ROOST

店長: 五味 清隆

質問回答数29

ROOSTさんの回答一覧

1~10件を表示 / 全29

靴の修理の技術が高いプロを見分ける基準を教えて下さい。

一見で見分ける事は難しいかもしれませんが、現代ではブログやSNSで修理内容をアップしている修理屋さんはたくさんあります。写真に写った修理が綺麗で、ご自身が納得できそうであれば相談してみると良いかと思います。 実際にお見積もりをして、修理や素材におけるデメリットを聞いてみるのも良いかもしれません。

靴の修理のプロとして、ここだけは自信があるという技術や修理内容があれば教えて下さい。

メンズシューズの修理が大半を占めます。 オールソール(リソール)では、主には機械を使って削り出しなどの作業を行いますが、最後は手作業によって整えます。インク、ワックス、ロウなどを使い高級感のある仕上げをしています。

靴の修理中に業者さんが誤って破損させてしまった場合、保証などは付きますか?

過去、その様な事例は無いのですが、お見積り時点で全て検品しますので、修理をすることで他所が破損する可能性がある場合はお見積りご連絡時にご報告致します。万一当店で破損させてしまった場合は責任を持って無償修理致します。

靴の修理をお願いしたのですが、その靴を近日中に使用したいので、追加料金を払うことで早急に仕上げてもらえますか?

お料金を頂いての時間短縮は致しておりません。お急ぎの場合は、お問い合わせ時にお伝え頂ければ、可能な範囲で対応させて頂きます。

靴の修理をしていて、お客様に満足していただいたと思う瞬間があれば教えて下さい。

リピートして修理を持ち込まれた時は、満足して頂いたと実感しますが、特に遠方からのお客様がリピートして頂いた時は、時間とお金を使って来て頂いていると想像できますので、嬉しく思います。

靴の修理をお願いする際、修理してもらいたい靴を送ってから修理ができないとわかった場合、送料や返送料はかかりますか?

申し訳ありませんが、配送料に関しましてはお客様にご負担をお願いしております。メールを頂いた時点で一度、画像にてお見積もりを取らせて頂きますが、その時点で、画像内で判断できうる判断ミスがあった場合の返送料のみ当方で負担いたします。

靴修理で、ゴム交換で済む場合と、ヒール交換になってしまう場合とでは、何を元に判断していますか?

紳士靴にしても、婦人靴にしても、ゴムの上の層の傷み具合によります。紳士靴で言うと革やゴム、スポンジなどが使用されています。減り具合によってはヒール自体を造り直す場合があります。パンプスなどのヒールの高い婦人靴は主にプラスチックの素材が使用されていますが、この部品が折れたり変形している場合は交換になります。他にもピンヒールの場合、鉄のパイプの中に、文字通り鉄ピンの付いたゴムを差し込んでいるのですが、そのパイプが詰まっている場合はヒール交換になる事があります。

靴についているラメが剥がれてしまったのですが、どのようにお直ししてもらえますか?また、靴のラメを剥がれにくくするために自分で日頃からできるお手入れの方法はありますか?

ラメ入りのクリームがありますので、そのクリームで対応できる場合のみご対応致します。

婦人用の靴のブランドで業者さんがオススメするブランドはありますか?また、その理由を教えてください。

レ・ユッカス。 メンズのデザインを婦人靴に落とし込んだデザインで、製造は歴史あるイタリアのエンツォ・ボナフェ(メンズ靴メーカー)が行っています。その他、チャーチ、グレンソン、クロケット&ジョーンズ、ロイドフットウェア、カルミナなどでもレディース靴を造っています。 パンプス系ではやはりフェラガモでしょうか。カカトの芯が土踏まず辺りまであり、型崩れを起こしにくい印象があります。

数人のプロに靴の修理を頼んだ場合、プロによって作業時間、日数が異なるのは何故ですか?

店舗ごとに修理に対する方針が違います。 スピードに特化した修理屋もあれば、丁寧に時間をかけて修理するお店もあります。それぞれその方針に合わせた材料や道具を使って修理をしますので作業日数も変わってきます。 また、その時抱えている修理靴の数や、働いている職人の人数によって、お預かりの日数は変わってきます。

カテゴリーから探す