蛇口や配管の水漏れの原因は?漏水の発見方法や自分で直す方法を紹介

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2020年09月30日

水道って今ではそこにあることが普通になってしまって、「今日も普段通りにお風呂に浸かれるな~」とか、「トイレの水流せて、便器の中が綺麗に保てるな~」って意識しませんよね。

でも、いざ止まってみると、水をなんの不自由もなく使えていたのが、どれだけありがたかったのかを実感することになると思います。

さて、このちゃんと動いていることが当たり前の水道を、正常に使えなくしてしまうのが、水漏れです。

この記事では、水漏れしている場所を早期発見する方法と、様々な対処の方法をご紹介します。

水漏れが起こっているかを確かめる方法

トラブルが起きてから、気づくとなっては最悪なので、できる限り早く漏水を発見したいと思うはず。

ただ、全ての水漏れが察知しやすいというわけではありません。

気づきやすい水漏れというのはたとえば、蛇口を締めても水がしたたっているとか、どこかで、水が噴射しているような「シュー」という音がするといった水漏れです。

一方で洗濯機の裏や、奥まったところにある配管で起こっている水漏れは、わかりにくいものです。

では、そのような気づきづらい漏水もある中で、いったい何をすれば水漏れを早期発見できるのでしょうか。

「パイロット」の確認

水道メーターの「パイロット」といわれる丸い金属部品を見れば、水漏れが起きているかわかります。このパイロットとは、水が出ているときに、回転して動く部品です。

水道メーターは敷地内の、建物の外にあります。しかし正確な水道メーターの設置場所は様々です。分からない場合は自治体の水道局にお問い合わせください。
手順
1
家の蛇口を全て締める

まず、家中の蛇口を全て閉めて、水が出ていない状態にしてください。一手間かかりますが、めんどくさがらずに!

2
パイロットを確認

パイロットが動いていないことが確認できれば、水漏れは起きていないということです!まずは一安心ですね。

注意
もし動いていたとしても気を落とさないでください。閉め忘れをしている蛇口があるかも!

シャワー外の水道の蛇口は確認しましたか?それらの場所は、普段は蛇口部分を開けたまま使っている場合が多いです。

もう一度、家中の蛇口が閉められているか、確認してみてください。

漏水している場所の特定方法

残念ながら、水漏れが起こっていることが判明してしまったときには、どこで水漏れが起きているのかを特定しなければなりません。

ここからは、水漏れ場所の特定方法を、順を追って紹介していきます。

手順
1
止水栓を1つ閉める

止水栓とは、配管についている栓で、これを閉めると、その場所への水の供給が止まるというものです。

まずはこの栓を水漏れが起きていそうな場所の中から、1つ閉めてみてください。

起きていそうな場所としては、
・トイレ
・キッチン
・お風呂
・洗濯機
・洗面台
の5つです。

2
パイロットの動きを確認

水道メーターへ行って、パイロットが止まっているか確認します。

3
パイロットが動いていれば、他の場所の止水栓を1つ閉めます

まだパイロットが動いていれば、水漏れしている箇所の止水栓を閉めていないと言うことなので、引き続き、1つ止水栓を閉めに行きます。

注意
確認後も、手順1で閉めた場所の止水栓は必ず閉めたままにしてください

というのも、いくつかの場所で水漏れしていた場合には、1つ閉めても、パイロットが止まることはないからです。

4
1~3を繰り返す

上の1~3の手順を、パイロットの動きが止まるまで、やり続けます。
パイロットが止まっていれば、それ以前に閉めた場所で水漏れが起こっているということです。

水漏れしている場所の水道は修理するまで、止水栓を閉めたままにするので、使えなくなります。

しかし、他の場所の止水栓は開けて、それらの水道は引き続き使っても、問題ありません。

全ての止水栓を閉めても、パイロットが止まらない場合、地中の水道管で水漏れしているので、ここの修理は業者さんに依頼するしかありません。

蛇口

ここからは、水漏れが起きている場所が止水栓を閉めて確認できた後に、そこで、どの部品で水漏れが起きているのか、そしてその対処法を見ていこうと思います。

まずは蛇口から。

蛇口で水漏れが起こる原因としては主に、

・パッキンの劣化
・ナットの緩み

という2つが挙げられます。

パッキンの劣化

蛇口から水がぽたぽたと滴っている場合、その中の「パッキン」と呼ばれる部品が劣化して漏水が起こっています。
このパッキンはゴム製で水の外からの侵入、中からの漏れを防いでくれるものです。

劣化してしまうと、パッキンの締りが緩くなってしまって、そこにできた隙間から水が漏れてくるという仕組みです。

対処法

では、パッキンの劣化に対する対処法です。

用意するもの
・市販のパッキン
・モンキーレンチ
・タオル
手順
1
カラービーズを外す

蛇口についている、赤、青などの色がついた、丸い部品があるので、それを外します。

これを外すと蛇口が外れるので、分解していきます。

注意
蛇口を外したときに、たまっていた水がしたたってくるので、タオルでそれを拭き取る用意をしましょう。
2
ナットを外す

蛇口を外すと、中にネジとめのような、金属部品が出てきます。これをナットといいます。

これは用意したモンキーレンチで外してください。

おすすめ 商品

商品画像
トップ(TOP) トラップレンチ TMW-1665

「トップ(TOP) トラップレンチ」はアルミ製のため、よっぽど雑に使わない限り、配管を傷つけて、新たな水漏れを起こしてしまう心配がありません。お値段も3000円とお手頃な割に、丈夫に作られているので、一生ものになります。

3
パッキンをを交換

ナットを外すとすぐにゴム製の部品であるパッキンが見えると思うので、それを外して、購入してきた新品のパッキンと交換してください。

注意
寒さが厳しい地方など、外気と蛇口内の温度差が大きいときは、パッキンを交換しても、すぐに変形してしまいます。この場合、パッキンを交換してから、蛇口にタオルを巻くなどして温度変化を最小限に抑えましょう。

おすすめ 商品

商品画像
カクダイ 水栓ハンドル内パッキン 13用 2組入 0740

パッキンはこちらのカクダイの「水栓ハンドル内パッキン 13用 2組入」がおすすめです。147円というお値段にもかかわらず、パッキン受けは錆びにくい黄銅製で、造りがしっかりしています。

以上が、パッキンの交換手順でした。

蛇口を分解して、中のパッキンを交換すればいいだけなので、業者さんに頼まなくても、時間をかけずに直すことができます。

ナットが緩む

ナットは、配管と蛇口をつなぎ止めている部分です。

長年蛇口を使い続けていると、ナットが緩んでしまいます。
ナットが緩むと、隙間ができ、その隙間から水漏れが起こるということです。

対処法

ナットの緩みに対する対処法です。

用意するもの
・モンキーレンチ
・タオル
手順
1
蛇口を分解する

パッキンを交換したのと同じ手順で、蛇口を分解して、ナットを露出させます。

2
ナットを締める

ナットを露出させたら、モンキーレンチで緩くなったナットを締めます。

これで作業完了です。

配管パイプ


蛇口の次は配管パイプ。

配管パイプから水漏れしていた場合には、

・配管に大きな、隙間、穴が開いている
・配管内に汚れがたまっている

という2つの原因が考えられます。では詳しく見ていきましょう。

隙間、穴が開いているという原因

配管とその先の接着部分の間に割と大きな隙間があり、そこから水漏れが起きているということがまず考えられます。

対処法

以下、配管パイプに空いた隙間に対する対処法です。

用意するもの
・補修テープ
・タオル
手順
1
タオルで汚れを拭く

水漏れを起こしている隙間や、穴がある場所の汚れ水滴を綺麗に拭き取ります。
これをしないと補修テープの接着具合が悪くなってしまいます。

2
補修テープを貼る

テープごとに使い方が違いますが、テープの貼り方は、購入したときに説明書がついてきますので、詳しくはそちらを参考にしながら、テープを貼ってみてください。

おすすめ 商品

商品画像
3M スコッチ 強力多用途補修テープ 48mm幅x9m DUCT-09

「3M スコッチ 強力多用途補修テープ」は3メートル300円と、同じ長さの商品と比べてお手頃な価格。配管の隙間を補修するという慣れない作業で失敗しても、お安いので痛手は少ないはず…窓ガラスの補修など用途は多岐にわたるので、1つ持っておいても損はないでしょう!

さて、隙間からの水漏れの、より具体的な対処方法と、おすすめの道具などに関して、詳しく情報を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

排水パイプ周りの嫌なにおいの取り方まで書かれているので、おすすめです!

配管内にたまった汚れが原因の場合

また一方で配管パイプ内の汚れが、溜まりすぎて、水が漏れ出てしまうという場合もあります。

配管中に汚れがたまりすぎていると、水がきちんと流れきらず、わずかに開いた接着部分の隙間から漏水してしまうということなんです。

対処法

溜まった汚れが原因で漏水しているところへの対処法です。

用意するもの
・パイプ掃除専用ワイヤー
・洗剤
手順
掃除をする!

とにかく掃除
配管をとにかく掃除しなければなりません。

隙間を埋めれば良いじゃないか、と思う方もいらっしゃると思います。
しかし、隙間のテープでの補修をしても、水漏れの大きな原因が、汚れだった場合には、すぐに水漏れが再発してしまう可能性があるのです。

普段は配管の掃除なんてしないでしょうから、この機会にやってみるのも良いと思います!

しかし、曲がった部分がある配管には、通常の掃除道具では奥までお掃除しきれません。

きちんとお掃除するには、専用の掃除道具が必要になります。
配管専用のおすすめの掃除道具を2つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめ 商品

商品画像
パイプ洗浄剤 ピーピースルーF 600g 業務用排水管洗浄剤

こちらの「パイプ洗浄剤 ピーピースルーF」は600g1000円と、他の配水管洗剤よりもお値段は高めですが、強力な洗浄力を誇ります。水漏れを起こしてしまうほど、たまってしまった長年の汚れには、強力な洗浄力をもったこの洗剤が大活躍してくれるはずです!

おすすめ 商品

商品画像
三栄水栓 パイプクリーナー 5メートル PR80-5M

こちらの「三栄水栓 パイプクリーナー」は先端がワイヤー状になっているので、先端を曲げることで、曲がった配管にもすっと入っていくようになります。手元を回すと先端も連動して回るという動きをして、詰まったゴミの部分をごりごりと砕くので、あきらめていた硬いつまりも流すことが出来ると思いますよ。

パイプとパイプをつなぐ接続部分

パイプ同士の接続部分などでも、水漏れが起こります。

この接着部分で水漏れしてしまう原因は、接続部分が緩くなっているということが主なものです。

接続部分が緩くなっている場合

地震など、大きな衝撃を受けた場合に、この部分が緩んでしまうことが多いです。

こちらも緩んだ際にできた隙間から、水漏れしてしまいます。

対処法

接着部分の緩みへの対処法をお伝えしていきます。

用意するもの
・モンキーレンチorプライヤー(場合によっては必要なし)
手順
1
水漏れしている箇所を締める

モンキーレンチプライヤーなどで接着部分を締めてください。

ナットと同じく緩んでいるというだけで水漏れしているので、締めれば簡単に水漏れが収まります。

注意
奥まっているところにある配管の接続部分の多くは、コンセントの近くにある場合があります。水が漏れ出しているまま作業してしまうと、感電の恐れがあるので、止水栓を閉めてから作業を行ってください。

ちなみに、最も複雑な手順を必要とする水漏れが起こる場所がトイレです。

タンク、ウォシュレット、ホースと、みるべきところが多いうえに、精密機械なので、素人が安易にいじってしまっては、余計に状況を悪くしてしまいます。
基本的には、業者さんに修理を依頼するしか方法はありません。
とはいえ、業者さんが来るまでにできる応急処置くらいは知っておきたいですよね。

こちらの記事では、トイレ水漏れに対する応急処置の仕方などが詳しく書かれています。
お困りの方は是非参考にしてみてください。

水漏れの後始末はとにかく迅速に!

漏水していた場所の処理が終わったら、次は漏れた水の後始末です。

少量なら拭いて終わりですが、気付かなかった場合などの量が多いケースは大問題! 水浸しになった床や壁は、建物の老朽化を加速させますからね。

水漏れが引き起こすトラブルは後述するので、ひとまず置いておきましょう。

ここでは基本的な後始末の方法について触れていきたいと思います。

基本的な後始末方法

フローリングの場合 多くのケースで考えられる材質がフローリングです。 タイルやガラス材であった場合も同じような工程なので覚えておきましょう。

用意するもの
・ゴム手袋
・水拭き用タオル
・乾拭き用タオル
・消毒用エタノール
手順
1
水を拭き取る

まずは溜まってしまった水を拭き取っていきます。
汚水の可能性も考えて、全工程でゴム手袋を付けておきましょうね。 あまりにも量が多い場合は、バケツ水切りワイパーがあると大変便利!
絞り機能がついたスポンジワイパーがある場合は、そちらも使うと効率的です◎

2
乾拭きをする

一面の水を拭き取れたら、今度は乾拭きをします。
この後エタノールで消毒をするので、水気が残らないよう丁寧に拭き取りましょう。

3
エタノール消毒をする

漏れた水には雑菌が含まれている場合があります。
特にトイレなどで発生した水漏れでは消毒が必要になりますね。
用意したエタノールを使って、乾拭きした面を除菌していきましょう。

迅速な後始末がもたらすメリット

見出しにもあるように、後始末はスピードが肝心です!

・なぜ早い方がいいのか
・なぜ消毒をしたのか
この辺りについても解説していくので、ぜひ読んでおいてくださいね。

◎なぜ迅速に?

濡れた床というのは、様々なトラブルを引き起こします。

一つはカビ。 自然乾燥に任せて置くと、カビの胞子が濡れた床材に付着し、増殖。

再び確認する頃には床がカビだらけなんてことになりかねません。

もう一つはシロアリ。 実は、雨の多い地域ほどシロアリ被害が多いんです。

この説からも分かる通り、シロアリは湿った環境を好んで住み着きます。

迅速に水気を取ってあげることで、これらの問題に対応できるのです。
濡れた床が不快なのは当然ですが、それ以上の被害があることも知っておきましょう。

◎なぜ消毒を?

先程説明した通り、漏れた水が汚れている可能性もありますね。

それとは別に、菌の繁殖を抑える目的もあるんです。
蛇口から漏れた水が飲める程キレイな水であったとしても、汚れを含めば別。

自然乾燥で残った菌と湿り気が好条件をつくり、どんどん繁殖していきます! 拭き取るだけでも一見キレイにはなりますが、目には見えない雑菌も意識しましょう。

水漏れを放置したことで起こるトラブル

ここまで、水漏れの確認方法と、応急処置の仕方について、見ていきました。
一連の確認から対処までの作業って、正直めんどくさいな、と思った方もいるかもしれません。

ではもしも、水漏れを放置していたらどんなことが起こってしまうのでしょうか?
それは、

・家の老朽化
・莫大な水道代
・損害賠償

というトラブルが起きてしまうことになります。

家の老朽化を促進してしまう

漏水を放置していると、床が水浸しになってしまいます。
この水浸しが、床の腐食の原因となり、家の老朽化に拍車をかけてしまうことになるのです。

莫大な水道代が請求されることがある

水が出っぱなしの状態が続くと、莫大な水道代を払わなければならなくなリます。

便器内の貯水量が多いタイプの洋式トイレで、わずかに水面が動く程度の水漏れを、1 ヵ月放置してしまうだけで、普段の水道代に上乗せして、75000も払わなければならなかったケースもあるんです。(なんと一般家庭のトイレ1つだけでです!)

損害賠償を請求される

マンションやアパートなどの集合住宅にお住みの場合、近隣の住宅にまで水漏れの被害が拡大してしまうと、損害賠償を請求されることがあります。

こちらは、水道代とは比べものにならないくらいの、数百万円単位で弁償させられることがあります。

自分で無理そうなら、業者さんを呼びましょう!

ここまで水漏れを対処する方法を紹介してきましたが、道具を揃えなくちゃいけなかったり、作業が面倒だったり、自分でやる気が起きない人もきっといると思います。

そんなあなたは、業者さんに頼んじゃいましょう。
水漏れなんて、しょっちゅうあるわけではないし、業者さんに頼んだ方が確実なら、そうした方が無難です。

「あなたのマイスター」では、水漏れ修理・トイレつまり修理のプロに「水漏れやトイレづまりの修理で見積もりをお願いする際、業者さんにどんな情報をお伝えすれば良いですか?」と聞いてみました!
たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。

住まいる工作所さん(高知県)

水漏れ修理の際に欲しい情報として、水漏れで見える部分でありましたらどの部分かをお知らせ下さい。

ABCメンテナンスさん(大阪府)

水漏れは何処から漏れてるか教えて頂けたら大丈夫です。詰まりはマンションか一軒家か、便器に何か落としてしまったか等教えてください。

水漏れがどこで起きているのかを伝える、これが大事です。
これでいざとなって、頼まなくちゃいけない状況になってしまっても、少しは落ち着いて、業者さんに連絡することができますね!

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

まとめ

放置しておくと取り返しのつかない事態を招く、漏水の早期発見をする方法から、水漏れが起きている部位ごとの対処法と、注意すべきことを見てきました。

ここであげた方法をとっても、水漏れが直らないことは往々にしてあります。
この場合には、専門の業者さんに対応してもらうしかありません。

また、自分で対処しようとしても、処置がおざなりになってしまい、水漏れが悪化してしまうことがあります。
そのような場合には、確かな技術を持ったプロの業者さんに対応してもらいましょう。

関連記事

ダイソーは大掃除前に行くべし!掃除道具から洗剤までALL100円

  年末に近づくと、気になってくるのが大掃除ですよね。 最近はお家にいる時間も増えているので、年末に大掃除して新年を向かえることにこだわらずに、半年に一度や、寒くなる前の秋に大掃除をするという方も増えているようです。 大 […]

暮らしの3メディア初コラボ!お掃除グッズ総選挙2020開催決定!

 今回、年末の大掃除シーズンに向けて『ユアマイスタースタイル』『LIMIA』『暮らしニスタ』の3つのメディアのコラボレーションが決定しました! その名も「お掃除グッズ総選挙」 みなさんが「実際に使ってよかった」と感じた洗 […]

ふすまの張り替え方を解説!DIYならおしゃれなアレンジも楽しめる

襖(ふすま)。 畳や障子と並ぶ、和のテイストには欠かせないアイテムの一つでしょう。 障子が破れやすいのは周知の事実ですが、襖も紙なので破れやすいし汚れも目立ちます。 小さいころは色々やって、襖をステッカーだらけにしたもの […]

草刈りに最適な時期や手順、道具を紹介!業者さんに依頼する判断基準も解説

広いお庭や畑を持っている方、「雑草」に悩まされていませんか? 何度草むしりをしても、気が付くとまたポツポツと生えていたり…。 放っておいたらいつの間にか雑草だらけになっていた、なんてことも。 雑草が広範囲に生えている場合 […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

振袖のたたみ方を手順写真つきで解説!帯や草履のお手入れも忘れずに

憧れの晴れ着、振袖。 成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。 また、成人式だけでなく、結婚式の花嫁さんが着たり、結婚式に参列する人が着たりもする、特別な礼装です。 大切な振袖だから、シワにならないようにきちん […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

エルメス・グッチ・Diorのブランドバッグ修理は二子玉川美靴工房

HERMES(エルメス)のバーキン・ケリーをはじめ、GUCCI(グッチ)、CHANEL(シャネル)、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)……大切にしている鞄や財布はずっと綺麗に使いたい。 誰もが思うそんな想いに応 […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]