エアコンの電気代を安くする秘訣とは?今スグ実践できる11の節約術

もりちゃん

更新日:2019年05月29日

日本の魅力って四季があることですよね。

でも、暑すぎる夏も、寒すぎる冬も、ちょっと辛い…やっぱり、冷房や暖房に頼りたくなってしまうもの。

編集部では、20~50代の女性100人に「夏にエアコンを使わずに扇風機だけで過ごしますか?」と聞いてみました。

「YES」と答えたのは、たった9%91%の方は、エアコンを使って夏を過ごしているようです。

そんな時に気になるのが電気代。エアコンを使いたい気持ちは抑えず、電気代を抑えられば一件落着…!

でも、そんな都合のいい方法なんてあるの?それが、あるんです!ええ。

ということで今回は、エアコンの節電方法を紹介します。いますぐできる節約術で、エアコンの電気代を少しでも安くしましょう!

エアコンの電気代、2つのポイント

その前にエアコンの電気代にまつわる重要なポイントを2つご紹介しますね。

負荷がかかると電気代が上がる

編集部では、冒頭の質問だけでなく、さらに「エアコンの電気代」についても聞いてみました。

「エアコンの電気代は高いと思いますか?」という質問に対して、「YES」と答えたのはなんと80%!みなさん、エアコンの電気代は高いなあと感じているようです。

しかし実は、エアコンの電気代は年々安くなっているのです。10年前から比べるとおよそ11%近くも減少しています。(日本冷凍空調工業会調べ)

それはどうしてか?エアコンの性能が上がり、少ないエネルギーで部屋を暖かく・冷たくすることができるようになったからです。

逆にいうと、エアコンに負荷がかかる状態での運転は電気代がかさみやすいということ。

古い型は電気効率が悪いので、新しい型に買い換えると電気代が安くなる、ということも多々あります。

また、エアコンが汚れて空気の循環を起こしにくい状態ですと、その分エアコンが頑張らなければいけないですよね。

掃除をすれば効率がよくなって電気代が安くなる、ということもあるのです。

「エアコンに負荷がかからないように運転する」がポイントです!!

冷房よりも暖房の方が高い!

「1世帯が1年間に消費するエネルギーの使い道の内訳」を表す次のグラフをみてください!

(参照元:資源エネルギー庁「平成24年度エネルギーに関する年次報告」エネルギー白書2013 )

グラフを見ると全体の30%近くを冷暖房が占めています。

冷暖房といえば、エアコンです。特に暖房だけで、エネルギー消費の4分の1以上を占めています。

なぜ暖房の方が高いのか、これは非常に重要なポイントなのですが、「外気と設定温度の気温差が大きいほどエアコンが頑張らなければいけないから」なのです。

例えば、外の気温が30度のときに、25度の設定で冷房をつけるとします。夏場はこのようなケースが多いですね。

外の気温とエアコンの設定温度の差は5度です。

一方で、外の気温が5度のときに、20度の設定で暖房をつけるとしたら、その差は15度

このように、外気の温度とエアコンの設定温度の差が激しい場合、それだけ大きな電力が必要ということなんです。

さて、ここからはどうエアコンを使ったら節電につながるのか紹介します。

11個を丁寧に解説していきますよ!

設定温度は±1℃

もはやクーラーの節電方法の定番ですね。

ちょっと暑くなってしまうかもしれないですが、エアコンの設定温度を1℃上げてみましょう。

エアコンの負担がかからなくなるので、電気代が安くなりますよ!

もちろん、冬場はその逆!1℃下げてみてくださいね♪

ドアはちゃんと閉める

エアコンの使い方も工夫して、風の流れも作ったのに、ドアが半開き!なーんてことでは、せっかく快適な温度になった空気も部屋の外に逃げていってしまいます。

そんなの損です。もったいないです!

ドアの開け閉めもなるべく少なく、素早く行いましょうね♪

カーテンを有効活用する

晴れの日に縁側に寝転がって直射日光に当たるとポカポカしますよね。

部屋の空気も同じです。直射日光が当たると、部屋の空気が暖まってしまいます。

エアコンが部屋を冷やすのと、のギラギラした日光が部屋を暖めるのが同時に起こると、電力を無駄にしてしまうのです。カーテンは閉めておきましょう。

一方、昼間はカーテンを開け、直射日光で部屋を暖めましょう。

ただ、暗くなったらカーテンをしっかり閉めてくださいね!

カーテンが開いていると、せっかく暖かくなったお部屋の空気が、外の冷たい空気で冷やされた窓のガラスに触れて冷やされ、部屋の温度が下がってしまいます。

また、カーテンの裾は長めにすると、部屋の空気を冷たい窓からしっかりガードできて、室温が下がりにくくなるので、おすすめですよ♪

電源をこまめに切らない

よく言われる「エアコンは付けっ放しの方が電気代が安くなる。」果たして本当なのでしょうか。

その答えは、部分的に「イエス」です。

先ほど、温度を一定に保つのにそれほどエネルギーを必要としないと説明しましたね。

そのため、エアコンを切ってしまうと、部屋の温度がまた上がり、次にエアコンをつけたときに、もう一度エアコンが頑張って室温を変えなければいけないんです。

これでは逆に電気代の無駄になってしまいます。

とはいえ、24時間つけっぱなしが一番の節約になるというわけではありません。仕事で1日のほとんどは家にいないのにエアコンをつけておいたら、それは無駄

エアコンを切るよりもつけっぱなしにしていたほうが安くなるのは、だいたい3時間ぐらいまで。3時間以上お出かけする場合には、エアコンの電源を切るようにするといいですね♪

風量は自動にする

風量は「微風」などの方がいいのでは?と思ってしまいがち。
でも、実は「自動」が一番いいのです。

自動運転にすると、最初は強風で一気に部屋の温度を快適にしてくれます。そのあと、温度を一定に保つ間は微風になるのです。

エアコンが多く電力を消費するのは部屋の温度を変え始める時。温度を一定に保つのにはそれほどエネルギーを必要としません

最初から微風にしていると、適温になるまでに時間がかって、節電にはならないんです。注意が必要ですね。

風の流れをつくる

一般的に、冷たい空気は下に、暖かい空気は上にたまりやすいもの。

そこで、サーキュレーターや扇風機を使って、空気を動かしてください。空気を動かして、ぐるぐると部屋の中を循環させましょう。

すると、夏の時は設定温度を高めに、寒い冬は設定温度を低めに設定しても、効率よく部屋を冷やしたり温めたりできますよ!

これ、夏だと風を感じることで体感温度を下げることもできます、一石二鳥ですね!

サーキュレーターについて「サーキュレーターの使い方・選び方は?効果的な置き方でラクラク節電」でもっと詳しく解説しています!

ぜひチェックしてみてくださいね♪

時期によって風向きを変える

冷たい空気は下に、暖かい空気は上にたまりやすい、と先ほど解説しました。

そのため、夏場エアコンの風向きは上向きに、冬場風向きを下向きにすると効率よくお部屋の温度を変えることができますよ!

先ほど紹介した、サーキュレーターや扇風機も上手に活用できるといいですね。

室外機の置き場所を見直す

室外機は、室内機と熱のやりとりをしています。

夏は室外機が部屋の熱を外に排出しているから部屋が涼しくなるのです。

でも、直射日光に当たってしまうと、室外機の周りも熱くなってしまいます。

これでは効率的に熱のやりとりができず、電気代高騰の原因に…。

反対に、冬場は室外機を温めると、暖房が効率よく行えます。そのため、

:室外機を日陰に置く
:室外機を日向に置く

ようにしましょう!

日陰に置けない場合は、すだれなどを利用して、室外機のある場所を日陰にするという技もありますよ♪

夏だから・冬だからできる節約術2つ!

ここまでは、夏でも冬でも実践できる節約方法を紹介してきました。

最後に、夏のみ・冬のみできる節約術を解説しますね!

夏:換気をする

換気をするだけでもこもった部屋の気温は少し下がります!

「クーラーが頑張らなければいけない量」を少しでも減らしてあげるのです。

クーラーをつけた後は、もちろんしっかり窓を閉めておいてくださいね♪

冬:加湿器をつける

湿度が上がると、体感温度が上がります。暖房を使うときは、加湿器をつけるように心がけましょう。

冬は、ただでさえ乾燥しやすくなっています。静電気も冬はバッチバチですよね。

家には加湿器がないよーって方も大丈夫!洗濯機の部屋干しなども、加湿の効果があるので試してみてください♪

お掃除すれば大幅に節約できる!

長い間使っているエアコンだと、汚れが溜まりエアコンが余計に頑張らなければいけない状態になっていることがよくあります

・フィルター
・フィンとファン
・室外機

をお掃除していきましょう!

フィルターが汚れていると?

フィルターは、エアコンの中に吸い込まれる部屋の空気を綺麗にしてくれます。

しかし一方で、部屋の空気中の汚れが、フィルターに溜まっていくことに。

汚れたフィルターは、目詰まりを起こし、スムーズに空気を吸い込めません。すると、電気代も無駄にかかってしまうのです。

詳しいお掃除方法はこちらの記事で解説しています。フィルターのお掃除はとても簡単ですが、実は間違いやすい3つのポイントが!

そのポイントもしっかり解説しました!この記事を参考に1ヶ月に1回はお掃除しましょう。

フィンやファンの汚れには

フィンとは
空気の温度を変える部分

エアコンのフィルターの奥にあって、金属の板が並んでいます。

ファンとは
エアコンの内部でくるくると回転して、風を起こしてくれる部分

吹き出し口から、エアコン内部を覗き込むと見えます。

フィンやファンはエアコンの内部にあるので、普段は目に入りません。その分、いつの間にか汚れがたまってしまうのです。

フィンやファンのお掃除には専用のエアコンクリーナーを使う方法がありますが、全ての汚れが取れなかったり、故障や火災などの危険があったりするんです。

そのためこれらのお掃除には、プロのエアコンクリーニングがオススメですよ♪

室外機も忘れずに

お掃除を忘れがちなのが外にある室外機です。でも、エアコンの電気代を節約するためには、お掃除必須!

室外機のお掃除ってなんか面倒くさそう?いいえ!簡単にお掃除できます!ほうきと掃除機さえあればよいのです!

エアコンの室外機のお掃除は、なんと90%の人が未経験…。この記事を読んでしっかりお掃除方法を学んでください!

たまにはプロのエアコンクリーニング!

さて、自分でお掃除する方法を紹介しましたが、自分でお掃除するのは結構大変ですよね。エアコンを故障させてしまうリスクもあります。

そこで、おすすめしたいのが、プロのエアコンクリーニングなのです。

内部のカビを徹底的に除去してくれますよ!

エアコンクリーニングをもっと詳しく

もっと詳しくプロのエアコンクリーニングについて知りたいあなたはこちらをチェック!

エアコンクリーニングの業者の検索/作業の流れ・価格や時間をみることができますよ♪

エアコンクリーニングに最適な時期は?

エアコンクリーニングを頼むなら、いつがいいのかな?って気になりますよね。

ということで実際にエアコンクリーニングを行っているプロに「エアコンクリーニングをするのに最適な時期や頻度を教えてください。」と聞いてみました。

アリスプランニングさん(東京都)

梅雨前の5月〜6月が理想です。 汚れ具合によりますが10月〜11月が理想です。

ハウスウォッシュブルーポート本店さん(東京都)

1年〜1年半に1回のクリーニングが理想的です。毎年夏の冷房を使い終わった時期のクリーニングをおすすめします。

多くの人がエアコンの汚れに気づく、7~8月にかけての本格的に夏が始まる時期はプロにとっては繁忙期

なかなか予約が取れない、なんてこともあります。プロが忙しくなる前にエアコンクリーニングを済ませておけば、気持ちよく夏を迎えられそうですね!

冬も同様に、本格的に寒くなる前のエアコンクリーニングがオススメ。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決(アスクマイスター)」に集めました。

エアコンクリーニングを頼むまえに、ぜひチェックしてみてくださいね!お気に入りのプロが見つかるかもしれません♪

まとめ

今回は、エアコンの電気代を抑える方法を紹介しました。

エアコンを使いながら、余計な電気代をカットするには、まずエアコンのお掃除からはじめましょう

フィルター室外機のお掃除が、1番手っ取り早いですが、汚れが気になるエアコン内部は、自分でのお掃除がちょっと大変。

1、2年に1回プロにエアコンクリーニングをお願いするのがおすすめです。

お掃除だけでなく、今からできるちょっとした工夫も紹介しました。

積み重ねが結果に表れます。今すぐ、節電を、始めてみませんか?

関連記事

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

エアコン洗浄スプレーの使い方を解説!汚れの溜まるフィンをキレイに

使うほどに、なんだか効きが悪くなってきている気がするエアコン。 できれば掃除しようと考えている方も多いのではないかと思います。 そんな時、お手軽に始められるのが洗浄スプレーを使っての掃除。 今回は、 「エアコンのスプレー […]

NEWエアコンのカビは肺炎の原因かも?健康に過ごすための掃除と予防法!

  皆さん、エアコンのカビは放っておくと、過敏性肺炎の原因になるかもしれないことはご存知ですか? 夏場にエアコンをつけ始めると咳が止まらないといった悩みなどがあれば、それはエアコン内部のカビが原因かもしれません […]

エアコンのカビによる咳の放置は厳禁!治さずに夏は楽しく過ごせない

  夏になると咳が止まらない…。 そんな風に悩んだことはありませんか? その原因は、エアコンのカビかもしれません! ただの風邪だと思って放置しておくと、どんどん悪化して、大変なことになってしまいます。 嫌な咳と […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集