エアコン室外機は自分で掃除してお手入れ!電気代の節約方法も紹介!

nissy

更新日:2020年07月10日

みなさんエアコンってお掃除したことはありますか?Yesと答えた方、おそらくそれは室内機のことだと思います。

忘れてはならないのがエアコンの室外機。

衛生的には問題ありませんが、お掃除をしたり、使い方を見直したりすると、経済的にお得になるんですよ!

実際、編集部で20~50代の女性100人に「エアコンの室外機のお掃除をしたことがありますか?」と聞いてみたところ、YESと答えたのは、たったの10%。

想像以上に少なかったです……。

ということで今回は、室外機をお掃除する方法や、効率良く使うための工夫をお伝えします!

注意
本記事では、エアコン内部の洗浄方法について紹介しています。
ただし、誤った方法で洗浄すると火災事故が発生する恐れがあるので、正しい知識を持った業者に依頼することを推奨します。
ご自分でエアコン内部を掃除する場合は、次の2点に十分注意して作業してください。
・エアコン内部の洗浄を行う際は、絶対に電気部品に洗浄液がかからないように注意してください。
・発火、破損のおそれがあるため、消毒用アルコールなどの可燃性の溶液や次亜塩素酸ナトリウムなど腐食性のある溶液で掃除しないでください。

エアコンの室外機の仕組みを簡単に解説

まずは、エアコンの室外機がどんなものなのか解説しますね!

室外機とは
室内機と熱のやり取りを行なっている部分

冷房を例にとって考えてみましょう!

図のように、エアコンは室内機と室外機がパイプでつながっています。

部屋中の暖かい空気を吸い込んだ室内機は、その空気を冷やす作業を行なっています。その際にが発生してしまうのです。

その熱は、パイプを通って室外機の方に流れていきます。

室外機では、主に2つの作業を行います。

・流れてきた熱を再び冷やす
・熱を外に放出する

このようにすることで、熱のやり取りを行なっているのです!

エアコンの室外機の役割で間違われやすいポイントが1つ!

POINT
空気のやりとりはしていない!

あくまで、熱のやりとりだけ、ということですね。

室外機に入っている5つの部品

さて、室外機の仕組みがわかったところで、ここからはエアコンの室外機についている5つの部品を紹介します!

熱交換器(フィン)

熱交換器は、その名の通り熱を交換するところ。空気を温めたり、冷やしたりしています。

エアコンには欠かせない部品で、室外機だけでなく、室内機にも入っていますよ!

プロペラファン・ファンモーター

ファンは、モーターとセットになっています。

ファンモーターによってファンを回転させ、風を起こします。

室外機を正面からみたときに、ぐるぐると回転している部分ですよ♪熱を効率良く外に出すために使われています。

おすすめ 商品

商品画像
くうきれい エアコンファン洗浄剤

ちなみに、ファンクリーナーを使えばファンを自分で掃除できちゃいます!

コンプレッサー

日本語でいうと、圧縮機。冷媒ガスを圧縮し、高温にさせる部分です。

冷媒ガスが、エアコンの室内機と室外機を行ったり来たりして、熱を運んでくれるんですよ。

吹き出しグリル

室外機を正面から見たときに見える、金属の網状の部分です。室外機の内部にゴミが入り込むのを防いでいます。

蜘蛛の巣や枯葉がつきやすいので、一番お掃除のしがいがあるところです。

室外機の汚れが原因で起こる問題

室外機は外にあるので、砂埃や枯葉などが入り込んで、汚れてしまいがち。

汚れると、どんな問題が起こるのでしょうか?

電気代の高騰

一番は、無駄な電気代がかかるという、経済的な問題です。

室外機が汚れていると、部屋の中の熱が効率良く外に排出されません。

例えば、裏側のフィンがホコリ埃まみれになって目詰まりすると、通常よりも余計にフィンを回さなければいけません。

そこで、掃除してスムーズに動くようになると、少ない電力で大きく室温を変えることができますよ♪

エアコンが故障する

先ほど紹介した室外機のフィンは、汚れて目詰まりを起こしやすい箇所です。

そして、目詰まりをすると、エアコンの室外機がうまく機能しなくなり、室内機に余計な負担がかかってしまいます。

これはエアコンの故障寿命が縮まってしまう原因に。そのため、しっかりとお掃除する必要があるんですよ!

室外機がうるさくなる

エアコンを使っているうちに、室外機から大きな音が聞こえるようになったことはありませんか?

そこで、「ユアマイスター」では、エアコンクリーニングのプロに「室外機がうるさい原因は何ですか。この問題は室外機クリーニングで解決できますか。」と聞いてみました!

「あなたの街のお掃除屋さん」 いわさきクリーニングさん(東京都)

大きめのゴミ(葉っぱ・ビニール・ツタなどの紐状のもの)が、室外機のプロペラに接触していることが考えられます。 エアコンを停止させ、室外機が停止したことを確認後、棒状のものなどを活用し、取り除いてください。

スマイロさん(大阪府)

経年劣化によるモーターの不具合や設置状況に問題がある場合はクリーニングでは改善しません。見るからに汚れがたまっている場合はクリーニングで改善することもあります。

プロのお話をまとめると、室外機がうるさい原因として考えられるのは3つになります。

・室外機にゴミが詰まっている
・室外機の振動
・経年劣化

このうち1つ目のゴミが詰まっている場合には、お掃除で綺麗になるようです。

室外機の振動が原因の場合には、室外機の周りを片付けたり、位置を変えたりすれば静かになります。

ただ、経年劣化の場合には、お掃除のプロも解決は難しいです。つまりは故障ということですから、メーカーさんに相談しましょう。

1つ1つのプロの声は「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めています!プロの確かな意見は参考になること間違いなしです。

室外機はどこに設置するべき?

室外機の敵は、なにも汚れだけではありません。
直射日光にもさらされますし、雨や雪なども襲ってきますよね。
外にあるという時点で、室内より環境が悪いことは想像しやすいかと思います。

そんな室外機を少しでも守ってあげるために重要なのが設置場所です。
室内機より大きい上に、厳しい環境に置かれ続ける訳ですから、場所選びはとっても大切。
業者の方も、設置場所によって性能が落ちる可能性を示しています。

お掃除の前に、設置場所に適した条件と置き場がない場合の対処法もお話しておきましょう。
不具合が起きる可能性も下げられるかもしれないので、知っておいて損はないですよ♪

それでは条件から見ていきましょう。

室外機の設置場所の条件

設置スペース

まず気を付けたいのが余裕のあるスペースです。
十分な空間を確保できないと、十分な性能を発揮できません。

その理由は空気の流れにあります。
まず前提として、室外機の空気は背面から空気を吸い込み、前面から出しています。
壁面に近過ぎれば、空気を吸い込みにくくなりますよね。
同じように、前面にものが置かれていると、排出がうまく行えないのです。

他にも、何か不具合があった時にメンテナンスしづらいなどの問題もあります。
十分なスペースを確保できるかは、大切なポイントなんです。

直射日光

直射日光が当たりにくい場所というのも大切なポイント。
せっかく冷気を取り入れようとしているのに、室外機が熱くなってしまえば効果減です。
もし直射日光が当たってしまうような場所に設置されているのであれば、葦簀(よしず)を設置してみるといいでしょう♪
日陰を作ってくれますし、値段も安いものなら1000円程度なのでおすすめです。

逆に、冬場になると外気の熱は欲しいのでまったく日が当たらないのも問題です。
あくまで直射日光が「当たりにくい」場所、という点がポイントです。

風通し

ここまで読んでいるとなんとなく気付くかもしれませんが、風通しも大切です。
常に新しい空気を確保できる状態が望ましいですね!

風通しといえばショートサイクルという現象があります。
前面から排出された空気が、風通しの問題で再び背面から取り込まれてしまう現象です。
これでは同じ空気が巡回しているだけなので、熱交換がうまく行われませんよね。
結果的にエアコンの効きを悪くする原因になってしまいます。

置き場所がない場合の設置方法

では、うえのポイントが確保できない場合はどうしたらいいのでしょう?
壁に治具を設置して、その上に置くなど方法はあるのでしょうが、素人には難しいですよね。

確実な方法を取る為にも、専門業者に相談するのが一番です。
長年そこに設置する訳ですから、不備があっては困りますからね。
また、ご家庭によって状況が変わってしまうのも難しいところです。
先ほど説明したポイント以外にも、地盤や配管など細かい問題があります。

そうした部分も専門業者に相談することで、的を得たアドバイスがもらえます!
自分で解決することに不安を覚えたら、迷わず業者さんに相談してみましょう♪

室外機のお掃除のタイミングや頻度は?

室外機が汚れることによる最も大きな問題は電気代の高騰でした。そのため、エアコンを使い始める前にお掃除はしたいですね♪

目安としては冷房を使い始める前の5月〜6月。もしくは、暖房を使い始める前の10月〜11月がオススメです!

ただ、お住いの地域によってエアコンを使い始めるタイミングは異なるので、「エアコンを使い始める前」ということを覚えておいてくださいね♪

そして、お掃除の頻度は1年か2年に1回がベスト。汚れが溜まりすぎる前にお掃除しましょう!

室外機をお掃除しよう!

さて、エアコンの室外機が汚れていることによる問題を解説したところで、実際にお掃除を進めていきます。

室外機のお掃除は大きく分けて3つ!

・吹き出しグリル
・フィン
・水抜き穴

ひとつずつ紹介します!

吹き出しグリルのお掃除

まずは吹き出しグリルのお掃除から!

用意するもの

・ほうき
・掃除機

   手 順  

1. ほうきでゴミを取り除く

まずはほうきで軽く掃いて枯葉やホコリを綺麗にしましょう。少し小さいブラシなどで掻き出してもよいですね。

注意
ほうきを内部に突っ込まない

内部の機械を壊さないようにしてくださいね。

また、分解する必要が出てきた場合は無理をせずにプロにお願いしましょう!

詳しくプロのエアコンクリーニングについて知りたいあなたはこちらをチェック!

エアコンクリーニングの業者の検索、作業の流れ・価格や時間をみることができますよ♪

エアコンクリーニングをもっと詳しく

フィン部分は手を切る危険性がありますし、モーターなどに水がかかったら、とても危険。

お家で行うのは外側だけの掃除に留めておいてください。

2. 掃除機で汚れを吸い取る

最後にほうきでは綺麗にできなかった細かい汚れや、ちょっと奥の方に入ってしまった汚れを、掃除機で吸い取って綺麗にします。

フィンのお掃除

続いて、室外機の裏側にある、フィンをお掃除します!

繊細な部品なので、丁寧にお掃除しましょう!

用意するもの

・ブラシをつけた掃除機
・歯ブラシ

   手 順  

1. ブラシをつけた掃除機でゴミを吸い取る

掃除機のブラシの部分だけが室外機の後ろに触れるようにしましょう。

注意
室外機の後ろの金属の板は、優しく触れる

室外機の裏にある、細かい金属の板はとても繊細。プラスチックなどの、硬い部分がガツンと当たっただけで、金属の板が倒れてしまいます。

2. ブラシで細かい汚れを綺麗にする

掃除機を使った後は、ブラシで細かい汚れも綺麗にします。このときもブラシの部分だけが室外機の後ろに触れるようにしましょう。

水抜き穴のお掃除

水抜き穴とは
エアコン内部で発生した結露を排出するところ

水抜き穴は室外機の底に付いています。水抜き穴に汚れが詰まっていると、室外機の中に水が溜まって、故障の原因にもなるので、要注意。

詰まっている場合には、割り箸などを用意して、ゴミを取り除きましょう。

室外機の使い方を見直して賢く節電!

室外機が汚れていると起こるのは、経済的な問題でしたよね。電気代を節約するためにできることは、室外機のお掃除以外にもあるのです。

それは室外機の使い方を見直すこと。2つの方法を紹介します!

室外機の周りはスッキリと

室外機の周りにものがたくさん置いてあると、熱を放出するときに効率が悪いです。

そのため、室外機の正面や周り20cm以内には物を置かないようにしましょうね。

夏は涼しく、冬は暖かく

夏は室外機が日陰になるようにし、冬は日光が当たるようにすると◎。

室外機も人間と一緒。夏は涼しいほうが嬉しいですし、冬は暖かいほうが嬉しいのです。

夏は、室外機自体が涼しい状態の方が熱を追い出すときの効率が良く、冬はその逆になります。

エアコン掃除はプロに頼むという手も

ここまでエアコンの室外機の掃除についてみてきましたが、自分で掃除するのは大変かも…と思う方もいるでしょう!

そこで、エアコン掃除のプロに依頼するのがおすすめです。

ユアマイスター では、お住いの地域のプロを簡単に探せちゃいます!

ユアマイスター でエアコンクリーニングを依頼する3つのメリット

ユアマイスターでエアコンクリーニングを依頼すると、こんなメリットがあります!

・作業時間たったの約1時間でプロの技術で超きれいに

・早朝、深夜の作業はもちろん、女性のプロにも依頼できる

・万が一故障が発生したら5万円の保障※


(※ユアマイスター経由で予約をされた作業が原因で何らかの問題が発生した場合。保証期間はユアマイスターのマイページに記載された作業日から30日以内)

みなさんも、ぜひエアコンクリーニングをプロに依頼してみていくださいね♪

エアコンクリーニングの料金・口コミを見る


初めての依頼でちょっと不安…という方のために、こちらの動画で作業の流れを解説しました!

エアコンクリーニングを依頼しようか迷っている方はぜひご覧ください!

まとめ

今回は、エアコンの室外機をお掃除する方法を紹介しました。

エアコンの室外機は、家の外にあるので、みんなに存在を忘れられがち。汚れていても衛生的には問題がないので、お掃除も忘れられがち。

でも、エアコンの室外機をお掃除すると、電気代がちょっとお得に!1年に1回は、汚れ具合をチェックしてみましょう。

さらに、夏は日陰に、冬は日向に移動させると、室外機はもっとはたらきやすくなりますよ。

室外機も賢く使って、エアコンを最大限に活用しましょう。

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 1時間 で解決します
わっ、エアコンの風がくさい!気になるにおいを今すぐ何とかしたい…!忙しくてなかなか時間が取れない、汚れがひどくて自分の手には負えないという方は、プロに頼むという方法もあります。
ユアマイスター』 なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。においの原因のホコリやカビを徹底的にきれいにしてみませんか?

関連記事

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

みなさん、「エアコンクリーニング」って知っていますか? プロがお家にやってきて、エアコンのお掃除をしてくれるサービス それが、エアコンクリーニングです。 普段、自分でするエアコン掃除は、お休みの日にフィルターのホコリを掃 […]

エアコンに送風機能がない?そんな時にカビを作らない裏技を大公開!

エアコンの結露やカビが心配だから、内部を乾燥させたい! そんなとき、室温を変えることなく、内部をしっかり乾燥させてくれるエアコンの送風機能が便利ですよね。 定期的にこの機能を使うことで、エアコン内部の湿度をおさえ、カビの […]

エアコン室外機は自分で掃除してお手入れ!電気代の節約方法も紹介!

みなさんエアコンってお掃除したことはありますか?Yesと答えた方、おそらくそれは室内機のことだと思います。 忘れてはならないのがエアコンの室外機。 衛生的には問題ありませんが、お掃除をしたり、使い方を見直したりすると、経 […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 1時間 で解決します
わっ、エアコンの風がくさい!気になるにおいを今すぐ何とかしたい…!忙しくてなかなか時間が取れない、汚れがひどくて自分の手には負えないという方は、プロに頼むという方法もあります。
ユアマイスター』 なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。においの原因のホコリやカビを徹底的にきれいにしてみませんか?

お住まいの地域から選ぶ