アスクマイスター

あなたのマイスターに登録している2,500人のプロが、皆さんのあらゆるお悩みに答えます

鞄の持ち手を修理していただく際に、部品を完全に新しいものに取り替えるという方法があると思いますが、部品を取り替えてしまうと新しい部品が目立って見た目が悪くなるということはないのでしょうか?

関連している質問をみる

職人さんの回答まとめ

茶系の場合には特に、新しく塗り替えたり、補修したりした部分だけ、新しく見えてしまいます。アンティーク加工ができる場合もありますが、オススメはしていません。あえて全く違う色を使う、持ち手の部分だけでなく、本体の色の修復も同時に行う、などの工夫の仕方があります。

職人さんのすべての回答をみる

修理の頼みかた簡単3ステップ

さらに詳しく

1.写真を撮る

写真を撮って、頼みたい職人さんに送ります。

2.相談する

修理内容の提案や金額の見積もりが届きます。職人さんと相談して修理内容を決めます。

3.直したいものを送る

職人さんに直したいものを送ります。

職人さんの回答一覧

鞄の持ち手を修理していただく際に、部品を完全に新しいものに取り替えるという方法があると思いますが、部品を取り替えてしまうと新しい部品が目立って見た目が悪くなるということはないのでしょうか?

REFINEさん (大阪府)

ヌメ革の場合はお使いの商品に色を合わせます。それ以外のカーフやラム革は目立つほどの仕上がりではないです。

特にご希望がない場合は、全体に馴染む色の素材(現状に近い色合い)を使用いたしますので、違和感は少なく仕上がります。

革の痛みが激しく無い場合はリペアをおすすめしております同じように仕上がりまして 蘇ります

持ち手を取りかえますと確かにその部分のみ新品になってしまいます。その場合バランスがよくなるように全体的なカラーリペアをお勧めしております。

あまり見た目は変わりません。ご安心ください。

ZEEK70さん (兵庫県)

出来るだけ近いものを選ぶようにしております。どうしてもこれが良いと指定されて、微妙になったことはあります。

当店では色合いや質感などを考慮して修理致します。一度当店に相談してください。

エイジングに合わせるか、元の色に合わせるかは見積もりの際にご提案しております。

交換のさいは現状になるべく近い部品で修理致します。交換箇所以外の部品に使用に伴うような小キズ等で使用感がある場合交換した箇所が目立つ可能性は考えられます。 なのでナスカン等の金具の場合は両方の交換をおすすめしております。

勿論持ち手を交換する場合は新品になりますので、本体部分との違いは目立ってしまうかと思います。あまりにも本体側が劣化しているのであれば、一緒に本体側も補色・補修をする事をオススメ致します。

持ち手交換の際は、そのかばんに使用されている革の色味にあわせて染め変えし、持ち手を作成致します。完全に同じにとはなりませんが、違和感なくご使用頂けると思います。

全く同じものを用意するというのは難しいですが、それに見合う色味の物で対応する、ないし一点物感覚でオリジナルで違う色で差し色としてカスタムされるお客様もいらっしゃいますので個人差はありますがさほど気にならないかと思います。

新しい持ち手の色を本体の現在の色味に合わせて調整塗装してもらえるか聞かれると良いと思います。 大抵のショップはそのようにしてくれると思いますが、ヌメ革の場合は塗装がされていませんので新品の持ち手に他の部分に合わせた色をわざと加えて合わせる事になります。

持ち手を交換する際は、出来るだけ雰囲気の近い革を選び、形状、太さなど似せて製作しますので、見た目が悪くなる事はありません。

部品については再利用できる物は再利用させていただきます。 物によっては新しいものへ交換いたしますが見た目が悪くなることはありません。

新しい革で新規作成しますので、新しく見えてしまいます。アンティーク加工なども出来ますが、持ち手は消耗しやすい箇所ですので、自然と味が出てきますので、お勧めはしておりません。たとえば、ルイヴィトンのヌメ革などは、現状の使い込まれた色に合わせた革をお探しいたします…

新しい革で新規作成しますので、新しく見えてしまいます。アンティーク加工なども出来ますが、持ち手は消耗しやすい箇所ですので、自然と味が出てきますので、お勧めはしておりません。たとえば、ルイヴィトンのヌメ革などは、現状の使い込まれた色に合わせた革をお探しいたします。

すべてを表示する

ヌメ革素材での修理時に、よくあります。染める事も可能ですが、自然な色の変化を楽しまれるお客様もおられ、ここはご相談となります。

修理の基本として、元に近い、もしくは違和感のないように極力、現状に色、サイズに合わせるように加工しております。

鞄の持ち手が、元が黒色だとあまり浮くことはありませんが、キャメル系だと完全に一致するのは難しいです。そういった場合はあえて全く違う色をご提案したり、根革まで交換して統一感を出したりします。お客様との入念なご相談の上、ベストな修理を行います。

見積もりの時点で入念に打ち合わせをして、できるだけ似たような雰囲気を出すようにしております。

鞄に合うような形だとか色味、あとは付ける場所もこだわって修理します。あくまでもお客様のご要望が優先です。

なるべく元の色味に近い革を探して交換行います。違いがある場合も革を染めて色味に近づくように対応する場合もございます。

部品については再利用できる物は再利用させていただきます。 物によっては新しいものへ交換いたしますが見た目が悪くなることはありません。

全体になじむ色合いや雰囲気の材料を手配します。

そんなにお気になさる心配はないと思います。元の素材に近いもので交換しますので大丈夫です。

PRO ONEさん (京都府)

元々の鞄のデザイン・色の持ち手を一から作成して、修理いたします。元の外したパーツで型をとって、作成いたします。

弊社でなるべく元の形と似たように、作成も可能です。一般の小売店でも、似たような持ち手などもご用意があると思います。安く済ませたい場合は、ユザワ屋や東急ハンズなどで購入できます。

もちろんあります。部分的に部品替えをしますとそこだけ違和感が出るというケースはあるかと思います。また、革鞄などですとエージングして味の出ている場合もありますので基本は現状の色に近い色合いの物で作るということになるかと思います。あまりに差異が出る場合は持ち手と同…

もちろんあります。部分的に部品替えをしますとそこだけ違和感が出るというケースはあるかと思います。また、革鞄などですとエージングして味の出ている場合もありますので基本は現状の色に近い色合いの物で作るということになるかと思います。あまりに差異が出る場合は持ち手と同じ素材部分と同じ部品はすべて交換したりすれば違和感はでにくいかとは思いますが、加工や資材が増える分、ご予算も上がりますのでそこらへんは加味してご相談ということになるかと思います。根革も変えて統一感を出したり、他の部分も染め直して統一感を出したりなど、リメイクすることで違和感を出しにくくする方法はありますのでご相談ください。

すべてを表示する

お客様にとってごもっともな不安ですね。素材によっては新しい部品が見た目の印象を変えてしまうことがあります。見た目の感じ方に個人差はございますが、今の革に合わせて直してほしいと、ご要望が多いのも事実です。現在されているかはわかりませんが、過去にブランドメーカーの…

お客様にとってごもっともな不安ですね。素材によっては新しい部品が見た目の印象を変えてしまうことがあります。見た目の感じ方に個人差はございますが、今の革に合わせて直してほしいと、ご要望が多いのも事実です。現在されているかはわかりませんが、過去にブランドメーカーの ルイヴィトンでさえも、バッグ素材のヌメ革を交換した際、25%増しでライティングによるエイジング加工「焼け」を施しています。持ち主の方のご希望に応じて、また今後の使い方によっても気持ちよく使っていただけるようにご相談やご提案させていただきます。

すべてを表示する

色、材質にもよりますがなかなか同じものは入手困難です。 従って似よりのものになります。 例えば同じ色でも艶や凹凸の違いで質感が変わります。 全体の色、デザインによっては全く違う色を提案させていただくこてもあります。 金具の色も数種類ありますが、革と同じ…

色、材質にもよりますがなかなか同じものは入手困難です。 従って似よりのものになります。 例えば同じ色でも艶や凹凸の違いで質感が変わります。 全体の色、デザインによっては全く違う色を提案させていただくこてもあります。 金具の色も数種類ありますが、革と同じように例えば金色でも艶がことなります。

すべてを表示する

違和感が出る可能性は否定できません。そのため、お客様のご要望をしっかりと確認し、ご提案させて頂きます。見た目が悪く感じるのは、デザイン性が損なっているからです。部品を取り換えるというよりは、新しい鞄をデザイン(リメイク)するという発想の方が、満足していただける…

違和感が出る可能性は否定できません。そのため、お客様のご要望をしっかりと確認し、ご提案させて頂きます。見た目が悪く感じるのは、デザイン性が損なっているからです。部品を取り換えるというよりは、新しい鞄をデザイン(リメイク)するという発想の方が、満足していただけると思います。

すべてを表示する

持ち手等の交換の場合、当然新品での交換になりますので、革の質感・風合い等は変わってきます。 場合によっては新しい部品が目立ってしまうことはありますので、その場合は交換しない部分を染め直すことで新しい部品を目立たせなくすることは可能です。

用意した革にアンティーク調の染めを施して、可能な限り似た見た目にすることも出来ます。

その場合はうちは補色、メンテナンスが入りますのでそこだけ直したっていうのはあまりでません。

一番重要視するのは本体の色に合わせる、という点です。特にブランド品に多いのですが、コバ液が取れて黒ずんだり故障する場合もございます。その際は今後長く使えるようにご提案させていただきます。他にも例えば、ショルダーの際、丸手より平手の方が都合が良い場合がほとんどな…

一番重要視するのは本体の色に合わせる、という点です。特にブランド品に多いのですが、コバ液が取れて黒ずんだり故障する場合もございます。その際は今後長く使えるようにご提案させていただきます。他にも例えば、ショルダーの際、丸手より平手の方が都合が良い場合がほとんどなので、そういったご提案をさせていただいたりもします。

すべてを表示する

現状での色合わせや、必要なら汚しを入れる場合もあります。

持ち手交換される物は持ち手以外の箇所に色あせや擦れなどがある場合がほとんどですので、持ち手交換だけではなく色修復なども併せてお勧めしております。

なるべく現状と似た部材を利用させていただきますが、革の場合は、別途革補色で色を合わせることも可能です。

カバンの状態・デザインによりますが、新品金具になる事で目立つ場合は有ります。弊社では、元のパーツが使えれば、元のパーツを使用します。

おっしゃる通り新品部分が目立つ恐れがあります。 ですので弊社ではリペアをオススメしております。リペア後の調色・塗装は周りの色や風合いに合わせたブランド調色を1品1品行いますので、自然な仕上がりになります。

お悩みランキング

1位

鞄のファスナー部分が修理で直るのか、それともファスナー部分を交換しなければならないのかが知りたいです。ファスナー部分の修理で直る基準と完全に交換になる基準をそれぞれ教えてください。

触りながらテストしてみないと線引きは出来ない。 詳しくみる

2位

鞄の角スレが気になるのですが、鞄の角が擦れにくくなるように補強していただくことは可能ですか?

カド擦れはご使用頂いていますと 必ずおこることです 補強はもちろん … 詳しくみる

3位

鞄の色補正をお願いする際、補正に使用する色を自分で決めることはできますか?

色補修は基本的には同色しかしないのですが、多少色を濃くしたり薄めにした… 詳しくみる

4位

鞄の持ち手を修理していただく際に、部品を完全に新しいものに取り替えるという方法があると思いますが、部品を取り替えてしまうと新しい部品が目立って見た目が悪くなるということはないのでしょうか?

ヌメ革の場合はお使いの商品に色を合わせます。それ以外のカーフやラム革は… 詳しくみる

5位

鞄のベルトの長さを自分で調整できるように、鞄のベルトに調整具を取り付けていただくことは可能ですか?

バッグのショルダーで良くご依頼ありますが、デザインにより不可もあります… 詳しくみる

作業事例から見積もりを依頼

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

新着口コミ

匿名希望(40代女性)

カバン修理

キレイな仕上がりでした

星星星星星 3.60

キャンバス地のリュック の金具が付いている部分の 破けの修理を依頼しました。 皮で補強してもらい、強度見た目共に大変満足しています。 少々修理代... 詳しくみる

匿名希望(30代女性)

カバン修理

丁寧な仕事です。

星星星星星 5.00

カバン屋の内側の縫目がほつれてきてしまったので、修理を依頼しました。 すごく綺麗に治っていました。 大変満足しています。 ありがとうございました... 詳しくみる

月間ランキング

おすすめマイスター

閲覧履歴

閲覧履歴

閲覧履歴はありません。