【シンク掃除総まとめ】ヌメリやサビは重曹とお酢を使ってサヨナラ!

yusuke

更新日:2021年07月30日

キッチンのシンクは、毎日使いますよね。

だからこそ、丁寧なお掃除ってあまりしなくなってしまいます。

しかし使っているうちに汚れは溜まります。

水垢などは特に気になりますね。

今回はそんなシンクのお掃除方法をご紹介します。

シンクのお掃除は「2~3日に1回」が理想

シンク周りの水垢や食べ物・油の汚れがひどくありませんか?

特にステンレスの場合だと汚れが目立ってしまいますよね。

また気づいたらヌメリがひどくなっていたなんてことも・・・

シンクの掃除は「2~3日に1回」と他の掃除に比べて、頻度が高いです。

ちなみに、シンクのお掃除と同じくらいの頻度でおこなうのがおすすめなのが、排水口掃除。

排水口も、詰まる前に週に2~3回が適切な頻度なのです。

排水口のお掃除のくわしい手順はこちらの記事を参考にしてみてください♪

めんどうになりがちな排水口掃除、シンク掃除とまとめて一度でキレイにしてしまうのがおすすめです。

さっそく掃除の方法を知って始めたいところですが、先にシンク掃除での注意したいポイントとどんな汚れがあるのか見ていきましょう。

シンクの種類別に注意するポイント

ホーロー製の容器に入ってるアスパラガス

シンクは大きく分けると、「ステンレスシンク」「樹脂製シンク」「ホーロー製シンク」の3つに分類できます。

それぞれの種類別の注意ポイントを紹介します。

ステンレス製シンク

まずステンレスは、「傷つきやすい」という特性があります。

そのため、柔らかいスポンジなどで掃除して下さい。

金属たわしやナイロンたわしでは、かなり傷がついてしまうので注意が必要です。

またステンレスは「酸に弱い」ので、酸性の洗剤を使うときは注意が必要。

汚れを掃除する際には長置きし過ぎないよう心掛けましょう

樹脂製シンク

「樹脂製シンク」もステンレス同様、「傷つきやすい」です。

たわしなどの硬いものは避け、洗う時はスポンジを使いましょう

また、ステンレスに比べると「色移りしやすい」です。

醤油などといった色の濃いものは、放置せずに洗い流して下さい。

ホーロー製シンク

「ホーロー製シンク」は傷つくと「サビがつきやすい」ので、こちらも洗う時はスポンジを使いましょう。

固いたわしなどはNGです。

また、ステンレス・樹脂製と違い「酸性、アルカリ性洗剤」に弱いので、必ず中世の洗剤でお掃除しましょう!

そのためホーロー製シンクに限っては今回紹介する方法ではなく、中性洗剤をつけたスポンジで洗うというシンプルな方法でお掃除しましょう!

シンクの掃除に塩素系漂白剤は使えない!

次は洗剤に関する注意点。

今回紹介する方法でなくても、もちろん洗剤で汚れは落とすことはできます。

そこで、水回りで使われる洗剤の代表に塩素系漂白剤と酸素系漂白剤があります。

まずは塩素系漂白剤について触れていきますよ!

カビや、頑固な汚れ掃除に欠かせない塩素系漂白剤。

シンクの掃除にも使用できたら……そう考える人も多いですよね。

ですが、シンクへ塩素系漂白剤を使用するのは、実はNG!

塩素系漂白剤とは何か、どうして使ってはいけないのかを、くわしくみてみましょう。

塩素系漂白剤とは

おすすめ 商品

商品画像
キッチンハイター 4901301017598/600mL

塩素系漂白剤とは、その名の通り、対象物を白くするための商品。

衣類などの漂白に使用されたり、カビや雑菌などを殺菌するために使われたりします。

塩素系漂白剤として知られるのは、ハイターやブリーチ、カビキラー、ドメストなど。

洗濯槽クリーナーも、塩素系漂白剤入りの商品が多いですね。

プールの殺菌にも使われるツンとした臭いが特徴です。

同じ漂白剤の仲間に、酸素系漂白剤がありますが、これは普段の洗濯に使える、漂白作用が優しいもの。

嫌な臭いがしない、色柄物にも使用できる、といったメリットがあります。

万能クリーナーとして知られるオキシクリーンも、酸素系漂白剤の一つ。

これら酸素系漂白剤は、シンク掃除に使用してOKです。

塩素系漂白剤はシンク掃除にはNG

塩素系漂白剤はシンク掃除に使えないとお話ししました。

しかし、キッチンハイターは塩素系漂白剤でもキッチン用として販売されているので、ふきんやまな板、食器などの漂白や殺菌、臭い消しなどに使用できます

だからといって、シンクに水を貯め、キッチンハイターでつけ置きしてしまうと、ステンレスを傷める可能性が…。

ステンレスは傷に強く丈夫な素材に見えますが、塩素の力はもっと強力!
表面にある膜を破壊し、どんどん錆びてしまいます

そのため使用後は、かならずたっぷりの水でキッチンハイターをすすぎきるようにしましょう。

また塩素系漂白剤だけでなく、塩分そのものも錆びの原因になります。

塩や醤油がステンレスについた場合は、できるだけ早く洗い流すのが正解。

万が一錆びてしまったら、ひどくなる前に重曹や中性洗剤でサビ部分を擦り落とします。

掃除後は、水で汚れを流し、水分をしっかり拭き取りましょう。

「塩素に気をつけていたのに、シンクが錆びてしまった」

という場合は、もらい錆びの可能性が

フライパンやキッチンハサミなど、サビた金属がステンレスにつくことで、サビが移ってしまうんです。

錆びている調理道具がある場合は、シンク内に放置しないように気をつけましょう。

シンク掃除に酸素系漂白剤は使える!

酸素系漂白剤

塩素系漂白剤はシンクにNGでしたが、酸素系漂白剤はシンク掃除に使うことができるという話もありました。

その通りで、酸素系漂白剤はシンクに使ってOK!

酸素系漂白剤の一つであるオキシクリーンを使って、シンクを「オキシ漬け」してしまえば、放置するだけで綺麗に汚れを落とせます。

こちらの記事ではオキシクリーンを使って、お家のあらゆる場所をお掃除しています!

シンク掃除はもちろん、その他の掃除方法もチェックしてみて下さい!

シンクの汚れは水垢・サビ・ヌメリ・石鹸カス

海の波

汚れの正体を大きく分けると「水垢」「サビ」「ヌメリ」「石鹸カス」の4つに分類出来ます。

水垢

水道水にはカルキやカルシウム、マグネシウムなどが含まれています。

おいしい水であるためには、カルシウム、ミネラルがバランスよく含まれていなければなりません。

そして、カルキの殺菌成分は水の安全を保ってくれています。

しかし、水が蒸発した後にそれらの物質が白くなって残ってしまうことも。

それが、水垢の原因となっているのです。

サビ

「サビ」の原因は、「もらい錆び」だと言われています。

空き缶や鉄で出来た製品を置きっぱなしにすることなどが原因です。

また、「調味料がこぼれたままにしてしまった」とか「濡れた食器などをそのままにしていた」などと言ったことはありませんか?

少し詳しい話をすると、ステンレスとアルミやスチールなどの金属がステンレス製のシンクの表面と接触し、さらに水に濡れると電池作用が発生。

そして、異種金属が腐食を起こし鉄分が溶け出した際に出来るのが「サビ」なんです。

ヌメリ

ヌメリのほとんどは細菌や酵母が原因です。

食べ残しや生ごみなどが腐食することによって菌が繁殖。

夏場は非常に早く繁殖してしまうので、特に注意が必要です。

こまめな掃除を心がけたいですね。

石鹸カス

水垢は、水道水や食品などに含まれるカルシウムなどのミネラル分が固まった頑固な汚れ。

対して、石鹸カスは食器用洗剤や水道水のカルシウムやマグネシウムが混ざり合って結合した汚れです。

こちらも白くて目立つので掃除して取り除きたいですね。

シンクの水垢・サビには重曹と酢酸スプレー

汚れの正体もわかったところで、さっそくお掃除を始めたいところ。

ですが、その前に使う道具の紹介からしていきます。

重曹で磨く

重曹はアルカリ性で、「油汚れを浮かす」「殺菌・防臭効果」「水に溶けやすい」という特徴があり、まさにシンク掃除にもってこいです。

特に排水溝周りに残るヌメヌメ、これは油が主な原因なので重曹は効果抜群。

詳しい使い方はこの後紹介します。

「酢水スプレー」で抗菌

重曹でのお掃除の後に、酢で作った「酢水スプレー」を使うのがおすすめ。

酢水スプレーはアルカリ性の汚れである水垢の分解にとても効果的です。

軽い水垢だけならこれだけでも十分なほど。

またお酢を使うことで、「抗菌」の効果が期待できます。

<酢水スプレーの作り方>

容器を100円ショップなどで用意し、お酢を水で5~6倍に薄めたら出来上がりです。

おすすめ 商品

商品画像
フルプラ ダイヤスプレー ピストル型 500ml

こちらは、1回の噴射で1mlになるように調整されています。

霧が出る角度も調整することができるので、使いやすいですよ♪

こんなものでも掃除出来る!?

ほかにも4つ、お掃除に使える意外なものを紹介します。

柑橘系の皮

リモネン、ペクチン、クエン酸の3つの成分が汚れに効きます。

シンクの汚れには、皮の内側(白い側)が使えます。

じゃがいもの皮

じゃがいもの皮でもシンクのヌメリ掃除に役立てることができます!

剥いた皮はまだ捨てず身が付いた方の部分で擦ることで効果あり。

じゃがいもに含まれるサポニンという成分が、市販の石鹸などに使われている界面活性剤の働きとよく似ているので、洗剤の代わりになるみたいですね。

シンクだけでなく、蛇口や鏡などにも効果的で、仕上げに乾拭きすればピッカピカになるので、試してみる価値はありそうです!

炭酸飲料

炭酸水には、汚れを浮かす効果があります。

シンクの掃除に使うと、水垢などが綺麗に落ち、ピカピカになります。

ただ、甘味料がはいった炭酸飲料は、逆にべたべたにしてしまうので、注意しましょう。

ラップ・アルミホイル

スポンジの代わりに丸めたラップやアルミホイルでシンクを磨くことができます!

ただ、力を入れすぎて磨くとシンク自体を傷つけてしまう可能性もあるので、気を付けて磨くようにしましょう。

シンク掃除の手順を写真で解説

道具の準備が出来たなら、さっそく掃除を始めましょう!

先ほど紹介した「重曹」を使って、効率良く掃除しましょう。

手順
1
水で洗ったシンクに、重曹をまんべんなく振りかける

2
5~10分待つ

3
スポンジでこすり洗いする

4
酢水のスプレーをかける

5
水で流す

こんな簡単な手順で、ピカピカになるんです。

さらに先ほど紹介した「重曹×お酢」の効果で、抗菌効果も期待出来ます。

排水口のヌメリ汚れはどうする?

シンクがさっぱりきれいになっても、排水口にヌメリ汚れが残っていたら……気分がすっきりしませんよね。

シンク掃除のタイミングで、排水口のヌメリも一緒に掃除しちゃいましょう!

ヌメリ汚れの正体は?

いつの間にかヌルヌルになってしまうキッチンの排水口。

掃除しても掃除しても、すぐに復活してしまってストレス……という方も多いのではないでしょうか?

この嫌なヌメリ汚れの正体は、雑菌やカビでしたね。

放置してしまうとどんどん増えていくため、こまめにお掃除してあげましょう。

お掃除の手順

排水口の掃除にはいくつかの方法がありますが、ここではシンク掃除と同じ、重曹と酢酸スプレーを使用する方法をご紹介します。

新たに洗剤や道具を用意する手間なく、排水口掃除ができますので、シンク掃除にプラスしてみてくださいね。

用意するもの
・重曹
・酢酸スプレー
・掃除用スポンジ
・歯ブラシ
・ゴム手袋
手順
1
排水口を分解する

排水口のカバーを外し、ゴミ受け、排水トラップを取り出します。

2
カバーとゴミ受け、排水トラップを洗う

カバーとゴミ受けに重曹をつけ、スポンジで洗います。

細かい部分は、歯ブラシで磨くときれいになります。

3
排水口内部に重曹を入れる

カバー、ゴミ受け、排水トラップを外した状態で、排水口内に重曹を入れます。

奥のヌメリまで除去できるように、量は多めにするのがおすすめ。

4
酢酸スプレーをかける

お酢をかける

重曹の上から酢酸スプレーをかけましょう。

全体がシュワシュワするくらいが目安です。

カバー、ゴミ受け、排水トラップにも、殺菌のため酢酸スプレーを噴きつけておきましょう。

この状態で5~10分ほど放置します。

5
お湯で洗い流す

お湯で流す

10分置いたら、排水口へお湯を流し、重曹と酢酸スプレーを落としましょう。

殺菌効果を高めたい場合は、沸かしたての熱湯を使うと、よりきれいになります。

重曹が残っていると、つまりの原因になるため、たっぷりのお湯で洗い流しましょう。

6
カバーなどを元に戻す

カバー、ゴミ受け、排水トラップを水できれいにすすいだ後、元の位置に戻して掃除完了です!

これで排水口内部のお掃除も完璧。

ヌメリ汚れともこれでおさらばです!

シンクの石鹸カスもお掃除!

水垢・サビ・ヌメリ以外にも、石鹸カスのついた白くて見た目の悪い汚れもサッパリお掃除してしまいましょう!

用意するもの
・重曹
・歯ブラシ
手順
1
重曹をふりかける

シンクを軽く水洗いしてから、重曹を水に溶かさずに、シンク全体に重曹をまぶします。

2
歯ブラシで磨く

重曹をまぶしたところを、歯ブラシを使って磨いていきます。

3
水で流す

重曹を綺麗な水ですすいだら、お掃除完了です!

お疲れさまでした♪

シンクに使う洗剤をプロに聞いてみた!

さて、ここまでシンクのお掃除方法をご紹介しました。

洗剤を使う以外にも、重曹やお酢を使うことで汚れを落とせることが分かりましたね。

ここで1つの疑問が。

「日々しつこい汚れと格闘しているお掃除のプロは、シンクのお掃除に何を使っているのか?」

気になりますね!

そこで最後に「あなたのマイスター」では、のプロに「シンクの水垢のお掃除に困っています。プロは特別な洗剤などを使われるのですか?」と聞いてみました。

たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。

ぴかッとクリーンサービス – 前橋オフィスさん(群馬県)

水垢用のプロ用酸性洗剤を使用しますが、シンクの金属は酸焼けを起こす可能性がありますので、細心の注意をしながらの洗浄になります。もしくは、機材での磨き洗浄になります。

ブルーポートさん(東京都)

酸性や弱酸性の洗剤を使い漬け込みます。そうすることによりカルキが浮き取れやすくなります。ご家庭でもクエン酸などを使い漬け込みをすれば割と楽に取れると思います!

水垢は、アルカリ性の性質を持っているため、やはり酸性の洗剤がいいようですが、酸性洗剤はシンクを傷めてしまう可能性も。

そのため、やはり酸性度数の低いクエン酸を使う、またひどい場合はお掃除のプロに任せる、というのが無難なようです。

「ユアマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。

そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。

自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

まとめ

シンクが綺麗になると一気にキッチンの雰囲気も明るくなります。

どうしても汚れやすいシンクですが、身近なもので綺麗にできます。

今回紹介した方法で、ぜひシンクをピカピカにしてみてくださいね。

それでも落ちない汚れは、プロに依頼するという方法もあります。

関連記事

シンクの水垢にはお酢が使える!あの白い汚れのお掃除方法もご紹介!

キッチンの「シンク」 毎日、料理のたびに使う場所ですね。 お皿を洗ったり、残った汁物や飲み物などを流したり。 さまざまな食品汚れ・油・洗剤などに毎日さらされているため、いろいろな汚れがたまりがちです。 ついついお掃除をサ […]

【シンク掃除総まとめ】ヌメリやサビは重曹とお酢を使ってサヨナラ!

キッチンのシンクは、毎日使いますよね。 だからこそ、丁寧なお掃除ってあまりしなくなってしまいます。 しかし使っているうちに汚れは溜まります。 水垢などは特に気になりますね。 今回はそんなシンクのお掃除方法をご紹介します。 […]

NEWキッチンの片付けの基本!1度しっかり見直せば毎日ストレスフリーに

  すっきりと片付いたキッチンは理想ですが、毎日使うキッチンは物であふれがち…。 買ってきたものの収める場所が見つからず空いているスペースに入れてしまったり、調理中に必要なものがすぐに出てこなかったりということ […]

キッチン掃除まとめ|重曹とクエン酸でコンロやシンク周りをキレイに

おうちの中で特に汚れやすい場所、それがキッチンです。 コンロの油汚れ、シンクの黒ずみ…。 キッチンの汚れは、あげればきりがありません。 こまめに掃除しても気づいたら汚れているし、もうお手上げ! そもそもどんな洗剤を使った […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

首掛け扇風機でマスク蒸れ対策!ダブルファンの特徴を徹底リポート!

お家の中にいても、外にいても、少し動くだけで汗ばむ季節。今年はマスクもつける必要があり、さらに暑さを感じてしまいますよね。 そんな中でも快適に過ごしたい..という方に首掛け扇風機! 首掛け扇風機とは?名前の通り、首から掛 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

手洗いの洗濯方法7つを解説!干し方やニオイ対策法もマスターしよう

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

キッチンクリーニングのプロのサービスを探す

おすすめ特集

プロを探す