お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

■お風呂の天井のお掃除に「クイックルワイパー」が役に立つ!
■「中性洗剤」「クエン酸」「クリームクレンザー」で壁の黒ずみを除去
■床掃除は「重曹×クエン酸」で水垢も石鹸カスも一気にさっぱり!

たってぃ

2017年07月16日

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。

天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?

 

今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっとも気になる汚れは何ですか?」と聞いてみました!

すると、半分以上の方が「カビ」が気になると答えました。
「水垢」が気になると答えた人と合わせると、なんと80%超え!

 

使ったあと、壁や床なんとなくシャワーをかける……そうしてバスタイムを終える方が多いと思います。

しかし、その程度で「カビ」や「水垢」は防げないのです!
むしろ、中途半端な掃除はカビの発生に繋がります。

四方をカビに囲まれているなんて、考えただけでもぞっとしますよね。

ということで、今回はお風呂の天井・壁・床のお掃除方法を紹介します。
特に、カビや水垢を撃退するやり方を解説!
簡単にお風呂のカビを予防する方法も紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね♪

お風呂の「天井」のお掃除にクイックルワイパーという逆転の発想

カビ

お風呂の天井って、背が低いと届かないので、お掃除もちょっとサボりがちですよね。
放っておくと、いつの間にかカビだらけになってしまうのです。

最初にも紹介した通り、天井のカビはとても危険。
工夫すれば、簡単に綺麗にできるので、さっそくお掃除の方法を解説していきたいと思います。

用意するもの

・ゴム手袋
・メガネ / ゴーグル
・マスク
・柄のついたスポンジ(クイックルワイパーとキッチンペーパーで代用可)
・カビ取り剤
・タオル

  手 順  

1. スポンジにカビ取り剤をスプレーする

キッチンペーパーにカビ取り剤を2、3回吹き付けましょう。
1か所に偏らないように、全体にまんべんなくスプレーするのがポイントです。

注意
天井に直接スプレーしようとするのは危険です!

カビ取り剤は、強い塩素系の洗剤。
天井に直接スプレーしようものなら、洗剤が自分の身体に降りかかってくる危険があります!
絶対にしないようにしましょう。

 

柄のついたスポンジがない場合は、キッチンペーパーをセットしたクイックルワイパーで代用ができます。
キッチンペーパーなら使い捨てができるので、スポンジよりもお手入れがカンタンかもしれないですね。

1枚だと破れてしまいそうだったので3枚重ねにしました。

 

2. 天井に洗剤を塗っていく

カビ取り剤をスプレーしたキッチンペーパーで、天井に洗剤を塗っていきましょう。
このときも、自分の体につかないよう十分に注意が必要です!

POINT
浴室の奥から出入り口に向かって塗る

 

洗剤を塗るときは、塗ってる位置と自分が立っている位置はズラしたいもの。
浴室の床に立って、奥の方から浴槽の真上の部分に塗り始めます。

浴槽の真上が終わったら、浴室の外に出て、浴室の床の真上の部分を塗っていきましょう。

途中で洗剤が切れてきたなと思ったら、キッチンペーパーにまた2、3回スプレーをして、洗剤を追加してくださいね。

身長は148センチですが、台に乗らなくても余裕で天井にとどきました。

 

3. 5~30分放置
休憩時間です。
洗剤がカビの奥まで浸透できるように、ちょっと時間をおきます。

 

4. 2回、水拭きをする

キッチンペーパーをきれいな水で濡らして水拭きをします。

拭いていく順番は、洗剤を塗ったときと同じです。
立つ場所を移動しながら、自分に水滴が降りかかってこないように拭いていきましょう。

洗剤が残らないように、2回繰り返します。

スポンジやキッチンペーパーから塩素の匂いがなくなったらおしまい!

 

5. 乾拭き

柄付きのスポンジにタオルを巻くなどして、乾拭きをしましょう。

これで天井のお掃除は完了です。

 

柄付きのブラシを使えば、簡単にお掃除できるんですね。
ずっと上を向いてお掃除することになるので、ちょっと首は痛くなりそうです。
でも、頑張った分だけ綺麗になった喜びもひとしおですよ!

少なくとも月に1回ぐらいは、天井のお掃除をするようにしましょう。

 

お風呂の「壁」の隅々の黒ずみにはクリームクレンザー!他2つ

壁

お風呂の壁の天敵といえば、カビ!
壁の黒ずみって結構目立つんですよね…。

・中性洗剤を使った方法
・クエン酸水とラップを使った方法
・クリームクレンザーを使った方法

の3つのお掃除の方法を紹介します。

中性洗剤を使った方法

まずは一番簡単な方法から。
浴室お掃除用の中性洗剤を使います。

普段浴槽を掃除する時に使っている方も多いのではないでしょうか?
壁のお掃除にも使えるのです。

用意するもの

・手袋
・浴室お掃除用の中性洗剤
・スポンジ / ブラシ
・布

  手 順  

1. 中性洗剤でこすり洗いする

手袋をつけてからお掃除を始めましょう。
壁に直接、中性洗剤を吹き付け、スポンジやブラシでこすり洗いします。

 

2. 洗い流す

洗剤をしっかり洗い流します。
シャワーでザーッと流してしまいましょう。

 

3. 乾拭き

お掃除の最後には、しっかり乾拭きをします。
水分が残っていると、浴室の湿度が高くなって、カビが発生する原因になります!
スクイージーをお持ちの方は、乾拭きの前に水切りをすると効率的です。

 

クエン酸水とラップを使った方法

続いて、クエン酸水を使ったラップパックのやり方を紹介します。
クエン酸は酸性ですから、壁の水垢汚れに効果的です。

クエン酸水の作り方
step1. 水100mLに対して小さじ1の割合で、クエン酸を溶かす
step2. スプレー容器に入れる
step3.よく振る
*+:。.完成.。:+*

作ったクエン酸水を使ってお掃除していきます。

用意するもの

・手袋
・クエン酸水
・ラップ
・(キッチンペーパー)
・スポンジ / ブラシ

  手 順  

1. 汚れが気になるところにクエン酸水を吹き付ける

まずは手袋をつけて作業を始めましょう。
クエン酸水は、ケチらずたっぷり使うのがコツです。

 

2. 上からラップを貼ってパックする

クエン酸水を吹き付けたところに、上からラップを貼っていきます。

もし、ラップがピタッとくっつかない場合。
ラップを貼る前に、キッチンペーパーを貼り付けましょう。

ラップがヨレないようにふんわり貼り付けるのが結構難しいです。

 

3. 2~3時間ほど放置

クエン酸水が、汚れにしっかり染み込むように、2~3時間ほど待ちます。

 

注意
乾いていないことをこまめにチェック

放置している間にクエン酸水が蒸発して乾いてしまうと、いくら時間をおいても汚れは落ちません。

 

4. 洗い流す

時間が経ったら、ラップやキッチンペーパーを剥がしてクエン酸を洗い流します。

 

汚れ落ちが微妙だなと感じたら、洗い流しながらスポンジやブラシでこすりましょう。

かたいスポンジやブラシだと傷ついてしまうので注意!

 

クリームクレンザーを使った方法

壁のしぶとい汚れに一番効果的なのが、クリームクレンザーです。
使い方を紹介します。

 

用意するもの

・手袋
・スポンジ / ブラシ
・クリームクレンザー
おすすめ商品はこちら↓


ちょっとお値段お高めですが、その価値あり。ペースト状なので、壁のお掃除は使いやすいですね!合成界面活性剤、香料、着色料を使っていない、天然素材でできたクレンザーですから、環境にも、肌にも優しいのです。お風呂だけでなく、キッチンでも使えますよ♪

  手 順  

1. クリームクレンザーを汚れにつける

お掃除の始まりは手袋をつけるところから。

 

クレンザーを手に取って、汚れにつけていきましょう。

手だと細かい部分も塗りやすいです!

 

2. スポンジでこする

スポンジで汚れがついている部分をこすります。
頑固な汚れの場合には、ブラシを使ってみるのもありですね。

ブラシを壁に押し付けるようにゴシゴシすると、少しづつ黒い汚れが落ちていきました。

 

3. 洗い流す

クレンザーを洗い流します。
洗剤が残らないように、しっかり洗い流してくださいね♪

 

壁のお掃除には、以上3つの方法を紹介しました。

下に行けば行くほど強力な方法です。
上から試してみて、落ちなかった場合に次のお掃除の方法を試すようにしましょう。

 

お風呂の「床」のお掃除は、まぜても安心「クエン酸×重曹」!

青い床

続いて、お風呂の床を綺麗にする方法を紹介します。

実は、天井、壁、床とお掃除する場所ごとに、上から下になるように紹介してきました。
お風呂のお掃除をするときは、「上から下に」が基本です。
実際にお掃除する時も意識してみてくださいね。

お風呂の床は、重曹とクエン酸をダブルで使うと、汚れが綺麗になります。

重曹とクエン酸はそれぞれ違った汚れを落としてくれます。

重曹は、石鹸カス皮脂汚れを落とすのに効果的。
クエン酸は、水垢を落とすのに効果的。

二つの中和反応を活かしつつ、一気に汚れを落としましょう。

 

注意
重曹は大理石や木には使えない

お風呂の一部分が大理石や木でできているときは、重曹がかからないように、気を付けてくださいね。

 

用意するもの

・手袋
・クエン酸水(クエン酸水の作り方は、先ほど壁のお掃除の方法で紹介しました。)
・重曹
・ラップ
・ブラシ
・布

  手 順  

1. クエン酸を汚れが気になるところに吹き付ける

手袋をつけてから作業を始めましょう。
まずはクエン酸水を吹き付けます。
たっぷり使いましょう。

 

2. 重曹を上からふりかける

 

クエン酸水を吹き付けた上から、重曹を振りかけます。

もうその瞬間から、しゅわしゅわと泡が出始めます。

泡立ちがよくなかったのでクエン酸水をさらに吹き付けたらしゅわしゅわしました!

 

3. 発生した泡を軽く広げる

泡を軽く広げます。
ブラシなどで軽くさっさと広げる感じです。
手袋をしていれば、手を使ってもOKです。

POINT
発生する気体は二酸化炭素

しゅわしゅわ発泡するということは、なんらかの気体が発生しているということ。
洗剤によっては、「まぜるな危険」と書いてあるものもあります。
泡が出てくると、ちょっと心配になりますよね。

しかし、重曹とクエン酸は、まぜても安心です。
なぜなら、発生するのは二酸化炭素!
呼吸すると排出される気体なので、安心ですね。

ただ、念のために換気をしておくことをおすすめします。

 

4. 上からラップをかける

泡の上からラップをかけます。
なるべく空気が入らないようにしましょう。

 

5. 20-30分放置
時間をおいて、重曹とクエン酸の力で汚れを落とします。

 

6. ブラシでこすり洗いする

時間が経ったら、ブラシでこすり洗いします。
汚れの部分をゴシゴシ洗っていきましょう。

 

7. 洗い流す

洗い終わったら、重曹とクエン酸を洗い流します。
重曹やクエン酸が残っていると、乾燥したあと、床に白い結晶が残ってしまいます。
しっかり洗い流してくださいね。

 

8. 乾拭き

最後に床を乾拭きします。

 

重曹がなくても、クエン酸だけあればお掃除できます。

重曹をふりかける手順を除けばOKです。
つまり、クエン酸パック状態ですね!
水垢汚れが気になる床には、効果抜群です。

さて、それでもしつこいカビが落ちてくれないという場合。
実は、根っこの深いカビへの対処方法は3種類あります。
今回紹介した方法で、カビが落ちなかったという場合は、こちらを参考にして3つの方法を試してみてください!

特に、お風呂場のドアの部分はカビが繁殖しやすいですよね。
あの困ったカビに効くのは、なんと片栗粉と塩素系漂白剤を混ぜたペースト。
まるでトロトロのペーストがカビをしっかり落としてくれる場面は、見るだけでも気持ちいいです(笑)。

 

おまけ

最後にちょっと番外編をご紹介。
なんと、お風呂の床のお掃除には、シール剥がしが使えるのです。

汚れが気になるところに、シール剥がしをスプレーして、ブラシでこすります。
最後に洗い流せば、床もピカピカになっているはずです。

ちょっと驚きですが、シール剥がしなら100円ショップでも購入できます。
試しにやってみる価値ありですね!

 

床をキレイにしたら

床が一通りキレイになったら、もう1つ気になることがありますよね。

お風呂の中でも特に掃除が厄介な、あそこです。
そう、排水口。
天井、壁、床ときたら、ついでに「お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない」をご参考に、排水口もキレイにしてしまいましょう。

汚れの程度に合わせて、ビニール袋を使った簡単なお手入れ方法やカビ取り剤と歯ブラシを使った方法をご紹介しています。
また、重曹とクエン酸を使って排水管をキレイにする方法もご紹介♪

 

お風呂あがりの習慣に、毎日5分のカビ予防!

拭く

お風呂を綺麗にしたら、そのまま綺麗なお風呂をずっと使っていたいですよね。

実は、カビが発生しやすい条件は3つあります

温度:20~30℃で大発生
湿度:60%以上だと危険
汚れ:垢、髪の毛、石鹸カスなどもカビの栄養に

これらの条件が整わないようにすることが必要なのです。
お掃除で汚れをなくしたら、普段のお手入れで温度と湿度の条件をクリアしましょう!

お風呂の汚れとカビを予防して、綺麗に保つ方法を紹介します。

用意するもの

・スポンジ
・布(マイクロファイバーがおすすめ)
・スクイージー(水切りワイパー)

  手 順  

1. 熱めのシャワーを壁と床全体にざっとかける

熱めというのは、普段、身体を洗うのよりちょっと熱めの45~50℃ぐらい。

しかし、この程度ではお風呂のしつこいカビは死滅しません。
重要なのはここからの作業。

 

2. 床をスポンジで軽く磨く

床は、石鹸カスや垢が溜まりやすいです。
ただ流すだけでは不十分…
スポンジで軽く磨きましょう。

 

3. 冷水シャワーをかける

床を全体的に磨き終わったら、冷たいシャワーをかけて、一気に冷やします。

POINT
20℃以下の水を使いましょう

カビが大繁殖する20~30℃にならないようにするのがポイントです。

 

4. 乾拭きをする

壁は、上から下にスクイージーを動かして、水を落としていきます。

床は、細かい凸凹がついていることが多いと思います。
そのため、布で乾拭きをしましょう。
マイクロファイバーの布を使うのがおすすめ。
吸水性が抜群です!

POINT
シャンプー容器の下も忘れずに

意外と拭き残しがちなのが、シャンプーやコンディショナー容器の下の部分。
椅子や洗面器の裏側なども忘れがち。
そういった細かいところまでしっかり乾拭きできると、完璧です。
5. 換気扇を回す
お風呂から上がったら、換気扇を回しておきましょう。
浴室内に湿気を残さないことが重要です。

換気扇がない場合には、2箇所以上窓を開けて、風の通り道をつくり、しっかり換気しましょう。

1から5までは5分ほどで終わります。お風呂上がりにぱぱっとできると思います!

 

お風呂の天井・壁・床のお掃除の正しい頻度をプロに聞いてみた!

さて、ここまでお風呂の天井・壁・床のお掃除方法をご紹介しました。
最後に「あなたのマイスター」では、のプロに「お風呂の天井や壁、床はどれぐらいの頻度でお掃除したらいいですか?」と聞いてみました。
たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。

ナカヤマハウスクリーニングさん(埼玉県)

お風呂を上がる前に石鹸カスをしっかり流すことで汚れを防げます。週に一回でもスポンジでサッと擦っていただくと綺麗な状態が保てます。時間がなくても一ヶ月に一回はお掃除をすることをお勧めします。

 

FLFクリーンサービスさん(神奈川県)

毎日使用する場所なのでできれば最後にお風呂を入った後に軽くお掃除して出るのがベストです。なかなか毎日は難しいと思いますので週一回でもお掃除していただければと思います。

本当は、週に1回やってほしいところ。しかし、忙しい人は月1回でOK!
2か月以上放置している、というあなたは要注意ですよ。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

年末の大掃除でお風呂をお掃除するなら

水アカやカビなど水回り特有の汚れが気になるお風呂は、大掃除する場所ランキングTOP3にランクインしています。お風呂が綺麗だと、お風呂上がりの気分も爽やかですよね。疲れを癒してくれる場所だからこそ、お風呂が綺麗だと気分も上がります。新年を気持ちよく迎えるためにも、お風呂のお掃除は必須ですね。

大掃除の進め方や、効率の良いお掃除方法について知りたい方は、こちらの記事↓をチェックしてみてください♪大掃除する方が多い換気扇・お風呂・キッチンのお掃除方法だけでなく、窓・サッシ、洗面所など、家中をピカピカにするお掃除方法をたっぷり紹介しています!

 

おわりに

お風呂の天井・壁・床を掃除するときのポイントをおさらいしましょう。

・天井の届かないところの汚れは、クイックルワイパーが役に立つ。
・壁の汚れはクリームクレンザーとクエン酸のダブル使い
・床の汚れは重曹とクエン酸のシュワシュワパワーを利用する

の3つでした♪

お掃除した後は、スクイージーで水を切るようにして乾拭きまで行えば、綺麗なお風呂を長持ちさせることができます。

最後に。

浴室の天井は高いし、カビや水垢のお掃除は手間がかかります。
自分でやるのはなかなか大変かも、という場合には、プロのお風呂クリーニングがおすすめです。
どんなカビも残さず綺麗にしてくれますよ♪

関連記事

NEWお風呂の水垢をクエン酸ですっきり!汚れの程度別にお掃除方法を紹介

  湯船にたっぷりお湯をためて、今日はひさしぶりにゆっくりお風呂に入るぞ〜!ってとき。 浴槽を触ったら、なんだかザラザラしていてがっかりした、なんてこと、ありませんか? そのザラザラの原因は、ずばり水垢! 編集 […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

重曹でお掃除!3つの使い方で家中どこでもキレイ【写真付き完全版】

最近、すっかり身近になった重曹。 普段からいろいろなお掃除に使っている、という方も増えていますね! しかし、重曹も使い方には注意が必要です。 変色や傷に悩むことになったり、お掃除しても臭いが消えなかったり……。 やみくも […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ガスコンロのお掃除の方法を徹底解説!4つのパーツを丸ごと綺麗に!

あなたは、キッチンの中でどの部分の油汚れが最も気になりますか?。 編集部で20代~60代の女性100人に質問したところ、なんと45%もの方が「ガスコンロ」が気になるそう。 簡単なお掃除はしていても、狭いところや隙間に汚れ […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

重曹でお掃除!3つの使い方で家中どこでもキレイ【写真付き完全版】

最近、すっかり身近になった重曹。 普段からいろいろなお掃除に使っている、という方も増えていますね! しかし、重曹も使い方には注意が必要です。 変色や傷に悩むことになったり、お掃除しても臭いが消えなかったり……。 やみくも […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

ガスコンロのお掃除の方法を徹底解説!4つのパーツを丸ごと綺麗に!

あなたは、キッチンの中でどの部分の油汚れが最も気になりますか?。 編集部で20代~60代の女性100人に質問したところ、なんと45%もの方が「ガスコンロ」が気になるそう。 簡単なお掃除はしていても、狭いところや隙間に汚れ […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?

スーツをクリーニングにだすと、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか? 1度でもクリーニングにだしたことがある人なら、だいたいの予想はつきますね。 でも、最初の1回目とか、初めていくクリーニング屋さんとか、ちょっと不安 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

指輪修理の職人技|サイズ直し・傷の補修|実例を写真付きで徹底解説

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

おすすめ特集