換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

■換気扇のフィルター掃除は、3ヶ月に1回の頻度で行うのが正解
■アルカリ性洗剤のつけおきか、重曹をふりかけて、楽して綺麗にお掃除
■外付けフィルターは、換気扇掃除のプロもおすすめ!だけど注意も必要

OCCIN

2017年07月25日

みなさん、ご自宅の換気扇を見てみてください。
特にフィルター部分

油でギトギトゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか?

びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。
ですが、そのまま使い続けるなんて絶対にNG

換気扇の油汚れをそのまま放っておくと、換気が正しくされません。
その結果、お部屋に湿気が溜まってしまったり、臭いの原因になったりします。

ここでは換気扇のフィルターを完璧にキレイにする方法を徹底解説します。

手順は意外と簡単で、必要なものも少ないです。
後回しにせずにちゃっちゃとキレイにしましょう♪

フィルターのお掃除は「3か月に1回」

まずは、換気扇のフィルターのお掃除って、どのくらいの頻度ですればいいの?って話です。
ここではっきり述べます。

正しい換気扇の掃除の頻度はずばり、3か月に1回

油汚れがたまって取り除くのが面倒にならないうちに、お掃除するのがおすすめです。
最低でも6か月、半年に1回は必ず行いましょう。

 

それにしても、どうしてフィルターってこんなに油汚れが溜まってしまうのでしょうか?
フィルターの役割と油汚れの原因をここでちょっと説明しますね。

 

換気扇のフィルターにつく油汚れの原因は「蒸発した油」

そもそも、換気扇のフィルターは、換気扇の内部のファンやモーターに汚れが付着するのを防ぐためのもの。

換気扇を使うのは、もっぱら料理中。
料理に使う油は、蒸発してフィルターにくっつきます。
蒸発した油は、フィルターにくっついた状態で空気中で冷やされることで、もとの液体の油に戻ってしまいます。

これが、ギトギトした油汚れの原因。

さらに、油汚れに空気中のホコリや細かいゴミがくっついてしまうことで、真っ黒な汚れになってしまうのです。

 

この換気扇のフィルターにつく油汚れ。
お掃除をしないで放っておくと、厄介な問題がいろいろ起こってしまいます。

 

換気扇のフィルターにつく油汚れのせいで起こる5つの問題

料理をするとき、油は、ほぼ必ず使うもの。
換気扇のフィルターに油汚れがつくから、もう油は使わない!なんてことはできませんよね。

きちんとお掃除をすればよいのですが、ついつい後回しにしがちなのが換気扇。
放っておいた油汚れによる逆襲の数々を紹介します。

1◇余計にかかる、電気代

フィルターに油汚れがたまるということは、換気扇の入り口が詰まるということ。
換気扇が正常に空気を吸引することができなくなるのです。

そのため、換気のパワーが通常よりも余分に必要になります。
すると、電気代が多くかかってしまうことに。

 

2◇ただよう、異臭

油汚れによって正常に換気ができなくなると、空気の流れが悪くなります。
そのせいで、キッチンに嫌な臭いがたまってしまうのです。

また、換気扇自体が油汚れでいっぱいだと換気扇を動かすたびに嫌な臭いがお部屋に広がってしまいます。

 

3◇はびこる、カビ

キッチンってお料理で水を使ったり、洗い物をしたり、かなり水が溜まる場所。
換気扇の油汚れのせいで正常に換気されないと、湿気がたまる原因になってしまいます。

湿気がたまると…?
そう、カビですね。

台所用品にポツポツとカビが!なんて最悪ですよね。

 

4◇悩ましい、換気扇の故障

フィルターの油汚れには、もちろんが水分が含まれています。
ですから、そのまま放置してしまうと、換気扇のフィルターのみでなく内部にも水分や湿気が溜まります。
内部に水分が溜まると、換気扇のサビや腐食が進み、換気扇の故障の原因になってしまいます。

 

5◇最悪のケース、火事

これは最悪の場合。
換気扇フィルターに油汚れがたまったまま、時間が経過すると油が酸化して引火しやすくなってしまいます。
ひどい場合はガスコンロの火が引火して、火事になってしまう可能性があるのです。

これは大変ですよね。
だから、汚れがたまらないうちに定期的にフィルターを掃除するのって重要なのです。

 

お掃除の前にしておく3つの準備

いざ!掃除!と意気込んだはいいものの。
ちょっとストップ。

換気扇のフィルター掃除を行う前に、しておく準備が3つあるのです。
まずはそこから。

1◇電源プラグを抜く / ブレーカーを切る

換気扇のお掃除の途中でファンが動き始めてしまうと、事故につながる恐れもあります。

まずは、必ず電源を切りましょう。
さらに、電源プラグを抜くかブレーカーを切ります。

電源プラグは、換気扇の種類や機器ごとに位置が異なります。
取り扱い説明書を読んで、電源プラグを抜きましょう。

電源のおおもとのブレーカーを切ってもOKです。
でも、その場合、冷蔵庫など他の電気製品の電源も落ちてしまうことに注意です。
意外と盲点…?

 

2◇キッチンを汚さないように養生する

フィルター掃除の油汚れのお掃除をすると、もちろんキッチンの換気扇の周りが汚れてしまいます。
汚れるのを防ぐために、周りを養生しましょう。

用意するもの

・新聞紙
・ビニールシート(ゴミ袋を切り裂いたものでも可)
・養生テープ

  手順  

1. ガスコンロの部分に新聞紙を敷く
ガスコンロ部分は換気扇フィルターの真下なので、必ず新聞紙を敷きましょう。

2. 床にビニールシートを敷く
フィルターは大きいので掃除していると床にも油汚れが飛び散る危険性もあります。
床にはビニールシートを敷きましょう。
ゴミ袋を切り裂いたものでもいいですよ♪これは安全のために養生テープで固定しましょう。

3. 壁に新聞紙を貼り付ける
大体の養生は1と2でOKですが、周りが白い壁など油汚れで汚れてしまいそうな場合は回りの壁も新聞紙を養生テープで貼り付けて養生しましょう。

 

3◇ゴム手袋とマスクをつける

油汚れは肌への刺激が強いので特に肌の弱い方は触れると荒れてしまう可能性が高いです。
洗剤も使うのでかならずゴム手袋とマスクを着用してからはじめましょう♪

 

まずは、フィルターを取り外しましょう

さて、お掃除を始めるには、まずフィルターを取り外すところから。
換気扇の種類によって、フィルターの取り外し方はかなり異なります。

ちょっとここで説明しますね。
換気扇のタイプは大きく分けて2つ。

レンジフードタイプ(深型 / 整流版付 / 浅型)
プロペラタイプ

です。

最近では、レンジフードタイプが主流。
これは、コンロの真上の天井を覆うように取り付けられているものです。
深型整流板付、そして浅型の主に3つの種類があります。

プロペラタイプは、最近ではあまり見なくなったものの、かつては圧倒的主流だったタイプ。
壁にプロペラファンが埋め込まれた換気扇ですね。

このレンジフードタイプの3種類、そしてプロペラタイプのフィルターの外し方をご説明します。

注意
フィルターの外し方は機器やメーカーさんによって異なる場合が多いので、基本的には取り扱い説明書またはレンジフード本体に貼ってあるシールに記載されているやり方に従いましょう。

「深型レンジフード」のフィルターを外す方法

深型レンジフードとは、換気扇内部を覆っているレンジフード部分が深い、長いもの。

フィルターには手前に取っ手がついてあるものが多いため、手前の取っ手を持って上にずらすことでフィルター上部を換気扇本体から外すことでフィルターを取り外しましょう。

 

「整流板付レンジフード」のフィルターを外す方法

整流板付レンジフードとは換気扇の下部を全て整流板という板で覆っているタイプのレンジフードです。
最新のものに多く見られます。

フィルターを外すには、まずは整流板を外します。
整流板の左右に固定のストッパーがついているものは、そのストッパーを押し上げて外しましょう。
ねじで固定されている場合は、ねじをゆるめて外します。
手でゆるめられる場合が多いです。

整流板を外すと、フィルターが出てきます。
フィルター自体の外し方は、機器にもよりますが、基本的には深型のものと同じです。
手前についてる取っ手を持って、上にずらすことで外れます。

 

「浅型レンジフード」のフィルターを外す方法

浅型レンジフードとは、換気扇本体のすぐ下にフィルターがついていて、名前の通り浅いレンジフードで覆われているもの。

浅型レンジフードのフィルターは、ねじで留まっている場合が多いです。
フィルターを固定しているねじをゆるめて外しましょう。
こちらも手でゆるめられるものが多いです。

 

「プロペラタイプ」の換気扇のフィルターを外す

プロペラタイプの換気扇は、フィルターがついているものと、ついていないものがあります。
フィルターというよりも、カバーという呼び方をする場合も。

フィルターは、プロペラの前面と後面のどちらについているかは機器によってまちまち。
でも、手前にカパッと引っ張ると、外れるものが多いです。

換気扇1つにもこんなに種類があるんです。
あくまでもちゃんと説明書を参考に。

 

「つけおき洗い」で洗ってみる

フィルターを取り外したら、油汚れ撃退の時間です。

お皿についた油汚れと一緒で、とにかく水でゴシゴシ洗って落ちるものではありません。
有効なのは、お湯でつけおき洗いして油を分解させること。

それではやってみましょう。

用意するもの

・アルカリ性洗剤
・45リットル程度のゴミ袋2枚以上
・スポンジ
・雑巾
・新聞紙

   手 順  

1. シンクにゴミ袋を広げてフィルターをお湯につける
つけおき洗いにはゴミ袋を使用します。破れるのを防ぐために2枚以上のゴミ袋を重ねてシンク全体に広げます。
そこにフィルターを入れて40~50℃のお湯を中にためます

 

2. 洗剤を入れてつけおき
油汚れ用のアルカリ性洗剤を、全体のいきわたらせるためにゴミ袋の縁にそって円を描くように入れましょう。

おすすめの洗剤はこちら。

強力なアルカリ性洗剤のため、ベトベトな油汚れを分解するのにおすすめです。
ガスコンロや電子レンジの中などの汚れにも使えます。同時に除菌効果もあるので、雑菌の気になるキッチン周りには最適です。

 

3. 40~60分程度おく
そのまま40~60分程度放置します。

 

4. スポンジで汚れを落とす
つけおきが終わったら、スポンジで汚れを擦って落としましょう。

 

5. 取り出して雑巾で拭く
フィルターをお湯から引き上げます。
水を切って新聞紙の上に置き、雑巾で拭いて完成です。

つけおき洗いは、これでオッケー。
ちなみにここで使う洗剤って何?
って思いますよね。換気扇掃除に適したおすすめの洗剤の記事ものちほど公開予定です。乞うご期待!

洗剤は「アルカリ性洗剤」がおすすめ

ちなみにこのつけおき洗いに使う、アルカリ性洗剤
ひとこと「アルカリ性洗剤」とは言っても何を使えばいいのか…難しいですよね。
こちらの記事にまとめてあります。おすすめ洗剤。
これから換気扇、徹底的に洗いたい。だから洗剤もそろえたいんだ。という方はご覧あれ!

「換気扇の掃除に使える洗剤は家庭用?業務用?ハズレのない5選を発表」

 

「重曹」で洗ってみる

重曹って本当に万能ですよね。
実は、換気扇フィルターの油汚れにも重曹って使えるのです。

それではやってみましょう。

用意するもの

・重曹
・新聞紙
・使い終わった歯ブラシ

  手順  

1. 外したフィルターの全体に重曹をかける
新聞紙を敷いた上に外したフィルターを乗せて油汚れのひどい面の全体に重曹を全体にフィルター表面が見えなくなるくらいまで重曹をふりかけます。

2. 2~3時間放置して歯ブラシでこする
そのまま2~3時間放置して歯ブラシで重曹も油汚れも擦って落としましょう。

はい、たったのこれだけ。
あまりにも簡単。ほんとに重曹って万能すぎる。

 

「小麦粉・セスキ炭酸ソーダ」でも洗えるのです

いや、ちょっと重曹が家にないんだよねーというあなたに朗報です。
換気扇フィルターの油汚れがするっと落とせるびっくりアイテムって、重曹だけではないのです。

それが、小麦粉セスキ炭酸ソーダ
くわしく紹介します。

「小麦粉」で洗ってみる

重曹が無くってもこれならありますよね!小麦粉。
期限切れのものでもOK。フィルターについた油汚れをぐんぐん吸い取ってくれるのです。

用意するもの

・小麦粉
・新聞紙
・ゴム手袋
・使い古しの歯ブラシ
・雑巾2~3枚

  手順  

1. 外したフィルターの上に小麦粉をふりかけて30分放置
新聞紙を敷き、その上に外した換気扇フィルターを置きます。
表面が見えなくなるくらいまで小麦粉をふりかけます。
そのまま30分ほど放置してください。
ちなみに、油汚れがひどく小麦粉が茶色くなっている部分はさらにその上に小麦粉をふりかけて再度30分置きます。

 

2. ゴム手袋でこする
30分放置したら、小麦粉は油を吸い取って固くなっているため、ゴム手袋をはめてゴリゴリ小麦粉ごと擦って油汚れを落としていきます。
細かいところは歯ブラシでさっさと♪

 

3. 雑巾で水拭き
大体の部分の油汚れと小麦粉を落としたら、次は細かい汚れです。
これは濡らした雑巾で落としていきましょう。

 

4. 乾拭き
最後に乾拭きして完了です。

うん。これも簡単。結局油汚れを吸わせて放置して落とす。これが簡単なのです。

 

「セスキ炭酸ソーダ」で洗ってみる

重曹はないけどセスキ炭酸ソーダならある…って人は、まあ、あまりいないとは思いますが。
たまたま家にセスキ炭酸ソーダがある!って人に知ってほしい。

セスキ炭酸ソーダで換気扇フィルターの油汚れ、落とせます。
また、実は重曹よりもアルカリが強いため、油汚れを落とすにはかなりの効果が期待できるのです。

用意するもの

・セスキ炭酸ソーダ
・新聞紙
・ゴム手袋
・空のスプレーボトル
・雑巾2~3枚

注意
セスキ炭酸ソーダはアルカリがかなり強いため手が荒れやすいので要注意です。
かならずゴム手袋をはめてから作業を始めましょう。

  手順  

1. セスキ炭酸ソーダを水に溶かす
水500mlに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を空のスプレーボトルの中に溶かします。

 

2. フィルター全体にスプレーして30分放置する
新聞紙を敷いてその上に取り外したフィルターを置きます。
フィルターの油汚れがひどい面の全体にスプレーして30分間そのまま放置します。

 

3. 雑巾で水拭き
30分放置したら、濡らした雑巾で水拭きして油汚れをセスキ炭酸ソーダごと落としましょう。
もちろんゴム手袋をつけたままで。

 

4. 乾拭き
乾拭きしたら完了です。

 

うん、これもとっても簡単。
頑固な油汚れも、ゴシゴシする必要はないんです。
フィルター掃除もシンプルが一番。

 

外付けフィルター是か非かプロに聞いてみた

換気扇フィルターの外側に付ける外付けのフィルター。
不繊布やガラス繊維のものなどかなり種類がありますよね。

これって、付けた方がいいの?
メリットデメリットをここで解説しますね。

外付けフィルターのメリット

いや、外付けフィルターっていう商品、売ってる以上はいいことあるんでしょう?

もちろんその通り。
メリットはあるんです。

掃除が劇的に楽になる

蒸発した油がフィルターに到達する前に外付けフィルターに吸い取られるため、油汚れがフィルター本体に溜まるのを防ぎます。
これでフィルター掃除は劇的に楽になりますね。

ゴミを吸着する

これも掃除が楽になる1つの要因です。
換気扇の内部にゴミが入ると、内部の掃除もとっても大変になってしまうのです…
だから、外付けフィルターをつけることで、換気扇フィルターのみでなく、換気扇内部のお掃除も楽になります。

 

外付けフィルターのデメリット

ところが。
外付けフィルターには、実はデメリットもあるのです。

換気扇自体の換気能力が落ちる

外側にフィルターをつけてしまうため、換気扇自体の吸引力は落ちてしまうので外付けフィルターを付けていない状態よりも余分にパワーが必要になるため時間も電気代も多くかかってしまう可能性があります。
また、最近の換気扇の中には温度を自動的に感知して換気の風量を調整するエコ運転なるものを行うものもあるんです。
これらの換気扇には外付けフィルターをつけることがNGなものもあるんです。

可燃性の素材に注意

外付けフィルターの中には、可燃性の素材でできているものもあるため、長いこと交換しないまま油汚れを溜めてしまうとガスコンロの火が燃え移る可能性もあるので大惨事になりかねません。
付けるならこまめに交換しましょう。

 

おそうじのプロに聞いてみる

「あなたのマイスター」では換気扇クリーニングのプロに「換気扇用の市販の使い捨ての外付けフィルターはおすすめしますか?」と聞いてみました。

たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介します。

H&C渡辺 ハウスクリーニング&コーティングさん(埼玉県)

おすすめします。こまめに交換されるのであれば、100均のものでも十分効果があります。ただ、フィルターをつけたから汚れにくいんだと過信して、フィルターが汚れても放置してしまうというのが一番良くないです。

 

ハウスウォッシュ ブルーポート 本店さん(東京都)

物によりますが、風を通しつつ油をキャッチしてくれるものだと効果があります!ただ、安いものだと、油はキャッチできますが風を通しにくいので、結局、吸い込みが悪く、部屋に油が舞うなんてこともあるのでご注意を!

 

換気扇のフィルターは、空気を吸い込む力を妨げない程度に通気性のいいものを選ぶのが吉なのですね。
フィルターをつけていても、きちんとお手入れすることが重要ですね。

換気扇は内部までお掃除したい

フィルターはこれで完璧、ですね♪

さて、フィルターがキレイになったら、次に気になるのは換気扇の中身のお掃除ですよね。
そんなあなたにオススメの記事はこちら。
換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介
換気扇丸ごと、どうやって洗うのか、換気扇のタイプ別に説明してあります♪
ぜひご覧あれ。

 

まとめ

換気扇の掃除は、3ヶ月に1回はするようにしましょう。
料理中に蒸発した油が、換気扇にベッタリになってしまいますよ。

そうなると、異臭カビ故障火事の原因になってしまうことも……。

フィルターを洗うには、アルカリ性洗剤でつけおき洗いするか、重曹小麦粉セスキ炭酸ソーダを使います。
ゴシゴシ洗う必要はありません。とっても簡単です。

掃除を楽にしたい方には、外付けフィルターがおすすめ。
ただし、換気機能が落ちるなどのデメリットも頭において使いましょうね。

定期的に掃除すればするだけ、楽になっていきます。
こまめなお手入れを、欠かさないようにしましょう♪

関連記事

NEW大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

  年末が近づくと、悩みのタネとなってしまう大掃除。 普段のお掃除はどうしても簡単なものになりがちですよね。普段はお掃除しないという場所もありますし、いつものお掃除では落としきれない汚れがいつの間にたまっている […]

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄のクリーニング・色補修を取材!カビ・シミ・角の傷が消え去った日

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

靴底のかかとのゴムを、靴修理の職人さんが自然に馴染ませて直した話

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

おすすめ特集