トイレの黄ばみを落とすには「酸性洗剤」が正解!もう根気はいらない

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2020年10月29日

トイレの黄ばみ、気になりますよね。

トイレって使っていても汚れてくるし、そんなに使っていなくても汚れてきます。
本当にやっかい。

お掃除するのが面倒くさいなって思ってサボってしまったり、忙しくて後回しにしてしまったり……。
そうこうしているうちに、なかなか取れない頑固な汚れがこびりついてしまったら、さあ大変。

いざお掃除しようと思っても、ちっともキレイにできません。
もう、ますますお掃除するのが嫌になってしまいますよね。

そんなとき、化学の力を借りると、少しだけお掃除がカンタンになります。
今回のターゲット、トイレの黄ばみはアルカリ性。
アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤が効果ばつぐんです!

トイレの他にも、お家のお風呂、キッチン、換気扇など水回りで大活躍の名コンビ。
お酢orクエン酸×重曹をかけて待つだけというお掃除の方法もあります。

面倒くさい場所こそ楽してカンタンにお掃除しちゃいましょう!

プロに聞く!トイレの黄ばみの落とし方!

お掃除って、自己流でやってるという方も多いと思います。
自分でお掃除してもなかなか落とせない汚れは、プロに落とし方を聞くのがイチバン!

ということで、「ユアマイスター」では、トイレクリーニングのプロに「洋式の便器なのですが、かなり年季の入ったしつこい黄ばみ汚れがどうしても落ちません。落とす方法を教えてください。」と聞いてみました!
たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。

ナカヤマハウスクリーニングさん(埼玉県)

陶器の便器なら酸性の洗剤で根気良く擦れば落ちる可能性はあります。
プラスティックの便座などは、色素が沈着してしまうと落ちないことがあります。

ハウスクリーニング町田さん(東京都)

酸性洗剤で落とせば、少しは汚れは取れますが、完全に落とすのが難しいです。
黄ばみは、かなり強敵です!

クリーンハウスサポートサービスさん(神奈川県)

塩酸基または硝酸基の業務用酸性洗剤(リンダ・トアレC等)を、中性洗剤と混ぜて泡立つ状態にして便器の内側に塗布してつけおいて30分くらいしたら耐水ペーパー(320番)でこすり落としてください。
簡易で基礎的な作業ですが、扱う洗剤が非常に危険なので、専門の業者さんにご依頼するのをおすすめします。

プロの意見をまとめると、トイレの黄ばみの落とし方は、

酸性洗剤で落とす
削り落とす

の2通り。

そして、トイレの黄ばみは「かなり強敵」というのは、見逃せませんね。
色素の沈着や経年劣化による汚れは、仕方がないのかもしれません。

でも、

・まずは黄ばみができる前に、こまめにお掃除すること
・できてしまった黄ばみは、早めにお掃除すること

が大切そうですね。

「ユアマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

プロがおすすめするお掃除の2つの方法

まずは、できてしまったトイレの黄ばみを落としましょう!

プロもおすすめの2つの黄ばみの落とし方、

・酸性洗剤で落とす
・削って落とす

をそれぞれ紹介していきます。

酸性洗剤で落とそう

洗剤には、酸性、中性、アルカリ性の3つのタイプがあります。
トイレの黄ばみに効果ばつぐんなのは、酸性洗剤!

理由もちゃんとあります!
後ほど解説するので、まずはお掃除の方法をチェックしましょう。

用意するもの
・ゴム手袋
・トイレットペーパ
・トイレブラシ
・酸性洗剤

おすすめ 商品

商品画像
サンポール トイレ洗剤 尿石除去 500mL

酸性洗剤で有名なのがサンポールです。サンポールをおすすめするプロもいるぐらい、効果の高い洗剤。洗剤の色がグリーンなので、どこに洗剤がついたのかわかりやすいです!便器のフチの裏まで洗剤を届けられる「スミズミノズル」で、お掃除のストレスがちょっぴり軽くなります。トイレの黄ばみを落としたいなら、購入の価値ありですよ♪

ちなみに、サンポールの詳しい使い方は、こちらの記事にまとまっているので、ぜひ参考にしてみてください!

手順
1
便器の中の水を抜く

トイレの元栓を閉めてハンドルを回すと、タンクの水が全て流れます。

黄ばみができやすいのは、水面のきわの辺り。
できれば水は抜いておきましょう。
洗剤が薄まらずに、汚れに効いてくれます。

2
トイレットペーパーを貼る

便器の黄ばみの部分に重なるように、トイレットペーパーを置きます。
汚れが埋もれるくらいたっぷりと!

3
酸性洗剤を塗る

上から酸性洗剤をかけていきます!
安全と衛生のため、ゴム手袋をして作業をしましょう。

4
30分~1時間くらい置いておく

そのまま30分~1時間ほど置いておきましょう。

撮りためているテレビを観ながら待つもよし。
トイレの床をお掃除しながら待つもよし。
最寄りのコンビニにちょっと出かけちゃうもよし♪

5
水を流した後、トイレブラシで磨く

元栓を開けて水を流したら、トイレブラシなどで汚れを落とします。
まだ気になる汚れが残っているときはに、もう1回つけおきしてみましょう!

6
流す

最後に水を流して完了です。

汚れを削り落とす

洗剤でどうしても落とせなかった汚れには、最後の手段。
便器に傷をつけないように気を付けながら、汚れを削りましょう。

用意するもの
・耐水ペーパー
・ゴム手袋
・マスク

おすすめ 商品

商品画像
WINOMO 紙ヤスリ 耐水ペーパー 6枚セット

トイレの黄ばみ、もちろん尿石など黒ずんだ汚れにも使うことができます。また、シンクのどうしても落ちない石鹸垢にも効き目抜群です。洗剤ではどうしても落とすことができない汚れには是非お試しあれ!

手順
1
耐水ペーパーを水につけながら、汚れを削り落とす

耐水ペーパーは水につけながら使うものなので、便器の水は抜かなくてもOK。
お掃除するときには、ゴム手袋を忘れないようにしましょう。
手を使いたくない場合には、棒状のものに耐水ペーパーを巻きつけて使うとよいですよ♪

トイレの黄ばみにも「お酢×重曹」

トイレの黄ばみは「お酢×重曹」で、洗剤なしでもお掃除できます。

洗剤よりは少し洗浄力が劣ります。
でも、軽い黄ばみなら、お酢と重曹で十分!

すっごく簡単なので、洗剤のお世話になる前に、汚れをリセットしましょう!

用意するもの
・重曹
・クエン酸
・スプレーボトル
・トイレブラシ

おすすめ 商品

商品画像
シャボン玉 重曹 680g
手順
1
便器内の水を抜く

トイレの元栓を閉めてハンドルを回すと、タンクの水が全て流れます。
水を抜いた方が、コミット力がアップ!

2
重曹を振りかける

重曹とお酢をかけます

黄ばみ部分に粉状の重曹をふりかけます。
重曹も汚れが埋もれるくらいにたっぷりと!

3
薄めたお酢をかける

水:お酢=2:1になるようにお酢を薄めます。
空のスプレーボトルに移し替えて、トイレにシュシュシュ!

化学反応によって二酸化炭素が発生して、泡が発生します。
この泡が汚れを落としてくれるのです。

4
1~2時間くらい置いておく

そのまま1~2時間くらい置いておきます。

洗剤を使うよりもちょっと長め。
映画を1本、見終われますね♪

5
磨く

トイレブラシを使って、便器を磨きます。

ゴム手袋をしてトイレットペーパーで拭き取るのもいいですね。
汚れたトイレットペーパーをそのまま流せるので、衛生的です!

6
流す

最後に、元栓を開けて水で汚れを流しましょう。

お酢の代わりに、クエン酸を使うこともできますよ!
クエン酸水を作るときは、水:クエン酸=100ml:小さじ2で薄めてください。

とても簡単ですね。
ほとんど待ち時間です。

トイレ掃除をくらしの習慣にしたいですね!

黄ばみの原因は「尿石」

石

トイレの黄ばみには、酸性洗剤が効くらしい!ということは、わかりました。
なぜ効くのかも知ると、ちょっとお掃除が得意になれます。

トイレ掃除をさぼっていると、黄色っぽいものがトイレの底や淵に付いちゃったりしませんか?
これは「尿石」というもので、人の尿に含まれているタンパク質が、トイレの底や淵にくっついてしまったものなんです。

引用:掃除屋10年のプロ リュウジが教える本当の汚れの落とし方

トイレの黄ばみの主な原因は、尿石
水垢の一種なのです。

尿石が便器に付いたままの状態で、放置されていると、硬くなって頑固な汚れになってしまいます。
やがて、黄色や茶色の硬い塊になります。
そのせいで、便器が黄ばんだように見えるのです。

黄ばみはアルカリ性

凝り固まってしまった汚れは、簡単には落とせません。
力づくで落とそうとすると、トイレを傷つけてしまったり、故障に繋がったりすることがあります。

そのため、洗剤などを活用して、化学的に攻略するのです。

どんな汚れも、落とすためには、汚れに合った洗剤を使う必要があります。
尿石が固まった汚れは、アルカリ性

化学的に攻略するには、反対の性質をぶつければよいのです。

だから、トイレの黄ばみに使う洗剤は、酸性
酸性の洗剤を使うと汚れが中和され、落ちやすくなるのです。

プロの意見にも納得ですね。

トレイの黄ばみを落とす際の注意点は?

r1

そんなやっかいなトイレの黄ばみですが、お掃除する上で、注意点がいくつかあります!

注意点を知っていると、結果的にトイレを「守る」ことに繋がります!

なかなか買い換えるものではありませんから、キレイに長持ちさせたいですよね。
さらにこの注意点は「あなた」を守ることにもつながるのですが…。

その話はまた後ほど!

便器のから拭きNG

便器を掃除する時は、なんとなく水に濡らしていますよね?

実はそれにはちゃんとした理由があるんです。
というかむしろ「から拭き」はNGなんですよ!

その理由を一つずつ見ていきましょう!

傷がついてしまう恐れがある

まず一つ目は「キズが付いてしまう」恐れがあること。

掃除終わりには、から拭きをして仕上げている方も多いのではないでしょうか!

しかし、から拭きをすると、布の繊維が、プラスチック素材などにキズを付けているのです。

ここで細かいキズだからと侮ってはいけません。
こうしてできた溝には、少しずつ汚れが溜まってしまい、結果として黒ずみとなってしまう恐れもあるんです…!

静電気にも注意!

二つ目は「から拭きによる静電気」です。

静電気が発生してしまうと、空気中に浮いていたホコリが、便器に引き寄せられてしまいます。

特に冬の時期は空気が乾燥しているので、静電気が発生しやすいタイミング。
意外なところでしたが、注意したいポイントです。

せっかくお掃除をしたのに、キズやホコリなんて嫌ですよね。
軽く濡らした布などを使うように心がけましょう。

酸性洗剤と漂白剤は一緒に使用しない

先ほどトイレの黄ばみは「アルカリ性」というお話をしましたね。
そしてそこで活躍してくれたのは「酸性洗剤」でした!

とても強い成分の洗剤だということは、もう知っていますよね?
頼もしい味方なのですが、使い方を間違えると大変なことになってしまいます。

知っている方も多いと思いますが、あの酸性洗剤と漂白剤を一緒に使用すると、「有毒ガス」が発生してしまうのです!

家族が使うトイレで有毒ガスなんて大問題ですよね。
これが「あなたを守る」ということだったのです。

洗剤を使う時は、きちんとこの2種類を分けて使うように注意しましょう!

黄ばみ落としのおすすめブラシ

■黄ばみ落としのおすすめブラシ

掃除の方法はわかったけれど、ゴム手袋をしていても、やっぱり便器を直接触りたくないという方もいらっしゃると思います。 そこで、黄ばみ落としにおすすめのブラシを3つ、ご紹介しますね。

●Fengli「トイレブラシ ケース付き」

このトイレブラシは、毛先が硬いタイプ。 グリップが9mmと持ちやすさに定評があるため、しっかり握ってゴシゴシと力を入れて洗えます。

黄ばみ落としの強い味方と言えるでしょう。 少し先端が曲がっているのは、便器のフチ裏にしっかりフィットさせるため。 これ1本で、便器の隅々までカバーできます。 グリップとの間に、水跳ね防止ガードがついているのも衛生的で、水切れも良くて渇きやすくなっています。

頻繁に買い換える人でもコスパが悪くないブラシで、白というシンプルなカラーとデザインも人気があるようですね。

おすすめ 商品

商品画像
トイレブラシ ケース付き

●セシール「トイレの黄ばみスッキリ棒」

このブラシは、使い捨て前提のお徳用。陶器製便器専用なので、注意してください。 木の柄の先にはスポンジ部分、そこにさらに研磨剤がついています。

スポンジ部分はクッション性があるので、便器に添って形を変えてくれるので、磨けない部分はありません。 そして、きめ細かな研磨剤が頑固な黄ばみを落としてくれます!

ピンポイントで「ここが黄ばんでいる!」とわかるときに、特におすすめしたいブラシですね。 持つ部分が木材なので、燃えるゴミとして捨てられるのも嬉しいところです。

おすすめ 商品

商品画像
セシール「トイレの黄ばみスッキリ棒」

●SUNGYIN「トイレブラシ 珪藻土付きケース」

壁掛けも床置きも可能なトイレブラシとケースです。 360°植毛TPR(熱可塑性ゴム)素材のトイレブラシは、素材としては柔らかいのですが、汚れを落とす力は十分。便器を傷つけない素材であることにも注目です。

ステンレスの柄なので、力強く握れて耐久性は抜群と言えるでしょう。360度全面にブラシがついているので、便器の隅々までお掃除することができます。それと、髪の毛やティッシュなどがブラシにくっつきにくく、洗いやすい形になっていますね。

他にも、取っ手にピンセットが着いていてゴミ拾いに便利。そしてなんと言っても一番特徴的なのは、ブラシの収納ケースです。 ケースには珪藻土が敷かれているため、垂れた水を素早く吸収してくれます。

他にも、ケース自体が通気性を考えてデザインされているんです。 ブラシを洗った後、ケースに水が溜まるという悩みはこれでなくなるので、衛生的なブラシを長く愛用できますね。

おすすめ 商品

商品画像
SUNGYIN「トイレブラシ 珪藻土付きケース」

黄ばみができる前に予防する2つの方法

ストップ

できてしまった便器の黄ばみを、キレイにお掃除する方法を紹介してきました。

大切なことがもう1つありましたよね。
そう!
まずは黄ばみができる前に、こまめにお掃除すること

簡単にトイレの黄ばみを予防できる方法を3つ紹介します!

こまめな掃除

トイレの汚れは放っておくと、どんどんしつこくこびりついてしまいます。
そのため、トイレはこまめなお掃除が欠かせません。

できれば毎日、少なくとも週に1回はトイレのお掃除をしましょう。

でも、毎回ブラシでゴシゴシするのは面倒臭い……。
そんなあなたにおすすめなのが、塗るだけで汚れを落とせる洗剤。

おすすめ 商品

商品画像
スクラビングバブル 超強力トイレクリーナー 400g

ジェルタイプなので、洗剤が汚れに密着してしっかり落としてくれます。ブラシを使ってゴシゴシする必要もないので、とても気軽に掃除することができるのです。ノズルがフチ裏にも届くので、隠れた汚れもキレイにできますよ。

使うたびにキレイにしてもらう

意識して洗剤を取り出さなくても、置いておくだけでトイレを使うたびに洗浄してくれるアイテムもあります。

おすすめ 商品

商品画像
ブルーレットスタンピー トイレタンク芳香洗浄剤

便器にスタンプするだけで、トイレをキレイにしてくれる便利な洗浄剤です。1回のスタンプで10日間も効果が持続するのも嬉しいですね。香りもいろいろあるので、お気に入りの商品を探してみるとよいかもしれません。

トイレの黄ばみを予防するには、こまめなお掃除が大切です。
世の中には、トイレ掃除を楽にしてくれる便利アイテムがたくさん!
うまく活用して、キレイなトイレを目指しましょう。

さて、使うたびにキレイにしてほしいところはもう1つあります。
それは、ウォシュレット。
みなさん、ご自宅のトイレを今一度確認してウォシュレットを見てみてください。
ウォシュレットが黒ずんでいる!という場合は、「トイレのウォシュレットをお掃除!ノズルの黒ずみ・汚れを徹底洗浄!」を参考にして、トイレ全体をキレイにしてみてください♪

普段は拭くだけのお手入れで大丈夫ですが、週に1度くらいはウォシュレット自体をトイレ用洗剤でキレイにすることがおすすめです。

定期的にタンクをキレイにする

実は、盲点かもしれませんが便器をキレイに保つのに欠かせないのがタンクのお掃除。
タンクに汚れやカビがたまっていると、これが便器に流れてしまう可能性があるのです。

そのため、できれば3か月に1度はタンクのお掃除をすることをおすすめします。
さて、タンクのお掃除方法はこちらの記事を参考にしてみてください♪


ここでは、スポンジまたは重曹とサンドペーパーでタンクをキレイにする方法をご紹介しています。
タンクの臭いそのものが、トイレの臭いの原因になることがあるため、便器のみでなくタンクのお掃除をすることもおすすめです。

まとめ

今回は、トイレの黄ばみを落とす方法を紹介しました。

トイレの黄ばみの原因は「尿石」。
力技では太刀打ちできません。

そんなときこそ、化学の力!
アルカリ性の汚れである尿石には、酸性の洗剤が有効です。

トイレのお掃除の方法には3つの方法があります。

・市販の酸性洗剤を使う方法
・耐水ペーパーを使う方法
・お酢×重曹を使う方法

そして、頑固な黄ばみをこの世に生みだす前に、予防をすることも大切です。
CMでもよく見る便器にスタンプするだけのタイプがおすすめ。

トイレは、お家の中で、お客さんが使うこともある場所。
だからこそ、いつもキレイにして、素敵なおもてなしをしましょう。

口コミ9,000件以上
しつこい汚れはプロにお任せしませんか?
トイレは毎日使う場所。お掃除をさぼっていると黒ずみ・水垢汚れがどんどんたまってしまいます。「汚れがひどくて手に負えない!」なんてことも。そんなときは、お掃除のプロに依頼するのがおすすめ。専用の洗剤や道具でトイレをピカピカにしてくれますよ♪

関連記事

トイレ掃除のやり方はこれで完璧!黒ずみ・黄ばみ汚れも簡単キレイ!

  みなさん、トイレ掃除しっかりできていますか? なんとなくで掃除している方も多いのではないでしょうか。 正しい掃除のやり方ってあるの? 洗剤って何を使えばいいの? 嫌なニオイ、どうすればいい? トイレ掃除にこ […]

トイレ掃除は尿石問題をクリアにすべし!尿石掃除は「酸」が決め手?

  みなさんは、トイレ掃除をちゃんとしているのに、便器が黄ばんでいる、なんだかトイレの嫌なニオイが気になるって経験はありませんか? その、トイレの黄ばみやニオイの原因、実は尿石なんです。 尿石は頑固でなかなか落 […]

サボったリングと仁義なき戦い。黒ずみの落とし方をゲーム風に解説!

  「トイレの掃除って面倒くさいよな~。」と思っているうちに、「便器に黒ずみが!!」なんてことは誰もが経験したことがありますよね? この黒ずみは通称サボったリングといわれています。 サボったリングが出現すると一 […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか?今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%!私たちの生活に欠かせないものとなりつつ […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す

口コミ9,000件以上
しつこい汚れはプロにお任せしませんか?
トイレは毎日使う場所。お掃除をさぼっていると黒ずみ・水垢汚れがどんどんたまってしまいます。「汚れがひどくて手に負えない!」なんてことも。そんなときは、お掃除のプロに依頼するのがおすすめ。専用の洗剤や道具でトイレをピカピカにしてくれますよ♪

お住まいの地域から選ぶ