HOME
更新日 :2021年11月10日

換気扇の分解は自分でもできちゃう?分解をマスターして掃除を習慣に

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

日々使っている換気扇は、油汚れやホコリなどを吸い込んでいます。

換気扇の内側には汚れが蓄積されるので、定期的な掃除が必要。

換気扇の内側の掃除をするには、換気扇を分解し、それぞれのパーツを掃除しなくてはいけないですよね。

でも、「どこまで分解してしたらいいんだろう」「元に戻して動かなくなったらどうしよう」と不安で分解する勇気がないという方もいると思います。

そんな方に、今回お伝えしたいのが、換気扇の分解の手順と注意点!

手順と注意点をふまえて分解すれば、換気扇内側まで自分でスムーズに分解して掃除することが可能になります♪

ということで、さっそく換気扇の分解について詳しく紹介していきましょう。

換気扇の種類

キッチンに備え付けてある換気扇には、主に3種類あります。

それぞれ、分解方法が違うので、まずは換気扇の形をチェックしてみてください。

ドラム式換気扇

最近のキッチンでは主流。

換気扇フィルターの中にカタツムリの殻のような形をしたドラムがあるもので、内部には円形のシロッコファンという無数の羽が付いています。

プロペラ式換気扇

昔ながらの換気扇。

4枚ほどの羽がついたプロペラが中央にあり、扇風機のように回転して吸気するもの。

アイランド型換気扇

最近の換気扇ではアイランド型と呼ばれる煙突のついた特殊な換気扇があります。

アイランド型の分解して掃除するには、専門的な知識が必要なので、専門業者へ相談するのがおススメ。

分解してみましょう!

ドラム式とプロペラ式では若干手順は変わりますが、大体の分解手順は同じですので、一緒に手順を説明していきますね♪

キッチン換気扇分解の手順
 
1
電源プラグを抜く

掃除中の誤作動や通電による事故を防ぐため、はじめに必ず電源プラグを外しましょう。電源スイッチがある換気扇の場合には、電源をOFFにしてから電源プラグを外してくださいね!

2
外側から外せるパーツを外していく

レンジフードがある場合には、レンジフードを外しましょう。

レンジフードの下部や左右にあるネジをゆるめて外します。

レンジフードが大きく重い場合には、1人で無理をせずに、2人で取り外しましょう。

ドラム式はシロッコファンの外れ防止の器具を外し、プロペラ式は換気扇のカバーを外します。

3
ファンやプロペラが固定されている器具を外す

4
ファンやプロペラをまっすぐ前面へ引っ張って取り外す

キッチン換気扇の掃除で準備するもの
・ゴム手袋
・ブラシやスポンジ、たわしなど
・割りばし
・雑巾
・バケツなど大きめな容器
・新聞紙や大きめなゴミ袋
キッチン換気扇掃除の手順
 
1
ゴム手袋を装着して、手順に沿って分解した換気扇のパーツを、新聞紙や大きく開いたゴミ袋などの上に広げる

2
大きめな容器やバケツ、もしくはシンクに栓をして60℃のお湯をはる

3
洗いたい換気扇パーツをお湯に漬け込み、アルカリ性の油汚れ用洗剤を入れてよく混ぜる

4
そのまま約15分から20分放置する

5
時間が経ったら、お湯から出してブラシやスポンジ、たわしなどを使って擦る

6
パーツを水洗いして、雑巾などで水分を拭き取る

7
分解した逆の手順で、換気扇パーツを元の場所へ戻す

おすすめ 商品

商品画像
リンレイ 換気扇レンジクリーナー

浴室やトイレの換気扇の分解

浴室やトイレの換気扇には、チリやホコリ、カビなどが付着している可能性があります。

キッチン以外の換気扇は、カビやホコリの掃除して再びカビがつかないよう予防しましょう。

用意するもの
・消毒用エタノール
・バケツ
・雑巾

おすすめ 商品

商品画像
サイキョウ・ファーマ 消毒用エタノールIP
掃除手順
 
1
大きめのバケツやシンクに栓をして、60℃のお湯をはって、分解して外した換気扇パーツを入れて、アルカリ性洗剤を入れて漬け込む

2
そのまま約15分から20分放置する

3
放置時間に、換気扇本体や換気扇まわりに消毒用エタノールをスプレー

4
雑巾などでカビやホコリを拭き取って、最後にもう一度エタノールをスプレーしてカビ予防

5
漬け込んでいたパーツを水洗いして、雑巾などで水分を拭き取る

6
パーツにも最後にエタノールを吹き付け、分解した逆の手順でパーツを換気扇本体へ戻す

プロに依頼する

換気扇の汚れがひどく、換気扇の分解ができない場合や、汚れが取りきれない場合には、換気扇掃除の専門業者に依頼して掃除をしてもらいましょう。

専門業者に依頼すると、分解し、特殊な洗剤などを使って、丁寧にキレイにしてくれます。

まとめ

換気扇は定期的に分解して内部までキレイに掃除する必要があります。

換気扇の汚れを放置していると、掃除の際に手間がかかり、換気扇の運転効率が下がってしまうことも。

換気扇は手順に沿って無理な力を入れずに分解し、キレイに掃除をしましょう。

汚れがひどかったり、分解ができない場合には、プロの清掃専門業者へ依頼することも検討してみてくださいね。


口コミ80,000件以上
しつこい油汚れはプロにお任せ
皆さんのおうちの換気扇、ちゃんとお掃除していますか?油ギトギトのまま放置しておくと、故障の原因になることも…。「汚れすぎてどこから手をつけていいかわからない」「忙しくてお掃除する時間がない」という方はプロに依頼するのがおすすめ。ユアマイスターなら、あなたに合う厳選したプロをご紹介します!
換気扇クリーニングの相場
11,000 円(税込) 〜

お住まいの地域から選ぶ