換気扇の油汚れの落とし方を解説!フィルター・ファンには重曹が活躍

yusuke

更新日:2020年11月27日

みなさん、唐揚げは好きですか?

わたしは大好きです。カリカリの衣、ジューシーな肉汁。
季節や昼夜を問わず、いつ食べても最高においしいですよね。

そんな唐揚げをお家で作るとき、1つだけ気にかかることがあります。

それが、油汚れ。

コンロの周りに飛びはねる油の汚れも気になりますが…。

油が蒸気に乗って天高くのぼり、換気扇の油汚れになるのも忘れてはいけません。

つい後回しにしがちな換気扇の掃除ですが…。
油汚れを溜め込んでしまうと大変なことになるんです!

ということで今回は、換気扇のお掃除の方法を紹介していきます。

換気扇の油汚れの原因

換気扇には、内部のファンやモーターに汚れがつくのを防ぐために、フィルターが取り付けられていますね。

コンロで料理する際に使う油は、蒸発して舞い上がり、フィルターにくっつきます。
蒸発した油は、フィルターにくっついた状態で空気中で冷やされることで、もとの液体の油に戻ってしまいます。

これが、ギトギトした油汚れの原因。

さらに、油汚れに空気中のホコリや細かいゴミがくっついてしまうことで、真っ黒な汚れになってしまうのです。

そして…油汚れが溜まってこびりついてしまうと、取り除くのが大変です。

つまり、こまめな換気扇の掃除がとっても大切!

換気扇掃除は、3か月に1回を目安にしておくといいでしょう。
最低でも6か月、半年に1回は必ず掃除をしましょうね!

換気扇の油汚れ、放置するとどうなる?

コンロで料理をするとき、油はなくてはならないもの。
日頃から料理をしていれば、換気扇の油汚れは避けられません。

でも、なかなか換気扇のお掃除って手が回りませんよね。
換気扇の油汚れって、放っておくうちにどんなことが起こるのでしょう?

電気代

フィルターに油汚れがたまるということは、換気扇の入り口が詰まるということ。
換気扇が正常に空気を吸引することができなくなるのです。

そのため、換気するための力が余分に必要になります。
そうすると、電気代が多くかかってしまうことに繋がるのです。

異臭

油汚れによってうまく換気ができなくなると、空気の流れが悪くなります。
そのせいで、キッチンに嫌な臭いがたまってしまうのです。

また換気扇自体が油汚れでいっぱいだと、換気扇を動かすたびに嫌な臭いがお部屋に広がってしまいます…。

カビの発生

キッチンは、料理や洗い物など、水をよく使う場所ですね。
換気扇の油汚れのせいでうまく換気がされないと、湿気がたまってしまいます。

湿気がたまると…そう、カビの原因になるんです。

台所用品にポツポツとカビが…!なんて考えると、ぞっとしてしまいます。

換気扇の故障

フィルターの油汚れには、もちろん水分が含まれています。
そのまま放置すると、換気扇のフィルターだけでなく、その内側にも水分や湿気が溜まります。
これが、換気扇のサビや腐食、さらには換気扇の故障の原因にまで繋がるのです。

最悪のケース、火事

これは最悪の場合。
換気扇フィルターに油汚れがたまったまま時間が経つと、油が酸化して引火しやすくなってしまいます。
ひどい場合はガスコンロの火が引火して、火事になってしまう可能性があるのです。

これは大変ですよね。
だから、汚れがたまらないうちに定期的にフィルターを掃除するのって重要なのです。

油汚れがやっかいな3つのパーツ

換気扇のお掃除と一口にいっても、お掃除するパーツは3つに分かれます。

それが、

フィルター
レンジフード
ファン

の3つ。

こまめにお掃除したほうがよい順に並べてみました。

レンジフードとは、ガスコンロの上空でファンを覆っているパーツのこと。
ファンの種類によっては、レンジフードがない場合もあります。

この3つは、どういうふうに掃除していけばいいのでしょうか?

「フィルター」の油汚れを落とす方法

換気扇の掃除を始める前に、まずはフィルターやファンを外さなければいけません。
詳しいフィルターの外し方は「換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!」を参考にしてみてくださいね。
お掃除の詳しい方法も知ることができます。

ここでは、フィルターのお掃除の方法を簡単に紹介していきたいと思います。

つけおき洗いする方法

まずは、洗剤を溶かしたお湯に部品をつけおきして洗う方法。

こびりついた汚れにはアルカリ性洗剤を使いましょう。


ワイドマジックリン 台所用洗剤 粉末 本体 400g

軽度な汚れであれば中性洗剤でOKです。

汚れは溜めすぎ注意。
中性洗剤で落ちるくらいの頻度でお掃除をするのが理想ですね。

用意するもの
・ゴム手袋
・マスク
・45Lごみ袋
・お湯
・中性洗剤 / アルカリ性洗剤
・スポンジ
・雑巾
・新聞紙
手順
1
ごみ袋をセットして部品を入れる

ゴム手袋とマスクをして作業をしましょう!

シンクやお風呂場に袋を広げ、換気扇の部品を入れます。

大きなバケツがあれば、それに入れてもOKです。

2
袋にお湯(40~50℃)を溜める

40~50℃のお湯を、部品が浸かるくらいまで入れます。

3
洗剤を回し入れる

洗剤をぐるっと一周ふりかけます。

4
袋をもんで洗剤をかき混ぜる

お湯を混ぜたり、袋をもんだりして、洗剤がお湯全体に行き渡るようにしましょう。

5
40~60分くらい置いておく

そのまま待ちます。

お湯が冷めないよう、袋をしばるのも効果的です。

6
スポンジや歯ブラシで汚れを落とす

スポンジや歯ブラシを使って、浮いてきた汚れを落とします。

7
水ですすぐ

袋から取り出して、部品を水で流します。

洗剤が残らないよう、ていねいにすすぎましょう。

8
水分をふき取り、乾燥させる

雑巾で部品についた水分を拭き取り、新聞紙の上に置いて乾かします。

水気が残っているとカビの原因になってしまうので、よく乾燥させましょう。

乾いたら取り付けて完了です!

白い粉をふりかける方法

粉もんと言えば、何ですか?
たこ焼き、お好み焼き、もんじゃ……
どれもとってもおいしいですよね。

換気扇にも粉もんをトッピングすると、おいしくはなりませんが、キレイになります!

そんな換気扇にぴったりな粉もんは、

重曹
小麦粉

の2つ。

お好きな粉でクッキング…
いいえ、クリーニングスタートです♪

用意するもの
・ゴム手袋
・マスク
・45Lごみ袋 / 新聞紙
・重曹 / 小麦粉
・歯ブラシ
・雑巾
・新聞紙
手順
1
部品をごみ袋に入れる / 新聞紙の上に置く

ゴム手袋とマスクをして作業をしましょう!

重曹や小麦粉が周りにかかっても問題のない、シンクやお風呂場、新聞紙の上などに部品を置きます。

45Lのゴミ袋に入れると、すっぽり部品が覆えるので安心ですね。

2
重曹 / 小麦粉 をふりかける

重曹/小麦粉を、部品の全体にまんべんなくふりかけます。

フィルターの裏や、ファンの内側も忘れずに!

3
待つ

重曹は2~3時間、小麦粉は30分くらいを目安にしましょう。

4
こすって汚れを落とす

重曹はスポンジや歯ブラシで、小麦粉はゴム手袋をした手でこすります。

浮いてきた汚れが取れていくはず。

5
水ですすぐ

重曹や小麦粉が残らないように、部品をよく洗い流しましょう。

6
乾燥させる

雑巾で水分を取り、乾いた新聞紙の上で乾燥させます。

乾いたら取り付けて、掃除完了です!

時間がなければマジックリン

長い時間つけおきする暇がない、もっと手軽に済ませたい。
そんな人は、スプレータイプの油汚れ用マジックリンで手早く掃除を済ませましょう!

セスキ炭酸ソーダを水に溶かして作った、セスキ炭酸ソーダスプレーを使ってみてもいいですね。

セスキ炭酸ソーダとは何か、気になってしまうあなたは「セスキ炭酸ソーダとは?血や皮脂の汚れをキレイにできる優れもの!!」に寄り道してみてください。

用意するもの
・ゴム手袋
・マスク
・45Lごみ袋 / 新聞紙
・スプレー洗剤/セスキ炭酸ソーダスプレー
・スポンジ
・雑巾
手順
1
マジックリンを部品に吹きかける

ゴム手袋とマスクをして作業をしましょう!

シンクやお風呂場に掃除したい換気扇のパーツを置き、マジックリンをシュシュッと吹きます。

全体に、まんべんなく洗剤が行き渡るようにしてください。

2
5~10分くらい置いておく

洗剤が油汚れを浮かせてくれるのを待ちます。

セスキ炭酸ソーダスプレーを使う場合は、30~60分待ちましょう。

3
スポンジでこする

スポンジを使って部品をこすり洗いします。

汚れていれば、洗剤が浮かせた汚れがスルスル落ちてくるはず。

4
水ですすぐ

洗剤が部品に残らないよう、ていねいにすすぎます。

5
水分を拭き取り、新聞紙の上で乾かす

部品を湿ったまま元に戻してしまうと、湿気やカビの原因となります。しっかり乾かしましょう。

部品が乾いたら、元通りに取り付けて完了です!

「レンジフード」の油汚れを落とす方法

レンジフードは取り外ずさないでお掃除をします。
換気扇も電化製品。
レンジフードのお掃除に水を吹きかけるのはNGです。

ということで、レンジフードのお掃除は「外さずシップ」作戦を使います。

用意するもの
・ゴム手袋
・キッチンペーパー
・中性洗剤
・雑巾
手順
1
キッチンペーパーに洗剤を染み込ませる

ゴム手袋をして作業をしましょう!

キッチンペーパーに洗剤を吹き、湿らせます。

ゴム手袋をせず素手で作業をしてしまうと、肌が荒れてしまうので気を付けてくださいね。

2
キッチンペーパーを貼り付ける

油汚れが気になる部分に、洗剤で湿らせたキッチンペーパーを貼り付けます。

剥がれてしまうときは、ラップで覆ったり、マスキングテープで固定してみるといいですよ。

3
5分くらい置いておく

洗剤が浸透し、油汚れを浮かしてくれるのを待ちましょう。

4
水拭きする

雑巾やキッチンペーパーを湿らせて、洗剤を付けた部分を拭います。

5
乾拭きする

今度は乾いた雑巾やキッチンペーパーで乾拭きし、水気を取ります。

これでおしまい!とっても簡単ですね!

もっと詳しいお掃除の方法は「換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介」で解説しています。
さらに、このあと紹介するファンの外し方と詳しいお掃除の方法もあわせて解説しています。
参考にしてみてくださいね♪

換気扇の油汚れは、オキシクリーンでも退治可能!

家中丸ごと掃除できると、愛用者が増えているオキシクリーン。

このオキシクリーンを使えば、換気扇の油汚れも簡単に落とせます!

オキシクリーンって何?


オキシクリーン 1500g

この記事を読んで、

「オキシクリーンって何?」
「初めて聞いた!」

という方もいるかもしれません。

そこでまずは、オキシクリーンの正体に迫ってみましょう!

オキシクリーンとは、コストコで販売され人気爆発したお掃除洗剤。

酸素系の漂白剤で、アメリカ版と日本版が販売されています。

アメリカ版の方が強い洗浄力を持つため、人気がありますが、「肌にやさしい洗剤がいい」という場合は日本版を選びましょう。

また、洗浄力だけでなく、洗剤特有の臭いがしない点も魅力。
洗剤の強いニオイがあまり得意ではない方にもオススメなんです!

実際のやり方は?

それでは、オキシクリーンで換気扇汚れを落とす、正しい手順を見ていきましょう!

用意するもの
・オキシクリーン
・ゴム手袋
・マスク
・ごみ袋
・スポンジや歯ブラシ
手順
1
大きめの容器を用意

換気扇をオキシ液につけるため、換気扇が入るサイズのごみ袋、もしくはバケツなどを用意し、換気扇を入れましょう。

キッチンのシンクに十分なスペースがある場合は、そこを使っても大丈夫です!

2
オキシ液を作る

換気扇が浸かるくらいまで40℃~60℃のお湯を入れます。

この温度が低いと失敗してしまうので、シャワーなどを使うのがオススメです!

3
オキシクリーンをよく混ぜ放置

オキシクリーンはお湯に入れただけではすっきり溶けないため、手でしっかりと混ぜてあげましょう。混ざったら、2時間くらいそのまま放置します。

4
スポンジや歯ブラシで擦り洗い

オキシ漬けが終わった換気扇を取り出し、残っている汚れをスポンジや歯ブラシで取り除きます。頑固な油汚れがするっと落ちる感覚、一度体験したらやみつきですよ!

すでにオキシクリーンを持っている方はもちろん、万能クリーナーを1つ持っておきたいという方も、その実力をチェックしてみましょう!

換気扇の油汚れを防ぎたいあなたへ

せっかく換気扇のお掃除をしたのなら、少しでも長くキレイな状態を保ちたいもの。
換気扇に油汚れがこびりつくのを防ぐ方法を紹介します。

それが、

外付けフィルターをつける
コーティング剤を塗る

の2つです。

外付けフィルターをつける

油汚れの玄関口となるフィルターに、外付けフィルターをかぶせて守る方法です。


東洋アルミ パッと貼るだけ深型フィルター90cm2枚入

外付けフィルターを換気扇のフィルターにかぶせておくと、ゴミや汚れを吸着してくれます。

換気扇のフィルターやファンにまで汚れが届きにくくなり、掃除の手間をグッと省いてくれるんです!

ただ、空気を循環させる換気の効率が悪くなってしまったり、外付けフィルターが引火してしまう恐れもあります。

不織布やガラス繊維といった素材、大きさなど、さまざまな種類がありますが、自宅の換気扇に使いやすいものを選んでみてくださいね。

コーティング剤を塗る

油汚れのたまり場となるレンジフードを守る方法がこちら。

換気扇掃除の最後にコーティング剤をスプレーしましょう!
換気扇に汚れを付きにくくし、次の掃除をとっても楽にしてくれます。


アズマ工業 アズマジックつや出し・汚れ防止剤 CH906

使い方はとっても簡単。
換気扇の掃除が終わったら、最後にスプレーするだけ。

15~20cmほど離してコーティング剤を吹き付けたあと、乾いた布で拭いて伸ばします。

最後にもう1度、乾拭きすればおしまい。

換気扇の他にも、壁やガスコンロの周りにも使えます。

油汚れが気になるところに、ぜひ試してみてください♪

これで換気扇のお掃除は完了!

大掃除として1日で一気に汚れを落としたい!という方はこちらの記事をチェックです!

換気扇の汚れは食器用洗剤で落とせる?

最後に、身近な食器用洗剤で換気扇はお掃除できるのかご紹介。

結論から言うと、換気扇の汚れは、キッチンにある食器用洗剤でも落とせます。

食器用洗剤を使う場合の掃除頻度は、2~3ヶ月に1回。
汚れがこびりついてしまう前に、こまめなお手入れを心がけましょう。

食器用洗剤でも汚れは落とせる!

おすすめ 商品

商品画像
チャーミーマジカ 食器用洗剤 除菌プラス 本体 220ml

食器用の洗剤は、中性洗剤。

油汚れにはアルカリ性洗剤が良いと言われることが多いのですが、中性洗剤でも汚れを落とせます。

換気扇の説明書を見てみると、中性洗剤で洗うように書いてあることが多く、強い洗剤が推奨されていないケースも実はあるんです。

特に指定がなく、油汚れが頑固な場合は、アルカリ性の食器用洗剤を使用する、という手段もあります。

食器用洗剤の表示をよく見てみると、アルカリ性の商品が見つかりますので、換気扇や普段の油汚れをきれいに落としたい場合は選んでみましょう。

食器洗剤での掃除方法

用意するもの
食器用洗剤
スポンジ
手順
1
食器用洗剤を良く泡立てる

油汚れを浮かせるために、食器用洗剤は泡立てて使います。
ふわふわの泡をたっぷり作って、汚れに対処しましょう。

2
換気扇を掃除する

泡立てた食器用洗剤で、換気扇を掃除します。

事前に換気扇をお湯につけたり、給湯のお湯で温めたりしておくと、汚れを落としやすくなります。

最後に、お湯で汚れと泡を洗い流したら、乾燥させて作業完了です。

しつこい汚れもつけおきで対処

「食器用洗剤で普通に洗っただけでは、汚れが落ちない……」
という場合は、つけおきで対処しましょう。

食器用洗剤を使った、つけおき方法をご紹介いたします!

用意するもの
食器用洗剤
スポンジ
ビニール袋
手順
1
つけおき液を作る

ビニール袋に50~60℃のお湯と食器用洗剤を入れ、つけおき液を作ります。
食器用洗剤の量は、くるっと2回円を描く程度。

ビニール袋を段ボールに入れておくと、お湯が冷めにくくなり、よりつけおきの効果が高まります。

2
1~2時間つけおきする

換気扇をつけおき液にいれて、1~2時間つけおきしましょう。

お湯の温度を保つため、ビニール袋は結んだり、輪ゴムでしばったりしておくのがおすすめです。

3
食器用洗剤で洗う

つけおきが終わったら、換気扇が冷めないうちに、食器用洗剤を使って汚れを落としましょう。

洗う際も、お湯を使用すると、よりベタつきをすっきりできます。

つけおきしても汚れが落ちない部分がある場合は、アルカリ性の洗剤で洗浄します
アルカリ性の洗剤が残ったままだと、換気扇を傷める原因になるため、必ずしっかりすすぎを行いようにしてください。

プロにまとめてお任せ!換気扇掃除をサボっちゃおう

期間限定!換気扇掃除のセット割引を実施中です!
詳細はこちらから!

プロの大掃除を詳しくみる


ここまで見てきましたが、換気扇掃除って大変…!と思った方も多いと思います。
そんな時は、換気扇掃除をプロにお任せしちゃいましょう!

プロの換気扇掃除は、いわば「特急券」。

ちょっとお金はかかりますが、手間をかけずに時間を節約できるというわけです!

ユアマイスター では、お住いの地域のお掃除のプロを比較しながら、
換気扇掃除を依頼できます!

詳細はこちらから見にいけますよ♪

まとめ

換気扇は油汚れがつきがちですが、溜めてしまうと大変です。

汚れがこびりつく前に、3ヵ月に1回を目安に換気扇を掃除しましょう。

少しでも長く綺麗な状態を保ちたいなら、外付けフィルターかコーティング剤がオススメ。
油汚れのこびりつきが軽減できますよ。

おいしい唐揚げを食べるために、日頃から綺麗な換気扇にしておきましょう!

今なら早割
今年の大掃除はプロと分担
年末の大掃除、頑固な換気扇の油汚れやキッチンの水垢・お風呂のカビに悩む、バタバタして年末に時間が取れない、なんて経験はありませんか?自分では落とせない汚れもプロの大掃除でピカピカに、年末を快適に過ごせます。今なら早割33,000円!

関連記事

換気扇の油汚れの落とし方を解説!フィルター・ファンには重曹が活躍

みなさん、唐揚げは好きですか? わたしは大好きです。カリカリの衣、ジューシーな肉汁。 季節や昼夜を問わず、いつ食べても最高においしいですよね。 そんな唐揚げをお家で作るとき、1つだけ気にかかることがあります。 それが、油 […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

換気扇の油汚れ用洗剤のオススメは?汚れをしっかり落とす8個を厳選

換気扇って、いつの間にか油汚れが溜まって、汚くなってしまいがちですよね。 でも、換気扇のお掃除を始める時、まず最初にぶち当たる壁はこれじゃないでしょうか。 「換気扇って、どの洗剤でお掃除すればいいの…?」 洗剤といっても […]

換気扇の大掃除は年末に!重曹でファンからフィルターまで簡単きれい

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集

今なら早割
今年の大掃除はプロと分担
年末の大掃除、頑固な換気扇の油汚れやキッチンの水垢・お風呂のカビに悩む、バタバタして年末に時間が取れない、なんて経験はありませんか?自分では落とせない汚れもプロの大掃除でピカピカに、年末を快適に過ごせます。今なら早割33,000円!

お住まいの地域から選ぶ