ゴミ箱が臭い!?と感じたら重曹とクエン酸でケンちゃんを撃退&消臭

マリノス

更新日:2020年08月21日

 

みなさんこんにちは。

突然ですが、こちらは捨てられると臭いが最悪なゴミ、納豆です。

納豆、とってもおいしいですよね。私は大好きです。大好きすぎるので3日に1回は食べます。

大好きなので、オフィスでも納豆といつも一緒です。

うん、おいしい〜〜!

あまりのおいしさに、自分に向けられている冷ややかな目線も気にならないですね。

でも私がパックをそのままゴミ箱にインしているせいで最近会社のゴミ箱が臭くてしかたがありません。ゴミを捨てに来る人に毎回睨まれていることも、薄々気づいていました。さすがに納豆好きの私も、腐敗したニオイには参ってしまいます。でも、そんなゴミ箱のニオイはどのように対策すればいいのでしょうか?

ということで、この記事ではゴミ箱の臭いニオイに悩める人々を救うべくゴミ箱のニオイの原因と、ニオイを除去するための様々な解決方法をご紹介します!

なぜゴミ箱は臭くなるのか?

では、なぜゴミ箱は臭くなってしまうのでしょうか?

生ゴミから出てくる悪臭の原因は「嫌気性微生物(けんきせいびせいぶつ)」の活動によるものです。

嫌気性微生物とか何回も言われても「ウギャ〜〜!!なんかむずかしい!!」なんて嫌になってくるので、ここからは嫌気性微生物のことをケンちゃんと呼ぶことにします。なんだか一気に愛おしくなりましたね。臭いの原因ですけど。

ケンちゃんは主に酸素のない場所やじめじめして水分がある場所が大好きで、生ゴミが腐敗していく際にさまざまな悪臭や有害物質を発生させてしまうのです。それが臭さの原因になってしまっているのです。

たしかに普通の食材は冷蔵庫に入れますが、食べた後のカスもいっしょに常温で捨ててしまうゴミ箱は、臭くならないはずはありません。さらにゴミ箱に付着してしまった生ゴミの汁は、そのまま放っておくと発酵しだしてしまうのです。まさにケンちゃんの大増殖というわけです。

ケンちゃん

じめじめあったかいゴミ箱は、嫌気性微生物界の3つ星ホテルや〜!

 

まいった〜!知らない間に会社のゴミ箱をケンちゃんのためのラグジュアリー空間にしていたなんて…せめて宿泊費くらい払って欲しいですね。

ケンちゃん、響きはかわいいけど、ごめんなさい、もうこれ以上増えないでください。

ということで、この記事ではゴミ箱に溜まってしまったケンちゃんの撃退方法を伝授いたします!

ゴミ箱がにおうポイント・弊害

ケンちゃんに対する怒りは募ってきましたか??

でもみなさん、気付いてください。

このケンちゃんを育て、増やしているのは…、私たち人間だと言えなくもないですよね!

そこで続いて、ゴミ箱がにおってしまう原因について見ていきます!

ゴミ箱のにおう要因・ポイントは?

ゴミ箱がにおう原因「嫌気性微生物」はもう覚えましたね。

ここでは、どんな状態のゴミ箱が危険なのかも見てみましょう。

水分を含むゴミ

最初のポイントとして、ケンちゃんは「水分」が好きだとお話しましたね。

これは、捨てるゴミも同じで、注意が必要です!

せっかく前の人が水気を切って捨てていても、あとから濡れたゴミが来れば一緒ですよね。

自分の部屋ならともかく、公共の場では全員の配慮が大切なんです。

部屋が暖かい

もう1つのポイントは「温度」です。

臭いの原因は菌なので、暖かい方が繁殖しやすいのは想像しやすいですね。

最近は空調も整っいるので、冬でも部屋はぽっかぽか♪

人間にとっては快適ですが、それはケンちゃんにとっても快適な空間だということなんです!

ゴミ箱の形状

見落としがちなポイントとしては、ゴミ箱の形状があげられます。

「フタの無いゴミ箱」はそのままニオイが広がってしまうので、注意しなければならないでしょう。

どんなにケンちゃんが大暴れしていたとしても、フタがあれば多少軽減できます!

ただ、ゴミ箱内に湿気がこもるデメリットもあるので、要検討と言ったところですかね。

ゴミ箱がにおうことによる弊害

ゴミ箱がにおってイヤな思いをするのは一番は私たちです。

でも、その他にも意外なところで弊害が発生しているかもしれませんよ?

そんな話も、少しだけ挟もうかと思います!

コバエの発生

やはりこれですよね。コバエです!

最悪臭いはがまんできても、やつらは無視できません!

換気のつもりで開けた窓からいつの間にか侵入してきます。

一度発生すると撃退に数ヶ月はかかるらしいので、本当に気を付けてくださいね!

2つのニオイの種類には重曹とクエン酸が効く!

主なゴミのニオイの種類は2種類あるということをご存知でしたか?

その2種類というのが、酸性のニオイと塩基性のニオイです。そこでこの2つのニオイを消臭する時に活躍するのが、塩基性の重曹と酸性のクエン酸。

酸性のニオイには重曹、塩基性のニオイにはクエン酸をかけることで、酸と塩基が合わさって酸化還元反応が起こりニオイが中和します中和が起こると揮発性がなくなるのでニオイが広がらなくなるのです。

ということで、ここではケンちゃんが大好きな酸性と塩基性の2つのニオイの例を見ていきましょう!

酸性のニオイって?

まずは、酸性のニオイです。

塩基性の重曹を振りかけるのがベストな酸性のニオイは、大きく3種類に分けられます。

酢酸:体臭などのニオイ
イソ吉草酸:足や靴から発生するニオイの成分
硫化水素:腐った卵のニオイ

簡単に言うと酸性のニオイはカラダやキッチン周りから発生するものです。ゴミ箱のほとんどのニオイは、この酸性のものです。

ちょっとにおうな、思ったら重曹をそのままササッと振りかけてみると揮発性が無くなり、ニオイが軽減されるはずですよ。

おすすめ 商品

商品画像
自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

ちなみに、重曹は消臭だけでなくさまざまなシーンで使える万能洗剤なのでたくさん買っておいて損はありませんよ!

重曹の詳しい使い方については、こちらの記事をチェックしてみてください!

なるほど!ほとんどのゴミ箱のニオイには重曹が効くんですね!

ということで重曹かけとけば間違いないだろ精神のもと掃除に使えば大体どこでもキレイになる(*当社比)重曹を召喚させたいと思います。

サラサラ…サラサラ…

突然重曹を取り出し、おもむろに納豆のパックに重曹をふりかける女に、驚きの表情を向けられました。

でもここであまりの臭さに嫌気が差したのか、目の前にいた理系男子から衝撃のひとこと。

「納豆の臭いの原因は弱塩基性のものでしょ。塩基性の臭いなら、酸性のクエン酸の方が効くんじゃないんですか?というかそれ以前に職場で納豆食べないでください。

なんと、納豆のニオイは塩基性のニオイだって?では、塩基性のニオイはどんなものなのでしょうか。

塩基性のニオイって?

酸性のクエン酸を振りかけるのがベストな塩基性のニオイは、大きく2つに分けられます。

アンモニア臭:トイレや動物の糞尿のニオイ
アミン臭:魚が腐った時のニオイ

簡単に言うとアルカリ性の臭いというのは、水回り、焼肉などから発生します。

アンモニア臭もですが、魚の臭さというのはなかなか取れてくれないもの…アミン臭に「いつまでも待つわ」と言われる前に、このようなニオイにはクエン酸をササッとかけちゃいましょう。

ちなみに納豆の臭いの原因は先程触れたように、納豆菌が大豆の成分を分解してアミノ酸などの酵素に変えているもの。そしてこのアミノ酸が分解して弱塩基性の成分、つまりニオイのもととなるものが発生するのです。

酸性?塩基性?どっちだ!?となったらどっちもかけてしまうのもアリかもしれません。

おすすめ 商品

商品画像

おすすめ 商品

商品画像
あみん「待つわ」

クエン酸も、重曹と同じように自然に優しい万能クリーナーです!

重曹が苦手な水垢汚れをキレイに落としてくれるので、水回りのお掃除にもってこい。詳しい使いみちについては、こちらを参考にしてみてください!

なるほど、そっちだったか〜!そっちの万能洗剤だったか〜!さすが理系男子。納豆を食べることをやめる気はありませんが、そのアドバイスは真摯に受け止めます。

今度はいつでも使えるようにカバンに入れているクエン酸を召喚。

サラサラ…サラサラ…

それをそのままゴミ箱にイン。この時点ではまだパックは臭いです。

〜1時間後〜

しばらく経った後ゴミ箱を嗅いで見ると、なんと、あれだけ臭かったパックを入れたのに臭いが軽減されていました!納豆を捨てるとニオイがふんわり空間に充満してしまうことが多いですが、クエン酸をかけてから処理することでニオイがパックの中だけにギュッと凝縮してくれます。

これで冷ややかな目線を向けられること無く、みんなと幸せに過ごせそうです。

ということで、重曹とクエン酸は消臭にも効果抜群の洗剤ですが、そのニオイの性質をよく理解した上で使えるようにしましょう。

ケンちゃんを追い出そう!ゴミ箱のニオイの予防の仕方

ニオイのもと、ケンちゃんを追い出すには重曹やクエン酸以外にも方法がたくさんあります!

ということでここではお家でできる簡単な方法をいくつか見ていきましょう。

ケンちゃん

絶対やるんじゃねえぞ!!!

 

振りか…?振りなのかケンちゃん…?

ということでケンちゃんの振りにお答えするべく、徹底的にニオイ対策しちゃいましょう。

ゴミ箱を除菌する

長く同じゴミ箱を使っていると、ゴミ箱自体にケンちゃんがたくさん繁殖していることがあります!そのような時は、いくらゴミ袋の中をきれいにしたってニオイは付いてしまうのです。

ということで、ゴミ箱に付いたケンちゃんは除菌するのが吉です

除菌の仕方は簡単。いらない布や雑巾に消毒用のアルコールを付け、ゴミ箱のフタや底を拭いていきます。こうすることで、ゴミ箱自体に住み付いたケンちゃんを抹殺することができるのです。

本当はゴミ箱自体をハイターなどで洗ってしまうのが一番効果的な方法ですが、日常的にこの方法で洗浄するのは難しいので、フタや底などを意識してキレイにするように心がけましょう。

ちなみにこちらの商品は、アルコール度数が77度の、除菌・防カビ・防臭に強い効果を発揮してくれるおすすめのアルコールスプレーです。これでバッチリケンちゃんを除菌しちゃいましょう!

おすすめ 商品

商品画像
パストリーゼ77 スプレーヘッド付 500ml

三角コーナーを使わず、生ゴミは密閉して捨てる

ニオイの主な原因となっている生ゴミは、よく水気を切ってからビニール袋などに入れ、密閉してから捨てるようにしましょう。この時、キッチンペーパーに酢を染み込ませておき、一緒に入れるとよりニオイが軽減されます。

多くの人が使用している三角コーナーは、水気がかかりやすく生ゴミが腐敗しやすくなります。三角コーナーを使わず、調理の度にビニール袋に生ゴミを入れ、密閉してから捨てることを習慣づけると、ニオイを最小限に抑えることができるはずです!

生ゴミの量を減らす

生ゴミがなければニオイも出ません。生ゴミの量を減らす、これは一番効果的な対処法ですね。

生ゴミのニオイを減らすには、人参や大根などの根菜の場合はそのまま水をやって植えてしまえば簡単な再生野菜も楽しめますし、野菜やフルーツの皮などの場合は工夫して調理することでおいしく食べることができます。

置きっぱなしの生ゴミを減らすという観点から言えば、生ゴミの日に必ずごみ捨てをするということも大切ですよ!

生ゴミを冷凍する


フリーズ状態のケンちゃん

ゴミをそのまま冷凍するというワザもあります。

「ゴミを食べ物といっしょに入れるなんて…」と嫌な気分になる方もいらっしゃると思うのですが、さんざん甘やかされて育ってきたケンちゃんは冷凍庫のような過酷な場所では生きられません。ケンちゃんが生きられないというということは、ゴミは腐敗しないのでご心配なく。冷凍庫が2つに別れているタイプの冷蔵庫の方は、1つを生ゴミ用にしてしまってもいいかもしれませんね。いろいろ考えるのがめんどくさい方には、一番手っ取り早い方法かもしれません。

ゴミ箱に新聞紙を敷き詰める

先程も言ったように、ケンちゃんは水分のあるところが大好きです。

つまりゴミは温度が高くなり、じめじめとした状態が長く続いてしまうと腐敗します。そのためゴミ箱内の温度と湿度を低く保つことが大事になってくるのです。

新聞紙は温度を低く保ってくれたり、ゴミに付着した余分な水分まで吸い取ってくれるだけではなく、ニオイを吸着する性質もあるため身近にあるものでニオイを簡単に取りたい人にはおすすめです。

コーヒーかすで消臭パックを作る

みなさん、コーヒーを飲んだ後のかすをそのまま捨てていませんか?それ、もったいないですよ!

というのも、実はコーヒーかすは酸性物質なので、アルカリ性のニオイを落とすのにピッタリなのです。消臭するのに使う時は、コーヒーかすで消臭パックを作ることがおすすめ。

作り方は簡単。コーヒーかすを天日干しし、乾燥したら不織布のお茶パックに入れるだけ。ゴミ箱だけではなく、トイレや冷蔵庫、下駄箱などの掃除にも使える万能消臭グッズです。

市販の消臭剤を使う

ゴミ箱に市販の消臭剤を入れることも効果的です。消臭だけでなく、コバエ避けの効果もあるものもあるのでコバエが発生しやすい夏のゴミ箱に最適ですよ。

こちらの商品は吊るすこともフタの裏に貼ることもできるので、どんなタイプのゴミ箱にも使用することができます。ニオイも爽やかで、消臭効果もコバエ避け効果も抜群の商品なのでおすすめです。

おすすめ 商品

商品画像
ゴミ箱の消臭力 消臭芳香剤 ゴミ箱用 生ごみ

まとめ

いかがでしたか?

ゴミ箱のニオイの 原因は「嫌気性微生物」という微生物の繁殖によるものでしたね。

ニオイの種類は酸性のものとアルカリ性のものに分かれるので、酸性のものには重曹、アルカリ性のものにはクエン酸を直接ふりかけるとニオイを消臭できます。

そして、ケンちゃんを追い出すにはゴミの水分を極力減らし、温度を低く保つことが大切です。

新聞紙や冷凍庫を賢く使うなどし、ニオイをあらかじめ予防しましょう。

普段からの心がけで、ゴミ箱の臭さは軽減できるはず!予防法を意識して、ケンちゃんにさよならしましょう!

ケンちゃん

もうこんな居心地の悪いゴミ箱出てってやる〜!!

 

ケンちゃん…元気でね

〜FIN〜

関連記事

NEW濡れた本は冷凍すると元通りに!?ズボラな人でもできる超簡単な方法

「本や教科書が雨で濡れてしまった!」「風呂場で読書をしていたら落としてしまった…」 みなさんにはこんな経験はありませんか? どれだけ大切にしていても、何かの拍子に濡れてしまう事もありますよね。 でも大丈夫です!一度濡れて […]

カビナイトやらないと!塩素不使用の魔法のカビ取り洗剤使わないと!

突然ですが、皆さん。 「カビナイト」って知っていますか? え…?知らないって…? え…?知らないの…? 「カビナイトをやらないと、人生の7割損しますよ!」 というのはさすがに冗談ですが、カビナイトは知ってて損がない塩素不 […]

コストコの掃除グッズお得でおすすめ!部屋中の使用方法を5つ紹介!

みなさんはいつもお掃除道具や洗剤をどこで買いますか? スーパーや薬局に、最近ではセリアなどでも色んな商品が売っていますよね♪ 今回は、お得にまとめ買いする場所と言ったらコストコ~♪ そう、コストコのお掃除商品を5種類紹介 […]

ウルトラハードクリーナーの衝撃はその名前ではなく効果にありました

「ウルトラハードクリーナー」かなりインパクトのある名前ですよね。 英語でウルトラハードは極端にたくましい、という意味です。 極端にたくましいクリーナーっていったい何なんだ…。 そんな正体不明のウルトラハードク […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]