換気扇の油汚れ用洗剤のオススメは?汚れをしっかり落とす8個を厳選

つっきー

更新日:2021年01月29日

換気扇って、いつの間にか油汚れが溜まって、汚くなってしまいがちですよね。

でも、換気扇のお掃除を始める時、まず最初にぶち当たる壁はこれじゃないでしょうか。

「換気扇って、どの洗剤でお掃除すればいいの…?」

洗剤といってもいっぱいありますよね。中性がどうのアルカリ性がどうの…。

今回はそんな人のために、換気扇のお掃除に最適な洗剤を解説していきます。

家庭用にとどまらず、業務用の洗剤までまるっと紹介するので、参考になること間違いなしです!

換気扇のお掃除には「アルカリ性洗剤」

スーパーやドラッグストアに行くと、たくさんの洗剤が並んでいますよね。

「酸性」「中性」「アルカリ性」といった洗剤の種類はよく聞くと思いますが、これは、主に「pH値」によって分類されています。
pH値とは、酸性とアルカリ性のどちらが強いのかを数値化したもの。

・酸性洗剤…水垢や尿石、サビを落とせる
・中性洗剤…軽度な汚れを落とせる、肌にやさしい
・アルカリ性洗剤…油汚れや皮脂汚れ、焦げ付きなどを落とせる

酸性洗剤とアルカリ性洗剤は、洗浄力は強いのですが、肌に触れると荒れやかぶれを起こしてしまいます。

それに対し中性洗剤は、洗浄力は弱いですが、肌にやさしいため、日々のこまめなお掃除には最適です。

では、換気扇のお掃除に使うべき洗剤はどれなのでしょう?

換気扇につく主な汚れは、油汚れ
ということで、油汚れを落とすのに最も効果がある、アルカリ性洗剤が正解なのです!

ただし、注意してほしいことが1つだけ

ただ、ここで知っておいてほしい注意点が1つだけあります。
アルカリ性の強い洗剤はアルミを溶かすなど、素材への負担も大きいのです。

塗装が剥げたり、変色する恐れがあるため、お掃除の前に目立たない部分で試してから洗剤を使いましょう。
また、軽い汚れには、アルカリよりもやさしい中性洗剤を使うこともおすすめです。

「家庭用洗剤」と「業務用洗剤」の違いは、濃さ

油汚れ落とし用のアルカリ性洗剤には2つの種類があります。

それは家庭用洗剤業務用洗剤
みなさん、この違い、知っていますか?

家庭用洗剤は、やさしめ

家庭で使うときに手間を加えず、そのまま使われることを想定して作られているのが、家庭用洗剤です。

家庭での安全性を考慮して作られているため、弱アルカリ性の洗剤が多く、肌に触れてもある程度は問題がないものになっています。

ただし、やはり肌に触れるとダメージがありますので、洗剤を使うときは必ずゴム手袋をしましょう

業務用洗剤は、つよめ

業務用洗剤は、プロのお掃除屋さんなどが薄めて使うことを想定して作られているもの。
いわば、洗剤の原液です。そのぶん汚れ落ちの効果もバツグン!

そのため、肌に触れたり目に入ったりすると、とっても危険です!
使う時にはゴム手袋やマスク、ゴーグルが必須です。
また、換気しながら使うことにも注意しましょう。

家庭用と業務用、どちらを使う?

汚れ落ちの効果は比較的弱めでも、家庭で扱いやすい家庭用洗剤。
汚れ落ちはバツグンで強力だが、扱いには注意が必要な業務用洗剤。

換気扇掃除をする時はどちらを使えばいいのでしょうか?

普段は家庭用洗剤を

換気扇は3ヵ月に1回お掃除するのがベストです。あまり料理をしない場合は、半年に1回が目安。

汚れがこびりつく前の普段のお掃除は、家庭用洗剤を使うのでじゅうぶんでしょう。

業務用洗剤よりも安全ですが、直接肌に触れないよう注意して使ってくださいね。

汚れがひどい場合は業務用を

一方で、放置した油汚れがこびりついて取れないという場合は、業務用洗剤を使ってみるのがおすすめ。

業務用って危ないんじゃないの?家で使うのは不安…。

という人もいるかと思います。
確かに業務用の洗剤は、肌に触れるととても危険なので、使うときには注意が必要です。

でも、きちんと使えば、家庭用洗剤を使うよりも手早くしっかり頑固な油汚れを落としてくれます。

そこで今回は、家庭用だけでなく、業務用の洗剤もおすすめの商品を紹介しています!
参考にしてみてくださいね♪

お手軽!家庭用洗剤のおすすめ3選

まずは家庭用の、キッチンに置いてサッと使えるスプレータイプの商品を3つ、見ていきましょう。

油汚れゴッソリ系

換気扇を分解したら、フィルターもファンも茶色いギトギトの油汚れ。
1秒でも早く汚れを落としてしまいたい!
というあなたにおすすめしたいのがこの洗剤がこれ。

おすすめ
商品

商品画像
ディバーシー スーパーブレークアップTG

泡スプレータイプなので、そのままスプレーするだけでOK♪

注目すべきは、その油汚れを分解する速さ。
泡に粘性があり、油汚れにしっかり浸透して、素早く分解してくれます。

アルカリ性洗剤ですが、身体への刺激は少ないです。
家庭で油汚れを落とすには、もってこいの洗剤です。
お試しあれ♪

つけおき洗いでじっくり系

換気扇汚れ、徹底的に洗いたい!
でもゴシゴシ力をかけて洗うのは面倒。
というあなたがすべきなのは、つけおき洗い。

時間をかけてじっくり油汚れを浮かせて、するっと洗い流すという掃除方法です。

そして、つけおき洗いでおすすめしたい商品がこちら。

おすすめ
商品

商品画像
茂木和哉 の 瞬間 油汚れ洗剤 「 なまはげ 」 400ml

たくさんのメディアで取り上げられている洗剤のプロフェッショナル、茂木和哉さんが開発した洗剤「なまはげ」です!

茂木和哉さんをまだ知らないあなたは、この記事を1度見てみてくださいね。

なまはげの注目ポイントは、とにかく高い洗浄能力
固まってこびりついてしまった油汚れにも、なまはげを吹き付けて5分ほど置いてみてください。
ブラシでするっと落ちるはず。

さらに素材への負担も少ないから嬉しいですね!
ただ、アルカリ性ではあるので、お掃除の際は必ずゴム手袋をして換気してから使いましょう。

レンジフードの汚れには「ウタマロ」

さて、次にレンジフード本体の汚れについてです。
レンジフードとは、換気扇の本体を覆っている外側の部分。

レンジフードに溜まった油汚れは、換気扇の内部ほど深刻ではないし、目に見える部分なのでアルカリ性洗剤を使って傷むのは避けたいですよね。

そこで使ってほしいのがこの洗剤。

おすすめ
商品

商品画像
ウタマロクリーナー 400ml

ウタマロ石けんシリーズのハウスクリーナー。

なんとこれは中性洗剤です。
主な洗浄成分はアミノ酸系なので、手肌にもやさしく、素手で使えるんです。

もちろん素材にもやさしく、レンジフードの表面のお掃除にぴったり!

強力!業務用洗剤のおすすめ2選

もう何年分もの油汚れが積み重なって、家庭用洗剤では太刀打ちできそうにない…
このまま泣き寝入り?いや、それは嫌だ。
誰か助けて!…というあなたには業務用洗剤です。

おさらいですが、業務用洗剤は家庭用洗剤よりも洗浄力が高いけれど、使うときには注意が必要でしたね。

どんな注意をしたらいいのか?ここできちんと見ておきましょう。

注意
・必ず手袋とマスクをして使う
・使うときは必ず換気する
・パッケージの説明通りに洗剤を薄める

強力な洗剤が肌に触れないよう手袋を忘れずに。
アルカリ性洗剤は少なからずにおいがあるので、マスクも必ずしておきましょう。

また、においを部屋にこもらせないよう、換気をしながらお掃除してくださいね。

洗剤を水で薄めるときは、かならずパッケージの説明を読んで、その通りに薄めましょう。

おすすめ
商品

商品画像
ビジョンベルデ 保護めがね

何度も言いますが、業務用洗剤は、成分の刺激がとても強いものです。
飛び散って目に入るととっても危険!これを防ぐために、保護メガネもつけておくと安心ですね。

それでは、とにかく油汚れに強い業務用洗剤を2つ紹介していきますよ!

油汚れをがっつり落とすパワー洗剤

おすすめ
商品

商品画像
技・職人魂 油職人 業務用超強力油用洗剤 スプレーボトル 500ml

業務用は水で薄めて使うもの、と説明しましたが、これはスプレーボトルタイプでそのまま使えるアイテム。
キッチンの油汚れ落としに特化した洗剤です!

何がすごいって、時間が経って固まった油汚れコゲに吹き付けてしばらく置いておくと、ゴッソリ汚れが落ちるそのパワー。
しかも、お湯で流さなくても、水でしっかり汚れが落ちるのです。

除菌もできるプロ用洗剤

もう1つおすすめなのが、みなさんお馴染みのマジックリンの業務用。

おすすめ
商品

商品画像
【ケース販売 業務用 油汚れ用洗剤】マジックリン 除菌プラス 4.5L×4個

油汚れ用なので、しっかりと油汚れがとれます。
さらに、除菌力が高いので、油汚れによって繁殖してしまった雑菌もスッキリするのがポイント!
説明にしたがって水で薄めて、つけおき洗いに使うのがおすすめですよ。

ちなみに、つけおき洗いの方法は以下の記事にまとめています。
具体的なやり方は、この記事を参考にしてお掃除してみてくださいね♪

「重曹」と「セスキ炭酸ソーダ」も使える

ここまで、洗剤を紹介してきました。
が、「洗剤」ではないけれど油汚れを落とせるもの、あるのです。

それが重曹セスキ炭酸ソーダ

おすすめ
商品

商品画像
重曹の激落ちくん 粉末タイプ 1kg

おすすめ
商品

商品画像
セスキの激落ちくん 密着泡スプレー 洗剤 500ml ( アルカリ電解水 + セスキ炭酸ソーダ )

両方ともアルカリ性の物質です。
重曹は、言わずと知れたお掃除に万能なアイテムですよね。
おうちにあるよって方も多いんじゃないでしょうか。
セスキ炭酸ソーダは、重曹よりもアルカリ性が強く、よりしつこい油汚れに使えるアイテムです。

重曹とセスキのメリットは、2つの「安」

では、この重曹とセスキ炭酸ソーダを使うことのメリットって何?
あるんです、この2つをオススメする理由。

安全

アルカリ性の度合いが低めなため、洗剤と比べて肌に触れてもダメージが少ないです。

そのため、基本的には、作業中のゴム手袋は不要です。
ただし、肌の弱い方は、ゴム手袋をはめて作業することをおすすめします。

また、どちらも化学成分が含まれていない天然由来の粉末なので、環境にやさしいという特徴も。

安い

これはかなりの重要ポイントではないでしょうか?
特に業務用洗剤だと、なかなかお値段も張ってきます。

ところが、重曹もセスキも1kgで300円ほどで購入できるのです。
コスパで比べるなら、断然こっちですね。

ちなみに、重曹とセスキで換気扇のフィルターをお掃除する方法は「換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!」で詳しく手順を解説しています♪

また、換気扇の内部のファンやレンジフード自体の油汚れを落とす方法は、「換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介」でご紹介していますよ。

ぜひご覧あれ♪

油汚れを落とす際に注意したいポイント

換気扇のフィルターを掃除する様子

ここまで油汚れに効く洗剤を紹介してきましたが、洗剤の扱い方や掃除の仕方にはいくつか注意が必要なんです。

自分で掃除して自分の肌を傷つけるなんてことにならないように、しっかり見ていきましょう!

ゴム手袋必須!

細かいアミ目やパーツの多い換気扇お掃除。
手袋をつけては掃除がしづらいので、ついつい素手で、すみずみまでキレイにしたくなってしまいますよね。

でも洗剤と油汚れが溶けた水は、お肌にとっては大ダメージ

換気扇掃除に限った話ではないですが、「ゴム手袋」は絶対に使うようにしましょう!

販売している洗剤を見ても、素手での使用をおすすめしているのものはありませんよね。

優しい成分の洗剤を使う

油汚れが深刻な換気扇掃除には、それだけ強い洗剤を使いたくもなると思います。

ですが、洗剤は強ければ強いほどいい。と言う訳ではないんです!

換気扇本体、もしくは私たちの体まで傷つけてしまうかもしれません!

例えば、「酸性洗剤」や「塩素系漂白剤」は諸刃の剣。

特に金属のパーツが多い換気扇周りは、素材を痛めてしまうかもしれないのです。

その点、「重層」や「セスキ炭酸ソーダ」は化学洗剤に比べるとその心配は少なく、オススメですね。

もし洗剤を使いたいという場合は「中性洗剤」を選ぶのがオススメ!

大掃除などのがっつりお掃除したい時を除いて、日常のお手入れ程度であれば、なるべく優しい洗剤を選んでください!

自分では落としきれない汚れもあります

ここまで、換気扇の汚れを落とすのにおすすめの洗剤を紹介してきました。

でも、ここで紹介したアイテムを使えば、うちの換気扇も絶対・完全にピカピカになる!
とは、残念ながら言い切れません…。

「ユアマイスター」では、換気扇クリーニングのプロに「 定期的に換気扇を掃除しているのですが、それでも業者さんにクリーニングをお願いする必要はありますか?」と聞いてみました!
たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。

ナカヤマハウスクリーニングさん(埼玉県)

換気扇は分解クリーニングをしないとファンの部分に汚れが付き、性能が落ち、煙をよく吸い込まなくなってしまいます。異音もすることがあります。見た目が綺麗でも分解クリーニングをお勧めします。

IR・ホームサービスさん(東京都)

プロは汚れに対応する知識があり、様々な種類の機械も見ていますので、どの程度分解できるかもよく知っています。分解清掃することによって、細かい汚れも取ることができます。

換気扇は分解しないと、完全にきれいにすることはできないのですね。

でも分解することは、換気扇のプロではない私たちには難しいもの。
普段は自分で表面をきれいにしておいて、時々プロの方にお願いし、中まできれいさっぱりにしてもらうと良さそうですね!

ユアマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、換気扇クリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

プロにお任せする手も!?

この記事をご覧の皆さん全員が、
お掃除が得意だったり、時間に余裕があるわけではないですよね。

そんなときは、お掃除のプロに頼る手もあります。

まとまった時間が取れないご家庭が増えている近年、
ハウスクリーニングはどんどんメジャーになっているんですよ♪

プロの手にかかれば、汚れた換気扇がたったの約1〜3時間
こんなにピカピカになります。

プロに依頼してみたい!と思ったら、ぜひユアマイスター をご利用ください!

ユアマイスターは、お掃除の「プロ」と「あなた」をつなぐサービス
お住いの地域で人気のプロをご紹介します!

口コミ数は8000件を突破していて
たくさんのお客様から大変ご好評をいただているんですよ♪

換気扇クリーニングの詳細はこちらから見に行ってみてください!

プロに依頼するメリットは?

それでは、換気扇クリーニングの気になる金額や作業時間、依頼するメリットをチェックしてみましょう。

・プロの換気扇クリーニングでかかる費用や時間

プロの換気扇クリーニングを依頼する場合、気になるのがなんといっても費用ですよね。
そこで、調べてみたところ、レンジフードタイプの場合は、11,000~15,000円
プロペラタイプの場合は8.000 ~10,000円程度に、価格設定されている業者が一般的でした。

最近主流のレンジフードの方が少し高めですが、自分で掃除する場合の難易度も高いタイプ。
15,000円以内でプロが掃除してくれるなら、お任せしたい家庭が多いのではないでしょうか?

作業時間は、2時間くらいみておきましょう。
外装や本体内部、ファン、フィルターなど、すべて分解して掃除してくれるため、溜め込んだ汚れをすべてまとめてきれいにできます。

最初と最後の確認に立ち会えれば、掃除している間は外出したり、別の部屋で好きなことをしていたりして構いません。

プロへ依頼する場合、コンロやキッチンをセットにすると、割引になるケースがほとんど。
他に気になる汚れがある場合は、合わせて相談してみましょう。

・自分の掃除とプロの掃除はどこが違う?

ユアマイスターでは、洗剤選びだけでなく、換気扇掃除についてもくわしくまとめてきました。
そのため、
「自分で掃除できるなら、その方がお金もかからなくて良さそう」
そう感じがちですが、プロにはプロのメリットがあります。

その一つが、レンジフード内を、完全に分解して掃除してくれること。
自分で掃除する場合は、フィルターやカバー、ファンなど、取り外せる範囲での掃除になります。

ですが、プロの場合はファンのはいっているカタツムリと呼ばれる大きな部品も取り外して、しっかり洗浄してくれるんです。
油汚れをとことん落としてくれるので、快適な状態が長続きします。

「しっかり養生してくれるので、キッチン内を汚さない」
「強力な洗剤と手慣れた作業効率で、短時間で隅々まで掃除できる」
といった点も、プロならでは。

「何時間も掃除に費やしたのに、結局油汚れが残ってしまった……」
そんな経験がある人は、ぜひ一度プロの手技に触れてみてください。
自分ではできない、感動の仕上がりが待っているはずです!

塩素系漂白剤はどうして強力?

塩素系漂白剤は、お風呂掃除の最終手段。
とはいえ、塩素系漂白剤と聞いて、一番に思い浮かぶキッチンハイターなどのアイテムは、お風呂で使うイメージではないですよね。

一体なぜ、塩素系漂白剤が汚れに効くのでしょうか?
漂白、というと洋服や食器などを白くするイメージですが、塩素系漂白剤はその力で頑固なカビも分解します。

お風呂掃除に使われることが多いカビキラーも、塩素系ですが、一般的なカビ取り剤には漂白剤が入っていません。
そのため、カビは除去できても、別の汚れが残る場合も。

その点、塩素系漂白剤は、カビを分解しながら、周辺の漂白もしてくれるので、1回の掃除で幅広い汚れにアプローチできるという特徴があります。

塩素系漂白剤を使用したお掃除方法をご紹介

塩素系漂白剤は、お風呂掃除に最適だと分かりました。
掃除を行うために、お風呂掃除に特化した商品も販売されていますが、自宅にあるキッチンハイターやブリーチを使っても構いません。

高価なカビ取り剤を購入しなくて良い点も、塩素系漂白剤を使うメリットです。
それでは早速、お掃除方法をチェックしてみましょう。

用意するもの
塩素系漂白剤
片栗粉
ゴム手袋
洗面器
掃除用ブラシ
手順
 
1
片栗粉ペーストを作る

片栗粉と塩素系漂白剤を1:1で混ぜ、ペーストを作ります。
ゴム手袋をした手で、そのまま混ぜると手間いらずです。
汚れの面積に応じて、必要な量を作りましょう。

2
片栗粉ペーストを塗りつけ置き

汚れが気になる部分に、片栗粉ペーストを塗りましょう。
片栗粉ペーストは強力なので、5分程度で汚れを落とせます。
パッキンやゴムなどの弱い部分は、傷んでしまう可能性があるため、放置し過ぎないように注意しましょう。

3
ブラシで汚れを擦り落とす

片栗粉ペーストを塗った部分を、掃除用ブラシで擦ります。
すでに、塩素系漂白剤の成分が浸透しているため、やさしい力でOKです。

4
しっかり洗い流す

掃除が終わったら、片栗粉ペーストをシャワーでしっかり流し切りましょう。
塩素系漂白剤の成分が残っていると、浴室を傷める原因になります。
熱めのお湯を使って流すと、カビ予防にもなり一石二鳥です。

まとめ

「換気扇を掃除したいけど、どの洗剤を買えばいいのかわからない」

と思っているみなさんが買うべきは、油汚れに強いアルカリ性の洗剤。

普段のお掃除には家庭用洗剤を、こびりついてなかなか取れない汚れには業務用洗剤を使うのがおすすめです♪

ただ、業務用洗剤はとりわけ洗浄力が強い分、危険もあるので、注意して使いましょう。

安全面や安さを重視する場合は、重曹・セスキ炭酸ソーダがおすすめ。

みなさんにの目的に合った洗剤を探して、換気扇をピカピカにしましょうね!

 

 

 







口コミ9,000件以上
しつこい油汚れはプロにお任せ
皆さんのおうちの換気扇、ちゃんとお掃除していますか?油ギトギトのまま放置しておくと、故障の原因になることも…。「汚れすぎてどこから手をつけていいかわからない」「忙しくてお掃除する時間がない」という方はプロに依頼するのがおすすめ。ユアマイスターなら、あなたに合う厳選したプロをご紹介します!

関連記事

換気扇の油汚れの落とし方を解説!フィルター・ファンには重曹が活躍

みなさん、唐揚げは好きですか? わたしは大好きです。カリカリの衣、ジューシーな肉汁。 季節や昼夜を問わず、いつ食べても最高においしいですよね。 そんな唐揚げをお家で作るとき、1つだけ気にかかることがあります。 それが、油 […]

あのオキシクリーンは換気扇掃除でも大活躍!時短もできる裏技大公開

毎日使って、知らない間に油汚れでギトギトになっている換気扇…。 キレイにしたいけど中々手が回らず、放置しがちな方も多いのではないでしょうか? そんなあなた! 面倒な換気扇掃除も、あの万能洗剤オキシクリーンを使 […]

換気扇の油汚れ用洗剤のオススメは?汚れをしっかり落とす8個を厳選

換気扇って、いつの間にか油汚れが溜まって、汚くなってしまいがちですよね。 でも、換気扇のお掃除を始める時、まず最初にぶち当たる壁はこれじゃないでしょうか。 「換気扇って、どの洗剤でお掃除すればいいの…?」 洗剤といっても […]

換気扇がうるさい時は故障の合図?4種類の音の原因と対策を徹底解説

換気扇がうるさい! うるさくてなんにも集中できない! そんな経験はありませんか? 換気扇の音って、必要以上に気になってしまうものですよね。 ですが、そんなあなたに朗報です! 換気扇がうるさいときの原因と対策を知っていれば […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

口コミ9,000件以上
しつこい油汚れはプロにお任せ
皆さんのおうちの換気扇、ちゃんとお掃除していますか?油ギトギトのまま放置しておくと、故障の原因になることも…。「汚れすぎてどこから手をつけていいかわからない」「忙しくてお掃除する時間がない」という方はプロに依頼するのがおすすめ。ユアマイスターなら、あなたに合う厳選したプロをご紹介します!

お住まいの地域から選ぶ