サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

■サビはまず削り取る、落ちなければサビ取り剤を使う
■サビ落としにも重曹・茂木和哉が使える
■サビ落としの後はサビ止めが必須!6-66がおすすめ

RELIVERS編集部

更新日:2019年09月12日

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか?
例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。

見た目はあまりきれいとは言えないし、古びてしまったものという印象を与えることも多いサビ。
自転車など動かして使うものであれば、サビが原因で使いにくくなってしまうものもあります。

そんなサビ、どうやって取ったらいいのかわからない…という方も、多いのではないでしょうか?
そんなあなたに向けて、プロにお願いする前に自分でできるサビ取り法を集めてみました!

「サビ」って何?

そもそも「さびる」とは、金属が化学反応を起こして、他の物質に変化してしまうこと。金属が「さびる」と、見た目が悪くなったり、ボロボロになったりします。

代表的なサビには3つの種類があるんです。

赤サビ

もっともよく見るのが、赤茶色のサビです。一般的には赤サビと呼ばれています。鉄が水や空気中に放置することで、鉄が酸化して赤サビが発生するんです。

赤サビを放置しておくと、酸化がドンドン進み、金属の内部部分までボロボロになる危険があるので注意が必要です。

黒サビ

黒サビは自然には発生しません。「サビ」と聞くと、悪いイメージを持ちがちですが、黒サビは赤サビから鉄を保護してくれる「良い」サビなんです。

南部鉄器など、あえて黒サビで表面をコーティングしている製品も多く存在しています。

青サビ

青サビは、真鍮(しんちゅう)や銅の表面に派生する青緑色のサビです。緑青(ろくしょう)とも呼ばれています。

表面だけでなく内部までサビが侵食する前に、早めにサビを取り除いておくことが大切なんです!

 

それでは、実際にサビを落として行きましょう!

今回は最も一般的な赤サビの落とし方についてご紹介していきます。

「緑青」の落とし方を知りたい方はこちらをチェック!赤サビよりも簡単に落ちるので、ぜひお掃除してみてくださいね。

鉄に付着した赤サビの落とし方

今回は、鉄に付着した赤サビの落とし方について解説していきます。

赤サビは、金属面に付着している別の物質なので、研磨したり、浮かせて取り除いたりするのが有効的です。

今回、紹介するのは4つの方法。

ワイヤーブラシでサビを削り取る
重曹ペーストでサビ取り
サビ取り剤で落とす
「茂木和哉」でサビ取り

それでは上から順に1つずつ紹介していきますね♪

軽いサビはワイヤーブラシで削り取る

金属製のワイヤーブラシでこすって、サビを削り落とす方法を紹介します。

 用意するもの 

・ワイヤーブラシ

真鍮・ナイロン・ステンレスの3種類の材質のブラシのセットです。鉄など金属のサビ落としには、真鍮とステンレスのブラシを使ってくださいね。もう1つのナイロンのものは、サッシなど傷つきやすい面のサビ落としに使うのがおすすめです。

   手 順  

ブラシはステンレス→真鍮→ナイロンの順に柔らかくなります。

ステンレスの方がサビを落としやすいですが、周りに傷がついてしまうリスクも高いです。何についたサビを落とすのかに応じて、使い分けましょう。

重曹ペーストで安心・安全にサビ取り

重曹をサビ取り剤のように使うことができます。

重曹の粒子がサビを削り落としてくれるのです。少量の水でペースト状に溶かすのがポイントですよ!

 用意するもの 

・重曹
・水
・メラミンスポンジ

   手 順  

1. 重曹をペースト状にする

重曹:水=1:4を目安に重曹を水で溶かし、重曹ペーストを作ります。

2. 重曹ペーストを塗る

サビの部分に重曹ペーストを塗りましょう。

3. 1時間ほど置いてこすり落とす

ちょっと時間を置いてから擦ります。メラミンスポンジや歯ブラシなどがおすすめです。

4. 乾拭きする

サビを残さないように、乾拭きして拭き取りましょう。

研磨力がある重曹メラミンスポンジを使うことで、表面に付いたサビが削れて綺麗になるんです♪

重曹は、サビ落としだけでなくお家のお掃除でも大活躍!重曹の使い方が知りたい方におすすめの記事があるんです。
こちらでは、12箇所のキレイを写真でドドンと紹介していて、読み応えたっぷりなのでチェックしてみてくださいね!

頑固なサビはサビ取り剤で落とす

ワイヤーブラシで磨いただけでは落ちなかった頑固なサビには、サビ取り剤を使いましょう!

今回は、サビ取り剤の2つの使い方を紹介します。

磨くタイプ

サビ取り剤をつけて磨いて、サビを落とします。

 用意するもの 

・サビ取り剤
・柔らかい布2枚

金属表面のサビや汚れを落とし、シリコンコーティングするクリームです。磨いた後に表面がピカピカに輝くのが人気の秘密。アルミ、マグネシウム、金、銀、銅、ステンレスなど、多くの金属に使用できます。

   手 順  

1. 布にサビ取り剤を適量取る

布に1円玉分ぐらいのサビ取り剤を取ります。

2. 錆びた部分を布で磨く

サビ取り剤を塗りつけるようにしながら、布でサビを磨きます。
これだけでサビが落ちます。驚きですよね。

3. 綺麗な布で拭いて仕上げる

最後に綺麗な布で拭いて、サビ取りは完了です。

つけおくタイプ

リン酸やシュウ酸が含まれているサビ取り剤はつけおきして使います。その方法を紹介します。

 用意するもの 

・サビ取り剤
・ステンレストレー
・歯ブラシ
・ゴム手袋
・ゴーグル

鉄、銅、真鍮などの金属表面のサビを除去するリムーバー。特に、銅には効果抜群です。つけおきでサビを落とすことができるぐらいなので、かなり強力。皮膚につかないようにする、つけおきを60分以上しないなど、取り扱いには注意が必要です。

   手 順  

1. ゴム手袋とゴーグルをつける

酸性液なので、皮膚に付着したり目に入ったりすると危険です。
長袖長ズボンにゴム手袋、ゴーグルで、完全に防備して臨みましょう。

2. ステンレスの容器にサビついた金属部品を入れる

つけおきするため、金属部品をステンレストレーの中に入れます。

3. ステンレストレーのなかに、サビ取り剤の原液を入れる

錆びた金属部品が浸かるように、サビ取り剤をトレーに入れます。
基本的には原液で使いますが、軽度のサビの場合や、非鉄金属の場合には2〜3倍に希釈して使います。

4. 最大60分程度つけ置きする

だいたい20分ぐらい経った頃から効果が出始めます。
最大60分程度を限度に、そのまま放置しましょう。

5. 温水か水で洗い流す

時間が経ったら、温水か水で洗い流しましょう。

部品が大きく、つけおきできないという場合には、サビ取り剤を刷毛で塗るのも効果的です。

「茂木和哉」はサビ取りでも大活躍

水垢落としで有名な「茂木和哉」はサビ落としにも活躍します。

実際にどんなふうに使うのか、写真付きで見ていきましょう。

 用意するもの 

・水垢洗剤 茂木和哉
・アルミホイル
・サランラップ
・柔らかい布

おすすめの商品

酸の力と研磨剤のハイブリッド洗浄で、頑固な水垢を簡単に落とします。研磨剤の粒子が絶妙で、汚れは落ちるのに傷がつきにくいです。お風呂やキッチンの水垢掃除、焦げやサビ落としなどに使えます。

   手 順  

1. サビに「茂木和哉」をつけ、アルミホイルを丸めたものを使ってこする

「茂木和哉」を100円玉分ぐらいハンマーにつけます。
アルミホイルをぎゅっと丸めたものをたわしのようにつかって、磨いてください。

2. ラップを丸めたもので擦って仕上げる

さらに、サランラップを丸めたもので磨きます。
最後に柔らかい布などで、拭き取ったら完了です。

ステンレスもサビる?

家庭では、主にシンクなどに使われている、ステンレス

サビない」という意味のステンレスなのですが、全くサビないのかというと、答えはNO

ステンレスは、鉄に他の金属を混ぜて、表面に膜が出来るように作られています。その膜があるおかげで、ステンレスはサビが出来にくいんです。

ただ、サビにくくなる加工をしているだけで主成分は鉄のため、使い方によってはサビてしまうんです。

ステンレスがサビる原因

サビにくいステンレスがサビる原因は、主に2つあります。

表面のこすりすぎ

ステンレスは表面にサビに強い膜が出来ていますが、たわしクレンザーなどを使ってゴシゴシこすりすぎると、膜が剝がれてしまいます。

膜自体は、時間が立てば復活します。しかし、膜が復活する前にサビが出来てしまうと表面がサビに覆われてしまい、サビが広がっていくんです。

もらいサビ

ヘアピン空き缶をステンレスのシンクに放置していたら、シンクに跡が残っていることがありませんか?

それがもらいサビなんです。ステンレスがサビているのではなく、ステンレスの上に長時間放置されている金属がサビてしまい、サビがステンレスの表面に付着している状態です。

水や油、塩分はサビには大敵。これらを日常的に使用するシンクには、サビができやすいので注意してください!

ステンレスのサビの落とし方

ステンレスの表面の膜は剝がれやすいので、ブラシでゴシゴシしたりするのはNGなんです。軽いサビには、鉄に付いた赤サビを落とすときにも使った重曹で落とす方法が効果的です。

もしこの方法を行ってもサビが落ちない場合はステンレス専用のサビ落としを使ってみて下さいね!ステンレス用を使うことで必要以上にステンレスを傷つける心配がありません。

ステンレスのサビだけでなく水垢にも効果的なシンク周りの汚れを落としクリーナーです。保水層と研磨層の2層構造で、研磨層でサビをこすり取りながら、保水層から水分が染み出るので作業がらくらくです♪

お風呂のサビは落とし方をプロに聞いてみた

お家の中でも特にサビが発生しやすい「お風呂」。ピン留めやカミソリの刃がいつの間にか錆びていた、なんてことも多いですよね。
お風呂でサビを発見してしまった時、どんな対処法があるのでしょうか?

あなたのマイスターでは、お風呂クリーニングのプロに「お風呂場の浴槽や床にさびが出てしまいました。自分でも浴槽や床のさびを落とせますか?また、業者さんはどのように浴槽や床のさびを落とすのですか?」と聞いてみました!たくさんの回答の中から一部を紹介します。

ナカヤマハウスクリーニングさん(埼玉県)

お風呂のサビは「もらいサビ」が多いです。ヘアピンやカンなどのサビが移ります。鉄を扱うお仕事をされていると、浴槽にもサビが発生することがあります。サビ落としには、酸性の洗剤やサビ取り剤を使います

 

アースクリーンさん(埼玉県)

錆びは本体の材質から出ているものと、さび移りといって置きっぱなしになっていたヘアピンや髭剃りの刃等の金属から錆びが移ったものがあります。市販の錆び落とし用の洗剤で対応するのがいいと思います。当店でも同じように業務用の錆び落としを使いますが、さびが本体材質の奥から出てきている場合には完全に元通りには戻らない場合があります。

 

らいふ いず ぐっど 太田事業所さん(群馬県)

粉末還元型漂白剤が効果的です。40~70度くらいのお湯で溶き、ペースト状にした漂白剤をサビの上に塗り、10分~20分程おいてください。(お湯の温度については商品の取扱説明書をご覧ください)その後、水に浸して固く絞った古ストッキングで擦ると、 綺麗にサビを落とせます。柔らかいストッキングを使うので傷が付かずに安心ですよ。

 

お風呂のサビのほとんどが「もらいサビ」です。重曹や茂木和哉など、サビを落とすことができる洗剤を使うのが良いのですね。また、ハイドロハイターなど粉末還元系漂白剤を使ってもサビ落としができるようです。この他にも、歯磨き粉が使えるという意見もありました!

お風呂のサビに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

サビ落とし後にやるべきたった1つのこと

サビ取りが終わったから、一安心…ではありません!むしろ、サビ取り後だからこそやってほしいことがあります。

それが、サビ止めです。

サビを予防しておかないと、一旦綺麗になってもすぐにサビが出てしまいます。特に、サビを削り取った後は、金属表面に細かい傷がある状態なので、実はとてもサビやすいです。

さて、さっそくサビ止めの方法を紹介します。

 用意するもの 

・サビ止め剤
・柔らかい布

防さび・防湿・潤滑・保護の効果があるスプレーです。マリンレジャー用品にも使えるものなので、その効果はお墨付き。金属表面に、薄くて強固な皮膜を形成し、腐食やサビの発生を防いでくれます。

   手 順  

1. サビ止め剤を吹き付ける

サビ落としをした箇所にサビ止め剤を吹き付けます。また、傷が付いているところは、サビが発生しやすいです。小さな傷も見逃さずに、しっかりサビ止め剤を吹き付けましょう。

2. 柔らかい布で磨く

サビ止め剤を吹き付けたところを、柔らかい布で磨きます。

これでサビ止めの処理は完了です。

サビ落としをする前でも、傷が気になったときにはぜひやっておきましょう。サビを予防できます。
また、サビ止め剤の効果は、1ヶ月程度。定期的に塗り直しましょう。

まとめ

今回は、サビ取りの方法を紹介しました!

サビは削り落すのが基本です。頑固なサビにはサビ取り剤が効果的ですよ。
わざわざサビ取り剤を買うのはもったないな、と言う方はお掃除にも使える重曹でサビを落としてみてください。水垢洗剤「茂木和哉」もおすすめですよ。

サビ取りの後は、サビ止め剤でサビを予防するのも忘れないようにしましょう。

放っておくと、サビはどんどん広がってしまいます。ぜひ早めに対処するようにしてくださいね!

 

日々を大切に生きる人のために。「RELIVERS」の公式Instagramはこちら!

動画でもっと、楽しく・分かりやすく。「RELIVERS」の公式TikTokはこちら!

関連記事

NEW革財布のお手入れは使う前の保革クリームと日々の乾拭き、月1の保湿

革製品の楽しみはその「味の変化」。 長く使えば使うほど、新品の頃よりなじんで、独特の風合いになり、オンリーワンのものになっていきます。 しかし、ただ使っているだけでは、経年変化を楽しむどころが、どんどんボロボロになってし […]

NEWリノベーションとは?リフォームとの違いから費用や事例まで全て解説

  「リノベーション」 なんだかカッコいい響きですよね。辞書的には、「改革」という意味を持つ言葉。主に住まいの修復に使われます。 そんなリノベーションって、リフォームと何が違うのかって疑問を持っている方も多いの […]

NEWトイレのリフォームの費用ってどれくらい?リフォーム例も3つ紹介!

  みなさん、トイレをリフォームしたいと思ったことはありますか? トイレってどうしても汚くなりやすいので、他の家の箇所に比べるとリフォームを検討する方も多いかもしれません。 でも実際、トイレのリフォームってどの […]

NEW食器収納のアイデア大公開!グッズを使って使いやすさも見た目も完璧

  みなさん、ご自宅の食器はきちんと収納されていますか? 食器棚がごちゃごちゃしてる…。 いつも手前にある同じお皿しか使わない…。 そんな食器収納に関するお悩みを持っている方、少なくないと思います。 そこで今回 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集