【エアコンの引っ越し】絶対損しない!取り付け・取り外しの料金は?

レイチェル

更新日:2019年03月18日

 

引っ越しするときに、今使っているエアコンを引っ越し先に移設して使い続けるのか、それとも新しいものを買い替えるのか迷いますよね。

「移設」か「買い替え」どちらにするか決めるには、今使ってるエアコンの性能を調べることがポイントになってきます!

加えて、引っ越しにかかるお金も安くはないし、移設する場合はできるだけお得な方法も知りたいですよね。

この記事では、

・エアコンの性能診断方法
・エアコン移設の料金相場
・エアコン買い替え時の中古エアコン処分方法

を徹底的に解説します!

今使っているエアコンの性能を調べよう!

まずは、今使っているエアコンの性能を診断していきましょう。診断に使えるのは、環境省が出している「しんきゅうさん」というサイトです。
このサイトでは、「購入年」「部屋の広さ」「メーカー」「型番」を入力し、「今使っているエアコン」と「これから購入予定のエアコン」の年間消費電気量年間電気代年間CO2排出量の差と、年間CO2の吸収量を出してくれます。

出典:省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」-COOL CHOICE

私が2007年に購入したエアコンは、同じメーカーの最新機種と比べると、年間消費電力量140kWh、年間電気代が3,780円がかかってきます。

もしこのエアコンをこれから10年間使い続けると、電気代が37,800円になってしまいます!37,800円であれば、エアコンを買い換えることも可能ですよね。

古いエアコンを使っていると、効きが悪くなり、快適な室温になりづらいです。また、故障のリスクもあるので、この場合は、エアコンを移設せずに、新しいエアコンを買いましょう。

エアコンの寿命買い換えのタイミングについては、こちらも参考にしてください。

エアコンを「移設」すると決めたら

エアコンのスペック診断で、最新機種と大差がない場合は、新居に移設してまだまだ使っていきたいですよね。

他にも、

有名メーカーである
・購入時の値段が高い
・使用年数が短い(5年以下
・引っ越し先が賃貸で、また引っ越す予定がある

上記の条件に該当する場合は、移設してそのまま使っても良い場合が多いです。

移設を依頼するのは引っ越し業者さん?専門業者さん?

引っ越しの時にエアコンの移設をしてくれる業者さんは、どのようなところがあるのでしょうか。

主に「引っ越し業者さん」「専門業者さん」の2つがあげられます。どっちに依頼するのか迷いますよね。
それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

引っ越し業者さん

メリット

引っ越しと一緒の手続きなので、手間がかからない

引っ越し業者さんには「エアコン移設サービス」などという名目で、引っ越しと一緒にエアコンを持って行ってくれるサービスが追加できるようになっています。

業者さんを探す手間や時間が省け日程調整も引っ越し日と一緒で楽なのが良いですね。

デメリット

値段が高い

引っ越し業者さんは、エアコンの取り付け・取り外しのプランを扱っていますが、専門業者さんに比べると値段が高いです。相場は1台あたり15,000円~20,000円ほどになっています。

追加料金がかかる恐れがある
配管類の交換・延長、ガスの補充などが基本料金に入っておらず、追加でかかってくることがあります。

引っ越し業者さんが直接エアコンの取り付け・取り外しを行うわけではなく、子会社・二次請けの業者さんに依頼することがほどんどです。

そのため引っ越し業者さんの営業の言っていた見積もりと、実際に施工する業者さんの請求金額が追加料金によって変わり、トラブルになることもあります。

引っ越し業者さんにエアコン移設を依頼するときは、実際に施工してくれる業者さんに直接連絡を取って、見積もりを出していただくことをおすすめします。

POINT
エアコン移設は引っ越し業者さんはやらず、子会社や二次請け業者さんが行う

 

専門業者さん

メリット

値段が安い

基本料金が追加料金がかかりにくい設定になっていることが多く、引っ越し業者さんよりも安いです。相場は一台あたり8,000円~15,000円です。

デメリット

専門業者さんを見つけ、依頼する手間がかかる

専門業者さんは個人経営でやっている場合も多く、料金設定もバラバラです。依頼するまでに、業者さんを決めて、料金設定について問い合わせて、と手間と時間がかかります。また、追加料金がかかる条件など、明記しているところも少ないことから、直接問い合わせて見積もりをだしてもらうことが大切です。

エアコンの移設の料金は業者さんによっても違いますが、移設したいエアコンの状態や、取り外しす環境移設先の環境によっても変わってきます。

基本料金にプラスして、追加料金がかかってくることにもなるので、「思っていた金額よりも請求金額が高かった!」と驚かないためにも、自分のエアコンの移設がどのくらいの値段でできるのか知っておきましょう。

POINT
エアコン移設の料金はエアコンの設置状況、移設先の状況によって違う

 

エアコンの移設を引っ越し業者さんよりも安く行いたい方は、ぜひ専門業者さんに依頼しましょう!

プロのエアコン取り付けについてもっと詳しく

追加料金表がしっかり記入してある業者さんに頼むと、より安心ですね。

「損しない」エアコン移設の費用とは?

エアコン移設の費用については、「引っ越し業者さん」「専門業者さん」どちらも、自分のエアコン移設の場合の料金について直接問い合わせることが大切です。

ただ、何も分からない状態で、何を問い合わせればよいのか分かりませんよね?まずは、エアコン取り付け・取り外しの料金設定について確認していきましょう。

エアコン取り付け・取り外しの料金

「引っ越し業者さん」「専門業者さん」どちらも、エアコンの取り付け・取り外しの料金設定は、「基本料金+追加料金」という構造になっています。

基本料金についてはあらかじめ、ホームページなどに記載がありますが、追加料金については詳しく書いておらず、施工をした後に知らされることもあるようです。基本料金が安く、その業者さんに依頼しても、追加料金がかかってきて、想像よりも費用が高くなったという人も少なくありません。

安心してエアコンの移設をするためには、基本料金でどこまでの工事が含まれていて、どこからの工事が追加料金になるのかを直接業者さんに確認することが必要になってきます。

POINT
エアコン取り付け・取り外しの料金大系は「基本料金」+「追加料金」

 

ですが、エアコンについての専門知識がないので、何を問い合わせればよいのか分からないですよね?
しかも、ググったところで、よくわからない専門用語が大量に出てきて余計に混乱するばかり…

エアコン移設に必要な用語について解説しながら、問い合わせるべき項目をみていきましょう。

基本料金(標準工事)に含まれているもの

-配管類(配管・電線・ドレンホース)4m以内
4m以上のホースを使う場合は、室内機と室外機が同一階ではなく、2階に室内機があり、1階に室外機を設置するなどの、特殊設置の場合です。

-室内機と室外機は同一階で室外機は地面またはベランダ設置

「標準工事」といって、追加料金はかかりません。

-配管は化粧テープ巻仕上げ

配管の劣化を防ぐ目的で、配管に化粧テープを巻きます。

-真空引き

エアコンの内部を室温を調整する冷媒ガスのみで満たすために、水分等の遺物を取り除きます。これをせずにエアコンを稼働していまうと、内部の水分が冷やされて、凍り付き、エアコンの冷媒管を傷つけて、詰まらせます。これによってエアコンの効きが悪くなったり、故障の原因になります。

真空引きは必ず施工すべき工事なので、基本料金に入っている場合が多いですが、きちんと確認する必要があります。

注意
真空引きが基本料金に入っているのか確認する

追加料金がかかる場合の相場は、20,000円~です。

追加料金がかかるもの

-配管類(配管・電線・ドレンホース)の延長または、交換が必要な配管類の費用
中古エアコン取り付けの場合、使用していた配管類を再使用することができるのか、業者さんに確認が必要です。
相場は1mあたり3,000円~となっています。

-化粧カバーの取り付け費用

見栄えをよくするために室内機と室外機を繋ぐ配管類を覆うカバーが化粧カバーです。
相場は10,000円~となっています。

-ガスパイプの修理と補充の費用
エアコンのガスとは「冷媒ガス」といい、エアコンの内部で循環して、部屋の中の空気を冷やしたり暖めたりする役割があります。この冷媒ガスが不足すると、エアコンの温度調節の効きが悪くなってしまいます。配管が壊れていると、ガスが漏れだしてしまうので、配管の修理とガスの補充をします。
ガス漏れ修理の相場は15,000~20,000円です。

-配管穴あけ工事一か所の費用

移設先が新築だと、壁に配管穴がない場合があるので新しく開ける必要があります。相場は3,000円~です。

-エアコン容量(kw)の制限
エアコンは部屋の大きさによって容量が異なり、容量が大きくなるにつれて取付施工難度があがります。そのため。「~kw以上のエアコンは別途追加」という風にして、追加料金が発生します。

-室内機と配管穴が離れていることによるドレンホース断熱費用
ドレンホースとは室内機から発生する水を外へ排出するためのホースで、温度差で結露することがあるので、断熱材を巻いて結露を防ぎます。相場は3,000円~です。

-壁にビスが打てない、効かないときに使用する専用危惧(たて桟)費用
室内機を取り付ける壁が、土壁や砂壁などビスが効かない場合には、たて桟という金具を使用します。
相場は3,000円~となっています。

-隠蔽(いんぺい)配管時の状況による追加費用
隠蔽配管とは、エアコンの配管類を壁の中のように、内部に隠し、外から見えないようにする施工方法です。
エアコンの配管パイプを壁の中に埋める工事は普通の配管工事より料金が高くつきます。

-エアコン専用コンセントの電気工事費用
エアコンは容量(kw)にとってコンセントタイプが4種類あります。専用コンセントタイプが取付予定のエアコンと合致しない場合は、エアコン取付時に電気工事が必要です。コンセント交換の相場は2,000円~3,000円、電圧切り替えの相場は3,000円~となっています。

-室外機の特殊設置費用
室内機と室外機は同一階で室外機は地面またはベランダ設置ではない場合、「天吊り」「壁掛け」「屋根置き」「二段置き」「立ち下ろし」といって、特殊な設置方法をとります。相場は5,000円~18,000円です。

POINT
直接問い合わせるときに、自分のエアコン室内機・室外機の設置状況と、設置先の状況の「写真」を撮っておくとスムーズです。

エアコンを「買い替える」と決めたら

性能診断で最新機種との差が大きい場合エアコンを買い替えましょう。今使っているエアコンを使い続けると、消費電力がかかり、お財布にも地球にも優しくないですからね。

他にも、

・購入時の値段が低い
・使用年数が長い
・移設先の部屋の大きさが大きくなった
・引っ越し先が購入物件で長く使い続けたい

といった場合はエアコンを新しく買い替えることをオススメします。

エアコンの処分方法とは?

エアコンを買い替えることにして、今まで使っていたエアコンはどう処分したらよいのでしょうか。
エアコンは、2001年に家電リサイクル法が施行され、特定品目の一つとなったことから、エアコンに含まれる有用な資源は回収し、分解し、再利用するようになました。
つまり、エアコンを処分するには、「家電リサイクル券システム」(出典:一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター)と言って、家電リサイクル券を購入し、専用の用紙に記入しなければいけません。

エアコンの取り外しや用紙への記入を自分でやるのは、かなり難易度が高いので、用紙への記入、エアコンの取り外しから搬出・運搬をすべてやってくれるところをご紹介します。

-家電量販店の引き取り処分
家電量販店で新しいエアコンを購入時に、中古エアコンの取り外しや回収・処分を申し込む方法です。この方法が一番手軽で、リサイクル料金収集運搬料がかかります。

-買い取り業者さんに買い取ってもらう
買取業者に依頼する方法です。ただし、使用期間が5年以下の有名メーカなら買い取ることが多いですが、そうでない場合は買い取ってくれないこともあります。

まとめ

引っ越しをする際に、エアコンを持っていくのか、新しいものを買うのか迷った時は、まず、今使っているエアコンのスペックを「しんきゅうさん」で診断してください。

その結果、性能の差が小さい場合は「移設」を、性能の劣化により差が大きく余分なコストがかかる場合は「買い替え」を、を選択してください。

移設をしてくれる業者さんを選ぶには、手間がかからないことや時間を優先する方は「引っ越し業者さん」を、値段の安さを優先する方は「専門業者さん」を検討してみてください。

ただし、どちらも基本料金でどこまでの工事をしてくれるのか、を直接業者さんに問い合わせることが大切です。自分のエアコンの状況を細かく写真を撮って業者さんに伝えると依頼もスムーズにできます。

買い替えることを選択した方で、エアコンの処分に困っている方は、新しいエアコンを購入した「家電量販店」に引き取ってもらいましょう。有名メーカーで使用年数が5年以下の場合は「買取業者さん」に買い取ってもらうことを検討してみてください。

引っ越しをするときのエアコンに関する悩みは、これで解決したのではないでしょうか。

すてきな新生活が迎えられそうですね!

関連記事

エアコンの寿命は10年!?買い替えのサインとメンテナンス法を解説

みなさん、エアコンをどれくらい使っていますか? まだ買ったばかりの方も、10年以上使い続けている方もいると思いますが、エアコンの買い替え時期って、わかりにくいですよね。 しかし、今やエアコンは暑い夏や寒い冬に無くてはなら […]

エアコンから異音がした時に確認!室内機・室外機の故障箇所が分かる

皆さまいかがお過ごしでしょう。 私は最近花粉症が酷く、窓を締め切って毎日を過ごしております。 しかし、窓を閉め切るとなんだか湿気が気になる… というわけで久しぶりにエアコンをつけてみました! いやぁ、現代っていうものは便 […]

エアコンの室外機がうるさい!自分で悩みを解決する2つの方法とは?

  エアコンの室外機がうるさい! うるさすぎて眠れない! …みなさんはそんな経験ありませんか? エアコンで快適なお部屋になり、いざ寝ようと思っても、室外機がうるさくて寝付けなかったら最悪ですよね! 今回は、そん […]

エアコンの振動対策!室外機・本体別の原因や解決方法、予防法を紹介

  「外出たくないな・・・」 「家の中でゴロゴロしたいな・・・」 休日は誰しもそう思った事があると思います。 そんな私たちの味方がエアコン! だけど、いざ使おうと思うと、 「ブゥーーーーーン」と振動音がして、リ […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集