と、ついていない面があるはず。
のりがついていない方を表にして置いても、意味がありません!

アイロンでテープをしっかりつける

テープはアイロンでくっつけることができます。
ここでも必ず当て布を使いましょう!

くっつける時のポイントは、ゆっくりと、体重をかけながらアイロンをかけること。
一気にくっつけるのではなく、少しずつでないと、よれてしまうことがあり、仕上がりが汚くなってしまうかもしれません。
テープをピンと伸ばしながら、たるまないように慎重にくっつけていきましょう。

これで、裏返しになっていたのを表にすれば、完成!

だいたいこのようなやり方だとは思いますが、選んだ裾上げテープによって、もしかしたら少し付け方が違うこともあるかもしれないので、必ず商品ごとに使い方は確認して裾上げしてみてくださいね!

ところで、スーツはシワができてしまうと、どうしてもカッコ悪くなってしまいますよね。
でもスーツのアイロンがけは難しそう…
そんな風に思っているあなた。
この記事を読めば、スーツのアイロンがけのコツがわかっちゃいます。
思っているよりも簡単にできそう…!


これでアイロンもかけることができて、しっかりスーツを着こなすことができますね!

手縫いで裾上げする方法

次に紹介するのは、手縫いして裾上げする方法。

裾上げテープの場合、あくまで貼り付けるだけなので、時間が経ったら剥がれてきてしまう恐れもあります

でもこの方法であれば、裾上げテープよりは手間がかかってしまいますが、縫うので、しっかりつけることができます。
テープだと取れそうで怖い、という方は手縫いがオススメです!

また、スカートの場合も、この方法なら自分で裾上げできちゃいます。
でも、裏地もちゃんと裾上げするのを忘れないようにしましょう。
忘れたら、下から裏地が見えてしまうかも。

スカート部分と同じように裾上げして、見えないように5cm程度スカートよりも短くしておけば大丈夫です。

ちなみに、パンツスーツにも裏地はありますが、太もものところまでしかこないので、パンツの場合には特に裏地のことは何も気にしなくてOKです。

用意するもの
・糸
糸はお持ちのスーツに使われている糸の色に合わせるようにしましょう。・針
スーツの生地が分厚い場合には、太めの針を用意すると、縫いやすくなります。・待ち針
・メジャー
・裁ちばさみ
手順
1
股下の長さを測る(スカートの丈を測る)

裾上げテープの時と同じように、パンツ、またはスカートを履いて、まずは長さを決めます。

決めたら待ち針でいったんとめて、長さをメジャーで測りましょう。

2
縫い代を残して、いらない部分を切る

長くていらない部分を裁ちばさみで切ります。

この時も縫い代は忘れずに!
テープの場合と同じで、「残す部分」は、「手順1で測った長さ+7cm」です。

切り口はまっすぐになるように意識しましょう。

ここまでは裾上げテープの方法と一緒!

折り目をつける

まずパンツを裏返して、手順2で残した7cmのところを三つ折りにします。アイロンをかけてしっかり折り目をつけます。

縫い代の裏から糸を通す

ここからいよいよ縫っていきます。
まずは、手順3で三つ折りにした縫い代の裏から糸を通します。
通す前に、玉結びをするのを忘れないでくださいね。玉結びされていないと、スッと糸が抜けてしまいます。

表の生地に糸を通す

表の生地に針を刺して、糸を通します。
手順4で糸を通したところから、5mmくらい左のほうに刺しましょう。

2mmくらい左から針を出す

手順5で通したところから、左に2mmくらいのところから針を出して、糸を通します。
ここで、あまりに離れたところから針を出すと、縫い目が目立ってしまうので、注意しましょう!

縫い代の裏から糸を通す

手順5と同じように、また縫い代の裏から糸を通します。

手順5〜7を繰り返す

この3ステップを、縫い目の始まりと終わりがぶつかるまで繰り返します。

9
玉止めをする

最後に玉留めをして完成です!

このようにして縫ってしまえば、簡単にはほどけないので安心ですね!

また、スラックスは汚れたら、自分で洗濯するか、クリーニングに出すか、悩むところ。
そんなお悩みを解決してくれるのが、こちらの記事。
もしかしたら、お持ちのスラックスは自宅で洗うことができるかも…!

便利グッズ!裾上げができる接着剤がある?


コニシ ボンド 裁ほう上手スティック 水性ウレタン系接着剤 6ml 

「裾上げテープも、手縫いも難易度が高い!」
そんな方には、塗るだけ簡単に裾上げができる接着剤タイプがオススメです!

人気の「裁ほう上手スティック」を利用して、楽々裾上げしちゃいましょう!

裁ほう上手スティックとは?

“縫うボンド”というキャッチフレーズで人気となった裁ほう上手。

「ボンドだけで服やカバンが作れる!」
「洗濯しても問題なし!」

という画期的なアイテムが、主婦の間でひそかに話題になっていました。

従来のボンドタイプは、便利な反面、裾上げのようにまっすぐ塗りたい場面では上手に塗りにくい、という問題がありました。

それを見事に解消したのが、スティックタイプの「裁ほう上手」なんです!

スティックのりと同じ感覚で、接着したい部分に塗って抑えるだけ。
アイロンなぢで仕上げる必要もありません!

使い方は?

それでは、実際に裁ほう上手スティックを使い、裾上げを行う工程をチェックしてみましょう。

用意するもの
・裁ほう上手スティック
・メジャー
・裁ちばさみ
・チャコペン
・アイロン
・当て布
手順
1
裾上げする長さを決める

まずは裾上げテープの時の手順を参考に、裾上げする長さを決めましょう。

裾上げテープは、スカートには使えませんが、スティックタイプは、スカートの裾上げにも使用可能です。

2
縫い代をのこして要らない部分を切る

パンツやスカートのいらない部分を、先に切っておきます。

この時、手順1で決めた裾上げする長さ+7cmくらいを、縫い代として残しておきましょう。

3
折り目をつける

パンツやスカートを裏返し、縫い代の7㎝部分を三つ折りにします。

その後、アイロンでしっかり折り目をつけましょう。

アイロンの温度は素材ごとに異なるので、しっかり調べてから行いましょう!

4
裁ほう上手スティックを塗る

折った部分を開き、チャコペンの印からはみ出ないように、両面へ裁ほう上手スティックを塗ります。

塗りたくるのではなく、軽く2~3回伸ばすくらいでOKです!

5
折りたたんで重しでプレス

裾上げ部分を折りたたみ、しっかりと手で押さえます。
その後、辞書や図鑑など、重しになるものを乗せ、24時間以上待ちましょう!

たったこれだけで裾上げ完了。

普段の洗濯にも負けない、頑丈な仕上がりが待っているはずです!

まとめ

いかがでしたか?
裾上げはお直しに出さなくても、意外と簡単に、自分でもできてしまうことがわかったと思います♪

裾上げテープを使えば楽々と、手縫いをすれば確実に裾上げできてしまいます。

しかも、お直しのプロに頼むとだいたい600円くらいかかってしまうところ、テープを使えば約300円で出来てしまいます。
お得!!

縫うのも針と糸があればできるので、ほとんどお金はかかりません。

お金を浮かせることができることはもちろん、自分で少しだけ手間をかけて裾上げすれば、スーツへの愛着も増すかも♪
ぜひ試してみてくださいね!

関連記事

スーツの裾上げを自分でやる方法を解説!パンツ・スカート両方対応!

「このスラックス、裾がもうちょっと短ければな〜、太さはぴったりなのに!」 こんな風に思った経験、ありませんか? パンツって、なかなか自分にぴったりのサイズを見つけにくいですよね。 残念なことに、太さはいい感じでも、丈が長 […]

ザ・ノース・フェイスのリペアイベントを取材!サステイナブルな社会を目指す「想いに寄り添う修理相談」

人気のアウトドアブランド、ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)。 アウトドアブランドの中で圧倒的なクオリティとスタイリッシュなデザインを兼ね備えたザ・ノース・フェイスのアイテムは、 アウトドアをする人だけ […]

レザーコートの染め直しをプロに依頼!ラムレザー修理の職人技が光る

レザージャケットやレザーコート。 長年愛されるアメカジスタイルの定番で、熱心なファンがたくさんいますよね。 高いお金を払ってでも、憧れの本革の革ジャンを手に入れるために熱心に働いた、そんな青春がきらめく時代もありました。 […]

ジーンズの穴補修はミシンとアイロン!接着芯を使って自分で簡単修理

みなさんのジーンズには、どんな思い出が詰まっていますか? お気に入りのジーンズほど、ヘビーローテーションして履き込んでしまうもの。 ダメージがお気に入りで買ったジーンズも、履き込んでいくうちに弱ってしまうのが現実ですよね […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す