アスクマイスター

あなたのマイスターに登録している2,500人のプロが、皆さんのあらゆるお悩みに答えます

自宅の外壁を手で触ると、手に白い粉が付きます。外壁を手で触ると手に白い粉が付くのは家の外壁が劣化して剥がれているからなのでしょうか?

関連している質問をみる

業者さんの回答まとめ

白亜化現象(チョーキング)といって、紫外線や水で表面の塗料が劣化したものが白い粉として手に付いているのです。塗料の防水効果が落ちて、雨漏りの原因にもなるので、早めに外壁塗装をすることをおすすめします。

業者さんのすべての回答をみる

外壁塗装の業者さんを、お住まいの地域と日付を決めて予約が可能です。

業者さんの回答一覧

自宅の外壁を手で触ると、手に白い粉が付きます。外壁を手で触ると手に白い粉が付くのは家の外壁が劣化して剥がれているからなのでしょうか?

チョーキング現象(白亜化現象)といいます。塗膜の劣化により、塗料の原料である顔料を保護する保護膜が無くなり顔料が粉状に戻る為このような現象が起きます。この現象がお手入れ時期のサインとなります。

塗料の風化です。塗膜が紫外線等で痛み劣化してしまった状態です。チョーキング現象と言います。

はい、その通りです。 外壁塗装の劣化・老朽化が始まっております。 早めの修理をおすすめします。

外壁を触ると粉のようなものが手につくのは塗装塗料の劣化が原因でしょう。一般に外壁塗装の対応年数は10年〜15年が目安になります。

手に白い粉が付くことをチョーキングと言います。これは劣化した塗料です。

白い粉はチョーキング現象と言われております。塗り替えのサインです。

白亜化【チョーキング】現象という物です。簡単に言いますと、紫外線と水分と酸素が塗料を劣化させて、表面に残ったカスです。塗料を作るうえで白の役割をするのが酸化チタンという無機成分です。無機成分ですので紫外線による劣化は殆どせず、他の有機成分は無くなり表面に残って…

白亜化【チョーキング】現象という物です。簡単に言いますと、紫外線と水分と酸素が塗料を劣化させて、表面に残ったカスです。塗料を作るうえで白の役割をするのが酸化チタンという無機成分です。無機成分ですので紫外線による劣化は殆どせず、他の有機成分は無くなり表面に残っています。強い雨で表面の酸化チタンが流され、またチョーキングが起きる事を繰り返すと、塗膜は完全に無くなり外壁材自体が劣化してしまいます。チョーキングが起きましたら、そろそろ塗り替えの計画を立て始めましょうというサインです。

すべてを表示する

そうですね、外壁塗装の見積もりをお願いするいい目安なので、手に白い粉が付く時はご依頼をオススメします。

外壁の現象はチョーキング現象と呼ばれ、塗膜(外壁に塗料を塗って出来る膜)の中にある顔料が粉化して表面に出てくる現象なので、顔料が含まれていないクリアー塗料など、チョーキング現象が起こらない塗料もありますが、色がついている塗料の場合はほぼ全て経年劣化とともにチョ…

外壁の現象はチョーキング現象と呼ばれ、塗膜(外壁に塗料を塗って出来る膜)の中にある顔料が粉化して表面に出てくる現象なので、顔料が含まれていないクリアー塗料など、チョーキング現象が起こらない塗料もありますが、色がついている塗料の場合はほぼ全て経年劣化とともにチョーキング現象は起こると考えておきましょう。

すべてを表示する

塗装の劣化です。再塗装をお勧めします。

塗料の成分に酸化チタンが入っており、それが樹脂、顔料と結合し塗膜が形成されます。結合が崩れて酸化チタンが表面に出るのがチョウキング現象といわれております。酸化チタンは白い粉です。

防水性が切れてしまっている為、外壁の塗装が表面にむき出しになってしまっている為、白い粉がついてしまっているのだと思います。

そうです。ポリマーが劣化して分子の鎖が切断されて分解し、閉じ込められていた顔料も遊離します。その結果塗膜の表面をなでるとチョーク(白黒)のような粉が付着します。塗膜は有機化合物であり時間の経過と共に徐々に劣化、風化し光沢がなくなり硬く、脆くなり付着力が低下しま…

そうです。ポリマーが劣化して分子の鎖が切断されて分解し、閉じ込められていた顔料も遊離します。その結果塗膜の表面をなでるとチョーク(白黒)のような粉が付着します。塗膜は有機化合物であり時間の経過と共に徐々に劣化、風化し光沢がなくなり硬く、脆くなり付着力が低下します。

すべてを表示する

塗料に含まれている塩素が紫外線を受け続けることで 白い粉(チョーキング現象)が起こります。白い粉は塗料の劣化です。

チョーキング現象と言う劣化状態です。経年劣化により塗膜の表層を成形している樹脂に亀裂や穴が出来て顔料がおもてに出てくる劣化の現象です。塗膜表面にチョークの粉が付いた様になる為、チーキング現象と呼ばれています。塗替えのサインです。

剥離変色といって、経年劣化です。

発華現状と言います。仕上げ材が太陽光線や風力などにより、素材として表面が風化してきているバロメーターです。

前項で述べた通り、チョーキング現象で、塗り替え塗装の目安にもなります。

外壁は旧塗膜の色が手に付いている状態です。防水効果が全くない状態です。

そうです。これは白化現象と言います。前の塗装の樹脂が劣化し、含量が浮き出てきて塗装が剥がれています。これが目安になってきます。

白い粉が手に付くことはチョーキング(白化)現象といい、塗装表面の塗膜の劣化により起こる現象です。すぐに対処することはありませんが、塗膜の劣化が進んでいる状態ですので塗装の塗り替えをお勧めします。

チョーキングという現象で、塗料が紫外線による劣化で、白亜化(粉化)している証です。

外壁の劣化の始まりと思っていいでしょう

外壁を指で触ると白い粉がつきますが、これはチョーキングです。塗装の塗り替え時期の、サインです。チョ?キングがでたら早めに塗り替えをお勧めします。

チョーキング現象といいます。そろそろ塗り替え時期を迎えているというサインです。

これはチョキング現象といいます、塗料を塗った面を保護する幕が、太陽の紫外線や熱、風や雨などの水分や巻き上げられた砂などによって痛めつけられた事によりおこります。

外壁を手で触ると手に白い粉が付くと、劣化している証拠になります。

壁の防水がしっかりと効いていないため、そこから発生する白い粉が付きます。

お悩みランキング

1位

ふすま張り替えの作業時間はどれくらいですか?一枚どのくらい、で伺えると助かります。

襖の貼り替えは、約一時間程度お時間をいただいております。 また、何か… 詳しくみる

2位

ふすまの取っ手のみの取り替えなどはお願いできるのでしょうか?

大変申し訳ございませんが 襖の引手・取手のみの取替は御請けできません。 詳しくみる

3位

古いふすまは処分していただけるのでしょうか、また、その場合料金が発生するのかどうかも教えてください。

襖処分は1000円頂いております。処分のみでしたら引取運賃が別途頂いて… 詳しくみる

4位

障子張り替えの際に使う障子紙の質感や色を確認したいのですが、サンプルを送ってもらうことはできますか?

はい、送ることは可能ですのでご連絡していただけますと幸いです。 詳しくみる

5位

ふすま張り替えでプロの方がふすまを持ち帰って検討する場合、代替えのふすまは用意してもらえますか?

サイズが合わないことがほとんどです。代替えの襖は難しいかとおもいます。 詳しくみる

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

おすすめマイスター

閲覧履歴