スーツクリーニングの頻度は「1シーズン1回!」長く着る秘訣を紹介

よっすん

更新日:2020年12月01日

スーツのクリーニングはどれぐらいの頻度で利用していますか?
最適な頻度はスーツの使い方によって、人それぞれ。スーツの使い方だって人それぞれですから、それに合わせて最適な頻度というのも変わってきます。

でも、目安になるようなクリーニングの頻度はあるのです。というわけで今回は、スーツをクリーニングに出す頻度の目安をご紹介します。
さらに、スーツのお手入れ方法や、保管する時のポイントまで解説しました!最後まで要チェックです♪

スーツをクリーニングに出す頻度を教えて

スーツをクリーニングに出す頻度に正解はありません。スーツの汚れ具合は、使い方によって変わるからです。
スーツを清潔に保つことは大切です。でも、クリーニングに出しすぎるのもNG。スーツの寿命が縮まってしまいます。

ですから、スーツの使い方に合わせて、クリーニングに出す頻度を調整することがだいじなのです。
とはいうものの、いきなりぽーんと丸投げされても困っちゃいますよね。右も左もわかりません。というわけで、ちょっとした目安を紹介します。

夏:2週間に1回
冬:1シーズンに1回

冬の1シーズンというのは、だいたい3ヶ月のことです。

これぐらいの頻度でスーツをクリーニングに出すのが最適なのは、こんな人。

例えば、スーツの使い方が
・スーツを着る機会は多いけど、複数のスーツを着まわしている
・仕事内容も、オフィスワークなどが中心であまり汗をかかず、スーツを汚すこともほとんどない
ような方は、目安通りの頻度でクリーニングに出したらOKです。

普段スーツを着ない方は、夏も月1ぐらい、冬の場合は衣替えの前にクリーニングに出すぐらいで十分かもしれません。
一方で、汗っかきの方や、外回り中心のお仕事の方は、もっと頻繁にクリーニングに出した方がよいでしょう。汗やホコリなどの汚れはこまめに落とし、スーツを清潔に保ちたいですね。

スーツを着る頻度や汗の量で、スーツの状態も変わってきます。自分のスーツの使い方に合わせて、クリーニングに出すようにしましょう。

うーん、わかりにくい。そんなあなたは、大体10回ぐらい着たスーツはクリーニングに出すようにしましょう。あとは、スーツを使いながら、クリーニングに出す最適な頻度を探っていったらいいかな、と思います!

クリーニングの前に確認する2つのこと

スーツをクリーニングに出す頻度がわかったら、さっそくクリーニングに出したいところです。
でもちょっと待ってください。クリーニング屋さんに行く前に確認してもらいたいことがあるのです。

スーツのポケットは空っぽですか?

クリーニング屋さんも、もちろん確認してくれるのですが、ポケットがわかりにくいところにあると、気づいてもらえないこともあります。

ガムのゴミとかも要注意です。これは私の失敗談ですが、クリーニングの後、ポケットがくっついてしまって、使えなくなったことがありました…。おそらく、ガムのゴミが入っていたんだと思います。それ以来、ちゃんとポケットの中を確認するようになりました。

ちゃんと事前に確認しておくようにしましょう。

スーツに染みはありますか?

スーツに染みがあるかどうか、事前にチェックしましょう。
染みがある場合には、染み抜きをお願いします。せっかくクリーニングに出すなら、染みもしっかり落としてもらいたいですよね。

クリーニング屋さんでちゃんと説明できるように、染みがあるかどうかを事前に確認しておきましょう。

以上の2つが確認できたら、クリーニング屋さんにレッツゴーです。

しかし、ここで一つ問題が…。実は汗の汚れは通常のドライクリーニングでは綺麗になりません。汗などの水溶性の汚れは、水を使って落とす必要があるのです。そんなときに便利なのが、ウェットクリーニングです。

ウェットクリーニングってなに?

ウェットクリーニングとは、クリーニング屋さんの水洗いのこと。普通ならドライクリーニングをするスーツも水洗いで綺麗にしてもらえます。(ウェットクリーニングができない場合もあります。)
有機溶剤を使って衣類を洗うドライクリーニングだけでは、水溶性の汚れを落とせません。水溶性の汚れというのは、水に溶けて落ちる汚れのこと。逆にいうと、水を使わないと落ちない汚れなのです。

かといって、自分で水洗いするのは、ちょっと不安。お気に入りのスーツのお洗濯に失敗したらかなりショックです。プロのウェットクリーニングなら、そういった心配もなく安心ですね♪

というわけで、汗の染みなどが気になる場合には、ウェットクリーニングがおすすめです。

スーツクリーニングには何日かかる?

クリーニングに出したスーツは、どれぐらいの日数で手元に戻ってくるのでしょうか?
すぐにスーツを着たいってときには、日数がはっきりわからないと不安です。

ドライクリーニングなら、だいたい1〜3日でスーツは戻ってきます。
ウェットクリーニングもお願いした場合、約1週間ほどかかるそうです。

とはいえ、クリーニングにかかる日数はクリーニング屋さんによってさまざま。心配なら、事前に聞いておくと安心です。スーツをクリーニングに出すなら、なるべく余裕を持ってクリーニング屋さんに持って行くようにしましょう。

また、スーツの即日クリーニングというサービスもあります。緊急の場合には、即日仕上げも利用してみてください。
クリーニングにかかる日数について、詳しくは「スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?」をチェックしてみてくださいね♪

クリーニング後のスーツをしまおう

クリーニング後のスーツ。もちろん、すぐ着ることもあると思うのですが、とりあえずしまうって場合が多いのではないでしょうか?

スーツをしまう時のポイントも紹介したいと思います。

ビニールシートは外す

クリーニング後のスーツは、すぐにビニールシートを取って太めのハンガーに掛けるようにしてください。ビニールがかかったままでは湿気がこもって、カビや黄ばみの原因となることがあります。
それからドライクリーニングで使われた溶剤を飛ばすために一晩陰干しします。陰干しも終わったら、タンスやクローゼットにしまいましょう。防虫剤を忘れないようにしてくださいね。

太いハンガーを使う

スーツは太いハンガーにかけるのが基本です。
細いハンガーを使うことは、スーツが型崩れしてしまう原因にもなります。

スーツハンガーの選び方
・長さはスーツの肩幅から2〜5センチ引いたぐらい
・幅は4センチ以上

スーツの肩幅は、肩の縫い目から反対の縫い目までの長さ。そこから数センチ引いた分の長さがあるハンガーがぴったりサイズです。ジャケットをかける用のハンガーは、幅が4センチ以上あるものがおすすめ。幅が5センチ以上のものはコート用なので、ジャケットをかけるのに使うと逆に型崩れの原因になります。ハンガーも奥が深いのです…。

おすすめの商品はこちら。
木製のナチュラルなデザインで、滑り止めも付いています。
5本セットなのも嬉しいポイント。

おすすめ 商品

商品画像
Qualsen 木製ハンガー 5本組セット

ボトムスのハンガーは、2枚の板で挟み込むタイプのものを使いましょう。吊るしているだけで、シワの伸びるので一石二鳥です。

定期的に陰干しする

カビなどを予防するためには、風通しが良い場所で陰干しするのがポイントです。時期外れのものは、クローゼットにしまいこむのではなく、定期的に外に出して湿気を飛ばすようににしましょう。

スーツのカビを完全に落とすことは難しいので、カビをつけないのが重要です。万が一カビが生えてしまった場合には「スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!」をみて対処しましょう。

これで、スーツの保管も完璧にできそうですね!

スーツを収納するときは、ぜひ「【スーツの収納の仕方】クリーニングのビニールは取らないとダメ!?」もチェックしてくださいね♪

スーツのお手入れをしよう

ここまで読んでくれたあなたたら、スーツをクリーニングに出すまでは完璧にできちゃいますよね。
でも、スーツをビシッと着こなし続けるには、クリーニングに出すだけでは不十分。普段のお手入れがだいじなのです。

というわけで、スーツをお手入れする方法を紹介したいと思います。

ホコリを落とす
・一晩干す
シワを伸ばす

ホコリを落とそう

スーツを着た後はブラッシングでホコリを落としましょう。優しくなでるように、一方向にブラシを動かします。さっさっという感じ。縦横無尽にブラシを動かすのはNGです。

ブラッシングをすると、繊維の奥に入り込んだホコリなどの汚れを落とすことができます。さらに、毛並みを整うので、毛玉ができにくくなる効果もあります。良いことづくめですね♪

着た後にしっかりブラッシングすることで、スーツは長持ちします。最初は面倒だと思ってしまうかもしれませんが、慣れればなんてことはありません。むしろ習慣にしちゃいましょう!

着た後は一晩干そう

一日着たスーツというのは、汗などの水分をたっぷり吸収しています。クローゼットにかける前に、一晩干すようにしましょう。風通しが良い日陰に干して湿気を飛ばし、それからクローゼットにしまいます。スーツの臭いやカビの予防に役立つこと間違いなしです。

また、スーツは3着ほど着回すのがおすすめです。1着のスーツを毎日にように着るのではなく、1日着たら2日休ませると、スーツも長持ちします。

シワを伸ばそう

立ったり座ったりしていれば、スーツにもシワがつきます。また、ランチや飲み会で臭いがついてしまうことだってあります。

そんなとき、どんなお手入れをしていますか?
実は、シワも臭いも一気に解消できちゃうお手入れがあるのです。それがスチームアイロンをかけること、です。
やり方も簡単。ハンガーにかけ、スチームをあてるようにすればOK。詳しいやり方は、「スーツはアイロンで毎日スチーム!部分ごとの丁寧なかけ方も徹底解説」でチェックしてくださいね♪

スーツのアイロンがけってなんだか、大変そう。なんて思っている方もいるかもしれません。でも、スチームアイロンだけならとっても簡単なのです。スーツを頻繁に着る方なら、スチームアイロンは用意しておくと便利です♪

スーツにシワをつけたくないけど、どうしてスーツをたたまなければならないこともありますよね。そんな時にぜひ参考にしてほしいのが「スーツのたたみ方を写真で解説~2分で簡単シワなしコンパクトの巻~」です。なるべくシワをつけないようにたたみたいですね。

プラスアルファで知っておきたいこと

ここからはちょっと豆知識。スーツが濡れちゃった時のお話と、スーツを自分でお洗濯する方法をご紹介します。

スーツが濡れちゃったときは

スーツが濡れてしまうときって、結構あると思います。突然の雨とか、雷雨とか、豪雨とか。そんなとき、そのまま放っておくなんて、絶対だめなんです。放っておいても乾くとはいえ、です。

濡れた場合などは、まず、タオルでスーツを拭きます。そしてハンガーにタオルを巻きつけ、その上からスーツを掛けて、風通しの良い日陰に干してください。

ハンガーにつけるタオルはカラカラに乾いたものを使いましょう!吸水性が高いタオルがおすすめです。

スーツは自分でお洗濯できるの?

今回は、スーツをクリーニングに出すことを前提にお話ししてきました。でも実は、スーツを自宅でお洗濯できる場合もあるのです。

詳しいお洗濯方法は、「スーツを自宅で洗濯する?洗濯機で洗う方法と普段のお手入れも解説!」をチェックしてみてくださいね。

しかし、自宅でお洗濯しているからといってクリーニングに出さないのは、おすすめできません。染み抜きや、アイロンがけは、素人よりクリーニングのプロのほうが得意です。少なくとも衣替えのタイミングでクリーニングに出すようにすると良いですね!

あ、スーツのお洗濯を紹介したついでに、ネクタイのお洗濯方法も紹介させてください!「ネクタイの洗濯は手洗いがオススメ【写真あり】実際にやってみた!」に詳しく載っているいるので、要チェックです♪ネクタイのお洗濯は、スーツの洗濯よりはちょっと簡単ぐらい…。お洗濯するときは、事前に注意点を確認するようにしてください。

スーツの普段のお手入れはこんな感じです。大切なスーツを長持ちさせるためにも、ぜひ心がけてみてくださいね。

スーツを自宅で洗いたいときはどうする?

「近々着ようと思っていたスーツの汚れや臭いが気になる」
「汚れるたびにクリーニングへ出すのは、経済的に辛い」
こんな時、自宅でスーツが洗えたら良いのに……と思いますよね。

スーツの洗濯は、実は家でもできます!手持ちのスーツの洗濯表示を確認して、水洗い可、もしくはウォッシャブルスーツの場合は、洗濯にチャレンジしてみましょう。

洗濯機で洗う場合

それでは最初に、スーツを洗濯機で洗う場合の手順をみてみましょう。

用意するもの

・おしゃれ着用の洗濯洗剤
・洗濯ネット×2

手順
1
スーツを洗濯ネットへ入れる

スーツの上着はボタンをすべて留めておきます。
ズボンもチャックやボタンを締めた上で、洗濯ネットへ入れましょう。
何度も折りたたんでぎゅうぎゅうに押し込むのではなく、2~3回軽くたたんでから、大きめの洗濯ネットへ優しくしまってあげると、シワの少ない仕上がりになります。

2
オシャレ着コースやドライコースで洗う

洗濯機の設定を、オシャレ着用コースやドライコースに設定して選択しましょう。
おしゃれ着用コースやドライコースのない洗濯機を使用している場合は、次に紹介する手洗いの方法をチェックしてくださいね。

コースを設定する場合は、洗濯・すすぎのみにしましょう。
通常の洗濯のように脱水してしまうと、シワの原因になるため注意が必要です。

3
脱水機能で短めに脱水する

すすぎが終わったら、脱水機能で水分を減らします。
10秒単位で様子を見ながら脱水を行い、最大でも30~40秒くらいで止めるようにしましょう。

スーツのシワや傷みが心配な場合は、大きめのタオルで包むようにして水分を取るときれいな仕上がりになります。

4
ハンガーにかけて干す

スーツは型崩れしてしまわないように、ハンガーにかけて干しましょう。
スーツ用の、幅の広いハンガーを選ぶのがおすすめです。
幅広ハンガーがない場合は、細身のハンガーにタオルなどの布を巻きつけて太くしてから、スーツをかけてあげましょう。

手洗いで洗う場合

次に、手洗いでスーツを洗う場合の手順をみてみましょう。

用意するもの
・おしゃれ着用の洗濯洗剤
・スーツが入るサイズのバケツ(洗面台でも可)
・吸水性の良いタオル
手順
1
スーツの形を整える

スーツをバケツや洗面台へ入れる前に、型崩れしなうよう形を整えます。
ボタンやチャックはすべて締めて、2~3回軽くたたみましょう。
汚れが気になる部分があれば、表に出るようにしておきます。

2
優しい力で押し洗いする

バケツや洗面台の中に、水と適量の洗濯洗剤を入れたら、スーツを投入し優しく押し洗いします。
汚れが落ちたら、そのまま10分程度、水につけておきましょう。

3
洗剤をしっかりすすぐ

スーツに汚れや洗剤が残らないよう、しっかりとすすぎましょう。
バケツや洗面台に、きれいな水を入れて、取り換えながら洗剤の泡がなくなるまで繰り返します。

4
スーツをタオルドライする

すすぎ終わったスーツを、吸水性の良いタオルで包むようにして、水分を取ります。
力は入れず、かるくポンポンと叩きながら、タオルへ水分を移すイメージです。

5
ハンガーにかけて干す

乾かし方は、洗濯機で洗った場合と同じです。
幅広のハンガーを利用して、しっかり乾燥させましょう。

自宅でのオススメクリーニンググッズを紹介!

やり方が分かったところで、自宅で洗う際に使いたいオススメグッズもご紹介!

また、知っておくと便利なポイントも合わせて、解説していきますね♪

使う洗剤は『おしゃれ着洗剤』

スーツを洗濯する際の洗剤選びって、意識していましたか??
自宅での洗濯方法では、このおしゃれ着洗剤というものを使っていましたね。
普通の洗剤との違いを知っておくことで、失敗するリスクを抑えることにも繋がりますよ。

おしゃれ着洗剤を使うメリット

おしゃれ着洗剤は『中性洗剤』です。
これが何を意味するのか、知っておくと便利なんです♪

洗剤には汚れを落としやすくするために、酸性のものとアルカリ性のものが存在します。
これらを正しく使うことで汚れを中和させ、きれいにしていく訳ですね。

しかし洗浄力が強いということは、反面衣類をいためやすいということ。
その点、中性の洗剤であれば、ダメージを抑えることができますよね!

デリケートな素材を使った服や、長く愛用したい服などで使いたい洗剤になります。

おしゃれ着洗剤のデメリット

お気付きかもしれませんが、中性洗剤は汚れを中和させる力が弱く、他の洗剤にくらべ洗浄力で劣ることが最大のデメリット。

とはいえ、洗剤としての性能は十分なもの。
泥や染みなど、やっかいな汚れを落とす場合を除けば特に気にする必要も無いでしょう。

オススメのおしゃれ着用洗剤

おすすめ 商品

商品画像
アクロン おしゃれ着洗剤 フローラルブーケの香り 本体 500ml

まずオススメしたいのが、こちらのアクロン。
嬉しい特徴をご紹介させて頂きます!

・メリット① 分かりやすい洗濯表示
アクロンの裏面には、洗濯可能な衣類の洗濯表記が図解で載っています。
これなら洗濯初心者の方でも、洗えるかどうかで迷わずに済みますね!

・メリット② 4つのダメージケア
アクロンは『縮み、型崩れ、色あせ、シワ』この4つのダメージをケアしてくれる洗剤。
特に風合いが重視されるスーツにとって、この特徴は大きなメリットですね。

・メリット③ テカリを抑える
配合された繊維保護成分が、スーツ特有のテカリを抑えてくれます。
また使い続けることで、テカリの発生も抑えてくれるのが大きな特徴。
現在気になっていた方は、一度試してみると良いでしょう♪

オススメのハンガーもご紹介!

おすすめ 商品

商品画像
ハンガー すべらない 20本組 Hiroumer

安さもさることながら、注目したいのがこの滑り止めゴム。
つるつるとした表面をしているスーツは、ハンガーから滑り落ちることもあります。

その点、こちらのハンガーは両肩部分にゴムが付いているので安心。
さらに先端がラウンド形状なので、型崩れもしっかり防いでくれる優れものです。

また他のスーツ用ハンガーは、比較的高価なものになりやすいですよね。
汎用性もありスーツも考慮されているこのアイテムは、一度試して欲しい一品なのです。

おすすめ 商品

商品画像
シンコハンガー ジャケット回転式42 「F-Fit」 ブラック

厚手のハンガーをお求めなら、こちらのハンガーもオススメ。
安価な割に、しっかりとした形状が型崩れを防いでくれます。

このタイプのハンガーは、クローゼットの中でかさばりやすいというデメリットがあります。
しかしスーツにとっては、何よりこの型崩れ予防を優先したいですよね。

家にあるハンガーがすべて薄手だという人は、一本こうしたグッズがあると非常に便利ですよ♪

まとめ

スーツクリーニングの頻度は、で違います。さらに、スーツの使い方によってもさまざま。自分にあった頻度を見つけてみてください。

スーツはクリーニングに出し過ぎてもNG、傷みの原因になってしまいます。最適な頻度でクリーニングを利用するようにしましょう♪

また、普段からブラッシングやスチームアイロンを使ってお手入れをすると、スーツも長く使うことができます。
保管する時にも、いくつかポイントがありました。ぜひ心がけてみてくださいね。

関連記事

【簡単シワなし】スーツの畳み方を写真で解説!2分でコンパクトの術

出張するときや、冠婚葬祭のとき。スーツを持ち運ぶ機会って結構ありますよね。そんな時に知らないと困るのが、スーツのたたみ方です。 だって、ちょっとでも適当に畳んだら、スーツがシワだらけになっちゃいます。いざ着ようとしたとき […]

マフラーをお洗濯♪【素材別】カシミア・ウール・アクリル徹底解説!

  秋口から欠かせなくなってくるマフラー。 10月頃から3月頃まで、約半年くらい使いますよね。 そんな頻繁に登場するマフラー、きちんと洗っていますか? 汗をかいたりしないために、汚れるイメージの少ないマフラーで […]

アイロンのかけ方の基本!ピシッとしたワイシャツの決め手は襟と袖!

  ピシッとしたシャツを着ている人って、素敵ですよね。 でも、いちいちクリーニングに出してる余裕はない。自己流で何となくかけているという人、多いんではないでしょうか。 意外と細かいところにしわが残ってしまってい […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す