引越しの荷造りはコツを掴んで計画的に!終わらないときの対処法は?

Tommy

作成日:2019年05月17日

 

荷造りって何をすればいいの?
どこから手をつければいいかわからない…。

こんな風に、引越しをするのになかなか荷造りに手をつけられていない方いませんか?

今回は引越しの荷造りに関する、

・荷造りの手順
・アイテム別の荷造りの方法
・終わらない時の対処法

などをお伝えしていきます!

これを読んで効率の良い荷造りをしましょう♪

荷造りっていつから始めればいいの?

引越しを控えている皆さん、荷造りっていつから始めていますか?

荷造りには平均して、

一人暮らしだと約5日
世帯だと約8日

かかるといわれています。

部屋の大きさや家族の有無によって個人差はありますが、荷造りにはずばり1週間ほどかかるとみてよいでしょう。

 

荷物が多い方や、普段忙しくて荷造りの時間が取れない!なんて方は1週間以上荷造りの時間を確保したほうがよいですね。

自分の生活状況も考慮して、計画的に引越しの荷造りをしていきましょう!

荷造りを始める前に準備するもの

引越しの荷造りを始める前に、まずは事前に準備するものを確認していきましょう!

事前に準備するものはこちらです。

・ダンボール
・緩衝材
・その他備品

ダンボール

大小さまざまなものがあると便利です。

ダンボールは、家の大きさや家族構成にもよりますが、

1人暮らしの場合、10~20個
家族世帯の場合、30~50個

必要と言われています。

こんな大量なダンボールどう用意すればいいんだ!って思った方、安心してください。

ちゃんとこの記事の後半でダンボールの入手方法についてお伝えします!

緩衝材

衝撃に弱いものは、緩衝材で荷物を保護します。ダンボールの隙間を埋めるのにも便利です。

・プチプチ
・新聞紙
・タオル

などが緩衝材として利用できます。

工具

意外と忘れがちなのが工具。

大きな家具を分解する際に、ドライバーなどが必要になるので用意しておきましょう!

その他備品

効率的に荷造りするために、その他の備品も必要となります。

具体的には、

・ガムテープ
・油性ペン
・はさみ、カッター
・ビニール袋、輪ゴム
・ビニールテープ

などを使うので用意しておいてください!

ダンボールの3つの入手方法

ダンボールの入手方法は、

・引越し業者さんから無料で提供してもらう
・小売店で無料でもらう
・通販や店頭で購入する

の3つに大きく分けられます。

引越し業者さんから無料で提供してもらい、足りなくなったらほかの方法で入手していくというがおすすめです。さっそくみていきましょう。

引越し業者さんから無料で提供してもらう

多くの引越し業者さんには、無料でダンボールをプレゼントするという便利なサービスがあります。

もらえる枚数は、引越し業者さんや利用するプラン、部屋の間取りなどによって異なりますので、まずは利用する引越し業者さんに相談してみましょう。

ただし、単身パックには無料のダンボール提供のサービスがない場合が大半ですので、注意してください!

小売店で無料でもらう

引越し業者さんにもらったダンボールでは数が足りなかった!そんな方は、小売店でダンボールを無料でもらってしまいましょう。

スーパードラッグストア家電量販店ホームセンターなどでは、商品搬入の際にダンボールが多く使われますが、処分されてしまうものがほとんどです。

サービスカウンターや店員さんに声をかけ、ダンボールをもらえるか聞いてみましょう!

野菜が入っていたものなど荷物が汚れてしまう可能性があるものは避け、固くて丈夫なダンボールを選ぶのがポイントです。

通販や店頭で購入する

引越し業者さんからも、小売店からもダンボールをもらえなかった!

こんな場合は、通販や店頭で購入することも可能です。

1枚300円程度で購入できますので、必要な枚数を購入しましょう。


ボックスバンク ダンボール120サイズ 10枚セット

こちらのダンボールは、引越し用に最適な硬さ・重さです。
一人暮らしの引越しに最適ですよ!

荷造りの4つ手順

荷造りの手順とコツを頭に入れておけば、効率の良い荷造りができるはずです!

さっそく荷造りの手順をみていきましょう。

1. 計画を立てる

やみくもに荷物をダンボールに詰めても効率よくないですよね。

まずは引越し日から逆算して、荷造りのスケジュールをたてましょう。

ここでポイントになるのが、場所別にブロックに分けることです。

まず、お家の間取りから場所を分けていきます。

このような1Kのお部屋でしたら、洋室・お風呂回り・玄関・キッチンなどのエリアに分けられます。

また、荷物の多い場所はさらに細かくブロックに分けていきます。

洋室など荷物の多い場所はテレビ周辺、ベッド周辺、クローゼット、本棚などに分けましょう。

クローゼットは、状況に合わせて夏服冬服に分けるなどしましょう。

2. 使わないものからまとめる

先ほど分けたブロックごとに、使用頻度の低いものを中心にまとめてダンボールに詰めていきましょう。

使用頻度が高いものを先に入れてしまうと、せっかく詰めたものを開けて探さなければなりません。

このときダンボールの外側にに詰めている荷物の中身を書きます

上側だけだと重ねたときにわからないので、側面にも書くと分かりやすいです!

3. 引越しまで使うかもしれない荷物をまとめる

信用頻度がまあまあ高く、まだ使うかもしれないものは、まとめて段ボールに詰めます。

引越す直前まで封をせずに、使ったら取り出してまたしまうを繰り返してください。

4. 引越し当日すべてをダンボールに詰める

最後に、引越し日の前日または当日に梱包していないものをすべて詰めましょう。

これで荷造り完了です!

荷造りのコツ

手順を確認したところで、続いては荷造りのコツについてみていきたいと思います!

荷造りのポイントには、

・大小のダンボールの使い分け方
・不用品はどんどん捨てる
・衣類ケースやファイルboxはそのまま梱包
・割れやすいものはダンボールに明記する

のようなことがあります。

大小のダンボールの使い分け方

大きいダンボールには軽いものを、小さいものには重いものを詰めるようにしましょう!

重いものを大きいダンボールに詰めてしまうと、移動が難しくなってしまう場合があります。

不用品はどんどん捨てる

荷造りは同時に不用品を捨てられる機会です。

荷物を詰めるときに、いるかいらないかを判断し荷物を減らしていきましょう!

衣類ケースはそのまま梱包

衣類ケースは中身をダンボールに詰め替える必要がありません

中身を整理するだけで、そのまま引越しすることが可能です!

扉のある収納家具なども、扉が開かないようにすればそのまま運んでもらえるケースもあるようなので、引越し業者さんに相談してみましょう。

割れやすいものはダンボールに明記する

割れやすい食器や、お酒などをダンボールに詰める場合は、割れ物があることをダンボールに明記しましょう。

「割れ物シール」というのも販売されていますので、こちらを使うのも一つの手ですね。

アイテム別の荷造りの仕方

続いて、実際に梱包するときに困るであろう、

・食器類
・包丁
・本
・カーテン
・布団
・小物家電
・冷蔵庫
・洗濯機

以上のアイテムに絞って梱包方法をお伝えしていきます!

食器類

食器は割れやすいため、新聞紙やプチプチといった緩衝材で包んでください。

ダンボールに詰めていく際は、大きくて重いものから詰めていくのがポイントです!

詰め終わってダンボール内に隙間がある場合は、食器が割れる原因となりますので、緩衝材で隙間を埋めるようにしてください。

お皿の包み方

お皿は新聞紙を使って梱包していきます!

平皿・茶碗類も同じやり方で梱包することができます。

  手順   

1. 新聞紙の上にお皿を乗せる

新聞紙半面を用意し、端のほうにお皿を乗せます。

2. 新聞の角をお皿の内側に入れる

このように、皿の内側を新聞紙でくるんでください。

3. お皿をひっくり返す

お皿を新聞紙側にひっくり返して余った部分を裏側にまとめてテープで止めましょう。

4. 完成

完成したものがこちらです。

グラスの包み方

お皿とは少し違う包み方をしていくので、手順を確認していきましょう。

  手順   

1. グラスの側面と底を包む

新聞紙の半面を使って画像のように包みます。

2. そのままくるくる包む

そのままできるところまでくるくる巻いてください!

3. 余った部分をグラスの内側に入れる

余った部分をグラスの内側にいれ、テープで止めて完成です。

このように梱包することができました。

包丁

包丁はタオルを使って梱包することが可能です。

包丁をくるくるタオルで包んで、ずれないように輪ゴムで止めるか、ガムテープなどで固定してください。

  手順   

1. タオルで包丁全体を包む

上記のようにタオルで刃の部分全体を包んでください。

2. テープで止めて完成

包丁が動かないようにテープで固定して完成です。

本は寝かせて詰めるのが一番傷みにくい方法です。大きい本から順に重ねていきましょう。

また本のダメージが気になるという方は、ダンボールの隙間にタオルを詰めるのがおすすめです。

本を詰めすぎてダンボールが重くなりすぎないように注意してくださいね!

カーテン

カーテンの上部(フック側)が下になるように畳んで、ダンボールに詰めるようにしてください。

フック側のほうが重いので、下にすることによって、カーテンにしわがつきにくくなります。

布団

数枚の布団を重ね、上から寝具を入れるための専用の道具である布団袋をかぶせます。

布団袋は貸し出してくれる引越し業者さんが多いため、事前に問い合わせしておきましょう!

小物家電

ダンボールに入るサイズの小物家電は、隙間を緩衝材で埋め、固定して詰めましょう。

大きい家電は引越し当日に引越し業者さんが運んでくれるため、無理して梱包する必要はありません。

冷蔵庫

引越し前日にコンセントを抜き、水抜きをしておきましょう。

コンセントは裏側にテープで固定しておきます。

中の食材は計画的に使い切ってしまいましょう!

こちらに冷蔵庫の引越し方法について詳しく書いてありますので、こちらも参照してみてください♪

洗濯機

冷蔵庫同様、前日にコンセントを切って水抜きをしておきましょう。

もっと詳しく洗濯機の引越し方法が知りたいという方はこちらを読んでみてくださいね!

荷造りが終わらない時

時間がなかったり、やる気がなかったりして荷造りが間に合わなかった場合について対処法をお教えしますね!

荷造りが間に合わなかったときの対応は、引越し日の何日前かによって変わってきます。

荷造りが間に合わなかったらどうなる?

まず荷造りが間に合わなかった場合は、

・梱包作業が追加請求される
・引越し作業が拒否される

といったことが起こる可能性があります。

ほとんどの場合、引越し業者さんは荷造りを待ってくれたり、追加料金を支払うことで手伝ってくれることもあります。

しかし、引っ越し作業を拒否して帰ってしまうこともあるのです。

このような事態を避けるためにもできるだけ荷造りを進めていきましょう。

引越し前日のとき

引越し前日になっても全然荷造りが終わってないのはさすがに焦りますね…。

徹夜で荷造りをするという方ができるのは、

・ひたすら荷物を詰める
・冷蔵庫の水抜きをする
・間に合わないものは、宅急便か自力で運ぶ

の3つとなります。

ひたすら荷物を詰める

前日に引越しを控えてる場合、荷物をブロックに分けている暇はありません。

時間の許す限り荷物を詰めていってください。

このとき気をつけたいのが、自力で運べるものは後回しにするということです。

引越し業者さんに運んでもらわなければ困るのが大型の家具家電。

大型の家具家電の周辺や中身を優先して荷物をひたすら詰めていきましょう!

冷蔵庫の水抜きをする

冷蔵庫の水抜きを怠ると、荷物が濡れてしまう可能性があります。

せっかく引越ししたのに、荷物がびしょ濡れだった…なんて避けたいですよね。

しっかり前日に水抜きをしましょう。

間に合わないものは宅急便か自力で運ぶ

それでもどうしても間に合わなかったときは、宅急便自分の車で運ぶなどの方法があります。

引越し先や生活状況に合わせて、どちらかの対応をしましょう。

引越しまで数日あるとき

引越しまではまだ余裕があるものの、スケジュール的に間に合わないかもしれない…

そんな方ができるのは、

・引越し業者さんに連絡する
・荷造り代行サービスを利用する

の2つになります。

引越し業者さんに連絡する

荷造りが絶対に間に合わない!そう思った時点で一度引越し業者さんに連絡してみましょう。

引越し日やオプションの変更ができるかもしれません。

連絡が早ければ早いほど、引越し業者さんも融通が効きやすくなるので、早めに相談するようにしてください。

荷造り代行サービスを利用する

荷造り代行サービスとは、荷造りだけに特化した業者さんです。

荷造りのみを行っている業者さんですので、引越し業者さんよりも融通が効きます。

このようなサービスを利用するのも一つの手でしょう。

まとめ

今回は引越しの荷造りについて、手順やコツ、アイテム別の包み方や荷造りが終わらなかった場合などについてお伝えしてきました。

引越し日から逆算してしっかりスケジュールを組みましょう。

荷造りは計画通りに効率よく行うことがポイントです!

時間に余裕をもって、荷造りを終えられると良いですね♪

関連記事

NEW雪の対策をしないと危ない?オススメの方法と備えるべき物のリストも

  突然ですが、冬といえば何を思い浮かべますか? そう、雪ですよね! 暖かい地域に住んでいる方はあまり雪を見ないかもしれませんし、対策なんてしなくてもいいと思っているかもしれません。 しかし、雪は非常に厄介なの […]

無水エタノールの使い方とは、汚れ落としと水NG部分の拭き掃除だ!

家でのお掃除をするときによく使われるものといえば、重曹やクエン酸がパッと思いつきますよね。 でも、家のものをピカピカにできるのは、重曹やクエン酸だけじゃないんです。 もうひとつものすごく便利なのが、無水エタノール。 え? […]

空気清浄機の臭いの原因は雑菌とカビ!フィルター掃除で除去しよう!

春っていいですよね。 冬の寒さが徐々に和らいで、桜がとっても綺麗です。 しかし、なんだか鼻がムズムズして、目が無性にかゆくなる… そう、春は花粉症の季節。 今や日本人の5人に1人が花粉症と言われています。 そんな花粉症の […]

ゴミ箱が臭い!?と感じたら重曹とクエン酸でケンちゃんを撃退&消臭

  みなさんこんにちは。 突然ですが、こちらは捨てられると臭いが最悪なゴミ、納豆です。 納豆、とってもおいしいですよね。私は大好きです。大好きすぎるので3日に1回は食べます。 大好きなので、オフィスでも納豆とい […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集