トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

■トイレの汚れといえば、黒ずみ・黄ばみ・水垢
■トイレ掃除のノウハウを、洗剤のプロ茂木和哉さんに聞きました
■時間がない!汚れが頑固!そんなときはトイレクリーニングがおすすめ

たってぃ

2018年10月22日

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。
実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。
心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。

今回は、トイレ掃除の方法をたっぷり紹介します!便器や便座のお掃除はもちろん、タンクや換気扇などあまりお掃除することがない場所のお掃除方法までマスターできちゃいます。
クエン酸や重曹を使ってトイレをお掃除することについても解説しました!特にクエン酸は、トイレ掃除にぴったりなんです。

まずは、トイレ掃除の流れから見ていきましょう♪

トイレ掃除の流れをチェック!

トイレ掃除を始める前に、トイレに潜む汚れと、トイレ掃除の流れを紹介します。

汚れに合わせた洗剤を使うことが、トイレ掃除のコツ!というわけで、まずは汚れについて知っておく必要があるのです。

トイレの汚れ

トイレのお掃除をする前に、まずはトイレの汚れについて知りましょう!トイレは、どうして汚れてしまうのでしょうか?
トイレによく発生する4つの汚れを紹介します。

水垢
水垢というのは、水道水に含まれるミネラル分が固まったもの。白っぽく、触るとザラザラしているのが特徴です。
トイレの便器の内部や、水道の蛇口のあたりによく発生します。

アルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤が効果的です。

黄ばみ
トイレのお掃除をしないでおくと、徐々に便器やその周りが黄ばんでいきます。
黄ばみの原因は、尿石尿に含まれる成分が固まったものを尿石といいます。

尿石も、酸性洗剤を使うと簡単に落とすことができます。

黒ずみ
黒ずみは、なかなか手強いです。なぜなら、水垢や黄ばみ、埃やカビなどいろいろな汚れが混ざっている汚れだから。
トイレの水面ラインのあたりによく見られます。

漂白剤を使ってお掃除するのがおすすめです。

手垢
トイレの水を流す時の取っ手や、便器脇のボタン、リモコンなど、手で触れる部分には手垢がついています。
忘れがちですが、しっかりお掃除しましょうね。

これらの汚れをしっかり落とすようにしましょう♪

トイレ掃除の流れ

基本のトイレ掃除は、便座→便器→壁・床の流れで進めていきます。
今回も、その順でお掃除方法を紹介していきますよ!

便座のお掃除は、便座を取り外したり、持ち上げたりしながら隠れた汚れまでしっかり拭き取ることが重要です。
便器をお掃除する時はまず、溜まった汚れをブラシでこすり落とすところから始めましょう。黒ずみが気になる場合は塩素系漂白剤で、黄ばみが気になる場合は酸性洗剤でさらにお掃除すれば完璧です♪
壁や床は、クエン酸を使って拭き取るだけでピカピカになります!

しかし、まだ見逃しているところがあります。トイレのタンクや、換気扇、ウォシュレットです。汚れが気になったらやるべき、応用編。今回は、その3つのお掃除方法も紹介します♪

流れに沿って一通りお掃除方法を紹介した後で、クエン酸重曹でトイレをお掃除することについても解説します!特にクエン酸は、水垢や尿石を中和して落としてくれるので、トイレ掃除で大活躍なのです。

さっそく、1つ1つ見ていきましょう。

 

洗剤のプロ茂木和哉さんに聞きました!

今回、トイレ掃除の方法を紹介してくれるのは、洗剤のエキスパートである茂木和哉さん。

オリジナル洗剤を開発するだけでなく、家中のお掃除に役立つお掃除情報や、お掃除業者さん向けの洗剤情報などを積極的に発信しています。

 

今回の記事で紹介しているお掃除方法は、茂木和哉さんが教えてくれたものばかりです!
洗剤のプロはどうやってトイレを綺麗にしているのでしょうか?使っている洗剤やお掃除道具が気になりますよね!

便座はシートで拭くだけでピカピカに!

まずは、便器のお掃除方法を紹介します。肌が触れるところですから、なるべく綺麗にしておきたいですね!

用意するもの

・トイレ用のシート

  手順   

1. トイレのフタを外す

トイレのフタが外せる場合には、外しておきましょう。

例えば、TOTOの機能付きトイレの場合、便座右奥にレバーがあり、それを引っ張りながらフタを持ち上げると取り外すことができます。パナソニックの場合も、同じようにレバーを引っ張ることで、取り外しが可能になっています。

2. 便座を上げ、便座や便座と便器の間などをトイレクイックルなどで拭く

トイレによっては、便座本体を取り外すことができるものもあります。

TOTOのウォシュレットの場合、本体右側に「取り外しボタン」があり、押しながら手前に引くと、ウォシュレットを取り外すことができます。温水洗浄便座・ウォシュレットは、こういったお掃除を楽にしてくれる機能がついていることが多いです。取扱説明書を確認しましょう!

(参考:トイレのお手入れ|TOTO)

便座を取り外したり、持ち上げることができたら、便座と便器の間をトイレクイックルなどで拭き取りましょう。

\動画でチェック!/

掃除の様子は、動画でも確認できますよ♪ 便座だけでなく、床やリモコンまでささっと綺麗にしています。参考になること間違いなしなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

便器黄ばみも黒ずみもすっきり落とす方法

続いては、便器のお掃除方法を紹介します。便器は、トイレの中で一番汚れが気になる箇所であると言っても過言ではありません!

トイレの便器について、RELIVERSでは、20〜60代の女性100人にアンケートを取ってみました!

便器の汚れ、どれが一番気になりますか?」と聞いてみると、その結果は「黒ずみ」52%、「黄ばみ」29%、「水垢」19%でした。半分以上の方が、黒ずみと答えています。一方で、そのほかの黄ばみや水垢が気になるという方もやはりたくさんいます。

ここでは、便器の汚れを全てすっきり落とせる方法を紹介します!

用意するもの

・流せるトイレブラシ


流せるトイレブラシは、その名の通り、使った後トイレに流すことができます。掃除したブラシに洗剤が付いているので、別に洗剤を用意する必要がないので楽チンです。洗剤には汚れ防止効果があり、綺麗が長持ちします。

・サンポール


サンポールは、酸のちから×マイナスイオンで、便器の黄ばみ汚れを分解して落とします。洗剤が上方向に飛び出すスミズミノズルで、フチ裏のお掃除もばっちり。爽やかな香り付きで、トイレの臭いもすっきりさせてくれます。

・マグカップ
・小さめのブラシ
・キッチンハイター

除菌・漂白・消臭ができる台所用漂白剤です。なんといってもコスパが最強。塩素系漂白剤として、キッチンだけでなく、お風呂やトイレなど様々なところで使えます。

・トイレットペーパー

  手順   

1. 流せるトイレブラシで洗う

一度水を流します。

それから、便器内を流せるトイレブラシで洗っていきます。
専用の本体(持ち手)もありますが、茂木和哉さんは無印の柄つきスポンジの持ち手を使っているようです。

流せるトイレブラシは便器内に捨ててしまいましょう。

2. 便器内の細かいところなどの尿石と水垢を、サンポールで落とす

フチ裏やノズル周り、便座の溝など、細かいところに溜まった水垢や尿石を落とします。
マグカップにサンポールを少量入れ、小さめのブラシにつけて磨きましょう。

サンポールは酸性洗剤なので、尿石や水垢をよく落とします。

頑固な汚れは、サンポールをつけてから3分ほど置いてから洗うと、簡単に落ちます。

汚れが落ちたら、水で流します。

3. トイレットペーパーにハイターをつけて3分ほど湿布する

便器全体にトイレットペーパーを貼っていきます。上からハイターをかけ、そのまま3分放置してください。

ハイターはトイレの黒ずみを綺麗に落としてくれます。

最後にまた水で流し、便器内のお掃除は完了です。

壁・床のお掃除はクエン酸で消臭・抗菌まで

トイレの臭いって気になりますよね。便器をお掃除したら臭いもスッキリ解消されるかと思いきや、臭いが残ってしまうことがあります。

茂木和哉さん

便器内部をキレイに掃除しても臭いが残る場合は、床やカベに臭いが染みついているのかもしれません。

ここでは、クエン酸を使って、床や壁をお掃除する方法を紹介します!かなり簡単ですよ。

用意するもの

・クエン酸
・スプレーボトル
・タオル

  手順   

1. クエン酸水をスプレーに入れる

クエン酸水は水200mLに小さじ1杯のクエン酸水を溶かして作ります。
スプレー容器に入れて使いましょう。

2. 床やカベに、クエン酸水を吹きかけて、タオルで拭く

臭いが気になる床や壁にクエン酸水を吹きかけ、タオルで拭きます。
膝より下部分の壁はかなり汚れやすいので、念入りにお掃除してくださいね。

たったこれだけでお掃除完了です!

クエン酸スプレーは、便器や便座のお掃除使うこともできます。頑固な汚れを落とそうというときにはちょっと頼りないですが、軽い汚れならクエン酸で十分落とすことができますよ!

タンクのお掃除方法

トイレのタンクは、普段、目にすることがないのでなかなか汚れに気が付きません。しかし、お掃除せずに放っておくとタンクの中にカビが生えたり、カビが原因で嫌な臭いが発生したりします。全然お掃除していないかも!という方は、今すぐお掃除するのがおすすめです!

用意するもの

・ゴム手袋
・スポンジ
・中性洗剤
・歯ブラシ

  手 順  

1. 止水栓を閉める

工具を使って、トイレの止水栓を回して閉めます。

止水栓を閉めずに、タンクの蓋を外したまま洗浄レバーを回して水を流すと、給水ホースから水が出てきてあふれてしまいます。タンクの蓋を外す前に、必ず閉めてください!

注意
止水管の閉め方は、トイレの機種によって違います!
ご自宅のトイレの機種を確認して、説明書やサイトの説明文を読んで正しく行いましょう。

 

2. レバーを回して水を抜く
レバーを回すと、タンクの中の水がなくなっていきます。

3. スポンジや歯ブラシで磨く

タンクの中を洗い始める時には、ゴム手袋をしましょう!
黒ずみがこびりついた内側の表面を、中性洗剤をつけたスポンジでこすります。
広いところはスポンジ、細かいところは歯ブラシを使ってお掃除すると効率的です。

タンクの中には色々な部品が入っています。壊さないように慎重に作業しましょう。

4. 止水栓を緩めて、タンクに水を溜める
閉めていた止水栓を緩めると、タンクの中に水が溜まっていきます。
元の水位まで水が溜まったら、乾かしていた蓋を閉めます。

注意
必ず止水栓を調整してから蓋を閉める!

閉めすぎると、水を流した後にタンクに水が溜まらなくなってしまいます。
逆に緩めすぎると、排水が追いつかず、タンクから水が溢れてしまいます。

水があふれないように止水栓を調整して、元の水位まで溜めましょう。

5. レバーを回して水を流す
掃除した時についた洗剤を流します。

6. もう一度水を流して、掃除完了!
もう一度、トイレの水を流して、しっかりと洗剤を流しましょう。

換気扇のお掃除方法

トイレの換気扇、お掃除したことがありますか?トイレは便器や床など、どうしても下の方に視線が行きがちですよね。しかし、換気扇にも汚れは溜まります。3ヶ月に一度はお掃除するのが◎ですよ♪

用意するもの

・脚立
・歯ブラシ
・中性洗剤
・雑巾

  手順   

1. 換気扇のカバーを外す
換気扇のカバーは一度少しだけ下に引っ張った後、内側に付いているワイヤーを持ってさらに下に引っ張ります。

2. シロッコファンを取り外す
まずシロッコファンのカバーを外してから、シロッコファン本体をを下に引っ張って外します。

3. 外した部品を洗い、乾かす
中性洗剤と歯ブラシで、取り外した部品を洗いましょう。洗った後は、しっかり乾かします。

4. 本体部分を拭き取る
部品を取り外した後、本体の内部を水拭きします。

5. 外した部品を取り付ける
外した順番と逆の順で、取り付けて下さい。これで、お掃除完了です。

ウォシュレットのお掃除方法

お家のトイレにウォシュレットがある方、増えていますよね。お尻を綺麗にしてくれるウォシュレットですが、お掃除をさぼっていれば、ウォシュレット自体が汚れてしまいます。定期的にお掃除するのが大切です!

用意するもの

・ゴム手袋
・布
・中性洗剤
・綿棒
・割り箸

  手順   

1. ノズルを引き出す
お掃除を始める前に、ゴム手袋をしましょう。
「ノズルおそうじスイッチ」がある場合は、押すとノズルが出てきます。スイッチがない場合は、手で引っ張り出します。

2. 優しく拭き掃除
ノズルを上下に拭きましょう。汚れがこびりついていない限り、充分、綺麗になります。

3. 細かい隙間は、綿棒や割り箸に布を巻きつけて掃除
隅々まで綺麗にしましょう♪

トイレ掃除でもっとクエン酸を使う方法

クエン酸は、酸性という性質を活かして、アルカリ性の汚れを中和して落とします。
水垢や尿石汚れはアルカリ性なので、クエン酸で綺麗にすることができるのです。

ここでは、トイレの便器をクエン酸で綺麗にする方法を紹介します。

軽い汚れにはクエン酸スプレー

こびりついた汚れがない場合には、クエン酸スプレーでお掃除しましょう。
クエン酸スプレーは、壁・床のお掃除で使ったものをそのまま使用します。

 用意するもの 

・クエン酸スプレー
・トイレットペーパー
・ゴム手袋

   手 順  

1. クエン酸スプレーを吹きつける

トイレの便器にクエン酸スプレーを吹き付けてる様子

汚れは、便座の裏や便器のフチ裏に、汚れが集まっています。そこに、クエン酸スプレーを吹きかけます。

2. トイレットペーパーでパックする
スプレーしたところの広さに合わせてトイレットペーパーを貼りつけましょう。
2倍の長さで切り取って、半分に折って貼り付けると、破れる心配がありません。
貼りつけた上からさらにスプレーをかけると、しっかり貼りつきますよ!

3. 30分くらい放置
時間を置くことで、クエン酸が汚れと反応して落ちやすくなります。
30分くらいそのまま置いておきましょう。

4. 汚れを拭き取って、水を流す
時間が経ったら、パックしていたトイレットペーパーで汚れを拭き取ります。

これで、便座や便器の水垢や尿石が落とせます!
使ったトイレットペーパーは、そのまま流せるのが嬉しいポイントですね♪

頑固な汚れはクエン酸ペースト

クエン酸スプレーを使っても汚れが落ちないな……。
そう思ったら、さらに強力なクエン酸ペーストを試してみてください!

 用意するもの 

・水
・クエン酸
・タッパなどの容器
・ゴム手袋
・スプーン
・トイレブラシ

   手 順  

1. クエン酸ペーストを作る
クエン酸ペーストは、クエン酸に少量の水を加えていくことで作ることができます。

大さじ3杯のクエン酸に対して、小さじ1の水が目安です。「手につけても落ちないくらいの固さ」にしましょう。

2. クエン酸ペーストを、汚れが残っている部分に塗りこむ

頑固な汚れに、作ったクエン酸ペーストを塗りこんでいきます。プラスチックのスプーンなどを使うと塗りやすいですよ♪

3. 30分くらい放置
ペーストの効果を出すために、30分ほど根気よく待ちましょう。

4. クエン酸ペーストを、トイレブラシで擦り落とす

トイレブラシを使って、クエン酸ペーストを塗ったところを擦っていきます。洗い終わったら水で洗い流してください。

注意
クエン酸が、掃除のあとに残ったままになってしまうと、サビの原因になったり、樹脂製の部分を傷めてしまったりすることがあります。

お掃除のあとは、クエン酸が残らないように、必ず水で綺麗に洗い流しましょう。

トイレブラシの除菌をする方法

お掃除が終わったら、お掃除に使った道具たちを除菌することを忘れずに!
便器や便座に触れた道具には、さまざまな菌が付着しています。そのままにしておくと、その道具にも菌が繁殖してしまいますよ!

使い終わったら酸素系漂白剤で除菌しましょう♪

 用意するもの 

・ゴム手袋
・お湯
・酸素系漂白剤
・桶

   手 順  

1. 桶にお湯をはり、酸素系漂白剤を溶かす
酸素系漂白剤は、お湯2Lに対して大さじ1。
お湯の温度は30℃~50℃のぬるま湯程度です!

桶にお湯をはって、酸素系漂白剤を溶かしましょう。

2. そのまま15~30分ほどひたしてから、水ですすぐ
酸素系漂白剤を溶かしたお湯に、トイレブラシを15~30分ほどつけておきます。
時間が経ったら、水ですすぎましょう。

すすいだ後は、風通しの良い場所でしっかり乾かしてくださいね。
ベランダに新聞紙を敷いて、その上に並べておいてもOKです。

クエン酸と重曹の違いをチェック!

クエン酸は、トイレの壁や床だけでなく、便器のお掃除にも使えるということがわかりました!トイレ掃除で大活躍です。
しかし、クエン酸には、苦手な汚れもあります。クエン酸では落としづらい汚れは、重曹を使って綺麗にしましょう。

まずは、クエン酸と重曹を比べてみたいと思います!

クエン酸 重曹
性質 酸性 弱アルカリ性
効果 抗菌効果 消臭効果
落としやすい
汚れ
・水垢
・尿石
・黄ばみ
・油汚れ
・手垢
・黒ずみ

 

酸性のクエン酸は、水垢尿石に効果的でした。アルカリ性の汚れを、クエン酸が中和して落とすからです。
一方、重曹は弱アルカリ性で、クエン酸とは反対の性質を持っています。黒ずみ手垢など、クエン酸では落としにくい汚れは、重曹ですっきり落とすことができますよ♪
落としたい汚れに合わせて、クエン酸と重曹を使い分けましょう。

重曹を使ったトイレ掃除の方法が、気になった方はぜひこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

プロのトイレクリーニングもおすすめ!

ここまで、自分でトイレを掃除する方法を紹介してきました。しかし、自分でお掃除しても全然綺麗にならない頑固な汚れがある時や、お掃除する時間がなかなか取れない場合なんかもありますよね。

そんな時におすすめなのが、プロのトイレクリーニングです。トイレのタンク、便器・便座、床・壁など、トイレ中を一気にお掃除してくれます。

 

プロのトイレクリーニングと、自分でトイレをお掃除するのでは、どんな違いがあるのでしょうか?

「あなたのマイスター」では日々ハウスクリーニングをしていらっしゃるお掃除のプロの方々に「トイレ掃除を自分でやった場合と、トイレクリーニングを業者さんにお願いした場合では、仕上がりにどのような違いがありますか?」と聞いてみました。
たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介します。

京都クリーンクラブさん(京都府)

プロのクリーニングをすることですみずみまで綺麗にすることができます。基本的にトイレはご自分でも時間をかければ綺麗にできるものだと思っています。ただ、どの汚れにどの洗剤を使うか、どう落とせばいいかわからないと、非常にお時間がかかると思います。そういった際にプロなら知識もありますし、お時間も数倍のスピードで終わらせることができます。

 

ナカヤマハウスクリーニングさん(埼玉県)

汚れがひどくなってしまった場合、そもそも触りたくないと思う方はぜひお任せください。見違えるはずです。驚いていただけるのでやりがいがあります。

 

プロのトイレクリーニングなら、すみずみまでピカピカになるということなのですね。プロなら効率よくお掃除できるところも強みです。とても綺麗になるので、驚くお客様もいらっしゃるということでした!

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

まとめ

トイレをまるごと綺麗にする方法を紹介しました!

トイレは汚いイメージがありますが、ちゃんとお掃除すれば、綺麗&清潔に保つことができます!今回紹介したトイレ掃除の方法は、どれもとても簡単です。アイテムさえ揃えば、今すぐできるものばかり。

ぜひ、トイレのお掃除をしてみてくださいね。

今回は、トイレ掃除の方法を紹介しながら、たくさんの洗剤やお掃除道具を紹介しました!実は、洗剤のプロである茂木さんがおすすめするトイレ用洗剤を集めた記事もご用意しています。今回すでに登場したものもありますが、茂木さんのおすすめ理由を知りたくありませんか?ぜひ読んで確かめてみてください。

関連記事

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂掃除大特集!洗剤選びで効率的に水垢とカビを完全除去する方法

お風呂はいろいろな汚れが溜まりやすい場所。お風呂が汚れていたら、せっかく癒しのバスタイムも台無しですよね。しっかりお掃除をして、綺麗に保ちたいところです。 お掃除というと、どうしても大変なイメージがありますが、汚れに合わ […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂掃除大特集!洗剤選びで効率的に水垢とカビを完全除去する方法

お風呂はいろいろな汚れが溜まりやすい場所。お風呂が汚れていたら、せっかく癒しのバスタイムも台無しですよね。しっかりお掃除をして、綺麗に保ちたいところです。 お掃除というと、どうしても大変なイメージがありますが、汚れに合わ […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

革靴のかかとゴム修理を取材!どんな靴も自然に直す匠の神ワザを発見

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

おすすめ特集