靴クリーニングの職人技!革靴の傷・シミ・色落ちをなかったことに!

靴って、履き続けるとキズや汚れ、底のすり減りで、見た目も履き心地も悪くなってしまいますよね。実は、プロによる靴クリーニングと色補修で、そんな靴をよみがえらせることができるのです。
今回は、特殊な溶剤を使って靴を丸洗いしたり、こだわりのハケと色資材を使って自然な色に補修したりするプロの技を取材してきました!すり減ってしまった靴の前底、とれてしまったヒールのゴム部分の修理の例もあわせてご紹介します!

OCCIN

更新日:2018年11月27日

みなさんも一足くらい持っていませんか?
「惜しい」靴。
少しキズや汚れが入っていて、履こうにもなんとなく気が進まない。
でも、捨てるにはもったいない。

そんな惜しい靴。
みなさんならどうしますか?
履かないなら持っていても仕方がないし、捨てるしかないのでは?と思う方もいると思います。

でも、そうではありません。
忘れていませんか?「使い続ける」という選択肢があること。

それが、プロによる靴のクリーニングと、色補修
靴にしみついた汚れを落とし、キズや色落ちしている部分に色を入れて美しくする技術です。

今回、汚れやキズのついてしまった革素材の靴をキレイにする、靴クリーニング・色補修のプロの技術を取材してきました!

靴の補修について

惜しい靴を、もう一度、美しくよみがえらせるためのプロによるお手入れには、いくつか種類があります。

修理
とれてしまったリフト部分(ヒールの先端のゴム部分)や、摩耗したハーフソール部分(靴の前底部分)を新しいものに交換するなど、傷んだところを直すこと。

クリーニング(クレンジング)
汚れや染みのついた靴を水洗いすることで、汚れを落とすこと。
その後、革を保湿するための保湿剤につけることで乾燥するのを防ぎ、つるつるの仕上がりに。

色補修
革表面の色を塗り直すことによって、革の色あせや表面の細かい傷などをキレイにすること。
ハケを使って革の表面に再び色をのせていく。

 

この中で今回、焦点を当てているのが、クリーニングと色補修。
プロならではの技が満載です。
また、最後に「リフト交換」と「ハーフソール交換」の修理例を紹介します。

 

今回のクリーニング・色補修は…

今回、靴のクリーニングと色補修をお願いしたのは、二子玉川 美靴工房(ふたこたまがわ びかこうぼう)の紺野さん、保科さん。

一番左にいらっしゃるのが紺野さん、真ん中にいらっしゃるのが保科さんです。

二子玉川にあるお店は、落ち着いていておしゃれなインテリアで、気軽に入りやすい雰囲気。
鞄だけでなく、靴や財布など革製品全般の修理やクリーニング、色補修も行う、革製品補修のオールラウンダーのような職人さんです。

美靴工房さんでは、革製品のクリーニングや色補修をする際に、独自で配合された溶剤を使っています。
修理の工程や色補修の技術を生み出すのに、8年もの歳月をかけたそうです。
革製品を美しくよみがえらせることへの強いこだわりと情熱を感じます。

普段、「職人さん」と聞くと、なんとなく男性の方が思い浮かぶかもしれません。
でも、美靴工房さんは、職人さん全員が女性の方。
白衣の汚れ具合に、修理というお仕事の大変さを感じます。
女性の方は、鞄や靴の仕上がりについて相談しやすいかもしれませんね。

今回、靴クリーニングをお願いしたのは、紺野さん。
革製品のクリーニング全般を担当されています。

色補修は、革製品の色補修を担当されている保科さんにお願いしました。

 

今回、靴クリーニング・色補修をお願いした靴はこちら。

パッと見は、高級感のある婦人靴、という感じです。
でも、よく見ると、つま先部分の色が剥げてしまっていて、かかと部分にもキズがあります。

 

つま先部分は、完全に色が剥げて、白くなってしまっていますね。
このつま先が、どのように直っていくのでしょうか?

色が落ちてしまったつま先部分だけでなく、全体的な色あせも、色補修をすることでキレイな状態にしていきます。
キレイな色になっていく様子が楽しみです。

 

靴のクリーニング・色補修の流れ

はじめに、靴のクリーニングと色補修について流れをご説明します。

靴クリーニングの流れは、こちら。

1. 風で細かいゴミやホコリを吹き飛ばす

2. ブラシで土など表面の汚れを落とす

3. ブラシに溶剤をつけて全体をこする

4. 保湿剤につける

5. 水分を飛ばして乾かす

ここまでで、靴クリーニングはできました。
クリーニングだけでも、かなりたくさんの工程がありますね。

クリーニングだけの場合は、これで完了です。

 

ここから、靴の色補修に入ります。

6. 下地剤を塗る

7. ソール部分をマスキング

マスキングまでが色補修の下準備。

 

いよいよ色を入れていきます。

8. 色資材を調合する

9. ハケで色を入れる

10. 乾燥させる

これで、色補修も完了。

 

自分で色補修をするときに難しいことの1つは、色を合わせること。
色を入れたところだけ周りから浮いてしまっては、キズは隠せてもまた履きたいという気持ちにはなれませんよね。

プロは、修理したことに気づかないくらい、自然な仕上がりにすることができます。
それではプロによる、靴を美しくする作業、ぜひともご覧あれ。

 

靴の汚れをきれいに落とすクリーニング

お客様から預かった状態の靴は、外側にも内側にもかなり汚れがたまっています。
そこで、まずは丸ごと洗っていきます。
専用の機械ではなく、お家のキッチンにあるようなシンクで洗うというのは、少し意外ですね。

 

1. 風で細かいゴミやほこりを吹き飛ばす

靴の中には、細かいゴミやほこりがたくさんたまっている状態です。
そのため、水洗いをする前に、細かいゴミやほこりを飛ばします。

エアーと呼ばれる、風の出る機械を鞄の中に吹き付けていきます。

「靴の中にはほこりの他にも、ペットを飼っていらっしゃる方のものであれば、毛などがかなり入っていることが多いです。これを洗う前にしっかり吹き飛ばします。」

このエアーという機械、かなりの風圧でシューっという音がします。
この風の勢いで、通常ではかきだすのが難しい靴の内側のほこりを取り除きます。

 

2. ブラシで土など表面の汚れを落とす
ゴミやほこりをあらかた吹き飛ばしたら、表面の汚れを専用のブラシで落とします。

「この靴は、比較的キレイなほうですが、中には土がついている場合もあります。地面に接地する部分は、衛生的なことを考えても、必ず最初に表面の汚れを落とします。」

靴の裏の汚れがしっかり落ちるように、ブラシでゴシゴシこすります。

 

3. ブラシに溶剤をつけて全体をこする

表面の汚れを落としたら、溶剤につけてしっかり洗っていきます。

革製品を洗うときに使う液体は、美靴工房さんが独自に配合した溶剤。
ブラシをこの溶剤にジャブジャブとつけて、靴をゴシゴシ洗っていきます。
革表面のコーティングを傷つけないようにやさしく。

「豚のブラシは、柔らかく、革を傷めることがないので使っています。溶剤は、スムース革、起毛素材、キャンバス地など、生地の種類によってそれぞれに合う溶剤を使っています。この靴はスムース革ですので、スムース革用のものを使います。」

柔らかいブラシ、と素材に合った溶剤。プロならではの道具ですね。

 

表面も内側も、ブラシでしっかりとこすって汚れを落としていきます。

一般的には、機械による洗浄という方法もあるものの、美靴工房さんは人間の手でブラシで洗っていくという方法にこだわりを持っています。

「超音波による革の洗浄などもありますが、革製品は非常にデリケート。人間の手であれば感覚で調整できるため、革を傷めることなく優しく洗えます。」

かかと部分も、かかとの形に添ってしっかりとブラシでこすっていきます。

 

4. 歯ブラシで靴の内側をこする

外側が溶剤でキレイに洗えたら、次は靴の内側です。

ここで登場するのが、歯ブラシ。

「婦人靴に多い、先の細い靴は内側の汚れをかきだすのが難しいため、歯ブラシが重宝しています。」

 

歯ブラシで、中にたまった汚れをがしがしとかきだしていきます。

「靴は、外側の汚れを気になさるという方が多いと思いますが、靴は立体的ですので汚れは中にたまりやすいです。日常的にお手入れをしてホコリなどをかきださないと、汚れがたまってしまいます。」

 

ブラシで汚れを落としきったら、水で溶剤をしっかり洗い流します。

ここまでが、洗う工程。
このあとは革製品ならではの特別ケアです。

 

5. 保湿剤につける

洗い終わったら、靴を丸ごと保湿剤につけます。

この保湿剤も美靴工房さんが独自に配合されているもの。
ラノリンと呼ばれる羊の毛の油などが含まれている保湿剤で、いわば革の栄養剤です。

「この工程がとても大事。革には必要な油分があります。水洗いをすることで、革に必要な油も一緒に落としてしまうため、このまま乾かすと革はパリパリに乾燥してしまいます。女性の肌が保湿させることでお化粧がのりやすくなるように、革もしっとりさせることでこの後の色補修の際に色がのりやすくなります。」

保湿剤にしっかりとつけることで、靴の表面にうるおいがでます。

 

6. 水分を飛ばして乾かす

保湿剤につけ終わったら、水分を飛ばして乾かします。

まずは、ごく普通のタオルでゴシゴシ拭きます。

 

続いて、さきほどゴミを飛ばしたエアーという機械で、全体の水分を飛ばしていきます。
シューっと、かかと、つま先、内側など細かいところにも全てに風をあてます。

 

 

ゴミのたまりやすい、内側もすっきりしました。
そして、保湿剤につけたことで表面もしっとりした状態。

このあと、一定の温度で空気を対流させている特殊な部屋で、洗った後の靴を1日ほどおいて乾かします。

「革って水洗いできるの!?と思うかもしれません。確かに、合っていない溶剤を使ったり、乾かすときに熱を当てすぎたりすると、形が崩れてしまうことも。でも独自にブレンドした溶剤を使って、乾かす温度や速度を適当なものにすることで、革を傷めることなく洗うことができます。」

クリーニングの工程には、プロだからこその道具や技がかなり見られますね。

ゴミを吹き飛ばす機械。
独自の溶剤。
革を傷つけずにキレイに洗う豚毛のブラシ。
そして、革製品を乾燥させないために不可欠な保湿剤。

ただ「洗う」ということにも、かなりの技術を要するのが革の靴クリーニングなのです。

 

靴のキズをきれいにする色補修

色補修をする際には、必ず先ほどの靴クリーニングを行います。

汚れを落として、しっとりさせることが色補修にはマストなのです。
クリーニング後、乾いた状態から色補修、スタートです。

1. 下地剤を塗る

まずは靴の表面に下地剤を塗っておきます。
そうすることで、色の発色をよくしたり、色を浸透させやすくしたりします。

「靴の場合は、鞄よりも汚れやダメージが激しいので、クリーニングで汚れやカビの除去などをしっかりやっておかないと、色補修の際にキレイに色をのせる、ということができないので、色補修をする前の準備に時間をかけます。」

 

2. ソール部分をマスキング

靴の裏側のソール部分に、色をつけてしまわないように、ソール部分の端をテープでマスキングしていきます。

ここは塗ってはいけない、という部分が黄色いマスキングテープの部分です。

 

3. 色資材を調合する

それでは、いよいよ色を入れていきます。

まず行うのが、色資材の調合。
絵を描くときで言うと、「絵の具」を混ぜて適した色をつくる作業です。

使う色資材は茶色。
何種類もあるさまざまな茶色の色資材の中から明るめのもの、暗めのものをそれぞれ混ぜて、自然な色をつくっていきます。

 

容器に入れた色資材を少しずつとる保科さん。
クッキングペーパーをパレットのように使って混ぜて、色を合わせます。

ここからハケで色をとって、靴に色を入れていきます。

 

4. キズの入った部分に色を入れていく

靴は、履いて、歩くもの。
そのため、鞄など他の革製品よりも入っているキズが深いのです。

キズの入った部分から重点的に色をのせて目立たないようにしていきます。

「靴は、足の動きに合わせて曲がるため、特につま先や親指と小指の反り返る部分は傷みが激しいもの。この部分を補修してほしいというお客様が多くいらっしゃいます。」

確かに、革靴は折れてシワがついたり、ひどい場合はヒビが入ったりしますよね。
キズだけでなく、そのような傷みも色補修で目立たなくすることができます。

 

この靴は特につま先部分にキズが多いため、つま先部分からハケで細かく色を入れていきます。

「靴は動くことを前提につくられているため、鞄よりも革がしっかりしていて立体感もあります。そのため、詳しくは言えないのですが、使う資材や塗り方もかなり変えます。」

 

5. 全体に色を入れていく

キズや傷みの部分は丁寧に色を入れていた一方で、他の部分は素早くハケを往復させて、色を吹き付けるという感じで塗っていきます。

かかと部分も、面積は狭いですが自然と色がのるように、サッサッサっと吹き付けるように色を入れていきます。こうすることで、ベタベタと色をつけたようなのっぺり感、ぺったり感を防いで、自然な色にすることができるのだそう。

本当に色はのっているの?と最初は思いますが、少しずつ、徐々に色がのっていきます。

 

6. ヒール部分に色を入れていく

全体が終わったら、ヒール部分にも色を入れます。
革自体が剥げている部分がちらほら見られたため、色を入れることで補修します。

 

7. 乾燥させる
ここまで、塗ったら乾燥させます。

一度に塗り上げるのではなく、色を塗って乾かすという作業を2~3回繰り返すことで、気になる部分を補修しつつ自然な色合いにもっていくのです。

 

プロの「靴クリーニング・色補修」のできあがりを見てみる

一目見ただけで、全然違いますね。

褪せていた色はぐっと濃くなりました。
色が濃くなったことで、高級感が増したように感じます。
補修をする前には見られなかった光沢がきれいに出ていますね。

 

つま先部分は、先端までしっかりと色が入ったことで、雰囲気もまるで新品のようによみがえりました。
ツヤ感はしっかり復活して、かつ自然な仕上がり。

色補修によって、細かいキズや色落ちが目立たなくなったのみでなく、全体の色や光沢のトーンが落ち着いて、自然な雰囲気になりました。

 

今回の靴クリーニングと、色補修で感じたことは、美靴工房さんの並々ならぬプロ意識と、情熱。
クリーニングで使う溶剤にも、色補修をする際の色資材も、詳しくは企業秘密。
そこにあるのは、長年培った経験によって編み出されたこだわりです。

補修の依頼の中には、他のお店でキレイに補修できなかったものを直してほしい、という依頼もあるそうです。

クリーニングも色補修も「機械」ではなく、人の「手」。
繊細な素材である革を洗ったり、色を付けたりするうえで大事なのは塩梅。
職人さんが感じていい具合だと見極めた強さで洗う、またいい具合の角度、スピードで色を入れる。
それは、機械ではできません。

長く大切に履き続けたい靴は、そんなこだわりを持っているプロに靴クリーニングや色補修を頼みたいですよね。

 

「リフト交換」と「ハーフソール交換」

今回の靴は、クリーニング・色補修だけでなく修理も見せていただきました。
それが靴の「リフト交換」と「ハーフソール交換」。

人は、地面との摩擦があることで前に進むことができています。
そんな摩擦力を全面に受けているのが、リフト(ヒールの先端のゴム部分)とハーフソール(靴の前底部分)。
歩けば歩いた分だけ削れていくのは、当然なのです。

だからこそ定期的なお手入れが大切。
大切な靴が履けなくなって、落ち込んでいるあなたに希望の光を。

修理前と修理後を見比べてみましょう。

リフト交換

左足は、完全にゴムが取れて、ヒールの中の金属の芯がむき出しになってしまった状態。
また、右足もゴムが摩耗してしまい、ヒールの高さが不揃いな状態でした。

そんなヒールに新しいゴムが。
これで、歩くときにカンカンと音が出ることもありません。履き心地も元通り。

 

ハーフソール交換

交換前のハーフソールは傷みが激しく、完全に削れて靴底がむき出しになっている部分もあります。
また、靴の先端部分も擦れたことによって摩耗している状態。

ハーフソールを交換したことで、靴底のクッション機能は復活。
先端部分もきちんと尖った状態になっています。

リフト部分がとれていると、高さが不揃いで歩きにくく、ハーフソールが削れていると、地面の凸凹などの衝撃がそのまま足に響きます。

その状態のままだと、足に負担がかかりますよね。

プロの方に交換してもらうことで、歩き心地が復活。
快適に、長く、大切に、履き続けることができるようになります。

 

職人さんからひとこと

最後に、今回、靴クリーニング・色補修をしてくださったプロから、一言。

 

二子玉川 美靴工房
保科さん / 紺野さん

「靴は、季節ごとにクリーニングすることが大切です。

男性の靴のみでなく、女性の靴、特にロングブーツなどは通気性も悪いため、菌が繁殖しやすいです。ブーツ用の殺菌や消臭スプレーもありますが、それは菌に、ニオイをおさえるフタのようなものをしているだけの状態。

しっかり水洗いをしなければ、臭いの元を除去したことにはなりません。シーズンが終わったらしまう前にプロに洗ってもらうことを強くおすすめします。

また、靴の雨染みやキズも色補修で直すことが可能です。補修を何度も繰り返して、何十年もその靴を大切にされているお客様もいらっしゃいます。

これって直せるの?と疑問に思ったら捨てようか迷う前に一度持ってきていただければ、どのように補修するか相談させていただきます。」
そして、今回の靴クリーニング・色補修の様子を動画にまとめました。
ぜひ動画でもプロの靴修理の技を確認してみてください!

 

まとめ

靴がキレイであることは、立派な身だしなみのひとつですよね。

今回、靴クリーニング・色補修をしてくださったのは、二子玉川 美靴工房の紺野さんと保科さん。
丁寧な縫製と、自然な仕上がりの色補修。
美しくみせることにこだわっていらっしゃるプロ中のプロです。
ありがとうございました!

大切にしたい靴、こだわりの靴のトラブルはぜひとも、プロの方の技術をお借りして長く使えるように美しくしておくことをおすすめします!

ぜひ「あなたのマイスター」でプロのお仕事を体感してください!

あなたのマイスター」はリペア・メンテナンスのプロをご紹介できるサイトです。
あなたのご希望に合った職人さんにきっと出会えるはずです。

「うちの靴だとどれくらいかかるんだろう?」「壊れているのもお願いできるかな?」
以下のフォームから、二子玉川 美靴工房さんに見積もりをお願いすることができます!


写真を撮って、フォームから送るだけ。
注文をしなければ料金は発生しませんので、「ひとまず見積もりだけでも」という方も大歓迎です!
ぜひご利用ください。

 

修理の世界を、もっと身近に。Instagramで大切なモノをもっと大切にする世界を知ろう!

関連記事

NEWエナメル靴は修理に出さない!汚れはこすって傷にはマニキュアを塗る

  ピカピカ光っていて、ファッションのアクセントにもなるエナメルの靴。 素敵ですよね。 マストアイテムと言ってもいいほど、持っている人が多いアイテムではないでしょうか? 特に女性の場合、エナメルのパンプスを持っ […]

スエード靴のお手入れ方法とおすすめの道具を、場面に合わせて紹介!

起毛革はいいですよね、なんだか優しい感じがします。 汚れやすいのは大変ですが、手間をかけるだけの価値はある、と思ってます。 ……そう汚れやすいのです。 というわけで今回は起毛革の筆頭、スエードのお話をしましょう。 ここで […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね? 白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 なので手入れをし […]

革靴のひび割れは日々我々のケアにかかっていると、ここに宣言します

大切な、革靴。丁寧にお手入れしているはずなのに、気づいたらひび割れていた! そんな経験、ありませんか? 革靴のひび割れには、いくつかの原因があります。 お手入れのしなすぎかもしれませんし、逆にお手入れの仕方にちょっと問題 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集