キッチン掃除まとめ|重曹とクエン酸でコンロやシンク周りをキレイに

yusuke

更新日:2021年07月29日

おうちの中で特に汚れやすい場所、それがキッチンです。

コンロの油汚れ、シンクの黒ずみ…。

キッチンの汚れは、あげればきりがありません。

こまめに掃除しても気づいたら汚れているし、もうお手上げ!

そもそもどんな洗剤を使ったらいいのかもわからない…。そんな悩める主婦の方々に朗報です!

キッチンの頑固な汚れも、汚れの種類にあわせた適切なアイテムを使い分ければ、簡単に落とすことができるんです!

今回は、

・シンク
・排水口
・ガスコンロ
・グリル
・換気扇、レンジフード
・電子レンジ
・冷蔵庫
・キッチンの壁、床

のお掃除方法を場所別に紹介していきます!

それではさっそく手順を見ていきましょう…といきたいところですが、敵知らずして勝利無し。

まずはキッチンにできる汚れの種類についてみていきたいと思います!

キッチンの汚れと抑えるポイント

キッチンの汚れはいろいろありますが、実は大きく、

・シンクまわりの汚れ
・コンロまわりの汚れ

の2種類に分類されます。

シンクまわりの汚れ

水垢はもちろん、雑菌のどろっとした汚れ、調理による生ゴミなど、こちらも頑固な汚れが多いです。

臭いの原因になる汚れでもあるので、早めに落としたいですね!

コンロまわりの汚れ

調理による油汚れはもちろん、鍋の焦げ付きなどの汚れもありますね!

さらにやっかいなことに、汚れはコンロだけでなく、壁や床にも蓄積されるのです。

時間とともに頑固になり、どんどんとれにくくなるので、定期的なお掃除が必要になります!

もっとキッチンの汚れについて詳しく知りたい方はこちらの記事もぜひご覧ください!

キッチン掃除の前に押さえておくポイント

キッチンの掃除をするんだから、台所用洗剤とスポンジを使って洗えばいいんでしょ!

そう思っている方、少し考え直してください

キッチンには台所用洗剤だけではなかなか取れない頑固な汚れもあるのです。

しつこい汚れを確実に落とすためにも、次のポイントを押さえてからお掃除にとりかかりましょう!

ガンコな汚れはたわしなどで削ってから洗剤を使う

まず前提として、油汚れや焦げなど、でっぱりのある汚れがある場合は、物理的に削る事が大切です。

コンロ回りや器具にこびりついたしつこい汚れは、 洗剤を使って落とそうとしてもなかなか汚れの根元まで浸透しないのです。

スポンジでこする前に、できる限り汚れを削っておきましょう!

酸性にはアルカリ性、アルカリ性には酸性の洗剤を使う

実は、「汚れ」と一口に言っても、【酸性の汚れ】と【アルカリ性の汚れ】があるのです。

例えば、酸性の汚れと言えば「油汚れ」があります。

この油汚れを落とすためには、アルカリ性の洗剤を使うのが最も効果的なのです。

反対に、アルカリ性の汚れと言えば「水垢の汚れ」が挙げられます。

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤が効果的なので、水垢汚れに困っている時には酸性の洗剤を使用すればいいのです!

このように、自分が落としたい汚れは酸性なのか、アルカリ性なのかを把握した上で洗剤を選ぶことが大切ですね。

キッチン掃除にオススメの洗剤

よし、キッチン掃除しよう!と思っても、どんな洗剤を用意すればいいか分かりませんよね。

突然ですが、みなさんはナチュラルクリーニングという言葉を知っていますか?

ナチュラルクリーニングとは、化学薬品を含まない自然由来のアイテムだけで掃除することを言います。

今回は、自然由来で環境にもお肌にも優しく、キッチン掃除にもってこいの、こちらの5アイテムを紹介していきます!

・重曹
・クエン酸
・シャボン玉石けん
・激落ちくんシリーズ
・セスキ炭酸ソーダ

洗剤選びに迷った時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、それぞれの特徴について見ていこうと思います!

重曹

まずは重曹。

なんとなく聞いたことあるけど、何に使うかよくわからない方も多いのではないでしょうか!

一般的に重曹と呼ばれるのは、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)という物質のこと。

もう少し簡単に言うと、食塩水に二酸化炭素を加えることで作られる、弱アルカリ性の物質のこと。

さらに簡単に言うと、肌と環境に優しい白い粉末のことです。

なんか、安心安全で、お掃除に使える粉なんだな、くらいに思っておけば充分だと思います。

手垢や皮脂汚れをはじめ、油汚れなどの酸性汚れを中和して分解してくれるので、キッチンの掃除で活躍するというわけです。

さらには消臭効果もあるので、ニオイの気になるキッチンのお掃除では、一石二鳥のアイテムということですね!

こちらの記事では、キッチン含め家中まるごと重曹でキレイにする方法を紹介しています!

気になる方は是非参考にしてみてくださいね♪

クエン酸

続いてクエン酸。

レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果物などに含まれる成分で、「酸っぱい」と感じるものの正体がこのクエン酸なんです!

このクエン酸は、摂取した場合、疲労回復血流改善美肌効果などの効能が期待できます。

ですがここでご紹介したいのはそんなことではありません。

いかにお掃除に使えるのかをみなさんにお伝えしたいんです!

実は酸性には、

・除菌
・殺菌
・漂白

などの効果があるのを知っていましたか?

そしてクエン酸も紛れもなく「」です。

雑菌を退治してくれる上、キッチンに発生しやすい水垢やせっけんカスなど、アルカリ性の汚れを落としてくれるのも特徴の1つ!

しかも、多少は体に取り込んでも大丈夫なのでキッチンで使うにはもってこいですね!

この2つのアイテムをうまく使えば、キッチンの汚れにはたいてい打ち勝つことができます!

体にも優しいので、安心して使ってください!

クエン酸の効果的な使い方や注意点はこちらの記事で詳しく紹介しています!

参考にしてみてくださいね。

重曹とクエン酸について、その素晴らしさをご紹介しました。

先ほど必ずしも洗剤を使わなくても良いと書きましたが、実際にはおすすめしたい洗剤がいくつかあります。

もちろんナチュラルクリーニングが前提ですので、ご安心を。

初めての方、挑戦してみたい方はぜひ参考にしてみて下さいね♪

それではいきましょう。

シャボン玉石けん

言わずと知れた有名メーカー。

「人にやさしいものは環境にもやさしい」

この社長の言葉からも分かるように、無添加にこだわった石鹸を作っています。

おそらく一般的に使われている洗剤、石鹸には添加物が含まれていますからね。

ナチュラルクルー二ングにはもってこいのアイテムです。

シャボン玉石けんには、先程ご紹介した重曹もクエン酸も用意されています。

ラインナップも豊富なので、一度チェックしてみるのをおすすめします♪

おすすめ 商品

商品画像
シャボン玉 台所用せっけん 液体タイプ 300ml

激落ちくんシリーズ

こちらも言わずと知れた有名シリーズ。

メラミンスポンジでお世話になった方も多いと思います。

こちらでおすすめしたいのは、スプレータイプの商品。

重曹やクエン酸、電解水に至るまでスプレータイプが用意されているんです!

キッチン周りは細かい部品や、ピンポイントへのお掃除が難しいところ。

かゆいところに手が届く今回のタイプは本当に重宝しますよ♪

今まで水拭きで頑張っていた方も、ぜひスプレータイプを導入しましょう!

お掃除のしやすさ、便利さにびっくりすると思います。

おすすめ 商品

商品画像
セスキの激落ちくん 密着泡スプレー 洗剤 320ml

こちらの記事では、激落ちくんなどのメラニンスポンジの注意点や正しい使用方法を紹介しています!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

セスキ炭酸ソーダ

ナチュラルクリーニングにおいて、重曹やクエン酸以外に欠かせない存在がコチラ。

セスキ炭酸ソーダです。

何が違うのか追ってご説明しましょう。

・セスキ炭酸ソーダとは

重曹と炭酸ナトリウムによって作られているアルカリ性の洗剤です。

「あれ?重曹と同じなのでは?」と思った方もいるかも知れませんが、少し違います。

セスキ炭酸ソーダには、水に溶けやすくアルカリ性が強いという特徴があります。重曹は弱アルカリ性なのでこの逆ですね。

なので、

・重曹のようにザラザラとした感触を残さず使える。
・重曹よりも酸性汚れに強い効果を発揮する。

という特徴があります。

この差をうまく使うことで、より綺麗に汚れを落とすことができます。

例としては水に溶かして使うのか、ペースト状にして使うのかで分けるなどです。

まずは一度重曹で試してみて、それでもダメならセスキ炭酸ソーダを。

始めはこんな感じで使って、感覚を掴んでいくのがいいかも知れませんね♪

おすすめ 商品

商品画像
セスキの激落ちくん 粉末タイプ 1kg (セスキ炭酸ソーダ)

実は、万能なセスキ炭酸ソーダは、キッチンだけではなく洗濯にも使えてしまうのです!

こちらの記事では、キッチン掃除や洗濯含め色々な使い方を紹介しています。

気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

キッチン汚れを落とす洗剤について、より詳しく知りたい方はこちらも是非ご覧ください!

洗剤について知ったところで、さっそくお掃除方法を見ていきましょう。

まずはシンク周りからご紹介します!

キッチンシンクの掃除方法

シンクの汚れには

・水垢汚れ
・石鹸カスの汚れ

の2種類があります。

どちらも白っぽい見た目の汚れなので、見分けるのが大変かもしれません。

ですが、水垢はアルカリ性、石鹸カスは酸性と性質は全く異なるので注意が必要です。

どちらの汚れかわからない場合は、まず水垢汚れを落とす方法を試してみましょう!

汚れの落ち具合が微妙であれば、石鹸カス汚れの可能性が高いですね。

それでは、まず水垢汚れの落とし方を見てみましょう。

水垢汚れを落とす方法

いつの間にかシンク内に付いてしまった、白くザラザラした汚れ、これが水垢汚れです。

水垢の正体は、簡単に説明すると、水に含まれるミネラルと食品内のカルシウムが結合して固まったもの。

アルカリ性の水垢汚れを落とすには、酸性の洗剤を使う必要がありますね。

洗剤ではありませんが、クエン酸もおすすめです!

でも、「酢やクエン酸でどう洗えばいいの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

こちらの記事では酢水スプレーを使って、シンクの水垢落としについて詳しく説明をしています。

是非ご覧ください!

もし酢やクエン酸が手元にない時は、食器用洗剤で洗ってみるのも良いでしょう。

ただし、水垢はアルカリ性汚れなので弱酸性の洗剤を使ってくださいね!

この方法を試したけど汚れが落ちない!という時は、石鹼カス汚れの可能性があります。

そんな時は、次に紹介する石鹼カスの取り方を挑戦してみてくださいね。

石鹸カス汚れを落とす方法

食器用洗剤と水のミネラル分が混ざり、蓄積したものがこの石鹸カスです。

アルカリ性の水垢とは違い、石鹸カスは酸性の汚れなので、お掃除方法が大きく違ってくるのです。

それでは気になる落とし方を見ていきましょう!

用意するもの
・重曹
・スポンジ
・ふきん
手順
1
シンクを水で軽く洗う

シンクを濡らすことで、この後にふりかける粉の重曹がくっつきやすくなります。

2
重曹を粉のままの状態でシンクにふりかける

そのままで!?と驚くかもしれませんが、そのままでいいのです。

粉をつけ忘れた部分がないように気を付けてくださいね。

3
30分~1時間放置する

重曹をかけたままの状態で少し置きましょう。

特に気になる箇所は、歯ブラシでこすると汚れがきれいに落ちます!

4
スポンジでこすって洗う

時間が経ったらスポンジで洗っていきましょう。

5
水で流して、ふきんで水気をふき取る

水垢汚れを落とす時と同じで、洗った後はシンクについた水をふき取ってあげましょう。

しっかり水気を切ってあげる事で、よりきれいな状態が長持ちします。

まさか重曹をふりかけるだけとは…!とっても楽ちんですよね。

重曹を使っても石鹸カスが落ちなければ、「セスキ炭酸ソーダ」を使いましょう!

セスキ炭酸ソーダは重曹と比べてアルカリ濃度が高いので、より強力なのです。

水500mlとセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を混ぜ、それを気になる箇所に塗り、洗い流せばOKですよ。

さて、シンクのお手入れ方法は十分理解できたと思うのですが、シンクまわりの汚れって、まだありますよね。

そう、排水口の汚れです。

せっかくなので、シンクの掃除ついでに排水口もお掃除しちゃいましょう!

キッチンの排水口の掃除方法

排水口にはヌルヌルした汚れがたまりがちです。

実はこれ、油汚れの残りや食品のカスに水分が加わることで、カビや雑菌が繁殖してぬめりが発生しているのです。

清潔なキッチンを保つためにも、定期的にお手入れをしていきましょう。

用意するもの
・台所用中性洗剤
・キッチンハイター(塩素系漂白剤)
・スポンジ
手順
1
キッチンハイターをまんべんなく吹きかける

市販のキッチン用ハイターを使い、排水口にスプレーします。

この時、ムラがあると1部分だけぬめりが残ってる…という事になるので、まんべんなく吹きかけましょう。

2
20~30分放置する

ハイターを吹きかけたら、数十分放置しましょう。

ハイターのニオイはあまり人体によくないので、可能であれば窓を開けるなどして十分に換気を行ってくださいね。

3
ハイターを水で流し、中性洗剤とスポンジで洗う

ハイターを流したら、洗剤で洗っていきます。

もし、洗っている時にぬめりが取れていない!と感じたらまたハイターを吹きかけて数十分置きましょう。

4
水で洗い流す

洗剤できれいに洗ったら、お掃除完了です。

排水口は、洗ってもしばらくするとまた汚れてきてしまいますよね。

こまめに洗える場合は、中性洗剤とスポンジでこすり洗いするだけでも十分汚れを落とすことができます。

ですが、強烈なぬめりが発生してしまった場合は、やはりハイターを使用した方が良いでしょう。

キッチンハイターは吹きかけるだけでかなりきれいな状態に戻してくれるので、家に常備しておく価値アリですよ!

ついでに蛇口の水垢もキレイに!

シンクのお掃除がやっと終わった!

…と安心しているあなた、蛇口のことも忘れないであげてください!

そういえば蛇口のお掃除なんて考えてなかった…なんて方、結構多いのではないでしょうか?

↑こちらの重曹ペーストと、先ほど使ったクエン酸スプレーで簡単にお掃除できるので、ぜひ試してみてください!

ちなみにこれは、重曹と水を3:1の割合で混ぜ合わせれば作ることができます!

そこまでの量はいらないので、小さめの皿に作るくらいで充分です!

重曹ペーストの作り方

頑固な汚れには、重曹をペースト状にした、重曹ペーストでお掃除しましょう。

重曹ペーストの作り方はとっても簡単!

それでは早速、作り方を見てみましょう。

用意するもの
・重曹
・水

重曹ペーストの作り方は、重曹と水を1:2の割合で混ぜるだけ。

蛇口のお掃除に使いたい場合は、3:1の割合で作ってみてくださいね。

コップなどに重曹と水を入れ、スプーンで混ぜるだけで完成です。

量るのが面倒な場合は、重曹に少しずつ水を加えていき、ペースト状になるまで混ぜるだけでもOK!

作り置きはせず、掃除する度に新しく用意してくださいね。

重曹をしっかり密着させたい場合は固めに、ゴシゴシ擦りたい部分にはゆるめのペーストで、など使い分けるのがおすすめです。

重曹ペーストを作ったら、歯磨き粉を歯ブラシにつけるイメージで重曹ペーストを歯ブラシにつけます。

続いて、歯を磨くイメージで蛇口の根元からこすっていきます。

磨き残しがないよう、細かい溝も注意しましょう!

磨き終わったな、と感じたら、蛇口全体にクエン酸スプレーを吹き付けていきます。

あとは雑巾で拭くだけ。

見落としがちな箇所なので、ついでにぜひお掃除しちゃいましょう!

クエン酸スプレーの容器にはこちらがおすすめです。

おすすめ 商品

商品画像
アルコール対応 スプレーボトル スプレー容器 ポリエチレン 遮光(30ml5本セット)

シンクまわりのお掃除だけでも、見違えるようにきれいになりますね!

こちらではより詳しくシンクまわりのお掃除を解説しているので、チェックしてみて下さい!

シンクまわりをきれいにしたので、次はコンロまわりをお掃除していきましょう。

ガスコンロの掃除

コンロ、特に多くの主婦を悩ませてきた五徳は、かなり汚れやすく、お掃除もしにくいパーツの一つ。

実は、使ってすぐの温かみがほんのり残っているタイミングで水拭きすると、汚れがたまりにくくなるんです!

頑固な焦げ付きでも、しっかり落とせるので見ていきましょう!

軽い汚れなら、重曹スプレーで!

調理中に何かこぼしてしまった、少し油がとんでしまった…。

軽度な汚れなら、重曹でササっと掃除してあげてください!

用意するもの
・重曹
・スプレー容器
・ふきん

手順
1
重曹をぬるま湯で溶かす

重曹は常温の水では溶けないので、少し面倒ですがぬるま湯を準備します。

だいたい100mlに小さじ1杯の重曹を入れ、溶液を作りましょう!

2
溶液をスプレーでまんべんなく吹きかける

準備が完了したら、五徳を取り外し、シュシュっとスプレーします。

スプレー容器がない場合は、全体にかかるようにゆっくり液をたらしてください。

重曹は自然素材なので、かけすぎても問題ありません。

3
十分にスプレーしたら、濡れた布で拭き取る

重曹をかけたことで汚れが浮き出してくるので、すかさず濡れた布で拭き取りましょう!

これだけで簡単に汚れが取れてしまうんですよ!

重曹スプレーを常備しておけば、気になる時にササっとお手入れできて便利ですね。

きつめの汚れは、「熱」の力で!

お次は少し焦げ付いてしまった汚れ。

そんな時に心強い味方になってくれるのが、「熱」のパワーです!

用意するもの
・バケツなどの大きな容器
・重曹
・歯ブラシ
・ふきん
手順
1
大きめの容器に50℃くらいのお湯と重曹を入れる

お湯1Lあたり大さじ1杯の重曹を溶かしてください。

実は、重曹は熱を加えることで、油汚れを分解する力が高まるという特性があります。

しかも、お湯の熱によって油汚れ自体も落ちやすくなるんです!

どうです?熱ってすごいでしょ?

2
容器の中に五徳を浸し、1時間放置する

ここで1時間程度放置したら、歯ブラシなどでゴシゴシこすっていきましょう。

重曹×熱のパワーで汚れが浮き出ているので、おもしろいように汚れが落ちます!

作業後の水を見てみると、こんな感じ。

掃除をサボってしまうと、こんなに汚れがたまっているかもしれませんよ…!

こんなに汚れがたまる前に、しっかりお掃除してあげてくださいね!

3
水で洗い流し、乾いた布で水気をふき取る

汚れを落としきったら、水ですすぎ、乾いた布でしっかり拭き取りましょう。

水分が残っていると火がつきにくくなってしまうことがあるので、注意してくださいね!

それでもダメなら沸騰させる!

かなり長いことお掃除をサボってしまった方は、ここまでお掃除しても汚れが落ちないことがあると思います。

今回はそんなズボラなあなたのために、沸騰させて汚れを取るという裏技をご紹介します!

用意するもの
・鍋
・重曹
・歯ブラシ
手順
1
鍋に水と重曹を入れ、沸騰させる

まずは五徳のサイズにあった鍋に水、重曹を入れていきます。

水100mlあたり小さじ1の重曹を投入してください。

この時、まだ五徳は入れないでくださいね!

2
沸騰したら、五徳を投入する

沸騰してきたらさっそく五徳を投入!10分程度グツグツさせましょう!

お風呂に入っているみたいで、五徳も気持ち良さそうです!

3
10分程経ったら、火を止めしばらく置く

だいたい10分たったくらいで火を止め、触れるくらいに冷めるまで放置します。

放置していると、今まであんなに悩まされてきた油汚れが、みるみる浮いてきます!
びっくりですね!

4
歯ブラシなどでゴシゴシ洗う

十分冷めた!と感じたら、歯ブラシなどでこすっていきます。

ちなみに、汚れ落としにつかった水を、通常の水と比較するとこんな感じ!

もちろん右の容器が使用した水です。

…衝撃ですよね!

少し手間に感じるかもしれませんが、たまにはこういった掃除をしてみましょう。

こちらではより詳しくガスコンロの五徳掃除について解説しているので、是非チェックしてみて下さい!

あわせて読みたい

コンロの洗い方はマスターできましたが、これだけでは終わりません。

そう、グリルです。

「グリルのお掃除なんて面倒臭そう」と思うかもしれませんが、実はコンロの洗い方とかなり似ているのです。

せっかくなのでグリルのお掃除方法もマスターしちゃいましょう!

キッチングリルの掃除

魚を焼く時などに使われるグリル。

焼いて食べるまでは良いけれど…後片付けがかなり面倒ですよね。

食器と同じようにスポンジで洗っていても、焦げが中々取れなかったりもします。

そこで今回は、網などについた焦げも簡単に落とせちゃう方法を紹介します!

用意するもの
・食器用中性洗剤
・重曹
・スポンジ
手順
1
受け皿と網を取り外す

取り外した後は、別々の状態でシンクの上に置きましょう。

2
受け皿と網に熱湯をかける

ここで、熱湯を直接かけてしまいます。

網が浸るくらいが目安です。

判断が難しい方は、受け皿と網の前面に熱湯がいきわたるくらいと考えておきましょう。

3
重曹をふりかけてしばらく放置

重曹を粉のままの状態で直接ふりかけます。

この時、粉の白さが目で見て確認できるくらい、全体にたっぷりとかけましょう。

重曹をかけたら、10分程放置します。

4
重曹を洗い流し、洗剤とスポンジで洗う

重曹を1度水で流したら、食器用の洗剤とスポンジでゴシゴシ洗っていきます。

自宅にたわしがある場合は、たわしを使ってもOKです。

洗い終わったら洗剤をキレイに流し、乾燥させれば完了です。

換気扇・レンジフードのお掃除

まずは主婦の1番の敵、換気扇

汚れが目に見えにくいと言うこともあり、大掃除の時くらいしか触らないという方も多いのではないでしょうか!

1年間ため続けた油汚れは想像を絶するほど。見たくもないですよね。

ですが、そんなショッキングな汚れとも、いつかは向き合わなくてはならないもの。
極力はやめに対応するようにしましょう。

基本的に、換気扇の汚れは、洗剤を溶かしたお湯でつけおき洗いすることで対応することができます!

ちなみに、こびりついた油汚れにはアルカリ性の洗剤を使うのが効果的ですよ!

まずは説明書通りに分解し、分解したパーツを、洗剤を入れたお湯でつけおきします。

油汚れ用の洗剤がベストですが、ない場合は重曹でも対応可能ですよ!

だいたい1時間ほど放置したら、スポンジや歯ブラシを使って、浮いてきた汚れを落とします。

仕上げに水でよくすすいだら、部品についた水分をしっかり拭き取り、乾かしましょう。

ちなみに、落としきれなかった頑固な汚れは、下の手順で作った重曹ペーストで10分ほどパックし、歯ブラシなどでこすると、うまくとれる可能性があります。
ぜひ試してみてください!

水気が残っているとカビの原因になってしまうので、作業後はよく乾かしてくださいね!

乾いたら再度取り付けて、完了です!

こちらでもキッチンの換気扇掃除について詳しく解説しているのでチェックしてみて下さいね!

レンジフードのお掃除方法

レンジフードは、取り外ずさなくともお掃除できます!
ですが、注意していただきたいのは、換気扇も電化製品だということ。

壊れてしまう恐れがあるので、レンジフードのお掃除で水を使うのはNGです。

基本的には、キッチンペーパーに洗剤を吹き、それで拭くだけでOK!

頑固な汚れは、写真のようにパックすることで、落としやすくなりますよ!

こちらではより詳しくレンジフード掃除について解説しているので、チェックしてみて下さい!

ここまででシンクまわり、コンロまわりをお掃除しました。

ですが、電子レンジや冷蔵庫も、気づいたら汚れがたまっている家具の一つなのではないでしょうか。

お掃除をさぼっていたら、頑固なシミがついてしまって、水拭きでは取れない!なんてことにもなりかねません。

でも、安心してください。

そんなズボラなあなたでも簡単にお掃除できちゃう方法があるんです!

それではまず電子レンジのお掃除方法から見ていきましょう。

電子レンジのお掃除方法

なんと、重曹水をレンジでチンするだけで、お掃除できちゃうんですよ

ではさっそく、電子レンジの掃除を始めましょう!

ちなみに、我が家の電子レンジの中身はこんな感じ↓

…ひどい。
油が固まって、カビも生えてきちゃっています。

このなかで食べ物を温めてたなんて、人生知らない方が幸せなこともありますね。

ではさっそくお掃除にうつっていきましょう!

電子レンジ本体のお掃除

まずは本体のお掃除をしていきましょう。

あ、お掃除の前に、電子レンジ内のお盆は取り出しておいてください!

あとで個別にお掃除します!

用意するもの
・重曹
・ふきん
手順
1
コップに重曹と水を入れる

まずは下準備。

コップに大さじ1杯ほどの重曹を入れてから、重曹:水=1:4になるようにコップに水を注ぎます。

2
コップを電子レンジの真ん中にセットし、4分間レンジで温める

溶液が準備できたら、電子レンジの真ん中にコップを置き、レンジでチンしていきます!

ここで現在のみなさんの頭の中を代弁します。

重曹を電子レンジを温める?何言ってるの?

…みなさんの気持ちもよくわかります。ですが、思い出してください。油汚れ・カビは、とてつもなく固い頑固な汚れでしたよね!

この汚れを溶かし、簡単に拭き取れるようにする技なんです!

3
10分放置する

チンが終わったら、そのまま10分ほど置いておきます。

そうすることで、重曹が生みだした蒸気を、レンジの隅々まで行き渡らせることができるんです!

この状態で中を確認するとこんな感じ。

油汚れが少し溶けだしてきています!

4
ふきんでレンジ内全体を拭く

あとはいらない布で拭けば完了です!

電子レンジの中が思い通りピカピカになってくてました!

また、重曹は消臭効果もあるため、ニオイも取れてました。一石二鳥ですね。

そして続いては、電子レンジのお盆のお掃除を見ていきたいと思います!

電子レンジのお盆のお掃除

では次に、レンジのお盆をキレイにしていきましょう!

ちなみに、我が家のお盆はこんな感じ・・・。

こちらもひどい汚れですね。

用意するもの
・重曹
・スポンジ
・ふきん
手順
1
お盆に直接重曹をふりかける

このように、全体にまんべんなく重曹をふりかけていきます。

2
水を入れて、つけ置きする

これである程度は汚れが浮いてくるはずです!

5分を目安にしばらく置いてください。

3
スポンジを使って洗う

5分ほど経ったら、スポンジでこすっていきます。

4
洗い流して、ふきんで水気を取る

洗い終わったら水で流し、ふきんでしっかりとふき取りましょう!

それが完了したら完成です。

どうです?だいぶ綺麗になりましたよね!

これで完了!

電子レンジのお掃除はバッチリです!

こちらでは電子レンジ掃除についてより詳しく解説していますので、チェックしてみて下さいね♪

冷蔵庫のお掃除

冷蔵庫は、汚れはもちろん、ニオイも気になるキッチン家具なのではないでしょうか。

そこで活躍するのが、またもや重曹!汚れもニオイも落としちゃいましょう!

また、食材をいれる場所なので、ナチュラルクリーニング大定番の重曹なら安心ですね!

用意するもの
・重曹
・ふきん
・スプレー容器
手順
1
冷蔵庫内の食材を取り出す

まずは冷蔵庫の中身を空にします。

また、このタイミングで必ず電源を切ってください!

意外と大変なので、食材が少ない時をねらってお掃除するようにしましょう!

2
重曹を水に溶かし、スプレー容器に移す

重曹:水=小さじ1杯:200mlの割合で重曹スプレーを作っていきます。

3
冷蔵庫内にスプレーして液をかける

汚れが気になる箇所に、集中的にスプレーしていきましょう!

スプレー容器がない場合は、布に液をしみこませてから冷蔵庫内を拭いてくださいね。

4
スプレーした所を、ふきんで拭き取る

スプレーしたら、綺麗な布で拭き取っていきます。

冷蔵庫内は食べ物汚れなど、カビが生えやすい場所です。

しっかり拭き取ったら、パストリーゼなどのアルコールできっちり除菌しましょう!

メーカーによってはアルコールの使用がNGな場合もあるので、説明書を確認してください!

こちらでは冷蔵庫まわりの掃除方法も紹介しているので、チェックしてみて下さい!

キッチンの壁や床の掃除

忘れてはいけないのが、キッチン周辺の壁や床です。

知らない間に、水拭きだけでは簡単に落ちない汚れができてた…なんてこともよくありますよね。

今回は、そんな頑固な汚れも落として、キッチンを丸ごとキレイにする方法をご紹介します!

用意するもの
・重曹
・スプレー容器
・ふきん
手順
1
重曹と水を混ぜ合わせる

重曹と水を小さじ1:200mlの割合で作っていきます。

お気づきの方もいるかもしれませんが、壁や床についた油汚れを落とすために、アルカリ性の重曹を使っているのです。

2
液をスプレー容器に移す

作った液をスプレー容器に移していきます。

3
壁や床にスプレーする

気になる箇所を重点的に、直接スプレーしていきましょう。

スプレー容器がない場合は、布に液をしみこませてから拭いてみてくださいね。

4
ふきんで拭き取る

スプレーした部分をふきんで拭き取ったら、完了です!

キッチン壁用シートを使えば、コンロまわりの油汚れの防止にもなるので、使ってみるのもいいですね!

おすすめ 商品

商品画像
はがせる透明シート 三層タイプ

キッチンを日頃からお手入れしよう!

キッチン周りをいつもキレイに保つための方法…

それは、強力な洗剤でも、便利アイテムでもなく日頃のお手入れです。

面倒くさくなってしまう気持ちも分かりますが、「使ったら洗う・拭く」を徹底するだけで、大がかりな掃除をする手間がなくなるのです!

・シンクやグリルは使い終わったら洗う
・ガスコンロ周りはこまめに水拭きする

特にこの2点は、日常的に心がけておくと良いですね。

こまめにお掃除して、清潔なキッチンを保ちましょう!

キッチン掃除はプロにお任せ!

この記事をご覧の皆さん全員が、
お掃除が得意だったり、時間に余裕があるわけではないですよね。

そんなときは、お掃除のプロに頼ってみませんか?

まとまった時間が取れないご家庭が増えている近年、
ハウスクリーニングはどんどんメジャーになっているんですよ♪

プロの手にかかれば、汚れたキッチンのコンロがこんなにピカピカになります。

プロに依頼してみたい!と思ったら、ぜひユアマイスター をご利用ください!

ユアマイスターは、お掃除の「プロ」と「あなた」をつなぐサービス
お住いの地域で人気のプロをご紹介します!

口コミ数は10,000件を突破していて
たくさんのお客様から大変ご好評をいただているんですよ♪

キッチンクリーニングの詳細はこちらから見に行ってみてください!

まとめ

いかがでしたか?

毎日使うキッチンは、知らない間に汚れがたまっていってしまいます。

面倒そうなイメージのあるキッチンのお掃除ですが、日々ちょっとしたお手入れを続けることで、清潔で安全なキッチンを保つことができますよ。

また、もしお掃除をサボってしまった場合でも、正しい方法でお掃除すればきちんと汚れを落とすことができます。

今からでも遅くありません!

汚れてしまった部分をちゃんとお手入れして、きれいなキッチンをキープしていきましょう!

関連記事

炊飯器のお掃除は簡単にできる!しつこいニオイの対処法も詳しく紹介

日本人ならば必ず一家に一台あるもの。 それはやっぱり、炊飯器ですよね。 出来上がり音が鳴って、蓋をパカっと開けると… ピカピカでふっくらしたお米といいにおい。 日本に生まれてよかった。そんな気がしませんか? ところで皆さ […]

キッチンクリーニングを頼む前に読みたい!3分でわかるプロのお仕事

お料理のたびにテンションが下がっていませんか?油で汚れたガスコンロにグリル、水垢が気になるシンクや蛇口。 自分で一気に掃除するのは大変です。しかし、プロならなんと120分でピカピカにしてくれます。 今回は、プロのキッチン […]

シンクの水垢にはお酢が使える!あの白い汚れのお掃除方法もご紹介!

キッチンの「シンク」 毎日、料理のたびに使う場所ですね。 お皿を洗ったり、残った汁物や飲み物などを流したり。 さまざまな食品汚れ・油・洗剤などに毎日さらされているため、いろいろな汚れがたまりがちです。 ついついお掃除をサ […]

【シンク掃除総まとめ】ヌメリやサビは重曹とお酢を使ってサヨナラ!

キッチンのシンクは、毎日使いますよね。 だからこそ、丁寧なお掃除ってあまりしなくなってしまいます。 しかし使っているうちに汚れは溜まります。 水垢などは特に気になりますね。 今回はそんなシンクのお掃除方法をご紹介します。 […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

HPの白いパソコンは本当に汚れや傷がつかない?実際に検証してみた!

パソコンを選ぶ基準。機能や重量・サイズなどがありますが、最近はお家やカフェで勉強や仕事やをする機会が多いし、「色」を重視して選ぶ方も増えているのではないでしょうか? パソコンの色は、汚れや傷が目立たないように黒や赤など暗 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

手洗いの洗濯方法7つを解説!干し方やニオイ対策法もマスターしよう

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

キッチンクリーニングのプロのサービスを探す

おすすめ特集