スーツを自宅で洗濯!洗濯機で洗う方法と注意点、お手入れ方法も解説

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2021年04月27日

スーツのお洗濯ってどうしてますか?

きっとクリーニングに出してるよって人がほとんどですよね。

でも実は、ポイントさえ覚えてしまえば、お家でもスーツを洗うことができちゃいます。

スーツを自宅で洗濯するなんて、怖くてできないよ…というあなたもこの記事を読めば、きっともう怖くなくなるはず!

ということで、今回はスーツのお洗濯の方法を紹介していきます。
手洗いの方法も、洗濯機を使って洗う方法も、しっかりマスターしちゃいましょう。

洗えるスーツと洗えないスーツ

自宅でもスーツは洗える!とは言いましたが、残念ながら、必ずしもなんでも洗える、という訳ではありません。

スーツをお洗濯する前に、必ずチェックしてほしいことが3つあります。

・洗濯表示
・色落ちしないかどうか
・ほつれたり、穴が空いていないか

これをちゃんとチェックしないで洗濯すると、スーツが傷んでしまうかもしれないので、忘れないでくださいね!

洗濯表示

洗濯表示を見てみると、持っているスーツが水洗いできるのかどうかがわかります。

洗濯機洗い可のマークや、手洗い可のマークがあれば、自宅でも洗うことができます。
水洗い不可のマークがある場合には、残念ですが自宅ではお洗濯できません。クリーニングに出すようにしましょう。

また、スーツの素材にも注目してみましょう。
もしシルクやカシミヤなどのデリケートな素材が使われていたら、クリーニングに出した方が良いです。
自宅で洗ってしまうと、傷んでしまうかもしれません。

実際に、2着のスーツの洗濯表示を確認してみました。

スーツ 洗濯表示

一番左のマークを見てください。
こちらのスーツは水洗いできないようですね。自宅でのお洗濯は諦めて、クリーニングに出しましょう。

スーツ 素材

もう一つのスーツには、上の段の一番左にネット使用でお洗濯可のマークがあります。
こちらは、自分でお洗濯できそうですね。
ちなみに、こちらのスーツには「ウォッシャブル」のタグがありました!

「そもそも洗濯表示の見方がわからない!」というあなたも大丈夫。
この記事を読んでみれば、たちまちあなたも洗濯表示に詳しくなることができますよ♪

色落ちしないかどうか

スーツを洗って、もし色落ちしてしまったらショックですよね。
そうならないように、洗う前に一度、色落ちしないかどうかテストしておきましょう。

これからその方法を紹介します!
もし色落ちしてしまうようだったら、クリーニングに出したほうが良いです。

用意するもの

・お洗濯に使用する洗剤
・ティッシュ

手順
1
ティッシュに洗剤の原液をつける

まずはティッシュに、使う予定の洗剤を少しだけつけます。

2
ティッシュをスーツの目立たないところに当てる

スーツの裏側など、目立たないところにティッシュを当てます。

3
5分間待つ

当てたまま、5分間待ちましょう。

4
色落ちしているか確認する

ティッシュにスーツの色が付いていなければOKです。安心してお洗濯できます。
ティッシュに色が移ってしまったら、スーツを自宅でお洗濯するのは諦めて、クリーニングに出しましょう。

ほつれたり、穴が空いていないか

ほつれてしまったり、穴が空いてしまったりしているのに自分で洗ってしまうと、余計にダメージの部分が広がってしまうかもしれません。
お家で丁寧に洗うにしても、限度があります。

そうなったら、せっかくのお気に入りスーツとも、さよならしなければいけなくなってしまいますよね…。

ほつれや穴あきがある場合にも、自宅ではなく、クリーニングに出しましょう

ウォッシャブルスーツって知ってる?

洗えるスーツ洗えないスーツがあるのは分かっていただけたと思います。

洗えるスーツの中でも、洗濯機で洗えるスーツをウォッシャブルスーツといいます。

自宅の洗濯機でスーツが洗えれば、クリーニング代が浮きますし、クリーニング店が閉まっている夜でも洗濯ができますので、非常に便利ですよね。

そんな便利でお得なスーツがウォッシャブルスーツなんです!

ウォッシャブルスーツって何?

ウォッシャブルスーツとは、ただ洗濯機で洗えるというだけではありません。

ウォッシャブルスーツは、通常のスーツに比べて型崩れや縮みなどがしにくいつくりとなっています。

通常よりも折り目ができることに対する耐久性が強く、シワになりにくい素材を使っている、いわゆるイージーケアの服なんです。 イージーケアの服には、アイロンの手間がいらないものも多いですよ。

ウォッシャブルスーツの種類やメーカーなどにより、使われている素材はばらばらです。

繊維自体が特別な加工を施しているウール100%のウォッシャブルスーツや、化学繊維をまぜたウォッシャブルスーツなどさまざまな仕様があります。

ウォッシャブルスーツの特徴・注意点

ウォッシャブルスーツの特徴は、主に3点です。

洗濯機で洗える

当然ですが、ウォッシャブルスーツの一番の特徴は洗濯機で洗えることです。自宅の洗濯機で素人でも洗えますし、シャワーなどで汚れを落とすことも可能です。

水洗いすると、汗や一部のシミ、ニオイやホコリをキレイに落とせる上に、さっぱりして気持ちがいいものですよね。

スーツは家では洗えないと思い込んでいる人も多いかもしれません。

でも、暑い季節でも着なければならず、汗をかきやすいものだからこそ、水洗いでスッキリとさせたいものです。

型崩れしにくい

ウォッシャブルスーツの特徴として、型崩れしにくいことが挙げられます。特に上着の型崩れがしにくいようにつくられています。

そのため、正しい洗い方をすれば、洗濯機で洗ってももともとの形をキープして着ることができるのです。

経済的

ウォッシャブルスーツは、通常のスーツに比べて経済的な点で特徴があります。通常のスーツは、クリーニング店で定期的に洗濯をしなければならないため、その都度クリーニング代がかかります。

しかし、ウォッシャブルスーツは自宅で洗濯できるため、クリーニング代の点で大変経済的なのです。

頻度は?注意点は?洗濯の前に知っておきたいこと

スーツを自宅で洗う前に、知っておきたいことをまとめたのでチェックしてくださいね。

上下一緒に洗って、どちらかだけ色落ちしていくのを防ぐ

スーツは上下揃いだからこそ、カッコいいもの。 それが、上と下とで色がちぐはぐになってしまったら、台無しです。

そんなことにならないよう、洗うときには上下ともに洗いましょう!

もし、ズボンだけを汚してしまった、という場合でもジャケットも洗ってくださいね。

一方だけ洗濯の回数が多くなると、やはり色や風合いの違いが出てきてしまうんです。

洗いすぎないように。頻度は年間2~3回

洗えるスーツだからと言って、洗いすぎは禁物。 ウォッシャブルスーツの場合、製造メーカーは年間2~3回程度の洗濯を想定しています。

その範囲内ならば、むしろ洗うことで汚れを落とし、傷みを避けられます。

でも、洗いすぎてしまうと生地自体を傷めてしまうんです。

なので、スーツのお洗濯はほどほどに!

色落ち・ほつれ・穴開きをチェック!

先にお伝えしたように、素材的には洗えるものだったとしても、「洗えない」スーツもあります。

それは、色落ちしてしまうもの、ほつれているもの、穴が開いているもの、です!

色落ちについては試してチェック、ほつれや穴開きは見落とさないようにスーツ全体をくまなくチェックしましょう。

スーツを手洗いで優しくきれいにする方法

いくら洗えるといっても、スーツはやっぱりデリケート。
洗濯機で洗うのは不安…!という方は、手洗いしましょう。

でもその前に、ポケットの中に何も入っていないことを確認するのを忘れずに
大事なものが入っていたら、大変なことになってしまいます。

用意するもの

・おしゃれ着用中性洗剤
・洗濯桶
・タオル

おすすめ 商品

商品画像
エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用 リフレッシュグリーンの香り 本体 500ml

おしゃれ着用中世洗剤と言ったらこれ、といってもいいほど多くの人に愛されている洗剤、エマール。お洋服にも優しい上に、リフレッシュグリーンの爽やかな香りで、とても使いやすい商品です。

クリーニング代を浮かすには、もってこいのアイテムですよ!

手順
1
スーツをたたむ
たたみます

型崩れしないように、ファスナーやボタンは全て閉めて状態でたたみます。

洗濯桶に入るぐらいに大きさにふわっとたたみます。小さくまとめすぎるとシワの原因にもなるので、2つ折りか3つ折りぐらいにしましょう。

このとき、きちんとキレイにたたむことが仕上がりを左右します! ぜひとも、極力丁寧にたたむことをおすすめします。

2
優しく押し洗いする
優しく押し洗いします

洗濯桶に水を溜め、洗濯洗剤を溶かします。洗剤はオシャレ器用の中性洗剤がおすすめです。

洗剤がしっかり水に溶けたら、スーツを入れて、「優しく」押し洗いをしましょう。

強く押してしまうと、生地が傷む原因にもなってしまうので、注意してくださいね。

洗剤は、スーツ専用のものもあるので、こだわり派の方は試してみてください♪

3
つけおきする
浸け置きします

何度か押し洗いをしたら、つけおきをします。形を軽く整えてから、10〜15分ほど放置しておきましょう。

時間が経ったらひっくり返してさらに10分ほど放置します。

4
すすぐ
すすぎします

つけおきが終わったらすすぎに入ります。綺麗な水で何度か押し洗いをするようにすすいでいきましょう。
この時にも、「優しく」を心がけてください。

すすぎまで終わったら、スーツの手洗いは完了です。
お疲れ様でした!

スーツを洗濯機で洗おう

手洗いはやっぱり面倒臭い、アイロンがけは頑張るから洗濯機でお洗濯したい!そんなあなたのために、洗濯機でスーツを洗う方法を紹介したいと思います。

洗濯機の場合も、ポケットの中はちゃんと確認するようにしてくださいね!

用意するもの

・おしゃれ着用中性洗剤
・洗濯ネット

手順
1
汚れやシミがあるところに洗剤をつける

まず、スーツに汚れやシミがないかどうか探してみてください。
見つけたら、そこに指などで、洗剤の原液をちょっと取って、なじませておきましょう。こうすると、汚れが落ちやすくなります。

2
スーツをたたむ

手洗いの時と同じように、スーツは丁寧にたたんでから洗濯機に入れます。
パンツとスカートは三つ折り、ジャケットは半分に二つ折りにしましょう。

また、ジャケットのボタンははずしておいてください。
反対に、パンツの金具やボタン、ファスナーは閉めておきましょう。

手洗いのときと同じく、このたたみはキモです!丁寧にたたんでくださいね。

3
スーツを洗濯ネットに入れる
三つ折りにしてネットに入れる

スーツを洗濯機で洗うときは、必ず洗濯ネットに入れます。
たたみ方は、手洗いの時と同様、ボタンやファスナーを閉めて、2つ折りか3つ折りです。洗濯ネットの大きさに合わせてふわっとたたみましょう。

洗濯ネットがあまりにも大きすぎて、隙間が空いてしまっていると、スーツが中で動いてしまって、シワができやすくなってしまうので、注意してくださいね!

おすすめ 商品

商品画像
2nDLove 洗濯ネット ランドリーネット 洗濯袋 洗濯袋セット

こちらのネットは、4枚組のセットになっていて、それぞれ大きさの違う物が入っています。これを一つ手に入れれば、スーツにぴったりのサイズのものも手に入る上に、他の洗濯物にも使うことができるので、重宝するはず。

4
洗濯機をやさしく洗えるコースで回す
コース選択する

おしゃれ着用の中性洗剤を用いて、洗濯機で洗っていきます。「手洗いコース」「ドライコース」など、素材に負担がかからないように、やさしく洗えるコースを選んでください。

このようなコースにすると、洗濯機があまり回転しないので、服と服がこすれてしまう可能性が減って、痛みにくくなります。
さらにシワもつきにくくなるのです。

5
洗剤を溶かしてからスーツを入れる

洗剤は水に溶かしてから入れる、もしくは、洗濯機に水が入ってから、洗剤を入れます。
溶けていないと、洗剤が偏ってしまって、もしかしたら色落ちする場所も、偏ってしまうかもしれないのです。

6
洗濯スタート

あとは回すだけ!

注意
脱水は洗濯機ではなるべくしないようにしましょう。傷んでしまいます。

とはいえ、脱水しなかったら、水がボトボト落ちてきてしまいますよね。
代わりに、タオルドライで水分を抜くようにしてください!

それか、タオルドライが面倒でどうしても洗濯機で脱水したい、という場合には、30秒以内に設定して脱水するようにしましょう。

洗い方をもっと詳しく知りたい!という方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

スーツの正しい干しかた

スーツをキレイに洗ったら、次は干しましょう♪

スーツの干し方

スーツを干す時には、ちょっとしたコツがあります。

洗濯機が止まったらすぐ、ハンガーにかけるのがベストです。

なるべくシワにならないように、手で伸ばしたり叩いたりしながら、干していきましょう。
風通しのよいところで陰干しをするようにしてくださいね!

ジャケット

ジャケットは太めのハンガーにかけて干します。
乾きにくい肩の部分には、乾いたタオルを入れておくと早く乾きます。

ズボン・スカート

ズボンやスカートは、ピンチハンガーを使って筒状に干しましょう。
ズボンのポケットなどがある場合には、裏返してから干すと乾きやすくなりますよ。

スーツがある程度乾いたら、アイロンをかけていきます。

半乾きの状態でアイロンをかけた方が、シワが伸ばしやすいですよ。

スーツを干すときの注意点

干すときの注意点やコツを心得れば、キレイな仕上がりが手に入ります♪

強く絞らない!

スーツを洗濯したあと、乾燥するときに、強く手で絞らないように気をつけてください。

強く絞るとシワが伸びにくくなってしまいます。

乾燥機を使わない!

自宅でもコインランドリーでも乾燥機を使うのはやめてください。

ウォッシャブルスーツにシワや収縮が起きる原因となってしまうからです。

直射日光をあてない!

ウォッシャブルスーツを干すときには、手で軽くたたいてしわなどを伸ばした上で、日陰干しをしてください。

直射日光は生地の傷みや色あせにつながってしまいますよ!

以上、3点に気を付けて干してくださいね。

スーツにアイロンをかける方法

自分でお洗濯したスーツはどうしてもシワがつきがち。
シワだらけのまま来ていてはだらしがない印象になってしまうので、しっかりアイロンがけをしましょう。

アイロンをかける時には、アイロン台を使わずに、ハンガーに吊るしてシワを伸ばすようにします。
スーツのアイロンがけでは、水分が大事になってくるので、スチームを使うようにしてください。

もし吊るしながらアイロンをかけたのに、まだ細かいシワが残っている!という場合には、最後に手で生地を引っ張って、シワを伸ばしていくといいですよ♪

では、アイロンがけのポイントをいくつか紹介しますね。

・洗濯表示でアイロンの温度を確認
当て布を忘れずに
ジャケットは、部分ごとに丁寧に(袖にはタオルなどを入れておくと、アイロンがけしやすいです。)
スラックスはセンターラインをつける

スーツのアイロンがけの仕方をもっとちゃんと知りたい方は、この記事を参考にしてみましょう!
きっともっときれいにアイロンがけができるようになります。

スーツのお手入れ方法を確認しよう

自宅でスーツのお洗濯ができるようになったら、なんだか無敵な気分。
わかります。でも、お洗濯も結構面倒臭いですから、普段のお手入れをしっかりすることが大切なのです。

今回は3つのポイントを紹介します。

・ブラッシングをする
・1日休ませる
・スチームアイロンをかける

ブラッシングをする

スーツを着た後は、ハンガーにかけてブラッシングをしましょう。
ハンガーは、幅が3〜5センチある太めのハンガーがおすすめです。

ハンガーにかけるときは、ポケットのものは全て出しておきましょう。

スーツのブラッシングをすると、繊維の奥まで入り込んでいた汚れも取り除くことができます。ちょっと面倒ではありますが、毎日続けるとスーツが長持ちすること間違いなしです。

服に穴を開ける虫たちのエサになる汚れも、払い落とせますよ。

おすすめ 商品

商品画像
Scheam 洋服ブラシ 木製 天然馬毛 静電気除去 ほこり 花粉除去 スーツ 掃除 長型 おしゃれ ひも付

天然馬毛の洋服ブラシです。柔らかくコシがあって、スーツについたほこりをしっかり落とすことができます。さらに、静電気の除去や、毛玉を防止する効果もあるのでぜひ活用してみてくださいね。

1日休ませる

スーツは毎日同じものを繰り返して着ない方が良いのです。
1回着たら1日は休ませるようにしましょう。ブラッシングも忘れずに♪

この工夫だけで、スーツが長持ちするようになりますよ。

また、休ませる時には風通しの良いところに干すようにしましょう!

スチームアイロンをかける

スーツを着ていると、いつのまにか細かいシワがついてしまったり、臭いがついてしまったりってこと、ありますよね?
そんなときはスチームアイロンをかけましょう。

ハンガーにかけた状態で、スチームをかけるだけでOK。細かいシワは、手で伸ばすようにすると良いですよ♪

自宅で洗えない場合は、クリーニングに出す!

デリケートな素材を使っていたり、色落ちしてしまったりする場合には、クリーニングに出すしかありません。
ドライクリーニングをしてもらえば、安心してきれいにすることができます。

自分で洗うのが面倒な人も、クリーニングなら楽ちんですよね!

だいたい1〜3日くらいで受け取ることができます

クリーニングに出す前にも必ず洗濯表示を確認しましょう。
あと、ついてしまっている汚れがある場合には、その状態も確認してからクリーニング屋さんに持っていくと良いです。

また、普通のクリーニングだと、クリーニング屋さんに自分で持って行きますよね。
でももっと楽したい!という方にぴったりなのがあります。

それが宅配クリーニング

なんと自宅までクリーニング屋さんがスーツを取りに来てくれて、クリーニングが終わった後も届けてくれます。
とっても便利ですよね。

スーツのクリーニングについてもっと詳しく知りたい!という人は、こちらの記事をどうぞ。

まとめ

いかがでしたか?

持っているのが洗えるスーツだったら、これでお金をかけずに常にきれいを保つことができますね!

まずは持っているスーツが洗えるものかどうか確認してみましょう。
デリケートな素材が使われていたら、クリーニングに出すようにしてくださいね。

クリーニングに頻繁に出すのは、経済的にあまりよくないですが、自宅でお洗濯できるならラッキー♪

忙しくて、自分で洗うのもクリーニングに持っていくのも難しければ、宅配クリーニングという手もありますよ。

自分にぴったりの方法でスーツをきれいに保って、ピシッと毎日きめていきましょう。

宅配クリーニングのプロのサービスを探す