ボールペンの染み抜き方法♪服に間違えて文字を書いても大丈夫!?

■ボールペンの染み抜きは洗う前に。洗濯表示で水洗いOKかを確認
■油性インクの染みは消毒用エタノールを吹き付けて、歯ブラシで叩く!
■水性・ゲルインクの染みは弱アルカリ性洗剤をつけて歯ブラシで叩く!

OCCIN

更新日:2018年10月12日

学校やオフィスで文房具を使う、というあなた。

文房具の中でも、ボールペンって特に使う頻度が高いような気がします。
そんなボールペンで何か書こうとして、シャッ!って…着ているシャツなどの袖口についてしまうということ、ありませんか?

また、インクで何か書いたあと、乾く前に上に腕を置いてしまってインクがシャツににじんでしまったり。白いシャツに真っ黒な染み。目立ってしまうし、これは落ちるかどうか不安ですよね。

今回は、そんなボールペンの染みを抜く最強メソッドをご紹介。
油性、水性、ゲルインクの3種類それぞれにあった染み抜き方法をご説明します♪

ボールペンのインクは3種類ある

ボールペンの染みが就いちゃった!
とりあえず、水で流して…というのは、実はNGなのです。

なぜって?
実は、ボールペンのインクには種類が3つあって、それぞれに合った染み抜き方法があるから。
ついてしまったボールペンのインクが何なのかを、きちんと見極めてから染み抜きをスタートしましょう♪

ちなみに、ボールペンのインクは基本的に

色素(染料や顔料)+溶剤+定着剤

という組み合わせで成り立っています。
この中の、溶剤に何が使われているか、によって、ボールペンのインクには違いが出ます。

まずは、その3種類のインクについて、ご説明します。

・油性インク
油性インクは 色素+溶剤(油)+樹脂 から成っています。
溶剤が油であるため、油性の汚れ。油性の汚れは、水で洗っても落ちないため、油を用いた洗剤で落とすことが必要になります。

・水性インク
水性インクは 色素+水 から成っています。
そのため、これは水溶性の汚れ。水溶性の汚れは、水に溶けるため水と洗剤で落とすのが適当です。

・ゲルインク
ゲルインクは 色素+水+ゲル化剤 から成っています。
ゲルインクは、少し厄介。というのも、このゲル化剤のせいでインクの粒子がとても細かいものになっています。
そのため、インクの粒子が、繊維のかなり奥まで入り込んでしまい、落とすのはかなり手ごわいのです…。

それでは、それぞれのインクを、どうやって落とすのが最も効果があるのか、ご紹介しますね♪

油性インクの染みを最も落とせる洗剤はどれだ

さて、さきほど油性インクの染みには油を用いた洗剤を使うことが必要、とご説明しましたが、本当にそうなの?じゃあ、具体的に何を使ったらいいの?というあなた。
その洗剤がボールペンの染み抜きに適しているのか、やってみました。まずは、この実験を見てみてください♪

・台所用中性洗剤
・洗濯用弱アルカリ性洗剤
・酸素系漂白剤(粉末の酸素系漂白剤をパッケージの容量で、水に溶かしたもの)
・無水エタノール
・クレンジングオイル
・除光液

という6種類の洗剤を用意して、油性インクの染みにはどの洗剤が最も合っているのかを明らかにする実験をしてみました!
それでは、この実験について、少し説明します。

実験手順

1. 細かく切ったYシャツに、油性ペンで染みをつける

まずは、Yシャツを細かく切って、正方形の小さめの布12枚にします。

こんな感じに。

この1枚1枚に、1つずつ油性ペンで線を描いて、染みをつけます。

 

2. 30分待つもの、1日待つものに分ける
染み抜きを始める前に、つけた染みの12個のうちの半分の6枚は30分間、そしてもう半分の6枚は1日間そのままの状態で置いておきます。
これは、時間の経ってしまった染みの抜き方も、確かめるため。

 

3. 6種類の洗剤を染みに垂らす

上で紹介した、6種類の洗剤を全ての油性インクの染みに垂らします。

 

4. 5分間置いておく
6種類の洗剤を垂らしたら、そのままの状態で5分間置いておきます。

 

5. 水につけてもみほぐすように洗う

洗剤をつけて、5分間置いた12枚の布。
水につけて、30~40回こすり合わせるようにして、揉み洗いします。

この手順で実験をして、6種類の洗剤の中で最も油性インクの染み抜きに適しているものを、見極めました!

 

実験結果

お待たせしました!
それでは、実験結果をご紹介します。

ちなみに、染みを抜く前の状態がこちら。

まあ、こんなにハッキリと染みがつくことはありませんが、実験なので、ハッキリクッキリ、染みをつけてみました。

果たして、どの洗剤が最もキレイに染みを抜くことができるのでしょうか?

30分置いた染みを、抜いてみた結果がこちら。

中性洗剤、弱アルカリ洗剤でもある程度は落ちていますが、最もキレイになったのは、クレンジングオイルを使った場合。

 

そして、1日置いた染みを、抜いてみた結果がこちら。

あれ?30分後のときとは、かなり結果が違っています。
クレンジングオイルを使ったものは、汚れを浮かすことはできたものの、落としきることができなかったのかもしれません…。
ここで、最もキレイに染みを落とすことができたのは、除光液。

染みがついてからの時間によって、合う洗剤にも違いが生まれるのかもしれませんね。

以上の実験結果から分かったことは、

油性インクの染み抜きに最もてきしているのは、クレンジングオイル
1日以上経ったものには、除光液

この実験結果、ぜひ参考にしてください♪

油性インクの染み抜き方法

実験で、油性インクの染みに適した洗剤が分かったところで、実際に染みを抜いてみましょう。
ここでは、歯ブラシを使って叩く、という方法で染み抜きをしていきます♪

 用意するもの 

・クレンジングオイルまたは除光液
・ビニール袋
・汚れてもいいタオル
・歯ブラシ

   手 順  

1. タオルの上に染みがついてしまった部分を置く
机や浴室など、平たいところで作業しましょう。机で行う場合は、まずビニール袋などを敷いて濡れてもいいようにしておきます。
タオルを敷いて、その上に染みがついた表面をタオルにつけるようにして、置きます。

 

2. 染みの裏側からクレンジングオイルを垂らす
染みがついた部分の裏側から、クレンジングオイルを垂らしていきます。1日以上経ったものには、除光液を垂らしてください。

 

3. 歯ブラシでポンポン叩く
クレンジングオイルを垂らしたら、歯ブラシでポンポン叩きます。
イメージとしては、服についたインクの染みを、クレンジングオイル(または除光液)と歯ブラシの力でタオルに移動させる、というような感じ。
そのため、ゴシゴシ擦るのは決してNGです。染みを広げることになりかねません。

 

4. 繰り返す
2と3の手順を、染みがある程度落ちるまで繰り返しましょう。

 

5. 普通に洗濯する
洗濯表示を確認して、洗濯機OKのものなら洗濯機で、NGならば手洗いで、いつも通り洗濯してください。

これで、完了。だいじなのは、タオルに染みを移すというイメージで、叩くことです。

それでは、次に水性インクの染み抜き手順についてご説明します♪

水性インクの染みを最も落とせる洗剤は?

さて、続いては水性インク。
こちらは、水溶性、つまり水に溶ける汚れ。水溶性の染みは水と洗剤で落とすのが有効。

水性インクも、さきほどと同様の実験をやってみました。
実験手順は油性インクのときと同じ。

実験結果を紹介しますね♪

まず、染みを抜く前がこちら。

こちらが、30分間置いた水性インクの染みを抜いてみた結果。

中性洗剤と、クレンジングオイルがいい勝負!をしていますが、最もキレイなのは、洗濯用弱アルカリ性洗剤のようです。

 

続いて、1日間置いた水性インクの染みを抜いてみた結果がこちら。

30分後のものと比べると、クレンジングオイルは効果が弱まっていますね…。
そして、酸素系漂白剤が効果を発揮しています。

しかし。
やはり、最もキレイに落とせているのは、30分後のものと同じ、洗濯用弱アルカリ性洗剤

というわけで、結論が出ました。

水性インクの染みには、洗濯用弱アルカリ性洗剤

水性インクの染み抜き方法

さて、それでは洗濯用弱アルカリ性洗剤を使って、実際に染み抜きをしてみましょう♪

ここでの方法も、基本的には油性インクの時と同じですが、弱アルカリ性洗剤を使うにあたって、色落ちに関して少し注意点があります。

用意するもの

・洗濯用弱アルカリ性洗剤
・ビニール袋
・汚れてもいいタオル
・歯ブラシ
・綿棒

  手 順  

1. 色落ち確認
染みがついてしまったのが、白いシャツなどであれば問題ありません。
しかし、色や柄のあるお洋服の場合は、洗濯用の弱アルカリ性洗剤を使うと、色落ちしてしまう可能性があります。

そのため、綿棒などに洗剤を少しつけて、お洋服の目立たない部分に少しつけて、水で流してみて、色落ちしないかどうかを確認しましょう。色落ちしてしまった場合は、自分で洗うのは避けて、クリーニング屋さんに持っていくことをおすすめします。
色落ちしない場合は、そのまま染み抜きを続けましょう。

 

2. タオルの上に染みがついてしまった部分を置く
この場合も、机や浴室など、平たいところで作業しましょう。机で行う場合は、まずビニール袋などを敷いて濡れてもいいようにしておきます。
タオルを敷いて、その上に染みがついた表面をタオルにつけるようにして、置きます。

 

3. 染みの裏から洗剤を垂らす
染みがついている部分の裏側から、洗濯用弱アルカリ性洗剤を垂らします。

 

4. 歯ブラシでポンポン叩く
歯ブラシでポンポン叩きます。
この際も、イメージは、インクの染みを、洗剤と歯ブラシの力でタオルに移動させる、というような感じです。
ゴシゴシ擦るのはNG。染みを広げることになりかねません。

 

5. 繰り返す
3と4の手順を、染みがある程度落ちるまで、繰り返します。

 

6. 普通に洗濯する
最後に、いつものように普通にお洗濯してください。
洗濯表示を見て、洗濯機OKなら洗濯機。洗濯機がダメなら、手洗いで。
洗濯機の場合は、他のものと一緒に洗っても構いませんよ。

これで、水性インクの染み抜きも完了です。

最後に、ゲルインクの染み抜きをご紹介。

ゲルインクの染み抜き方法

ゲルインクって、水性だし、油性ペンほど落ちにくいわけじゃないでしょ?と思っているあなたは要注意。

ゲルインクには、ゲル化剤という溶剤が入っています。これによって、耐水性も粘着性も普通の水性ペンより向上。
黒い色素が、ゲル化剤によって細かい粒子になってしまうため、落とすのが手ごわいのです。

そんな、ゲルインクのご自宅での染み抜きは、みなさんが必ずもっている、あるものを使います。

用意するもの

・歯磨き粉
・洗濯用弱アルカリ性洗剤
・ビニール袋
・綿棒
・歯ブラシ
・汚れてもいいタオル2~3枚

  手 順  

1. 色落ち確認
ゲルインクの場合も、洗濯用の弱アルカリ性洗剤を使うため、色落ちをしないかどうかの確認が必要です。
洗剤を綿棒などに少しつけて、お洋服の目立たないところにつけてみて、水で流して確認しましょう。
色落ちしてしまった場合は、クリーニングに持っていくのがおすすめです。

 

2. ビニールとタオルをセッティング
机やお風呂場など、平たいところで作業しましょう。机で行う場合は、濡れないようにビニール袋などを下に敷いてから、タオルを載せ、その上で作業しましょう。

 

3. 染みの表面に歯磨き粉をつける
ゲルインクの染みがついてしまった表面に歯磨き粉をつけます。

 

4. 裏から歯ブラシでポンポンたたく
歯磨き粉をつけた面の裏、つまり染みがついた面の裏側から、歯ブラシでポンポン叩きます。
ゲルインクの場合も、「ついた染みをタオルに移動させる」イメージを持ってやってみましょう。

ゲルインクは、細かい粒子になって繊維の中に入り込みます。
そのため、歯磨き粉が含んでいる研磨剤によってゲルインクの細かいインクを落としていきます。

 

5. 洗濯用弱アルカリ性洗剤をつけてトントン叩く
洗濯用の弱アルカリ性洗剤を、染みのあった部分の表面に垂らしてから、また歯ブラシでトントン叩きます。
このとき、タオルの場所を移動させましょう。

 

6. 繰り返す
染みが抜けるまで、3~5を繰り返します。

 

7. 普通に洗濯する
この後は、洗濯表示を確認して、洗濯機で洗えるものは洗濯機。
洗濯機で洗えないものは、手洗いで洗濯しましょう。他のものと一緒に洗ってしまって大丈夫です。

 

これで、ゲルインクの染み抜きも完了。
ただ、ゲルインクは繊維の中までしっかり染み込んで決まっている可能性があります。この染みを自宅で落とすのは。かなりハードルが高いのです。
そのため、完全に抜ききることができなかった場合は、無理に落とそうとせずにクリーニング屋さんに持っていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ペンの染み抜きに、最も大事なのは、根気でも体力でもありません。
いちばん大事なことは、染みがついてしまったペンの、インクの種類を見極めること!

異なったアプローチをしてしまうと、まったく意味のないものになってしまいます。
必ず、水性、油性、ゲルインクのどれなのかを見極めてから、それぞれの方法で落としましょう。

また、染みは歯ブラシで「こする」のではなく、「叩いて」染みを抜いてくださいね♪

最後に。
型崩れや色落ちを絶対に避けたい大切なお洋服や、染みが抜けなかったもの。
これらは早めに、クリーニング屋さんに持って行って、プロにお洗濯をお任せすることをおすすめします!

 

関連記事

バスタオルを洗っても臭い原因とは?においを落とす方法と3つの対策

お風呂を出た時に使うバスタオル。 サイズが大きいし、乾くのに時間がかかるし、洗濯するのが面倒くさくなってしまいますよね。 でも、お風呂上がりの体を拭くだけだから、あまり汚れていないだろうし…、なんて思って放っておくと、い […]

洗濯物の花粉対策には柔軟剤選びと早朝干し!払って取り込めば完璧!

  春になると日本人の4割をも悩ませる症状。それが花粉症です。 鼻はムズムズするし、目は痒くなり真っ赤に充血。 花粉症の方達にとっては、試練ともいえる季節がやってきました。 そこで1番頭を悩ませるのが、洗濯の問 […]

ジーンズを洗濯しても色落ちを防ぐ裏ワザは?洗い方の工夫で差は歴然

どんなトップスとも相性がよくて、カジュアルに決まるジーンズ。 普段からたくさんの着ているという方も多いはず。 そんなジーンズですが、正しいお洗濯の方法を知っていますか? 間違った方法でお洗濯すると、色が落ちてしまった、色 […]

ワイシャツの干し方完全マニュアル!誰でも出来るシワを抑える技とは

  会社、学校などでいつも着ているワイシャツ。日常生活でもファッションアイテムとして使ってる方も多いのではないのでしょうか? そんなワイシャツですが、干し方などに気を配れば、自宅で洗濯した後の仕上がりにもずいぶ […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集