アスクマイスター

あなたのマイスターに登録している2,500人のプロが、皆さんのあらゆるお悩みに答えます

家の外壁にヒビや亀裂がある状態でも外壁塗装をお願いすることはできますか?また、外壁塗装を待ったほうが良い場合などがあれば教えてください。

関連している質問をみる

業者さんの回答まとめ

ヒビが入った外壁の場合、まず家の構造に問題がないかを確認する必要があります。状況によっては、外壁の張り替えを案内する場合もあります。傷を補修してから再塗装する、という場合もあります。

業者さんのすべての回答をみる

外壁塗装の業者さんを、お住まいの地域と日付を決めて予約が可能です。

業者さんの回答一覧

家の外壁にヒビや亀裂がある状態でも外壁塗装をお願いすることはできますか?また、外壁塗装を待ったほうが良い場合などがあれば教えてください。

ヒビや亀裂の状態だと外壁の劣化や雨漏れの原因になりますので、塗り直しを待たず直ちにヒビや亀裂の補修をしてから塗装することをお勧めします。

ヒビや亀裂の程度にもよりますが 基本 補修後に塗り直しで大丈夫ですが 劣化が酷い場合はサイディングの貼り替えか カバー工法をお勧めします。

外壁のひび割れ亀裂の度合いにより補修工事を行う必要があります。一度ご相談下さい。

ヒビやキレツを補修してから塗る事ができます。

補修出来る範囲なら可能です。破損個所が大きい場合は大掛かりな修繕が必要になります。

家の外壁のヒビなどを補修してから塗装いたします。

外壁塗装をしていただいても構いません。状況に関して、一度ご相談の上施工をさせていただきます。

家の外壁にヒビや亀裂がある状態でも外壁塗装をお願いすることは可能です。待った方がいいことはありません。(笑)

もちろん可能です。そういった場合には大至急で塗ってください。

地震による外壁のひび割れや、構造上の問題などの場合は、補修費用がかかりますが可能です。万が一、施工不良などによる問題がある場合は無償で直します。

すぐに補修等を行い雨風から建物を守りましょう

亀裂や、ひびは補修してから、塗りますので大丈夫です。まだ塗装を塗って10年未満や、チョウ-キングなどしてなければ塗り替えしなくても大丈夫です。

家の外壁にヒビや亀裂がある場合は、外壁材の種類にもよりますが、サイディング材の場合ですと、サッシの角辺りに斜めにひび割れがあり、尚且つ30?以上の長さがあるようでしたら構造上問題の可能性も有りますので、慎重な塗り替えが必要です。またモルタル下地の場合は、ひび割…

家の外壁にヒビや亀裂がある場合は、外壁材の種類にもよりますが、サイディング材の場合ですと、サッシの角辺りに斜めにひび割れがあり、尚且つ30?以上の長さがあるようでしたら構造上問題の可能性も有りますので、慎重な塗り替えが必要です。またモルタル下地の場合は、ひび割れの幅が3mm以上有るようでしたら、躯体から浮いてしまっている場合も考えられますので、注意してください。

すべてを表示する

現在の外壁がどんな状態でも塗装をする際、必ず下処理という工程を行うので、その過程でクラックや浮きなどの補修も行いますのでご安心下さい。梅雨時や台風が多い時期はなるべく塗装工事は避けた方が無難でしょう。

ひび割れは直接建物に悪影響を及ぼしますので、早めの処置が必要と思います。

ヒビや亀裂がある場合、まず最初に補修してから外壁塗装をいたします。

家の外壁にヒビや亀裂がある状態であれば外壁塗装をお勧めいたします。また、外壁塗装を待つ理由として後何年対象物の建物に住むかによります。総費用を塗替えサイクル年数で割り算した定額償却的な値が真のコストになります。建物の塗り替えサイクルを考えるという意味では待った…

家の外壁にヒビや亀裂がある状態であれば外壁塗装をお勧めいたします。また、外壁塗装を待つ理由として後何年対象物の建物に住むかによります。総費用を塗替えサイクル年数で割り算した定額償却的な値が真のコストになります。建物の塗り替えサイクルを考えるという意味では待ったほうが良い場合もあります。

すべてを表示する

ヒビや亀裂の程度にもよりますが、基本的には問題なく塗装出来ます。外壁の状態によって直ぐに塗装しなくても良いケースはあります。

ひびの状態によります。躯体が痛んでる場合は補修しての塗装となります。

ヒビや亀裂塗り替えの目安です。

ヒビや亀裂がある場合程度にもよりますが、補修をしてから塗り替えになります。補修が出来ない規模になりますと、張替えになります。塗り替えを待った方が良い場合に関しては、塗り替えではなくサイディングの張替えも検討している場合

ひびや亀裂の規模や種類によって補修のしかたは変わりますが、しっかりと下地補修をして塗装するのが基本です。

まずは壁の下地の補修をする必要があります。ひび割れの程度によって、Uカット後にシーリング工事か、注入工事を行います。その後、塗装を行い

ヒビや亀裂の状態により変わってきますので現地調査を依頼することをお勧めしております。

はい大丈夫です。 ヒビや亀裂を修繕してから塗装いたしますので、ご安心ください。

外壁にクラックがある状態でも塗り直しは大丈夫です。クラックがある場合で待った方がよいことはありませんので、塗装業者さんにご依頼下さい。

外壁のヒビやクラックにも、発生する位置やクラックの深度レベルにより、外壁の下地処理が必要となります。また地震による起因のヒビの場合には、耐震的な補強も同時に施す必要があります。いずれにしましても、建物の状態を正確に把握する必要があります。

外壁のひびにもよりますが塗るタイミングを考えてみてください。一般的には10年がひとつの目安とされています。

外壁では下地補修材などで下地を改修したうえでの塗装をお勧めいたします。

もちろんです。ヒビ割れを直さないと、塗装ができないので下地調整でヒビを直してから塗装します。

お悩みランキング

1位

ふすま張り替えの作業時間はどれくらいですか?一枚どのくらい、で伺えると助かります。

襖の貼り替えは、約一時間程度お時間をいただいております。 また、何か… 詳しくみる

2位

ふすまの取っ手のみの取り替えなどはお願いできるのでしょうか?

大変申し訳ございませんが 襖の引手・取手のみの取替は御請けできません。 詳しくみる

3位

古いふすまは処分していただけるのでしょうか、また、その場合料金が発生するのかどうかも教えてください。

襖処分は1000円頂いております。処分のみでしたら引取運賃が別途頂いて… 詳しくみる

4位

ふすま張り替えでプロの方がふすまを持ち帰って検討する場合、代替えのふすまは用意してもらえますか?

サイズが合わないことがほとんどです。代替えの襖は難しいかとおもいます。 詳しくみる

5位

障子張り替えの際に使う障子紙の質感や色を確認したいのですが、サンプルを送ってもらうことはできますか?

はい、送ることは可能ですのでご連絡していただけますと幸いです。 詳しくみる

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

おすすめマイスター

閲覧履歴