ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

■「ウォシュレット」は、実は商品名!温水洗浄便座のことを指します。そんなウォシュレットの汚れは「水垢」と「カビ」が原因!
■普段は、中性洗剤を布につけて拭き掃除。細かい汚れには綿棒や、割りばしに布を巻いた手作りお掃除グッズが活躍!
■お掃除の頻度は「普段のお手入れは週1回、ノズル全体のお掃除は年1~2回」が、プロのおすすめ!

KAJI

更新日:2020年11月05日

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。

お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか?
今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%!
私たちの生活に欠かせないものとなりつつあります。

そんなウォシュレット、気になるのはその汚れ……。
便器や便座だけでなく、ノズルも綺麗にしなければなりません。
こまめに掃除しないと、水垢やカビにまみれてしまっているかも!

汚れに気づいたら、一刻も早く掃除を始めましょう!

今回は、ウォシュレットを掃除する方法を紹介していきます!

ウォシュレットとは?

水しぶき

そもそもウォシュレットって何?
改めて、確認をしてみましょう。

ウォシュレットは商品名

ウォシュレットとは、TOTOが発売する温水洗浄便座の商品名。
LIXIL(INAX)が製造したものの場合には、「シャワートイレ」と呼ばれます。

しかし、TOTOが温水洗浄便座界の圧倒的No.1!
高いシェアを誇っています。
そのため、一般的に温水洗浄便座全般のことを「ウォシュレット」というようになりました。

この記事でも、温水洗浄便座全般のことをウォシュレットと表現しています。

最近は、多彩な才能を発揮!

温水洗浄便座とは、ノズルから出る温水で肛門を洗浄することができる便座のことです。
より前方を洗浄するものがビデと呼ばれ、基本的に女性に使われます。

海外の方にも驚かれるウォシュレット。
元々は、アメリカで開発されました!

現在では、肛門を綺麗にする基本的な機能だけでなく、脱臭・室内暖房・音楽再生など様々な機能が盛り込まれたものも販売されています。

実はすごい脱臭フィルター

脱臭フィルターは、お尻に近い便座あたりで臭いをチャッチします。
そして、その臭いをクリーンエアに戻してくれちゃいます。。

床やカウンターに置かれた脱臭剤や芳香剤よりも効率が良く吸収するんですよ。すごいですよね!

脱臭フィルターはどこにある?

では、実際にフィルターを見たことないという方、多いと思います。
意外なところにあります。

便座の脇あたりのカバーを開けると、裏側につまみが付いていて、キューブ状の本当に小さいものが、脱臭フィルターなのです。

こんな小さなものが臭いをとってくれるなんて驚きですよね!

ウォシュレットの汚れの原因は?

プールの底

「綺麗にすること」を目的とする、ウォシュレット。

それなのに、ウォシュレット自体が汚れているのはなぜなのでしょうか…?
その原因を2つ紹介します。

水垢

1つ目の原因は、水垢です。

ノズルから温水が噴射するわけですから、当然といえば当然。
他の水回りと同じように、常に水が触れていれば、水垢汚れがびっしり溜まってしまいます。

特に、使わない時間が長かった場合は、しつこい汚れがこびりついてしまっているかも。

カビ

水回りの汚れといえば、こちらも定番のカビ。

ノズルが黒ずんでしまっていたら、カビが原因です。
便器と同じように黄ばむこともあります。

ウォシュレットって危険はないの?

ウォシュレットのノズルにも汚れが溜まるということを知ると、使って大丈夫なのか不安になりますよね?

しかし、今までのところ、ウォシュレットの肛門洗浄が原因で病気になった、という例はないようです。

信頼できる医学文献検索サイト「PubMed」で調べてみると、温水洗浄便座(というより、女性器を洗浄するビデ)の使用により、本来膣を酸性に保ち病原菌をブロックしている正常細菌叢が破壊されるというような趣旨の文献はありましたが、温水洗浄便座を介して病原体が感染したというものはみあたりませんでした。

引用元:「ウォシュレットは衛生的なのか?」麻酔科医が調べてみた。

ただし、ウォシュレットの肛門洗浄に危険はなくても、ビデを使うときには注意が必要なようです。
女性の方は注意してくださいね。

全体のお掃除は

ちなみに、ウォシュレットのみでなく便器全体のお掃除もしたい!というあなたはこちらを参考にしてみてください。
便器のお掃除方法を、汚れの種類別に解説しています。

黄ばんだ汚れと水垢には、酸性洗剤が有効です。
一方で、黒ずんだ汚れには酸素系漂白剤がおすすめ。汚れごとのお掃除方法で、ウォシュレットと共に便器もキレイにしてみましょう。

普段のウォシュレットのお掃除は、拭くだけでOK

トイレのウォシュレット掃除に使うスポンジ

ウォシュレットの汚れの原因がわかったところで、さっそくお掃除の仕方を紹介します。

トイレ掃除を毎日真剣にやるのは大変ですよね。
そこで毎日できる簡単なものを紹介します!

毎日しましょう、拭き掃除

まずは1日に1回はやりたい、普段のお掃除です。

便座や蓋をトイレ掃除用のティッシュで拭きます。
ない場合は、中性洗剤をつけた布でもOKです。

用意するもの

・布
・中性洗剤

これらの代わりに、トイレ掃除用ティッシュを使うと楽ですよ。
おすすめ商品はこちら↓↓

おすすめ
商品

商品画像
トイレクイックル トイレ用洗剤 ニオイ予防プラス ローズ容器入 8枚

トイレ掃除用のシートとしては、トイレクイックルは定番ですよね。ニオイを予防する成分も入っているため、消臭にも役立ちます。厚手のシートたった1枚でしっかり綺麗にできるので、手軽な掃除に最適ですよ。

手順
 
1
便座の表側を拭く

布を濡らして十分に絞ります。
絞ったら、薄めた中性洗剤をつけて便座の表側を拭き掃除。

安全のために、トイレの電源は切っておきましょう。

2
同じように、蓋を拭く

ホコリがたまっている部分は、重点的に拭きましょうね。

3
便座の裏側を拭く

汚れがひどい事もあるので、最後に拭くのがオススメ。

4
全体をサッと水拭き

湿ったまま放っておくと故障の原因になるので、しっかりと乾かして終わりです。

注意
・ウォシュレットには電子部品が使われています。そのため、水をかけると故障の恐れがあります。
・便器を拭くときには、乾拭きはしないようにしましょう。静電気や、傷の原因になります。

1週間に1回は、ノズルとリモコンを水拭き

1週間に1回ぐらいの頻度でやってほしいお掃除です。
ノズルの内部など、主に臭いの原因になってしまう部分をしっかり対策しましょう!

ノズル

ノズルを簡単に掃除しましょう。

多くのウォシュレットには、自動洗浄機能が付いています。
しかし、それはあくまで、水を軽〜く流す程度。

定期的なお手入れは必須です。
ノズルのお掃除にも、トイレ掃除用ティッシュを使うと便利ですよ。

用意するもの

・ゴム手袋
・布
・中性洗剤
・綿棒
・割り箸

手順
 
1
「ノズルおそうじスイッチ」を押して、ノズルを引き出す

ノズル掃除用のスイッチがない場合は、手で引っ張り出しましょう。
衛生面を考慮して、ゴム手袋の着用を強く推奨します。

2
優しく拭き掃除

上下に拭くだけです。
汚れがこびりついていない限り、充分、綺麗になります。
頑固な汚れがあるからって、ゴシゴシ力を入れてこすってはダメですよ。

3
細かい隙間は、綿棒や割り箸に布を巻きつけて掃除

手が届かないようなところには、ひと工夫。
綿棒を活用したり、割り箸に布を巻きつけて使ったり!
隅々まで綺麗にできますよ。

注意
ノズルは折れてしまうこともあります。
やさしく拭きましょう。

リモコン

リモコンは、意外と埃がたまりやすいです。
汚れが気になったときには、軽く水拭きをしましょう。
スイッチの調子が悪い場合には、電池を交換すれば直ることが多いです。

用意するもの

・布

手順
 
1
ホコリがたまっている部分をサッと水拭き

これだけです。
もしスイッチの調子が悪い時は、電池が切れていないか確認してくださいね。

ノズルが動かない・洗浄水がでないときは?

ウォシュレットを長年使用していると、ノズルが動かない、ノズルから洗浄水が出てこない、といったトラブルが起きることがあります。

ウォシュレットを愛用している人にとって、一刻も早く解決したい大問題ですよね。

このような場合、どう対処するのが正解なのでしょうか? 動かない場合、洗浄水が出ない場合の対処法を、たしかめてみましょう。

ノズルが動かないときの対処法

ウォシュレットのボタンを押しても、ノズルが動かない場合、いくつかの原因が考えられます。まずは、問題が起きていないか、次の項目をチェックしてみましょう。

ウォシュレットの電源が入っていない

ウォシュレットのコンセントが抜けている

リモコンの電池が切れてしまっている

電源ブレーカーが落ちてしまっている

自宅が停電している

これらのトラブルが起きていない場合は、続いてウォシュレットのセンサーを邪魔していないか、たしかめてみましょう。

便座や便座にカバーをつけている場合や、便座へ浅く座っている場合、センサーが反応せず、ウォシュレットが動かない原因になります。

電源がきちんと供給されている上で、カバーを取り外し、深く腰掛けてみても反応がない場合は、故障の可能性が高くなります。購入したメーカーや水回りトラブル専門の業者へ、相談してみましょう。

ノズルから洗浄水がでないときの対処法

ウォシュレットのノズルから水が出ない場合も、まずはよくあるトラブルが起きていないか調べてみましょう。

以下の問題を抱えていないか、まずはチェックしてみてください。

工事などで断水している

水道の配管が凍っている

水道の元栓が閉まっている

ウォシュレットの止水栓が閉まっている

マンションの給水タンクから給水されていない

「水は出るけれど、勢いが弱い……」

という場合は、外気温が低い状態にもかかわらず、水圧が低く設定されている可能性があります。このケースでは、水圧の設定を強くすることで、解決できます。

これらのトラブルに当てはまらない場合は、給水フィルターのつまり。もしくは、ノズルの詰まりを疑ってみましょう。

フィルターやノズル掃除の方法は、説明書や各トイレメーカーのホームページで確認できます。トイレが水浸しになってしまわないように、かならず止水栓をしっかり閉めてから、作業してくださいね。

自分では掃除するのが難しい場合や、掃除しても改善されない場合は、プロの出番です。

無理せず専門業者へ依頼しましょう。

1ヶ月に1回はやってみよう、脱臭フィルター磨き

脱臭フィルターは、月に一度のお掃除でOK!
忘れがちな場所ですが、しっかりと綺麗にしましょう。
また、脱臭フィルター掃除と共に1か月~3か月に1度はおこなってほしいのは、トイレのタンクのお掃除。トイレのタンクって放置していると、水垢がたまってしまい、トイレ全体の汚れにもなってしまいます。詳しくは、こちらの「トイレのタンクは「カビ」の巣窟!掃除は臭いの元からシャットダウン」を参考にしてみてください♪

スポンジまたは、重曹やサンドペーパーを使ったお手入れ方法です。
また、黒ずみがたまりがちな手洗い器の部分は、クエン酸スプレーで簡単に解決しますよ♪

用意するもの

・歯ブラシ

手順
 
1
脱臭フィルターを取り外す

多くの場合、スライドして引き出せるようになっています。

2
汚れてる部分を歯ブラシで掃除

汚れがひどいときには、歯ブラシを使えば綺麗になります。
こすり落とすように掃除すると、簡単に汚れが取れますよ。

3
汚れがひどい場合は、フィルター部分を水洗いをする

水洗いをするとさらに効果的です。
カードリッジと一体になっているタイプの場合は、水洗いはできないので注意してくださいね。

4
取り付ける

再び取り付けるときには、水気をとりましょう。
濡れていると、汚れがつきやすくなります。

1年に1回くらいは、便座と蓋を取り外す

よりしっかりお掃除する方法もあります。
ウォシュレットの便座と蓋を取り外して綺麗にしましょう。

もちろんここでも、トイレ掃除用ティッシュを使うと楽チンですよ。

用意するもの

・布
・中性洗剤
・綿棒
・割り箸

手順
 
1
ウォシュレットを取り外す

本体ワンタッチ着脱機能」がついているウォシュレットであれば、取り外しもとても簡単です。
根元の左右にボタンがあります。
ボタンを押すことで、取り外すことができます。

リフトアップ機能」のついたウォシュレットもあります。
根元を手で持ちあげると、便座取り付け部にスペースができます。

そういった機能がない場合には、ドライバーを使って取り外す必要があります。

ウォシュレットのタイプによって外し方も異なります。
取扱説明書を確認するか、品番を確認してネットで検索しましょう!

2
汚れている部分を拭き掃除

ウォシュレットを取り外したときに見える「便座取り付け部」と、「本体と便器の隙間」は、汚れが激しい部分です。
しっかり綺麗にしましょう。

まずは、中性洗剤をつけた布を使って、拭き掃除をします。

3
細かいところは綿棒や割り箸を使って綺麗に

手が届かない細かい部分は、工夫してお掃除しましょう。
隅っこにひそむ汚れも、残さず綺麗に!

4
水拭きして仕上げ

洗剤を残さないように水拭きで仕上げます。
しっかり乾かしたら、お掃除は終了です。

黄ばみなどの汚れが激しい場合には、酸性洗剤を使うときれいに落ちますよ。

POINT
酸性洗剤は、便座の素材を傷める危険があります。
なるべく使わず、最終手段にしてください!

ノズル掃除のおすすめ洗剤

ノズル掃除は、家にある中性洗剤などで行えますが、最近はノズル掃除専用のアイテムも販売されています。
より簡単に、清潔に掃除したいなら、これらの専用洗剤を使ってみましょう。

どの商品がいいのかで迷ったら、おすすめ3選から選んでみてくださいね。

「らくハピ ねらってバブルーン トイレノズル」

おすすめ
商品

商品画像
らくハピ ねらってバブルーン トイレノズル トイレの洗浄剤 [200mL]

らくハピのねらってバブルーンは、ノズル部分に1~2秒スプレーするだけで、お掃除完了できる商品。
ノズルだけでなく、格納庫の中までしっかり泡で除菌、洗浄できます。

逆さ向きでも使えるので、フチ裏掃除にも便利に使えるアイテム。
ブラシがセットになっているので、ノズル掃除用に別で専用ブラシを用意する必要がありません。

嫌な菌も、99%除菌できる商品。
汚れをしっかりねらい撃ちしたいなら、噴射しやすいチューブ付きのねらってバブルーンを試してみましょう。
勢いよく出てくる泡での掃除、病みつきになる人が続出しています。

「洗浄力 モコ泡わ ノズル専用クリーナー」

おすすめ
商品

商品画像
洗浄力 モコ泡わノズル専用クリーナー トイレ ノズルクリーナー スプレー 洗浄 洗浄剤 掃除 40mL

密着するモコモコ泡が、ノズルの汚れを落としてくれる洗浄力のモコ泡わ。
泡が汚れを包み込むので、放置しておくだけでノズルがきれいになります。

ミントの香りがついているので、掃除しながらトイレの臭いもすっきりできるのが嬉しいですね。
除菌効果もあるので、いつでも清潔に使いたいノズル掃除にぴったりです。

「ノズルにはできるだけ触れたくない……」
それなら、しっかり泡が魅力のモコ泡わで掃除してみましょう。

逆さ向きでは使用できない商品なので、しっかり本体を立てて噴射してくださいね。

「ピクス ノズルきれい」

おすすめ
商品

商品画像
ピクス ノズルきれい トイレの洗浄 ノズルクリーナー 消臭・抗菌 200ml

ノズルの掃除をしながら、汚れの再付着を防ぎたいなら、ピクスのノズルきれいがおすすめ。
汚れを弾いてくれる、シリコンコート成分が、ノズルをコーティングしてくれます。

安心安全の、天然植物由来成分ながら、きっちり消臭、抗菌もしてくれるのが嬉しいですね。
細い先端で、奥の汚れもすっきり掃除できます。

噴射後は、5~6分放置するだけで、お掃除完了!
泡が液体になって流れ落ちていくので、作業後は待つだけでOKです。

本体には、2種類の噴射ノズルが用意されています。
掃除する場所に合わせて、使いやすい方を選びましょう。
ノズルやノズルの奥、フチ裏など、手が届かないけれど汚れが気になる……という部分の掃除に便利な商品です。

塩素系漂白剤はどうして強力?

塩素系漂白剤は、お風呂掃除の最終手段。
とはいえ、塩素系漂白剤と聞いて、一番に思い浮かぶキッチンハイターなどのアイテムは、お風呂で使うイメージではないですよね。

一体なぜ、塩素系漂白剤が汚れに効くのでしょうか?
漂白、というと洋服や食器などを白くするイメージですが、塩素系漂白剤はその力で頑固なカビも分解します。

お風呂掃除に使われることが多いカビキラーも、塩素系ですが、一般的なカビ取り剤には漂白剤が入っていません。
そのため、カビは除去できても、別の汚れが残る場合も。

その点、塩素系漂白剤は、カビを分解しながら、周辺の漂白もしてくれるので、1回の掃除で幅広い汚れにアプローチできるという特徴があります。

塩素系漂白剤を使用したお掃除方法をご紹介

塩素系漂白剤は、お風呂掃除に最適だと分かりました。
掃除を行うために、お風呂掃除に特化した商品も販売されていますが、自宅にあるキッチンハイターやブリーチを使っても構いません。

高価なカビ取り剤を購入しなくて良い点も、塩素系漂白剤を使うメリットです。
それでは早速、お掃除方法をチェックしてみましょう。

用意するもの
塩素系漂白剤
片栗粉
ゴム手袋
洗面器
掃除用ブラシ
手順
 
1
片栗粉ペーストを作る

片栗粉と塩素系漂白剤を1:1で混ぜ、ペーストを作ります。
ゴム手袋をした手で、そのまま混ぜると手間いらずです。
汚れの面積に応じて、必要な量を作りましょう。

2
片栗粉ペーストを塗りつけ置き

汚れが気になる部分に、片栗粉ペーストを塗りましょう。
片栗粉ペーストは強力なので、5分程度で汚れを落とせます。
パッキンやゴムなどの弱い部分は、傷んでしまう可能性があるため、放置し過ぎないように注意しましょう。

3
ブラシで汚れを擦り落とす

片栗粉ペーストを塗った部分を、掃除用ブラシで擦ります。
すでに、塩素系漂白剤の成分が浸透しているため、やさしい力でOKです。

4
しっかり洗い流す

掃除が終わったら、片栗粉ペーストをシャワーでしっかり流し切りましょう。
塩素系漂白剤の成分が残っていると、浴室を傷める原因になります。
熱めのお湯を使って流すと、カビ予防にもなり一石二鳥です。

ウォシュレットを掃除する頻度をプロに聞いてみた!

さて、ここまでウォシュレットのお掃除方法をご紹介しました!

最後に「あなたのマイスター」では、のプロに「ウォシュレットの掃除はどのくらいの頻度でどのように行えばいいですか?」と聞いてみました。
たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。

ナカヤマハウスクリーニングさん(埼玉県)

週に1回程度、ノズルを出してトイレ用洗剤でお掃除してください。ノズル掃除のボタンか、コンセントの抜き差しでノズルが出ます。もしくは手で引っ張り出すタイプもあります。
月に一度は便座本体を持ち上げ裏側も拭き掃除してください。便座右側に便座を外すボタンがあるものが多いです。ボタンを押しながら便座を手前に引くと外れます。
除菌スプレーなどかけておくと良いです。

ハウスクリーニング町田さん(東京都)

使用頻度にもよりますが、年に2回くらい掃除をするのがいいと思います。
ノズル掃除というボタンを押せば、掃除用にノズルが出てきてしまうので、そちらをご利用いただけます。

やはり、簡単なお手入れは週1回、そしてノズル全体のお掃除は年1~2回が目安のようです。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

まとめ

いかかがしたか?
ウォシュレットの定期的な掃除は、欠かさず行いましょう。

毎日1回、便座や蓋を中性洗剤やお掃除シートを使って拭き掃除。
週に1回、ノズルやリモコンを拭き掃除。
月に1回、脱臭フィルターを取り外して水洗い。
年に1回、便座と蓋を取り外して拭き掃除。

とっても覚えやすいですね!
細かい部分は、綿棒や歯ブラシ、割り箸を使って掃除しましょう。
黄ばみの汚れは、酸性洗剤を使って撃退です。

毎日使う場所なので、清潔な状態にしておきたいですよね。
どうしても落とせない汚れがある場合には、プロにトイレクリーニングを頼むのもオススメですよ!

 
 







口コミ8,000件以上
落ちない汚れはプロに任せてみませんか?
エアコンのホコリや頑固な換気扇の油汚れやキッチンの水垢・お風呂のカビに悩み、ストレスだけが溜まる、なんてことはありませんか?そんな汚れはユアマイスター のプロに依頼!専用の道具と長年培った技術で、自分では落とせない汚れもプロの技でピカピカに。保証もついているので安心して依頼できますよ♪

関連記事

トイレ掃除は尿石問題をクリアにすべし!尿石掃除は「酸」が決め手?

  みなさんは、トイレ掃除をちゃんとしているのに、便器が黄ばんでいる、なんだかトイレの嫌なニオイが気になるって経験はありませんか? その、トイレの黄ばみやニオイの原因、実は尿石なんです。 尿石は頑固でなかなか落 […]

サボったリングと仁義なき戦い。黒ずみの落とし方をゲーム風に解説!

  「トイレの掃除って面倒くさいよな~。」と思っているうちに、「便器に黒ずみが!!」なんてことは誰もが経験したことがありますよね? この黒ずみは通称サボったリングといわれています。 サボったリングが出現すると一 […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか?今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%!私たちの生活に欠かせないものとなりつつ […]

おまるの掃除・お手入れ方法決定版!トイトレのお供は除菌スプレー!

子供のトイレ習慣を身に付けさせるトイレトレーニング!通称「トイトレ」。 私の周りにも、1歳7ヶ月で始めてみたというママさんや、2歳の誕生日から始めたけど3歳半になってもまだオムツが取れない…と苦労しているママさんもいます […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す

口コミ8,000件以上
落ちない汚れはプロに任せてみませんか?
エアコンのホコリや頑固な換気扇の油汚れやキッチンの水垢・お風呂のカビに悩み、ストレスだけが溜まる、なんてことはありませんか?そんな汚れはユアマイスター のプロに依頼!専用の道具と長年培った技術で、自分では落とせない汚れもプロの技でピカピカに。保証もついているので安心して依頼できますよ♪

お住まいの地域から選ぶ