キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

■キッチンの排水口は、パーツごとに、分解して歯ブラシでゴシゴシ!
■配管がつまったら、タオルをつめて一気に引き抜け!
■アルミホイルの消臭・抗菌効果で排水口を綺麗に保とう!

まっつん

2017年07月13日

排水口のぬめり……

排水口からの臭い……

排水口の詰まり……

毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。
キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。

では、いろいろある汚れの中でも、どんな汚れが一番気になるでしょうか?
編集部では、20代~60代の女性100人に「排水口の汚れの中で最も気になる汚れは何ですか?」と聞いてみました!

するとやはり「ぬめり」54%、「におい」33%、「つまり」7%という結果に!

ついつい、ゴミや油汚れをそのまま放置してしまうことってありますよね。
ぬめりや臭いが気になる、という上位の結果には納得です。
さらに、ゴミをきちんと捨てているつもりでも、なぜか排水口がうまく流れない、と排水口のつまりを気にする方もいました。

ですが、ぬめりの「落とし方」、臭いの「消し方」、詰まりの「解消法」知っていますか?

今回は、

・方法がわからず困っている
・今までのやり方では解決しない

そんな方々のために、効果的な方法をご紹介します!

キッチンの排水口のお掃除は、つまる前に週2~3回

まずは排水口のお掃除のことを考えていきましょう!

シンクも排水口と一緒にお掃除したい!というあなたは、「シンクの水垢お掃除はすっぱいお酢で失敗なし!簡単5つのステップ♪」をチェックしてシンクもキレイにしてくださいね♪

ここでは、排水口が汚れる原因から、押さえていきましょう。

排水口のぬめり汚れの原因は?

排水口の嫌な汚れといえば、ぬめりですよね。

ぬめりの原因は、調理中にでる野菜のくずや食べ終わった後の料理の残りカスを放置していること!
排水口の中に溜まった生ゴミをえさにして菌が発生し、増殖することでヌメヌメした汚れができるのです。

他にも、キッチンの排水口に流してしまった油も原因の1つになります。

 

キレイに保たないと、排水口がつまってしまうかも!

排水口の嫌な汚れの原因、食品かすや油をそのままにしておくと、なんと排水口のつまりにもつながります。

排水口は一度つまってしまうと、お掃除がほんとうに大変になってしまいます。
こまめにお掃除をして排水口がつまらないようにしたいものですね。

 

お掃除の頻度は週2~3回!

さて、そんな排水口のお掃除。
いったいどのくらいの頻度でやるのがいいのでしょうか?

水回りは、どうしても汚れやすいもの。
2日や3日たつと、ぬめりが気になってきてしまいます。
排水口の内部に、汚れもたまってきているかも。

季節によっては嫌なニオイがしてくることもあります。
ひどくなる前にキレイにするのが1番!
排水口がキレイだと、気分も最高です♪

っということで、排水口のお掃除は、週に2~3回やるのが理想です。

ゴミ出しの日に合わせてやるのがオススメですよ♪

 

排水口の基本のお掃除は、排水トラップを分解して洗剤で!

それでは、排水口のお掃除の具体的なやり方を解説していきたいと思います。

今回は、基本のお掃除方法と重曹とお酢を使った簡単な方法の2通りをご紹介しますね♪

最初にご紹介するのは、基本のお掃除方法
排水トラップを外して、部品をひとつひとつ外して洗っていきましょう♪

排水トラップとは?
排水口のゴミ受けの下にある部品で、水をためているところです。

水をためることで下から下水の臭いがあがってこないようにしているものです。
確認してみてくださいね♪

用意するもの

・ゴム手袋
・台所用中性洗剤
・スポンジ
・歯ブラシ

 

   手 順  

1. 排水口のカバーを外して洗う

まずはゴム手袋をして、思う存分お掃除できる準備を整えましょう。

準備ができたら、排水口に被さっているカバーを外します。
カバーがない場合もあります。

カバーを外したら、食器用洗剤とスポンジで洗いましょう。

 

2. ゴミ受けを外して洗う

排水口のカバーの下には、ゴミ受けがあります。
ゴミ受けはとても汚れがたまっています。

きちんと外して、食器用洗剤と歯ブラシを使って洗いましょう。

 

3. 排水トラップのフタを外して洗う
ゴミ受けの下には、排水トラップのフタのようなものがあります。
左に軽く回すとロックが外れることが多いので、左に軽く回してからそのまま持ち上げて外しましょう。

そして、外したフタも食器用洗剤と歯ブラシを使って洗いましょう。

 

4. 排水口の中を洗う

排水トラップのフタをはずしたら、排水口の中もきちんと洗っていきましょう。
ぬめりがしつこいときは、スポンジと台所用洗剤で洗うのがオススメ。
奥の方や細かい部分は、歯ブラシを使いましょう。

 

5. 部品を元に戻し、水を流す

外した排水トラップ、ゴミ受け、排水口のカバーを元に戻します。
最後に少し水を流し、排水トラップに水をためるようにしたら、完了です♪

 

「重曹」と「お酢」でも排水口のお掃除ができますよ

お次にご紹介するのは、重曹とお酢を使った簡単なお掃除方法。

あまり手を汚さずにお掃除できちゃうので、おすすめですよ♪

用意するもの

・ゴム手袋
・重曹
・酢
・歯ブラシ

 

   手 順  

1. 排水口のカバーを外す

排水口の上にかかっているカバーを外しましょう。

 

2. ゴミ受けのゴミを捨てる
ゴミ受けはとても汚れやすく、ゴミがつまりやすいところでもあります。
きちんとゴミを捨てましょう。

 

3. 排水口のカバーとゴミ受けを洗う

排水口のカバーとゴミ受けを、重曹と歯ブラシでていねいに洗いましょう。

 

4. 排水口にたっぷり重曹をふりかける

排水溝内に重曹を振りかける

ゴミ受けがない状態の排水口に重曹を、下が見えなくなるくらいに振りかけます。量が少ないと洗浄効果も落ちてしまうので、たっぷり、がポイントですよ♪

 

5. 重曹の上から、お酢をかける

お酢をかける

重曹の上からお酢をかけます。
お酢をかけた時に、しゅわしゅわし続けるぐらいで、お酢をかけるのをやめましょう。


6.
5~30分ほど時間をおく
お酢をかけたら、重曹とお酢がしっかり反応するように、時間をおきます。
少なくとも5分はそのままにしておきましょう。

 

7. お湯をかけて、重曹とお酢を流す

お湯で流す

最後に、お湯で重曹とお酢を流してお掃除完了です。
重曹が残っていると、乾いた時に白い粉が残ってしまうので、しっかり流しましょう。

POINT
お酢の臭いが気になるという場合には、クエン酸を使う!

クエン酸は、スーパーなどでも売られているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

ここまで読んでくれたアナタは、重曹のポテンシャルに気づいてくれたはず!

「こんなに簡単にお掃除ができちゃうなんて…!」と重曹のことが気になって仕方がないアナタのために、とっておきの記事をオススメします!これを読めば排水口だけでなく、家中これだけでキレイになっちゃいますよ!

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

排水口のつまりを解決する3つの方法のうち、ひとつはタオルを使います

さて、お次にご紹介するのは排水口のつまりを解消する方法。
油や食品ゴミがたまった結果、排水口がつまってしまったら、ご紹介したお掃除方法では解決できないかも…。

水が流れなくなってしまったらプロを呼ぶ!の前に、できる3つの方法をご紹介しますね。

タオルとお湯を使う

まずはじめにご紹介するのは、タオルとお湯というお家にあるものでできちゃう簡単な方法。

用意するもの

・いらないタオル
・お湯

 

   手 順  

1. 排水口のカバー、ゴミ受け、排水トラップのフタを外す

排水口のカバーとゴミ受け、排水トラップのフタを外して、水が流れる穴が見える状態にします。

 

2. 配管の穴にタオルをつめる

水が流れる配管の穴に、いらないタオルをつめて栓をしてしまいましょう
こうして水が流れないようにするのです。
栓になっていないと効果がないので、きちんとつめてくださいね。

POINT
後から引っ張れるように、タオルの端は排水口から出しておきましょう♪

 

3. シンクにお湯をはる

40℃程度のお湯を、シンクの8分目くらいの高さまではります。

もしシンクが大きめの場合は、4~5分目くらいでも大丈夫です。

 

4. タオルを抜く

タオルでした栓を引き抜き、排水口に一気にお湯を流し込んで完了です♪

 

パイプ用薬剤を使う

次にご紹介するのは、パイプ用の薬剤を使う方法。
たまった汚れを薬剤で溶かして、つまりを解消しましょう!

用意するもの

・パイプ用薬剤

ピタッと密着して、ヌメリ・髪の毛も溶かしてくれちゃうパイプハイター。キッチンや洗面台、浴室に使うことができます♪ 排水口の内側にもかけやすい「横向きノズル」と手にフィットして押しやすい「くびれボトル」で、お掃除も楽々ですね!

 

   手 順  

1. 排水口のカバー、ゴミ受け、排水トラップのフタを外す

排水口のカバーとゴミ受け、排水トラップのフタを外して、水が流れる穴が見える状態にします。

 

2. パイプ用薬剤を入れる

中央の穴に、パイプ用の薬剤を入れていきます。
量は、パッケージに書いてある規定量に従ってくださいね。

 

3. 放置する
30分~1時間程度そのままにしておきます。
この間に、粘り気のある薬剤がこびりついた汚れを溶かしてくれます。

 

4. 水を流す

時間が経ったら、水を流して薬剤を流してしまいましょう。

 

5. 部品を元に戻し、水を流す
排水トラップ、ゴミ受け、そして排水口のカバーを元に戻します。
最後に少し水を流して、排水トラップに水をためたら完了です♪

 

3◇ラバーカップを使う

ラバーカップ、という商品をご存知ですか?

トイレのつまりを解消するのにおなじみの、ラバーカップ。実は、キッチンの排水口にも使えるんです。キッチンには、こちらのような小さいサイズのラバーカップを使うのがオススメ。

   手 順  

1. 排水口のカバー、ゴミ受け、排水トラップを外す
排水口のカバーとゴミ受け、排水トラップを外して、水が流れる穴が見える状態にします。

 

2. ラバーカップを排水口にあてる
ラバーカップを排水口にしっかりと合わせます。
ズレていると真空状態が作れないので、ぴったりと合わせましょう。

 

3. ラバーカップを押し付ける
ラバーカップを排水口に強く押し当て、排水口が密封された状態を作ります。

 

4. 勢いよくラバーカップを引く
思い切り押し付けたラバーカップを、一気に引きましょう。空気が勢いよく外に押し出されるので、それと一緒につまっていたものが出てきます。

 

5. 手順2~4をくり返す
ラバーカップを排水口に押し当てて引く、という作業をくり返して、つまっていたものを出していきます。

 

6. 部品を元に戻し、水を流す
排水トラップ、ゴミ受け、そして排水口のカバーを元に戻します。
最後に少し水を流して、排水トラップに水をためたら完了です♪

 

つまりが解消されないときは、プロにお願いしよう!

さて、ここまでご紹介した方法で排水口のつまりは解消されましたか?

それでも解消されない場合には、

排水管の破損
経年劣化

などが考えられます。

配管の交換は、自分でできることもありますが、自信がない場合はプロにお願いするのがオススメ。

つまりの原因から確認してもらいましょう。

 

シンクを使うときたったの3つに気をつければお掃除の手間が減る

最後に、排水口のめんどくさいお掃除を楽にするために!
シンクを使うたびに気をつける3つのことを紹介します。

調理中は食材のカスに気をつける

料理をしているとき、包丁で切ったにんじんがまな板からポロっとこぼれて排水口へ・・・なんてこと、よくありますよね。
え、ありませんか?

でもこのにんじんの切れ端、排水口の詰まりの原因になっているかも。
ゴミを排水口に流すと、それだけ詰まりやすくなってしまいます。
排水口をキレイに保つためには、とにかくゴミを排水口に流さないように気をつけましょう♪

 

油汚れ、コゲはトイレに流そう

フライパンや鍋にこびりついたコゲ。
黒くてしつこくてニクイあいつ。

そんなコゲを洗って流す前に、ちょっと待ってください!

実はそのコゲも、そしてフライパンに残った油も、排水口をつまらせる原因に…。
排水口のつまりって、冷えて固まった油が原因になることが多いんですよ。

ということで、フライパンや鍋は、キッチンで洗う前にコゲや油を落としましょう♪

用意するもの

・スプーン

 

   手 順  

1. 水を入れる
フライパン・鍋の8分目まで水を入れます。

 

2. スプーンで汚れをはがす
スプーンを使って、こびりついたコゲなどを落としましょう。

 

3. トイレに行って流す
その状態のままで、トイレにGO
絶対にキッチンで流しちゃだめですよ。ちゃんとトイレに持って行って流してくださいね。

 

また、トイレに流すのは抵抗がある…という方は、油なら新聞紙に染みこませて捨てるのがオススメ。

・少量の油なら、新聞紙で吸い取って捨てる
・少し多いなら、ビニール袋に新聞紙をつめてその中に入れて捨てる

といいですよ♪

 

使った後はぬるま湯

排水口につきやすく、そしてやっかいなのは、やっぱり「油汚れ」。
そんな油汚れは、冷えると固まってしまいます。
固まった油よりしつこいものなんて、そうそうありません。

そんなつまりを防ぐためには、冷えて固まる前にぬるま湯で流すのが大切!

シンクを使うたびに、最後はぬるま湯を流して使い終えるようにしましょう♪

 

排水口をキレイに保つのにアルミホイルが使える

せっかくがんばってお掃除したなら、少しでも長くキレイな状態が続いてほしいものですよね。
お掃除をがんばるあなたを応援する便利グッズ、最後に2つ紹介します。

アルミボール

ゴミ受けにアルミボールを入れておくのも、おすすめです。
アルミホイルから発生する金属イオンには、なんと消臭・抗菌効果が!

方法はとっても簡単♪
2~3cmほどの大きさに丸めたアルミホイルを、排水口カバーの下のゴミ受けに入れておくだけ!

アルミホイルの効果によって、なんと排水口が汚れにくくなるんです。

ただしアルミホイルには、注意も必要。
排水口に流れてしまうと、排水口の詰まりの原因にもなります。
作るアルミボールの大きさには気をつけてくださいね。

 

排水口のヌメ落ちくん

こちら、なんだか聞いたことのある名前の商品ですね。あの有名なメラミンスポンジ、「激落ちくん」シリーズの「ヌメ落ちくん」です。

排水口のゴミ受けの中に吊るしておくだけで、ぬめりを防いでくれるんです。

ただし、注意点が2つ。

・塩素系なので、酸素系と混ぜてはいけない
金属はさびる可能性があるので、シンクの材質を確認してから使う

この2つに気を付けてくださいね。

 

お掃除のプロによるキッチンクリーニングでニオイは改善するのか!?

「あなたのマイスター」では、キッチンクリーニングのプロに「キッチンの排水口のイヤなニオイはクリーニングで解決できますか?」と聞いてみました!
たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。

京都クリーンクラブさん(京都府)

キッチンクリーニングでも解決することができます。配管の中はキッチンクリーニングのお掃除の範囲外ですが、基本的にはにおいの原因は排水管ではなく排水口です。排水管は水が臭いをせき止めるような仕組みになっていますので。
万が一においが取れない場合は、排水管クリーニングを頼んでみてください。

 

H&C渡辺 ハウスクリーニング& コーティングさん(埼玉県)

排水口からの臭いは、排水口の汚れやその奥の排水管の汚れなども考えられるので、キッチンクリ−ニングでは解決出来ない事の方が多いです

お掃除のプロの方も言うように、排水口の掃除でも改善されない場合は、排水管の方に問題がある、という場合もあります。
排水口をお掃除してみて、それでもまだイヤなにおいが消えないときは、排水管の業者さんにお問い合わせしてみましょう。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、

・キッチンの排水口の部品をお掃除する方法
・排水口が詰まってしまった時の対処法

を紹介しました。

わたしのおすすめは、お酢と重曹を使った「ナチュラルクリーニング」
コストパフォーマンスもよく、洗剤より刺激が少なくて安心ですよ♪

排水口のお掃除って、ついつい目を背けてしまいますよね。

でも、排水口はキッチンの中でも重要なお掃除ポイントです!
こまめにお掃除をしていれば、そんなに苦にはなりませんよ。

排水口が詰まってしまう前に、普段のお掃除を徹底しましょう!

関連記事

瓶の煮沸消毒を解説。大きなサイズも対応!脱気・殺菌でジャムを長期保存

  手作りの梅酒や、ジャム。 自分で育てた梅や果物を使えたり、自分の好みの味に仕上げられたり。 何より、「手作り」っていうのが、素敵ですよね。 そんな手作りの梅酒やジャムに欠かせないもの、分かりますか? そう、 […]

水筒についた茶渋を落とす方法!【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 みなさん、水筒は何個持っていますか? 我が家では、合計5個あります。 子供達は、水やジュースを入れることがほとんどなので、中はそんなに汚れませんが、妻と私はお茶を入れることが多いので、すぐに […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

重曹でお掃除!3つの使い方で家中どこでもキレイ【写真付き完全版】

最近、すっかり身近になった重曹。 普段からいろいろなお掃除に使っている、という方も増えていますね! しかし、重曹も使い方には注意が必要です。 変色や傷に悩むことになったり、お掃除しても臭いが消えなかったり……。 やみくも […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ガスコンロのお掃除の方法を徹底解説!4つのパーツを丸ごと綺麗に!

あなたは、キッチンの中でどの部分の油汚れが最も気になりますか?。 編集部で20代~60代の女性100人に質問したところ、なんと45%もの方が「ガスコンロ」が気になるそう。 簡単なお掃除はしていても、狭いところや隙間に汚れ […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

重曹でお掃除!3つの使い方で家中どこでもキレイ【写真付き完全版】

最近、すっかり身近になった重曹。 普段からいろいろなお掃除に使っている、という方も増えていますね! しかし、重曹も使い方には注意が必要です。 変色や傷に悩むことになったり、お掃除しても臭いが消えなかったり……。 やみくも […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

ガスコンロのお掃除の方法を徹底解説!4つのパーツを丸ごと綺麗に!

あなたは、キッチンの中でどの部分の油汚れが最も気になりますか?。 編集部で20代~60代の女性100人に質問したところ、なんと45%もの方が「ガスコンロ」が気になるそう。 簡単なお掃除はしていても、狭いところや隙間に汚れ […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?

スーツをクリーニングにだすと、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか? 1度でもクリーニングにだしたことがある人なら、だいたいの予想はつきますね。 でも、最初の1回目とか、初めていくクリーニング屋さんとか、ちょっと不安 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

指輪修理の職人技|サイズ直し・傷の補修|実例を写真付きで徹底解説

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

おすすめ特集