新車の洗車はいつやる?洗車機は使ってもいい?洗い方を細かく解説!

nissy

更新日:2020年03月21日

 

やっと手に入れた新車。

まだ買ったばっかりだから傷もないし、ピカピカ。
この見た目を長持ちさせたい!

洗車をすれば、その思いも叶います。

でもやり方によっては余計に傷がついてしまうことも。

気をつけなくちゃいけないポイントを、ここでしっかり確認しておきましょう!

新車でも洗車は必要

「新車は洗車しないほうがいい」なんてうわさもありますが、実際はそんなことありません。

汚れがついたら、すぐに洗車しましょう!

逆に新車でも、汚れがついているままにしてしまったら、その汚れがこびりついてしまいます。
そうなると、すぐに落とせば簡単に落ちるはずの汚れも、頑固な汚れへと変身してしまうのです。

落としにくくなってしまう前に、洗車してきれいな状態を保ちましょう♪

また、新車とはいえ、ちょっと時間がたてばホコリなどのゴミがついてしまうのは当たり前のことです。

でもせっかくなら、本当にピカピカな状態で乗りたいですよね。

水洗いだけでもすると、とてもきれいになるのでやっぱり洗車は大切なのです。

洗車機はだめ!手洗いで洗車しよう

洗車というと、方法としては「手洗い」と「洗車機」が挙げられます。

洗車機は機械が洗ってくれるので、楽チンですよね。
ガソリンスタンドでやってもらう人も多いと思います。

でも洗車機は車にとって負担が大きすぎて、逆に傷がついてしまうかもしれません。
そのため、洗車機は使わないようにしましょう

機械の力がかかってしまう洗車機で洗うと、細かい凹凸ができてしまう可能性があります。

でも、手洗いならそういうことにはなりません。

力の加減を調節しながら洗うことができるので、安心して洗車することができますよ!

手洗いで傷つけずに洗車する方法

では手洗いはどうやってしたらいいのでしょうか。

車を自分で洗うのはなんだか難しそう…と思ってしまう人も多いと思いますが、案外そんなこともありません。

実は、新車の場合は簡単に洗うだけでOKなのです。
少しホコリがついているくらいなら、水洗いをすれば完璧です。

でも泥道の中を走って、新車をさっそく派手に汚してしまった…なんてこともあるかもしれませんね。
そうしたら、水だけでは落ちないかもしれません。

そういう場合は、カーシャンプーを使って洗車してみましょう。

どちらの方法も紹介していきますね!

水洗い

まずは水洗いの方法から。
とても気軽にできるので、挑戦しやすいですよ!

用意するもの
・水をかけるホース
・柔らかいタオル or 柔らかいスポンジ
・水切りワイパー
・マイクロファイバークロス
手順
1
車体に水をかける

まずはホースを使って、車に水をかけます。
実はこれはとても大切な作業。

車は外を走るものなので、どうしても外気の中のホコリや砂なんかが車体にくっついてしまうのは避けられないもの。
目には見えなくても、細かいゴミがたくさんついています。

それがくっついたまま、スポンジなどでこすることを想像してみてください。

車体にそのゴミをなすりつけることになりますよね。
そうすると、細かい傷がどうしてもできてしまいます。

そうならないようにするためにも、ちゃんと水をかけて、ホコリや砂を流してから洗車の作業に入っていきましょう。
絶対に欠かさないでくださいね!

2
水をかけながらタオルかスポンジでこする

水をかけながら、用意した柔らかめのタオルかスポンジで優しくこすっていきます。

3
水切りワイパーで水気をとる

洗車は洗って終わりではありません。
自然乾燥はだめですよ!

水気を切らなかったら、水滴が車体につきっぱなしになって、ウォータースポット(水垢のようなもの)になってしまいます。
洗った後にはしっかり水気をとることが大切です!

まずはワイパーでできるだけ水気を取ってしまいましょう。

4
マイクロファイバークロスで拭く

残ってしまった水滴をマイクロファイバークロスでしっかり拭き取ったら、完璧です。
拭き残しがないように気をつけてくださいね!

カーシャンプー

派手に汚れてしまった部分がある時は、カーシャンプーを使って洗車しましょう。
汚れには早めの対処が大切ですよ!

用意するもの
・水をかけるホース
・バケツ
・カーシャンプー
・スポンジ
・脚立
手順
1
車体に水をかける

この作業はカーシャンプーを使う場合も同じ。
必ず水をかけて、ホコリや砂を落としましょう!

2
バケツの中にカーシャンプーを入れ、洗浄液を作る

バケツの中で洗浄液を作ります。
用意したカーシャンプーの使い方を読んで、書いてある割合の水で薄めましょう。

カーシャンプーも水もバケツの中に入れることができたら、よく泡だてましょう。

3
タイヤとホイールを洗う

まずはスポンジをバケツの中に入れて、泡を含ませます。
そうしたら、いよいよ洗っていきますよ!

最初に洗うのは、タイヤとホイール
ここが一番汚れているところなので、最初に洗います。

細かい部分までシャンプーで洗ったら、泡をしっかり洗い流しましょう。

ここでちゃんと泡が流しきれていないと、タイヤの部分のサビの原因になってしまうので、気をつけてくださいね!

注意
次の手順ではボディーを洗っていきますが、その前に、タイヤを洗ったスポンジはしっかり洗っておきましょう
くれぐれも、汚れがついたままボディーを洗わないでくださいね!そのまま使うと、傷がついてしまいます
4
ボディーを洗う

続いてボディーを洗っていきます。

ここで洗う時のポイント。

まずはルーフから洗い始めること!

ルーフは車の部位の中でも一番上にありますよね。
もし最後にそのルーフを洗ったとしたら、一番上にあった汚れがまたボディーの側面にまで流れてくることになります。
そうなったら、側面を洗った努力も全て水の泡になってしまうので、必ずルーフから洗って欲しいのです!

また、洗うときにはゴシゴシしすぎないでください。
強くやりすぎると、傷の原因になってしまうかもしれません。
優しく、撫でるイメージで洗ってあげてくださいね!

5
泡を洗い流す

泡を水で洗い流していきます。

ここで泡が流しきれていないと、車体が傷んでしまう原因にもなってしまいます。
流し残しがないように気をつけてください!

6
水切りワイパーで水気をとる

水洗いの時と同じように、ここからしっかり水気を取っていきます。

7
マイクロファイバークロスで拭く

あとはマイクロファイバークロスでしっかり拭き取ってくださいね!
水滴が残ったら、ウォータースポットになってしまいますよ。

ワックスまですると完璧!

ここまで洗車の方法を紹介してきました。
せっかくきれいにしたら、その状態をできるだけ保ちたいですよね。

ワックスをすれば、ある程度きれいな状態が続きます。
だいたい1ヶ月の間くらいは効果が続きますよ!

自分でワックスをかけるのは、ちょっと面倒だと思う人もいるかもしれませんね。

でも自分でやってみると、今まで以上に自分の車に愛着が湧くはず。

ぜひやってみたい!という人は、こちらの記事をどうぞ。

洗車をするときに気をつけてほしいこと

洗車をするときに気をつけた方がいいことを、ここでまとめます。

・晴れの日の昼間は避ける
・ボディーを最初に洗わない
・水をかけるときは「上→下」

この3つのことを気をつけるようにしてみましょう。

晴れの日の昼間は避ける

晴れている日は気持ちがいいですよね!

思わず洗車をしたくなってしまうかもしれませんが、実はそれは避けた方が良いのです。

晴天の中で洗車すると、水滴がすぐに乾いてしまって、ウォータースポットができやすくなってしまいます

そうなると、せっかく洗車をしているのに、また汚れてしまってあまり意味がなくなってしまうのです。

晴れの日の昼間はとくに日差しの力がすごいので、避けるようにしてくださいね!

ボディーを最初に洗わない

ついつい一番洗いやすいボディーに先に手が伸びてしまうかもしれませんが、それはだめ!

手順のところにも書きましたが、タイヤとホイールを洗ったら、ボディーではなく、必ずルーフから洗うようにしましょう。

先にボディーを洗ってしまうと、ルーフを洗ったときにその汚れがボディーにまたついてしまいます。
結局またボディーを洗うはめになってしまうので、気をつけてください!

水をかけるときは「上→下」

これもボディーを最初に洗ってはいけない理由と同じ。

先に下のほうを洗っても、結局上のほうの汚れが下に流れ落ちてくるので、意味がなくなってしまいます。

必ず上から下へ汚れを流すようにしてくださいね!

だめなのはわかってるけど洗車機を使いたい

手洗いで洗車する時間がないから、どうしても洗車機を使ってパパッと洗車がしたい!という人もいると思います。

洗車機を使うとさっきも言ったように、細かい傷がついてしまったりする恐れがあります。

だからできれば手洗いで洗ってほしいです。

でも最近では傷がつきにくいものも登場しています。
100%傷がつかないわけではありませんが、最新式の洗車機なら、多少の安心感はあります!

例えば、ブラシがついていない「ノンブラシ」の洗車機。
これは、高圧の水で汚れを落としていくものです。

ブラシが使われていない分、傷がつきにくいので、洗車機の中ではおすすめです。
あまりにもひどい汚れだと落ちにくいかもしれませんが、少しの汚れなら、これでも十分きれいになりますよ!

ちなみにですが、洗車機を使う場合であっても、機械の中に入れる前に水をかけるということは変わりません。

洗車機はあくまでブラッシングをしてくれる機械なので、事前に自分でホコリなどは取っておかないと、傷がついてしまうかもしれません。
「ノンブラシ」タイプを使うにしても、事前に自分で水でさっと洗い流しておいたほうが安心ですよ!

新車はコーティングした方がいい?

洗車とは別にコーティングなんて言葉、聞いたことありませんか?

ディーラーなど、車関連のお店では必ず勧められるものですね。
新車を購入した時ならなおさらです!

そもそも、コーティングってなんなのでしょうか?
お店の人が勧めてくるけど、本当に必要なこと?

そんな疑問の声も聞こえたので、少しだけお答えておこうと思います。
初心者の方でも知っておくと得な知識なので、おまけとして覗いてみましょう。

コーティングとは

車体の表面をうすい膜で覆う加工のことです。
これがあることで、さまざまな汚れから車体本体を守ることができます
なので、新車であってもコーティングする意味は十分にありますよ♪

車にかかる負担

外の環境にさらされ続ける車には多くのダメージが襲い掛かかっています。

・鳥のフン
・砂、ホコリ
・雨、泥跳ね
・紫外線、直射日光 など

ざっと挙げただけでも、これだけありますね。
しかしこれらがどのような影響を与えるというのでしょうか?

・車体の劣化例
・細かい傷

そこまで深くなくても、コーティングが無い場合は直接車体に傷が付きます。
こうなってしまうと、直す場合には数万円も払わなければなりません!

色あせ

買ったばかりの頃は綺麗な色をしていた車体も、年々色あせていきます。
その原因は、上でもあげた紫外線。
特に赤い色は紫外線の影響を受けやすく、色あせるスピードも速いです。

車体が溶ける

うそでしょ?と思うかもしれませんが、本当です。
鳥のフンが付いた状態で放置すると、強力な酸性で車体を溶かしてしまいます!
傷と同じく、コーティングが無いとそのダメージはダイレクトにきますね。

新車をコーティングするメリット・デメリット

上で問題点を挙げましたが、コーティングの重要性は伝わりましたか?
新車の場合は、他にもいくつかメリットがあるのでそちらもご紹介します!

メリット

・汚れが落ちやすい

新車は車体が綺麗なので、中古車よりは汚れが付きにくいです。
しかし、そのままにしておくと細かい傷が付き、汚れも残りやすくなります。

洗車でお話しましたが、放置した汚れは落ちにくくなるものです。
コーティングをしておけば、膜のおかげで汚れが落ちやすく、洗車も楽になりますよ♪

・色あせにくい

コーティングしておくことで、紫外線をカットすることもできます。
これにより、車体の塗装に与えるダメージも少なくなり、色あせにくくなるんです!

一度あせた色が戻ることは無いので、新車のうちやっておくと安心ですね。

・ 高く売れる

傷が少ないもの、状態がいいものほど高く売れるのは当然ですよね。
車も同じように、綺麗な状態を保つことができれば、手放した時に高く売れます♪

うれしいことだらけかと思いきや、デメリットもあるので気を付けましょう!

デメリット

・値段が高い

自分でやることも可能ですが、多くの場合専門店などにお願いすることになるでしょう。
相場的には4万円~。決して安い費用とは言えませんね。
お財布との相談が必要になります。

・ 持続期間

一度コーティングしたからと言って、永久的に効果がある訳ではありません。
あくまで数ヶ月~5年くらいの持続期間です。
これもかけた金額に左右されるので、覚えておくと良いでしょう♪

まとめ

新車だって、ホコリがついたり、雨の中を走って汚れることもあります。

そんなときは、洗車をするようにしましょう。
新車だからって、洗車を避ける必要はありません。

むしろ、汚れは早めに洗い流した方がいいので、すぐに洗車しましょう!

ワックスまでして、きれいを長持ちさせることができると、さらに車への愛着が湧きそうですね♪

関連記事

車の雨対策はガラコで決まり!正しい塗り方と3つのコツで効果抜群!

ガラコ~。 ガラコって可愛らしい名前だね♪ いや、人の名前なわけないやん! えっじゃあ、美味しい食べ物なの? さぁ、それはどうでしょう~。 ええ~、なんで教えてよ! しょうがないな~、この記事を読み進めていくとガラコの正 […]

車のフロントガラスの掃除は内側と外側で!水垢汚れや油膜も洗い流す

  「フロントガラスにライトが反射して運転しにくい…。」 車を運転していて、こんな経験ありませんか? フロントガラスのギラつきの原因は、主に油膜(油性の汚れ)が原因です。油膜を放置しておくと、洗車では落とせない程こびりつ […]

車のドアノブ傷はコンパウンドで補修!ボディ・ホイール以外も大切に

大切な思い出が詰まった愛車。 愛車はできるだけきれいな状態で利用したいと思うものですよね。 しかし、使っているうちに、汚れや傷はどうしても付いてしまうものです。 なかでも、意外に気になる部分が、乗り降りするときに目が行き […]

車のドア傷を自分で修理!早めの対処で愛車をサビから徹底的に守る!

車の傷。 大変デリケートな問題で、少しのかすり傷程度でも目立ってしまいますよね。 特に多いのは、ドア部分の傷。ドアを開けたときに他の車にぶつけたとか、バックして入庫する際に壁に擦ってしまったなどよくある話です。 そんなと […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す