HOME
更新日 :2024年02月26日

タオルのオキシ漬けでニオイを除去!やり方と失敗しないポイントを解説

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

オキシクリーンでタオルの黒ずみや臭いを落とす方法をご紹介。オキシ漬けの方法や、失敗しないためのポイントなどを解説します。「バスタオルをオキシ漬けしたあとは?」「漬けおきする時間や、オキシクリーンの量の目安は?」といったお悩みにもお答え。タオルの臭いが取れないときは、ぜひ試してみてくださいね!

本記事内ではアフィリエイト広告を利用しています

オキシ漬けでタオルの臭い・汚れは落ちる?

「オキシクリーン」とは、酸素の力で衣類の汚れやシミを分解・除去する酸素系漂白剤です。塩素系漂白剤のようなツンとした匂いがなく、色柄ものにも使いやすいのが特徴。オキシクリーンをお湯に溶かす「オキシ漬け」を活用することで、タオルも漂白や消臭(※1)、除菌(※2)が可能です。油汚れを分解する力もあるため、衣類以外にもキッチンやお風呂場、トイレや洗面所などの掃除にも活用できますよ!

※1:汚れの種類や程度によって効果は異なります。※2:布製品を1時間以上漬けおきした場合(全ての菌を除菌するわけではありません)。

アメリカ版と日本版のオキシクリーンの違い

オキシクリーンには、アメリカ版と日本版(製造国は中国)の2種類があり、大きな違いは、アメリカ版のオキシクリーンは「界面活性剤」が入っているという点。界面活性剤によって泡立ちやすく、繊維の奥の汚れを浮き上がらせるので、アメリカ版の方が汚れを落とす効果は高まります。また、アメリカ版には香料も含まれています。

一方、日本版は香料・界面活性剤が不使用。泡立ちが少ないですが、肌への刺激が少ないことや、すすぎがしやすいことなどが主な違いとして挙げられます。

タオルのオキシ漬けのやり方

ここからは、タオルをオキシ漬けする手順をご紹介します。タオルを通常の洗濯前にオキシ漬けすることで、黒ずみや臭いを除去できますよ!

注意
オキシクリーンは、タオルの洗濯表示や、素材の注意事項などを確認したうえで使用してください。また、換気を行い、手肌が弱い方はゴム手袋を着用して作業をしましょう。
用意するもの
・オキシクリーン
・漬け込みができる桶
・お湯(40〜60℃)
・混ぜる棒
・ゴム手袋(肌が弱い方)
手順
 
1
桶にお湯を入れてオキシクリーンを溶かす

オキシクリーンとお湯を桶に適量入れ、棒を使ってしっかり混ぜて溶液を作りましょう。オキシクリーンの量は、お湯4Lに対して付属のキャップやスプーン1杯ほど。

オキシクリーンの種類によって付属スプーンのサイズが異なるため、商品パッケージを確認して使用してくださいね。

2
タオルを入れて20分ほど漬けおきをする

オキシクリーン溶液にタオルを浸して、20分ほど漬けおきましょう。汚れや臭いが特に気になる場合は、漬けおきの時間を1時間ほど長めにするとよいでしょう。

3
水ですすいで普段と同じように洗濯をする

しっかりと水ですすいで軽く水気を切ったあと、洗濯機に入れて普段通りに洗濯をすればお手入れ完了です。ほかの洗濯物と一緒に洗濯をしても基本的に問題はありませんが、色落ちが心配な衣類がある場合は、念の為別々に洗濯をしましょう。

おすすめ
[PR]

商品画像
オキシクリーン 500グラム

タオルのオキシ漬けで失敗しないポイント

オキシクリーンを使って、タオルをオキシ漬けする際のポイントをまとめたので、参考にしてみてください!

ポイント1:40~60℃のお湯でよく溶かす

オキシクリーンの効果を十分発揮するためには、オキシクリーンをしっかりお湯で溶かすことが重要です。適した温度は40~60℃。熱湯を使うと、生地によっては傷む可能性があるため注意してください。

また、溶け残りがないようにしっかり溶かすのもポイントです。

ポイント2:20分以上漬けおく

オキシクリーンが汚れを分解・除去する効果を発揮するためには、20分以上の漬けおきが必要です。漬けおきの時間は「最大6時間まで」となっていますが、長時間置きすぎると生乾き臭の原因になってしまうため、20分〜1時間前後の漬けおきがおすすめです。

ちなみに、オキシクリーンは、お湯に溶けてから約6時間後には洗浄効果がなくなるので、オキシ液の作り置きはせず、1回に使い切れるだけの量を準備するようにしましょう。

【Q&A】タオルのオキシ漬けに関する疑問

オキシクリーンを使う際の注意点や、タオルをオキシ漬けする際の疑問をまとめました。

Q1. オキシクリーンを使うときの注意点は?

A1. 水洗いできない素材への使用は控えましょう。

水洗いができないウール、シルクなどの素材には、使用を控えてください。また、ステンレス素材のものに長時間漬けおきをすると素材を傷める可能性があるため注意しましょう。

Q2. タオルをオキシ漬けしたあとはどうすればいい?

A2. 洗濯機の通常の洗濯コースで洗いましょう。

オキシ漬けが終わったら、普段と同様に洗濯機で洗うことで洗剤成分をしっかりと洗い流すことができます。

Q3. タオルのオキシ漬けを一晩放置してもいい?

A3. 20分〜1時間前後の漬けおきがおすすめです。

オキシクリーンの効果は最大で6時間持続しますが、長時間漬けすぎると生乾き臭がする可能性があるため、漬けおき時間は、20分〜1時間ほどをおすすめします。

オキシクリーンでタオルの臭いや黒ずみをキレイにしよう!

普通に洗濯をしても落とせないタオルの嫌な臭いや汚れは、オキシクリーンを使ってお手入れしてみましょう。お湯の温度や漬けおき時間なども意識することで、失敗しにくくなりますよ。また、タオルのお手入れ方法や、オキシクリーンの活用方法をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

※本記事の内容は、本記事作成時の編集部の調査結果に基づくものです。
※本記事に掲載する一部の画像はイメージです。
※本記事の内容の真実性・確実性・実現可能性等については、ご自身で判断してください。本記事に起因して生じた損失や損害について、編集部は一切責任を負いません。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がYOURMYSTAR STYLEに還元されることがあります。
※本記事のコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。