コーチのバッグ・財布修理|レザー・色補正・取手リペア事例が大集合

RELIVERS編集部

2019年01月25日

 

コーチのバッグや財布って、質が高く丈夫で、デザインも素敵ですよね。

「アクセシブル・ラグジュアリー(手に入れやすい高級品)」をコンセプトとして、長年人気を博してきたコーチ。

頭文字の「C」をあしらったデザインは、誰もが一度は見たことがあるほど有名で、幅広い層から支持されています。

そんなコーチの品も、ずっと使っていると…。

革が切れてしまった。色あせてしまった。

それがきっかけで使わなくなってしまった、なんてことはありませんか?

傷や色あせた部分は、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。その仕上がりは、どこを修理したのかがわからないほど。

実際にコーチのバッグや財布を修理した例を紹介します。

ぜひ、職人さんの技術を写真で確かめてみてください!

コーチのバッグの色補修

コーチの修理 #1

修理をした職人さん andNUTSさん
修理内容 色補修
参考価格 15,800円

 

今回は、コーチのレディースバッグの色補修です。

かなり使っていたようで、全体的にスレた痕ができて、鮮やかな赤色が剥げてしまっています。

お客さんからは、「手触りや雰囲気も気に入っているので、質感などがあまり変わらないように修理して欲しい。」との要望がありました。

色補修をして、色が剥げてしまった部分を塗り直します。

今回の色補修は、どのような修理?

修理には準備が大切です。革製品用のクリーナーで表面の汚れを落として、オイルで保湿。

塗装をする際、バッグのステッチに色がつかないように、マスキングをします。

下準備が終わると、色の「すりこみ」を行います。

塗料をベタっと塗ると、革本来の質感が消えてしまうので、初めに軽く色をすりこんで、乾かしてから、スプレーガンで再度、塗料を吹き付けます。

あとは、自然乾燥をさせれば、色補修は完了です。

今回のコーチのカバン修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、お客さんの要望に合わせた修理を心がけるという点です。

お気に入りのバッグ、色合いや質感が変わってしまうのは嫌ですよね。

色を塗り重ねることで、質感を残すことと、剝げてしまった色の補修を両立させています。

このバランスを保つのが、意外と難しいのです。

修理できないだろうとあきらめている、ブランド物のバッグはありませんか。まずは、お気軽にご相談ください。

「andNUTS」さんに見積もりを依頼する!

コーチのバッグの持ち手修理

コーチの修理 #2

修理をした職人さん 鞄修理専門工房リユニオンさん
修理内容 持ち手修理
参考価格 15,120円

 

今回は、コーチのビジネスバッグの修理です。

持ち手の継ぎ目が、持ち手の根本の部分ではなく、真ん中にあるタイプの鞄です。

重い物を入れて持ち運ぶと、持ち手には相当な負担がかかります。

持ち手を取り替えて、以前よりさらに丈夫に仕上げます。

今回の持ち手修理は、どのような修理?

持ち手の中の芯も、壊れてしまっているので、新しい芯に取り替えます。

まず、もともとある持ち手を取り外します。取り外した持ち手をもとにして、芯を革で作り直します。

持ち手のカーブを再現して、芯を作製するのが、この作業の肝。

もともとのカバンの色に似ている革を使い、新しい芯に巻き付けます。

カバンに取り付ければ、作業は完了ですが、この際、持ち手の根本に革の継ぎ目がくるようにして、鞄の強度を高めます。

今回のコーチのカバン修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、もともとよりも強度の高いカバンに仕上げた点です。

持ち手の芯と革には丈夫な素材を使い、革の継ぎ目は持ち手の根元部分になるようにしました。せっかく修理に出した品がもう一度壊れてしまう、ということが無いように、強度にこだわって修理をしています。

お客さんの大切なカバン。修理をして、丈夫にしてお返しします。

修理についてもっと知りたい、という方、お気軽にご相談ください。

「鞄修理専門工房リユニオン」さんに見積もりを依頼する!

コーチのバッグの根革修理

コーチの修理 #3

修理をした職人さん 修理工房 NatureWorksさん
修理内容 根革(ねかわ)修理
型番 トートバッグ(メンズ・ヌバック)
参考価格 4,000円

 

根革とは?
バッグと持ち手をつなぐ金具を留めている、革の部分。

今回は、根革の部分が切れてしまったコーチのバッグを修理しました。

根革は、バッグの修理事例として多い箇所のひとつ。

持つ時に負担がかかる場所のため、長い間使っていると、今回のように切れてしまうことが多いのです。

一度、根革が切れてしまうと、つなぎ直すことはできません。新しく作り直す必要があります。

そのため、まずはもともとの根革の縫い目をほどいて取り外し、型をとります。

そして、似た革で新しい根革を作って、縫い直します。

色も素材も同じような革を使っているため、とっても自然な仕上がりになっています。

お客さんが喜ぶ姿のために、全力で修理をします。

大切なコーチのバッグも、ぜひお任せください。

「修理工房 NatureWorks」さんに見積もりを依頼する!

コーチのバッグのファスナー修理

コーチの修理 #4

修理をした職人さん 株式会社伊藤鞄製作所さん
修理内容 ファスナー修理
型番 トートバッグ(メンズ・ヌバック)
参考価格 3,000円~
ファスナーの交換 6,000円~ 30cmまで(30cm以降、10cmごとに +1,500円~)

 

今回は、コーチのバッグのファスナー修理です。

スライダーがすり減って、ファスナーから外れてしまっています。

ファスナーだけ、もしくはスライダーだけ、の交換もできますが、規格の都合でうまく噛み合わないことがあります。

今回は、ファスナーとスライダー、両方の交換をします。

今回のファスナー修理は、どのような修理?

まずは、古いファスナーを取り外します。

新しいファスナーを用意して、テープで仮留め。このファスナーには、スライダーもセットになっています。バッグにファスナーを縫い付けたら、ファスナーとスライダー交換の作業は完了です。

ブランド物のパーツを取り寄せることはできないので、通常のファスナー、スライダーを使って交換します。

ただ、スライダーに付いている革の引手部分は、できる限り付け替えます。引手にブランドロゴが入っていることも多いですからね。

今回のコーチのカバン修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、もともとの状態に近づけて、違和感を感じさせないような仕上がりにする点です。

引手はできるだけ、もとから付いている物を使いますが、できない時は、新しく作り直します。

ブランドロゴを再現することはできませんが、色、素材は本物に近いもので代用します。

まずは、お見積りだけでもどうぞ。お気軽にご相談ください。

「株式会社伊藤鞄製作所」さんに見積もりを依頼する!

コーチの財布の色補修

コーチの修理 #5

修理をした職人さん リペア工房 GET BACKさん
修理内容 クリーニング / 色補修 / トップコーティング
型番 ラウンドファスナー長財布
参考価格 15,000円

 

トップコーティングとは
革専用のコーティング剤を塗る加工のこと。水を弾きやすくなり、耐久性も上がります。

かなり使い込まれた、コーチのラウンドファスナー長財布のクリーニング・色補修・トップコーティングを行いました。

革の汚れをクリーニングで落とし、上から塗料で色を塗り直します。最後に、トップコーティングで仕上げをしました。

まずはクリーナーで汚れを落とします。

クリーナーで落としきれない油などの汚れは、革用のペーパーを使って落としています。これによって、綺麗に再塗装できるようになるのです。

そして、色があせる前にどんな色だったのかを調べます。

バッグの内側にある革は、ほとんど色が変わっていないため、そこから新品の時の色を調べます。

そして、その色と同じ色の塗料を作って、塗装します。

塗装の際に、コーチのロゴの形をした金具には色が付いてしまわないよう、テープを貼り付けて塗料がつかないようにします。

金具には色が付かず、金具と金具の隙間の革部分には色が付くように、とても細かく貼り付けます。

色を塗り終えたら、革専用の溶剤でトップコーティングしていきます。

水を弾くようになるため、これからも長持ちさせることができますよ。

革製品全般のリペア・コーティングを行っています。思い出の詰まったブランド品もお任せください。1つ1つ手作業で修理・メンテナンスします。

「bootsbell」さんに見積もりを依頼する!

コーチの婦人靴のハーフソール補強

コーチの修理 #6

修理をした職人さん bootsbellさん
修理内容 ハーフソール補強
参考価格 2,160円

 

今回は、コーチの婦人靴のハーフソール補強です。

使う頻度が高かったようで、ソールがかなり消耗して、ボロボロに。このままでは、長く履くことができなくなってしまいます。

ハーフソール補強をして、できる限り、新品の状態に近づけます。

今回のハーフソール補強は、どのような修理?

ハーフソールの補強は、靴底の減りを抑えるために、新品の靴に施すこともあります。

基本的には、まず、ボロボロのソールを削って、平らにするのですが、この靴は側面やつま先の革が少し足りていません。そこで、最初に、足りていない部分の革を補います。

その後、新しいソールを貼りやすいように、ボロボロになったソールを削り取ってしまいます。

最後に、新しいハーフソールを貼りなおして、はみ出た部分を削ったら、ハーフソール補強の作業は完了です。

今回のコーチの靴修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、お客さんの意見を第一に考えることです。

確かに、私たちは靴修理のプロですが、持てる技術を全て使って、自分のやりたいような修理をしても意味はありません。

当然、プロの目線から、様々な提案はしますが、最後に選ぶのはお客さんです。

お客さんが本当に、必要としている修理を届けたいと考えています。

ブランドの靴となると、特に、思い入れやこだわりが強くあると思います。

気になることなど、ぜひご相談ください。

「bootsbell」さんに見積もりを依頼する!

コーチのサンダルのベルトループ補修

コーチの修理 #1

修理をした職人さん bootsbellさん
修理内容 ベルトループ修理

 

今回は、コーチのサンダルのベルトループ修理です。

ベルトループがちぎれて、無くなってしまったサンダル。履いてみると少し不格好になってしまいます。

お客さんから、「見た目に違和感が出ないように直してほしい」という要望があったので、似た素材を使い、ベルトループを新しく作ります。

今回のベルトループ修理は、どのような修理?

もとのベルトループの素材はゴム革でしたが、今回は、見た目の近いエナメルの革を使い、ベルトループを作ります。

手順としては、エナメル革を切り出して、靴に縫い付ける、という流れになります。ベルトループは小さなパーツですが、ミシンを使って縫いつけます。他のパーツを縫うときよりもベルトループを縫うときには、慎重にミシンを使っています。

サンダルを履いていると、ベルトループは、案外、消耗します。今回のように、消耗していることに気づかずに履いていて、知らないうちに失くしてしまった、ということも多いと思います。

ベルトループ修理のメリット

ベルトループは壊れると、失くしてしまうことが多いです。たとえ失くさず、手元に残っていても、自分で修理するのは難しいですよね。

我流で縫い合わせて、見た目が汚くなってしまった、なんてことも起こり得ます。

靴の修理は、経験豊富なプロにお任せを。

修理に関して、気になることや質問があれば、お気軽にご相談ください。

「bootsbell」さんに見積もりを依頼する!

コーチのパンプスのハーフソール交換とかかとゴム交換

コーチの修理 #1

修理をした職人さん Doorさん
修理内容 ハーフソール補強・かかとゴム交換・ゴムベルト交換

 

今回は、コーチのパンプスの修理です。

靴底が、かなりすり減っていますね。よく履かれていたのだと思います。

ヒールのゴムも交換が必要です。

バックストラップのゴムの部分も緩んでしまっています。

お客さんによると、歩いていて滑ってしまうとのことでしたので、この3箇所を修理していきます。

今回のコーチの靴修理は、どのような修理?

靴底がすり減っていると、滑りやすくなってしまいます。

つま先も削れてしまっていました。削れてしまったつま先は新たに作り、上からラバー製のハーフソールを貼っています。薄い素材を使っているので、デザイン性も損ないません。

バックストラップのゴムは、新しいものに取り替えます。

履き慣れて気付いていないかもしれませんが、バックストラップのゴムを取り替えると、かかとがピタッと止まります。

最後にかかとゴムの交換。今回のように、ピンヒールが細いものだと、すぐにゴムが減ってしまいます。ゴムがなくなる前に交換しましょう。

コーチの靴を大切にしている方へ、ワンポイントアドバイス

今回は、靴のシルエットをすっきりと見せるために、あまり厚みの出ない素材のハーフソールを提案しました。

靴底などは、削れ過ぎた状態ですと、もともとの形を損ないやすいです。靴底の修理は、削れた分を補って張り替え、という流れになりますので、オリジナルの形を再現できないこともあります。気付いた時にすぐ、早めのお直しをご検討ください。

何か分からないことや気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

「Door」さんに見積もりを依頼する!

直営店にも劣らない、コーチの修理

コーチの直営店で修理を依頼することもできます。

その場合、コーチのカスタマーセンターに届けられ、お値段の見積もりに10日ほどかかります。

そのあと修理に1ヶ月半かかります。

それに対し、「あなたのマイスター」から選んだ職人さんなら、早ければその日のうちに見積もりをしてもらえます。

修理期間は、長くても1ヶ月ほど。

直営店に劣らないクオリティーの修理を、よりスピーディーに受けることができます。

また、お値段も変わります。

直営店からお願いすれば、もともと使われていた上質な素材で修理してもらえます。コーチ本来の素材にこだわる人におすすめです。

ただし、お値段はお高めです。また、使われていた素材がもう取り扱っていない場合は、修理を断られることもあります。

「あなたのマイスター」から選んだ職人さんならば、同じような素材を使って、クオリティの高い修理をしてもらえます。

直営店で断られた修理にも対応することができるのです。

お値段は、直営店の半分以下になることも。

元の素材と同じであることにこだわる方は、直営店へ行くのがおすすめです。

「あなたのマイスター」は、お手軽な修理価格で、質感の近い素材で新品に近い仕上がりにしたい方におすすめです。

修理の無料見積もりを出すには

修理の頼みかた簡単3ステップ

1.写真を撮る

写真を撮って、頼みたい職人さんに送ります。

2.相談する

修理内容の提案や金額の見積もりが届きます。職人さんと相談して修理内容を決めます。

3.直したいものを送る

職人さんに直したいものを送ります。

修理は頼みたいけど、

・お店まで行く時間がない
・修理にいくらかかるのかが不安
・修理可能なものなのか分からない

と悩んでしまうことがありますよね。

そこで、おすすめしたいのが「見積もりをおねがいすること」です。

あなたのマイスター」なら、

・ネットで今すぐ
・職人さんに直接
・無料で

コーチのバッグや財布の修理の見積もりをおねがいすることができます。

手順もとっても簡単。

写真を撮って必要な項目を入力するだけです。一度に複数の職人さんに見積もりをおねがいすることもできます。

後日、依頼した職人さんから修理メニューや費用などの見積もり内容の連絡が届きます。

大切にしていたのに使えなくなってしまったコーチのバッグや財布をお持ちの方は、職人さんに見積もりを頼んで、もう一度使えるようにしてみませんか?

見積もりアプリ「ミツモ!」が出来ました!

この度、ネットで職人さんへの依頼が出来るスマホアプリ「ミツモ!」ができました。

アプリをダウンロードして、写真を撮るだけで複数の職人さんへの見積もりができちゃいます。

もちろん見積もりは無料!あなたの大切なものを、インターネットを使って簡単に修理してみませんか?

コーチのバッグや財布を長持ちさせるコツ

コーチの製品は、他のブランドに比べて頑丈に作られています。

ヴィトンやシャネルなどは、特別な日のおしゃれに使う人が多いですよね。

それに対してコーチは、作りがしっかりしているため、毎日のおしゃれに使いやすいブランド品なのです。

しかし、どんなに丈夫に作られていても、しっかりケアしなければ寿命は短くなってしまいます。

特に革製品は、湿気の多い日本の気候に弱く、正しいお手入れが必要です。

普段のお手入れで重要なのは、湿気対策。

雨で濡れてしまった時には、すぐに乾いた布で拭きましょう。

革が素材なら、1ヶ月に1回ほどクリームを塗ってあげるといいですよ。

また、買ってすぐにトップコーティングをして、撥水性と耐久力を高めるのもおすすめ。水分に晒されて傷むより先に、あらかじめ守っておこうということです。

上質なバッグや財布を購入したら、職人さんに依頼してみましょう!

そのまま使い続けるよりも、とっても長持ちさせることができますよ!

まとめ

コーチのバッグ、財布の修理を特集しました。

修理例を見て、お手持ちのコーチのバッグや財布の角や留め具が気になった方も、いるかもしれませんね。

傷や汚れがついたコーチのバッグや財布も、修理をすれば、また使えるようになります。少しでも気になったら、写真を撮って職人さんに状況を確認してもらうことをおすすめします。

あなたのマイスターの職人さんなら、修理が必要か、必要ならどんな修理になるのか、ていねいにお伝えします。長くきれいに使う秘訣も教えてくれますよ。

大切なコーチのバッグや財布が、もっと大切にできると良いですね!

関連記事

NEWランドセルは革小物にリメイク!思い出を自分だけの特別なアイテムに

  1年生になったら♪1年生になったら♫友達100人できるかな🎶 大きなランドセルを背負う1年生。期待に胸を膨らませて小学校に入学します。 それから6年。卒業してから、思い出のたくさん詰まったランドセルは押入れ […]

NEWスーツケースのカビを根こそぎ落とす!旅行後は正しい保管で予防対策

  春の長期休暇、夏休み。日々の疲れを癒すために思い切って海外旅行に行く、なんて人も多いのではないでしょうか。 いざ旅行の予定が決まって準備をしなきゃ…そんなときに引っ張り出したスーツケース、カビが生えていたら […]

NEWリュックは自宅で洗える!洗濯機・手洗い、コーティング方法まで紹介

  旅って素敵ですよね。 初めて見る風景。 知らない言葉。 美味しい食事。 旅はする度に新たなことを知ること出来る素敵な機会… そんな旅のお供にしたいのはスーツケース? 私は断然リュック派です。 荷物も運びやす […]

NEW革財布の傷には補修クリームとレザーマニキュア、クレヨンも使える!

  愛用の革財布に傷がついている! そうなったらショックですよね…。 でも安心してください! その傷、深刻なものでなければ直したり、目立たなくできるかもしれません。 ということで、革財布の傷へのお手入れの方法を […]

ランキング

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機が臭いと感じるならカビを疑え!洗剤臭や下水のにおいも改善!

毎日着る服を洗うのに必要な洗濯機。その洗濯機が臭いと感じたことはありませんか? そのにおい、洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使ってみたのも、全て […]

洗濯機の排水口掃除には重曹とクエン酸!イヤ〜な臭いやつまりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコンのフィルター掃除の方法を紹介!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏・寒い冬はエアコンを使って毎日をできるだけ快適に過ごしたいですよね。 そう思っているあなた、しっかりエアコンのお掃除はできていますか? 特にエアコンのフィルターは、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機が臭いと感じるならカビを疑え!洗剤臭や下水のにおいも改善!

毎日着る服を洗うのに必要な洗濯機。その洗濯機が臭いと感じたことはありませんか? そのにおい、洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使ってみたのも、全て […]

洗濯機の排水口掃除には重曹とクエン酸!イヤ〜な臭いやつまりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

  年末が近づくと、悩みのタネとなってしまう大掃除。 普段のお掃除はどうしても簡単なものになりがちですよね。普段はお掃除しないという場所もありますし、いつものお掃除では落としきれない汚れがいつの間にたまっている […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

手洗いの洗濯方法7つを解説!干し方やニオイ対策法もマスターしよう

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?

スーツをクリーニングにだすと、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか? 1度でもクリーニングにだしたことがある人なら、だいたいの予想はつきますね。 でも、最初の1回目とか、初めていくクリーニング屋さんとか、ちょっと不安 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

革靴のシワを取るにはシューキーパー!ヒビになる前に日々伸ばそう!

  スーツに合わせた革靴。 せっかくビシッと決めたつもりでも、シワシワの革靴から普段のお手入れを怠っていること、ばれちゃってますよ? 革にシワが入るのは必然的なことで、シワがあるから味が出て格好いいんだ!なんて […]

鞄のカビを諦めないで!革・ナイロン・布製バッグ全素材を徹底解説!

久しぶりに使おうと思って引っ張り出した鞄に、あれ、白い斑点が。 …もしや、カビ!? なんて衝撃を受けて、鞄を放り投げちゃったあなた。 ちょっと叩けば大丈夫だよね~びっくりした~。 なんて甘い考えをしてはいけません。 まず […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

靴底がはがれたときの補修には、接着剤とネジを使うがコスパ最強説!

  歩いていたら、なんだか足に違和感が。 ちょっと靴の裏を見てみたら、靴底がベロンとはがれていた… そんな経験、ありませんか? 意外とあるのが、靴底はがれ。 でも、お気に入りの靴なら靴底がはがれても直して履き続 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

指輪修理の職人技|サイズ直し・傷の補修|実例を写真付きで徹底解説

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

おすすめ特集