エアコンクリーナーは危険!内部のお掃除はプロに依頼して安心きれい

As

更新日:2021年03月26日

 
季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい!

…なんて経験はありませんか?

しばらく放置していたエアコンは、表面のホコリだけでなく内部にもカビ汚れが…!

そんな時、自力でエアコン掃除ができたら、お金がかからないので嬉しいですよね。

そこで活躍するのが「エアコンクリーナー」

さまざまな商品がありますが、クリーニング業者さんに頼まずに自力でエアコン内部をお掃除できるアイテムです。

「なんて便利なんだ!今すぐ買ってこなきゃ!」
…なんて走り出す前に、ちょっと待ってください!

「エアコンクリーナーを使ったお掃除は危険だ」って聞いたことはありませんか?

ネットで検索しても、注意を促す記事はたくさんあります。

そう、このエアコンクリーナー、実はクセモノ。

エアコンを故障させてしまう恐れもあるので、使う時には気をつけなくてはなりません。

そこで今回は、そんなエアコンクリーナーについてしっかりと解説していきます!

注意
本記事では、エアコン内部の洗浄方法について紹介しています。
ただし、誤った方法で洗浄すると火災事故が発生する恐れがあるので、正しい知識を持った業者に依頼することを推奨します。
ご自分でエアコン内部を掃除する場合は、次の2点に十分注意して作業してください。
・エアコン内部の洗浄を行う際は、絶対に電気部品に洗浄液がかからないように注意してください。
・発火、破損のおそれがあるため、消毒用アルコールなどの可燃性の溶液や次亜塩素酸ナトリウムなど腐食性のある溶液で掃除しないでください。

エアコンクリーナーとは?4種類ある!

エアコンクリーナーというのは、その名の通り、エアコンをキレイにするために使えるアイテムのこと。

お掃除できるエアコン内部の部品によって、大まかに4つの種類に分けられます。
上の画像と同じ順番で紹介すると、こんな感じ。

(1) フィンクリーナー
(2) ファンクリーナー
(3) フィルタークリーナー

(4) ドレンホースクリーナー

それぞれ解説していきますね♪

フィンクリーナー

おすすめ 商品

商品画像
らくハピ アースエアコン洗浄スプレー 防カビプラス 無香性

フィンクリーナーは、「フィン」と呼ばれるエアコン内部の部品をキレイにすることができるアイテムです。

フィンとは…
空気の温度を変える役割を果たす部品。
フィルターを外すと見える、薄い金属がずらっと並んでいる部分のこと。

エアコンを使っていると、どうしてもこのフィンに結露が発生してしまいます。
そのためカビが生えやすく、お掃除をしてキレイに保つことが大切なんです!

エアコンクリーナーとして販売されているものの多くが、このフィンをお掃除するフィンクリーナー。

防カビや防臭効果のついているものもあるので、用途に合わせて選ぶといいですね。

フィンのお掃除については、こちらの記事で詳しく解説しています!

ファンクリーナー

おすすめ 商品

商品画像
くうきれい エアコンファン洗浄剤

さきほど紹介したのは「フィン」クリーナーですが、今度は「ファン」クリーナー。

名前は似ていますが、お掃除する箇所は全然違います。

ファンとは…
風を起こす役割を果たす。
横長の筒のような部品で、吹き出し口からよく中を覗くと見える。
これが回転することでエアコンから風が出る。

このファンの表面についた汚れを浮かせ、落としてくれる働きをするのがファンクリーナー。

エアコンのクリーナーはフンをお掃除するものが主流なので、フンクリーナーは商品展開が少なめです。

ファンはエアコンの内部の奥まったところについているため、選ぶなら洗浄液を届かせやすいノズル付きのタイプを選ぶのがオススメですよ。

ファンの掃除について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

フィルタークリーナー

おすすめ 商品

商品画像
アミライト フィルター洗浄スプレー 除菌 花粉・カビ除去 180ml

フィルターといえばエアコンのお掃除の定番。掃除機でお掃除してるよ、という方もいるかもしれません。

フィルターとは…
空気中のホコリを取る役割を果たす部品。
エアコンのフタを開けた時に最初に見える、網状の部品のこと。

フィルタークリーナーは、このフィルターの上につくカビや花粉を落とし、キレイにしてくれるアイテムです。

防カビや除菌もしてくれるタイプの商品を選ぶのがオススメですよ♪

エアコンのフィルター掃除の方法を詳しく解説した記事がこちら。

分かりやすく画像付きで手順が見られるので、フィルターをお掃除する時はぜひ参考にしてみてください。

ドレンホースクリーナー

おすすめ 商品

商品画像
エアコン用 ドレンつまり取りポンプ

おすすめ 商品

商品画像
SANEI ドレンホースクリーナー エアコンホース用

ドレンホースクリーナーは、エアコン内部の「ドレンパン」という管を通じてエアコンの外側につながる「ドレンホース」をお掃除するためのクリーナーです。

ドレンホースとは…
エアコン内部の水分を外に排出する役割を果たす部品。

簡単に言うと、エアコンについた排水管のこと。エアコンから出る排水が、ドレンパンを通じてドレンホースの方に流れていきます。

でも、ドレンホースが詰まってしまうと、行き場を失った水がエアコンから漏れる水漏れの原因に!

ドレンホースクリーナーは、このドレンホースの詰まりを解消するのに使えるアイテムです。

急な水漏れに困った時の救世主ということですね。

ドレンをきれいに保つために、ドレンキャップをつけるのもおすすめです。

おすすめ 商品

商品画像
因幡電工 防虫ドレンキャップ 2個入 DC-1416

ドレンホースクリーナーと一緒に、ぜひ使ってみてください!

もし、ドレンホースが詰まってしまった場合は、こちらの記事をチェックしてみてください!

エアコンクリーナーは危険?プロにお任せが吉

エアコンクリーナーには、お掃除したい場所別に4種類あることがわかりましたね。

これで自分で簡単にお掃除できる!と思ったあなた、実は大きな落とし穴があるんです。

エアコンクリーナーの欠点として、

・火災や故障の危険
・費用に対する効果が望めない

以上2つが挙げられます。

それぞれを見ていきましょう。

火災・故障の危険性あり

エアコンクリーナーの中には使用に危険が伴うものがあります。

それは、フィンクリーナーやファンクリーナーといったエアコン内部を掃除するためのクリーナー。

フィンやファンをお掃除するためのクリーナーの危険性について、お掃除のプロたちは次のように指摘しているんです。

トータルクリーンサービスさん(大阪府)

洗浄スプレーは危険です。
お客様が自分でエアコンクリーニングをする場合、スプレーをかけてはいけない部分にかけてしまい、火災に繋がる危険もあります。

おそうじ坊主さん(埼玉県)

市販のスプレーでは、表面部分の汚れしか除去できません
業者の行う高圧洗浄クリーニングは、高水圧により市販のスプレーでは届かない裏側まで水を通す事ができますので、洗浄力は違います。

エーティークリーンさん(大阪府)

スプレーは、かけたあと洗い流さないので、ホコリなどがそのまま残り、目詰まりを起こして、かえって悪くなります。
また、流れなかった泡がサビの原因になる可能性もあります。

エアコンクリーニングのプロの回答をまとめると、エアコンクリーナーを使用するデメリットは4つ。

・残ったホコリや汚れが目詰まりの原因になる
・全ての汚れを除去できない
・サビができる可能性がある
・誤った使い方で火災につながる

エアコン内部の奥まった部分をお掃除する、フィンやファン用のエアコンクリーナーは要注意なのですね……。

費用に対する効果が望めない

エアコン内部を掃除するには専用クリーナーが必要なので、自分でお掃除するから費用はゼロ!とはいかないですよね。

そもそも、エアコンクリーナーを一式揃えるとどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

実際に調べて見た結果がこちら。

・ファンクリーナー(養生セット付き)
くうきれい エアコンファン洗浄剤:2,360円

・フィンクリーナー
らくハピ エアコン洗浄スプレー:585円

・ドレンホースクリーナー
イチネンドレンホース用サクションポンプ:2,300円

・フィルタークリーナー
アミライト フィルター洗浄スプレー:920円


4種類のクリーナーを揃えると、それだけで総額6,165円に!

意外と費用がかかりますよね…

ちなみに、エアコンクリーニングのプロならだいたい8,000円〜依頼可能で、時期によっては5,000円台の場合もあります!

そう考えると、プロのエアコンクリーニングがなかなかお得に感じてくるかもしれません!

プロにお任せするのが吉

エアコンクリーナーは火災や故障の危険性を伴うだけでなく、揃えるだけでそれなりの費用がかかることが分かりましたね。

そこで、フィンやファンといったエアコン内部のパーツのお掃除はプロにお任せするのをおすすめします。

エアコン掃除のプロなら、専用の道具を駆使しつつ故障の危険を最小限に抑えて作業してくれますよ!

この通り、プロの技術なら汚れたエアコンがピカピカに!

ユアマイスター 」なら、お住いの地域のお掃除のプロを簡単に検索・比較できちゃますよ!口コミ総数9000件を突破しているので安心です!

プロのエアコン掃除の詳細はこちら!

エアコンクリーニングをもっと詳しく

エアコンクリーニングを実際に頼んだ様子はこちらから!動画付きで解説していますよ♪

なお、フィルタークリーナードレンホースクリーナーは自分で使っても問題ありません。ぜひ有効活用してみましょう!

エアコンクリーナーを使うなら!はじめにしておく4つの準備

ここまで、エアコンクリーナーを使って自分でお掃除するデメリットを解説しました。

ただ、それでも自分でやってみたい!という方のために、エアコンクリーナーを使ったお掃除方法を紹介しますね!

くれぐれも事故がないように注意して、自己責任で作業してください!

エアコンのお掃除でも準備が大切。まずは、安全のため・汚れを周りに広げないために大切な4つの作業を紹介します。

窓を開ける

種類にもよりますが、スプレーになっているエアコンクリーナーはニオイがきついことが多いです。

作業中は窓を開けて、しっかり換気をしておきましょう。

エアコンの下にビニールシートを敷く

エアコンクリーナーでの洗浄中は、クリーナーの液体がエアコンから頻繁に垂れてきます。

お部屋が汚れないように、ビニールシートを敷いて養生しておきましょう。

養生とは…
お掃除する場所の周りが汚れないように、保護すること。

45Lゴミ袋をハサミで切って広げたものを何枚か貼り合わせると簡単です♪

脚立を用意

エアコンは高い位置にあるので、踏み台が必要です。そんな時は脚立が一番安定します。

脚立がないという場合は、椅子や机などで代用しましょう。

ぐらついてしまわないよう注意してくださいね!

エアコンの電源を切る・プラグを抜く

お掃除中にエアコンが誤作動で動いてしまうと、感電や漏電の恐れがあります。

必ず電源を切ってから、お掃除を始めましょう!

「フィンクリーナー」でお掃除する方法

まずは、フィンをお掃除するフィンクリーナーの使い方から解説します。

用意するもの
・ゴム手袋(着用して作業)
・掃除機
・つまようじ、綿棒、歯ブラシ
・フィンクリーナー
手順
1
カバーを外し、エアコンのフィルターを外す

まずは、エアコンのカバーを外しましょう。

パカッと90°ほど開けてから、取り外します。両手でしっかり持って、右・左と順番に外してください!

機種によって外し方が違うので、取扱説明書も確認してくださいね。

カバーを外せたら、内部を覆っている網状のフィルターを外しましょう。

2
フィンのホコリを取る

フィルターを外すと奥に見えるフィンを、掃除機でキレイにします。
フィンは繊細な部品なので、慎重にお掃除してくださいね。

POINT
小さなブラシを頭につけるとGood!

写真のように、掃除機の先に小さなブラシをつけましょう。硬い部分が当たらないように注意してください。

掃除機は重いので、持ち上げる時は注意。
無理せずに、お掃除を進めましょう!

掃除機で取りきれなかったホコリは、つまようじ綿棒歯ブラシなどを使ってキレイしていきます。

今回は歯ブラシを使ってみました。

なでるようにして、フィンの隙間に歯ブラシの毛が入るように優しくお掃除するのがコツです。

3
フィンクリーナーを使って洗浄する

いよいよ、フィンクリーナーを使っていきます。
商品に書いてある使い方をよく読んでから始めてください。

基本的には、フィンにクリーナーをシュッとかけるだけ!
上下に動かしながら、全体に吹き付けていきます。

大体5cmぐらいの距離からスプレーしましょう。あまり遠くから吹き付けると、洗剤が奥まで届きません。

注意
必ず1本使い切る!

洗剤や汚れは、ドレンホースを通って外に排出されますが…。

スプレーした洗剤の量が少ないと、ドレンホースの途中で汚れが詰まってしまいます。

ドレンホースの詰まりは水漏れの原因にもなるので、気をつけてくださいね。

4
10分後、フィルターとカバーを戻す

スプレーが終わったら、10分ほど放置します。
スプレーで濡れた内部を乾燥させるイメージです。

フィルターを元に戻して、カバーを取り付けたら、お掃除は完了です♪

「ファンクリーナー」でお掃除する方法

フィンのお掃除の次は、ファンのお掃除を解説します!

用意するもの
・45Lゴミ袋 4~5枚
・ビニールテープ or 養生テープ
・ハサミ
・ゴム手袋
・ファン掃除用スプレー
手順
1
エアコン周りを養生する

ファンのお掃除では、汚水がエアコンからたくさん出てくるため、まずは念入りに養生しましょう!

45Lのゴミ袋を裂いて広げ、数枚をエアコン周りの壁・床に養生テープで貼り付けます。

2
エアコンに汚水受けをくっつけて養生する

さらに、エアコンから漏れた汚水で床がびちゃびちゃになってしまわないよう、エアコンから垂れてくる汚水をキャッチするシートも作りましょう。

養生と一緒で、45Lのゴミ袋で簡単に作ることができます!

45Lゴミ袋の長い辺の片方をはさみで切り、図の右のような形を作ります。

そしてこのように、エアコンの下部分にくっつけましょう!
エアコンに沿うように壁にテープを貼り付ければ、エアコンにテープ跡を残す心配がありません。

取り付けたシートの先っぽを少しだけ切り、ビニール紐などをつければ、汚水が紐を伝ってバケツに入る仕組みを作ることができます。
ビニール紐がない場合は、シートの先端に穴を開けるだけでも大丈夫ですよ。

これで養生は完成!

汚水でお家が汚れることなくエアコンのお掃除できるので、安心ですね♪

3
吹き出し口からファンにスプレーする

養生ができたところで、ここからファンクリーナーを使ってエアコンを洗浄していきます。

まずはファンに向かって、ファンクリーナーをスプレーしましょう。

ファン専用のスプレーは、ムース状になっていて液だれしにくくなっています。

4
ファンを回転させ、20~30分ほど待つ

送風口に手を入れてファンを5~6回くらい回します。

手が届かない場合は、定規などの細くて長い棒を使って回しましょう。

そして、20~30分くらい待ちます。待っている間も、時々ファンを回転させましょう。

5
洗剤を流す

洗剤を流すためのスプレーがあれば、それを使って流します。

今回使った「くうきれい」という商品には、洗浄剤を洗い流すためのリンスが付属しています。

専用のスプレーがない場合や、スプレーが足りなかった場合には、たっぷりの水で流していきましょう。

霧吹きや小さいジョウロ、水道から引っ張ってきたホースなどが使えるはずです♪

6
5分後、電源をつける

洗剤が外に流れきるように、5分ほど待ちます。
時間が経ったら、コンセントをさして、電源ON。

この時、養生はまだつけたままですよ!

7
送風運転でエアコンをしっかり乾かす

フィンの洗浄ができ、コンセントをさし直したら、最後に送風運転をします。
これは、エアコンの内部に風を通し、乾燥させるため。

湿ったままではカビが発生する原因になってしまうので、数時間以上送風運転をして、きちんと乾かしましょうね!

POINT
送風運転中は、吹き出し口にタオルを当てておく!

ファンの奥に残った汚水が吹き出し口から飛んでくることがあるので、タオルを使って汚れが飛び散るのを防ぎましょう。

タオルは手で押さえていてもいいのですが、写真のようにルーバーと吹き出し口の周りにぎゅっと挟むこともできます。

数時間送風し、しっかりとエアコンが乾いたら、ファンのお掃除は完了です!

タオルを外し、養生も外しましょう。

以上でお掃除完了です!お疲れ様でした!

ちなみに、こちらの記事でエアコンクリーナーを使わずにできるお掃除方法を紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか。

エアコンクリーナーを使えば自分でエアコン内部をお掃除できる反面、故障や火災の原因になりうることがわかったと思います。

エアコンクリーナーを使用する際は十分注意を払って作業するか、プロにお掃除をお任せするのをおすすめしますよ!

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 1時間 で解決します
わっ、エアコンの風がくさい!気になるにおいを今すぐ何とかしたい…!忙しくてなかなか時間が取れない、汚れがひどくて自分の手には負えないという方は、プロに頼むという方法もあります。
ユアマイスター』 なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。においの原因のホコリやカビを徹底的にきれいにしてみませんか?

関連記事

エアコンクリーニングを頼む前に読みたい!3分でわかるプロのお仕事

家のお掃除は、キッチンやお風呂場など、掃除しなければならない場所が多くて、中々エアコンの手入れまで手が回りませんよね。 そんな時「エアコンはそんなに汚れてなさそうだし、まだ掃除しなくていいか…」 そう言い続けて、1年以上 […]

エアコン掃除は意外と簡単!自分で真似できるプロのやり方を徹底解説

夏場や冬場に欠かせないエアコン。これなしでは日本で生きていけないですよね…。 そんなエアコンを何気なく使っているあなたに質問です。 「最後にエアコン掃除をしたのはいつですか?」 全く覚えていない、もしくは随分前にお掃除し […]

エアコンの仕組みを知っていますか抑えるべき原理はたったの3つ!

寒い冬にはお部屋を暖かくしてくれる暖房、真夏の暑い日にはお部屋を涼しくしてくれる冷房。 そして、梅雨時などに大活躍な除湿と、現代の日本のお家では欠かすことのできない家電であるエアコン。 1台で何役もこなして人の生活を快適 […]

エアコンで室内の花粉を撃退!フィルター掃除で今年は辛い時期も快適

春が近づき温かくなるのは嬉しいけれど、、、。 この時期辛いのが、花粉症!  もうすでに戦いが始まっている方も多いのではないでしょか? 花粉を避けてなるべく家にいても鼻がムズムズ、目がショボショボしてしまうこともありますよ […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

エアコンクリーニングのプロのサービスを探す

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 1時間 で解決します
わっ、エアコンの風がくさい!気になるにおいを今すぐ何とかしたい…!忙しくてなかなか時間が取れない、汚れがひどくて自分の手には負えないという方は、プロに頼むという方法もあります。
ユアマイスター』 なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。においの原因のホコリやカビを徹底的にきれいにしてみませんか?

お住まいの地域から選ぶ