キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

つっきー

更新日:2021年03月10日

排水口のぬめりニオイつまり

毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。

キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。

では、いろいろある汚れの中でも、どんな汚れが一番気になるでしょうか?
編集部では、20代~60代の女性100人に「排水口の汚れの中で最も気になる汚れは何ですか?」と聞いてみました!

するとやはり「ぬめり」54%、「におい」33%、「つまり」7%という結果に!

さらに、ゴミをきちんと捨てているつもりでも、なぜか排水口がうまく流れない、と排水口のつまりを気にする声も。

今回は、

・方法がわからず困っている
・今までのやり方では解決しない

そんな方々のために、効果的な方法をご紹介します!

キッチンの排水口のお掃除は、つまる前に週2~3回

まずは排水口のお掃除のことを考えていきましょう!

シンクも排水口と一緒にお掃除したい!というあなたは、「シンクの水垢お掃除はすっぱいお酢で失敗なし!簡単5つのステップ♪」をチェックしてシンクもキレイにしてくださいね♪

ここでは、排水口が汚れる原因から、押さえていきましょう。

排水口のぬめり汚れの原因は?

排水口の嫌な汚れといえば、ぬめりですよね。

ぬめりの原因は、調理中にでる野菜のくずや食べ終わった後の料理の残りカスを放置していること!
排水口の中に溜まった生ゴミをえさにして菌が発生し、増殖することでヌメヌメした汚れができるのです。

他にも、キッチンの排水口に流してしまった油も原因の1つになります。

キレイに保たないと、排水口がつまってしまうかも!

排水口の嫌な汚れの原因、食品かすや油をそのままにしておくと、なんと排水口のつまりにもつながります。

排水口は一度つまってしまうと、お掃除がほんとうに大変になってしまいます。
こまめにお掃除をして排水口がつまらないようにしたいものですね。

お掃除の頻度は週2~3おお回!

さて、そんな排水口のお掃除。
いったいどのくらいの頻度でやるのがいいのでしょうか?

水回りは、どうしても汚れやすいもの。
2日や3日たつと、ぬめりが気になってきてしまいます。
排水口の内部に、汚れもたまってきているかも。

季節によっては嫌なニオイがしてくることもあります。
ひどくなる前にキレイにするのが1番!
排水口がキレイだと、気分も最高です♪

っということで、排水口のお掃除は、週に2~3回やるのが理想です。

ゴミ出しの日に合わせてやるのがオススメですよ♪

普段のお掃除は週に2〜3回で十分ですが、大掃除の時期には排水口だけでなくキッチン全体を一気にきれいにしたいですよね。

こちらの記事でキッチン全体の大掃除方法を紹介していますよ♪

排水口の基本のお掃除は、排水トラップを分解して洗剤で!

それでは、排水口のお掃除の具体的なやり方を解説していきたいと思います。

今回は、基本のお掃除方法と重曹とお酢を使った簡単な方法の2通りをご紹介しますね♪

最初にご紹介するのは、基本のお掃除方法
排水トラップを外して、部品をひとつひとつ外して洗っていきましょう♪

排水トラップとは?
排水口のゴミ受けの下にある部品で、水をためているところです。

水をためることで下から下水の臭いがあがってこないようにしているものです。
確認してみてくださいね♪

用意するもの
・ゴム手袋
・台所用中性洗剤
・スポンジ
・歯ブラシ

手順

 

1
排水口のカバーを外して洗う

まずはゴム手袋をして、思う存分お掃除できる準備を整えましょう。

準備ができたら、排水口に被さっているカバーを外します。
カバーがない場合もあります。

カバーを外したら、食器用洗剤とスポンジで洗いましょう。

2
ゴミ受けを外して洗うる

排水口のカバーの下には、ゴミ受けがあります。
ゴミ受けはとても汚れがたまっています。

きちんと外して、食器用洗剤と歯ブラシを使って洗いましょう。

排水トラップのフタを外して洗

ゴミ受けの下には、排水トラップのフタのようなものがあります。
左に軽く回すとロックが外れることが多いので、左に軽く回してからそのまま持ち上げて外しましょう。

そして、外したフタも食器用洗剤と歯ブラシを使って洗いましょう。

排水口の中を洗う

排水トラップのフタをはずしたら、排水口の中もきちんと洗っていきましょう。
ぬめりがしつこいときは、スポンジと台所用洗剤で洗うのがオススメ。
奥の方や細かい部分は、歯ブラシを使いましょう。

部品を元に戻し、水を流す

外した排水トラップ、ゴミ受け、排水口のカバーを元に戻します。
最後に少し水を流し、排水トラップに水をためるようにしたら、完了です♪

しっかり掃除したい時はこの洗剤!

家の中でも、特に衛生面が気になるキッチンの排水口。

パーツや内部までしっか除菌、漂白したいなら塩素系漂白剤がオススメです!

塩素系漂白剤で汚れが落ちる理由や、掃除に必要なアイテム、手順を見ていきましょう。

塩素系漂白剤とは?

塩素系漂白剤とは、“次亜塩素酸ナトリウム”が主な成分として含まれる商品の総評です。
次亜塩素酸ナトリウムは主に、漂白や殺菌に使用されます。

キッチンハイターやカビキラーなどが有名ですが、どの商品も、強力なため手で直接触れないよう注意しましょう。

また、これらの商品を見ていると、「まぜるな危険!」と書いてあります。

酸性の洗剤を混ぜてしまうと、塩素ガスが発生するため、必ず単体で使用してくださいね。

塩素系漂白剤については、こちらの記事にまとまっているので、参考にしてみてください!



用意するもの
・キッチンハイター
・使い古しの歯ブラシやすき間用ブラシ
・ゴム手袋
・ビニール袋
・スポンジ

手順

 

1
排水口を分解する

まずは排水口のカバーを外し、パーツを分解します。
ゴミ受けにゴミが溜まっている場合は、事前に捨てておきましょう。

2
排水口のゴミ受けやカバーを掃除する

排水口のゴミ受けやカバーを、歯ブラシやすき間用ブラシなどで掃除しましょう。
後から、塩素系漂白剤を使用するため、水洗い程度で構いません。

パーツを塩素系漂白剤に浸す

排水口のパーツを洗浄、除菌するために、塩素系漂白剤に浸します。

泡タイプの場合は、全体にそのまま噴きつけるだけでOKです!

液体タイプを使用する場合は、パッケージに記載されている、使用量の目安を参考にしながら原液を薄め、使用します。バケツもしくはビニール袋に、薄めた原液とパーツを浸し、放置しましょう。

排水口の中も洗浄・除菌

排水口の中にも、臭いの元やヌメリがこびりついています。
パーツを塩素系漂白剤へ浸している間に、キッチンハイターで排水口の内部も洗浄・除菌しておきましょう。

排水口の中には水が溜まっています。
スポンジや要らないタオルなどに吸い込ませて、一度空にしてから、スプレーもしくは薄めたキッチンハイターを投入しましょう。

パーツを洗浄

泡タイプのキッチンハイターの場合は10分程度。
液体タイプのキッチンハイターの場合は30分程度パーツに浸し、その後丁寧に水で洗い流します。

気になる汚れが残っている場合は、歯ブラシやすき間用ブラシで擦り落としましょう。
この過程で、排水口内部のキッチンハイターも洗い流されていますので、後はパーツを取り付けてお掃除完了です!

「重曹」と「お酢」でも排水口のお掃除ができますよ

お次にご紹介するのは、重曹とお酢を使った簡単なお掃除方法。

あまり手を汚さずにお掃除できちゃうので、おすすめですよ♪

用意するもの
・ゴム手袋
・重曹
・酢
・歯ブラシ

手順

 

1
排水口のカバーを外す

排水口の上にかかっているカバーを外しましょう。

2
受けのゴミを捨てる

ゴミ受けはとても汚れやすく、ゴミがつまりやすいところでもあります。
きちんとゴミを捨てましょう。

排水口のカバーとゴミ受けを洗う

排水口のカバーとゴミ受けを、重曹と歯ブラシでていねいに洗いましょう。

排水溝内に重曹を振りかける

ゴミ受けがない状態の排水口に重曹を、下が見えなくなるくらいに振りかけます。量が少ないと洗浄効果も落ちてしまうので、たっぷり、がポイントですよ♪

重曹の上から、お酢をかける

お酢をかける

重曹の上からお酢をかけます。
お酢をかけた時に、しゅわしゅわし続けるぐらいで、お酢をかけるのをやめましょう。

5~30分ほど時間をおく

お酢をかけたら、重曹とお酢がしっかり反応するように、時間をおきます。
少なくとも5分はそのままにしておきましょう。

お湯をかけて、重曹とお酢を流す

お湯で流す

最後に、お湯で重曹とお酢を流してお掃除完了です。
重曹が残っていると、乾いた時に白い粉が残ってしまうので、しっかり流しましょう。

POINT
お酢の臭いが気になるという場合には、クエン酸を使う!

クエン酸は、スーパーなどでも売られているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

ここまで読んでくれたアナタは、重曹のポテンシャルに気づいてくれたはず!

「こんなに簡単にお掃除ができちゃうなんて…!」と重曹のことが気になって仕方がないアナタのために、とっておきの記事をオススメします!これを読めば排水口だけでなく、家中これだけでキレイになっちゃいますよ!

ぜひチェックしてみてくださいね!



それでもつまりが直らない時は?

さて、お次にご紹介するのは排水口のつまりを解消する方法。
油や食品ゴミがたまった結果、排水口がつまってしまったら、ご紹介したお掃除方法では解決できないかも…。

水が流れなくなってしまったらプロを呼ぶ!の前に、できる3つの方法をご紹介しますね。

タオルとお湯を使う

まずはじめにご紹介するのは、タオルとお湯というお家にあるものでできちゃう簡単な方法。

用意するもの
・いらないタオル
・お湯

手順

 

1
排水口のカバー、ゴミ受け、排水トラップのフタを外す

排水口のカバーとゴミ受け、排水トラップのフタを外して、水が流れる穴が見える状態にします。

2
配管の穴にタオルをつめる

水が流れる配管の穴に、いらないタオルをつめて栓をしてしまいましょう
こうして水が流れないようにするのです。
栓になっていないと効果がないので、きちんとつめてくださいね。

POINT
後から引っ張れるように、タオルの端は排水口から出しておきましょう♪

シンクにお湯をはる

40℃程度のお湯を、シンクの8分目くらいの高さまではります。

もしシンクが大きめの場合は、4~5分目くらいでも大丈夫です。

タオルを抜く

タオルでした栓を引き抜き、排水口に一気にお湯を流し込んで完了です♪

パイプ用薬剤を使う

次にご紹介するのは、パイプ用の薬剤を使う方法。
たまった汚れを薬剤で溶かして、つまりを解消しましょう!

用意するもの
・パイプ用薬剤


おすすめ
商品

商品画像
パイプハイター高粘度ジェル

ピタッと密着して、ヌメリ・髪の毛も溶かしてくれちゃうパイプハイター。キッチンや洗面台、浴室に使うことができます♪ 排水口の内側にもかけやすい「横向きノズル」と手にフィットして押しやすい「くびれボトル」で、お掃除も楽々ですね!

手順

 

1
排水口のカバー、ゴミ受け、排水トラップのフタを外す

排水口のカバーとゴミ受け、排水トラップのフタを外して、水が流れる穴が見える状態にします。

2
パイプ用薬剤を入れる

中央の穴に、パイプ用の薬剤を入れていきます。
量は、パッケージに書いてある規定量に従ってくださいね。

放置する

30分~1時間程度そのままにしておきます。
この間に、粘り気のある薬剤がこびりついた汚れを溶かしてくれます。

水を流す

時間が経ったら、水を流して薬剤を流してしまいましょう。

部品を元に戻し、水を流す

排水トラップ、ゴミ受け、そして排水口のカバーを元に戻します。
最後に少し水を流して、排水トラップに水をためたら完了です♪

ラバーカップを使う


おすすめ
商品

商品画像
山崎産業 排水口 つまり取り ラバーカップ

ラバーカップ、という商品をご存知ですか?

トイレのつまりを解消するのにおなじみの、ラバーカップ。実は、キッチンの排水口にも使えるんです。キッチンには、こちらのような小さいサイズのラバーカップを使うのがオススメ。

手順

 

1
排水口のカバー、ゴミ受け、排水トラップを外する

排水口のカバーとゴミ受け、排水トラップを外して、水が流れる穴が見える状態にします。

2
ラバーカップを排水口にあてる

ラバーカップを排水口にしっかりと合わせます。
ズレていると真空状態が作れないので、ぴったりと合わせましょう。

ラバーカップを押し付ける

ラバーカップを排水口に強く押し当て、排水口が密封された状態を作ります。

勢いよくラバーカップを引く

思い切り押し付けたラバーカップを、一気に引きましょう。空気が勢いよく外に押し出されるので、それと一緒につまっていたものが出てきます。

手順2~4をくり返す

ラバーカップを排水口に押し当てて引く、という作業をくり返して、つまっていたものを出していきます。

部品を元に戻し、水を流す

排水トラップ、ゴミ受け、そして排水口のカバーを元に戻します。
最後に少し水を流して、排水トラップに水をためたら完了です♪

つまりが解消されないときは、プロにお願いしよう!

さて、ここまでご紹介した方法で排水口のつまりは解消されましたか?

それでも解消されない場合には、

排水管の破損
経年劣化

などが考えられます。

配管の交換は、自分でできることもありますが、自信がない場合はプロにお願いするのがオススメ。

つまりの原因から確認してもらいましょう。

シンクを使うときたったの3つに気をつければお掃除の手間が減る

最後に、排水口のめんどくさいお掃除を楽にするために!
シンクを使うたびに気をつける3つのことを紹介します。

調理中は食材のカスに気をつける

料理をしているとき、包丁で切ったにんじんがまな板からポロっとこぼれて排水口へ・・・なんてこと、よくありますよね。
え、ありませんか?

でもこのにんじんの切れ端、排水口の詰まりの原因になっているかも。
ゴミを排水口に流すと、それだけ詰まりやすくなってしまいます。
排水口をキレイに保つためには、とにかくゴミを排水口に流さないように気をつけましょう♪

油汚れ、コゲはトイレに流そう

フライパンや鍋にこびりついたコゲや揚げ油。

シンクで洗ってそのまま流していませんか?

そのこげやフライパンについた油は、つまりの原因になっているんです。

フライパンについたこげは、スプーンなどで剥がし、トイレなどで流すようにしましょう。

また、揚げ油は再利用したり、凝固剤を使うと流さないで済みますよ!

使った後はぬるま湯

排水口につきやすく、そしてやっかいなのは、やっぱり「油汚れ」。
そんな油汚れは、冷えると固まってしまいます。
固まった油よりしつこいものなんて、そうそうありません。

そんなつまりを防ぐためには、冷えて固まる前にぬるま湯で流すのが大切!

シンクを使うたびに、最後はぬるま湯を流して使い終えるようにしましょう♪

排水口をキレイに保つのにアルミホイルが使える

せっかくがんばってお掃除したなら、少しでも長くキレイな状態が続いてほしいものですよね。
お掃除をがんばるあなたを応援する便利グッズ、最後に2つ紹介します。

アルミボール

ゴミ受けにアルミボールを入れておくのも、おすすめです。
アルミホイルから発生する金属イオンには、なんと消臭・抗菌効果が!

方法はとっても簡単♪
2~3cmほどの大きさに丸めたアルミホイルを、排水口カバーの下のゴミ受けに入れておくだけ!

アルミホイルの効果によって、なんと排水口が汚れにくくなるんです。

ただしアルミホイルには、注意も必要。
排水口に流れてしまうと、排水口の詰まりの原因にもなります。
作るアルミボールの大きさには気をつけてくださいね。

排水口のヌメ落ちくん


おすすめ
商品

商品画像
排水口の ヌメ落ちくん

こちら、なんだか聞いたことのある名前の商品ですね。あの有名なメラミンスポンジ、「激落ちくん」シリーズの「ヌメ落ちくん」です。

排水口のゴミ受けの中に吊るしておくだけで、ぬめりを防いでくれるんです。

ただし、注意点が2つ。

・塩素系なので、酸素系と混ぜてはいけない
金属はさびる可能性があるので、シンクの材質を確認してから使う

この2つに気を付けてくださいね。

排水溝のお掃除方法はユアマイスタースタイルのInstagramでも解説付きの写真で紹介しています!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YOURMYSTAR STYLE(@relivers_yourmystar)がシェアした投稿

 

Instagramではその他、お掃除・お洗濯を始めとした暮らしが素敵になる情報を定期的に発信中! ぜひのぞいてみてください!

プロにお任せする手も!?

この記事をご覧の皆さん全員が、
お掃除が得意だったり、時間に余裕があるわけではないですよね。

そんなときは、お掃除のプロに頼む手もあります。

まとまった時間が取れないご家庭が増えている近年、
ハウスクリーニングはどんどんメジャーになっているんですよ♪

プロの手にかかれば、汚れたキッチンのコンロがこんなにピカピカになります。

プロに依頼してみたい!と思ったら、ぜひユアマイスター をご利用ください!

ユアマイスターは、お掃除の「プロ」と「あなた」をつなぐサービス
お住いの地域で人気のプロをご紹介します!

口コミ数は8000件を突破していて
たくさんのお客様から大変ご好評をいただているんですよ♪

キッチンクリーニングの詳細はこちらから見に行ってみてください!



まとめ

いかがでしたか?

今回は、

・キッチンの排水口の部品をお掃除する方法
・排水口が詰まってしまった時の対処法

を紹介しました。

わたしのおすすめは、お酢と重曹を使った「ナチュラルクリーニング」
コストパフォーマンスもよく、洗剤より刺激が少なくて安心ですよ♪

排水口のお掃除って、ついつい目を背けてしまいますよね。

でも、排水口はキッチンの中でも重要なお掃除ポイントです!
こまめにお掃除をしていれば、そんなに苦にはなりませんよ。

排水口が詰まってしまう前に、普段のお掃除を徹底しましょう!

 

口コミ9,000件以上
プロに依頼すると 2時間 で解決します
お掃除ってついついさぼってしまいますよね。いつの間にか、水まわりやサッシの隙間に汚れがびっしりなんてことも…。自分でお掃除する暇がない!汚れがひどくて手に負えない!という方は、プロに依頼するのがおすすめ。プロの手にかかれば、しつこい汚れも一掃できちゃいますよ♪

関連記事

キッチン掃除を重曹・クエン酸でまるごとすれば地球の環境も守れる話

おうちの中で特に汚れやすい場所、それがキッチンです。 コンロの油汚れ、水回りの汚れ、シンクの黒ずみ…。 キッチンの汚れは、あげればきりがありません。 こまめに掃除しても気づいたら汚れているし、もうお手上げ! そもそもどん […]

シンクの水垢にはお酢が使える!あの白い汚れのお掃除方法もご紹介!

キッチンの「シンク」 毎日、料理のたびに使う場所ですね。 お皿を洗ったり、残った汁物や飲み物などを流したり。 さまざまな食品汚れ・油・洗剤などに毎日さらされているため、いろいろな汚れがたまりがちです。 ついついお掃除をサ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり、ニオイ、つまり。 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、いろいろある汚れの中でも、どん […]

オーブントースタ掃除は家にある道具で?こびりつき油汚れもピカピカ

毎朝パンを焼いたり、調理に使ったり・・・ こんな便利なオーブントースターは、私たちの生活になくてはならないものだと思います。 しかし、オーブントースターを普段から掃除していますか? パンのクズが散らかっていたり、コゲがつ […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

五徳のお掃除は汚れに合わせて重曹三変化!サラダ油で焦げサビ予防

ガスコンロについている五徳、きちんと洗ったことってありますか? 鍋からの吹きこぼれ、油の飛び散り、と、五徳に汚れはつきもの。 料理し終わった後の五徳は、とても熱くなっていて触るのは危険です。 食器のように、使った後すぐに […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

キッチンクリーニングのプロのサービスを探す

おすすめ特集

プロを探す

口コミ9,000件以上
プロに依頼すると 2時間 で解決します
お掃除ってついついさぼってしまいますよね。いつの間にか、水まわりやサッシの隙間に汚れがびっしりなんてことも…。自分でお掃除する暇がない!汚れがひどくて手に負えない!という方は、プロに依頼するのがおすすめ。プロの手にかかれば、しつこい汚れも一掃できちゃいますよ♪

お住まいの地域から選ぶ