HOME
更新日 :2023年09月30日

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!重曹やクエン酸で除去する方法

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

身の周りを見渡すと、色んなところにサビを発見しますよね。家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外の自転車なんかは特に。見た目がきれいではないし、古びたものという印象を与えます。サビが原因で動きが鈍く使いにくくなってしまう可能性も! 自分で簡単にできるサビ取り方法を知っておきましょう。

「サビ」って何?

そもそも「さびる」とは、金属が化学反応を起こして、他の物質に変化してしまうこと。金属が「さびる」と、見た目が悪くなったり、ボロボロになったりします。

代表的なサビには3つの種類があります。

赤サビ

もっともよく見るのが、赤茶色のサビ。一般的には「赤サビ」と呼ばれています。鉄が、水や空気中に放置されることで酸化し、赤サビが発生するんです。

赤サビを放置しておくと、酸化がどんどん進み、金属の内部までボロボロになる危険があるので注意が必要です。

黒サビ

「黒サビ」自然には発生しません。サビと聞くと悪いイメージを抱きがちですが、黒サビは、赤サビから鉄を保護してくれる「良い」サビなんです。南部鉄器など、あえて黒サビで表面をコーティングしている製品も多く存在しています。

青サビ

青サビ」は、真鍮(しんちゅう)や銅の表面に派生する青緑色のサビです。緑青(ろくしょう)とも呼ばれています。

表面だけでなく内部までサビが侵食する前に、早めに取り除いておくことが大切。実際にサビを落としていきましょう! 今回は赤サビの落とし方についてご紹介していきます。

緑青(青サビ)の落とし方を知りたい方はこちらをチェック! 赤サビよりも簡単に落ちるので、ぜひお掃除してみてくださいね。

鉄に付着した赤サビの落とし方

今回は、鉄に付着した赤サビの落とし方について解説していきます。赤サビは、金属面に付着している別の物質なので、研磨したり、浮かせて取り除いたりするのが有効的です。

今回、紹介するのは4つの方法。

ワイヤーブラシでサビを削り取る
重曹ペーストでサビ取り
サビ取り剤で落とす
「茂木和哉」でサビ取り

それでは上から順に紹介していきましょう!

軽いサビはワイヤーブラシで削り取る

金属製のワイヤーブラシでこすって、サビを削り落とす方法です。

 用意するもの 

・ワイヤーブラシ

おすすめ
[PR]

商品画像
SUNDRY ワイヤーブラシ3本組(S) SWB-3

真鍮・ナイロン・ステンレスの3種類の材質のブラシセット。鉄など金属のサビ落としには、真鍮とステンレスのブラシを使ってください。もう1つのナイロンのものは、サッシなど傷つきやすい面のサビ落としに使うのがおすすめです。

   手 順  

ブラシはステンレス→真鍮→ナイロンの順に柔らかくなります。ステンレスの方がサビを落としやすいですが、周りに傷がついてしまうリスクも高いです。何についたサビを落とすのかに応じて、使い分けましょう。

重曹ペーストで簡単にサビ取り

重曹をサビ取り剤のように使うことができます。重曹の粒子がサビを削り落としてくれるのです。少量の水でペースト状に溶かすのがポイントですよ!

用意するもの
重曹、水、メラミンスポンジ
手順
 
1
重曹をペースト状にする

重曹:水=1:4を目安に重曹を水で溶かし、重曹ペーストを作ります。

2
重曹ペーストを塗る

サビの部分に重曹ペーストを塗りましょう。

3
1時間ほど置いてこすり落とす

ちょっと時間を置いてから擦ります。メラミンスポンジ歯ブラシなどがおすすめです。

4
乾拭きする

サビを残さないように、乾拭きして拭き取りましょう。

研磨力がある重曹メラミンスポンジを使うことで、表面に付いたサビが削れてきれいに♪

重曹は、サビ落としだけでなくお家のお掃除でも大活躍! 重曹の使い方が知りたい方におすすめの記事があるんです。12箇所のキレイを写真でドドンと紹介していて、読み応えたっぷりなのでチェックしてみてくださいね。

クエン酸でサビ取り

サビ汚れはクエン酸で落とすこともできます。 価格が手ごろでどこでも買えるクエン酸は、使い勝手が良いですよね。 サビをクエン酸で取る方法や、掃除する際の注意点をチェックしてみましょう。

クエン酸でサビを取る方法

キッチンやお風呂場など、家庭の掃除に便利なクエン酸。 このクエン酸、実はサビ取りにも応用できるんです! クエン酸でサビ取りを行う手順をたしかめてみましょう。

用意するもの
クエン酸(粉末のもの)、 お湯 、バケツなどサビたものを漬けられるもの
手順
 
1
クエン酸をお湯で溶かす

クエン酸をサビ取りに使用する場合、まずお湯で溶かします。 洗面器一杯のお湯に対して、大さじ1~2を目安にしっかり溶かしましょう。

2
サビたアイテムをクエン酸水につける

サビ取りしたいものを、クエン酸を溶かしたお湯に漬けておくだけでOK!  1晩じっくり漬けておけば、翌朝にはすっきりサビが落ちているはずです。

漬けられない場合はどうしたらいいの?

サビ汚れの中には、水道の蛇口や自転車など、クエン酸水に漬けられない部分もあります。

「クエン酸水でパックする」

サビができてしまっている部分を、要らないタオルやぞうきんなどでパックしましょう。しっかりクエン酸水を含ませておき、しばらく放置するとサビが落ちていきます。

「クエン酸水を含ませたスポンジで擦る」

パックするには液が垂れてきて困る……という場所は、スポンジにクエン酸水を含ませて擦ります。軽度のサビであれば、これだけで除去が可能。サビ落ちが悪い場合は、クエン酸の量を多くして、濃くしてみましょう。

クエン酸でサビを取るときの注意点

クエン酸でのサビ取りにはいくつかの注意点があります。 サビ取りに失敗しないためにも、注意事項を覚えておきましょう。

「必ずお湯で溶かす」

クエン酸は、水では溶けにくい性質を持っています。サビへ効果的にアプローチするためにも、必ずお湯を使って溶かすようにしましょう。

「金属製のバケツはNG!」

クエン酸を溶かすのは、プラスチック製のバケツや陶器製の洗面所などを選びましょう。金属のシンクや金属製のバケツなどを選んでしまうと、クエン酸の成分で変色してしまう恐れがあります。

頑固なサビはサビ取り剤で落とす

ワイヤーブラシで磨いただけでは落ちなかった頑固なサビには、サビ取り剤を使いましょう! 今回は、サビ取り剤の2つの使い方を紹介します。

磨くタイプ

サビ取り剤をつけて磨いて、サビを落とします。

用意するもの
・サビ取り剤
・柔らかい布2枚

おすすめ
[PR]

商品画像
(STRAIGHT/ストレート) ブルーマジック メタルポリッシュクリーム 550g

金属表面のサビや汚れを落とし、シリコンコーティングするクリームです。磨いた後に表面がピカピカに輝くのが特徴。アルミ、マグネシウム、金、銀、銅、ステンレスなど、多くの金属に使用できます。

手順
 
1
布にサビ取り剤を適量取る

布に1円玉分ぐらいのサビ取り剤を取ります。

2
錆びた部分を布で磨く

サビ取り剤を塗りつけるようにしながら、布でサビを磨きます。これだけでサビが落ちます。驚きですよね。

3
きれいな布で拭いて仕上げる

最後にきれいな布で拭いて、サビ取りは完了です。

つけおくタイプ

リン酸やシュウ酸が含まれているサビ取り剤は、つけおきして使います。その方法はこちら。

用意するもの
・サビ取り剤
・ステンレストレー
・歯ブラシ
・ゴム手袋
・ゴーグル

おすすめ
[PR]

商品画像
KURE ラストリムーバー 1028 420ML

鉄、銅、真鍮などの金属表面のサビを除去するリムーバー。特に、銅には効果あり。かなり強力なので、皮膚につかないようにする、つけおきを60分以上しないなど、取り扱いには注意が必要です。

手順
 
1
ゴム手袋とゴーグルをつける

酸性液なので、皮膚に付着したり目に入ったりすると危険です。長袖長ズボンにゴム手袋、ゴーグルで、完全に防備して臨みましょう。

2
ステンレスの容器にサビついた金属部品を入れる

つけおきするため、金属部品をステンレストレーの中に入れます。

3
ステンレストレーのなかに、サビ取り剤の原液を入れる

錆びた金属部品が浸かるように、サビ取り剤をトレーに入れます。基本的には原液で使いますが、軽度のサビの場合や、非鉄金属の場合には2〜3倍に希釈して使います。

4
最大60分程度つけ置きする

だいたい20分ぐらい経った頃から効果が出はじめます。最大60分程度を限度に、そのまま放置しましょう。

5
温水か水で洗い流す

時間が経ったら、温水か水で洗い流しましょう。

部品が大きく、つけおきできないという場合には、サビ取り剤を刷毛で塗るのも効果的です。

「茂木和哉」はサビ取りでも大活躍

水垢落としで有名な「茂木和哉」はサビ落としにも活躍します。実際にどのように使うのか、写真で見ていきましょう。

用意するもの
・水垢洗剤 茂木和哉
・アルミホイル
・サランラップ
・柔らかい布

おすすめ
[PR]

商品画像
茂木和哉 水アカ洗剤 200ml

酸の力と研磨剤のハイブリッド洗浄で、水垢を簡単に落とします。研磨剤の粒子のバランスが良く、汚れは落ちるのに傷がつきにくいです。お風呂やキッチンの水垢掃除、焦げやサビ落としなどに使えます。

手順
 
1
サビに「茂木和哉」をつけ、アルミホイルを丸めたものを使ってこする

サビを落としたいものに、「茂木和哉」を100円玉分ぐらいつけます。アルミホイルをぎゅっと丸めたものをたわしのようにして磨いてください。

2
ラップを丸めたもので擦って仕上げる

さらに、サランラップを丸めたもので磨きます。最後に柔らかい布などで、拭き取ったら完了です。

ステンレスもサビる?

家庭では、主にシンクなどに使われている、ステンレス。「サビない」という意味の「ステンレス」なのですが、全くサビないのかというと、答えはNO

ステンレスは、鉄に他の金属を混ぜて、表面に膜が出来るように作られています。その膜があるおかげで、ステンレスはサビができにくいんです。ただ、サビにくくなる加工をしているだけで、主成分は鉄のため、使い方によってはサビてしまいます。

ステンレスがサビる原因

サビにくいステンレスがサビる原因は、主に2つあります。

表面のこすりすぎ

ステンレスは表面にサビに強い膜が施されていますが、たわしクレンザーなどを使ってゴシゴシこすりすぎると、膜が剝がれてしまいます。

膜自体は、時間が立てば復活します。しかし、膜が復活する前にサビができてしまうと表面がサビに覆われてしまい、広がっていきます。

もらいサビ

ヘアピン空き缶をステンレスのシンクに放置していたら、シンクに跡が残っていることがありませんか? それがもらいサビです。ステンレス自体がサビているのではなく、ステンレスの上に長時間放置されている金属がサビてしまい、サビがステンレスの表面に付着してしまった状態です。

水や油、塩分はサビには大敵。これらを日常的に使用するシンクには、サビができやすいので注意してください!

ステンレスのサビの落とし方

ステンレスの表面の膜は剝がれやすいので、ブラシでゴシゴシしたりするのはNG。軽いサビには、鉄に付いた赤サビを落とすときにも使った重曹で落とす方法が効果的です。

もしこの方法を行ってもサビが落ちない場合はステンレス専用のサビ落としを使ってみてくださいね! ステンレス用を使うことで必要以上にステンレスを傷つける心配がありません。

おすすめ
[PR]

商品画像
シンクまわり用 ステンレスのサビ・水アカ 汚れ落とし 659-B

ステンレスのサビだけでなく、水垢にも効果的なシンク周りの汚れを落としクリーナーです。保水層と研磨層の2層構造で、研磨層でサビをこすり取りながら、保水層から水分が染み出るので作業がらくらく♪

お風呂のサビは落とし方をプロに聞いてみた

お家の中でも特にサビが発生しやすい「お風呂」。ピン留めやカミソリの刃がいつの間にか錆びていた、なんてことも多いですよね。お風呂でサビを発見してしまった時、どんな対処法があるのでしょうか。

あなたのマイスターでは、お風呂クリーニングのプロに「お風呂場の浴槽や床にさびが出てしまいました。自分でも浴槽や床のさびを落とせますか?また、業者さんはどのように浴槽や床のさびを落とすのですか?」と聞いてみました!たくさんの回答の中から一部を紹介します。

ナカヤマハウスクリーニングさん(埼玉県)

お風呂のサビは「もらいサビ」が多いです。ヘアピンやカンなどのサビが移ります。鉄を扱うお仕事をされていると、浴槽にもサビが発生することがあります。サビ落としには、酸性の洗剤やサビ取り剤を使います

アースクリーンさん(埼玉県)

錆びは本体の材質から出ているものと、さび移りといって置きっぱなしになっていたヘアピンや髭剃りの刃等の金属から錆びが移ったものがあります。市販の錆び落とし用の洗剤で対応するのがいいと思います。当店でも同じように業務用の錆び落としを使いますが、さびが本体材質の奥から出てきている場合には完全に元通りには戻らない場合があります。

らいふ いず ぐっど 太田事業所さん(群馬県)

粉末還元型漂白剤が効果的です。40~70度くらいのお湯で溶き、ペースト状にした漂白剤をサビの上に塗り、10分~20分程おいてください。(お湯の温度については商品の取扱説明書をご覧ください)その後、水に浸して固く絞った古ストッキングで擦ると、 綺麗にサビを落とせます。柔らかいストッキングを使うので傷が付かずに安心ですよ。

お風呂のサビのほとんどが「もらいサビ」です。重曹や茂木和哉など、サビを落とすことができる洗剤を使うのが良いのですね。また、ハイドロハイターなど粉末還元系漂白剤を使ってもサビ落としができるようです。この他にも、歯磨き粉が使えるという意見もありました!

お風呂のサビに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

サビ落とし後にやるべきたった1つのこと

サビ取りが終わったからひと安心……ではありません! むしろ、サビ取り後だからこそやってほしいことがあります。

それが、サビ止めです。

サビを予防しておかないと、いったんキレイになってもすぐにサビが出てしまいます。特に、サビを削り取った後は、金属表面に細かい傷がある状態なので、実はとてもサビやすいのです。

用意するもの
・サビ止め剤
・柔らかい布

おすすめ
[PR]

商品画像
ホルツ 補修用品 錆止め&転換剤 サビチェンジャー ハケ塗りタイプ 70g Holts MH116 サビ取り不要

防さび・防湿・潤滑・保護の効果があるスプレーです。マリンレジャー用品にも使えるもの。金属表面に、薄くて強固な皮膜を形成し、腐食やサビの発生を防いでくれます。

手順
 
1
サビ止め剤を吹き付ける

サビ落としをした箇所にサビ止め剤を吹き付けます。また、傷が付いているところは、サビが発生しやすいです。小さな傷も見逃さずに、しっかりサビ止め剤を吹き付けましょう。

2
柔らかい布で磨く

サビ止め剤を吹き付けたところを、柔らかい布で磨きます。これでサビ止めの処理は完了です。

サビ落としをする前でも、傷が気になったときにはぜひやっておきましょう。サビを予防できます。また、サビ止め剤の効果は、1ヶ月程度。定期的に塗り直しましょう。

まとめ

サビは削り落すのが基本です。頑固なサビにはサビ取り剤が効果的ですよ。わざわざサビ取り剤を買うのはもったないな、と言う方はお掃除にも使える重曹やクエン酸でサビを落としてみてください。水垢洗剤「茂木和哉」もおすすめ。

サビ取りの後は、サビ止め剤でサビを予防するのも忘れないようにしましょう。放っておくと、サビはどんどん広がってしまいます。ぜひ早めに対処するようにしてくださいね!

※本記事の内容は、本記事作成時の編集部の調査結果に基づくものです。
※本記事に掲載する一部の画像はイメージです。
※本記事の内容の真実性・確実性・実現可能性等については、ご自身で判断してださい。本記事に起因して生じた損失や損害について、編集部は一切責任を負いません。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がYOURMYSTAR STYLEに還元されることがあります。
※本記事のコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。