テレビの画面のお掃除で絶対使ってはいけない6アイテム!正解は◯◯

KAJI

更新日:2021年12月08日

みんな大好き「テレビ」。

わたしたちの生活に、テレビは欠かせない存在ですよね。テレビについたホコリや指紋などの汚れは、いくら掃除してもすぐについてしまいます。

せっかく4Kとか呼ばれる高い画質のテレビを買ったのに、汚れていては台無し…。

今回はそんな液晶画面を掃除する方法や、汚れをなくすための普段からできる対策などを紹介していきます!

テレビ画面掃除が必要な理由

人が多く集まるリビングに設置してあるテレビは様々な汚れが溜まってしまうもの。それぞれ確認していきましょう。

ホコリ

テレビには静電気があるため、ホコリが付着しやすくなります。そして、画面が大きければ大きいほどつきやすくなってしまうんです..!ホコリが被ってしまう前にお掃除するのがおすすめです!

指紋

特に小さいお子さんがいる家庭や、よくゲーム等でケーブルなどを差し込む方などは要注意!

光が当たった時にうっすら手垢が見えると、見た目がよくないですよね。定期的にお掃除していきましょう!

水滴や油

最近ではお家で除菌スプレーを撒くことが多くなったのではないでしょうか。それだけでなく衣類などの消臭スプレーや、テーブルの近くにテレビを設置しているのであれば、食事の油汚れなど跳ねているかも。

これらもしっかりきれいにしていきましょう。

テレビの画面掃除に使っていいものとダメなもの

掃除を始める前に、液晶画面を掃除する時に使える物、使えない物を紹介していきたいと思います。

テレビ画面の掃除に使える物

ブラシ

こちらは専用のクリーニングブラシなどを使用して下さい。

おすすめ 商品

商品画像
サンワサプライ 除電ブラシ

こちらの静電気を取り除くブラシを使って掃除すると、ホコリが付きにくくなりますよ♪

クリーニングクロス

メガネ用などのクリーニングクロスで構いません。

ここでオススメのブラシやクリーニングクロスを紹介しますね。

おすすめ 商品

商品画像
東レインターナショナル TVトレシー クリーニングクロス

ミクロの汚れを拭き落とすことができるので、指紋や油汚れなど、なかなか取れない汚れもキレイさっぱり落とせます。また東レというメーカーが出しているということでも、安心できますよね♪

キッチンペーパー

堅そうに見える素材ですが、実は柔らかい素材なので傷つける心配がありません。

テレビ画面の掃除に使えない物

アルコール

机を拭く感覚で使ってしまいがちなアルコールスプレー。

アルコール等の揮発性が高いものはテレビのコーティングを剥がします。剥がれたコーティングは元に戻せないので要注意です!

中性洗剤

中性洗剤も、アルコール同様にコーティングを剥がしかねません。こちらも注意が必要!

眼鏡用クリーニング液

こちらもコーティングを剥がします。研磨剤が入っていることもあるのでさらに注意です。

ガラスクリーナー

研磨剤が画面を傷つけてしまうことに繋がるので、使用しないようにしてください。コーティングが剥がれる以上に悲惨なことになりますよ?

有機溶剤

ベンジン、シンナー、ガソリン、除光液などがあたります。液晶画面を傷つけてしまうため、使用しないでください。

ティッシュ

ティッシュで拭くのも画面を傷つけてしまう原因となります。拭く際も、柔らかい布――クリーニングクロスなどで拭くようにしてください。

液晶テレビの画面の掃除方法

注意点を確認したところで、さっそく掃除に入っていきましょう。

この際、お使いのテレビのの取扱説明書を読みながら、記事の手順を参考に、掃除するようにしてください!

用意するもの
・ブラシ
・クリーニングクロス
・雑巾
手順
1
電源を切って、汚れている部分を確認する

画面を暗くすることで光の加減が見やすくなって、指紋やほこりの汚れをくっきりと確認することができます。また、静電気を抑えてホコリを取りやすくします。

2
表面のホコリを払う

毛先の柔らかいブラシで、ホコリを払ってください。ホコリがついたまま画面を拭くと、パネルの表面が傷ついてしまう可能性があります。

画面を拭く

眼鏡用のクリーニングクロスなど柔らかい布で、汚れが残らないよう同じ方向に優しく表面を拭いていきます。やっぱり傷つきやすいので、ゴシゴシこすることはしないでください。

落ちにくい汚れを落とす

落ちにくい汚れは、息を吹きかけてクリーニングクロスで拭くか、しっかり絞った雑巾で拭くようにしてください。軽く水分を与えることで落ちやすくするものですが、すぐに乾拭きして水気を拭ってくださいね。

さて、テレビをキレイにしたところで、もう1つ気になるものがありませんか?
そう、リモコンです。

リモコンもキレイにしたい、というあなたは「リモコンのお掃除は木工用のボンドひとつですき間の汚れも一網打尽!」を参考にしてみてください♪ボンドを使って気持ちよくお掃除するなどがのっていますよ!

クロスがない場合のお掃除方法

テレビの液晶画面を掃除するには、液晶を傷つけない柔らかい素材のブラシやクリーニングクロスが◎

ですが、持っていないという方もいらっしゃいますよね。

そんな時にはどこの家にでもある、キッチンペーパーを使用してみましょう。専用の洗剤などを用意する必要なく、簡単に汚れを落とせちゃう裏ワザをご紹介します♪

どうしてキッチンペーパーが使えるのか

液晶画面についた手垢やホコリ。

どうしてキッチンペーパーできれいになるのか、気になりますよね。その理由は、キッチンペーパーの素材にあります。

キッチンペーパーは揚げ物の油切りにも使える通り、油を良く吸収します。そして、液晶テレビに多く付着している手垢汚れは、主に皮脂が原因……。

つまり、キッチンペーパーと液晶汚れは相性抜群なんです!

キッチンペーパーは、やわらかい素材でできているため、液晶画面を傷つける心配もありません。タオルのように繊維が残りにくい点も、液晶掃除にぴったりです。

掃除する方法

それでは、キッチンペーパーでテレビの液晶汚れを落とす、詳しい方法をみてみましょう。

用意するもの
・キッチンペーパー
・水
手順
1
キッチンペーパーを濡らして拭く

キッチンペーパーを適当な大きさに折りたたみ、水で軽く湿らせます。

テレビの電源はあらかじめ切り、汚れが気になる部分を、優しく拭きとってあげましょう。

上から下へ向かって拭いてあげると、跡が残りにくくなります。

2
仕上げ拭きを行う

乾いたキッチンペーバーで、仕上げの拭き上げを行います。

この時点で、かなり液晶画面の汚れがきれいになっているはずです。

3
残った汚れを再度拭き取る

まだ汚れが残っている部分があれば、手順1よりも水分を多めにしたキッチンペーパーで再度、気になる部分を拭き取ります。

4
再び仕上げ拭きを行う

キッチンペーパーで水拭きした部分を、再び乾いたキッチンペーパーで拭き上げます。

まだ、汚れが残っている場合は、手順3と4を繰り返してください。

中には、ブラシ&クリーニングクロスで落ちなかった汚れが、キッチンペーパーで落とせた!という例もあるほどの裏ワザ。

ちなみに、さっと1往復しただけで汚れが…!

(普段掃除してるはずなのにな〜)

「汚れのほとんどが子どもの手垢」

という場合は特に効果的なので、是非試してみましょう。

液晶テレビの画面が汚れるのを防ごう

ここまでお掃除の方法を紹介してきましたが、普段からテレビの液晶画面に汚れがつかないようにするのも重要なポイント。

その方法を紹介していきますね!

液晶画面に汚れがつくのを防ぐ

テレビを見ながら、料理を食べたり歯磨きしたりするのを避けるようにしましょう。

また、くしゃみをする際や、殺虫剤、ファブリーズなどをする際は、噴霧が液晶画面にかからないように気をつけてください。

 液晶画面にカバーをする

テレビの近くで料理をする際などは、カバーをかけて、液晶画面に飛ばないように工夫しましょう。テレビを使っていない間はカバーをかけるようにしてみても良いかもしれません。

コンセントとコードの位置を忘れずに

テレビをキレイにしたところで、ご紹介したいお掃除方法がもう1つ。

それは、コンセントとコードのお掃除。テレビの裏って、どうしてもホコリがたまりやすいですよね。

しかし、コンセント周りにホコリがあると、最悪の場合火事を引き起こしてしまいます。なんと、コンセントが原因の家事は1年に30件以上発生しているようです。

こちらを参考にして、コンセント周りもキレイにしてみましょう。

テレビをキレイにするついでにお手入れをしてみましょう♪

まとめ

テレビの液晶画面の掃除方法はいかがでしたか?

テレビは家電の中でも目立つ存在なので、テレビが汚いと何か部屋がキレイな気がしないと思います。ホコリが目立ってきたら掃除するように心掛けてください。

テレビを徹底的にキレイにして、快適な住空間を演出して見てはいかがでしょうか!

テレビ修理のプロのサービスを探す