振袖のたたみ方を手順写真つきで解説!帯や草履のお手入れも忘れずに

■振袖は、たたむ前に湿気と汚れを確認。汚れていたらクリーニングへ
■袖・脇線・おくみ線の折り方を覚えれば、振袖のたたみ方はバッチリ!
■帯は、保管前に陰干ししてアイロン。草履は、乾拭きして汚れを落とす

まっつん

2017年05月16日

憧れの晴れ着、振袖。
成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。

また、成人式だけでなく、結婚式の花嫁さんが着たり、結婚式に参列する人が着たりもする、特別な礼装です。

大切な振袖だから、シワにならないようにきちんとたたんで、キレイにしまっておきたいもの。
今回は、振袖を着た後のお手入れ方法、たたみ方、そして保管方法についてしっかり解説していきます♪

振袖をたたむ前にやってほしいこと3つ

まずはじめにご紹介したいのは、振袖をたたむ前にしておきたいことについて♪

振袖を次に出したときにキレイに着るためには、振袖を着た後のアフターケアがとっても大切です。
振袖を着たら、次の3つの手順でアフターケアをしてください。

湿気をとる
汚れのチェック
クリーニングに出す

湿気をとる

振袖を着た後、一番にしてほしいのは、湿気をとることです!
着物にとって、湿気は大敵。長持ちのために、きちんとケアしてくださいね。

用意するもの

・着物専用ハンガー
おすすめの商品はこちら↓↓


袖まで綺麗にかけておける、着物専用ハンガーの2本セットです。2本あれば、振袖と長襦袢を別々にかけておけますね♪帯をかける帯かけがついていたり、竿が伸縮可能でサイズ調整ができたりと、高機能な着物ハンガーなので、重宝しそうです!

   手 順  

1. ハンガーにかける
振袖、長襦袢、帯をハンガーにかけましょう。

 

2. 干す
直射日光が当たらず、電気を消した風通しの良い部屋で、1~2日干しておきましょう。

 

汚れのチェック

お手持ちの振袖にシミなどの汚れはついていませんか?

振袖で汚れがつきやすいのは、


袖の一番下の部分(袖底)

の3箇所のなので、この部分は重点的に確認しましょう。
シミは時間がたつほど落としにくくなってしまうので、そのままにしておくと落とせなくなってしまいます!

シミがついていたら、落とさねば!ですよね。
振袖の場合、あまり自分での処理はおすすめはしませんが、自分で染み抜きをする方法もあります。
それがこちら。詳しい染み抜きの方法は「着物の染み抜きを、5つのシミに分けて応急処置から洗い方まで解説♪」で解説しています。
輪ジミができたり、変色したりといった可能性もあるので十分に注意して、様子を見ながら処理してくださいね。

自分で染み抜きするのは不安…
高いものだからプロにやってほしい!
という方もいますよね。

振袖は特別なお着物だと思うので、早急にクリーニング業者さんにお願いしましょう

 

クリーニングに出す

振袖に汚れがついているときは、汚れの種類や汚した場所によってお手入れが変わってくるので、

何の汚れか
いつついた汚れか
汚れたときに何らかの処置をしたか

をきちんと覚えておいて、クリーニング業者さんに伝えるとスムーズで、汚れが落ちる可能性も上がります!

振袖にシミなどの汚れがなかった場合でも、汗をかいていたものをそのままにしておくと変色してしまうことがあります。
当分着る予定がないのなら、長襦袢と一緒にクリーニングに出してしまうことをおすすめします!

着物のクリーニングは、普通の洋服とは異なり1ヶ月以上時間がかかることが多いです。
もしまたすぐに着る予定がある場合は、注意してくださいね。

 

振袖のたたみ方を写真つきで徹底解説!

大変お待たせいたしました!
振袖がきれいな状態であることを確認したら、たたんでいきましょう♪

各部分の名前紹介

まずは、たたみ方の中で振袖の部位の名前がいくつも出てくるので、先にご紹介しておきます。

みなさんあまり聞き覚えがないのではないかな?というのは、おくみ線です。

振袖の前身頃(まえみごろ)の重ね合わせられる部分に縫いつけられている、細長い布のことをおくみと言います。おくみは上は衿(えり)から、下は裾(すそ)まで続いています。そのおくみと、前身頃の境目の部分が、おくみ線です。

たたみ方は写真を使って解説していきますが、分からなくなったら各部分の名前紹介も確認してみてくださいね♪

 

たたみ方本編

それでは、ようやくたたみ方の解説です!
これからご紹介するのは一般的な着物を畳む「本畳み」と呼ばれる畳み方です。

ちなみに長襦袢を畳む場合は「襦袢畳み」という畳み方でまたやり方が違います。長襦袢のたたみ方を写真でわかりやすく解説!半衿のお洗濯もご一緒にの記事をご覧ください!

1. 振袖を置く

振袖を、頭の方が左、裾(すそ)が右になるようにして、きれいにのばした状態で自分の前に置いてください。
また、振袖は大切な衣装なので、下に布などを敷いてから置くのがオススメです♪

 

2. 脇線に沿って折る

自分から見て手前側にある前身頃を、脇線(わきせん)で折りこんでください。正しく折ることができていれば、振袖を着たときに外側になる表面が見えているはずです!

 

3. おくみ線で折り、衿を倒す

左の写真のように、手前側の前身頃のうち、おくみと衿(えり)の部分をおくみ線で手前に折ります。正しく折れていれば、おくみの部分で、振袖を着たときに内側になる裏面が見えているはずです。

また今回は、振袖の衿の、首の後ろになる部分も折り込み、右の写真のようにします。

 

4. 衿と衿、おくみとおくみを重ねる

左の写真のように、自分から見て奥側にある衿を手前側にある衿の上に、そして奥側にあるおくみを手前側にあるおくみの上に重ねます。右の写真のように、ぴったり合わせてください。

Point
身頃がだぶついても、気にしなくて大丈夫です!

 

5. 脇線と脇線を重ねる

奥側の脇線を持って、自分の方に引き寄せてから、手前側の脇線に重ねましょう。
ここでも裾の方から衿の方へ重ねていくと、うまくいきますよ♪

そして、最後に4の写真のように袖(そで)と袖も重ねます。

 

6. 整える

振袖が全体的にぴったり重なるように、シワなどを伸ばして整えましょう。

 

7. 袖を折る

上側になっている袖を、袖がついている位置から奥へ折り返し、右の写真のようにします。

 

8. 振袖を半分に折る

折った袖の上にかぶせるようにして、振袖の身頃を半分に折ります。右の写真のようにできればOKです♪

 

9. 振袖の袖をかぶせる

たたんである振袖の見頃部分の両端をしっかりと持って振袖を裏返し、まだ折っていない袖(そで)をかぶせます。

Point
裏返すときに全体が崩れてしまうことがないように、振袖をしっかりつかんで裏返してくださいね!

 

10. 完成

これで完成です!
キレイにたためましたね♪

しまい方は?

保管の仕方についても、確認していきましょう。

振袖をしまうものとしては、桐たんすが最も適しています。
たんすは上の段ほど湿気がたまりにくいため、良い着物は上の方の引きだしにしまうようにしてください。

桐たんすがなく衣装ケースにしまう場合は、ちょっとした工夫で振袖を綺麗な状態で保管できます。
それは、すのこを敷くこと。
中にすのこを敷いて、すのこの下に除湿剤や除湿シートを入れてみてください!

 

防虫剤・除湿剤について

振袖をしまうときには防虫剤や除湿剤も一緒に入れておくと安心です。

防虫剤を入れるときは、きもの用防虫剤を、直接きものに触れないようにして入れます。
たとう紙の四隅に乗せておくのがオススメ

1つ注意したいのは、2種類以上の防虫剤を一緒に使わないでほしいということです。
なんと、化学反応を起こしてシミや変色の原因になることも・・・気をつけたいですね。

除湿剤は、湿気対策として必須のアイテム!
「着物専用」の除湿剤を使うのがオススメですよ♪
おすすめの商品はこちら↓↓


大切なお召し物を湿気、シミ、カビ、虫、色あせから守り、湿気による生地の縮みを防ぎます。天日干しするだけで簡単に再生するので、繰り返し使えるという驚きの商品です。吸湿してもべたつかないのが、シリカゲルの乾燥剤のいいところです♪

帯のしまい方は?

振袖を着るときに、更に晴れ着を華やかにしてくれるのが、帯や草履、半衿などの小物です。
小物も、きちんとお手入れをして保管しておくことで長持ちしますよ♪

帯のお手入れ

まずはじめに、帯をしまう前のお手入れ方法に関してです!

帯は基本的に洗うことができません
ですから、洗わずにお手入れを行います。

用意するもの

・乾いたタオル
・ハンガー
・当て布

   手 順  

1. 汗や汚れをとる
乾いたタオルを使って、汗や汚れを取りましょう。

 

2. 陰干しする
ハンガーにかけて、一日くらい陰干しをし、湿気を取ります。

 

3. アイロンをかける
シワがある部分に当て布をして、アイロンをかけてください。

 

帯のしまい方

これで帯をしまう準備ができましたね。
それでは、帯のしまい方はどうしたらいいのでしょうか?

といっても、実は帯のしまい方にはそこまでのルールはありません。
適当な大きさにたたむか、巻いてしまっておきましょう♪

 

帯締めのお手入れ

房つきのものは、房をくしでとかして整えておきましょう。

しまうときは、和紙や薄紙で巻いて、箱に入れてしまってくださいね。

 

草履のしまい方は?

草履もきちんとお手入れしましょう!素材によって手順が異なるので、注意です。

エナメル合皮皮革裂地爬虫類の4つの素材について、それぞれお手入れの方法を紹介します。

乾かすことからお手入れは始まる

どの素材の草履でも、まずは草履を乾かしましょう!

草履のつま先を上にして壁などに立てかけ、日陰で1~2日乾かしてください。草履は、雨の日に履いて濡れたわけでなくても、湿気が含まれていることが多いのです。
必ず乾燥させてくださいね♪

 

エナメル素材の草履のお手入れ

まずは、光沢感が魅力のエナメル素材のお手入れの方法を紹介します♪

用意するもの

・柔らかい布2枚

・エナメル専用クリーナー
おすすめの商品はこちら↓↓


エナメル革靴専用のゼリー状お手入れクリームです。特殊シリコンによりベトつかず、エナメル革独特の透明度の高い光沢を維持してくれます!透明なゼリー状なのでどんな色のエナメル靴にも使えて、活躍の幅は広そうです♪

   手 順  

1. 汚れを落とす
エナメル専用クリーナーを柔らかい布に含ませ、草履の汚れを落とします。

 

2. 乾拭き
柔らかい布で、乾拭きしてください。

 

 

合成皮革

草履なかではもっともリーズナブルな、合成皮革の草履。
気軽にはけて活用することが多いからこそ、汚れやすくもありますよね。
きちんとお手入れして、より長持ちさせましょう。

用意するもの

・柔らかい布2枚

   手 順  

1. 拭く
水気を固く絞った布で、拭きます。

 

2. 乾拭きする
乾いた布で、乾拭きします。

 

 

裂地

裂地(きれじ)とは、織物のこと。華やかで憧れの草履ですよね。
織物の草履のお手入れ方法は、ブラシを使ったお手入れになります!

用意するもの

・柔らかいブラシ

   手 順  

汚れを落とす
柔らかいブラシを使って、汚れを落としましょう。

 

 

爬虫類(ワニ革など)

素材と色味が個性的で、はくだけで雰囲気がでる爬虫類をつかった草履。
おしゃれ着として使われることが多いこちらも、しっかりお手入れしましょう♪

用意するもの

・柔らかい布1枚

   手 順  

拭く
乾いた柔らかい布でよく拭き、汚れを落としましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

振袖を着た後には、湿気をとること・汚れのチェックをすること・クリーニングをすることの3つのアフターケアが大切です!

振袖のたたみ方は、ご紹介した手順に従ってやればそんなに難しいものではありません。
しまったときにシワができないように、キレイにたたんでくださいね。

また、小物も良い状態で保管しておけるように、お手入れを忘れないでください。

特別なときのための晴れ着は、大切にしたいもの。
毎回のちょっとしたお手入れでキレイに保つことができるのなら、やらないわけにはいきませんね♪

関連記事

着物のお手入れ!シミや汚れを残さず除湿・防虫する方法を徹底解説!

少し特別な衣装、着物。 着る機会はあまり多くはないかもしれませんが、その分、着たときには背筋が伸びるような、そんな憧れの衣装ですよね。 着物はひとつひとつ色合いや模様にこだわりがあり、そのままの見た目を保っておきたいもの […]

長襦袢のたたみ方を写真でわかりやすく解説!半衿のお洗濯もご一緒に

わたしたちにとってちょっと特別な衣装、着物。 大切な節目である成人式や結婚式も、普段の生活も、華やかに彩ってくれる存在ですよね。 そんな着物を着るときに欠かせない存在、なんだかわかりますか? それは、長襦袢(ながじゅばん […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄のクリーニング・色補修を取材!カビ・シミ・角の傷が消え去った日

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

靴底のかかとのゴムを、靴修理の職人さんが自然に馴染ませて直した話

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

おすすめ特集