レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

yusuke

更新日:2020年11月05日

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。

みなさん、お掃除してますか?

レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。

正直、めんどくさくて数か月放置…なんてことも多いのでは?

今回は、そんなレンジフードをプロのクリーニング業者さんにキレイにしてもらいました!

レンジフードのお掃除は、その気になれば自分でもできますが…。

プロのレンジフードクリーニングは、自分でするお掃除とどう違うのでしょう?
最初は半信半疑でしたが、いざクリーニングを頼んでみると、そりゃもう感動の連続です。

この生の感動を、できる限り再現して、あなたにお届け。

今回レンジフードクリーニングをしてくれるのは…?

今回の取材で、レンジフードをお掃除してもらうのは、「おそうじ代行ホールディングス」さん。

お風呂やキッチンといった水回り、エアコンや洗濯機など、ハウスクリーニング全般を取り扱っている、プロのクリーニング業者さんです。

元は関西の業者さんですが、現在は全国展開しているため、関東・東海・関西・中部・九州と、幅広い地域で安心してサービスを受けることができます!

さらになんと、「おそうじ代行ホールディングス」さんは、「ユアマイスター」でも屈指の人気を誇り、連日予約で埋まる大注目のプロ。

口コミ件数250件で、満足度(5段階評価)が衝撃の☆4.81というから、その人気ぶりが分かりますね。

「おそうじ代行ホールディングス」さんについて詳しく知りたい!お掃除を頼みたい!…という人は、こちらのページを読んでみてください♪

「おそうじ代行ホールディングス」さんの店舗ページはこちら!

それでは、そんなプロが手掛ける感動のレンジフードクリーニングの様子を見てみましょう!

レンジフードクリーニングの流れ

レンジフードを実際にクリーニングしてもらう前に、全体の流れを見てみましょう。
大まかに分けて、工程はこの3つです。

・レンジフードを分解する
・部品を洗浄する
・分解した部品を組み立てる

まずはレンジフードの分解。
お掃除するためにレンジフードを分解して、中のフィルターやファンといった各部品を取り出します。

次に、部品の洗浄。
取り出したレンジフードの部品をキレイに洗います。

そして部品の洗浄が終わったら、組み立て。
分解した部品を元に戻し、普段通りにレンジフードを使えるようにします。

これでおしまい!

この大まかな工程は、自分でレンジフードを掃除するときも変わりません。

でも、プロのレンジフードクリーニングなら、自分で換気扇をお掃除するよりももっと分解・もっと洗浄・しかも短時間!

その秘密を、じっくりと見ていきましょう!

プロはここまで分解する!

まずは、レンジフードの分解から。

さっそく、「おそうじ代行ホールディングス」さんがテキパキと部品を取り外していきます。

ものの5分ほどで、すべての部品が分解されました。

ここで、横からのぞいていた私は、「えっ」と驚いてしまいました。

1.フィルター
2.ベルマウス
3.シロッコファン
4.モーター
5.カタツムリ
6.カバー

こんなに分解できるん?

私も自分でレンジフード掃除をしたことがありますが、自力で外せるのはせいぜい図の1・2・3くらい。

しかも触るのに慣れていない場所で、高い位置にあるから、この3つを外すだけで5~10分はかかります。

それを、たった5分の間にさらにもう3つの部品まで、工具を使ってしっかり分解してくれるのはプロならでは。なんて嬉しいんでしょう。

…ところで、レンジフードから外された部品がたくさんありますが…、それぞれ何のための部品なのでしょう?

1.フィルター

お料理の油が、レンジフードの内部にくっつくのを防ぐための部品です。
そのため、空気中のホコリや油汚れがたくさんついてしまいます。

2.ベルマウス

フィルターの奥にある「シロッコファン」が落下しないように押さえる、輪っかの部品です。

3.シロッコファン

細かい羽根がたくさんついた、円筒型のファンです。
ぐるぐると回り、部屋の中の空気を外に排出して、換気をしてくれます。

フィルターを通り抜けたホコリや汚れがたまりやすい部品です。

4.モーター

シロッコファンを回転させる電力を伝える、動力としての部品です。
工具がないと外せないので、自分でお掃除するときには取り外せません。

5.カタツムリ

シロッコファンを覆っている部品です。
シロッコファンが送り出す空気を、屋外につながる排気ダクトへと伝える役割があります。

これ自体が「排気ダクト」とも呼ばれますが、その形から、クリーニング業者さんたちの間では「カタツムリ」と呼ばれています。
これも、工具がないと取り外せません。

6.カバー

油や空気がレンジフード内にきちんと入っていくために、全体を覆っている部品です。

「おそうじ代行ホールディングス」さんがカバーを取り外した瞬間、「それ外せるんだ!?」と驚いてしまいました。
なかなか自分で取り外そうとは思いませんよね。

全部の部品が取り外されたレンジフードは、見事にすっからかんになっていました。

自分でお掃除するときには、フィルターベルマウスシロッコファンしか外せないので、このからっぽな様子は初めて見る景色です。

早くも、プロにレンジフードのお掃除を頼んで正解だと感じ始める私でした。

フィルターは洗剤でサクッと

「おそうじ代行ホールディングス」さんが最初にお掃除に手を付けたのは、フィルター

一番油汚れが目立ってしまう部品ですね。

自分でフィルターを洗うときは、重曹や酸素系漂白剤を溶かしたお湯に数時間フィルターをつけおきして、それからブラシでこすって…。

…と、なかなか時間がかかるお掃除ですが。

驚きました。プロはつけおきしないんです。

業務用の油汚れ用洗剤を全体に吹きかけたら、そのままブラシでゴシゴシするじゃありませんか!

つけおきもしていないのに、汚れがみるみる取れて、洗剤の泡がどんどん茶色くなります。

「換気扇の油汚れにはアルカリ性の洗剤を使うといいのですが、家庭用の洗剤は扱いやすいように、成分が弱めに作られています。

業務用の洗剤はアルカリ性がとても強く、汚れを落とすのには最適ですが、使うのには注意が必要です

「おそうじ代行ホールディングス」さんがていねいに説明してくれました。

また、汚れを落とすのに使うブラシにもこだわりがあり、毛の柔らかいものと硬いものを使い分けているのだとか。

フィルターの素材への負担を最小限に抑えながらも、フィルターの細かい目の間に詰まった汚れを隅々まで落とす。まさにプロの技

限られた時間内でレンジフードをお掃除するためには、プロならではの道具が必須なんですね。

自分でお掃除をしたら数時間以上かかるフィルターのお掃除が、ものの15分ほどで終わってしまいました。

2枚あるフィルターを、片方だけ洗ってみた結果がこちら。

遠目なので少しわかりづらいですが、洗う前はフィルターに全体的に茶色くついていた油汚れが、洗った後にはすっきりとなくなっていますね。

実際に触ってみても、全くべたつきませんでした。新品かと思えるほどの出来です。

ちなみに、プロが使う業務用洗剤は一般人でも手に入れることはできます。

レンジフードのお掃除を、業務用洗剤と家庭用洗剤のどちらを選べばいいのか気になる人は、こんな記事を読んでみて下さいね。

シロッコファンはつけおき

次にお掃除するのはシロッコファン。

フィルターに次いで油汚れが付きやすく、細かい羽根がいっぱい付いているためお掃除がしにくい部品です。

実は「おそうじ代行ホールディングス」さん、レンジフードを分解してフィルターを洗い終わるまでの間、シロッコファンを業務用洗剤につけおきしていました。

「やっぱりプロもつけおきするんだ!自分でお掃除するのと一緒じゃん!」と言おうとしたつかの間、洗剤に浸けてから20分ほどしか経っていないシロッコファンを取り出し、ブラシで洗い始めたのです。

自分でお掃除するときは、フィルターと同じように数時間以上つけおきするのに…。

たった20分のつけおきで、本当に汚れが落ちるのか…?半信半疑で横から見ていたのですが。

ものすごい量の汚れが、浮き上がっていました。

ここまでシロッコファンが汚れていたことに驚きです…。

あとはフィルターと同じように、羽根と羽根の間に詰まった汚れまでしっかり掻き出して、洗います。

汚れがぐんぐん取れているのが分かりますね…。

「油汚れは、洗われて流れる途中にも、通り道になった他の部分を汚してしまうので、油汚れを全て落としきるのは大変なんです

何度も洗剤をつけてブラシでこすり、洗い流し、を繰り返して、根気よく全体をキレイにしていきます。

15分ほどで、シロッコファンがさっぱりキレイになりました。

あれだけ頑固だった油汚れがウソのようですね!

ここまでのフィルターシロッコファンのお掃除は、時間はかかりますが、自分でもできちゃいます。

安くで自分でお掃除したい人は、こちらの記事を参考にしてみて下さい!

カタツムリからは油をゴッソリ

さあ、次は自分では取り外すことができない「カタツムリ」のお掃除です。

これをお掃除すること自体、驚きだったのですが、これだけでは終わりません。

自分でお掃除できないのだから、そんなところに付いている汚れの量は大したことないと思っていたのですが、お掃除用のヘラでこそいでみると…。

どんだけ油取れるんだこれ!!

「え~~~~~!」という声が止まりませんでした。

あ…油って、こんなにたっぷりくっついてたんだ、お掃除できないところに…。

間違いなく感動した瞬間でした。

レンジフードのお掃除をプロに頼んでいなかったら、もっとすごい量の油汚れと同居することになっていたんですね…。

ヘラで油汚れを取り除いた後は、フィルターやシロッコファンと同じように洗剤とブラシで、残った汚れをていねいに流して、ピカピカになったところで終了です。

カバーはていねいに拭き掃除

最後は、レンジフードのカバーのお掃除です。

「え?カバーってお掃除するものなの?そんなに汚くないんじゃない?」

と思っていたのですが、やっぱりカバーにも油汚れ用の洗剤を吹き付けていく「おそうじ代行ホールディングス」さん。

「カバーにも油汚れはたくさん付いています。お料理の蒸気や、周りの空気に乗って、油はカバーの外側にまでくっついてしまうんです

洗剤を付けては、ていねいにタオルで拭くことを繰り返します。

力の入れ具合や、効果の強い洗剤の使い過ぎで、カバーの素材が変形・変色してしまうこともあるのだとか。

そのリスクを考えつつ、素材に合わせて拭き上げるのは、プロの経験と知識ならではの技ですね。

カバーを半分だけ拭き上げてもらった様子がこちら。

「カバーを拭いて何か変わるのか?」と思っていたのですが、その差は歴然ですね!

拭いた後は周りにある物が反射するほどピカピカになっています。

これで、部品の洗浄はおしまい!後は組み立てるだけですね。

最後の組み立てもていねいに

部品を洗い終わり、そのままレンジフードの中に戻していくのかと思ったら、「おそうじ代行ホールディングス」さんが,再びタオルと洗剤を手に取りました。

レンジフードの中のお掃除が残っているのです!

どうしても隙間から入り込んでしまう油汚れや、たまったホコリを、カバーと同じようにていねいに拭いてくれます。

「そこもお掃除するのか!」と驚きの連続です。

レンジフードの中がキレイになったら、部品をどんどん戻していきます。

順番に部品を取り付け、最後にカバーを付けたら、クリーニングの全工程が終了です!お疲れさまでした!

油がゴッソリ取れて、レンジフードも気分もスッキリですね♪

今回は洗浄がとてもスムーズだったので、1時間~1時間半ほどでお掃除自体は終わりました。

お掃除するための搬入、レンジフードの動作確認なども含めると、およそ2時間がクリーニングの目安です。

ただ、レンジフードの汚れ具合によっては、工程や所要時間も変わってくるので、多めに時間を見積もっておきましょうね。

レンジフードのお掃除が終わったら…

レンジフードのお掃除が終わり、後は荷物をまとめて帰るだけ!

…というところで、またもやシンクに立つ「おそうじ代行ホールディングス」さん。

なんと、シンクを洗い始めました!

クリーニングで使わせていただいたシンクは、できる限りキレイにしてから帰ります。ほんのお礼の気持ちです」

シンクに流れた油は、事前に準備していた排水口ネットでしっかりキャッチして、家庭の下水に流れてしまわないようにしているそう。

レンジフードクリーニングで出た大量の油は、全てきっちり持って帰って、規程に従って処分するのだとか。

シンクに汚れが残らないよう、キレイに水で流したら、残った水分も清潔なタオルで拭き取ります。

まさに立つ鳥跡を濁さず。

徹底したプロ意識に、感無量です。

半年~1年に1回が、レンジフードクリーニングをプロに頼む目安です。

3か月に1回は自分でレンジフードのお掃除を、そして1年に1回プロにクリーニングを頼む、というふうにすると良いかと思います。

普段から揚げ物を料理するというご家庭では、中には3か月に1回必ずクリーニングを依頼される方もいるので、自分の生活スタイルに合わせてレンジフードのキレイを保つと良いですね」

レンジフードクリーニングを終えると、すぐに荷物をまとめて、「ありがとうございました!」と笑顔で去っていく、「おそうじ代行ホールディングス」さん。

それはこちらのセリフです。ありがとうございました!

しつこい変性油を落とすにはプロの技が必要!

プロによるレンジフードの掃除、隣でしっかり見てきました!
その中でも、特に気になったのが、シロッコファンやカタツムリから出てきた、頑固な油です。

変性油と呼ばれるこの油について、くわしくみてみましょう。

変性油とは

レンジにべったりこびりついてしまう変性油。
これは、調理に使用した油脂が、熱によって変化したものです。

レンジフード内に長い間こびりついた汚れは、熱変性を起こし、ドロドロの状態に。
こうなってしまうと、自宅にある洗剤では、簡単に汚れを落とせなくなります。

ひどくなると、レンジフードから下へ溜まった油が垂れてくることもあり、衛生的にも良くありません。

そんな変性油。
何とかしたいなら、今回紹介したように、プロ用によるクリーニングがおすすめ。
専用の洗剤で掃除してくれるので、短時間ですっきりきれいにしてくれます。

自分で変性油を落とすには?

プロのクリーニングを依頼したいけれど、お金や時間に余裕がない。
という場合は、変性油を自力で落とす方法もあります。

家にあるもので、変性油を掃除する方法を、チェックしてみましょう。

用意するもの
お湯
ヘラ
掃除用ブラシ
アルカリ性洗剤(重曹など)
養生テープもしくはガムテープ
ゴミ袋もしくは新聞紙

自分で作業する場合、プロのようにカタツムリまで外すことはできません。
それでも、シロッコファンについた変性油汚れが落ちれば、レンジフード内の油を軽減できます。
レンジフード内の汚れが気になるなら、チャレンジしてみましょう。

手順
1
レンジフードを分解する

油が落ちても大丈夫なように、下へビニール袋や新聞紙を敷き、養生テープで止めましょう。

養生テープは、ガムテープや太めのマスキングテープでも代用できます。

フィルター、レンジカバーは、変性油がつきにくい部分。

ブラシとアルカリ性洗剤を使い、汚れを落としておきましょう。

2
シロッコファンをつけ置きする

シロッコファンには、頑固な変性油がついています。

シンクへゴミ袋を広げ、その中にお湯とアルカリ性洗剤を入れて、つけ置きしましょう。

重曹の場合は、コップ1杯程度や目安です。

お湯はできるだけ熱い方が効果的ですが、やけどには十分注意しましょう。

10~30分ほどで変性油が柔らかくなりますので、ヘラで削り落とします。

3
シロッコファンをもう一度つけ置きする

新しいビニール袋を用意して、再度お湯とアルカリ性洗剤を入れ、つけ置きします。
今度は1~2時間くらい、ゆっくりつけ置きして、汚れを浮かせましょう。

4
洗剤で残った汚れを掃除する

2回のつけ置きで、汚れがかなり落ちている状態です。

まだ残っている部分があれば、直接洗剤をつけて、掃除しましょう。

市販の洗剤で落とせない場合は、プロ用の洗剤を使うのも良い手段です。

2
よく乾かしてから元に戻す

汚れが落ちたら、洗剤や水分をしっかり取り除いて、元の場所へ戻します。

フィルターやカバーも、よく拭いてからレンジフードへ取り付け、掃除完了です。

まとめ

今回はレンジフードクリーニングを「おそうじ代行ホールディングス」さんに依頼して、レンジフードを見事にキレイにお掃除してもらいました。

自分ではお掃除できない部分まで徹底的にキレイになって、驚きと感動の連続です。

「3か月に1回の自分でのお掃除と、半年~1年に1回のプロのレンジフードクリーニング」で、いつまでもキレイなレンジフードを保ちませんか?

口コミ9,000件以上
しつこい油汚れはプロにお任せ
皆さんのおうちの換気扇、ちゃんとお掃除していますか?油ギトギトのまま放置しておくと、故障の原因になることも…。「汚れすぎてどこから手をつけていいかわからない」「忙しくてお掃除する時間がない」という方はプロに依頼するのがおすすめ。ユアマイスターなら、あなたに合う厳選したプロをご紹介します!

関連記事

換気扇の油汚れの落とし方を解説!フィルター・ファンには重曹が活躍

みなさん、唐揚げは好きですか? わたしは大好きです。カリカリの衣、ジューシーな肉汁。 季節や昼夜を問わず、いつ食べても最高においしいですよね。 そんな唐揚げをお家で作るとき、1つだけ気にかかることがあります。 それが、油 […]

あのオキシクリーンは換気扇掃除でも大活躍!時短もできる裏技大公開

毎日使って、知らない間に油汚れでギトギトになっている換気扇…。 キレイにしたいけど中々手が回らず、放置しがちな方も多いのではないでしょうか? そんなあなた! 面倒な換気扇掃除も、あの万能洗剤オキシクリーンを使 […]

換気扇の油汚れ用洗剤のオススメは?汚れをしっかり落とす8個を厳選

換気扇って、いつの間にか油汚れが溜まって、汚くなってしまいがちですよね。 でも、換気扇のお掃除を始める時、まず最初にぶち当たる壁はこれじゃないでしょうか。 「換気扇って、どの洗剤でお掃除すればいいの…?」 洗剤といっても […]

換気扇がうるさい時は故障の合図?4種類の音の原因と対策を徹底解説

換気扇がうるさい! うるさくてなんにも集中できない! そんな経験はありませんか? 換気扇の音って、必要以上に気になってしまうものですよね。 ですが、そんなあなたに朗報です! 換気扇がうるさいときの原因と対策を知っていれば […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す

口コミ9,000件以上
しつこい油汚れはプロにお任せ
皆さんのおうちの換気扇、ちゃんとお掃除していますか?油ギトギトのまま放置しておくと、故障の原因になることも…。「汚れすぎてどこから手をつけていいかわからない」「忙しくてお掃除する時間がない」という方はプロに依頼するのがおすすめ。ユアマイスターなら、あなたに合う厳選したプロをご紹介します!

お住まいの地域から選ぶ