エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

エアコンクリーニングは、自分でやるのとプロに頼むの、どう違うの?その答えを探るべく、プロの業者さんに単身勝負を挑みました。お掃除ビギナーの勢いとプロの技術力、勝つのは一体どっち……?

wassun

2017年11月08日

 

夏と冬に大活躍するエアコン。

使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。

最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。

その一方で、エアコンクリーニングという、プロがお家に来て、エアコンのお掃除をしてくれるサービスも人気のようです。

自分で掃除できるのに、わざわざプロに頼む。
その理由、知りたくありません?

エアコンクリーニングにかかる費用も考えると、単に掃除が面倒だから、なんて理由だけではないように思えます。

やはり、プロの掃除は、素人が市販のクリーナーを使って掃除するのとでは、大きな違いがあるのでしょうか?

今回は、誰もが一度は考えるそんな疑問の答えを、ふつうの大学生が体当たりで検証してきました。

プロとエアコン掃除で対決してみた

初めまして、和田と申します。
ユアマイスターでインターンとして働く大学生です。

ユアマイスターとは
RELIVERS」と「あなたのマイスター」を運営している会社。
大切なものが、もっと大切にされる社会になることを目指している。

ひとり暮らしの部屋を掃除するのは週1回。
エアコンの掃除は年に1回、フィルターの掃除のみ。
掃除に関して「The 量産型 男子大学生」だと自負しています。

プロとのお掃除対決の趣旨

今回、僕は「プロとのエアコン掃除対決」に挑戦しました。

対決の方法は、いたってシンプル。

対決の流れ
1. 僕がエアコンを掃除する
2. プロがエアコンを掃除する

プロがエアコンを掃除したときに、汚れが出てこなければ、僕の勝ちです。

こんな対決を、快く引き受けてくれたプロは「ASATO株式会社」のASATOさん。
業界歴25年のベテランです。

僕、自分でエアコンのお掃除をやってみたあと、正直、自信があったんです。
勝ったな、って。

でも、甘かった……。

ASATOさんがお掃除を終えたあと、僕には、圧倒的敗北感しかありませんでした。
その理由は2つ。

お掃除の「クオリティー」と「スピード」。

どこがどう違ったのか。
このあと、僕とプロとの違いをくわしくお伝えします。

違い1:圧倒的クオリティー

僕が完敗だと感じた理由の1つ目は、プロの「圧倒的クオリティー」です。

その差は特に、ファンのお掃除をしたときに明らかでした。

ファンとは
回転して風を起こすパーツ。エアコンの内部にある。

ファンはエアコンの最も奥にあるので、カビの温床になりがち。
エアコン掃除の肝なのです。

ファンのお掃除に使った道具は、

・僕:エアコンクリーナーと霧吹き
・ASATOさん:プロの洗剤と高圧洗浄機

です。

エアコンクリーナーと霧吹きの実力

僕がファンのお掃除に使ったのは、「くうきれい」。

自分でエアコンのお掃除する業界では、おなじみのエアコンクリーナーです。
もちろん、RELIVERSの記事でもくうきれいを使ったファンのお掃除の方法は紹介しています。

お掃除する前のファンの状態が、これ。
ファンの羽の部分に汚れがびっしりとついていることがわかりますね。

先に、カバー・ルーバー・フィルターを取り外したあと、フィンのお掃除をしました。
ここから、くうきれいでファンのお掃除していきます。

1. くうきれいについてくるビニール袋で養生
とっても簡単でした。

2. ムース缶をスプレーすると、泡でモコモコに
これも簡単。
ハロウィンのおばけのようで、愛嬌さえあります。

3. リンス缶で泡を洗い流す
実は、リンス缶だけでは流しきれないという情報が!
そこで、ペットボトルに水を入れて、吹き出し口に近い部分の泡は、先に洗い流しておきました。

リンス缶は、残量に気を付けながら、まんべんなくスプレーするだけ。
これも簡単。

4. 霧吹きで仕上げ
ここからが、かなりの手間でした……。

リンス缶を使い切ったあとでも、この状態……。

そこで急遽、霧吹きも投入。
歯ブラシでゴシゴシしながら、洗い流していきます。

ぞうきんも駆使して汚れを拭き取って、完了。

そして、お掃除した後のファン。
まだ乾ききっていませんが、初めについていた白や灰色っぽい汚れはすっかり落とせました。

自分で落とした汚れたちです。

これだけ落ちたら、そりゃあ、ちょっと勝ったなって思っちゃいますよね。

次の日、まったく汚れが出なくて、企画がお蔵入りになったらどうしよう……。
なんて心配していたぐらいです。

プロの洗剤と高圧洗浄機の実力

エアコンは、部屋の中に風を送っているので、洗剤の安全面は気になるところ。

ASATOさんが使っていた洗剤は、エアコン専用の洗剤。
時間が経つと気化して無害になるので、赤ちゃんやペットのいるお家でも安心です。

ASATOさんがお掃除する前のエアコンの状態が、これ。

右下に注目!
なんと、前日にしっかり洗い流したと思っていた洗浄剤の泡が!

内部まできちんと乾いていなかったことにも、驚きを隠せません……。

この時点で、早くも、僕の勝利への自信は揺らぎ始めました。

そして、僕の敗北の瞬間を捉えた映像をご覧ください。

黒く濁った水が、どんどん流れてきます。

最終的には、こんなにも黒い物体が!!!!

これだけの汚れが、一体どこに潜んでいたのか。
衝撃です……。

ASATOさんがお掃除したあとのファン。
ちなみに、ところどころ色が違っている部分は、塗装の色落ちなので汚れではありません。

汚れはすっかりきれいに落ちています。

完全なる敗北です……。

違い2:圧倒的スピード

僕が完敗だと感じた理由の2つ目は、プロの「圧倒的スピード」です。

ここで、エアコンのお掃除の方法を簡単におさらいしましょう。

エアコンのお掃除の流れ
1. 養生
2. 分解
3. 洗浄
4. 組立

大まかに分けると、この4ステップ。

僕の実力

丁寧に養生しすぎて、10分以上かかったり。

外し方がわからなくて、手間取ったり。

根気よくゴシゴシしたり。

ルーバーがなかなかはまらなくて、戸惑ったり。

僕もけっこう健闘したほうだと思うんですよね。

結果、かかった時間は2時間15分44秒51!!!
健闘したものの思った以上の長期戦でした……。

そして、戦利品(落とした汚れ)を手に、勝利への自信に満ちあふれた、僕のこの笑顔!
浮かれてますね。

ASATOさんの実力

ずばり、プロがお掃除するのにかかった時間は、1時間15分
僕より、1時間も短い!

今回はくわしく説明をしながらの作業で、この記録。
なんと、普段は「よろしくお願いします」から「ありがとうございました」まで45分!!!

分解から組立まで、本当に速かったです。
自分でもお掃除をやってみたからこそ感じるすごさがありました。

僕が手間取ったパーツの分解も、ASATOさんは1つあたり1秒フラット

え!?そこも外せたの!!!!!?
と、ここまで分解しても、速い

これが分解の最終形態。
エアコンがここまで分解できるなんて、思ってもみませんでした……。

養生は、シャンプーハットのような、専用のカバーをかけるだけ

エアコンの内部も取り外したパーツも、まとめて丸ごと洗っていくので、速い速い!

僕が霧吹きで、せっせと洗い流していたのとは、比べ物になりません……。

サクッと組み立てを終えたASATOさん。
最後に取り出したのは、スウェーデン製の何やらおしゃれな容器

これは、カビの発生を抑えるスプレー
エアコンの内部だけでなく、周辺の壁紙にもシュシュシュ。

部屋の中にただよう、さわやかな香り。
仕上げもカンペキ。

完全なる敗北です……。

プロとの対決をふり返って

今回、勇んで「プロとのエアコン掃除対決」に挑んだ僕でしたが……。
お伝えした通り、プロとの圧倒的な差を思い知らされました

もう一度各工程を見直してみたいと思います。

ううーんこうして並べてみるとボロ負けですね…。
「中身が全て見えるくらいに分解」「高圧洗浄機&特製の洗剤」「浴槽を使ったパーツ洗浄」はまさしく「プロにしかできない部分」だったと思います。

手際の良さ、エアコンへの知識、持っている道具、それを使いこなす技術力。
それぞれの工程どこを取ってもプロが格段に上回っています。

自分でもプロ並みにきれいにお掃除できたのは、フィルターくらいでした……。

そして、対決を終えた僕がたどり着いた、エアコン掃除の極意

夏や冬など、エアコンをよく使う時期には、定期的に自分で掃除する。
エアコンを使い始める時期や、使わなくなった時期には、プロに依頼する。

手際は悪く、プロに完全敗北でしたが、自分で掃除することが決して効果がないわけではないのです。
特によく使う季節は汚れが溜まりがち。頻繁にプロにお願いするのも大変ですし、自分でも軽く掃除ができるとベストです!
今回は2時間もかかってしまいましたが、これから練習すればきっとどんどん時間も短くなるはず!

エアコンクリーニングのプロを探す

自分でやるエアコンの掃除方法をおさらい

ここで、簡単に自分でエアコンのお掃除をするときの手順を確認しておきましょう。

まずは、養生。エアコン周りを汚さないために、絶対に必要な作業です。
養生をしないと、エアコンから出た埃やカビで、周りが汚れてしまいます!

養生は、洗浄スプレーの付属シートを使うと簡単ですが、ゴミ袋でもできます。
エアコン周りをビニールで囲ったら、汚水を貯めるためのバケツも用意しましょう。

そして、フィンのお掃除に入ります。

1. カバーを外し、エアコンのフィルターを外す

2. 掃除機と歯ブラシでフィンについた汚れをとる

3. フィンに洗浄スプレーを吹きかける

 

フィンのお掃除のあとは、ファンのお掃除に移ります。

4. 吹き出し口から、エアコン内部のファンに向かって洗浄スプレーをする

5. ファンを5、6回まわし、洗浄液を全体に行き渡らせる

6. 20〜30分待つ

7. 専用のスプレーまたは水を使って洗剤を流す

8. 5分ほど待ち、電源をつける

9. 吹き出し口にタオルを被せ、送風運転にする

10. カバーやフィルター等を元に戻す

さらっと自分でエアコン掃除をする場合の手順を振り返って見ました。
詳しい手順をみながらお掃除したい!という方は、写真付きで解説しているこちらの記事を参考にしてくださいね♪

 

実は、取り外したフィルターも簡単にお掃除できてしまうんです!

方法としては2つ。
・掃除機とシャワーを使う
・専用スプレーを使う

1ヶ月に1度くらいの頻度できれいにすべき、と言われているエアコンのフィルター。
何度もやるのなら、掃除機やシャワーを使ったほうが、スプレーを買う手間もお金もかからないため、楽かもしれませんね♪

フィルター掃除をする際には、見える範囲は拭いて、ホコリを取り除くようにしておきましょう。
後々、掃除が楽になりますよ!

エアコンフィルターの詳しい掃除方法が知りたい方は、こちらの記事を読んでみてくださいね!

エアコンクリーナー使用の注意点

今回の勝負の明暗を分けたエアコンクリーナーの泡の残り。実はこれが本当に要注意なんです。

洗浄剤の洗い残しはカビの原因になってしまうため、そもそも洗浄スプレーの使用を推奨していないプロもいるほど。
スプレーを使う場合は水がもったいないとか部屋が濡れるとか、そういう心配もわかりますが一旦置いておいて、しっかり水をかけたり拭いたりして洗い流しましょう。
洗い流した後は30分〜1時間ほど送風運転で乾燥させてください。
せっかく綺麗にしようとしているのにそれが新たな汚れの元になってしまっては本末転倒ですよね。

洗い残しが怖い場合はアルカリ電解水のスプレーを使うのもオススメです。くっつく泡がないので洗浄力は若干劣りますが、その分成分が基本的に水なので送風運転などで乾いてくれればカビの原因にもなりません。

また、このスプレーが効果的なのは普段からしっかりお手入れをされていてこそなのです。
掃除をされていない期間が2年以上など長い場合はまずはプロにお願いすることを強くオススメします。

エアコンクリーナーは、普段からお手入れをしていてその綺麗な状態を保つためにやるもの。使うときはしっかり残りの泡を落とす、というところはしっかり意識しておいていただければと思います。それを守っておければエアコンクリーナーはお掃除の強い味方でいてくれますよ!

まとめ

それにしてもプロによるエアコンクリーニング、人生で1回は絶対に体験したほうがいいです。

正直、僕も対決するまでは「別に頼まなくてもいいんじゃないかな」と思っていました。
しかし、実際にプロのお仕事を目の当たりにしてみると変わります。

「また頼もう」と思うこと間違いなしですよ!

今回、エアコンクリーニングをしてくださったのは、ASATO株式会社のASATOさんでした。
ありがとうございました!

みなさんもぜび、「あなたのマイスター」でプロのお仕事を体感してみてください!

あなたのマイスター」では、全国のハウスクリーニングのプロをご紹介しています。
あなたのご希望に合った業者さんにきっと出会えるはずですよ。

エアコンクリーニングのプロを探す

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 1時間 で解決します
わっ、エアコンの風がくさい!気になるにおいを今すぐ何とかしたい…!
忙しくてなかなか時間が取れない、汚れがひどくて自分の手には負えないという方は、プロに頼むという方法もあります。『あなたのマイスター』なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。においの原因のホコリやカビを徹底的にきれいにしてみませんか?

関連記事

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

重曹でお掃除!3つの使い方で家中どこでもキレイ【写真付き完全版】

最近、すっかり身近になった重曹。 普段からいろいろなお掃除に使っている、という方も増えていますね! しかし、重曹も使い方には注意が必要です。 変色や傷に悩むことになったり、お掃除しても臭いが消えなかったり……。 やみくも […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ガスコンロのお掃除の方法を徹底解説!4つのパーツを丸ごと綺麗に!

あなたは、キッチンの中でどの部分の油汚れが最も気になりますか?。 編集部で20代~60代の女性100人に質問したところ、なんと45%もの方が「ガスコンロ」が気になるそう。 簡単なお掃除はしていても、狭いところや隙間に汚れ […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

重曹でお掃除!3つの使い方で家中どこでもキレイ【写真付き完全版】

最近、すっかり身近になった重曹。 普段からいろいろなお掃除に使っている、という方も増えていますね! しかし、重曹も使い方には注意が必要です。 変色や傷に悩むことになったり、お掃除しても臭いが消えなかったり……。 やみくも […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

ガスコンロのお掃除の方法を徹底解説!4つのパーツを丸ごと綺麗に!

あなたは、キッチンの中でどの部分の油汚れが最も気になりますか?。 編集部で20代~60代の女性100人に質問したところ、なんと45%もの方が「ガスコンロ」が気になるそう。 簡単なお掃除はしていても、狭いところや隙間に汚れ […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?

スーツをクリーニングにだすと、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか? 1度でもクリーニングにだしたことがある人なら、だいたいの予想はつきますね。 でも、最初の1回目とか、初めていくクリーニング屋さんとか、ちょっと不安 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

指輪修理の職人技|サイズ直し・傷の補修|実例を写真付きで徹底解説

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

おすすめ特集

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 1時間 で解決します
わっ、エアコンの風がくさい!気になるにおいを今すぐ何とかしたい…!
忙しくてなかなか時間が取れない、汚れがひどくて自分の手には負えないという方は、プロに頼むという方法もあります。『あなたのマイスター』なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。においの原因のホコリやカビを徹底的にきれいにしてみませんか?

お住まいの地域から選ぶ