HOME
更新日 :2023年10月18日

トイレ掃除の洗剤は正しく選べ!超簡単にピカピカにするコツを大公開

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

本記事内ではアフィリエイト広告を利用しています

トイレ掃除の洗剤を、目的に合わせて使い分けられていますか?種類が多すぎて、なにを使えば良いかわからない!なんて人も多いのではないでしょうか?

でも、トイレ掃除の洗剤は大まかに分けると3種類。ポイントを抑えれば、汚れに適切な洗剤を見極められるようになります。

そこで今回は、洗剤の選び方や、使い方の注意点、おすすめの洗剤など、トイレ掃除用洗剤のあれこれを徹底解説します♪

トイレの洗剤の使い分け方

洗剤を効果的に使用するために、洗剤の種類とそれぞれが落とせる汚れの種類を知っておきましょう。

トイレ用洗剤の種類

たくさんあるように感じるトイレ用洗剤ですが、大きく分けて3種類。以下に特徴をまとめたのでチェックしていきましょう。

中性洗剤

1番一般的なのは、中性洗剤。オールマイティーにさまざまな汚れに対応できます。

酸性洗剤

塩酸やクエン酸を主成分にしている洗剤です。酸性洗剤の代表的なものには、サンポールがあります。

アルカリ性洗剤

アルカリ性洗剤には、炭酸水素ナトリウムなどを主成分にした弱アルカリ性洗剤の他、炭酸水素ナトリウムトイレハイターなどの塩素系漂白剤も含まれます。

トイレの汚れの種類

トイレに溜まる汚れの種類は大きく分けて4種類。どんな汚れがあるのか、まずはチェックしてみましょう。

水垢

トイレの便器や手洗い場のピンク色の汚れは水垢です。すぐに掃除すれば簡単に拭き取ることができますが、放置していると他の汚れと結びついて、頑固な汚れへと変化します。

尿石

尿の中にあるカルシウムが、こびりついてできる尿石汚れ。知らず知らずにうちに溜まっていき、気付いたときには落とせないくらい頑固な汚れになってしまいます。特にトイレのふちには溜まりやすくなっています。

黄ばみ

尿がトイレの内部や床、壁などへ飛び散った状態で時間が経過してしまうと、黄ばみになります。黄ばみ汚れは臭いの原因にもなることがあります。

黒カビ

黒カビは黒ずみ汚れの原因となっています。トイレ内の水が溜まる部分に多く発生します。便器の水のふちに、尿石と合わさって頑固な輪っか状の汚れになったものは、「サボったリング」とも呼ばれています。

汚れにあった洗剤の選び方

酸性の洗剤はアルカリ性の汚れ、アルカリ性の洗剤は酸性の汚れを落とすのに効果的です。反対の性質の洗剤を汚れにぶつけることで、汚れが中和されて水で落ちやすくなるからです。

それぞれの汚れの性質と、使うべき洗剤は以下の通りです。

これらの洗剤を、汚れ別の特徴に合わせて使いこなすことが、トイレ掃除の1番のコツです!それでは実際に使い方を解説していきますね。

トイレ用洗剤別の掃除方法

汚れにあった洗剤がわかったところで、洗剤ごとの使い方を写真と共に解説していきます。

注意
便器の種類によっては、使用が禁止されている洗剤があります。まずは説明書や製造会社のホームページなどで、使ってはいけない洗剤がないか確認してください。表面のコーティングが剥がれる恐れや、プラスチックが劣化する恐れがあるため、酸性、アルカリ性の洗剤の使用が禁止されている場合があります。

中性トイレ洗剤の使い方〜普段のお掃除に〜


中性洗剤は、普段のこまめなお掃除に使います。便器の中や、便座、トイレの床や壁まで、トイレ中の軽い汚れは中性洗剤が一つあれば十分です。中性洗剤に含まれている界面活性剤や、酵素が含まれているため、油と水を乳化させ落ちやすくする働きがあります。

他の2つの洗剤に比べて安全度が高く、気軽に使うことができるのも、中性洗剤が普段のお掃除に適している理由です。

中性洗剤をスプレー後に余裕があればブラシで軽く拭いて使いましょう。便器の中や、便座、トイレの床や壁まで、トイレ中の軽い汚れは中性洗剤が1つあれば十分です。

酸性トイレ洗剤の使い方〜尿石・黄ばみ・水垢に〜


頑固な黄ばみ汚れに効果絶大なのが、酸性洗剤がっつりお掃除したい時に使います。中性洗剤だけでは落とし切れない便器の中の尿石黄ばみまで、簡単にキレイにしてくれるとても優秀なアイテムです。尿石は放っておくと、菌の増殖や悪臭の原因になってしまうので、酸性洗剤で除去してしまいましょう。

注意
・塩素系の洗剤と一緒に使わない
・大理石・金属・プラスチックなどには使わない
・素手で触らず、ゴム手袋をして使う

特に、塩素系の洗剤と合わさると、有毒なガスが発生してしまうので絶対に合わせて使わないようにしましょう。

また、大理石や金属、プラスチック素材のものに使うと、酸化して素材を傷めてしまうので注意が必要です。

アルカリ性トイレ洗剤の使い方〜黒ずみ・ヌメリに〜

しつこい黒ずみ汚れには、塩素系漂白剤がおすすめ。「サボったリング」とも言われる、便器の中の黒ずみも、ブラシいらずでキレイにしてくれます。

トイレットペーパーを使って汚れが気になる箇所に湿布をすると、さらに効果的に汚れを落とすことができます。

注意
・酸性洗剤と一緒に使わない
・素手で触らず、ゴム手袋をして使う

酸性洗剤の注意点と同じように、この2つを一緒に使うと危険なので避けましょう!また、塩素系漂白剤は肌にダメージを与えやすいので直接触らないようにして下さいね。

万能なお掃除洗剤として話題の「オキシクリーン」も、トイレ掃除に使うことができます!過炭酸ナトリウムが入った弱アルカリ性の洗剤なので、他のアルカリ性洗剤と同じく黒ずみやヌメリに効果的です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

トイレ掃除には自然由来の洗剤も使える?

ここまでトイレ掃除専用の洗剤を紹介してきましたが、自然由来の洗剤もトイレ掃除に使うことができます。ナチュラルクリーニングは、トイレ掃除専用の洗剤に比べて肌や環境に優しいという魅力があります。

トイレ掃除には特に、
・クエン酸
・重曹

この2つがおすすめです!

重曹とクエン酸は洗剤にも負けないくらい力を発揮してくれるので、知っておくと便利ですよ♪

クエン酸の使い方と掃除方法

クエン酸は酸性なので、アルカリ性の汚れに効果的です。酸性洗剤と同じように、水垢や尿石を分解してキレイにしてくれます。また、クエン酸は除菌・抗菌効果もあるので、トイレをスッキリと気持ちよく保つことができますよ♪

重曹とクエン酸を混ぜ合わせて使うと、炭酸ガスが発生して、気泡が汚れに吸着して落ちやすくなるので、頑固な汚れにも効果絶大です!

注意
クエン酸は塩素系漂白剤と混ぜ合わせると、有毒なガスが発生するので、絶対に一緒に使わないようにしましょう!

クエン酸の使い方

クエン酸も重曹と同じように、クエン酸スプレーとして使います。作り方は、水200mlに、クエン酸小さじ2を加えて混ぜ合わせて、スプレー容器に入れるだけ。重曹よりも水に溶けやすいので、常温の水で大丈夫です。あとは、汚れに直接吹きかけてスポンジやトイレットペーパーでこすっていきましょう!

クエン酸を使ったトイレのお掃除方法についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も見てみてくださいね♪

重曹の使い方と掃除方法

重曹はアルカリ性なので、酸性の汚れに効果的です。アルカリ性の塩素系漂白剤と同じように、便器やタンク内の黒ずみやぬめりをキレイにしてくれます。

また、重曹には消臭効果もあるので、重曹で便器内をお掃除すれば、トイレ独特の嫌なニオイも消してくれますよ!

重曹の使い方

重曹は、水に溶かして、重曹スプレーとして使います。重曹スプレーの作り方はとっても簡単。40℃くらいのぬるま湯200mlに、重曹小さじ2を加えて、混ぜ合わせ、100均などに売っているスプレー容器に入れるだけ。クエン酸と同じように、汚れに直接吹きかけ、スポンジやトイレットペーパーでこすって汚れを落とします。

こちらの記事では、重曹を使った効果的なトイレのお掃除方法について紹介しています。合わせてご覧ください。

 

トイレ用洗剤おすすめ8選

汚れ別の洗剤の使い方がわかったところで、おすすめの洗剤を紹介したいと思います。

中性洗剤

トイレ マジックリン

汚れを落とすだけでなく、消臭効果もついているトイレマジックリンは毎日のトイレの後にワンプッシュするだけで、日常のお手入れが終わります。楽にトイレをキレイに保ちたい!という人におすすめの中性洗剤です。

おすすめ
[PR]

商品画像
消臭ストロング トイレマジックリン トイレ用洗剤 スプレー 本体 400ml

スクラビングバブル 流せるトイレブラシ

掃除のプロ、茂木和哉さんもおすすめする、使い捨てタイプのトイレブラシです。ブラシの中に洗剤が染み込んでいるので洗剤不要、不衛生なブラシを保管しておく必要もない、とっても掃除が楽になる商品です。掃除後はそのままトイレに流すだけなので、ゴミ箱に捨てる手間も省けます。

おすすめ
[PR]

商品画像
スクラビングバブル 超強力トイレクリーナー 400g

酸性洗剤

サンポール

「サンポール」は長年に渡って愛されてロングセラー商品です。その特徴は、高い洗浄力!月日をかけて固まってしまった尿石や水垢など、こびりついてしまったアルカリ性の汚れをしっかり落としてくれます。

使い方は気になる部分にかけてから、10分ほど待ち、流すだけ!

ただし、塩素系洗剤と一緒に使うと、有害なガスが発生してしまい危険なので、注意が必要です。

おすすめ
[PR]

商品画像
サンポール トイレ洗剤 尿石除去 酸性 1000mL

トイレのルック

「トイレのルック」は、液が高粘度で、とろーりとしているのが最大の特徴。フチ裏にぐるっと液をかけても、ムラなく全体に行き渡るので、便器に汚れを残しません!しかも、ボトルのネックが長くなっていて、フチ裏の奥にも液がかけやすくなっています。

液は酸性ですが塩素は無配合なので、酸性の洗剤に特徴的な、ツーンとしたいやな臭いがありません!加えて、ハーブ成分が配合されていて、除菌と消臭までできちゃいます。

おすすめ
[PR]

商品画像
トイレのルック 除菌消臭EX 本体 450ml

アルカリ性洗剤

トイレハイター

トイレハイターは、99.99%の除菌効果があり、菌の根元までしっかりと除菌することができます♪また、トロッとした液体状で、しっかりと汚れに絡みついて落とし、さらに汚れがつくことを防いでくれる防汚効果もあるという優れもの。

直接肌に触れると肌が荒れてしまうことがあるので、使用する時は、ゴム手袋を着用しましょう。

おすすめ
[PR]

商品画像
除菌洗浄 トイレハイター 500ml

ドメスト

トイレハイターの刺激臭が苦手…という方におすすめなのが、アルカリ性の臭いを抑えたドメストです。トイレハイターと同じようにトロッとした液体状なので、便器の中にかけて流すだけで掃除をすることができます。

便器のふち裏にもかけやすいノズルの形なので、汚れが残りやすい隅の部分まで徹底的に掃除することができます。

おすすめ
[PR]

商品画像

汚れを予防するための洗剤

トイレ掃除用の洗剤を紹介しましたが、そもそもトイレに汚れが溜まらない方がいいですよね。そこでここからは、汚れを防止するためにあると便利な洗剤を見ていきましょう!

液体ブルーレット

トイレの手洗い部分に置いておくだけなのがこの、液体ブルーレット。毎回水を流す度に、界面活性剤の力で、黒ずみが付いてしまうのを防いでくれるんです。

置いておくだけなのでとっても便利で、洗剤を使わなくても、便器の中を清潔保つことができますよ♪1つで約1ヶ月間効果が持続するのも、人気の理由の1つです。

おすすめ
[PR]

商品画像
液体ブルーレットおくだけ除菌EX トイレタンク芳香洗浄剤 本体 スーパーミントの香り 70ml

トイレスタンプ

便器の中に、スタンプのようにジェルを出してつけるだけのトイレスタンプ。トイレタンクに手洗い部分が付いていないタイプのトイレでも使うことができます。水を流す度に、濃縮されたジェルから洗浄・防汚成分が溶け出し、水たまり部分から便器の際までキレイに保ってくれるという仕組み。1回のスタンプで約1週間、1本で約6週間持続します。

おすすめ
[PR]

商品画像
スクラビングバブル トイレスタンプ

便器の中に、スタンプのようにジェルを出してつけるだけのトイレスタンプ。トイレタンクに手洗い部分が付いていないタイプのトイレでも使うことができます。水を流す度に、濃縮されたジェルから洗浄・防汚成分が溶け出し、水たまり部分から便器の際までキレイに保ってくれるという仕組み。1回のスタンプで約1週間、1本で約6週間持続します。

トイレスタンプクリーナーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね♪

まとめ

今回は、トイレ掃除用の洗剤を紹介しましたがいかがでしたか?むやみにたくさんの洗剤を買うのではなく、用途に合った正しい洗剤を用意することが、トイレ掃除を楽チンにするための鍵なんです。

おさらいすると、

・中性洗剤
・酸性洗剤
・塩素系漂白剤

は持っておきたい洗剤でした。今回紹介した洗剤はどれも、とっても優秀なので是非試してみて下さい♪

毎日使うトイレをピカピカに保てば、もっと気持ちよく生活できるかも?

 

※本記事の内容は、本記事作成時の編集部の調査結果に基づくものです。
※本記事に掲載する一部の画像はイメージです。
※本記事の内容の真実性・確実性・実現可能性等については、ご自身で判断してださい。本記事に起因して生じた損失や損害について、編集部は一切責任を負いません。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がYOURMYSTAR STYLEに還元されることがあります。
※本記事のコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。


口コミ80,000件以上
しつこい汚れはプロにお任せしませんか?
トイレは毎日使う場所。お掃除をさぼっていると黒ずみ・水垢汚れがどんどんたまってしまいます。「汚れがひどくて手に負えない!」なんてことも。そんなときは、お掃除のプロに依頼するのがおすすめ。専用の洗剤や道具でトイレをピカピカにしてくれますよ♪
トイレクリーニングの相場
7,000円(税込)〜 /1台

お住まいの地域から選ぶ