洗濯物の花粉対策には柔軟剤選びと早朝干し!払って取り込めば完璧!

nissy

更新日:2020年03月13日

 

春になると日本人の4割をも悩ませる症状。それが花粉症です。

鼻はムズムズするし、目は痒くなり真っ赤に充血。
花粉症の方達にとっては、試練ともいえる季節がやってきました。

そこで1番頭を悩ませるのが、洗濯の問題です。

花粉症の方にとって、洗濯物を外に干すのはまさに自殺行為。
でも部屋干しすると臭いが気になるし…どうしたらいいの!
そんな方も多いのではないでしょうか!

そこで今回は、洗濯物を花粉から守る極意を伝授。

・外干しのコツ
・部屋干しのコツ
・日常でできる花粉対策
・家の中で花粉がたまりやすい場所

までドドンと紹介していきます!

毎年のひどい花粉の症状も、これでおさらばです!

断然外干し派!そんなあなたに送る5つの技

最初に言っておきますが、花粉シーズンに洗濯物を外干しするのはあまり好ましくありません。

ですが、花粉が気になると言っても、いい匂いになるし、乾きやすいし、天気が良い日はお外で洗濯物を干したい!
そんな方も多いと思います。

洗濯物を外に干しても、花粉がつきにくくなる技は主に、

・柔軟剤で静電気を除去
・天気を見極める
・干し始めは早朝が狙い目
・取り込む前に振り落とす
・素材に注意

の5つです。それぞれ見ていきましょう!

柔軟剤で静電気を除去!

柔軟剤って、衣類を柔らかくしたり、いい匂いにさせたり、そういう目的で使っている方も多いかと思います。
ですが、実は花粉対策にも効果があるんです!

あまり知られていませんが、花粉を引きつける主な原因は衣類同士の静電気。柔軟剤にはその静電気を防ぐ効果があるんです。

天気を見極める

花粉は、実は天気によってかなり散布量が変わってきます。

花粉が大好きな天候は

・晴天
・湿度が低く乾燥している
・気温が高い
・風が強い

・雨の日の翌日

主にこの5つ。

この条件が揃うと花粉は喜んで出てくるので、洗濯物を外に干すのは控えた方が良いかもしれません。

狙い目は、風が弱く気温が比較的低い、曇りの日です!

干し始めは早朝が狙い目

花粉の散布量は、時間帯によっても変わってきます。

特に、お昼の12時頃と日没後の18時頃にピークです。

なので、その時間帯には、洗濯物を外に出さないのが理想です。

また、濡れていると花粉はさらにつきやすくなります。

花粉の飛散がピークを迎えるお昼頃には洗濯物がある程度乾いているようにするためにも、干し始める時間帯は早朝をねらいましょう。

取り込む前にしっかり振り落とす

え、そんなことで変わらないでしょ!
と思う方もいるかもしれませんが、実はこれ、かなり効果があるんです!

洗濯物を取り込む前にしっかりはらうことで、30〜40%も花粉の量を減らすことができちゃいます!すごいですよね。

濡れているうちについてしまったものは生地に粘着してしまうこともあるので、掃除機で吸うか、コロコロなどのカーペットクリーナーではがし取ると効果的ですよ〜!

注意
布団叩きは使わないようにしましょう

布団叩きを使うと力が入りすぎるため、花粉をはらうというよりは、内部に浸透させてしまいます。
はらう際は布団叩きは使わず、しっかり振り落とすイメージで行いましょう!

素材に注意

花粉のつきやすさは、素材によっても異なります。

ポリエステルや綿などの素材は一度花粉がついてしまっても比較的落としやすく、逆にウールやフリースなどのふわふわの素材は落としにくいです。

どうしても外干ししたい場合は、花粉がつきやすい素材は避けて干すようにしましょう!

注意
布団やタオルなどは花粉を吸収しやすいので、時間帯や天候によらず外干しはしないようにしましょう

布団やタオルはダイレクトに人の肌に触れる機会が多く、繊維の構造上花粉を吸収しやすいので、外干しはNGです!

花粉対策にはやっぱり部屋干しがベスト

確実に花粉から守るにはやはり部屋干しが最適。

でも部屋干しというと、どうしても臭いや菌の繁殖が気になるところ。

・なかなか乾かない
・嫌な臭いがする
・雑菌が気になる
・壁やカーテンなどへのカビの繁殖が気になる

…。ざっと理由を
挙げただけで部屋干しの心配事はこんなに出てきます。
実際にこんな理由から
「部屋干し」を敬遠してる方も多いのではないでしょうか!

そこでまずは、そんな悩みを少しでも解消すべく、部屋干しの際に押さえておきたいポイントを4つみていきたいと思います!

空気清浄器×エアコンの最強タッグ

室内の花粉を徹底的に除去するには、綺麗なエアコン×空気清浄機のタッグが最強!

空気清浄機が空気中の花粉を除去しつつ上に巻き上げ、エアコンが残った花粉をキャッチする

という効率的なサイクルで花粉を除去できるんです!

エアコンは基本的に、内部を空気が通る時「フィルター」を通すことで、空気に含まれる埃や不純物を取り除くという仕組みになっており、フィルターがキャッチする不純物には、もちろん花粉も含まれます。

花粉シーズンは、エアコンをつけているだけで室内の花粉をキャッチし、空気をキレイにしてくれるのです!

POINT
必ず窓を閉めてから行いましょう!

家の窓が一つでも開いていると、花粉は容赦無く家の中に入ってきます。効率よく花粉を除去するためにも、家中の窓を閉めることをオススメします!

部屋干し用洗剤・衣類用消臭スプレーなどの便利アイテムもおすすめ!

臭いが気になる方は、最初から部屋干し用洗剤を使う効果的です!

また、衣類用の消臭スプレーを半乾きの状態で塗布すると効果的です。

部屋干しは臭いが気になるという方も多いので、そんな方はぜひ実践してみてください!

干し方はアーチ干しがベスト!

効率良く洗濯するためにも、衣類の干し方を工夫しましょう。

干し方は「アーチ干し」が1番のおすすめ!

アーチ干しとは

アーチ干しとは、アーチ状に洗濯物を配置する干し方。洗濯物同士にうまく感覚をあけることによって、効率良く乾かすことができます。

アーチ干しは部屋干しの工夫としてはかなり効果的なので、ぜひ実践してみてください!

POINT
タオルなどのある程度長さがあるものは半分に折らず、どちらか一方を長くしましょう!

密着する面積を小さくすることで、乾きやすく、菌も繁殖しにくくなります!

浴室干しも効果的!

浴室干しは、部屋干しに比べて湿気も臭いも取りやすく、見た目も気にならないのでオススメです!

また、浴室乾燥を活用するとお風呂場が清潔に保たれるというデータもあるので、ぜひ試してみてください!
もっと部屋干しについて詳しく知りたい!そんな方はこちらの記事も読んでみてください!

花粉対策して上手に暮らす工夫!

洗濯物の花粉対策をしっかりしても、なかなか症状が回復しない…。そんな方にぜひ試していただきたい、日常でできる対策をご紹介します!

少しの工夫で、苦しい花粉の時期もへっちゃらになりますよ!

室内に花粉をいれない

症状を悪化させないためには、そもそも室内に花粉を入れないことが大切です。

室内の花粉の多くは、人の出入りによるものです。家族全員で取り組んで対策をしましょう!

フードの中は特に見逃しがちになるので、注意しましょう!

帰宅時はしっかり払う

まずは玄関に入る前に洋服に付着した花粉を払い、上着は玄関にかけて部屋に持ち込まないようにしましょう!

小さいことのようですが、手洗い・うがいも効果的です!

換気は窓を10cm、5分を限度に!

花粉飛散量の少ない深夜か早朝に行いましょう!

どうしても日中に換気したい場合は、窓は10cm程度開け、5分を限度に行いましょう。

また、2ヶ所以上の窓を開けておくと、効率的に換気することができます!

掃除は水拭きがおすすめ

花粉は水拭きすることで、舞い上がりにくくなり、効率的に拭き取ることができます。

室内に入った花粉の多くは床面に付着しているので、朝起きた後などに床や家具を水拭きすることで、前日にたまった花粉を取り除けますよ!

生活習慣を見直す!

花粉をはじめ、アレルギー症状は、生活習慣、特に食生活の乱れが大きな要因になります。

特に食生活の欧米化は深刻な問題になるので、日本食を中心に、バランスの良い食生活を心がけましょう!

また、アルコールやタバコなども極力控えることで、症状の改善が期待できます!

洗濯物カバーは効果ある?

最後に、洗濯物カバーを紹介します。

洗濯物カバーとは何なのか、どうやって使うのか、さらにおすすめの洗濯物カバーを見ていきましょう!

洗濯物カバーってなに?

まずみなさん、洗濯物カバーというアイテムはご存知ですか?
外干しについては上で少し触れましたが、できないことはありません!
むしろこのアイテムを活用することで、花粉問題も解決できます。

洗濯物カバーとは

雨などから洗濯物を守ってくれる便利アイテムです。
テントタイプシートタイプなどいろんな形があり、それぞれ特徴は異なります。
今回は花粉対策なので、袋タイプについて紹介していきましょう。

袋タイプ

他のタイプは洗濯物がむき出しになっている部分があるので、花粉対策には不向き。
その点このタイプは名前の通り、袋状の形をしている洗濯物カバーなので大丈夫。
花粉から洗濯物をしっかり守ってくれます。

でも袋に入れて干すって、少し乾きづらくなってしまうような気がしますよね。

そこもご安心ください!
洗濯物カバーは基本的に通気性が良くなるように作られています。
なので湿気はしっかり逃がして、花粉や雨などはブロックできるんですね。

袋タイプは布団や枕などに向けて作られたものです。
ですが、袋を開いて洗濯物を包み込むようにして使えば普段の洗濯物にも十分使えます。

それほど有名なアイテムではないので、使っている方は少ないかも知れません。
性能は優秀なので、これを機に一度チェックしてみましょう!

洗濯物カバーの使い方

それでは具体的な使い方の説明をしていきましょう。
とは言っても、本当に簡単な手順しかありません。
ご家庭の外干しスペースをイメージすると、購入後も違和感なく使えますよ♪

手順
1
洗濯物を干す

まずは普通に洗濯物を干していきましょう。
この時注意したいのが、洗濯物を干す範囲
洗濯物カバーからはみ出してしまう場所まで広げないように気を付けましょう。

2
洗濯物カバーをかける

洗濯物がしっかり隠れるようカバーをかけていきましょう。
表裏だけ間違えなければ大丈夫です!

3
洗濯物カバーを固定

商品によっては、かけた後ヒモで固定できるものがあります。
手すりなどに固定しておけば、風が吹いてもめくれたりする心配がなくていいですね♪

オススメの洗濯物カバーは?何かで代用できる?

タイベック 布団干し袋 カバー


布団干し袋(デュポン社タイベック使用) 【シングル用】(花粉や粉塵・排気ガスから布団をガード)
先程の説明であったように、もともとは布団用の商品です。
概要にある写真のように、開くことで洗濯物カバーとして使えます!
もちろん布団の花粉対策として使ってもOKですよ。

手順の3にあった固定用のヒモもきちんとついているので、その点もオススメポイント♪
横幅が2mもあるので、干す範囲としてもちょうどいいですね。
購入前に、ご家庭のスペースと合うかどうかチェックしてみましょう。

代用できる?

ここまでは、正規の商品を買った場合でお話してきました。
できるだけコストを抑えたい方は、代用できるものはないか気になりますよね?

代用例としては以下の数点。
・大きなビニール
・複数枚のポンチョ
・大きな不織布

どれも洗濯物にかぶせることで、ある程度は花粉を防ぐことができます。
しかし、通気性などの問題で乾きにくくなる可能性も。
その点も踏まえ代用品としてオススメなのは不織布ですが、買うとなると意外と高いんです。
その場限りであれば代用もよさそうですが、そうでなければ正規品の方がいいと思います。

番外編!花粉がたまりやすい場所はどこ?

花粉がたまりやすい箇所を覚えておけば、ある程度対策もしやすくなると思います。

ここでは、場所と、その対策法を合わせて紹介していきます!

花粉の相棒!カーペット

家の中で最も花粉がたまりやすいのはカーペットです。

カーペットは静電気が発生しやすいので花粉を吸収しやすく、また1度捕まった花粉は繊維に絡まって取れにくくなるので、花粉を逃がさないというわけです。

掃除機をかけるとある程度除去することができますが、静電気で掃除機本体にも花粉が付着するので、拭き取る必要があります。

意外とたまる!?トイレマット

意外と花粉がたまりやすいのが、トイレのマット

効果的な対策方法等は特にないので、定期的に洗うなどして対応しましょう!

取り出すのに一苦労!フローリングの溝

濡れたぞうきんやウェットタイプのシートなどで舞い上がらないようにして拭き取りましょう!

その後細かい花粉は掃除機で吸い取ることで対応できます!

引っかかりやすく取れにくい!畳の溝

畳は目に沿ってじっくり掃除機をかけましょう!

濡らすと花粉を吸収するだけでなく、カビにもなりやすくなるので、注意してください!

静電気が花粉を引き寄せる!家具周り

テレビや電気など静電気が起こりやすい家具の他、タンスなど、大きくて動かす機会が少ない家具も花粉はたまりやすくなります。

こちらもウェットシートなどで定期的に拭き取ることで対応できます!

おわりに

今回は、花粉から洗濯物を守るコツを紹介しました!

この時期になると多くの人の悩みの種となる花粉。
少しの工夫で大幅に花粉を抑えるととができるんです。

うまくコツを抑えて、つらい花粉の時期を乗り越えましょう!

関連記事

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

ポリエステル100%の洗濯方法!おしゃれ着洗いで簡単にキレイに♪

型崩れしないのが嬉しい、ポリエステルのお洋服。 ハリのある素材で、スカートなんかはふんわり広がるのが魅力ですよね。 シワになりにくく、ブラウスなどもアイロンがけせずに着られる!と言われていますが、実はきちんと洗濯しないと […]

毛玉取りは「切り取る」が正解!ニット・セーターを傷めない方法5つ

冬のおしゃれの必需品、ニットやセーター。しかし、この「ふわふわ、もこもこ系」の服の難点と言えば…そう、毛玉です! 着て、洗濯して、を繰り返しているうちに、いつの間にか毛玉が大量発生。表面に毛玉がついているだけで、見た目も […]

ワイシャツを家の洗濯機で洗濯してみよう!きっと毎日楽しくなるはず

ワイシャツのお洗濯は自宅派ですか?クリーニング派ですか? 我が家は毎週まとめてクリーニングに出すようにしていますが、聞いてみると意外に自宅でお洗濯しているご家庭も多いようです。 当然クリーニングに出してしまえば簡単ですが […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す