エアコンの室外機がうるさい!自分で悩みを解決する2つの方法とは?

マリノス

更新日:2020年07月02日

エアコンの室外機がうるさい!
うるさすぎて眠れない!

…みなさんはそんな経験ありませんか?

エアコンで快適なお部屋になり、いざ寝ようと思っても、室外機がうるさくて寝付けなかったら最悪ですよね!

今回は、そんな悩みを解消すべく、

・エアコンの室外機の基本的な仕組み
・エアコンの室外機がうるさい理由
・エアコンの室外機を騒音を解消する方法
・エアコンの室外機の賢い使い方
・騒音トラブルへの対応

をどどんと紹介していきます!

ちなみに、我々編集部で20~50代の女性100人に「エアコンの室外機のお掃除をしたことがありますか?」と聞いてみたアンケート結果がこちら…!

なんと、YESと答えたのはたったの10%。想像以上に少なかったです……。

室外機を掃除してあげると、音が解消されるだけでなく、電気代の節約にも繋がるので、ぜひ試してみてくださいね!

エアコンの室外機の基本的な仕組みとは?

まずは、エアコンの室外機がどんなものなのか、なにをしているのかを解説しますね!

エアコンの室外機とは、一言で言うと
「外部との熱のやり取りをする」役割があります。

あまりピンとこないと思うので、冷房を運転したケースで考えてみましょう!

図のように、エアコンは室内機と室外機がパイプでつながっています。

室内機(エアコン本体)は、部屋中の暖かい空気を吸い込み、その際に発生した熱は、パイプを通って室外機の方にどんどん流れていきます。

その際室外機では、

・流れてきた熱を再び冷やす
・熱を外に放出する

の2つの工程が行われており、これこそがエアコンの室外機が存在する意味なんです!

ちなみに、一般的には冷房と暖房では、暖房の方がより多くのエネルギーを必要とするため大きな音がすると言われています。

対策をするのは難しいですが、冬場の方が室外機がうるさくなりやすいと覚えておいて損はないと思います!

エアコンの室外機の4つの部品!

さて、室外機の仕組みがわかったところで、ここからはエアコンの室外機についている4つの部品を紹介します!

エアコンの室外機は大きく、

・熱交換器(フィン)
・プロペラファン・ファンモーター
・コンプレッサー
・吹き出しグリル

の4つの部品から成り立っています!

熱交換器(フィン)

熱交換器とは、その名の通り熱を交換するところのこと!

実際に空気を温めたり冷やしたりする室外機の核となる部分になります!

室外機だけでなく、室内機にも入っている部品で、エアコンにとって必要不可欠です。

プロペラファン・ファンモーター

基本的に室外機は、ファンとモーターがセットになっており、ファンモーターの力でファンを回転させ、風を起こす部品のこと。

室外機を正面からみたときに、扇風機のようにぐるぐると回転しているので、ある意味室外機の顔ともいえる部品かもしれません!

熱を効率良く外に出すうえでは欠かせない部品です!

コンプレッサー

コンプレッサーとはなんぞや!と思うかもしれませんが、日本語でいうと「圧縮機」のことです。

冷媒ガスと呼ばれる熱を運んでくれるガスを圧縮し、高温にさせる部分なんです!

あまりイメージも湧きにくいし、目にも見えにくい部分なので、室外機の裏方的な役割を果たしています!

吹き出しグリル

室外機を正面から見たときに見える、金属の網状の部分のこと。

室外機の内部にゴミが入り込むのを防ぐ役割があります!

蜘蛛の巣や枯葉など大きな汚れがつきやすいので、一番お掃除のしがいがあるところかもしれません…!

室外機はなぜうるさくなる?

それでは本題に移っていきましょう。エアコンの室外機は一体どうしてうるさくなるのでしょうか!

どうしても理由が知りたかった我々編集部は、エアコンクリーニングのプロに「室外機がうるさい原因は何ですか!それはクリーニングで解決しますか!」とインタビューしてみました!

プロのお話をまとめると、室外機がうるさくなる主な原因は大きく、

・室外機にゴミが詰まっている
・室外機の振動
・経年劣化してしまった

の3つが考えられるようです!

室外機にゴミが詰まっている

屋外に設置される室外機には、葉っぱなどの大きな汚れに加え、私たちの目では見えないレベルに細かいホコリやチリなども付着します。

「塵も積もれば山となる」ってよく言うと思いますが、まさにその通りで、その汚れがフィンなどに蓄積していくんです!

その結果、空気の循環がうまくいかなくなり、音が鳴ってしまうというメカニズム。

カラカラ音がなり始めたら枯葉などがつまっている可能性が高いです!

室外機の振動

振動によって、室外機のカバーが壁とぶつかり合うことで音が発生していることもあります。

そんな時は、室外機の周りを片付けたり、位置を変えたりすれば静かになるケースも多いんです!

室外機の位置を確認してみて、壁と近すぎないか確認してみてください!

室外機は、置く場所を間違えると音の原因になるだけでなく、ゴミもたまりやすくなるので注意してくださいね。

経年劣化してしまった

ゴミもしっかり掃除したし、置く場所も直した!
それなのに、なぜか騒音が改善されない…。

そんな時は、経年劣化してしまっている可能性が高いです。

経年劣化とは簡単に言えば故障ということですから、実はお掃除のプロも解決は難しいです。

一度プロの方に相談してみるのもいいですが、交換する必要があるかもしれません…。

1つ1つのプロの声は「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めています!プロの確かな意見は参考になること間違いなしです。

室外機がうるさくなる理由、理解できましたか?

・室外機にゴミが溜まっている
・室外機の振動

この2つに関しては自分で解決できるケースもあるので、その解決方法、教えちゃいます!

室外機をお掃除して騒音を解決しよう!

室外機について色々分かったところで、実際にお掃除を進めていきましょう!

ゴミが溜まっている場合は自分でお掃除できる可能性があるので、ここでは、

・外側&吹き出しグリル
・フィン

2箇所のお掃除をご紹介していきます!

それぞれ家にあるものでお掃除できるので、試してみてくださいね!

外側&吹き出しグリルはささっと済ます!

まずは室外機の外側の汚れと、吹き出しグリルのお掃除から!

用意するもの

・ほうき
・掃除機

   手 順  

1. ほうきでまわりのゴミを取り除く

まずはほうきで軽く掃いて、枯葉やホコリを綺麗にしましょう。小さめのブラシなどで掻き出しても良いですね!

場合によってはクモの巣や枯葉がひっかかっている場合もあるので、払い落としちゃってください!

注意
ほうきを無理に突っ込まないようにしましょう!

内部の機械を壊してしまう恐れがあるので、ほうきは押し込まず、表面だけ優しく触れるようにしてあげてください!

フィン部分は意外と鋭利で手を切る危険性がありますし、モーターなどに水がかかったら、とても危険なんです…。

自分で分解できるものもありますが、分解する必要が出てきた場合は無理せずにプロにお願いしましょう!

2. 掃除機で汚れを吸い取る

続いて、ほうきでは綺麗にできなかった細かい汚れ、ちょっと奥の方に入りこんだ汚れを、掃除機で吸い取って綺麗にします。

3. 泥汚れが気になる場合は、濡れ雑巾で拭く

泥汚れなど、ほうきではとりきれない汚れが気になる場合は、濡れ雑巾でまわりを拭いてください!

内部は水に弱い部品が多いですが、外側は水に弱いということはないので、水をたっぷりつけても問題ありません!

これで完了です!
室外機の故障にも繋がるので、注意しながらささっと済ませちゃいましょう!

フィンのお掃除は慎重に!

続いて、室外機の裏側にあるフィンをお掃除していきましょう!

繊細な部品なので、丁寧に優しくお掃除してくださいね!

用意するもの

・ブラシをつけた掃除機
・歯ブラシ

   手 順  

1. ブラシをつけた掃除機でゴミを吸い取る

掃除機のブラシの部分だけが室外機に触れるようにしてください。

フィンはデリケートなので、近づけすぎると故障の原因になってしまいます!

注意

室外機の後ろの金属の板は、優しく触れましょう!

室外機の後ろの金属は壊れやすいので、優しく触れてあげてください!

中でも、室外機の裏にある細かい金属の板は特別繊細です!

プラスチックなどの硬い部分がガツンと当たっただけで倒れてしまう恐れもあるので、特に気を使って対応してくださいね!

2. ブラシで細かい汚れを綺麗にする

掃除機を使った後は、ブラシで細かい汚れも綺麗にします。

このときもブラシの部分だけが室外機の後ろに触れるよう注意してください!

正直なところ、自分でできる室外機のお掃除はここまでが限界です。

繰り返しになりますが、あまりに凝ってしまうと故障の原因となるので、気をつけてくださいね!

徹底的にお掃除したい場合は、プロに頼むのが吉かもしれません!

室外機はスプレーで掃除してもいい?

網目の向こう側、手の届かない部分のお掃除は困りますね。無理にほうきを突っ込むわけにはいきませんし・・・

ここで多くの方が思いつく手段としてスプレーなどを使った掃除方法があります。空気なら、手などが入りにくい場所にも届きますからね!

しかしその発想、室外機にはあまり良くありません。なぜ使わない方が良いのか、どうしても使いたい時の注意点はなにか、見て行きましょう!

室外機のお掃除は基本スプレーNG!

まずはなにが問題なのかです。
気を付けたいポイントは4つあるので、それぞれ見ていきましょう。

ホコリが詰まる原因になる

スプレーを使用すると、確かに一見ホコリは除去できたように感じます。

しかし本当にそうですか??

まとまっていたホコリは砕けて小さくなり、より奥へと入り込んでしまいます。パーツのスミなど、よりやっかいなポイントにホコリが溜まり、固まるかもしれませんね。

取れたように見えていたホコリやチリは、別の場所に移動しただけだったのです。これが原因で大事な部分にホコリが詰まり、故障に繋がる可能性もあるのです。

汚れは落ちていない

上でお話したように、ホコリなどの軽いものは吹き飛ばすことはできます。

しかし室外機の汚れはさまざま。一度濡れて固まったような頑固な汚れは、そもそも掃除できないのです。

カビの原因になる

スプレーの成分にはカビを防いでくれるものもあります。しかしこれが問題点に。

内部に残った成分が、逆にカビの温床と化してしまうのだそうです。室外機の内部は拭き掃除ができないので、対処は難しそうですね。

メーカーが推奨していない

まずメーカーは、基本的にスプレーでの掃除を推奨していません。理由としては、うえで上げたことがほとんどですが、予期せぬ故障も考えられるのだとか。

もともと室外機は外に置かれることが前提で作られているので、汚れには強いです。スプレーで内部から故障を招く方が、危険なのかもしれませんね。

それでもスプレーで掃除したい時の注意点は?

それでもスプレーを使って掃除がしたいという方もいると思います。ですので、ここでは最低限気を付けて頂きたいことを書いておきます!

くれぐれも故障にだけはお気をつけください。

電源コードを抜く

スプレーによる液だれでショートしてしまっては大変です。まずは確実に電源コードを抜いておきましょう。

拭ける範囲でお掃除を

先ほど、残った成分はカビの原因になるというお話をしました。ですので、お掃除をする時はきちんと拭ける範囲で行いましょう。

内部の汚れが気になることもありますが、カビが生えては逆効果ですからね。

最悪の場合はプロに任せてしまうのも手です。メーカーが推奨しているのはむしろこちらなので、お掃除は無理のない程度にしましょうね!

室外機を固定して騒音を解決しよう!

室外機の振動が気になる場合は、固定してあげることで解決するかもしれません!

なんか室外機のガタガタが大きいな…。

そんな時にオススメしたいのが、こちらの「防振パット」というアイテム!

おすすめ 商品

商品画像
TRUSCO(トラスコ) 防振パット

カッターナイフで切るだけで簡単に加工ができ、室外機の角に置くならもってこいなんです!

室外機の重さにも耐えられる耐久力もあるので、荷重の大小にかかわらず安定した防振効果が得られますよ!

これを図のように室外機の下の部分つけるだけで効果が得られます!

壁にあたってるわけじゃないのになんとなくガタガタうるさい

そんな時は、室外機に敷いてあげるといいですね!

室外機の使い方を工夫して賢く節電せよ!

実は、室外機の使い方を工夫すれば、電気代の節約にも繋がるんです!

2つの方法でお得に使えるようになるので、ぜひ試してみてください!

室外機の周りはスッキリと

まず一つ目は、室外機の周りを片付けてすっきりさせる方法。

室外機の周りにものがたくさん置いてあると、熱を放出する効率が悪くなるんです。

そのため、室外機の正面や半径20cm以内には物を置かないようにしてみてください!

夏は涼しく、冬は暖かく

室外機の置き方も、実は節約に繋がるんです!

具体的には、夏は室外機が日陰になるように、冬は日光が当たるようにするのがGOOD!

室外機も人間と一緒。夏は涼しいほうが嬉しいですし、冬は暖かいほうが気持ちいいんです!

熱を排出する効率が良くなり節約に繋がるので、ぜひ試してみてくださいね♪

ご近所トラブルにも…。騒音のクレームはどうする?

おすすめ 商品

商品画像
因幡電工 エアコン用消音防虫弁 おとめちゃん DHB-1416

エアコンの室外機があまりにもうるさいと、ご近所トラブルに発展する可能性もあります!

そこで、エアコンがうるさいと苦情が来た時はどう対処するべきなのか、その極意を一緒に学んでいきましょう!

住宅の種類によって対応も変わってくるので、

・一軒家の場合
・賃貸の場合

の2つにわけてご紹介しますね!

一軒家の場合

ちょうど自分でも気になっていたなど、あきらかに音が気になる場合は原因を解明して修理するなり対策する必要があります。

しかしごく稀に、そこまで音がうるさくないはずなのに苦情が来ることもあると思います。

その場合は、自治体の騒音対策課に連絡して「騒音」とされる地域の基準値(デシベル)を確認し、それをクリアしているか確認してみてください!

賃貸の場合

お住いが賃貸物件の場合は、

・賃借人が取り付けた場合
・自分が取り付けた場合

で、対応が異なります!

賃借人が取り付けた場合

契約内容にもよりますが、基本的には賃借人が管理する事になっています!

もしクレームが来たら、まずは管理会社に相談して、不良箇所がないかチェック・修理して欲しい旨を伝えましょう。

管理会社が対応し、近隣住民に報告までしてくれるはずです!

自分が取り付けた場合

もともとエアコンの室外機がなかったけど、欲しくなって自分で取り付けた!

そんな時は、一軒家と同じ対応をする必要があります。

管理会社も責任を取ってくれないので、自分で解決するようにしてくだい!

騒音トラブルで、無駄なお金を使いたくないですよね。

適切に対処して、お財布にも、ご近所さんにも優しい対応をしましょう!

まとめ

エアコンの室外機の仕組みとうるさくなる原因は分かりましたか?

自分でも解決できるケースもあるので、少しでも気になった方はまず試してみるのがオススメです!

室外機は、エアコンの中では意外と気にしない部品ではあり、一方騒音トラブルの1番の原因となる部品でもあります。

デリケートなパーツも多いので、優しく丁寧に扱い、うるさい音を解消しちゃいましょう!

関連記事

エアコンのリモコンが故障した?照明器具のせいで効かない可能性も!

一年中活躍するエアコン。 リモコンをピッと押すだけで、温度設定、モード設定、風向きの調節などができるなんて、便利な世の中ですよね。 暑くて立ち上がる気も起きない夏場や、寒くて布団からでれない冬場なんてもう、リモコンは女神 […]

エアコンのうるさい音は防振シートで解決!故障や汚れはプロにお任せ

エアコンの音って地味に気になりますよね。 最近は機械の進化により静かになったといえど、気になるものは気になるもの。 そんなエアコンの音が更にうるさくなったら!? 自分が困るだけでなく、ご近所迷惑に繋がることも。 というこ […]

エアコンのホース・配管に化粧カバーは必須!自分で取り付けも可能?

暑い時も寒い時も大活躍するエアコン。本当に便利ですよね。 そんなエアコンには、ホースが必要不可欠。エアコン本体と室外機をつなぐ役割をしています。 ところで、あなたの家のエアコンのホースを見てください。そのホースはむき出し […]

エアコンの室外機がうるさい!自分で悩みを解決する2つの方法とは?

エアコンの室外機がうるさい! うるさすぎて眠れない! …みなさんはそんな経験ありませんか? エアコンで快適なお部屋になり、いざ寝ようと思っても、室外機がうるさくて寝付けなかったら最悪ですよね! 今回は、そんな悩みを解消す […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す