換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

■換気扇にはシロッコファンタイプとプロペラタイプの2種類がある
■換気扇のフィルター・ファンはこすらず、つけおきで洗うのが◎
■プロの換気扇クリーニングは分解・綺麗・時短が魅力♪

たってぃ

2017年07月27日

料理をするたびに汚れがたまる換気扇ホコリでいつのまにかひどく汚れていることも。
今回は、換気扇のお掃除方法を紹介していきます!

換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除します。
というわけで、まずは換気扇を分解する方法から解説。

ちなみに、換気扇にはシロッコファンタイププロペラファンタイプの2つがあります。それぞれの分解方法を紹介するので、ご安心ください♪

分解が終わったらさっそくお掃除!
換気扇の頑固な油汚れは、ブラシやスポンジでゴシゴシこすって落とすのは大変です。無理にこすると、換気扇にも傷がついてしまいます…。

今回紹介するのは、換気扇の部品をつけおきして綺麗にする方法です。どれぐらい汚れが落ちるかは動画でばっちり確認してください!

最後に、プロの換気扇クリーニングもちょっとだけ紹介します!

それでは、さっそく換気扇掃除をやっていきましょう♪

換気扇のタイプは「シロッコファン」と「プロペラファン」の2種類!

お手入れの方法はそう変わらないのですが、換気扇のタイプによって分解方法が違います!
ご自宅の換気扇がどちらのタイプなのか、を特定していただいてから分解やお掃除などの作業に入ってくださいね。

分解といっても全部の部品をバラバラにできるわけではもちろんなく、「フィルター」と「ファン」という部品を外して掃除ができるようになっているのです。
大体の換気扇はその部分は分解しやすいように作られているそうなので、ドライバーなど特殊な工具は特に必要ありません。

では、その2タイプなのですが、その大きな違いは「羽根の形」です。大きく2つに分類できます。

シロッコファンタイプ

シロッコファンというのは、円筒型のファン。
吸い込んだ空気は、ダクトを通って外に排出されます。

換気扇が金属で覆われていて、レンジフードとも呼ばれます。
今ではこちらのタイプが主流です。

プロペラファンタイプ

プロペラが回転して空気の流れを作るタイプです。
吸い込んだ空気は、ダクトを通らず、換気扇から直接外に排出されます。
昔ながらの換気扇によく見られます。

この2種類、見た目ですぐにどちらかわかります。

分解の前準備

分解を始める前に、安全を確保するため、汚れの被害を拡大させないためにやってほしいことがあります。

ブレーカーを切る

換気扇のお掃除をしてる最中に、換気扇が動いてしまうと、とても危険です。
まずはじめに電源を切って、ブレーカーを切りましょう。

ブレーカーを切るときには、全てのブレーカーを切ると他の電気も落ちてしまうので要注意!換気扇の分電盤のブレーカーを切りましょう。

足場を固定する

換気扇のお掃除は、かなり高いところでの作業になります。
ガスコンロによじ登っての作業は、絶対にNGです。

必ず、踏み台やきっちり固定できる椅子などを足場にして、作業を始めてくださいね。

養生をする

工事や掃除などで使われる言葉なのですが、「汚れや傷がつかないように施工部分以外をビニールシートなどで保護すること」です。
油汚れがひどい換気扇の場合、分解しながら油汚れが垂れてくることがあります。
ガスコンロ、そして床にも必ず新聞紙やビニールシートを敷きましょう。
「養生テープ」という剥がしやすいテープも売っていますので、それで壁などにも新聞紙やビニールシートを貼り付けておくと万全ですよ!

軍手をはめる

換気扇を分解する時、金属のヘリで怪我をしてしまうことがあります。怪我を予防するためにも、軍手は必須です。軍手が用意できないという場合には、頑丈なゴム手袋でもOK。

さて、では準備ができたら分解していきましょう!

シロッコファンタイプを分解しよう

円柱型のシロッコファンは、整流板→フィルター→ベルマウス→ファンの順で分解していきます。

  手順   

1. 整流板を外す

換気扇を塞ぐようについている整流板を外します。ネジを緩め、整流板を手前にずらすと、取り外すことができます。

 

2. フィルターを外す

フィルターを一度奥に押し込んでから引っ張ると、取り外すことができます。

 

3. 円盤のようなベルマウスを外す

シロッコファンの本体には周辺に円盤があります。
この円盤はネジで留まっているので、ネジを反時計回りに回してゆるめて外しましょう。

 

4. シロッコファンを取り外す

シロッコファンの中心に大きなネジがあるので、それを緩めましょう。

このとき、ネジがゆるんだことでシロッコファンが落ちてくると危ないので、シロッコファンを手で固定したままネジを緩めましょう。

ネジを緩めたら、シロッコファンは下にひっぱって取り外します。

 

取り外した部品は全部で4つ。並べてみると…

このような感じです!
初めて分解するときにわかりづらいのが「どこまで分解できるの?」というところだと思います。
この部分は外して大丈夫なのか、この部品は外れる部品なのか・・・?
フィルターが二枚に分かれているキッチンもありますが、こちらの写真と同じぐらいの部品数には分解できるはずですので、ぜひ参考にしてみてください。

このあと、さっそくそれぞれの部品のお掃除が始まります。

 

プロペラファンタイプを分解しよう

プロペラファンタイプのほうが簡単です。プロペラ→カバーの順で分解していきます。

  手順   

1. 中央にあるネジを回す

プロペラの部分を抑えながら、換気扇の真ん中についているネジを回しましょう。
大体の場合は反時計周りでゆるみます。

油汚れが固まって、ネジが外れないときは、ドライヤーで少し温めてみてください。ネジが回しやすくなります。

 

2. プロペラを外す

手前のネジが外れたらプロペラを外しましょう。そのまま手前に引っ張れば、すぽっと取れるはずです。

 

3. カバーを外す

換気扇のカバーは、少し上に持ち上げてからひっぱると取り外すことができます。

 

換気扇の「分解」というと、なんだか難しそうな印象を受けますよね。
でも、実際は思ったよりも簡単なのです!力仕事が苦手な女性でも楽々ですよ。

 

まずは外側!レンジフードを拭き掃除

換気扇の分解が終わってから、お掃除の本番スタートです。

部品の掃除はもちろんなのですが、その部品を収めるレンジフード・換気扇カバーが綺麗でないと意味がないですよね。
部品の前にまずはその部分を綺麗にしておきましょう!

用意するもの

・重曹(汚れがひどい場合は重曹ペーストを作っておきましょう)
・スプレーボトル
・キッチンペーパーかクロス

  手順   

 

1. 換気扇の外側に重曹水を吹きかける

外側の汚れはこびりついてしまいますのでこまめに拭くようにしましょう。

重曹スプレーは水200ccにつき小さじ2、3杯ほどの分量が程よいです。

 

2. 浮いてきた汚れをキッチンペーパーで拭き取る

油汚れにはやっぱり重曹ですね! 少しずつ汚れが浮いてきますので、

布かキッチンペーパーで取り除くように拭き取りましょう。

 

3. 乾いたキッチンペーパーかクロスで拭く

もう一度、今度は乾いた布かキッチンペーパーで水気を取り除くような形で拭けば外側はOKです

 

4. 内部の汚れの酷いところには重曹ペーストを塗る

内部は油があ固まっておかしな動きを起こしていなければそれほど頻繁に掃除する必要はないです。
汚れもするし大変な割に、すぐに汚くなってしまいますからね。
特にひどい汚れのみ、「重曹ペースト」で対処していきましょう!

 

重曹ペーストの作り方はこの記事の中盤に載っております。

 

先ほどのスプレーや、この後も重曹は登場します。油汚れに強い重曹ですが水垢やアンモニア臭にも効果的です。
1袋で結構な量がありますから、ぜひこちらの記事を参考に他の使い方や他の箇所のお掃除にご活用ください!

 

5. ラップを当ててシップ状態にしてしばらく放置

重曹ペーストを塗った箇所にラップを当てましょう。重曹の成分が外気に逃げていかないようにするためです。
いわゆるシップの状態ですね!しつこい汚れもしっかり吸着させてくれます。

 

6. ラップをとって乾いたクロスかキッチンペーパーで拭く

汚れが浮いてきたら、汚れを吸着してくれた重曹とともに拭き取って終わりです!

 

整流板、カバーはスプレー+拭き掃除

整流板やカバーは、洗剤をそのまま吹き付け、汚れを拭き取るようにして綺麗にしていきます。

用意するもの

・ゴム手袋
・キッチンペーパー
・洗剤(なまはげ)
・雑巾2~3枚

  手順   

1. 整流板、カバーに洗剤を吹き付け、キッチンペーパーで拭き取る

洗剤を使うので、まずはゴム手袋をはめましょう。

整流板やカバーに直接洗剤を吹き付けていきます。キッチンペーパーで、油汚れを拭き取りましょう。

今回使った洗剤はこちら↓

洗剤のエキスパートである茂木和哉さんが開発した、頑固な油汚れ用の洗剤。
長い間放置されて固まった油汚れも、溶かして落とすのが特徴。溶けた油汚れは、拭き取るだけで綺麗になります!

換気扇だけでなく、コンロ、オーブンなどのお掃除にも大活躍。頑固な油汚れに悩んでいる方に、ぜひおすすめしたい洗剤です。

 

2. 雑巾で水拭き、乾拭きをする

洗剤を残さないように、最後に水拭きをします。乾拭きをして、仕上げです。

 

今回は「なまはげ」を使ってお掃除しましたが、他にもおすすめしたい洗剤がたくさんあります。
RELIVERSでは、換気扇のお掃除に使えるおすすめの洗剤5つをまとめて紹介した記事をご用意しています!それぞれ特徴があるので、しっかり比較して、洗剤を選んでみてくださいね。

 

フィルター・ファンは「つけおき」で!

ファンやフィルターは、すきまがたくさんあって、お掃除が大変なんです。
スプレーしても洗剤が届かないところもあるし、ひとつひとつブラシでこするなんて、手間がかかってしょうがない!

というわけで、つけおきでお掃除するのが正解なのです。

用意するもの

・ゴム手袋
・マスク
・45Lごみ袋
・洗剤(重曹)
・歯ブラシや割りばし
・雑巾
・新聞紙

  手順   

1. シンクにごみ袋をセットしてファン、フィルターを入れる

シンクの中にゴミ袋を広げます。

もしちょうど良いサイズのダンボールがあれば、シンクよりダンボールを使ってください!蓋を閉めてつけおきすれば、ダンボールの保温効果でお湯の温度が保たれ、つけおきの効果がアップします。

ゴミ袋の中に、取り外したフィルター、ファン、ベルマウスを入れましょう。

 

2. 部品が浸かるくらいの量のお湯(40~50℃)を溜める

ゴミ袋にお湯を溜めます。
水よりもお湯の方が汚れ落ちが良いので、なるべく熱めのお湯を使ってくださいね。

 

3. 洗剤を入れる

ゴミ袋に洗剤を入れていきます。

今回使ったのがこちら↓

家中のお掃除に大活躍する重曹。アルカリ性なので、酸性の油汚れを中和して落としてくれます。換気扇のお掃除にぴったりのアイテムです。自然に優しいのも嬉しいですね!こちらの商品は、1kgの大容量なので、とってもお得ですよ。

今回、重曹は1/2カップほど使いました。なるべく、まんべんなくふりかけるのがポイントです。

 

4. 袋をもんでかき混ぜる

重曹がムラなく広がるようにかき混ぜます。

 

5. 2時間くらい置いておく

そのまま2時間ほど放置してください。重曹がじっくり汚れを落とします。

 

6. ごみ袋の中で、汚れをこすって落とす

歯ブラシや割り箸で、汚れをこすり落とします。

 

7. ごみ袋から取り出して水ですすぐ

汚れが落ちたら、水ですすぎます。洗剤が残らないよう、しっかり洗い流しましょう。

 

8. 雑巾で水分をふき取り、乾かす

最後に雑巾で拭き、乾かしましょう!乾かすときには、下に新聞紙を敷いておくと、新聞紙が湿気を吸収してくれるので、早く乾きます。

 

換気扇の油汚れをすっきり落とす方法は、実はつけおき以外にもあります。

つけおきがおすすめなのは間違いないですが、他のお掃除方法も知りたいという方は、こちらの記事でぜひチェックしてみてください。

 

茂木洗剤「純愛」で換気扇フィルターをつけおきしてみると…?

換気扇をつけおきしてお掃除する方法を紹介しました。

実は、洗剤のエキスパート茂木和哉さんも、換気扇のフィルターをつけおきでお掃除しています。

こちらの動画をチェック↓↓↓

動画の中で登場している酸素系漂白剤「純愛」についても、少し紹介します!

「純愛」はシミ抜き専用の酸素系漂白剤です。酵素がたっぷり配合されていて、洗浄パワーが桁違い!さらに、漂白活性剤が配合されているおかげで、衣類のシミを落とす漂白力も抜群です。

とても強力な漂白剤であるにも関わらず、界面活性剤や蛍光増白剤は使用していません!安全性も高く、環境に優しいことも魅力的なポイントです。

なんでシミ抜き用の漂白剤で、換気扇をお掃除しているの?と思う方もいるかもしれません。実は、酸素系漂白剤は、衣類のシミだけでなく、油汚れもよく落とします!そのため、換気扇クリーニングに使うことができるのです。

 

茂木和哉さんは酸素系漂白剤「純愛」を使ってフィルターのお掃除をしていましたが、他にも重曹やセスキ炭酸ソーダでお掃除することもできます!
詳しいお掃除方法は、こちらの記事でたっぷり解説したので気になる方は目を通してみてくださいね♪

 

汚れたままの換気扇を放置すると・・・

自分で換気扇をお掃除する方法を締めくくる前に、そもそもどうして換気扇をお掃除しなければならないのかということを説明しておきます!

汚れた換気扇の危険
・汚れた空気の吸い込みが悪くなる
・回転するファンに負荷がかかる
・垂れてきた油汚れに引火して火事になる

・虫の住処になってしまう

空気の吸い込みが悪くなると、料理中の臭いがいつまでもキッチンに留まりつづけることになってしまいます。

ファンが油汚れで重くなると、回転しづらくなります。そのままにしておくと、電気代がかさむのはもちろんのこと、換気扇の故障にも繋がるのです。

油汚れが溜まりにたまった換気扇から、油汚れが垂れてくることがあります。ちょうど料理中で火を使っていたりすると、引火して、火事の原因になることも。とても危険です。

また、油汚れは某害虫にとって最高のエサですので、害虫の住処にされてしまうことも・・・。恐ろしいですよね・・・。

 

というわけで、換気扇はしっかりお掃除しなければなりません!そしてなるべく、フィルターだけでなくファンまで分解して、お掃除するようにしてくださいね♪

 

換気扇クリーニングはプロにお任せ

ここまで、自分で換気扇をお掃除する方法を紹介してきました!しかし、長年の汚れが溜まった換気扇は、自分でお掃除するのが難しいことも…。
そんな時におすすめなのが、プロの換気扇クリーニングです。

まずは、換気扇クリーニングの様子を30秒の動画でチェックしてみてください↓↓↓

分解、つけおき、ブラシでゴシゴシ。プロが換気扇をどのようにお掃除していくのか、なんとなく掴めたのではないでしょうか?

それでは、さらに換気扇クリーニングの魅力に迫っていきましょう!

換気扇クリーニングは分解・綺麗・時短が魅力

プロの換気扇クリーニングといっても、自分でのお掃除と何が違うのか、なかなか想像できないですよね。

自分とプロ。その違いを明らかにするために、プロに対決を挑みました!

自分で換気扇をお掃除した次の日、同じ換気扇をプロにクリーニングしていただきます。プロの換気扇クリーニングで汚れが出ればプロの勝ち、出なければ自分の勝ちです。

結果は…惨敗!

そのとき、自分とプロの違いをもっとも感じた3つのポイントを紹介したいと思います。

徹底的に分解

自分でお掃除するとき、分解できるのは、フィルター、ファンぐらいでした。
それが、プロの手にかかると、換気扇のモーター、換気扇の外枠、そしてダクトの一歩手前のところまで分解できます。

写真を見ると、自分で分解した後の姿と大きく違うことがわかると思います。もはやファンがどこに納まるのかわからないですね…。

徹底的に分解できるからこそ、換気扇の奥の汚れまで、しっかり落とすことができるのです!

汚れ落ちが抜群

プロは、業者さん用の洗剤を使って、汚れを落とします。お掃除のプロとして、こだわりをもって選んだ洗剤は、その効果が市販のものとは桁違いです。

洗剤に少しつけただけで、こんなに落ちるのです。違いは一目瞭然!

短時間で綺麗

お掃除のプロは、これまでたくさんの換気扇をお掃除してきたという経験があります!
その経験を生かして、効率よく分解し、効率よくお掃除してくれます!

プロの換気扇クリーニングの所要時間はたった2時間ほど。実際に換気扇掃除をやったことがある方なら、そのすごさがわかるはず。

 

換気扇をめぐる自分とプロの戦い。その様子をもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

 

1週に1度拭き掃除、半年に1度分解掃除、年に1回プロに注文!

「あなたのマイスター」では、換気扇クリーニングのプロに「換気扇クリーニングをお願いするのに最適な時期があれば教えてください?また、どのくらいの周期でみなさん換気扇クリーニングを頼まれますか?」と聞いてみました! たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。

便利屋まっせサービスさん(埼玉県)

換気扇をクリーニングするのに最適な時期は、実は、夏場の暑い時期になります。理由は、油は温度に弱く、暑いと落ちやすいからです。日本人は年末に大掃除をするのが一般なので、クリーニングを年末に頼まれる方が多いですが、実は最適な時期はなのです。

 

H&C渡辺 ハウスクリーニング& コーティングさん(埼玉県)

使用頻度によるので最適な時期というのは正直なくて、汚れてきたなと感じた時がいいタイミングなんだと思います。毎年1回という定期お申し込みをいただいている方も多いです。

 

換気扇をお掃除するのにぴったりの時期は、実は夏だったのですね!冬の大掃除の時期にお掃除するイメージがあったので、びっくりです。

換気扇クリーニングをお願いする頻度としては、年に1回ぐらいが目安になりそうです。

ご家庭で行われる場合はプロ以上のクオリティでのお掃除はやはり難しいものですので、
3ヶ月から半年ほどに1度、こちらの記事でご紹介したお掃除をやっていただくのがおすすめです!
油汚れは固まってしまうと取れづらくなるので、レンジフードの外側などは週に1度軽く拭くだけでもかなり掃除の大変さが違いますよ!
その中で、1年に1度くらいはプロにお願いしてしっかり根こそぎ綺麗にしてもらう、という頻度が万全な状態なようです。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。

自分でお掃除するときも、換気扇クリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

換気扇以外もやりたい!大掃除の関連記事はこちら

普段はあまりお掃除することがない換気扇。大掃除のタイミングで一気に綺麗にしちゃおうという方が多いようです。実は、換気扇・お風呂・キッチンがお掃除する場所TOP3なのです!

大掃除の進め方や、効率の良いお掃除方法について知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください♪換気扇・お風呂・キッチンのお掃除方法だけでなく、窓・サッシ、洗面所など、家中をピカピカにするお掃除方法をたっぷり紹介しています!

これさえ読めば、今年の大掃除はばっちりです!

まとめ

今回は、換気扇をお掃除する方法を紹介しました!
もう一度手順を確認しましょう!!

・しっかりした足場を用意、養生と軍手をして準備
・換気扇の種類を特定し、分解する
・レンジフードなど外側を拭き掃除する
・整流板、カバーなどを掃除する
・分解したフィルタ、ファンなど中身の部品をつけおき洗いする
・水気を拭き取って組み立て

です!
「分解」というと、難しそう、、という印象はありますが簡単に取り外せるように作られていますのでたまにはぜひお掃除を。
換気扇に溜まった頑固な油汚れは、丁寧に分解してつけおきすれば、意外と簡単に綺麗になりますよ。ぜひ試してみてください♪
匂いや害虫の元になりやすく、放っておくとすぐに触りたくない状態になってしまう換気扇ですが、
一番いい対策はやはりこまめに洗っておくことです。

自分でのお掃除に限界を感じたら、ぜひプロに換気扇クリーニングをお願いしましょう!
とっても綺麗になるのでおすすめですよ!

綺麗な換気扇で、もっと楽しくお料理しちゃいましょう!

 

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 2時間 で解決します
換気扇の煙の吸引力が落ちてきた。フィルターを見てみたら汚れがびっしり…!
プロなら換気扇を完全分解して、内部に溜まったホコリや油汚れを取り除きます。換気効率がUPするのもポイント!『あなたのマイスター』なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。目の届かないところの汚れまで徹底的にきれいにしてみませんか?

関連記事

大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

  年末が近づくと、悩みのタネとなってしまう大掃除。 普段のお掃除はどうしても簡単なものになりがちですよね。普段はお掃除しないという場所もありますし、いつものお掃除では落としきれない汚れがいつの間にたまっている […]

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

ランキング

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

洗濯機の排水口の「におい」と「つまり」をサッと解消するお掃除方法

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

洗濯機の排水口の「におい」と「つまり」をサッと解消するお掃除方法

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

  年末が近づくと、悩みのタネとなってしまう大掃除。 普段のお掃除はどうしても簡単なものになりがちですよね。普段はお掃除しないという場所もありますし、いつものお掃除では落としきれない汚れがいつの間にたまっている […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?

スーツをクリーニングにだすと、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか? 1度でもクリーニングにだしたことがある人なら、だいたいの予想はつきますね。 でも、最初の1回目とか、初めていくクリーニング屋さんとか、ちょっと不安 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

革靴のシワを取るにはシューキーパー!ヒビになる前に日々伸ばそう!

  スーツに合わせた革靴。 せっかくビシッと決めたつもりでも、シワシワの革靴から普段のお手入れを怠っていること、ばれちゃってますよ? 革にシワが入るのは必然的なことで、シワがあるから味が出て格好いいんだ!なんて […]

鞄のカビを諦めないで!革・ナイロン・布製バッグ全素材を徹底解説!

久しぶりに使おうと思って引っ張り出した鞄に、あれ、白い斑点が。 …もしや、カビ!? なんて衝撃を受けて、鞄を放り投げちゃったあなた。 ちょっと叩けば大丈夫だよね~びっくりした~。 なんて甘い考えをしてはいけません。 まず […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

靴底がはがれたときの補修には、接着剤とネジを使うがコスパ最強説!

  歩いていたら、なんだか足に違和感が。 ちょっと靴の裏を見てみたら、靴底がベロンとはがれていた… そんな経験、ありませんか? 意外とあるのが、靴底はがれ。 でも、お気に入りの靴なら靴底がはがれても直して履き続 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

指輪修理の職人技|サイズ直し・傷の補修|実例を写真付きで徹底解説

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

おすすめ特集

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 2時間 で解決します
換気扇の煙の吸引力が落ちてきた。フィルターを見てみたら汚れがびっしり…!
プロなら換気扇を完全分解して、内部に溜まったホコリや油汚れを取り除きます。換気効率がUPするのもポイント!『あなたのマイスター』なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。目の届かないところの汚れまで徹底的にきれいにしてみませんか?

お住まいの地域から選ぶ