ベースの弦交換を解説!初心者向けに外し方から張り方の手順を紹介!

sakura

更新日:2020年06月22日

ベースの初心者がまず最初に当たる壁の1つ、それは弦の交換。

弦の交換って大変そうだから、どうしても避けがちです。

ですが、交換をしないとチューニングが合いづらくなったり、弦自体が錆びてくることも…。

じゃあどうしたらいいの?そう思った方へ、この記事を読んでおけばベースの弦交換は怖くありません!

やり方の分からない初心者の人はもちろん、バッチリだ!というベテランの人も確認の為、ベースの弦の交換方法を確認していきましょう!

ベースの部位の説明

ベースの弦の交換をしようにも、ベースの部位が分からないと出来ませんよね。

そこで、まずベースの基本部位から知っていきましょう!

ベースの部位は大きく分けて3つ!

ベースは大きく分けて

ヘッド
ネック
ボディ

の3つの部位に分けられます。

どれも重要な役割がありますが、今回の内容は名前と正確な場所が分かっていれば理解できるので、詳しい説明は省略します!

弦の交換に関わる部位は4つ!

次は弦の交換に関わるベースの部位は

ペグ・ナット・サウンド・ホールブリッジ

の4つです。
1つ1つ説明していきますね。

ペグ

ヘッドの部位で、緑色で囲われている部分です。

弦を巻き具合を調節して、出る音の音程を調整する役割があります。
弦の交換に大きく関わる重要な部分なんです!

ナット

ネックとヘッドの間の部分で、弦の振動をネックに伝える役割があります。
弦と弦の間隔を決め、固定するためのパーツなので、キレイに弦を張り替える為に重要な部分です!

ペグポスト

ヘッドのオモテ面にある出っ張り部分で、弦交換の際、弦をここに巻き付けます。

ストリングポスト

ペグポストの中央にある穴の事です。
弦交換の時、ここに弦を入れてます。

ブリッジ

ボディの下部分の、弦をボディに固定するための部品です。
弦交換の時、ここから弦を通し始めます。

ストリング・ガイド

1、2弦のビリつきを押さえたり、ナットから弦が外れることを防ぐための部位。
また、弦のテンション(張力)を高くする効果もあります。

弦の交換を放置しておくと…?

おっと忘れていました!!

そもそも弦を交換しないとどうなってしまうのか、という話です。

ここを押さえていないと結局、なぜ弦を交換するのかが分からなくなります。

実際に、長年ベースを弾いている方でも交換しない人はいるんです。

しかしその人達は、これから話すポイントを理解した上でそうしているのです。

昔少しだけやっていて、再挑戦する為にこの記事を読んでいる方もいるでしょう。

そんな方々にも見てもらいたい内容なので、押さえておいて損はないですよ♪

音質が劣化する

まず単純に考えられるのが音質の劣化です。

厳密に言うと劣化ではなく馴染んでいく感覚なのですが…

まぁその辺りについても詳しく見ていきましょう。

交換したばかりの音

物も新しく、ピンッと張った弦からはバキバキの金属的な音が出ます。

この音が好きな人は、ライブ前に毎回張り替えているそうですよ!

というのも、この状態はあまり長く持ちません。

練習量にもよりますが、持って1~2週間くらいだと思ってください。

弦が硬いのも、特徴の一つですね。

馴染んだ頃の音

上の時期を過ぎると、最も長く付き合うであろうこの状態に入ります。

もちろん馴染んでいる状態なので、音作りもこの状態が基本となる訳です。

問題は次の段階なので、ここは省略しましょうね。

劣化した弦の音

初心者には分かりづらいかもしれませんが、音で判断できます。

ボンボンもこもこっとした、文字ではなんとも表現しづらいこもった音がするのです。

これではせっかくの重低音もかっこよく響かないので耳あたりが良くありません。

分からない人は、経験者に聞いてもらうのもありですね♪

弾いていても耳によくなので、感覚がずれる前に交換しましょう。

弦がサビてしまう

音にも影響する問題ですが、何より見た目や指当たりが良くありません。

ピックを使う場合にも、違和感を感じることでしょう。

サビに関しては原因と対策を解説しますね。

原因は汗や皮脂

指でも弾けるベースは、手汗や皮脂も弦にガッツリ付いてしまいます!

その為、弦は金属製なので当然サビてしまう訳です。

特に練習後、そのままケースにしまっている方は要注意。

劣化スピードが他の人より早いかもしれませんよ!

簡単にできる対策

誰にでも簡単にできる対策方法は以下の2つです。

・練習後に拭く
・コーティング弦を使う

タオルなんかを持っていれば、練習後に軽く拭いてあげるだけでも十分対策に。

あとは、弦自体をコーティング弦にするだけでも劣化を抑えることができます。

交換基準はあるの?

よくどれくらいの頻度で交換すべきかという話になりますが、結論としては人それぞれ。

先程も言ったように数週間で換える人もいれば、半年以上換えない人もいます。

今ご紹介したポイントを一つの基準として、自分なりの頻度を探っていきましょう♪

弦交換に必要な道具

次は、弦交換に必要な道具を説明していきます。

 用意するもの 

・弦
・ニッパー

この2つです。

ニッパーはもしあればペンチや、ストリングワインダーというワイヤー切断用の工具を使った方が良いです!

弦交換の手順

ここから本題の弦の交換手順について説明していきます!

弦交換は弦を外す弦を張るチューニングをするの3つの手順で行います。

1つ1つ確認していきましょう!

ベースの弦を外す

ベースの弦をまずは外します。
下の手順に従って外して下さい!

1. ペグを緩めて弦をペグポストから外す

ペグを緩めて、弦巻部分から弦を外します。

この時、4弦から緩めたほうが他の弦を外す時に邪魔になりづらいのでオススメです!

2. 弦を切る

弦を緩めた後は、弦をブリッジあたりで切ります。

切らなくてもブリッジ穴から抜くことはできますが、こっちの方が楽です!

ここで注意して欲しいことが1つ!
弦を緩めて切らないと、切った際に怪我をするかもしれません。

絶対にペグを緩めてから弦を切ってください!

3. 弦の丸い部分を摑んでブリッジから外す

ベースの弦にはブリッジの穴に引っ掛ける為、端に球体が付いてます。

球体を掴んで、ブリッジから弦を外してください!

これで弦の取り外しは完了です。

この時、ぜひやって欲しい事があります!
それがベース全体のメンテナンスです。

いつもは弦が邪魔で掃除出来ない場所も、この機会にキレイにしてはどうですか?

ベースのメンテナンスについてまとめた記事も紹介するので、ぜひ参考にしてください!

弦を張る

次は弦を張る作業に入ります。

音に直結するので、間違えないようにしっかり確認しながら作業してください!

   手順   

1. 新品のベース弦の巻きグセを取る

まず、最初に新品の弦を伸ばしましょう!

新品の弦は袋から出すと、大抵は丸まっていて、ねじれや歪みといった巻きグセがあります。

それを解消する為に、弦を真っ直ぐにして、何度か縦に伸ばしましょう!

音の伸びチューニングが安定します。

2. ブリッジに弦を通す

弦を真っ直ぐにしたら、外す時と同様に4弦から、ブリッジの穴に弦を通します。

この時、ボディに傷が付かないように、ゆっくりと弦を通しましょう!

3. 弦の長さを合わせて切る

弦を通したら、弦の端の球体がブリッジに引っ掛かるまで、引っ張ります。

その後、対応するペグポストの2つ先のペグポストほどの長さを残して弦を切ってください!

丁度2~3回巻けるほどの長さになるはずです!

ですが、人によってはもっと巻きたい!と思う人もいると思います。

だけど、初心者にはどれくらいの長さが良いのか分からない・・・!

そんな時はこのESP STRINGERがオススメ!

ベースは勿論、ギター弦の切る長さが巻く回数に合わせて一目で分かるんです!

慣れるまでの補助用品としてオススメです!


ESP STRINGER メンテナンスツール

ギターやベース初心者の人におすすめ!
ペグポストの大きさに合わせて穴が空いていて、その穴の横に巻き数に合わせた弦の切断長の早見表が付いています。
これで弦を巻く時に必要な長さを覚えましょう!

4. 弦をストリングポストに差込む!

先ほど切った弦をストリングポストに弦を入れます。

ベースにしかストリングポストは無いので、知らない人もいるかも知れませんが、忘れずに差込みましょう!

5. .弦を押さえながらペグを巻く

次は弦を巻いていくのですが、この時、

・ペグポストを使い角度を付けて弦を折る
・弦を押さえながらペグを巻く
・弦は上から下へ巻きつける
・巻く時にブリッジからペグまでが真っ直ぐになるように意識して巻く

この4つに注意します!

緩みや楽器にかかる無駄な負担を減らすのに大事な事なのでここはしっかり抑えましょう!

6. .ブリッジの弦を確認する

弦を巻く度にブリッジを確認して、真っ直ぐになっているかを確認しましょう。

もし曲がっている場合は弦を緩めてから、真っ直ぐになるように巻き直してください

7. 3弦も同じように1~6までを繰り返す

この作業をすべての弦が張り替え終わるまで繰り返します。

8. 1・2弦はストリングポストの下に入れる。

4・3弦を張り替えて、1・2弦の交換に入ったら、忘れてはいけないことが1つあります。

それは、ストリングポストの下に弦を通す事です!

この部品の下に弦を潜り込ませる事で、緩くなり易い1・2弦の張り具合を上げたり、ビビリを軽減させたりしてくれます!

9. 1弦も1~7までを繰り返す

この作業をすべての弦が張り替え終わるまで繰り返します。

チューニングをする

弦を張り終わったらチューニングをしましょう!

ただし、張り替えた後の弦は伸びやすいので、全部の弦を2・3周チューニングしましょう!

弦交換のポイントまとめ

今回の弦の交換で押さえておくべきポイントは、

・絶対にペグを緩めてから弦を切る
・交換の際にメンテナンスがオススメ
・弦の長さの目安はペグポスト間2個分
・張替え後は全部の弦を最低2~3周チューニング

この4つです。

思いだせない所があったら、しっかりとその場所に戻って上手に弦交換をしてください!

ベース弦はどう選べばいいの?

ベースの弦は種類がいっぱいあります。

もっと弦交換で自分好みの音にしたい!という人向けにベースの弦についても解説しちゃいます!

弦の太さ

まずは、弦の太さについて理解できるようになりましょう!

緑の枠で囲われている部分は弦の太さを示しています。

書いてある数字の小さい方が「一番細い弦(1弦)」、大きい方が「一番太い弦(4弦)」を表しています!

この弦で例えると、1弦が0.45インチ、4弦が1.00インチという意味です。

弦が太いほど弾き心地は硬く、重いサウンドに、

細いほど弾き心地は柔らかく、高音の目立つギラギラしたサウンドになります。

もし弦の太さで迷ったら

一般的な一弦が0.45インチで4弦が.105インチのもの(ヨンゴー、イチマルゴと呼ばれています。)
もしくは一弦が0.45インチで4弦が.100インチのもの(ヨンゴー、イチマルマルと呼ばれています。)

がオススメです!

弦の長さ

弦の長さにも種類があり、ざっくり

スーパーロングスケール
ロングスケール
ミディアムスケールベース
ショートスケール

の4つの長さに分けることができます。

それぞれの弦に適した弦をまとめた表がコチラです!

自分の持っているベースに合わせた長さの弦を選んでください!

もし長さが合わない弦を張ってしまうと、チューニングが狂いやすくなったり、ビビりやすいです…。

最悪の場合、弦の長さが足りなくて張れないこともあります…。

弦の長さには十分注意してください!

基本的にはロングスケール弦がメジャーな長さの弦なので、これを買えば良いと思いますが、

不安な人は楽器屋さんに相談すると確実です!

弦の素材

ベース弦はメジャーなものだと、ニッケルとステンレスの2種類の素材があります。

それぞれの特徴としては、

ニッケル・・・弾き心地がなめらかで中音域が出やすいのが特徴
ステンレス・・・硬い素材でサビに強く、弾き心地が少し硬くザラザラする感じで、高音域がギラギラする

という特徴があります。

もし弦選びに迷ったらニッケル弦がいいと思います!

ベース弦の素材として最もポピュラーな物で、多くの楽器メーカーが出荷時の標準弦にしてるので、前の弦との変化が少ないはずです!

弦の巻き方

ベース弦は芯線という中心にある線に、巻線という細い線をぐるぐると巻きつけている構造になっています。

その巻線の形の違いでラウンド弦フラットワウンド弦に分けられます。

それぞれ

ラウンド弦
・丸い巻線を巻いている弦
・表面がデコボコしているから、触った感触がザラザラしている
・明るい音色で立ち上がりが早く、音の伸びが長い
フラットワウンド弦
・四角い巻き線が巻いてある弦
・表面が滑らかで触った感触がツルツルしている
・丸く落ち着いた音色で音の伸びが短い

という特徴があります。

使い分けとしては、
一般的なベースに張るならラウンドワウンド弦。

アコースティックベースやジャズ系のベースに張るならフラットワウンド弦がオススメです!

コーティングの有無

ベースの弦によってはコーティングがされているコーティング弦もあります。

通常のベース弦は金属で出来ているため、弾いているとだんだんサビていきます。

ですが、コーティング弦はサビを防ぐために弦の表面に特殊なコーティングをしているので、

弦の寿命を伸ばしてくれます!

通常の弦に比べて約2~3倍ほど長持ちすると言われています。

しかしコーティングをしている分、値段が高くなってしまうというデメリットもあります・・・

ベース弦の選び方まとめ!

今説明した5つのことをまとめると、

弦の太さ
一般的な太さは一弦が.045インチ、四弦が.105インチくらい!太さを変えると音色と弾き心地がかわります!

弦の長さ
基本はロングスケール弦で大丈夫!心配な人は楽器屋さんに相談!

弦の素材
ニッケルが一般的!ギラギラ感が欲しいならステンレスを!

弦の巻き方
一般的にはラウンドワウンド!アコースティックベースやジャズ用ベースはフラットワウンド!

コーティングの有無
長持ちさせたいなら少し高いけどコーティング弦!

です。弦はベースの音に直接関わってきます。

せっかく弾くなら、自分のベースと感性にあうベース弦を選んではどうですか?

ベースの弦交換のタイミングはいつ?

ここまで読んでいただいた方であれば、弦の交換はなんとなく理解できたと思います。
そこで、次に気になるのは弦の交換タイミングです。

楽器屋さんなどで買わなければならない弦もタダではありません。あまり交換しないのも問題ですが、必要以上に張り替える必要もありません。適切なタイミングを知っておくことで、交換の手間も減らしていきましょう!

目安の頻度はどのくらい?

とは言っても、実は明確な交換の目安はないんです。スポーツ選手のクツと同じで、練習量や使用量で変わりますからね。

なので今回は、普段ベースを使っている方たちが寿命だと感じるポイントをご紹介します。これさえ知っておけば「交換タイミングかな?」という目安にできると思います♪それでは見てみましょう。

汚れが目立つ

普段使っているものと同じで、汚れが目立って来たら交換するというもの。
確かに指で長期間触れていくものですから、綺麗な状態で使いたいですよね。
シンプルな理由ではありますが、目安の1つとしてはアリだと思います。

好きな音に合わせる

弦は張り替えてからの期間で音が変わります。新品の弦はピンッと張った音に、時間のたった弦はやわらかい音になるのです。

その関係で、自分がよく弾く曲、好きな曲調に合わせた具合にしています。始めのうちはよくわからないと思うので、こんな基準もあるんだ程度に覚えておきましょう。

メンテナンスと同時に

ベース本体のメンテナンスをしてもらう時、いっしょにやってしまうというもの。確かに、これならプロの意見を聞きながら弦も選べますよね!

別途時間をさいて買いに行く必要もないですし、効率的だと思いました。よくわからないうちは、この方法がいいのかもしれませんね。

そもそも交換をしない

意外と見かけたのが交換はしないというスタイル。プロでも交換しないという方はいるのだとか。

複数本ベースを持っている方は、メインとサブで使い分けているそうです。確かにこれだと劣化スピードは落ちるので理にかなっています。

最悪交換しないという手段も視野に入れてみましょう!

人によってタイミングも異なる

このように、弦を交換するタイミングは人それぞれのようです。自分に合ったタイミングを見つけるところから始めていきましょう♪

しかしここで、1つだけ注意してもらいたいことがあります。それは直近で使う予定があるかどうか。

少しお話したように、弦は交換する前と後では音が変わります。弦も少し硬いので、いつもと弾き心地が変わってしまうのです。

ライブなどの本番を控えている場合は、なるべく早めの交換を心がけましょう!

まとめ

今回は弦の交換について説明しました。

少し内容量が多かったかもしれませんが、ここに書いてある事が出来るようになると、弦の交換はもうバッチリです!

ぜひこのページを参考にして、将来的には何も見ずに弦交換が出来るようになりましょう!

関連記事

ベースの弦交換を解説!初心者向けに外し方から張り方の手順を紹介!

ベースの初心者がまず最初に当たる壁の1つ、それは弦の交換。 弦の交換って大変そうだから、どうしても避けがちです。 ですが、交換をしないとチューニングが合いづらくなったり、弦自体が錆びてくることも…。 じゃあどうしたらいい […]

ベースのメンテナンスを手軽に!簡単お掃除方法で初心者でもきれいに

  新生活が始まる春。 せっかくだから新しい事を始めたいという人もいると思います。 その中で、楽器を始めてみようという人も多いと思います。 でも、メンテナンスがめんどうくさそう・・・ そう思っている方に今回の記 […]

ギターのメンテナンスは演奏後必須!毎回行う3つのメンテナンス方法

  4月は、多くの人が今の環境から別の環境へと旅発つ季節。 気持ちも新たになるこの時期は、新しいことを始めるのに最適! 新しい趣味としてギターを始める人もいるかもしれません。 でも、ギターは奥が深い世界&#82 […]

ギターの弦交換のすヽめ!初心者でも簡単にできる方法詳しくご紹介!

  ギターの弦って、すーぐ切れますよね。 慣れない腕で練習してると、それだけでぷっつん。 しかも、音が悪くなるから、1ヶ月もすれば交換しなきゃいけない。 弾けば弾くほど劣化するのは当然ですから、しかたないんです […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す