エアコンクリーナーの効果とは?掃除方法や洗浄リスクについても解説

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2022年05月24日

エアコンクリーナー、それはエアコンに吹きかけるだけでエアコン掃除ができちゃう超便利なお掃除グッズ♪…と思っていませんか?

でも、ちょっと待ってください!エアコンは電気製品ですから、やみくもに吹きかけてしまうのはキケンといわれているんです!最悪の場合火事なってしまうことも…。それなのに、エアコンクリーナーではあまり汚れが落ちないという噂もありますしね。

真実はどうなんでしょうか!?今回は、「エアコンクリーナー」の選び方から正しい使い方、そしてどのくらい洗浄効果があるのか、についてご紹介します。

エアコンクリーナーの選び方・種類

さっそくエアコンクリーナーの選び方をご紹介します!実はエアコンクリーナーと一言で言っても、洗浄する部品ごとに種類が分かれているんです!エアコン内部を自分でお掃除する際は、一通り買うのが一般的です!それぞれについてご紹介していきます!

お掃除するパーツ別で探そう

まずエアコンクリーナーは、お掃除できるエアコン内部の部品によって、大まかに4つの種類に分けられます。

上の画像と同じ順番で紹介すると、こんな感じ。

(1) フィンクリーナー
(2) ファンクリーナー
(3) フィルタークリーナー
(4) ドレンホースクリーナー

それぞれ解説していきますね♪

フィンクリーナー

おすすめ 商品

商品画像
らくハピ アースエアコン洗浄スプレー 防カビプラス 無香性

フィンクリーナーは、「フィン」と呼ばれるエアコン内部の部品をキレイにすることができるアイテムです。

フィンとは…
空気の温度を変える役割を果たす部品。
フィルターを外すと見える、薄い金属がずらっと並んでいる部分のこと。

エアコンを使っていると、どうしてもこのフィンに結露が発生してしまいます。そのためカビが生えやすく、お掃除をしてキレイに保つことが大切なんです!エアコンクリーナーとして販売されているものの多くが、このフィンをお掃除するフィンクリーナー。防カビや防臭効果のついているものもあるので、用途に合わせて選ぶといいですね。

ファンクリーナー

おすすめ 商品

商品画像
くうきれい エアコンファン洗浄剤

さきほど紹介したのは「フィン」クリーナーですが、今度は「ファン」クリーナー。名前は似ていますが、お掃除する箇所は全然違います。

ファンとは…
風を起こす役割を果たす。
横長の筒のような部品で、吹き出し口からよく中を覗くと見える。 これが回転することでエアコンから風が出る。

このファンの表面についた汚れを浮かせ、落としてくれる働きをするのがファンクリーナー。エアコンのクリーナーはフィンをお掃除するものが主流なので、ファンクリーナーは商品展開が少なめです。ファンはエアコンの内部の奥まったところについているため、選ぶなら洗浄液を届かせやすいノズル付きのタイプを選ぶのが良いでしょう。

フィルタークリーナー

おすすめ 商品

商品画像
アミライト フィルター洗浄スプレー 除菌 花粉・カビ除去 180ml

フィルターといえばエアコンのお掃除の定番。掃除機でお掃除してるよ、という方もいるかもしれません。

フィルターとは…
空気中のホコリを取る役割を果たす部品。
エアコンのフタを開けた時に最初に見える、網状の部品のこと。

フィルタークリーナーは、このフィルターの上につくカビや花粉を落とし、キレイにしてくれるアイテムです。防カビや除菌もしてくれるタイプの商品を選ぶとさらに良いかもしれませんね。

ドレンホースクリーナー

おすすめ 商品

商品画像
エアコン用 ドレンつまり取りポンプ

おすすめ 商品

商品画像
SANEI ドレンホースクリーナー エアコンホース用

ドレンホースクリーナーは、エアコン内部の「ドレンパン」という管を通じてエアコンの外側につながる「ドレンホース」をお掃除するためのクリーナーです。

ドレンホースとは…
エアコン内部の水分を外に排出する役割を果たす部品。

簡単に言うと、エアコンについた排水管のこと。エアコンから出る排水が、ドレンパンを通じてドレンホースの方に流れていきます。でも、ドレンホースが詰まってしまうと、行き場を失った水がエアコンから漏れる水漏れの原因に!

ドレンホースクリーナーは、このドレンホースの詰まりを解消するのに使えるアイテムです。急な水漏れに困った時の救世主ということですね。ドレンパンをきれいに保つために、ドレンキャップをつけておくという方法もありますよ。

おすすめ 商品

商品画像
因幡電工 防虫ドレンキャップ 2個入 DC-1416

キャップをつけるとキレイを保つ以外にも、隙間から入ってくる害虫も防ぐことができます!そのためドレンホースクリーナーと一緒に、ぜひ使ってみてください!

安全性や防カビ成分など、こだわりで選ぼう

エアコンクリーナーは室内の快適な空気を作るためのアイテム。汚れを落として、きれいな空気を作るため、成分なども確認しながら選ぶと良いでしょう。

また、燃えやすい成分が使われていることもあり、 間違った扱い方によっては発火の心配もあります。そのため注意書きをよく読んでから使用しましょう!

安全性重視なら、洗浄成分が水ベースのものを

安全性の高いものを選ぶなら、電解アルカリ水を使った商品を選ぶと良いでしょう。エアコンクリーナーは機械部品用に作られた洗剤であり、直接吸い込まない限り体に悪影響はありません。最近では洗浄力の高い製品も登場していたりします。ただ、界面活性剤などエアコン部品や人体へのダメージを気にするなら、 洗浄成分が自然のものである、水ベースのものを選ぶとよいでしょう。

おすすめ 商品

商品画像
エアコン内部クリーナーシュ!シュ! 420ML

こちらは水を電気分解して作られる電解アルカリ洗浄水をベースに作られたエアコン内部クリーナー。界面活性剤や香料などの有害物質が入っていないので、無害、無臭の環境に配慮したクリーナーです。

消臭成分配合なら、嫌なニオイもすっきり

エアコンの嫌なニオイが気になるなら、消臭成分配合のものを選んでみてください。エアコンに染み付いたホコリやタバコなどの嫌なニオイも改善できれば、一石二鳥。特にニオイが気になる場合は、 銀や緑茶ポリフェノールなどの消臭成分が入った商品を選ぶとより良いかもしれません。

ただ、ペットのニオイなどを消すために消臭剤入りの商品を使用しても、 消臭成分の香りと混ざってニオイが酷くなることもあるので注意しましょう!

おすすめ 商品

商品画像
エアコンクリーナー Ag消臭プラス

こちらは、エアコンの汚れを落とす洗浄効果と合わせて、 中にこもる嫌な臭いを消臭することでニオイのないきれいな空気になります。「月曜から夜ふかし」「メレンゲの気持ち」などのテレビ番組でも紹介され、話題になりました。銀の消臭成分も含まれていてニオイ消しにはピッタリです!

除菌・防カビ成分でキレイな空気が長続き

エアコンの嫌なニオイの原因は、ホコリに繁殖したカビ菌や雑菌にあります。気になるニオイは、元から絶つのが一番。雑菌やカビを撃退する除菌・抗菌成分を配合したものなら、きれいな空気が長続きし、お掃除の回数も減らせます。

おすすめ 商品

商品画像
アクアバイオマジック エアコンクリーナー

こちらはバイオの力でエアコン内の菌を殺菌することができるクリーナーになっています。カビも防止できるのでキレイを長持ちできますね!

車にはカーエアコン用のクリーナーを

これまでご紹介したエアコンクリーナーはドレンホースがついているルームエアコン専用の商品です。

車のエアコンにはカーエアコン専用のクリーナーを使い、 室内エアコン用のクリーナーが余っても絶対に使用しないように注意しましょう。屋外に駐車する車は寒暖差でエアコン内部に湿気がこもりやすく、「エアコンの風がカビ臭い!」と感じることが多いもの。車のエアコンも定期的にお掃除して、車の中の空気もれいにしましょう。

おすすめ 商品

商品画像
クイックエバポレータークリーナーV 60ml

カビや菌が付着したエアコンを使用すると車内に悪臭が充満します。こちらのクリーナーは、エアコンの内部を超微粒子ミストで除菌、コーティングすることでカビや菌の発生をガードします。

おすすめ 商品

商品画像
ZACJAPAN カーエアコン消臭剤JETMAX

こちらも車内の臭いが気になっている、エアコンの効きが悪いと感じている方におすすめのカーエアコン消臭クリーナー。エアコンに付着したカビ・花粉・タバコやにを洗浄し、悪臭を防いでくれます。この洗浄剤1本で洗浄・抗菌・消臭の3つの効果を発揮します。作業はたった15分で終了し、効果は約6か月間持続するので手軽にお掃除できますね!

エアコンクリーナーを使う前の4つの準備

それでは、エアコンクリーナーを使ったお掃除方法を紹介します!くれぐれも事故がないように注意して作業してください!

さて、エアコンのお掃除でも準備が大切。まずは、安全のため・汚れを周りに広げないために大切な4つの作業を紹介します。

窓を開ける

種類にもよりますが、スプレーになっているエアコンクリーナーはニオイがきついことが多いです。作業中は窓を開けて、しっかり換気をしておきましょう。

エアコンの下にビニールシートを敷く

エアコンクリーナーでの洗浄中は、クリーナーの液体がエアコンから頻繁に垂れてきます。お部屋が汚れないように、ビニールシートを敷いて養生しておきましょう。

養生とは…
お掃除する場所の周りが汚れないように、保護すること。

45Lゴミ袋をハサミで切って広げたものを何枚か貼り合わせると簡単です♪

おすすめ 商品

商品画像
ぴったりフィット 壁掛用 エアコン 洗浄 カバー

脚立を用意

エアコンは高い位置にあるので、踏み台が必要です。そんな時は脚立が一番安定します。脚立がないという場合は、椅子や机などで代用しましょう。ぐらついてしまわないよう注意してくださいね!

エアコンの電源を切る・プラグを抜く

お掃除中にエアコンが誤作動で動いてしまうと、感電や漏電の恐れがあります。必ず電源を切ってから、お掃除を始めましょう!

エアコンクリーナーでお掃除【フィン編】

まずは、フィンのお掃除から。

エアコンクリーナーの中でもフィン用のクリーナーを使っていきます!

用意するもの
・ゴム手袋(着用して作業)
・掃除機
・つまようじ、綿棒、歯ブラシ
・フィンクリーナー
手順
1
カバーを外し、エアコンのフィルターを外す

まずは、エアコンのカバーを外しましょう。パカッと90°ほど開けてから、取り外します。両手でしっかり持って、右・左と順番に外してください!機種によって外し方が違うので、取扱説明書も確認してくださいね。

カバーを外せたら、内部を覆っている網状のフィルターを外しましょう。

2
フィンのホコリを取る

フィルターを外すと奥に見えるフィンを、掃除機でキレイにします。フィンは繊細な部品なので、慎重にお掃除してくださいね。

POINT 小さなブラシを頭につけるとGood!

写真のように、掃除機の先に小さなブラシをつけましょう。硬い部分が当たらないように注意してください。掃除機は重いので、持ち上げる時は注意。

無理せずに、お掃除を進めましょう!

掃除機で取りきれなかったホコリは、つまようじ綿棒歯ブラシなどを使ってキレイしていきます。今回は歯ブラシを使ってみました。なでるようにして、フィンの隙間に歯ブラシの毛が入るように優しくお掃除するのがコツです。

3
フィンクリーナーを使って洗浄する

いよいよ、フィンクリーナーを使っていきます。商品に書いてある使い方をよく読んでから始めてください。

基本的には、フィンにクリーナーをシュッとかけるだけ!上下に動かしながら、全体に吹き付けていきます。大体5cmぐらいの距離からスプレーしましょう。あまり遠くから吹き付けると、洗剤が奥まで届きません。

注意 必ず1本使い切る!

洗剤や汚れは、ドレンホースを通って外に排出されますが、スプレーした洗剤の量が少ないと、ドレンホースの途中で汚れが詰まってしまいます。

ドレンホースの詰まりは水漏れの原因にもなるので、気をつけてくださいね。

4
10分後、フィルターとカバーを戻す

スプレーが終わったら、10分ほど放置します。スプレーで濡れた内部を乾燥させるイメージです。

フィルターを元に戻して、カバーを取り付けたら、お掃除は完了です♪

エアコンクリーナーでお掃除【ファン編】

フィンのお掃除の次は、ファンのお掃除を解説!エアコンクリーナーの中でもファン用のクリーナーを使っていきます。

用意するもの
・45Lゴミ袋 4~5枚
・ビニールテープ or 養生テープ
・ハサミ
・ゴム手袋
・ファン掃除用スプレー
手順
1
エアコン周りを養生する

ファンのお掃除では、汚水がエアコンからたくさん出てくるため、まずは念入りに養生しましょう!

45Lのゴミ袋を裂いて広げ、数枚をエアコン周りの壁・床に養生テープで貼り付けます。

2
エアコンに汚水受けをくっつけて養生する

さらに、エアコンから漏れた汚水で床がびちゃびちゃになってしまわないよう、エアコンから垂れてくる汚水をキャッチするシートも作りましょう。養生と一緒で、45Lのゴミ袋で簡単に作ることができます!

45Lゴミ袋の長い辺の片方をはさみで切り、図の右のような形を作ります。

そしてこのように、エアコンの下部分にくっつけましょう!エアコンに沿うように壁にテープを貼り付ければ、エアコンにテープ跡を残す心配がありません。

取り付けたシートの先っぽを少しだけ切り、ビニール紐などをつければ、汚水が紐を伝ってバケツに入る仕組みを作ることができます。ビニール紐がない場合は、シートの先端に穴を開けるだけでも大丈夫ですよ。

これで養生は完成!水でお家が汚れることなくエアコンのお掃除できるので、安心ですね♪

3
吹き出し口からファンにスプレーする

養生ができたところで、ここからファンクリーナーを使ってエアコンを洗浄していきます。まずはファンに向かって、ファンクリーナーをスプレーしましょう。

ファン専用のスプレーは、ムース状になっていて液だれしにくくなっています。

4
ファンを回転させ、20~30分ほど待つ

送風口に手を入れてファンを5~6回くらい回します。手が届かない場合は、定規などの細くて長い棒を使って回しましょう。

そして、20~30分くらい待ちます。待っている間も、時々ファンを回転させましょう。

5
洗剤を流す

洗剤を流すためのスプレーがあれば、それを使って流します。今回使った「くうきれい」という商品には、洗浄剤を洗い流すためのリンスが付属しています。

専用のスプレーがない場合や、スプレーが足りなかった場合には、たっぷりの水で流していきましょう。霧吹きや小さいジョウロ、水道から引っ張ってきたホースなどが使えるはずです♪

6
5分後、電源をつける

洗剤が外に流れきるように、5分ほど待ちます。時間が経ったら、コンセントをさして、電源ON。この時、養生はまだつけたままですよ!

7
送風運転でエアコンをしっかり乾かす

フィンの洗浄ができ、コンセントをさし直したら、最後に送風運転をします。これは、エアコンの内部に風を通し、乾燥させるため。湿ったままではカビが発生する原因になってしまうので、数時間以上送風運転をして、きちんと乾かしましょうね!

POINT 送風運転中は、吹き出し口にタオルを当てておく!

ファンの奥に残った汚水が吹き出し口から飛んでくることがあるので、タオルを使って汚れが飛び散るのを防ぎましょう。タオルは手で押さえていてもいいのですが、写真のようにルーバーと吹き出し口の周りにぎゅっと挟むこともできます。

数時間送風し、しっかりとエアコンが乾いたら、ファンのお掃除は完了で<す!タオルを外し、養生も外しましょう。

以上でお掃除完了です!お疲れ様でした!

エアコンクリーナーを使うのは危険?

紹介したように、エアコンクリーナーを使えば比較的かんたんに自分でエアコン内部のお掃除をできます。

しかし残念ながら、エアコン洗浄スプレーでのお掃除はあまりおすすめできません。なぜならエアコンクリーナーについては、一般的に、

・エアコンが故障するリスク
・ホコリやカビがとりきれない
・健康への悪影響

という3つの欠点があるといわれているからです。それでは、それぞれについて説明していきます!

故障の危険性あり

エアコンクリーナーの中でも、フィンクリーナーやファンクリーナーは使い方を間違えると、故障してしまう危険が大きいです!エアコンクリーナーをかけてはいけない場所にかけてしまうと故障の原因になりえますが、フィンやファンはエアコン内部にある部品であるがゆえに、扱いづらいんですね。

ホコリやカビを取りきれない

エアコンクリーナーは、基本的にエアコン内部にある「熱交換器」という部分にできたカビや汚れを落とすために使います。熱交換器とはエアコンの前面カバーを外すと見える、薄いアルミの板が縦に並んだ部分ですが、これが見た目以上に奥行きがあるんです。エアコンクリーナーでお掃除すると、手前の目に見える部分はキレイになったように見えるのですが、奥の汚れまでは行き届いていないということが結構あるのです。

結果的に、お掃除したのに汚れが残っている、という状態になってしまいます。

健康への影響

気をつけなければならないのは、エアコンクリーナーを使用し、水で洗い流す時

実は、エアコンクリーナーがエアコン内部に残らないようにすすぐのは、素人には困難なのです。エアコン内部に残った洗浄剤の成分が、エアコン使用時に室内に飛散してしまい、健康への影響が懸念されます。

お掃除のプロたちの意見は?

実際にお掃除のプロたちは、エアコンクリーナーについて次のように指摘しています。

トータルクリーンサービスさん(大阪府)

洗浄スプレーは危険です。
お客様が自分でエアコンクリーニングをする場合、スプレーをかけてはいけない部分にかけてしまい、火災に繋がる危険もあります。

おそうじ坊主さん(埼玉県)

市販のスプレーでは、表面部分の汚れしか除去できません。業者の行う高圧洗浄クリーニングは、高水圧により市販のスプレーでは届かない裏側まで水についてができますので、洗浄力は違います。

エーティークリーンさん(大阪府)

スプレーは、かけたあと洗い流さないので、ホコリなどがそのまま残り、目詰まりを起こして、かえって悪くなります。 また、流れなかった泡がサビの原因になる可能性もあります。

なるほど…。

エアコンクリーニングのプロの回答をまとめると、エアコンクリーナーのデメリットは

・サビができる可能性がある
・表面(見える部分)の汚れしか取れず、そもそもの洗浄能力に疑問
・誤った使い方をすれば、エアコンの故障につながり、場合によっては火災の危険も!

ということですね。

自分でエアコン掃除をしても節約にならない!?

業者に頼むより安くておてごろなんだから、エアコンクリーナーについていろいろデメリットがあるのはしょうがない。と思ったそこのあなた!

実は、エアコンクリーナーを使ってお掃除しても、業者に頼むのとほぼ同じくらいの費用がかかるんです!

エアコンクリーナーを使って自分でお掃除した場合の費用は?

エアコン内部を掃除するには専用クリーナーが必要なので、自分でお掃除するから費用はゼロ!とはいかないですよね。

では、エアコンクリーナーを一式揃えるとどのくらいの費用がかかるのでしょうか。実際に調べて見た結果がこちら。

・ファンクリーナー(養生セット付き)
くうきれい エアコンファン洗浄剤:2,360円

・フィンクリーナー
らくハピ エアコン洗浄スプレー:585円

・ドレンホースクリーナー
イチネンドレンホース用サクションポンプ:2,300円

・フィルタークリーナー
アミライト フィルター洗浄スプレー:920円

4種類のクリーナーを揃えると、それだけで総額6,165円に!

意外と費用がかかりますよね…。ちなみに、エアコンクリーニング業者ならだいたい1台8,000円〜依頼可能で、時期によっては5,000円台の場合もあります!そのうえ、業者にエアコンクリーニングを依頼すると、エアコンを分解して内部を高圧洗浄してもらえます。しっかりと内部の汚れを落としてもらえる上に、費用面では自分でお掃除した時とさほど差がないのであれば、業者のエアコンクリーニングの方がお得に感じられるかもしれませんね!

エアコン掃除は業者にお任せするのがおすすめ

エアコンクリーナーでエアコン内部をお掃除しても、は火災や故障のリスクがある一方で、どうしてもホコリやカビが残ってしまいます。そのため、エアコンメーカーもエアコンクリーニングの業者も、エアコン掃除スプレーを自分で使用することをおすすめしていません。フィンやファンといった、エアコン内部のお掃除しにくいパーツこそ、業者にお任せするのがおすすめです!

エアコン掃除のプロである業者なら、専用の道具を駆使しつつ故障の危険を最小限に抑えて作業してくれますよ!

この通り、プロの技術なら汚れたエアコンがピカピカに!

実際に、業者がお掃除するとどのくらいすごいのか、気になる方はこちら。

ユアマイスター 」なら、お住いの地域のお掃除のプロを簡単に検索・比較できちゃますよ!口コミ総数9000件を突破しているので安心です!

業者のエアコン掃除の詳細はこちら!

エアコンクリーニングをもっと詳しく

まとめ

いかがだったでしょうか。

エアコンクリーナーを使えば自分でエアコン内部をキレイにお掃除することができます。ただしその反面、故障や火災の原因になりうることも。エアコンクリーナーを使用する際は十分注意を払って作業してくださいね!

思い切って、お掃除業者にお掃除をお任せしてしまうのも、安心・安全でオススメです♪

口コミ80,000件以上
エアコン掃除をプロに頼む人増加中
どの業者を選べば良いかわからない、安心して掃除を任せられるか心配、と思っていませんか?ユアマイスター』 なら、口コミ、価格、こだわり条件でかんたんに比較できます。
ユアマイスター』 現在注文殺到中!できるだけお早めの注文がおすすめです

エアコンクリーニングのプロのサービスを探す

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 1時間 で解決します
わっ、エアコンの風がくさい!気になるにおいを今すぐ何とかしたい…!忙しくてなかなか時間が取れない、汚れがひどくて自分の手には負えないという方は、プロに頼むという方法もあります。
ユアマイスター』 なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。においの原因のホコリやカビを徹底的にきれいにしてみませんか?

お住まいの地域から選ぶ