羽毛布団の洗濯は夏こそすべし!自宅の洗濯機でもふんわり仕上げに!

■洗濯できる羽毛布団はキルティング加工されていて、水洗い可のもの
■羽毛布団を自分で洗濯する場合はおしゃれ着用の中性洗剤を使う
■洗濯しても意味のなさそうな羽毛布団は打ち直しに出すのがお得

As

更新日:2019年05月18日


寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。
ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ?

「なんか臭い…」「前よりボリューム感がないかも…」

その羽毛布団、しばらく洗っていないのでは?

でも羽毛布団って、クリーニング店に出すにはお金がかかるし、持っていくのも大変…と思ってしまいますよね。
いやいやみなさん、諦めるのはまだ早いですよ!

実は、羽毛布団は自宅でも洗えるんです!

今回は、羽毛布団を自宅で洗濯する方法をみなさんに解説します。

先に言っておくと、この方法はちょっと大変…。
ということで、自宅での洗濯以外の方法も紹介するので、安心してくださいね!

羽毛布団を洗濯する方法は3パターン

冬になると恋しくなる羽毛布団。

大きいし重いし、なかなか洗濯しようとは思いませんよね。

この羽毛布団、近くのクリーニング店に持って行って洗濯してもらう他にも、3つの方法があります。

・自宅で洗濯する
・コインランドリーで洗濯する
・宅配クリーニングに出す

それぞれ、かかる費用や労力を比べてみましょう。

自宅で洗濯する

最初にも言った通り、羽毛布団の一部は自宅で洗濯できます。
つまり、ほぼ0円で羽毛布団を洗濯できるのです。

ただ、自宅で羽毛布団を洗うのはなかなか大変…。

自宅での洗濯方法はこの記事で紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

コインランドリーで洗濯する

洗濯OKの一部の羽毛布団であれば、コインランドリーで洗濯するという手もあります。

洗濯と乾燥を合わせて、かかる費用は1,500〜2,000円ほど。

車で羽毛布団をコインランドリーまで運ぶ必要があるので少し手間ですが、比較的楽に羽毛布団を洗濯することができます。

羽毛布団をコインランドリーで洗濯する方法について詳しく知りたい人は、こちらの記事を読んでみてください♪

宅配クリーニングに出す

近所のクリーニング店に持って行く以外に、羽毛布団をしっかりとプロにクリーニングしてもらえるのが宅配クリーニング。

価格は10,000円ほどとお高いですが、楽に羽毛布団をクリーニングするには一番の方法です。

専用の箱に羽毛布団を入れて自宅から配送すれば、クリーニングされた布団がお家まで届くので、外に一歩も出ず・何もせずに羽毛布団をクリーニングできる便利なサービス。

羽毛布団を洗濯したいけど気が進まないという人におすすめです。

どれくらいの頻度で洗えばいいの?

「洗濯できる」と聞くと、何度も定期的に羽毛布団を洗濯したくなってしまいますが、基本的に羽毛布団は、そう頻繁に洗うものではありません。

というのも、洗濯で水にさらされるたびに、羽毛がダメージを受けて、傷んでしまうからです。

羽毛布団の中の羽毛は、寝ている間の汗をよく吸収しますが、日中布団の外に出ている間に、吸収した汗を外に飛ばすことで清潔な状態を保ちます。

そのため、1〜2年に1度、もしくは汚れや臭いが気になってきたタイミングで羽毛布団を洗濯するのがおすすめですよ!

普段は布団カバーを洗濯すればOK

羽毛布団は1〜2年に1度か、汚れや臭いが気になったときに洗濯すればいい…。

と言いましたが、日々汗を吸っている羽毛布団をそのままにするのは禁物です!

羽毛が放出した汗で布団が湿ったままになっていると、カビ悪臭の元に。

そこで、普段するべき羽毛布団のお手入れ方法を2つ知っておきましょう!

布団カバーを洗濯する

羽毛布団は、肌に直接触れると生地がすぐに汚れてしまうので、必ず布団カバーをかぶせて使いましょう。

そして、この布団カバーを定期的に洗濯するのが、羽毛布団を清潔に保つ秘訣!

週に1回を目安に、こまめに洗濯をしましょう。

布団カバーを洗濯する頻度や正しい洗濯の仕方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね♪

布団を干す

さらに、羽毛布団を快適に使うために、定期的に羽毛布団を干しましょう!

週に1回、風通しの良い室内で部屋干しをして、羽毛布団が吸い込んだ汗を放出させてください。
月に1回は、殺菌するために天日干しをすることも必要ですね。

詳しい干し方は、こちらの記事をチェックしましょう!

洗濯を始める前に、必ず確認!

羽毛布団は、自宅で洗えるものとそうでないものがあります。

基本的には「羽毛布団は洗えないもの」と思ったほうがいいでしょう。

自宅で洗濯できないものを洗ってしまうと、生地が破れてしまったり、羽毛が縮んで固まってしまったりするので、注意が必要なのです。

そうなる前に、自宅の羽毛布団が洗えるものかどうかを判別しましょう!

洗濯表示を確認する

一番大事なのが、洗濯表示を確認すること!

羽毛布団が自宅でも洗濯できるかどうかは、基本的にはこの洗濯表示で判断しましょう。

手洗いマークや洗濯マークがあれば自宅で洗濯OKですが、水洗い不可(家庭での洗濯不可)やドライ(クリーニング店での洗濯なら可)のマークがある場合は洗濯できません。

古い羽毛布団はほとんどが洗濯できないものなので、注意深く洗濯表示を見てみてください。

「洗濯表示って何?いっぱい種類があって難しい!」と思ったら、この記事をチェック!

キルティング加工されているかを確認する

そして、自宅の羽毛布団がキルティング加工されているかどうかも確認してください!

キルティング加工とは、布団の表裏が縫い付けられた加工のこと。
よくお布団についている、格子状の縫い目のことですね。

キルティング加工がされていないと、中の羽毛が偏ってしまい、上手く洗濯ができません。
羽毛を覆っている生地がシルクやレーヨンなどの繊細な素材である場合も、洗濯は避けてください。

「自宅の洗濯機」で羽毛布団を洗濯しよう

洗濯機

洗濯表示を確認して、自宅でも洗濯OKな羽毛布団だと判断し、ちょっと大変な洗濯を自分でする覚悟ができたら、いよいよ自宅で羽毛布団を洗濯してみましょう!

不安にならなくても大丈夫。
洗濯方法と乾燥時の注意点をしっかり守れば、自宅の洗濯機でも十分キレイにすることができますよ!

用意するもの

・洗濯ネット(布団が入るサイズ)
・おしゃれ着用中性洗剤

  手順  

1. 洗濯できるか確認する
自宅の洗濯機が布団を洗える容量かどうかを確認しましょう。

洗濯機のメーカーや布団の種類によって変わりますが、一般的に洗濯機の容量が8kg以上あるものだと、シングルサイズの布団を洗濯することができます。

2. ネットに入れる

折りたたんでネットに入れます

洗濯中に生地が傷むのを防ぐために、羽毛布団を小さく折りたたんで、大きな洗濯ネットに入れましょう。

折りたたむときは、縦に細長く3つ折りをしてから、端からくるくると巻いていくとやりやすいですよ!
このとき、布団の中の空気を抜いて、小さくなるように巻いて下さいね。


OTraki 洗濯ネット 特大 90×110cm ファスナー強化 ランドリーネット 服 寝具専用 四角 大型 布団洗濯ネット 耐食性 細かい網目 大物用 洗濯ふくろ こたつ布団 枕 洗える 変形防止 洗濯機対応

羽毛布団や布団カバーなど、寝具をしっかり入れることができる大型の洗濯ネットです。

素材もしっかりしていて、大きなものを入れても安心!
布団を洗うときには、とっても重宝しますよ。

3. おしゃれ着用の洗剤を使う

中性洗剤を入れます

洗剤は、繊細な羽毛布団になるべくダメージを与えないよう、おしゃれ着用の中性洗剤を使ってください。
洗濯洗剤として普段使う弱アルカリ性の洗剤では、羽毛を痛めてしまいます!


アクロン おしゃれ着洗剤 フローラルブーケの香り 本体 500ml

目立った汚れがついている場合は、洗濯機に入れる前にあらかじめ洗剤を直接もみ込み、汚れを落としておきましょう!

4. 洗濯する

洗濯機に入れたら、「大物洗いコース」や「毛布コース」を選び、羽毛布団が洗濯されるのを待ちます。

5. 形を整える
羽毛布団が洗いあがったら、四隅を持って上下に軽く振り、羽毛が偏らないように整えてください。

6. しっかり乾燥させる
あとはしっかりと乾燥させましょう。

風通しのよい日陰で吊り干しし、乾燥してきたら裏返すことも必要です。

POINT
羽毛布団は、よく晴れた風通しのよい日に洗濯する!

厚手の羽毛布団は、乾くのにかなり時間がかかります。
晴れて風のよく通る日に洗った羽毛布団を乾燥させて、効率よく乾かしましょう。

7. 仕上げ
乾燥後も羽毛布団の中で、羽毛が偏ったり固まったりしていることがあります。

しっかり乾燥したことを確認し、羽毛布団の全体を手で軽くほぐせば、羽毛布団の洗濯はおしまい!

家庭用ふとん乾燥機を持っている場合は、1時間ほど乾燥させるとよりふっくらと仕上がりますよ♪

POINT
羽毛布団を洗濯するときは、素早く中まで、しっかりと乾燥させることが大切!

乾燥が十分でなく水分が残ったままだと、カビや臭いの原因になります。
「そろそろ乾燥できたかな」と思ってから、更に乾燥させるくらいがちょうどいいですよ。

また、羽毛布団を洗う季節も選べるとGood!

羽毛布団の洗濯は、夏がオススメです。
夏に羽毛布団なんて出さないよ…と思うかもしれませんが、時間のかかる羽毛布団の乾燥には、夏の晴れた日が理想的!

夏でなくても、事前に天気予報を確認して、天気の良い日が2〜3日続く日に羽毛布団を洗濯できればグッジョブですよ♪

「自宅のお風呂場」で羽毛布団を洗濯しよう

「布団が入るくらい十分な大きさの洗濯機がない!」という人は、お風呂場の浴槽で羽毛布団を洗ってみましょう!

洗濯機を使うよりも少し大変ですが、羽毛布団がどれだけ汚いか実感できるのがこの洗い方。

ただ、気を付けておきたいのは、浴槽で洗うと言っても、脱水時には洗濯機を使うということです。

羽毛布団は空気を抜きながら濡らすと縮むため、ほとんどの場合は問題はないと思います。

ただし、あまりにも小さい洗濯機をお使いの方、もしくは洗濯機を持っていない方にはオススメできません…。

用意するもの

・おしゃれ着用中性洗剤
・洗濯ネット(布団が入るサイズ)

  手順  

1. 浴槽の中で洗剤液をつくる
浴槽に15~20cm程度の水を張り、洗剤の液を入れます。
分量はキャップ一杯程度の液体洗剤で、よく混ぜて溶かしましょう。

2. 羽毛布団をつける
羽毛布団を水につけるためには、中の空気を抜く必要があります。

このとき、一気に羽毛布団を水で濡らしてしまうと、中の空気の逃げ道がなくなって空気を抜けなくなってしまうので、注意しましょう!

布団を折りたたみ、くるくる丸めるて空気を抜いてから水につけるのがおすすめです。

3. 手で優しく押し洗い
羽毛布団全体を、手で優しく押して洗っていきます。

大変な場合は足で踏んで洗っても大丈夫ですが、繊細な羽毛布団を傷めないよう、優しく丁寧に洗ってくださいね。

どんどん洗剤液が濁っていくのがわかるはず。
時々、押す面を変えながら洗い続けます。

4. きれいな水ですすぐ
汚れた水を捨て、水を新しく入れ替えてすすぎましょう。

洗うときと同じように、優しく押しながら、羽毛布団全体についた洗剤をすすぎ落としていきます。

5. 洗濯機で脱水
洗濯ネットに布団をいれ、洗濯機で脱水にかけます。

脱水にかける時間が長いと羽毛が傷んでしまうため、5分以内に設定しましょう。

6. 手順4、5を繰り返す
3回ほど、すすぎと脱水を繰り返します。

7. 水気を切る
羽毛布団から汚れが抜け、十分にすすぎ・脱水が終わったら、バスタブに羽毛布団をかけて水気を切りましょう。

30分ほど放置しておけばOKです!

8. 干す
洗濯した羽毛布団の水気が切れたら、あとはしっかりと乾燥させましょう!
家で洗濯した場合、完全に乾かすには3日はかかると思っておいてください

風通しの良い室内で、時々向きを変えて羽毛の偏りを防ぐのが早く乾かすためのコツ!

乾いたら中の羽毛をほぐし、羽毛布団を振ってふっくらとさせましょう。

完全に乾いてから、コインランドリーで数分(100~200円分)乾燥させるとふんわり仕上がるのでオススメです♪

羽毛布団の洗濯は宅配クリーニングがおすすめ!

ここまで自宅で羽毛布団を洗濯する方法を解説してきましたが、羽毛布団の汚れが気になるなら、一番おすすめしたいのはプロによるクリーニングです。

さらに、「宅配クリーニング」なら、お家から一歩も出ることなくプロに羽毛布団のクリーニングをお願いできるのがとっても便利!

自宅で洗濯できる羽毛布団は、洗濯表示をしっかり確認して、自分で判断しなければなりませんが…。

プロのクリーニングなら、たいていの羽毛布団であれば洗濯でき、さらに羽毛布団を傷めずに汚れをしっかりと落とすことができます!

「あなたのマイスター」の宅配クリーニングなら、シミ抜き無料・配送料無料で自宅の布団や羽毛布団を丸洗いしてくれます。

さらに保管サービスもあり、最大6ヶ月間、プロの元で布団を預かってもらえるんです!

夏の間、使わない羽毛布団を保管してもらえば、自宅の収納スペースも必要ないので家中キレイを保てますね♪

「宅配クリーニング」をもっと詳しく!

ただし毎年羽毛布団をクリーニングに出すと、デリケートな羽毛はすぐに傷んでしまいます。

2〜3年に1度丸洗いのクリーニングに出すようにするのがおすすめ!

普段からお手入れをしているのであれば、もう少し間隔を空けてもOKです。

まとめ

今回は、羽毛布団を自宅で洗濯する方法について紹介しました。

できるだけ安く、値段を押さえたいのであれば、自宅の洗濯機浴槽で洗ってみましょう。

羽毛布団を楽チンに、でも確実にキレイにしたいという場合は宅配クリーニングがおすすめです。

覚えておきたいのは、羽毛はとってもデリケートな素材だということ。

普段から、羽毛布団の部屋干し布団カバーの洗濯といったお手入れを欠かさずに、洗濯する頻度もできるだけ抑えるようにしましょう。

洗ってふかふかになった羽毛布団で、ぐっすり眠ってくださいね♪

 

関連記事

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

NEW羽毛布団の洗濯は夏こそすべし!自宅の洗濯機でもふんわり仕上げに!

寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。 ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ? 「なんか臭い…」「前よりボリューム感がないかも…」 その羽毛布団、しばらく洗っていないの […]

NEW羽毛布団を乾燥機にかけるには?自宅でふわふわに仕上げるコツを紹介

  冬になると持ち前の保温力で私たちを包んでくれる羽毛布団。ふわふわで気持ちいいですよね。 寒い時期にお世話になった羽毛布団を、洗濯してキレイにしてあげようと思っている方も多いのではないでしょうか? しかし、羽 […]

NEW毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

  冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 そ […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集