LET'S VIBRAM SOLE

アスクマイスター

あなたのマイスターに登録している2,500人のプロが、皆さんのあらゆるお悩みに答えます

革製のオールソールと、ラバーのオールソールでは、履き心地にどのような違いがありますか?それぞれどのような状況で履くのがおすすめですか?

関連している質問をみる

職人さんの回答まとめ

履き心地は、革の方が硬く、ラバーソールの方が柔らかいです。また革は通気性がありますが、雨に弱いです。一方で、ラバーソールは通気性は悪いですが、雨に強いです。通気性や天候に合わせて履かれるのがおすすめです。

職人さんのすべての回答をみる

修理の頼みかた簡単3ステップ

さらに詳しく

1.写真を撮る

写真を撮って、頼みたい職人さんに送ります。

2.相談する

修理内容の提案や金額の見積もりが届きます。職人さんと相談して修理内容を決めます。

3.直したいものを送る

職人さんに直したいものを送ります。

職人さんの回答一覧

革製のオールソールと、ラバーのオールソールでは、履き心地にどのような違いがありますか?それぞれどのような状況で履くのがおすすめですか?

ラバーの方が履き心地とグリップが良いが、蒸れやすいのが欠点です。革製だと蒸れにくいが、削れやすく雨にも弱いです。そういったことを加味してのご利用をおすすめします。

ゴムソールですと少々の雨に強いです。革底ですとヘリは激しいですが履き心地はいいです。

革製は晴れた日に履くといいです。履き込むと自分に合うのも革製の特徴です。ラバーはいつでも履けるのが長所です。何足も持つことをオススメします。

革のソールは足馴染みが優れているので履き心地重視の方におすすめです。ラバーソールはグリップ力と耐久性に優れているのでよく歩く方や雨の日にも履きたい方におすすめです。

ラバーの方がクッション性が高く歩きやすくて、革製は自分の足の形に少しずつ馴染んでいきます。

ラバーのほうがソフトな接地感触となっています。お客様の好みかと思います。

BROSENTさん (東京都)

レザーソールは吸湿性が高く、反発力があるので通常の歩行に適しています。ラバーソールは部材により特徴が違う上に相当な種類があるので書ききれません。

革製は足なじみが良いと思います。また昔ながらの伝統があり、雰囲気もかっこいいです。ただ、水に濡れてしまうと硬化してしまうという欠点があります。ラバーはとにかく使いやすいのが特徴です。redwingやREGALユーザーでラバーにしてる人は多いイメージがあります。…

革製は足なじみが良いと思います。また昔ながらの伝統があり、雰囲気もかっこいいです。ただ、水に濡れてしまうと硬化してしまうという欠点があります。ラバーはとにかく使いやすいのが特徴です。redwingやREGALユーザーでラバーにしてる人は多いイメージがあります。水にも強い特徴があります。

すべてを表示する

滑るか滑らないかが第一です。革は滑りやすく、ゴムは滑りにくいです。ただ、革の方が持ちがいいため、高級な靴などはほぼ全て革のソールが多いです。営業で動くことが多いかたが、ゴム。ドレスコードで上品に行きたい方は革靴など、用途によってソールを選んでいただくのがいいと…

滑るか滑らないかが第一です。革は滑りやすく、ゴムは滑りにくいです。ただ、革の方が持ちがいいため、高級な靴などはほぼ全て革のソールが多いです。営業で動くことが多いかたが、ゴム。ドレスコードで上品に行きたい方は革靴など、用途によってソールを選んでいただくのがいいと思います。

すべてを表示する

革製の場合、通気性とクッション性が高まりますが、耐久性とグリップ力が弱くなります。ラバーの場合は、耐久性とグリップ力が高まりますが、素材によっては硬さを感じるかもしれません。どちらを使用するかは好みにもよりますが、アスファルトをたくさん歩くような方はラバーの方…

革製の場合、通気性とクッション性が高まりますが、耐久性とグリップ力が弱くなります。ラバーの場合は、耐久性とグリップ力が高まりますが、素材によっては硬さを感じるかもしれません。どちらを使用するかは好みにもよりますが、アスファルトをたくさん歩くような方はラバーの方が長持ちします。

すべてを表示する

レザーソールは弾力性があるため履けば履くほどに徐々に使用者の足型に沈み込んでいき足に馴染みます。 長年履くことでまるで足を包まれているようなフィット感が生み出せます。 通気性もよく足が蒸れにくいこともあります。 しかしレザーソールという素材だけあってすべ…

レザーソールは弾力性があるため履けば履くほどに徐々に使用者の足型に沈み込んでいき足に馴染みます。 長年履くことでまるで足を包まれているようなフィット感が生み出せます。 通気性もよく足が蒸れにくいこともあります。 しかしレザーソールという素材だけあってすべりやすく、水にも弱いのでソールが濡れたまま放置してしまうとカビが生えたりもします。 晴れた日に履くのがいいかもしれません。 ラバーソールはゴムだけあって耐摩耗性に優れていて、滑りにくく水にも強いです。 しかしレザーのように毛穴を持たないので通気性は劣ります。 レザーソールに比べるとケアしなければならない手間が省けるので楽です。 雨の日に強いといえます。 両方のメリットデメリットを踏まえてシーンで使い分けるのが良いです。 もちろん履き方やソールの仕様の変更などご相談に乗ります。

すべてを表示する

革のソールはそもそも昔の石畳などの道路の時代の物で、現在のアスファルト道路には向いていません。 いまではファッションの一部と考えているメーカーもあります。 の本の道路ではラバーソールが滑らずに歩き易いですので、当店ではラバーソールをお勧めしています。

雨の日 ラバーオール 晴れの日レザーオールソール でお履きください。

革製は履きこむ事によって足に馴染みますので革製の方が履きごこちに関してはよいかと思います。

革は滑りやすいので、滑りが気になるのならラバーがいいでしょう。靴が軽いのがいいならスポンジ素材が軽くていいです。

簡明に申し上げます。革底は、通気性に優れますが、摩耗し易く特に、雨・水に弱いです。ラバーは通気性に劣りますが、摩耗・雨・水等に強い傾向があります。

革は足に馴染みがよく、通気性もゴムに比べて良いです。雨なとには革底より、ゴム底の方が良いと思います。

お客様の好みにもよります。ラバーにすると雨に強いという特徴があります。履き分けをすることをオススメします。一つの靴を使うのであればラバーにすることをオススメします。

革のオールソールは、最初は滑りやすいですが、馴染んでくるので歩きやすくなる思います。ゴムは革より耐久性があるため、ヘリが少ないというのがあると思います。高級靴など、靴が好きな方は革のオールソールを利用されることが多いと思います。

AMOLIRさん (東京都)

トップリフトラバーは、主に1.耐摩擦力の違い 2.厚みの違い 3.デザイン性の違い 4.滑りにくさ 5.しなやかさに別れます。

シルエットなどを優先されるのであれば、レザーソールがおすすめです。営業などでガシガシと履く場合は、ラバーソールがおすすめです。

革底の場合は滑りやすかったり減りやすい点がありますが、好きな人も多い素材です。場合によってはハーフソールを貼ることで滑りや減りやすさをカバーできます。ラバーソールは雨の日などに滑りにくいなど利点があります。

革製=高級感があり履くほどに返りがつき足になじみます。滑り易くへりが早いです。ラバー=滑りにくく頑丈です。

履きごごちは人それぞれなので難しいですが、ラバーの方が歩きやすいとは聞きます。雨の(地面が濡れている)日はラバーの方がお勧めです。

ZEEK70さん (兵庫県)

特徴として革の方が硬く、ラバーの方が柔らかいです。革は高級感と昔ながらの製法が特徴ですが、水に弱いという弱点もございます。ラバーは丈夫ですが安っぽく見えることが多いです。お客様の好みによるかと思います。

革のオールソールは、滑りますが通気性がいいため、靴の中が蒸れにくいです。ゴムだと滑りにくく、歩きやすいですが、通気性が悪いため、匂いがこもってしまう可能性があります。

BOILさん (京都府)

レザーオールソールの方が若干硬いイメージがあります。基本的にレザーは晴れた日、ラバーは雨の日とお考えくだされば問題ないかと思います。

元々本革のソールは本革で交換します。本革のソールは雨の日以外、ラバーは一般的に使用できます。

革製のオールソールは履いている足に馴染むが、ラバーソールはそうならないです。両者ともに履き心地は変わります。雨の日は、革製は避けるべきですね。

お悩みランキング

1位

靴のカビを取り除いて欲しいのですが、プロに頼めば綺麗に取り除いてもらえますか?また、カビが生えないように日頃から何を気をつければ良いですか?

カビは除去できますが長年放置したものは色喰いしている場合もありますので… 詳しくみる

2位

靴の修復が不可能だと判断された場合、業者さんに送った靴や負担額はどうなりますか?

基本は実物を確認で判断、実物難しい場合写真でも判断できる。修復不可能と… 詳しくみる

3位

靴の色補正について、どんな色の靴でも補正をお願いできますか?また、補正してもらう際に使用する色を指定させてもらうことは可能ですか?

ラメなどが入ってる靴も色補正することが出来ます。エナメルは、構造上の説… 詳しくみる

4位

靴のヒールを、元の高さよりも高いヒールに交換していただくことは可能なのでしょうか?また、違う高さのヒールをつけると靴が壊れやすくなりますか?

可能ではありますが、限界は当然あります。お靴は元々、木型から成形されて… 詳しくみる

5位

靴修理のプロに、レザー素材の赤いスニーカーをクリーニングしてもらいたいのですが、色落ちしないプロならではのクリーニング方法があれば教えて下さい。

やはりプロに任せるのが一番だと、おもいます。 詳しくみる

作業事例から見積もりを依頼

Before

After

■参考価格:¥1,000■ブランド:PARADA(プラダ)■原因は様々ですが、雨... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥4,860■ブランド:PRADA プラダ ■外見ではわからないで... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥1,000■ブランド:CHANEL(シャネル)■靴内側に溜まった汗... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥2,000■ブランド:REGAL(リーガル)■コードバン特有の革質... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥3,780■ブランド:redwing レッドウィング ■クリーニン... すべてを見る

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

新着口コミ

Itohさん(50代男性)

靴磨き

靴の修繕

星星星星星 5.00

大変満足しています。 メッセージも頻繁に頂いて安心して お願いできました。 お願いした前後の写真をアップします。

ヤスさん(40代男性)

靴磨き

仕上がりに満足

星星星星星 4.40

傷だらけになったために、履けずにしばらく寝かせていたブーツが綺麗になって帰ってきました。これから大切に使おうと思います。新しい靴を買う訳でなく愛着持っ... 詳しくみる

月間ランキング

おすすめマイスター

閲覧履歴